慈尊院(草加市最古の庚申板碑)

○慈尊院 草加市稲荷4-3-23

 草加市内では一番古い庚申板碑があります。

<庚申板碑> 草加市文化財
 板碑型庚申塔が三基並んでいます。左から、寛永13(1636)年銘、正保4(1647)年銘、承応元(1652)年銘と並んでいます。

DSCN3571_20231231153107f9b.jpg

DSCN3572_20231231153111f87.jpg

DSCN3573_20231231153111e3d.jpg

DSCN3574_20231231153114027.jpg

(説明板)
「昭和五十六年一月三十一日指定 市指定有形文化財(歴史資料)
 寛永十三年山王二十一仏庚申塔
  草加市稲荷四丁目三番二十三号 慈尊院
 庚申信仰は、六十日ごとに訪れる庚申の日に、夜眠らずに過ごすことにより、健康長寿を願うものである。
 この信仰は、道教から発したといわれており、人の身中に宿る三尸九虫が、庚申の日に天に昇り、天帝に人の罪過を告げ、その人の生命を縮めようとするため、これを防ごうと夜を眠らずに過ごすというものである。庚申信仰は平安時代から始まったといわれるが、庚申塔の造立は室町時代から始まり、江戸時代になり盛んになった。
 慈尊院にある山王二十一仏庚申塔は、高さ一・〇九メートル、幅〇・三九メートル、厚さ〇・二メートルの板碑型である。中央最上部にキリーク(阿弥陀如来)の種子、その下には山王二十一仏の種子が記されている。庚申塔中央部には「奉果庚申待二世成就攸」とあり、また、その左右には 「寛永十三年丙子十一月吉日敬白」(寛永十三年は一六三六年)と年紀が記され、さらにその下方左右には、四行にわたり講中八人の名が連記されている。
 山王二十一仏の庚申塔は、草加市内に二例あるが、この庚申塔は、中世の山王二十一仏庚申板碑の系統をひくものであって、草加市内で最も古く、また山王二十一仏庚申塔としては、隣接市区を通じて最初に造立されたものであり、近世の庶民信仰を知るうえで貴重な資料であるといえる。
  平成二十二年三月  草加市教育委員会」

DSCN3569_20231231153114c0f.jpg


<真言宗豊山派 慈尊院>

DSCN3566_20231231153331f4a.jpg

DSCN3567_202312311533348fc.jpg


<地蔵堂>

DSCN3586_20231231163949b45.jpg


<十二天中水天(水神)碑>

「此の石碑は、明治四十四年東京都よりの糞尿運搬船の船主八名の発起により、その航路の水難防災を祈念して船頭各位の浄財を以て、古川河畔稲荷町六五〇番地先に建立されていたが、都市計画の道路拡張工事の為、草加市の要請により、当院境内に移転奉祀せるものである。清瀧山慈尊院」(説明板抜粋)

DSCN3568_202312311534546e6.jpg


<清瀧大権現>

DSCN3583_20231231153457733.jpg

DSCN3584_20231231153457a33.jpg

(説明板)
「清瀧大権現堂再建の沿革
抑々、清瀧山慈尊院は永録八年(西暦一五六五年)開基秀長と伝承される寺歴四世紀半を有する古刹にて、当時より清瀧山と号するは、清瀧大権現を祭祀するが為也 其の、清瀧大権現は、古来より秘仏として、本堂の一隅に奉祀せられしを、昭和十一年、当院前住職麦倉宗隆僧都は浅井松之助、浅井三五郎、深井甚五郎、浅井専太郎の四名と相諮り壇徒より勧募し、鶴ヶ曽根一九一、棟梁斎藤弥平に命じ、此の地に堂宇を建立せしが、長年の風雨並に虫害により、倒壊の寸前に至りし為、昭和五十八年五月時恰も弘法大使一一五〇年の御遠忌に当り記念事業として慈尊院建徳妙艶大姉一周忌成三大菩提の為に当院檀徒総代草加市議会議員、浅井満夫は志を立て棟梁浅井長治に命じ、清瀧大権現堂の再建並に他畔石垣の整備を行いたるものなり。
 昭和六十三年五月当慈尊院七回忌刻此銘板
  清龍山慈尊院
   第丗世住職権大僧正 麦倉敏夫
   施主檀徒総代    浅井満夫」

DSCN3585_20231231153632d53.jpg


<六地蔵/石塔>

 門扉手前右側に六地蔵、その左右に石塔。
DSCN3582_202312311536350af.jpg

DSCN3577_2023123115381468b.jpg

 左脇は、天保13(1842)年銘の普門品供養塔(左)と、天明2(1782)年銘の大乗妙典供養塔(右)。
DSCN3576_20231231153817864.jpg

 右脇は、寛政12(1800)年銘の庚申塔(左)と、天保6(1835)年銘の庚申塔(右)。
DSCN3578_202312311538178e9.jpg


<無縁塔/力石>

 無縁塔に力石があります。

DSCN3581_20231231153939cde.jpg

DSCN3580_2023123115394201d.jpg


<本堂など>

DSCN3575_2023123115405248c.jpg

DSCN3589_20231231154054be6.jpg

DSCN3588_20231231154055cb4.jpg

DSCN3587_20231231154058b25.jpg
関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 庚申板碑力石

加平天祖神社

○加平天祖神社 足立区加平3-5-2

 嘉兵衛新田を開発した伊藤嘉兵衛氏の屋敷神であった神明宮を、嘉兵衛新田村の鎮守として慶長15(1610)年に祀るようになりました。明治2(1860)年に称号を神明宮から天祖神社に改めました。昭和29(1954)年に旧嘉兵衛新田の綾瀬川以西の氏子は、西加平の稲荷神社の氏子として分離・独立しました。昭和42(1967)年、区画整理により、社殿・拝殿を旧地(加平2-16)から現在地に曳社移転しました。


<社号標/鳥居>

DSCN1373_20231105234724639.jpg


<手水舎>

DSCN1374_202311052347264a9.jpg

 寛政8(1796)年奉納の盥漱石が脇にあります。

DSCN1374b_2023110523472891a.jpg


<由緒>

 手水舎の奥に由緒の説明板が建っています。

(由緒)
「安土桃山時代後期文禄年間(一五九二〜一五九五)に伊藤氏の遠祖伊藤嘉兵衛が神奈川県稲毛領より白馬に跨り神明宮のご神体を奉持しこの地に着き、荒無地であったこの辺りの一帯の新田開発に尽力、その功により「やむら」といわれていた地を「嘉兵衛新田」と呼ぶようになり昭和七年(一九三二)迄正式地名として続いた。
 伊藤氏の屋敷神であった神明宮をこの村の鎮守様として旧嘉兵衛新田字菖蒲沼耕地五五三番地に創建し、昭和四二年十一月区画整理事業により現在地に遷宮した。
 社殿は弘化二年(一八四五)造営、屋根は遷宮時に萱葺から銅板葺から瓦葺と葺き替えられた。
 当所称号を神明宮とお呼びしていたが、明治二年維新により神仏分離に対する政策変更を機に天祖神社と改めた。
 摂社として稲荷神社(西加平一丁目)が有ったが昭和二九年宗教法人法の施行により、西加平神社と改称分離独立した。
 五穀豊穣、無病息災、家内安全等々を祈願する住民の厚い信仰心に支えられている。
  天祖神社氏子会」

DSCN1377_2023110523472917e.jpg


<境内>

DSCN1378_202311052347319fa.jpg


<石燈籠>

 寛政10(1798)年奉納の石燈籠です。

DSCN1379_20231105235030261.jpg

DSCN1393_202311052350320a6.jpg

DSCN1398_2023110523503374d.jpg


<狛犬>

 昭和44(1969)年に太平べニヤ株式会社が奉納。

DSCN1396_20231105235127dd2.jpg

DSCN1397_20231105235130fef.jpg

DSCN1395_20231105235132efd.jpg


<掲揚台>

 「國威宣揚」
DSCN1390_20231105235134c3e.jpg

 「昭和十三年一月建之
  東加平町 青年團 在郷軍人」
DSCN1389_2023110523513586b.jpg


<天祖神社移転紀念碑>

 昭和42(1967)年の区画整理による移転の記念碑でじょう。

DSCN1380_20231105235321463.jpg


<社殿>

 社殿は昭和42(1967)年の改築です。

DSCN1387_20231105235325068.jpg

DSCN1391_20231105235325283.jpg

DSCN1388_20231105235327724.jpg


<笠間稲荷社>

 「笠間稲荷大明神」の幟奉納。

DSCN1381_2023110523550110a.jpg

DSCN1383_202311052355044cd.jpg

DSCN1382_20231105235503d98.jpg


<三峯社>

 三峯社です。左手に「三峯神社改築紀念碑」。さらに左手に石祠二基があります。

DSCN1386_20231105235622ef6.jpg

DSCN1384_2023110523562554a.jpg

DSCN1385_20231105235625dd5.jpg


<嘉兵衛新田>

 武蔵国橘樹郡稲毛領(現・神奈川県川崎市北部)に居住していた伊藤嘉兵衛が、当地に移住し嘉兵衛新田を開発しました。
 寛永年間(1624〜1644)に内匠新田から小菅の古隅田川まで新川(新綾瀬川)が開削されました。このため、嘉兵衛新田は、東西に分断されました。

DSCN9585kahei.jpg
関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 新田開発綾瀬川

綾瀬神社

○綾瀬神社 足立区綾瀬1-34-26

 旧伊藤谷村には、氷川社と第六天社(明治以降、胡録神社)の2つの鎮守がありました。両社ともに宝暦5(1755)年の創建といわれています。昭和48(1973)年に胡録神社は氷川神社と合祀します。昭和50(1975)年に新社殿を旧氷川神社境内に建設し、新社名を綾瀬神社としました。

<鳥居/社号標>

DSCN1426_20231105202314cbc.jpg

DSCN1427_202311052023174c1.jpg

<合祀社殿御造営記念碑>
 「氷川神社 胡録神社 合祀社殿御造営記念碑」

DSCN1428_20231105202615875.jpg

DSCN1446_2023110520261883f.jpg

DSCN1445_20231105202618308.jpg

<保存樹木 いちょう>

DSCN1440_2023110520295063b.jpg

(説明板)
「足立区指定第86号 保存樹木 いちょう
 綾瀬神社の御神木。この銀杏は氏神さまの象徴として古くから親しまれています。毎年元旦祭の神事では、依代となり地域を見守ります。秋になると沢山の実をつけ、氏子の人たちを楽しませてくれます。」
(平成18年11月撮影)」

DSCN1439_2023110520295252e.jpg

DSCN1438_20231105202953717.jpg

<拝殿/本殿>

DSCN1441_20231105203246d62.jpg

DSCN1435_20231105203248ba1.jpg

DSCN1430_2023110520325156b.jpg

DSCN1436_20231105203251b79.jpg

<境内社>

DSCN1431_20231105203428a36.jpg

DSCN1437_202311052034319a8.jpg

 「稲荷社」
  稲荷社は、かつては氷川社の末社でしたが、現在は綾瀬神社の境内にあります。

DSCN1432_2023110520390766c.jpg

DSCN1443_20231105203910ad4.jpg

 「三峯社」
  三峯社は、かつては第六天社の末社でしたが、現在は綾瀬神社の境内にあります。

DSCN1433_20231105204155bd2.jpg

DSCN1444_20231105204158778.jpg

DSCN1434_2023110520415879c.jpg
関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 新田開発綾瀬川

伊藤谷新田 伊藤谷橋

○伊藤谷新田

 吉田四郎兵衛の開発による伊藤谷新田です。

itoyasinden.jpg


○伊藤谷橋 足立区綾瀬1丁目〜足立区西綾瀬1丁目

 綾瀬川に架かる「伊藤谷橋」に、かつての地名が残っています。

 伊藤谷橋
DSCN1458_20231105204547dc3.jpg

 東側から
DSCN1464_202311052045506bc.jpg

 西側から
DSCN1465_20231105204550ecf.jpg

 橋名板
DSCN1460_20231105204553cd0.jpg

DSCN1463_20231105204553e04.jpg

 綾瀬川上流
DSCN1462_20231105204759180.jpg

 綾瀬川下流 
DSCN1461_20231105204802c23.jpg


○電柱「伊藤谷支」 足立区西綾瀬1-8

 電柱にも「伊藤谷」の名前が残っています。

DSCN1466_2023110520485523b.jpg

次「綾瀬神社」(旧伊藤谷村の鎮守)
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 新田開発綾瀬川電信柱

柳野稲荷神社

○柳野稲荷神社 足立区佐野1-14-15

 「柳稲荷」と称し佐野新田の鎮守でした。
 傍には庵室(川端坊)があったといいます。

<東参道>

 中川に面して参道があります。

DSCN2698_20231212120158e35.jpg

DSCN2667_20231212120201761.jpg

DSCN2674_20231212120202210.jpg


<南参道>

DSCN2668_20231212120528d83.jpg

DSCN2671_20231212120531e8d.jpg

DSCN2670_2023121212053117b.jpg

DSCN2693_202312121205341c9.jpg

DSCN2694_20231212120534791.jpg


<水神宮>

DSCN2672_202312121207063f5.jpg

DSCN2695_202312121207099d4.jpg


<力石>

DSCN2673_202312121207556a5.jpg


<大師堂>

 西新井組中川通四箇領八十八箇所8番札所、荒綾八十八ヶ所霊場56番札所です。

DSCN2676_20231212120902f1f.jpg

DSCN2681_20231212120905489.jpg

DSCN2682_20231212120905ce5.jpg

DSCN2684_202312121209089d1.jpg

 宝暦12(1762)年銘の庚申塔
DSCN2677_20231212121104618.jpg

DSCN2678_20231212121107139.jpg

DSCN2679_20231212121107e6d.jpg


<三峰神社>

DSCN2688_20231212121321489.jpg

DSCN2689_20231212121324401.jpg


<拝殿・本堂>

 2016年7月に完成。

DSCN2685_20231212121514c5c.jpg

DSCN2687_20231212121517040.jpg

DSCN2686_20231212121517403.jpg

DSCN2692_20231212121520de3.jpg


<中川>

 中川上流
DSCN2697_20231212121735b71.jpg

 中川下流
DSCN2696_2023121212173826c.jpg
関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場新田開発力石中川

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR