千住遊郭跡

○千住遊郭(柳新地)跡 足立区千住柳町

 江戸から近い初宿は、宿泊する旅人が少なく、営業不振に陥る旅籠屋も少なくありませんでした。千住宿、品川宿、板橋宿は、幕府に連名で、旅籠屋に飯盛女を置くことを要望し、旅籠屋の飯盛女(食売女)が公認されます。江戸に近い遊里として人を集めるようになります。
 金蔵寺の足立区教育委員会の説明板によれば、千住宿55軒の旅籠のうち、飯盛旅籠(食売旅籠ともいう)が36軒ありました(金蔵寺についてはこちらで記載)。
 「千住遊郭」は、大正10(1921)年3月に郊外の「柳新地」(現・千住柳町)に移転します。関東大震災(大正12(1923)年)以後は板橋・吉原などからも移ってきて、56軒の楼が立ち並び繁栄しました。


「千住遊郭大門より北のようす」(「大震災千住町写真帖」 足立区立郷土博物館蔵)

 関東大震災直後に、千住遊郭大門より北を撮影した写真です。
oomonyorikita.jpg
oomonyorikita2.jpg

 説明文には、大正13年3月には復興したと記されています。移転は大正10(1921)年3月とあります。
oomonyorikitac.jpg


「千住遊郭大門」(足立区立郷土博物館蔵)

 大門は銅製で、戦時中に供出されました。
senhyuyukakuoomon.jpg


<千住遊郭(柳新地)輪郭>

 地図を見ると、正方形に整備された碁盤目状に区画割された道筋によって、遊郭(柳新地)の輪郭がわかります。

DSCN5691_2023030602311933e.jpg

DSCN4182_202301261320492fa.jpg

DSCN4181_2023012613205177d.jpg


「東京府南足立郡千住町全図」(昭和6年1月15日 足立区立郷土博物館蔵)

 標記地図から、柳町部分の抜粋です。が遊郭です。

senjyumapyukaku.jpg


○柳町仲通り電灯会 足立区千住柳町

 旧千住遊郭(柳新地)の大門からのメインストリートだった通りに、商店街「柳町仲通り電灯会」があります。今では商店街とは言えない寂れた通りで、ほぼ住宅街となっています。


<「柳町仲通り電灯会」と街灯>

DSCN3846_202301261326190e8.jpg

DSCN3885_20230126132621fec.jpg


<柳町仲通りの南から北方向>      

DSCN3788_20230126132756af4.jpg

DSCN3847_202301261327589a9.jpg


<柳町仲通りの北から南方向>

 柳町仲通りの北の終端から街灯があります。街灯のある通りから道が広くなります。 スカイツリーが見えます。

DSCN3916_20230126133521b36.jpg

DSCN3915_202301261335228ef.jpg

DSCN3848_20230126133523f18.jpg

DSCN3912_20230126133525400.jpg


<「廊支」「くるわ支」電信柱>

 電信柱に「廊」「くるわ」とあります。ストレートな遊郭の痕跡です。古い電電公社のマークの手書きの支柱もあります。

DSCN3909_202301261338431c3.jpg

DSCN3908_20230126133846cbd.jpg

DSCN3906_20230126133847714.jpg

DSCN3911_202301261338493bf.jpg

DSCN4083_20230126133852c37.jpg

(参考)
 電信柱には古い名残が意外に残っています。
 ・「猿之助支」電信柱
 ・「遊園支」電信柱
 ・「銅像堀支」電信柱


<「國太寿し」と「田中たばこ店」> 足立区千住柳町13

 寿司店「國太寿し」とたばこ店「田中たばこ店」が並んでいます。この商店街で唯一のレトロ店です。

DSCN4084_20230126134236f35.jpg

 店先に掲示してあった絵です。

DSCN3887_202301261342378e0.jpg

 田中たばこ店です。

DSCN3891_20230126134423df2.jpg

DSCN3893_20230126134426703.jpg

DSCN3890_20230126134428e8f.jpg

DSCN3889_202301261344307bc.jpg

DSCN3888_20230126134431f79.jpg

 「國太寿し」に掲示されている住居表示「千住柳町一五番地 婦人部」です。
 ここは13番地ですが15番地の表示です。

DSCN3886_20230126134433f59.jpg

 たばこ店に掲示されている「たばこ販売店」には、
 ここは13番地ですが15番地の表示です。

DSCN3892_202301261344332e9.jpg


<柳町会館> 足立区千住柳町28-1

DSCN3879_20230126133527507.jpg


○大門商店睦会 足立区千住龍田町・千住柳町

 大門の仲通りへ南から続くのが大門商店睦会です。大門商店睦会と柳町仲通り電灯会の境にかつて大門がありました。左手に向かうレンガ舗装の道は、千住大門商店街です。

DSCN3844_202301261348236f1.jpg

DSCN3882_20230126134825b7e.jpg

DSCN3880_20230126134826ae6.jpg

DSCN3884_2023012613482730c.jpg


<長屋> 足立区千住柳町4-3

 古い長屋があります。


<YAMATOYA> 足立区千住柳町4-5

 大門のあった場所手前にガソリンスタンドがあるのですが、「YAMATOYA」の掲示が見えます。
 屋号が「大和屋油店」です。
 昔の業態は何だったのか気になるガソリンスタンドです。

DSC02621.jpg

DSCN3849_20230126135039f29.jpg

DSCN3850_20230126135043f43.jpg

DSCN3845_20230126135041db2.jpg


<「廊支」「くるわ支」支柱>

 電柱と電信柱に「廊支」「くるわ支」とあります。手書きもあります。

DSCN4186_202301261355540d2.jpg

DSCN4085_20230126135555ee3.jpg

DSCN3914_20230126135557d7c.jpg

DSCN4187_20230126135558526.jpg


○千住ニコニコ商店会 足立区千住柳町・千住大川町

 旧千住遊郭(柳新地)の北側の商店街です。千住遊郭(柳新地)華やかなりし頃は、一番の繁華街でしたが、昭和33(1958)年の遊郭廃止、都電の撤収等の影響により人の流れが変わり、衰微の一途をたどりました。
 東からのいろは通り商店会、西からの千住元町明公会の商店街から、千住ニコニコ商店会の商店街に入ると、街灯がなくなります。googleストリートビューの2022年8月撮影では存在しているので最近撤去されたようです。それ以前にはアーチが撤去されています。
 かつては盛況だった商店街は、もはや消滅し、解散しているのでしょう。ニコニコの名前は「ニコニコ不動産」にしか認められません。

 東→西方向

DSCN4027_20230126135952f08.jpg

DSCN4069_20230126135954057.jpg

DSCN4070_20230126135955cea.jpg

 西→東方向

DSCN4041_20230126140054686.jpg


<千住西地区プチテラス予定地> 足立区千住大川町38-1

 空き地はプチテラス予定地です。

DSCN4073_20230126140239e6f.jpg

DSCN4075_2023012614024105d.jpg

DSCN4074_20230126140242080.jpg


<千住西地区プチテラス予定地> 足立区千住柳町41-14

 旧千住遊郭のメイン通りであった柳町仲通りが千住ニコニコ商店会に突き当ったところにもプチテラス予定地があります。

DSCN4037_202301261403482ed.jpg

DSCN4076_202301261403501f5.jpg

DSCN4038_20230126140351516.jpg


○箭弓稲荷神社 足立区千住大川町49-8

 千住ニコニコ商店会から千住大川町側の小路に入ったところに「箭弓(やきゅう)稲荷神社」はあります。この地で火災が多く発生したのを憂えて、地元の有志が埼玉県東松山市の箭弓稲荷神社より分霊を勧請し大正15(1926)年に建立されました。旧千住遊郭の北の裏側にあるので、賑わっていた遊郭や商店街の火災が多かったのでしょうか。
 現在も「足立箭弓稲荷講」により活動が行われています。千住神社の兼務社です。

DSCN4222_20230126181338808.jpg

DSCN4223_20230126181340221.jpg

DSCN4216_2023012618134211f.jpg

DSCN4183c.jpg

(説明板)
「箭弓稲荷神社
 ご祭神 保食神
     宇迦之御魂神
 大正十一年当時、この地で火災が多く発生したのを憂えて元宿新町会(会員一三八名)の役員の有志が和銅五年(七一ニ年)創建の関東一の火伏の神社として信仰されている埼玉県東松山市の箭弓稲荷神社より分霊を勧請し大正十五年に当地に建立した。
  平成二十九年五月末日」

DSCN4218_20230126181504e11.jpg


<石鳥居支柱>

 石鳥居は社殿に対し、なぜか斜めに建っています。昭和12(1937)年9月、稲荷講中による建立です。

DSCN4225_20230126181627ce4.jpg

DSCN4226_202301261816305ef.jpg


<手水鉢>

 鳥居の先左手に手水鉢があります。

DSCN4224_2023012618163062e.jpg


<社殿>

 石段をニ段上がると扁額「箭弓稲荷大明神」が掲げられた社殿です。

DSCN4227_20230126181632087.jpg

 社殿内の奉納を見るに、築地魚河岸の水産問屋の崇敬が篤いようです。

DSCN4220b.jpg

DSCN4221b.jpg

 社殿内

DSCN4220_202301261818217c4.jpg


<千住ニコニコ商店会横道> 足立区千住柳町

 プチテラス予定地から、千住柳町仲通りへ向かう南北の通りも千住ニコニコ商店会です。千住ニコニコ商店会の街灯がありましたが、撤去されています(2022年8月撮影のgoogleストリートビューでは街灯を確認できるので、それ以降の撤去です)。

 北から
DSCN4077_20230126140633bf1.jpg

 南から
DSCN4082_20230126140636eaf.jpg

 「廓支」「くるわ支」電信柱が、遊郭の裏手への通りであることの名残を示しています。「柳町仲通り電灯会」と「千住ニコニコ商店会」の電信柱は「廊支」でしたが、ここは「郭支」です。

DSCN4080_2023012614091335c.jpg

DSCN4079_202301261409153a2.jpg

DSCN4081_2023012614091693a.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 千住電信柱

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR