内匠堀

【内匠堀】

 内匠堀は、元和~寛永年中(1615〜1544)に行徳領諸村の灌漑・排水を目的として開削されたと伝えられます。開削者は当代島村の田中内匠と行徳村狩野浄天といわれています。現在は暗渠となっています。

DSCN2716b.jpg

「江戸名所図会 行徳 徳願寺」
 江戸名所図会に内匠堀が見えます。行徳街道と並行して流れていきます。

zuetokuganji.jpg


○馬頭観音 市川市本行徳24-8

 かつて内匠堀が流れていたところにあります。内匠堀改修の際には多数の馬の骨がでてきたそうです。

 標柱「史跡 馬頭観世音 内匠堀」
DSCN2828.jpg

DSCN2830.jpg

DSCN2831.jpg

(説明板)
「馬頭観世音
 (略)
 ここの馬頭観音には「寛永七年甲寅(一八五四)二月七日」「佐原飛脚問屋吉田氏」と銘があります。
 飛脚問屋は、馬喰、馬の飼い主、飛脚屋などを束ねていたので、商売繁盛や無病息災を祈願したものと思われます。
 内匠堀改修の折、この馬頭観音の下から多数の馬の骨がでてきました。愛馬の供養をしたものと思われます。(略)」

DSCN2829_202403142246552be.jpg

<馬頭観観世音>

 「嘉永七年甲寅二月七日」「佐原飛脚問屋吉田氏」と刻まれた馬頭観音です。

DSCN2832.jpg

DSCN2834.jpg

DSCN2833.jpg


○おかね塚 市川市押切12-1
   
DSCN2611_20240314225121cfc.jpg

DSCN2619_20240314225124266.jpg

「行徳おかね塚の由来」

 おかね塚の伝承が由来碑に刻まれています。
 押切の船着場には、製塩に使う燃料が上総から定期的に運ばれ、船頭や人夫には吉原に遊びに行く者もあり、その中のひとりが吉原のかねという遊女と親しくなりました。かねは年季が明けると押切に来て亡くなるまで船頭を待ち続けます。
 吉原の遊女たちが供養のために碑を建て、村人たちも「おかね塚」と名づけて供養を続けてきたとの伝承です。
 村人たちが語り伝え供養をしてきたことを後世に残そうと、地元有志によって昭和五十一年六月に建碑されたものです。

DSCN2612_20240314225127a40.jpg

<庚申塔>

 阿弥陀如来像を主尊とする寛文5(1665)年銘の庚申塔です。
 正面左に紀年が刻まれています。

DSCN2613_20240314225311732.jpg

DSCN2614_20240314225314a5d.jpg

 正面右下に「奉待庚申〜」と刻まれています。

DSCN2618_2024031422531452a.jpg

 庚申塔には戒名などは刻まれていませんが、刻まれた百余名の願主に女性が多いことから伝承と結びついたもののようです。
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR