護国寺 大師堂 石碑群

○護国寺 大師堂/一言地蔵尊/石碑群

 不老門をくぐると右手に大師堂と一言地蔵尊があります。左手には、かつて西国三十三所写がありました。
 大師堂までの間と境内に、石碑が色々とあります。

・六地蔵
DSCN6113_20210815015840cf8.jpg

・針供養塚
DSCN6114_20210815015841b35.jpg

・筆塚
DSCN6116_202108150158421d6.jpg

DSCN6118_20210815015844c02.jpg

・安倍仲麿塚古碑
 高橋箒庵は、石灯籠二十墓を寄進した後、阿倍仲麻呂の塚石を碑陰を刻み大師堂前に寄進しました。
 奈良の道具屋で、安倍仲麿塚と彫りつけてある古碑を見つけ、安倍文殊堂の前にあったと聞き、招魂碑としてこれをこの地に建てたものに違いないと考えました。
 塚碑の奥に見えるのが仲麿堂です。
DSCN6117_2021081501584820e.jpg

DSCN6464_20210815015850d22.jpg

・仲麻呂堂
DSCN6473_20210815020221c1a.jpg

DSCN6666_20210817034620de1.jpg

DSCN6463_20210815015851b28.jpg

DSCN6465_20210815015852e2c.jpg

・和敬静寂の碑
 裏千家13代目の鉄中宗室の報恩碑です。
DSCN6119_202108150158453ed.jpg

DSCN6466_20210815015847485.jpg

・不詳の塚
DSCN6117_20210815015854b92.jpg

・修行記念碑
 3人の行者の富士山登山等が記録されています。
DSCN6123_20210815020405807.jpg

・身代地蔵尊
 身代地蔵尊は、巣鴨プリズンの教誨師だった田嶋隆純大僧正(1892〜1957年、大正大学教授)の発願により、昭和28(1953)年3月に建立されました。台石の下には、戦犯処刑者1,068名の氏名が刻まれた銅版が納められています。また、その後出版された「世紀の遺書」が防蝕処置を講じて納められました。なお、仏教タイムスによると、BC級戦犯の一部遺骨を納めているとのことです。
DSCN6124_20210815020406a35.jpg

・納札塚
DSCN6131_202108150204082f2.jpg

・陰陽道先師留魂碑/留魂碑合祀祭神慰霊碑
 社団法人大日本陰陽会(現日本疫学連合会)が、昭和11(1936)年5月2日建立。
DSCN6132_20210815020409161.jpg


<大師堂> 文京区文化財

 「堂は、元禄14年(1701)に再営された旧薬師堂を、大正15年(1926)以降に大修理し、大師堂として、現在置に移築したものである。(以下略)」(文京区教育委員会)
 石燈籠は、両燈とも寛政2(1790)年銘です。

DSCN6115_20210815020743d81.jpg

DSCN6667_20210817034615e56.jpg

DSCN6664_202108170346196f1.jpg

DSCN6122_202108150207447e7.jpg

DSCN6121_202108150207462ca.jpg

DSCN6127_20210815020747695.jpg


 大師堂の裏の石段を下りると墓地に繋がっています。大師堂の横の石段を上がると鐘楼に出ます。

DSCN6471_20210815020749ab0.jpg


<一言地蔵尊>

 一言だけの願いを聞き届けるおじぞうさまです。

DSCN6112_20210815020932bcb.jpg

DSCN6129_2021081502093365c.jpg

DSCN6130_20210815020935332.jpg

DSCN6126_2021081502093760a.jpg


<斜面の石仏・石碑・墓標群>

 大師堂の斜面には石仏・石碑等が多く並んでいます。庚申塔など、音羽講中庚申塔が建っている場所にあったのをこちらに集約したようです。

DSCN6143_202108150212081f9.jpg

DSCN6134_202108150212109a1.jpg

(右手の鐘楼下の4基)
・駒型庚申塔。青面金剛をあらわす種子(ウーン)が刻まれています。延宝8(1680)年5月の造立。
DSCN6470_202108150214253aa.jpg

・笠付型(笠がもげていると思われます)庚申塔。延享3(1746)年1月の造立。
DSCN6136_20210815021427322.jpg

・角柱型庚申塔。正徳6(1716)年5月の造立。
DSCN6135_202108150214286a3.jpg

・西國四國坂東秩父大願成就。
DSCN6134b.jpg


(庚申塔など)
 斜面最右手の保存状態の良い庚申塔。

・青面金剛庚申塔。足下に邪鬼と三猿。左右面に鶏。元禄2(1689)年の造立。
DSCN6140_2021081502172546a.jpg

DSCN6141_20210815021727034.jpg

DSCN6142_20210815021728e3f.jpg

・舟型光背型庚申塔。青面金剛像と下には三猿。右に「諸願成就」
 正徳2(1712)年9月の造立。
DSCN6137_202108150217295ec.jpg

・その他
 不動明王、一面八臂の石仏、蛙塚など。他に墓標多し。

DSCN6133_20210815021916713.jpg

DSCN6139_20210815021917d85.jpg

DSCN6138.jpg

DSCN6468_20210815021921e61.jpg

DSCN6467_20210815021922d8a.jpg

DSCN6469_2021081502192305c.jpg


○音羽講中庚申塔 文京区文化財

 薬師堂の裏にある、天明5(1785)年銘の圧巻の庚申塔です。
 造立は、西国札所写三十三所観音が開設された時期です。
 現在は寂れた場所にありますが、大師堂傾斜地に移設された庚申塔も明治時代はここにありました。
 江戸名所図会を見ると、この場所は護国寺裏門からの参道途中です。当時は人通りが多かったと思います。

DSCN6176_20210815024744a73.jpg

DSCN6177_20210815024745298.jpg

DSCN6181_20210815024747663.jpg

DSCN6179_20210815024748e0a.jpg

DSCN6180_202108150247501ff.jpg

DSCN6178_20210815024751db3.jpg

DSCN6182_202108150247537d8.jpg

(説明板)
「音羽講中庚申塔 一基
    大塚5-40-1 区指定有形民俗文化財
 この庚申塔は、全国にもその例を見ない形式で、当時の民俗や習俗を知る貴重な資料である。塔は規模も大きく(総高210cm)基壇部、台座、塔部から形作られている。
 塔部は台座上の三猿によって空中で支えられ、天明5年(1785)の銘がある。
 台座は須弥壇形式(仏像をのせる台)で、その四面に肉彫り装飾、返花紋様が施され、その彫りは精巧かつ華麗である。基壇部分には、門前の音羽通りの人々76人の名が刻まれている。当時お互いに力を合わせ、金銭を出し合う共同社会の成立や信仰心の深さなどを知る上で、貴重な資料である。
 庚申信仰は、庚申の夜(60日毎)講の当番の家で、般若心経を唱え、なごやかに夜を過ごす風習があった。寝ると体内の三尸の虫が抜け出て、天帝にその人の罪を告げ、早死にさせるといわれていた。
    ー郷土をはぐくむ文化財ー
    文京区教育委員会    平成11年3月」 

DSCN6174_20210815024755f74.jpg

 大工が多く名を連ねているのが興味を引きます。
 西国札所写三十三所観音は、観音像を納める三十三棟の仏堂が建設されており、当てずっぽうですが、これに携わる大工たちも名を連ねているのではないかと思います。

DSCN6658_202108170241184fc.jpg


<主真権僧正の感恩碑かな>

 庚申塔の右に、文字で埋め尽くされた漢文石碑が建っています。
 表「主真権僧正~」
 主真は護持院第17世住職(護国寺第十世住職)で、享保20(1735)年逝去。
 「享保二十年乙卯奉」とあるので、住職が逝去されての感恩碑のようです。隣の庚申塔より古いです。

DSCN6173_20210815024756a0a.jpg

DSCN6656_202108170241197db.jpg

DSCN6657_2021081702412063f.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 巣鴨プリズン

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR