地蔵堂(火あぶり地蔵尊)

○地蔵堂(火あぶり地蔵尊) 草加市瀬崎2-1

 旧四号国道(県道足立・越谷線)吉町交差点に「火あぶり地蔵尊」はあります。
 昔このあたりに刑場があったといいます。
 千住の掃部宿に母親と一人の娘が住んでいました。奉公に出ていた娘に母危篤の知らせがきて暇を願い出るも許されず、母に会いたさに火をつけて火あぶりの刑となります。村人が供養のために地蔵を祀ったといわれています。

DSCN3677_20231231193136af1.jpg

DSCN3676_20231231193139627.jpg

DSCN3661_20231231193139fad.jpg

DSCN3660_202312311931414cd.jpg


<火あぶり地蔵尊/地蔵尊>

 刻銘のない「火あぶり地蔵尊」と、右手の安永5(1776)年銘の地蔵尊。

DSCN3674_20231231193251b3d.jpg

DSCN3673_20231231193254ff4.jpg

DSCN3675_2023123119325428f.jpg


<地蔵堂縁起>

(碑文)
「武州足立郡谷古田領瀬崎村地蔵堂縁起
当、地蔵尊は、伝説によれば昔、千住掃部宿の孝行娘が瀬崎の大尽の家で奉公をしていた。ところが、母親の大病を知っても帰宅を許されず、思い悩みその家に放火、その罪で火焙りの刑となった。村人は娘を哀れみ地蔵堂を建立し供養したと言う。しかし、これを裏付る資料はなく史実は不明である。
 なお、江戸後半の文化三年(一八○六)に完成し「日光道中分限延絵図」に、この地蔵堂が描かれている。それに、ここの石仏には、明和元年(一七六四)の供養塔・安永五年(一七七六)の光背村地蔵尊・弘化五年(一八四八)に近隣十四ヶ村の信徒によって造立された馬頭観音が有るが本尊には刻銘は無い。ところで、この地蔵尊は北方から邪神が当村に入るのを防ぐ境神でもある。
  文責 浅古倉政
 尚、当堂は、昭和七年より始まった旧国道の拡幅と、今般の新県道用地で二度移動した。
  平成十二年五月吉日
   瀬崎町 並木宗雄建之」

DSCN3671_20231231193401ee4.jpg

DSCN3672_20231231193404605.jpg

DSCN3668_2023123119340442f.jpg


<馬頭観音>

 お堂の左手にある、弘化5(1848)年銘の馬頭観音です。

DSCN3663_20231231193508438.jpg

DSCN3664_20231231193512ac3.jpg
関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR