行徳街道と旧家(本行徳)

【行徳街道】
 「行徳街道」「権現道」「内匠堀」(暗渠)が並行してあります。

DSCN2718_202403142152385dd.jpg

DSCN2702_20240314215241f14.jpg


○笹屋うどん跡 市川市本行徳36-17

 成田山への参詣客でにぎわった行徳河岸の「笹屋」のうどんは、行徳の名物でした。お土産として干しうどんも流行しました。
 市川市HP(行徳・南行徳界隈)には、当時の川柳が掲載されています。
 「音のない滝は笹屋の門にあり」
 「さあ船がでますとうどんやへ知らせ」
 「行徳を下る小舟に干しうどん」
 笹屋の店名は、ここでうどんを食べた源頼朝によるものとの由来があります。江戸名所図会に描かれている笹屋うどんです。

zuegyotokusasaya.jpg

<笹屋うどん跡>

 安政元(1854)年に建てられたという店が残っています。

DSCN2634_20240314215440723.jpg

DSCN2629_20240314215440e01.jpg

(標柱)
「笹屋うどん跡
 本行徳の笹屋は、江戸時代うどん屋として繁盛した店でした。船着場近くに位置していたため立ち寄る旅人も多く、紀行文などにも記されています。 市川市教育委員会」

DSCN2630_2024031421544371d.jpg

DSCN2631_2024031421544392f.jpg

 行徳街道にある笹屋うどん跡から、常夜燈まで100mです。石畳の先に見えています。

DSCN2635_20240314215446ace.jpg

<笹屋の看板> 市川歴史博物館所蔵

 笹屋のケヤキの大看板で、「御膳 ほしうとん 本行徳四丁目 ささや仁兵衛」とあります。 太田南畝筆と伝えられています。

DSCN2778.jpg
DSCN2780_20240314215907802.jpg

DSCN2779_2024031421591187b.jpg

DSCN2749.jpg
    
<笹屋の広告用ちらし> 市川歴史博物館所蔵

 笹屋の広告用ちらしと、その版木です。「快晴の時をえらんで干し、味はすばらしくよく、実に長くてほめ賞すること限りなし」と宣伝されました。

DSCN2761.jpg

DSCN2761a.jpg

<六曲屏風> 市川歴史博物館所蔵

 源頼朝がうどんを食べたという由来譚を記した六曲屏風が笹屋に残されていました。市川歴史博物館に寄贈され、常設展示されています。

DSCN2750.jpg

DSCN2764.jpg

DSCN2759_202403142201304bb.jpg

「笹屋の由来
 この屏風には、源頼朝と、うどん屋仁兵衛の出会いに始まる物語が描かれています。
 頼朝が石橋山の合戦に敗れ、安房の国へ逃げ落ちる途中で漂着したのが下総の行徳で、仁兵衛がだしたうどんによって頼朝一行が力を得ることができたという話です。このとき頼朝が笹りんどうの紋を与えたので、仁兵衛は家名を「笹屋」と改めたと書かれています。
 物語はこのあと、千葉介常胤、胤政父子や上総介広常の娘、末広姫をまじえて展開しています。」

DSCN2757.jpg


○旧浅子神輿店店舗兼主屋(国登録有形文化財) 市川市本行徳35-7

 市川市行徳ふれあい伝承館として展示が行われています。

DSCN2624_20240314220350b3b.jpg

DSCN2625_202403142203537af.jpg

DSCN2626_202403142203532ff.jpg

DSCN2627_2024031422035681f.jpg

DSCN2628_202403142203564c7.jpg

 チラシ
DSCN2720_20240314220802f77.jpg

DSCN2722.jpg


○市川市行徳ふれあい伝承館 休み処 市川市本行徳37-13

DSCN2622_20240314220808dc3.jpg

DSCN2621_202403142210194f0.jpg

DSCN2623_202403142208089c3.jpg

DSCN2620_20240314220811aad.jpg


○加藤邸(国登録有形文化財) 市川市本行徳6-1

 塩問屋だった加藤邸です。国登録有形文化財です。

DSCN2633_20240314221202bb3.jpg


○田中邸 市川市本行徳26-8

 元行徳町長宅の田中邸です。

DSCN2821_20240314221205f34.jpg

<芭蕉句碑>

 芭蕉句碑があります。鹿島での一句です。
 「月はやし梢は雨を持ながら」
DSCN2822_20240314221205281.jpg

DSCN2823.jpg

 1995年11月の建立です。
DSCN2824_20240314221209c11.jpg


○澤木酒店 市川市本行徳21

 「塩小売店」の掲示が出ています。

DSCN2827.jpg


○本行徳公民館「行徳のいわれと歴史」 市川市本行徳12-8

 本行徳公民館前に、案内板「行徳寺町周辺案内図」と「行徳のいわれと歴史」が掲示されています。

(説明板)
「行徳のいわれと歴史
 行徳は、一説によれば大永7年(1527年)金海法印というという山伏が、伊勢内宮の土砂を中州(現在の江戸川区東篠崎町)の地に運び、神明神社を建立したことから始まります。金海法印は土地の開発と人々の強化に努め、徳が高く行いが正しかったことから、多くの人々に「行徳様」と敬われていました。この「行徳様」が行徳の地名になったといわれています。
 また、応安5年(1372年)「香取文書」に「行徳」の地名が記されており、室町時代以前から集落があったとも考えられています。
 中世には里見氏、北条氏の所領となり、この地では古くから「塩づくり」が行われ、江戸時代になると徳川家康が天領として「塩づくり」を保護し盛んになりました。塩田で働く人々が多く暮らし、本行徳付近から行徳街道沿いに集落が広がっていきました。
 江戸からの玄関口として新河岸(しんがし:現在の行徳4丁目常夜燈付近)に船着場が設けられ、成田への参詣客や荷物を運ぶ「行徳船」と呼ばれる定期船が往来し、宿場町として発展していきました。このころには松尾芭蕉、葛飾北斎、歌川広重ら多くの文人墨客が訪れています。江戸川の水運も明治期には蒸気船が登場し、いっそうのにぎわいを見せました。
 行徳街道はかつて「成田道(なりたみち)」と呼ばれ、新河岸ら現在の寺町通りをとおり、下妙典を左手に折れ、田尻、原木を経て成田街道へと通じており、江戸庶民の成田参詣の通り道としてにぎわいました。
 徳川家康の時代には、房総の諸大名が江戸への参勤のために利用し、各村々では鎮守を街道沿いに建てて、大切に祀っていたといいます。
 また、当地にはかつて行徳町役場、行徳小学校が置かれていました。」

DSCN2699_202403142216350ba.jpg

DSCN2701_20240314221638adb.jpg

DSCN2700_202403142216385c7.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会松尾芭蕉国登録有形文化財

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR