お茶屋の渡し(お竹の渡し)/一本松の渡し

○お茶屋の渡し(お竹の渡し) 荒川区町屋7-17-6 荒川区立尾竹橋公園

 尾竹橋から下流の隅田川右岸には隅田川テラスはありません。カミソリ堤防の外に、「お茶屋の渡し」「一本松の渡し」の説明板が続きます。
 説明板「お茶屋の渡し(お竹の渡し)」は、「荒川区立尾竹橋公園」にあります。

DSCN1878_20240217033820778.jpg

DSCN1877_202402170338174c0.jpg

(説明板)
「あらかわの史跡・文化財
 お茶屋の渡し (お竹の渡し)
 ここから南へ約七十メートル行ったところに、町屋と足立区千住桜木一丁目を結ぶ渡しがあった。対岸の足立区側の渡し場の脇に三軒の茶屋があったことからこの名がつけられたといわれる。別名をお竹の渡し。茶屋に「おたけさん」という名の女性がいたために そう呼ばれたという。
 この渡しは 天保年間(一八三○〜四四)にはじめられたと伝え、千住・西新井方面へ向かう交通路として重要な役割をはたした。昭和九年にこの渡しから少し上流に尾竹橋が架けられた後もしばらくは渡しが残っていた。   荒川区教育委員会」

DSCN1879_20240217033820d69.jpg


○一本松の渡し 荒川区町屋8-20

 マンションの前に荒川区の説明板「一本松の渡し」が建っています(荒川区町屋8-21-21)。

DSCN1876_202402170339573c0.jpg

DSCN2052_20240217034000750.jpg

(説明板)
「あらかわの史跡・文化財
 一本松の渡し  
 この渡しは、現在の足立区千住緑町との間、 約百四十メートルの距離を結ぶ。両岸の人々の暮らしに欠かせない重要な交通手段であった。
 渡しの名は、町屋一丁目の庚申塚の上に立つ一本松に由来する。
 ここから東へ六十メートルほど行ったところが渡し場だった。   荒川区教育委員会」

DSCN1874_2024021703401848a.jpg

 説明板から60mほど行ったところの行き止まりのカミソリ堤防に、かつて「上水千住水管橋」がありました(平成25(2013)年に撤去)。 ここが一本松の渡し場でした。

DSCN2050_20240217034149a62.jpg

DSCN2049_20240217034150c47.jpg


○土地区画整理記念碑 荒川区町屋8-17

 説明田「一本松の渡し」の道路反対側には、大きな「土地区画整理記念」の碑が建っています。西郷隆盛の甥の西郷従徳の揮毫です。

 (碑文)
  「土地區割整理紀念碑
     昭和十年十一月 完成
     侯爵西郷従徳書」

DSCN2051_20240217034151b70.jpg

DSCN1875_2024021703415395a.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 隅田川

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR