愛宕下大名小路

○愛宕下大名小路 港区新橋

 愛宕下には、大名屋敷が立ち並んでいました。このため、大名屋敷を南北に通る道は、丸の内の大名小路と区別するため、愛宕下の冠名をつけて愛宕下大名小路と呼ばれました(丸の内の大名小路はこちらで記載)。
 明治となり大名小路は赤レンガ通りとなりました(こちらで記載)。
 仙台藩中屋敷内には邸内社の塩竃神社があり一般にも参詣を許しており、明治維新となり藩屋敷はなくなっても塩竈神社は存続しました(こちらで記載)。
 有楽町の有楽稲荷神社(こちらで記載)や虎の門の金刀比羅宮(こちらで記載)も元は邸内社でした。

 新橋赤レンガ通り
DSCN6134_20230401153704822.jpg

DSCN6135_20230401153659c5a.jpg


「江戸切絵図」

 愛宕下大名小路とその周辺の抜粋です。

kiriezuatagoshitazenkei.jpg


「町名由来板 愛宕下町」 港区新橋5-19-7に設置

「愛宕下町(あたごしたちょう)
 里俗に愛宕下と呼ばれていたので、これを町名としたと伝えられています。明治五年(1872)、酒井下野守、 大鳥備後守、水野山城守の屋敷を合併して愛宕下町一丁目、苗木藩遠山美濃守と岡山
藩池田氏の屋敷ほか武家地を合併して愛宕下町二丁目、 下妻藩井上氏の屋敷ほか武家地を合併して愛宕下町三丁目、 仙台藩、小諸藩、柳生藩の屋敷を合併して愛宕下町四丁目としました。」

DSCN6095d.jpg

DSCN6095c.jpg


「東京市及接続郡部地籍地図」(東京市区調査会 大正1年)

 大正元年に東京市が発行した地図から、愛宕下部分の抜粋です。愛宕下町等が記載されています。

mapshibaku.jpg

関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 新橋邸内社

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR