吉原神社 吉原弁財天

○吉原神社 台東区千束3-20-2 03-3872-5966

<5つの稲荷社>

 新吉原には5つの稲荷社が存在しました。
 大門の手前に「玄徳稲荷社(吉徳稲荷社)」 、廓内の4隅に「榎本稲荷社」「明石稲荷社」「開運稲荷社」「九郎助稲荷社」が祀られていました。吉原神社は5つの稲荷社を合祀しています。

DSC00199.jpg

DSC00400.jpg


<久保田万太郎の句碑>
 浅草出身で大正から昭和にかけて活躍した俳人・作家の久保田万太郎の句碑があります。
 「この里に おぼろふたたび 濃きならむ 万」

DSC00198.jpg


<逢初桜>
 吉原大門手前の右手に吉徳稲荷、稲生の手前に駒止松、その手前に逢初桜。
 吉原大門手前の左手の逢初桜の対面に見返り柳が描かれています。

DSC00196.jpg

DSC00195b_20190805133029536.jpg
      

<吉原今昔図>
 吉原今昔図として、貴重な資料が掲示されています。
 吉原カフェ建築探訪で、旧屋号を確認するのに重宝しました。
 明治27年、大正12年、昭和20年、昭和33年、現在と、個々の店舗が記録されています。

DSC00390.jpg


<銭湯が2カ所あった>
 色々な店があって、興味深いです。
 たとえば銭湯が「松の湯」と「櫻湯」の2カ所ありました。

DSC00392b.jpg

DSC00392c.jpg


○吉原弁財天 台東区千束3-22-3

<寄進>
 寄進者をみていくと「大文字楼 波木井長」「角海老楼 遠藤はつ」「三浦屋 高野治吉」等々。

DSC00884.jpg

DSC00883_201908051340306e6.jpg

DSC00882.jpg

DSC00885.jpg


<燈籠寄進など>
 蔦福の寄進「燈明碑」や、稲本楼と大文字楼の寄進による「燈籠(奉 稲本楼 大文字楼)」があります。

DSC00892.jpg

DSC00894.jpg

DSC00895.jpg


<蛇塚>
 昔、塚(古墳)だったことを示す「蛇塚」があります。塚(古墳)だったところに、吉原弁財天があります。

DSCN7268.jpg


<新吉原花園池(弁天池)跡>
 案内板より引用
「江戸時代初期までこの付近は湿地帯で、多くの池が点在していたが、 明暦三年(1657)の大火後、幕府の命により、湿地の一部を埋立て、日本橋の吉原遊郭が移された。以来、昭和33年までの300年間に及ぶ遊郭街新吉原の歴史が始まり、とくに江戸時代にはさまざまな風俗・文化の源泉となった。
 遊郭造成の際、池の一部は残り、いつしか池畔に弁天祠が祀られ、遊郭楼主たちの信仰をあつめたが、現在は浅草七福神の一社として、 毎年正月に多くの参詣者が訪れている。
  池は、花園池・弁天池の名で呼ばれていたが、大正12年の関東大震災では多くの人々がこの池に逃れ、 490人が溺死したという悲劇が起こった。弁天祠付近の筑山に建つ大きな観音像は、溺死した人々の供養のため大正15年に造立されたものである。昭和34年吉原電話局(現在の吉原ビル)の建設に伴う埋め立て工事のため、池はわずかにその名残を留めるのみとなった。
  平成10年3月 台東区教育委員会」

DSC00207.jpg

DSCN7269.jpg

DSC00200.jpg

DSC00201.jpg

DSC00891.jpg

DSC00888.jpg


<吉原観音>
 前掲案内板。

DSC00203.jpg


<花吉原名残碑>
 吉原遊郭の歴史を永く止めようと昭和35年に地域有志の皆様によって建立された石碑です。

(説明板)
「花吉原名残碑  台東区千束三丁目二十二番 吉原弁財天
 吉原は、江戸における唯一の幕府公許の遊里で、元和三年(一六一七)葺屋町東隣(現中央区日本橋人形町付近)に開設した。吉原の名称は、植物の葭の生い茂る湿地を埋め立てて町を造成したことにより、はじめ葭原と称したのを、のちに縁起の良い文字にあらためたことによるという。
 明暦三年(一六五七)の大火を契機に、幕府による吉原遊廓の郊外移転が実行され同年八月浅草千束村(現台東区千束)に移転した。これを「新吉原」と呼び移転前の遊廓を「元吉原」という。
 新吉原は江戸で有数の遊興地として繁栄を極め、華麗な江戸文化の一翼をにない、幾多の歴史を刻んだが、昭和三十三年売春防止法の成立によって廃止された。
 その名残を記す当碑は、昭和三十五年地域有志によって建てられたもので、碑文は共立女子大学教授で俳人、古川柳研究家の山路閑古による。
 昭和四十一年の住居表示の変更まで新吉原江戸町、京町、角町、揚屋町などのゆかりの町名が残っていた。
  平成十七年三月  台東区教育委員会」

 碑文は共立大学教授で俳人の山路閑古氏の撰。
(碑文)
「花吉原名残碑
二神出世この方 男女相聞の道開け 日本国は常世の春となれり 中の頃江戸の初世に庄司甚右衛門といへる人あり 府内に一廓の遊所を開き 名づけて元吉原といふ 明暦三年故ありて廓この地に移り 名も新吉原と改む 爾来年と共に繁榮しやがて江戸文化の淵叢となれり 名妓妍を競ひ万客粹を争ひ 世俗いふ吉原を知らざるものは人に非ずと 開基以来火災を蒙ること十数度 震災又戦禍を受くるとも微動だもせざりし北国の堅城も 昭和三十三年四月一日売春防止法の完全施行を期として 僅か一夜にして消滅し了んぬ 人為の天工を亡ぼす何ぞ甚しきや 二万七百余坪の旧地悉く分散して 辛くも瓢池一半を殘すのみ 有志等この池畔に一基の碑を建つるは 麗人吉原が悲しき墓標の營みなりけりと云爾。
  昭和三十五年五月二十一日
    白面青客 山路閑古 撰並書」

DSC00204.jpg


<庄司甚右衛門の碑>
  「花吉原名残碑」の右に、元吉原の創設者である初代惣名主庄司甚右衛門の碑があります。漢文で刻まれています。

DSCN7259_20191210090515f58.jpg

DSCN7261_20191210090516c61.jpg

※(参考)庄司甚右衛門碑/庄司甚右衛門墓(雲光院)はこちらで記載しています。


<智栄上人歌碑>
 こちらで記載しています。


<吉原弁財天本宮社殿> 台東区千束3-22-3
 吉原弁財天の本宮です。
 平成24年に有志の方々によって改修工事が行われ、壁一面には東京芸術大学等の学生等による壁画が描かれました。

DSC00209.jpg

DSC00893.jpg

DSC00212.jpg

DSC00213.jpg


○千束繁城稲荷神社 台東区千束3-3-6
 マイナーな稲荷神社です。

DSC00618.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 吉原庄司甚右衛門久保田万太郎古墳

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR