正覚寺 (小菅)

○正覚寺 葛飾区小菅1-3-6

 明治2(1869)年、小菅村に県庁舎が設置されたとき、日本で最初の公立学校「小菅県仮学校」が設けられました。
 また、「とげぬき地蔵」は、小菅監獄から罪を終えての帰途、この石地蔵に願をかけると罪(とが)が抜けるというので、いつしか「とがぬき」が「とげぬき」になったと伝えられています。 徳川光圏が、一刀のもとに地蔵の首を切り捨てた「きられ地蔵」の伝説もあります。
 荒川辺八十八ヶ所霊場60番札所、荒綾八十八ヶ所霊場17番札所です。

DSCN1844_20231117124137b1f.jpg

DSCN1967_202311171241401c7.jpg

DSCN1843_20231117124140efe.jpg

(説明板)
「正覚寺のとげぬき地蔵と日本最初の公立学校
 真言宗正覚寺は、常照山阿弥陀院と号し、本尊阿弥陀如来は慈覚大師の作といい、厨子の銘に「本尊慈覚大師作、法印甚求、宝永三年三月入仏厨子宝光、正徳四甲午正月法印甚宥」とある。草創年代は定かではないが、開山和尚安心の亡くなったのが文禄元年(一五九二)だから、おそらく室町末期の創立と推定される。
 この寺には「とげぬき地蔵」という古い石地蔵が、堂内に安置されている。この地蔵は、以前に旧水戸街道の北側にあったものを、大正四年荒川放水路の開さく工事で当寺に移されたものである。
「とげぬき」は罪抜からきたもので、 当時付近の小菅監獄から罪を終えての帰途、この石像に願をかけると罪が抜けるというので、 いつしか「とがぬき」が「とげぬき」になったのだという。
 このお地蔵様にはもう一つ「きられ地蔵」の伝説がある。元禄のころ夜になると、この地蔵の付近に美女が現れ旅人を悩ますとの噂がたち、これを参勤交代でこの道になじみの水戸黄門こと徳川光圏が、一刀のもとに地蔵の首を切り捨てたが、首はそれ以来行方不明となり、正覚寺で新しい首をつけたが、のちに寺の近くで掘り出されたので、寺では別の箱にお首を納めて供養している。い
くら剣術の達人でも、果たして石の地蔵の首がコロリと落ちるほど切れたかどうか疑わしい。しかし地蔵堂の水舎に元禄年間の銘があり、水戸黄門となんらかの関連があったとも思われる。
 また、正覚寺にはもう一つ珍しい史実がある。
明治二年(一八六九年)この地に小菅県庁が置かれた。県庁では新政府の出した府県学校取調局の令に基づき、早速同年七月庁舎に近い正覚寺本堂内に「小菅仮学校」という公立の学校を設けた。
おそらくこれがわが国最初の公立学校であろう。始めは県庁の役人を対象としたが、希望者には管内の一般町村民の入学もゆるし、文明開化の新しい教育につとめたが、民間側の入学者は稀だったという。この仮学校はお隣の千住宿の慈眼寺にも分校を設けたが、明治四年十一月廃藩置県で県庁とともに廃校となり、明治六年四月学制発布で青砥学校(区立亀青小学校)や勝鹿学校(区立新宿小学校)が設立されたので、生徒の大半が両校に転属された。
 次にのせる「聴聞規則」は本邦初等教育史上貴重な資料であるが、その内容は旧態依然とした封建制そのものであったことが、うかがい知れる。
 当県仮学校当分小菅村正覚寺ニ相定候事
一 六の日 定休 四月十九日 会議に付昼後休
二 七ノ日 未ノ刻ヨリ小学講釈
  諸役人出席下民といえども聴を許す但し朝索読質問勝手次第
三 八ノ日 未刻ヨリ牧民志告心鑑
  庁内之諸役人必ズ出席すべし其他有志輩聴聞勝手たるべし但し朝前同断
四 九ノ日 未ノ刻ヨリ孟子輪議
  庁内之諸役人壮年之ものハ必ズ出席すべし老幼之輩ハ勝手次第但し朝前同断
五 十ノ日 未ノ刻ヨリ千住四丁目慈眼寺小学講話 
  御用村用等ニ而小菅表へ出合居候村人小前ども必ず出席すべし
  若し怠り候もの来れは郷宿向き取調之上、正覚寺ニ止宿いたさせ教諭を加う其他四方之民人老幼とも出席聴聞する事を欲す
  知事判事之?取締として時々出席すべし其他諸史聴聞勝手たるべし但し朝前同断
  明治二己巳年六月  小菅県」

DSCN1845_20231117124702c38.jpg

(説明板)
「史跡 県立小菅学校の跡
 明治二年(一八六九)小菅県庁にいて設立した、学制発布以前の公立学校として、都下教育史上貴重な遺跡で、当寺はその校舎の一部にあてられた場所です。
  葛飾区 葛飾区観光協会」

DSCN1849_2023111712470564a.jpg


<地蔵堂>

 「とげぬき地蔵」は、小菅監獄から罪を終えての帰途、この石地蔵に願をかけると罪(とが)が抜けるというので、いつしか「とがぬき」が「とげぬき」になったと伝えられています。また、徳川光圏が、一刀のもとに地蔵の首を切り捨てた「きられ地蔵」の伝説もあります。

DSCN1891_20231117124707884.jpg

DSCN1851_20231117124710974.jpg

DSCN1964_20231117124710ac6.jpg

DSCN1890_202311171247138e2.jpg

 説明板によると、手水鉢に元禄年間の銘があるとのこと。

DSCN1963_2023111712471331e.jpg

 「地蔵堂建設記念碑」

DSCN1850_2023111712471589b.jpg

DSCN1892_20231117124715a93.jpg


<大師堂>

DSCN1887_202311171250483dc.jpg

DSCN1853_20231117125050b95.jpg

DSCN1859_20231117125050d1d.jpg

DSCN1852_2023111712523234f.jpg

DSCN1889_20231117125235170.jpg

DSCN1854_202311171252385fb.jpg

DSCN1888_202311171252359fe.jpg


<弘法大師像>

 当寺は、南葛八十八ヶ所霊場77番札所、荒川辺八十八ヶ所霊場60番札所、荒綾八十八ヶ所霊場17番札所ですが、「南葛八十八ヶ所霊場77番札所」の七十七番が刻まれています。

DSCN1855_2023111712540426e.jpg

DSCN1856_202311171254075f1.jpg


<庚申塔>

 大師堂の裏にある享保4(1719)年銘の庚申塔です。

DSCN1857_20231117125407442.jpg


<本堂>

DSCN1860_202311171256256e7.jpg

DSCN1861_20231117125539d91.jpg

DSCN1862_2023111712554191e.jpg

DSCN1863_20231117125545788.jpg

DSCN1864_20231117125545d4a.jpg

DSCN1865_2023111712554562b.jpg


<弘法大師千百年御遠忌塔/宝篋印塔>

 右「弘法大師一千年塔」と左「弘法大師千百年御遠忌塔」(昭和9年)が建っています。

DSCN1866_20231117125842a13.jpg

DSCN1867_202311171258450e0.jpg

DSCN1968_2023111712584572f.jpg

DSCN1886_20231117125848e90.jpg
     
 右手に宝篋印塔が並んでいます。

DSCN1868_20231117125848d12.jpg


<念仏結集地蔵>

 寛文元(1661)年銘の念仏結集地蔵です。

DSCN1869_20231117130043083.jpg

(説明板)
「区登録有形民俗文化財
 小菅正覚寺念仏結衆地蔵像
  所在地 葛飾区小菅一丁目3番6号
  登録年月日 平成13(2001)3月15日
 この地蔵像は、念仏結衆を願う兵左衛門と同行衆によって建立されたものです。光背の向かって右には「寛文元天(1661)辛丑霜月八日六親菩提施主敬白」、左には「念仏結衆本願兵左衛門同行廿一人」と刻まれ、供養を行う集団を「念仏結衆」と記しています。
 17世紀中頃以降は「同行集団」とあらわすことが多くなるのですが、この地蔵像には「結衆」と「同行」が併記されています。
 ・材質ー石造 ・大きさー総高120cm
  葛飾区教育委員会」

DSCN1870_2023111713004682e.jpg


<地蔵半跏像>

DSCN1872_20231117130046e21.jpg


<庚申塔>

 地蔵菩薩を主尊とする元禄10(1697)年銘の庚申塔。「奉念申供養」

DSCN1873_20231117130237e02.jpg

DSCN1874_20231117130241b75.jpg

DSCN1875_20231117130241baa.jpg


<庚申塔>

 地蔵菩薩像の下に三猿が陽刻まれています。

DSCN1965_202311171302447be.jpg


<墓石他>

DSCN1876_2023111713050652b.jpg

DSCN1966_202311171305042ee.jpg


<六地蔵>

 中央は地蔵尊を主尊とする寛文3(1663)年銘の庚申塔です。
 「庚申念佛二世安樂」

DSCN1878_20231117130627afb.jpg

DSCN1881_20231117130630369.jpg

DSCN1879_202311171306302d2.jpg


<小動物之墓>

DSCN1882_20231117130724d72.jpg

<永代供養塔(三界萬霊塔)>

DSCN1883_20231117130727788.jpg
関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場綾瀬川小菅

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR