①几号水準点 奥州街道ほか

【几号水準点】(足立区、荒川区、台東区)

○五丁目大川町氷川神社 足立区千住大川町12-3

<紙すき碑>

 台座石に21軒の紙すき問屋名が刻まれていますが、台座石の縁取りを削って、永続連(紙すき同業組合)の文字の、続と連の間に几号が刻まれています。
 古碑や鳥居、皇居の門の石垣に刻まれる几号、昔の内務省の力を感じます。

DSC02498_201908281223050a8.jpg

DSC02500_20190828122306d71.jpg

DSC02499_20190828122308c19.jpg

詳細はこちらで記載


○素盞雄神社 荒川区南千住6-60-1

<鳥居>
 鳥居に明瞭に几号水準点が刻まれています。鳥居が多くありますが、松葉屋半蔵の寄進した狛犬(文化5年)がるところの鳥居です。

DSC02259.jpg

DSC02261.jpg

DSC02262_201908281325345d1.jpg

※詳細はこちらで記載


○円通寺 荒川区南千住1-59-11

<百観音碑>
  境内入ってすぐの左手に百観音碑があります。その台石に几号水準点が刻まれています。

DSC02461.jpg

DSC02464.jpg

DSC02474.jpg

詳細はこちらで記載


○金杉三島神社玉垣石柱 台東区下谷3-7-5

「三島神社の横にある道路はかつては川。人々は川にかかる橋を渡って参拝し橋は「三島様の石橋」として親しまれていました。 明治の末期より、その石橋の一部を東参道の敷石として保存しております。」 (三島神社のホームページより引用)

DSC06350.jpg


<几号水準点>
 三島神社北門の敷石に几号があります。水平配置です。「三島さま」の石橋も埋められています。三島神社のホームページに几号の写真と記載があります。

DSC06348.jpg

DSC06354.jpg

(説明板)
「三島様の石橋跡
この横の道路は往昔より吉原土手に通ずる本通りで小高い土手であった頃三島神社に参詣するには石橋を渡ったのである。街が発展して土手がなくなった明治の末期よりその石橋を境内に敷き人々から親しまれた「三島様の石橋」を永く保存するものであります
(注)樋口一葉の「たけくらべ」に三島様の角をまがりてよりこれぞと見ゆる家もなく・・・・はこの道路で土手と小川が有った頃」

DSC06352.jpg


<火除稲荷社>(旧ミサキ稲荷社)
 「境内には火除稲荷社(三島神社の地主神)が鎮座されています。 昔、徳川氏が上野山内の火難方位除けのために勧請したと伝えられており、古くはミサキ稲荷社と称していました。後に、この地が火除地と定められ、その際、火除稲荷と改称されましたが
その創建年代等、詳しくはわかっていません。」(三島神社説明)

 江戸切絵図に「ミサキイナリ」の記載があります。

misakiinari1.jpg

misakiinari2.jpg


<雷井戸>
 神社では「不落(おちない)守」(1000円)を授与しています。

(説明板)
「三島神社の雷井戸
昔武蔵国の原野は雷が多く里人は常におそれていた。時たま時たま神社の境内に雷が落ちたので神主が雷をこの井戸にとじ込めた処雷は「井戸から出して呉れ」と哀願するので「二度と此地に落ちない」と約束のもとに許してやったと云う。
爾来此地に雷が落ちないと伝えられている。この井戸の発掘年代は不祥なるも相当な古井戸で危険防止の為に蓋をしてあるが現在も満満と水をたヽえて雷除の井戸として信仰されている。」

DSC06351.jpg


○鳥越神社 台東区鳥越2-4-1

 鳥越神社は、徳川家康を合祀しています。社号標は、鳩山一郎書とあります。白鳥橋を渡り境内へ。都内の神社には多い、ラジオ体操会場となっています。

DSCN4911.jpg

DSCN4922.jpg

DSCN4920.jpg

DSCN4912.jpg

<鳥越神社(説明板)>
 鳥越神社  台東区鳥越二丁目四番一号
 当神社は、白雉二年(六五一)の創建。日本武尊、天児屋根命、徳川家康を合祀している。
 社伝によると、日本武尊が、東国平定の道すがら、当時白鳥村といったこの地に滞在したが、その威徳を偲び、村民が白鳥明神として奉祀したことを起源とする。後、永承年間(一○四六-五二)奥州の安部貞任らの乱(前九年の役)鎮定のため、この地を通った源頼義・義家父子は、名も知らぬ鳥が越えるのを見て、浅瀬を知り、大川(隅田川)を渡ったということから鳥越大明神と名づけた。以後、神社名には鳥越の名を用いるようになり、この辺りは鳥越の里と呼ばれるようになった。天児屋根命は、武蔵の国司になった藤原氏がその祖神として祀ったものとされる。また、徳川家康を祀っていた松平神社(現、蔵前四丁目十六番付近)は、関東大震災で焼失したため大正十四年に当社に合祀された。
 例大祭は、毎年六月九日前後の日曜。千貫神輿といわれる大神輿の渡御する「鳥越の夜祭」は盛大に賑い、また正月八日に正月の片付け物を燃やす行事「とんど焼き」も有名である。
  平成十一年三月  台東区教育委員会」

DSCN4910.jpg

<松平神社>
 江戸切絵図を見ると、「松平山西福寺」の西に「御宮」とあります。関東大震災で罹災し鳥越神社に合祀された、徳川家康を祀った「松平神社」かと思われます。

onmiya.jpg


<鳥越神社石華表几号水準点>

 鳥越神社には鳥居が三つあり、西側の鳥居の左側に几号水準点が刻まれています。かなり明瞭で、保存状態が良いです。

DSCN4915.jpg

DSCN4917.jpg

DSCN4914.jpg

DSCN4918.jpg


【付属予備点】

○台東区橋場 台東区橋場2-1-12株式会社伊勢金前歩道中央

 几号水準点ではなく付属予備点というものです。株式会社伊勢金前歩道中央にあります。 歩道反対側は、橋場不動尊。ここから600m南の社会教育会館前の歩道にも付属予備点があります。

DSC06328.jpg

DSC06324.jpg

DSC06323.jpg


○台東区今戸 台東区今戸2-26-12今戸社会教育会館前歩道中央

 几号水準点ではなく付属予備点というものです。 歩道の舗装で、四角面が丸面に変貌しつつあります。ここから600m北の歩道中央にも付属予備点があります。

DSC06332.jpg

DSC06329.jpg

DSC06331.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 几号水準点徳川家康千住南千住下谷

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR