塩の道 新川

○塩の道新川 江戸川区

 新川は、天正18(1590)年、江戸城に入った徳川家康が千葉県の行徳までの塩の船路開削を命じ、道三堀・小名木川と同時に開削されました。
 新川は利根川〜江戸川〜新川〜小名木川〜隅田川を結ぶ江戸市中へ様々な物資を運ぶ重要な運河となりました。特に、行徳の塩を運ぶ「塩の道」として多くの人に利用されました。
 沿川には味噌や醤油を売る店や、舟宿や料理屋、銭湯などが立ち並び賑わいを見せました。江戸時代創業の開店の合図に使ったホラ貝が残っている銭湯「鶴の湯」「乙女湯」「あけぼの湯」が現在も営業しています(こちらで記載)。

「東都近郊図」(都立図書館蔵)

 「東都近郊図」から、新川部分の抜粋です。

050-002-W.jpg

「名所江戸百景 中川口」(広重)

 塩の道(水路)と中川が交差する場面です。手前に小名木川(客を乗せている船2艘)、中央に中川、奥に中川と江戸川を結ぶ新川(船堀川)が描かれています。小名木川と新川は、下総の行徳塩田から塩を運ぶために開削された運河で、2つを合わせて「行徳川」とも呼ばれました。左下にわずかに中川船番所の石垣と柵が描かれています(中川船番所はこちらで記載)。

100keinakagawaguchi.jpg

「絵本江戸土産 中川」(広重)

 江戸名所百景から少し左に寄ったアングルで、奥に新川、手前に中川船番所の屋根が見えます。

edomiyagenakagawa.jpg

<行徳船>

 日本橋小網町の行徳河岸(こちらで記載)を発った行徳船は、小名木川に入り助っ人を1人頼み2人による竿で進んだようです。
 「江戸名所図会 小名木川五本松」「名所江戸百景 小奈木川五本まつ」(広重)に描かれている小名木川の五本松の下を行く行徳船は2人による竿で運航しています(小名木川五本松はこちらで記載)。

zueonakigawa.jpg

100keionagi.jpg

 「名所江戸百景 中川口」(広重)に描かれている小名木川と新川の間の中川口では、行徳船は一人で櫓を漕いで進んだようです。新川を曳船で進むための杭が船中に見えます。

100keinakagawa.jpg

 新川では川沿いに人足用の道がつけられ、行徳船は1人が船の杭に結ばれた綱で船を曳き、もう1人が船の横を竿で押して遡りました。 新川での行徳船の絵がなかったので、「名所江戸百景 四ツ木通用水引ふね」(広重)の曳舟川の曳舟の様子です。

100keihikihune.jpg

 直線ではなく曲がっていたかつての流路であった古川では、竿で進んでいます。
 「江戸名所図会 二之江妙勝寺」から、妙勝寺前を流れる古川を行く船の抜粋です。

zuehurukawahune.jpg

 新川から江戸川に入って行徳船場・新河岸までは、櫓を漕いて遡りますが、川の流れに逆らう難所だったようです。
  「江戸近郊八景之内 行徳帰帆」(広重)に描かれている櫓を漕いでいる「行徳船」の抜粋です(行徳船場・新河岸はこちらで記載)。

gyotokukiho2.jpg


○江戸川区史跡「新川」

 新川沿いには、江戸川区説明板「新川塩の道 新川千本桜」が複数設置されています。

(説明板)
「新川塩の道 新川千本桜

新川 江戸川区指定史跡(昭和六十一年二月十二日指定)
 かつて、江戸川から古川の流れを経て、三角で新川に入り、西へ至る流路がありました。
 天正十八年(一五九○年)の徳川家康江戸入城後、その命により、この流路を含め、行徳までの航路として、道三堀、小名木川と共に開削が計画され、実行されました。
 寛永六年(一六二九年)には、現在の新川橋辺りから東側が新たに開削され、今では全体が新川と呼ばれるようになりました。以来、新川は、江戸市中に様々な物資を運ぶ水路、行徳の塩を運ぶ「塩の道」として多くの人に利用されてきました。また、沿川には味噌や醤油を売る店や料理店などが立ち並び賑わいを見せていました。
 新川は、江戸時代から明治・大正に至るまで、利根川・江戸川を経由して、東日本からの様々な物資を運び、客船が行きかう重要な水路として発展し、地域の人々の生活に深く関わってきました。
 しかし、昭和に入り荒川放水路の完成や東西の水門の閉鎖等により、船の就航も行われなくなりました。さらに、高度経済成長期には、地下水の汲み上げによる地盤沈下により、新川との間に何回も嵩上げされた高い護岸が整備され、人々の生活から遠い存在となってしまいました。
 その後、平成五年より耐震護岸整備・親水河川化や新川千本桜整備が進められ、都市空間の中の貴重な水辺として生まれ変わり、親しまれています。

新川千本桜
 平成十九年四月から、新川の両岸の遊歩道に桜を植樹し、江戸情緒あふれる街並みとして整備する「新川千本桜計画」を始めました。新川の全長約三キロメートルの両岸に桜を植え、新しい桜の
名所とし、潤いと賑わいのある街の創出のため江戸情緒あふれる川辺づくりや、南北地域の和が一層広がるよう人道橋並びに広場橋の架設など、歴史や文化を継承する空間を創出しました。」

「名所江戸百景 中川口」歌川広重
 手前が小名木川で、左下に中川番所の建物や石段が描かれています。中央を左から右に中川が流れ、その奥が新川です。江戸時代から昭和中期まで、水運の動脈でした。この絵にも材木筏や船の運航が盛んであった様子が描かれています。

DSCN2430_2024031222065968d.jpg

DSCN2431_2024031222070203a.jpg

DSCN2432_202403122207030b3.jpg

DSCN2434_20240312220705962.jpg

「新川を行きかう船」
 上の写真は、明治10年に就航した「通運丸」です。
 下の写真は、高橋(江東区)と浦安の間の定期船である葛飾丸などの「ポンポン蒸気」です。

DSCN2459_202403122209064dc.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 歌川広重江戸名所図会塩の道

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR