猿ヶ京温泉 若山牧水と与謝野晶子

○猿ヶ京温泉

 猿ヶ京温泉は、1956(昭和31)年に相俣ダムの完成で現在地に移りました。
 それまでは赤谷川沿いに湯島の湯、生井林の湯(笹の湯)があり、今は湖底に沈んでいます。
 湯島の湯は元禄年間(17世紀末)に発見されたと伝えられています。

 猿ヶ京温泉には7本の源泉があります。
 ・村有2号泉 平成8年より測定不能 未利用
 ・湖城閣源泉 63.6℃ 195.0L 動力揚湯 旅館1
 ・共有泉湯島 57.2℃ 660.0L 動力揚湯 旅館2・給湯事業
 ・町有1号泉 61.5℃ 313.0L 動力揚湯 給湯事業74件・共同浴場
 ・三島源泉  昭和60年より測定不能 未利用
 ・猿ヶ京源泉1号井戸 56.4℃ 420.0L 動力揚湯 町有1号泉と同じ
 ・猿ヶ京源泉2号井戸 49.4℃ 204.0L 動力揚湯 町有1号泉と同じ
 (以上、みなかみ町国民保養温泉地計画書を参照しました。)


<猿ヶ京温泉の現在まで>

 湯島河原の温泉は、地の利の良い笹の湯に比べて地の利が悪く、江戸時代は村人のみに利用されていました。
 猿ヶ京村は小学校増築の資金調達のため、県道生井坂の工事を請け負いましたが、かえって赤字となり、湯島河原の温泉は民間に売却して借金を支払いました(1915(大正15)年)。

 その後、猿ヶ京温泉は、湯島河原の「桑原館」(1946年、持谷氏が桑原氏から買収して猿ヶ京ホテルと改称)、 「長生館」、「見晴館」(1995年倒産、現在は日帰り温泉施設「まんてん星の湯」)の三軒からなる湯島温泉、生井林の相生館(移転後1997年廃業)1軒からなる笹の湯温泉の四軒二つの温泉からなっていました。
 四軒は自家源泉を持っていました。

 昭和30年に相俣ダム・赤谷湖が完成し、四軒の旅館は赤谷湖に沈むことになりました。
 群馬県と四軒は温泉源の補償協定を結び、源泉の代替として湯島に源泉を掘削し、四軒それぞれが4分の一づつの所有権を持つことになりました。

 この源泉は「共有泉湯島」と命名され、四軒は「湯元泉協同組合」を設立し、管理運営に当ってきました。
 4軒共同の新たな温泉(1955年)は、村の人々には無料で入れるようにしていました。
 元は村の所有だったことと、湯導管が民間の土地を通ることから借地料の代わりでした。
 この源泉を使用した共同湯がありますが、そのような経緯から存在しているのだろうと勝手に思います。

 (猿ヶ京ホテルのHP記載内容を縮め、文献「新治村の観光発展過程と観光地形成」(溝尾良隆)を参照し、適宜まとめました。)


〇赤谷水管橋

<歌碑の道>

 歌碑の道の看板の指示に従って行くも、「みなかみ紀行」の一節を刻んだ若山牧水の紀行文碑があるようですが、荒れていてわからず。

DSCN8491_20201128012502786.jpg

DSCN8492_20201128012504454.jpg

DSCN8493.jpg    


<新治村温泉給湯管>

 赤谷水管橋を温泉給湯管が渡っています。

DSCN8500.jpg


<猿ヶ京バンジー> みなかみ町相俣1731

 62メートルの高さがある赤谷水管橋からのバンジージャンプです。
 赤谷水管橋を渡ったバンジー受付所で引き返す。

DSCN8494_20201128012508868.jpg

DSCN8497_2020112801251087e.jpg

DSCN8498_202011280125118ea.jpg


<赤谷湖と相生橋>

 赤谷水管橋から、赤谷湖と相生橋を見下ろす。
 笹の湯相生館はダムに沈みましたが、橋名に相生が残ります。

DSCN8496_202011280125134d5.jpg

DSCN8499_20201128012514898.jpg

DSCN8495_20201128012516758.jpg


<笹の湯/若山牧水と与謝野晶子>

 若山牧水が笹の湯で食事に立ち寄っています。

 与謝野晶子が昭和14(1939)年11月4、5日笹の湯相生館(宿名が見あたらないけどたぶん)に2泊して、法師温泉を廻っています。

 「晶子鑑賞:(平野萬理)によると、昭和13年秋に笹の湯から法師温泉を廻るとありますが、平野萬理の勘違いでしょう。
 晶子書簡で確認すると笹の湯温泉へ観楓にまいるお誘いの手紙を昭和14年10月に複数出しています。
 笹の湯の紅葉は八分ほど、法師は奥に行くに従い、火のような山がつづいていたと書簡に書いています。
 笹の湯では「またたびの塩づけ」を食べて、昔の感慨にふけっています。名物なの?
 堀口大学も「またたびの塩づけ」が好物だったようです。

『白桜集』奥上州
 与謝野寛と共に歩んだ思い出の挽歌が多いです。
 笹の湯(ダムに沈んだ猿ヶ京温泉)と法師で30句掲載されており、以下は一部抜粋です。
 (笹の湯)2泊
  「身をめぐり泡雪のごと湯の絮の深山の秋の温泉」
  「みやびかに笹の舊湯が紅葉著て住へる溪に靡く霧かな」
  「川面へ二百六十尺と云ふ相生橋にたぢろぐ落葉」
  「寂しくも越路に近き笹の湯の笹鳴るほどの夜の時雨聞く」
  「猿が京新治村の笹の湯にありて悲しむ秋のともし灯」
  「笹の湯を渓に見出でて胸鳴りぬはかなきことにときめけるかな」
  「笹の湯の竹のむしろを朝踏みて溜る涙と思ひけるかな」


<三国路与謝野晶子紀行文学館椿山房> みなかみ町猿ヶ京1175

 猿ヶ京ホテルの女将さんがオープンした文学館です。

DSCN8373_20201128013050e5d.jpg

DSCN8374_20201128013052276.jpg


<長生館>

 長生館の露天風呂の日帰り入浴も選択肢に入れていましたが、今回はパス。
 赤谷川へのオーバーフローの捨湯がスゴイかったです。

DSCN8372_20201128013237010.jpg

DSCN8376_2020112801323887a.jpg

DSCN8501.jpg


○猿ヶ京関所跡 みなかみ町猿ヶ京温泉1144

 猿ヶ京は三国街道の関所がおかれた宿場町です。

DSCN8454_202011280135009a0.jpg

DSCN8457_20201128013501c7c.jpg

DSCN8458_20201128013502146.jpg

DSCN8456_2020112801350471d.jpg

DSCN8455_20201128013505789.jpg

DSCN8460_2020112801350787a.jpg

 <やる気稲荷>

DSCN8459.jpg


○庚申塔

 巨大な庚申塔が国道17号線沿にあります。

DSCN8445_20201128013713e93.jpg

DSCN8446_2020112801371443b.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 与謝野晶子若山牧水ダム関所

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR