【お茶の水坂】 神田上水懸樋跡など

【お茶の水坂】 文京区本郷1丁目〜2丁目

○お茶の水坂 文京区本郷1-1(説明板設置)

 外堀通りの文京区本郷1丁目〜2丁目がお茶の水坂となります。元町公園前の歩道に、説明板「お茶の水坂」があります。

(説明板)
「お茶の水坂
 この神田川の外堀工事は元和年間(1615―1626)に行われた。それ以前に、ここにあった高林寺(現向丘二丁目)の境内に湧き水があり、“お茶の水”として将軍に献上したことから、「お茶の水」の地名がおこった。
 『御政府備考』によれば「御茶之水は聖堂の西にあり、この井名水にして御茶の水に召し上げられしと・・・」とある。
 この坂は神田川(仙台堀)に沿って、お茶の水の上の坂で「お茶の水坂」という。坂の下の神田川に、かって神田上水の大樋(水道橋)が懸けられていたが、明治34年(1901)取りはずされた。
  お茶の水橋低きに見ゆる水のいろ
    寒む夜はふけてわれは行くなり
      島木赤彦(1876ー1926)
 文京区教育委員会  平成9年3月」

DSCN7537_202305110007025e4.jpg

DSCN7535_20230511000705ae7.jpg


○水道橋 千代田区神田三崎町一・二丁目〜文京区後楽一丁目・本郷一丁目

 水道橋の名は、神田上水の懸樋が下流にあったことに由来します。

DSCN7503_20230511002636420.jpg

DSCN7512_20230511002642672.jpg

DSCN7494_202305110026399f2.jpg

DSCN7514_202305110026419dd.jpg

<水道橋の碑>

 水道橋の欄干に、江戸名所図会の挿絵がはめ込まれています。

「水道橋
 水道橋の名は、江戸名所図会によれば、この橋の少し下流にかけ樋があったことに由来します。」

DSCN7493_202305110028266ff.jpg

DSCN7492_2023051100282835d.jpg

zueochanomizu.jpg


○水路モニュメント 文京区本郷1-3

 水道橋から文京区側の神田川下流へ、水路モニュメントがあります。水は流れてはいません。

DSCN7496_2023051100083414c.jpg

DSCN7504_20230511000837448.jpg

DSCN7511_20230511000837513.jpg


○プレート「神田上水」 文京区本郷1-3

(プレート文)
「神田上水
 神田上水は、井の頭池の湧水を水源とする、江戸時代初期につくられた日本最古の都市水道です。
 文京区関口に堰を設けて上水を取り入れ、小日向台下の裾をとおり小石川後楽園の中をぬけ、水道橋の東側で神田川を掛樋でわたし神田・日本橋方面に給水されていました。
 文京区本郷二丁目7番にある本郷給水公苑内に神田上水石垣樋が移設保存されています。
  文京区土木部公園緑地課」

DSCN7502_2023051100104247f.jpg

DSCN7497_20230511001044018.jpg

DSCN7501_20230511001208a6c.jpg

DSCN7499_202305110010487c9.jpg

DSCN7500_2023051100104850a.jpg

DSCN7498_20230511001051148.jpg


○お茶の水分水路 文京区本郷1-3

 お茶の水分水路は、河道拡幅による河道整備が困難であった神田川の中流部において整備された4つの分水路の一つです。この分水路は、水道橋下流〜昌平橋下流まで、都道405号線(通称:外堀通り)の地下に1,300mにわたって敷設されています。

DSCN7495_20230511001432920.jpg

DSCN7508_202305110014356e5.jpg

DSCN7507_20230511001437081.jpg

(石碑文)
 「神田川分水路事業
   お茶の水分水路」

DSCN7505_2023051100143814e.jpg

DSCN7506_202305110014413e2.jpg

DSCN7509_202305110014411b2.jpg


○神田上水懸樋(掛樋)跡 文京区本郷1-2

 神田上水懸樋は、神田上水が神田川を跨ぐ地点に設置されていた懸樋です。水道橋と水道橋駅の由来になっています。

DSCN7510_20230511001715d5d.jpg

DSCN7461_20230511001717eb0.jpg

DSCN7450_20230511001719c97.jpg

DSCN7457_2023051100172158c.jpg

(碑)
 「神田上水懸樋(掛樋)跡
   文京区長 遠藤正則 書」

DSCN7452_202305110018367a2.jpg

DSCN7451_20230511001837698.jpg
   
(プレート文)
 「絵本続江戸土産 神田上水御茶水」(鈴木春信)の挿絵が掲示されています。

「神田上水懸樋(掛樋)跡
 江戸時代、神田川に木製の樋を架け、神田上水の水を通し、神田、日本橋方面に給水していました。
 明治三十四年(一九○一)まで、江戸・東京市民に飲み水を供給し続け、日本最古の都市水道として、大きな役割を果たしました。
 この樋は、懸樋(掛樋)と呼ばれ、この辺りに架けられていました。
 この絵は、江戸時代に描かれたもので、この辺りののどかな風情が感じられます。
  平成八年三月 東京都 文京区」

DSCN7454_20230511002113aff.jpg

DSCN7456_20230511002116b7a.jpg

DSCN7455_20230511002116716.jpg

 絵本続江戸土産 神田上水御茶水
ehonsuzukiotyanomizu.jpg

 神田川上流
DSCN7460_20230511002426455.jpg

 神田川下流
DSCN7459_2023051100242733c.jpg


○旧元町 文京区本郷2-7(説明板設置)

 「旧町名案内」があります。

(説明板)
「旧 元町(昭和40年までの町名)
 もとは本郷村。江戸初期は御弓同心の組屋敷であった。その後この組屋敷は大塚辺りに移された。元禄4年(1691)徳川家康の江戸入りにしたがって三河から来た供衆が、内神田の三河町からここに移ってきた。
 元禄9年(1696)町屋を開いたが、この辺の拝領地としては、最も古い方なので元町と名づけたという。
 明治2年、町内を東西に分けて、上町を1丁目、下町を2丁目とした。
 同5年、旧高松藩松平氏邸および付近を合併した。
 明治44年、本郷元町の本郷をとり、元町とした。
 現在の昭和第一高校前の神田川に、神田上水の懸樋が渡されて、江戸っ子に飲料水が送られた。 文京区」

DSCN7686_202305110030500c4.jpg

DSCN7686b.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会神田上水神田川本郷

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR