たけくらべ 大黒屋の寮跡

○たけくらべ大黒屋の寮跡 あらき薬局 台東区竜泉3-6-4 HP

 新吉原は「お歯黒どぶ」に囲まれ、揚屋町通りの入口には、かつて跳ね橋が架けられていました。新吉原は外界より一段高くなっており、その痕跡が今に残っています。
 「たけくらべ」(樋口一葉)には、「むゝ美登利さんはな今の先己れの家の前を通つて揚屋町の刎橋(はねばし)から這入つて行た」の記述があります。

 あらき薬局は、新吉原の揚屋町通り入口にあります。

DSCN8557_20230613200629855.jpg

DSCN8570_20230613200631d0a.jpg

 風俗業界向けの商品を販売しており、店頭には、風俗用品自販機登場が設置されています。
 ヤギの「メ―くん」が店頭の小屋にいます(撮影禁止とあったのでメーくんは撮らず)。

DSCN8567_202306132008280cb.jpg

DSCN8558_20230613200830fd4.jpg

DSCN8566_20230613200832b0d.jpg


<たけくらべ大黒屋の寮跡>

 「たけくらべ」(樋口一葉)の主人公である美登利の家のモデル、大黒屋の寮跡があった三角地帯(台東区竜泉3-7)前にある、あらき薬局の柱にプレートが設置されています。

DSCN8560_20230613201023607.jpg

DSCN8581_20230613201025679.jpg


(プレート)
 「樋口一葉 たけくらべ
  美登利の家 大黒屋の寮跡」

DSCN8564_20230613201119307.jpg

(説明板)
「明治26年から同27年にかけて、樋口一葉がこの茶屋町通り(当時下谷竜泉寺町368番地)に住んでいた頃、前方の車道の西寄り三角地帯に名作「たけくらべ」にでてくる美登利の家のモデル大黒屋の寮(当時下谷竜泉寺町150番地)があり、そこには美登利にそっくりな娘もいた。
 寮主は石野平次郎で、新吉原京町2丁目26番地の妓楼松大黒屋を経営しており、当時の新吉原細見記をみると、その妓楼には、太夫大巻がいてお職を徹している。
 「たけくらべ」の原作未定稿「雛鳥」の一部は、一葉がこの竜泉寺町にいた当時に書いたものと推測され、そこに登場する子供達はみなそれぞれ地元にモデルが実在した。
  1989年11月23日一葉忌 荒木慶胤 記」

DSCN8561_20230613201121a6c.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 吉原樋口一葉

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR