東京大学の歴史的建造物

○旧加賀屋敷御守殿門(赤門) 国重要文化財

 文政10(1827)年、徳川第11代将軍家斉の第21女溶姫は、加賀藩第13代藩主前田斉泰に輿入れしました。赤門はこの時建てられたものです。

DSCN0035_20230831185819ae2.jpg

DSCN0036_20230831185821bd1.jpg

DSCN0138_202308311858217f0.jpg

DSCN0033_20230831185825f94.jpg

 赤門は耐震診断を行うため閉門、番所は耐震性能が低いことが分かり柵内より内側は立ち入り禁止です(2021年2月12日〜)。

DSCN0037_20230831185825b56.jpg

(掲示)
「赤門
文政10年(西暦1827年)加賀藩主前田斉泰にとついだ11代将軍徳川家斉の息女溶姫のために建てられた朱塗りの御守殿門であり、重要文化財に指定されています。」

DSCN0034_20230831185952e59.jpg

「(狂句合)本郷」(広重)
hirosigehongo.jpg

「東都三十六景 本郷通り」(二代広重)
36keihongo.jpg


「赤門及び医科大学の一部」(東京帝国大学 小川一真 明治33年)

 赤門右手後方に、現在は消失している[椿山」(駒込に遷座前の富士塚)が見えます。
 「赤門を入れば椿の林かな」(正岡子規)
 椿山は、経済学部新館建設工事のために昭和39(1964)年に取り壊されました。
 (参考)「駒込富士神社」「富士浅間神社(本富士)

akamonmeiji.jpg


○正門及び門衛所 国登録有形文化財

 正門は明治45(1912))年の設営です。最上部の冠木には瑞雲の間から登る旭日が描かれ、扉には青海波と縦格子、唐草模様などがあしらわれています。
 オリジナルの大扉と冠木は、昭和63(1988)年にアルミ合金製レプリカに入れ替えられ、駒場に保存されています。

DSCN0014_2023083119014918b.jpg

DSCN0015_20230831190151c9c.jpg


○東大銀杏並木と安田講堂

 平成23(2011)年に文京区のふるさと景観賞を受賞しています。
 「2011 文の京都市景観賞
  ふるさと景観賞
  東大銀杏並木と安田講堂」

DSCN0030_20230831190152b7b.jpg

 掲示板がレンガ造りというのは歴史の重みを感じます。

DSCN0029_20230831190155288.jpg


【銀杏並木から見た国登録有形文化財】

<工学部列品館> 大正14(1925)年築 国登録有形文化財

DSCN0131_2023083007165773b.jpg

DSCN0230_20230831190406f2c.jpg

<法3号館> 昭和2(1927)年築 国登録有形文化財

DSCN0229_202308311907215bc.jpg

<法文2号館> 昭和3(1928)年築 国登録有形文化財

DSCN0231_20230831190814d5a.jpg

DSCN0232_2023083119081669e.jpg

DSCN0235_20230831190819c7c.jpg

<法文1号館> 昭和10(1935)年築 国登録有形文化財

DSCN0234_20230831191028b3c.jpg


<安田講堂> 国登録有形文化財

 安田善次郎の寄付によって、大正14(1925)年に竣工しました。

DSCN0028_20230831191131656.jpg

DSCN0005_202308311911333e3.jpg

DSCN9911_202308311911359f2.jpg
     
DSCN0122_20230831191255a06.jpg


<濱尾新先生像>

 安田講堂と三四郎池の間の道路沿いに「濱尾新先生像」があります。濱尾新は、第3代及び第8代の東大総長です。大きな坐像で、台座には階段がついており上がることができます。

「濱尾新先生像」

DSCN0120_20230831191258f5a.jpg

DSCN0321_20230902225208a0c.jpg

DSCN0236_20230831191258b43.jpg

DSCN0123_20230831191301bdf.jpg

DSCN0237_202308311913025fe.jpg

(銘文)
「濱尾新 ハマオアラタ 1849〜1925
 明治・大正期の教育行政家。但馬国豊岡藩士の子として江戸藩邸で生まれる。慶応義塾、大学南校に学ぶ。1873年アメリカに留学し、翌年帰国して東京開成学校長心得になり、以後同校長補、東京大学法理文三学部綜理補として東京大学創設初期に尽力する。1887年ケンブリッジ大学より栄誉学位を受け帰国し、文部省専門学務局長となる。農商務省の東京農林学校を廃止して、帝国大学評議会と調整をはかり、農科大学設置に尽力する。1893年文相井上毅の懇請によって、第3代帝国大学総長となる。講座制を帝国大学に導入し、大学教授会自治の礎を築いた。1887年、約2ヶ月間ながら松方内閣の文部大臣を務める。女子教育の奨励などを唱えた。1905年第8代東京帝国大学総長となる。総長在任は合計で11年間に及び、帝大総長を象徴する存在となった。土木総長とも称され、大学キャンパスの整備、とくに大学のシンボルとなる銀杏並木の植林を推進したとされる。1933年、遺功をたたえる濱尾像が建立された。」

DSCN0121_202308311915235f9.jpg

DSCN0125_20230831191525ba9.jpg

 「濱尾新 前総長」(東京帝国大学 小川一真 明治33年)
33hamao.jpg


<工学部1号館> 国登録有形文化財

 工学部1号館は、昭和10(1935)年の建築です。

DSCN9893_20230828154017b24.jpg


【東京都歴史的建造物】
○広報センター 東京都歴史的建造物

 大正15(1926)年1月の竣工です。

DSCN0162_20230831191641d2b.jpg


○七徳堂 東京都歴史的建造物

 昭和13(1938)年の竣工です。

DSCN0207_20230831191644bfa.jpg

DSCN9994_202308311930274a6.jpg


【その他】
○総合図書館

 関東大震災で煉瓦造りの図書館が焼失したため、ジョン・ロックフェラー・ジュニア氏からの400万円の寄付によって建設されました。昭和3(1928)年12月1日に竣工式を迎えています。

DSCN0130_20230831191837ccd.jpg

 東面は情報学環・学際情報学府です。
DSCN0127_20230831191840fc0.jpg

 西面は史料編纂所となっています。
DSCN0222_20230831191840752.jpg


○コミュニケーションセンター

 赤門脇にあります。旧附属図書館製本所で、明治43(1910)年築で、本郷キャンパス最古の建物です。

DSCN0137_20230831192232937.jpg


○龍岡門

 龍岡門は、昭和8(1933)年の建造です。

DSCN0186_20230831192234431.jpg


○育徳堂(弓道場)

 育徳堂(弓道場)は、昭和10(1935)年の竣工です。

DSCN0128_20230831191647160.jpg


○御殿下記念館 外壁

 御殿下記念館の外壁は、昭和12(1937)年の築です。

DSCN0240_20230831192509502.jpg


○東洋文化研究所

 東洋文化研究所の入口に唐獅子像があります。

DSCN0157_20230831192517c30.jpg


○本部棟

 丹下健三による設計。地上12階建、昭和54(1979)年に完成しています。

DSCN0160_20230831192647d55.jpg


○赤門倉庫のエントランスポーチと階段

DSCN0141_2023083119265040b.jpg

DSCN0208_202308311926504dd.jpg

(説明板)
「赤門倉庫のエントランスポーチと階段
 このパーゴラは、元は赤門倉庫のエントランスポーチでした。鉄骨をリベット接合によって組み合わせ、波型の鉄板による屋根が貼られていました。ベンチはその正面入口階段であり、石材を組み合わせて造られています。ともに赤門倉庫の改修に伴い、この地に移築されました。
 赤門倉庫は、東京帝国大学文科大学史料編纂掛(現在の史料編纂所)の書庫として大正5年(1916)に建てられました。当時、史料編纂掛の本庁舎(現在の総合研究博物館小石川分館)とは渡り廊下で結ばれており、一階奥の防火扉を供えた保管庫には、とりわけ貴重な史料が収蔵されていました。
 ポーチ正面トラス梁の右部分に山形に開けられた穴は、渡り廊下の屋根の接続部分の痕跡です。ポーチは手前の二本の柱と書庫の煉瓦壁によって支持されていました。このたびの移設にあたって、煉瓦壁の代わりとなる鉄骨造の門型フレームを新設し、パーゴラとなったポーチを支えています。柱の足元には、曲線を用いた鋳鉄製の柱礎があり、意匠上の特徴となっています。」

DSCN0139_20230831192653a7c.jpg

関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 銅像富士塚国重要文化財歌川広重国登録有形文化財煉瓦安田善次郎本郷

山川健次郎像ほか 東京大学理学部

○山川健次郎像 理学部1号館

 物理学者「山川健次郎」像です。東大最初の公選による総長で、2度の総長の期間は歴代最長です。安田講堂を背に、理学部1号館に向いて建っています。山川男爵の喜寿を祝して贈られた像ですが、曾孫と孫により平成18(2006)年に寄贈された像です。

DSCN0115_2023083020420423a.jpg

DSCN0119_20230830204208506.jpg

DSCN0118_2023083020420710c.jpg

DSCN0126_20230830204211d2c.jpg

(台座銘)
 「財團法人日本教化團體聯合會々長
  男爵山川健次郎先生ノ喜壽ヲ祝褥シ
  記念ノ爲ノ之ヲ贈ル
  昭和五年孟冬 男爵山川健次郎喜壽祝賀會」

DSCN0117_202308302044071ad.jpg

(説明板)
「山川健次郎 1854〜1931
 会津若松の山川重固の三男として生まれる。少年時代に白虎隊士を経験したのち、米国エール大学で物理学を学んだ。
 帰国後、東京開成学校教授補などを経て、明治12年に26歳の若さで東京大学理学部の物理学主任教授に就任した。
 清廉潔白な人柄は多くの人の信頼を集め、社会を導く人という意味で「星座の人」と呼ばれた。大学が自治問題に揺れる中、2度にわたり東京帝国大学総長を務めた。2度目の在任中に自治紛争で揺れる京都帝国大学にも総長を依頼され、10ヶ月にわたって東京帝国大学と京都帝国大学の総長を兼ねた。
 九州帝国大学初代総長、貴族院勅選議員、東宮御学問所評議員ほか多くの要職を務め、大正4年に男爵の爵位を授与された。多くの弟子を育てたことでも知られており、学問と教育に情熱を注ぎ日本の礎を築いた。」

DSCN0116_20230830204409bb0.jpg


「山川健次郎肖像」(国立国会図書館「近代日本人の肖像」)
  嘉永7年閏7月17日〜昭和6年6月26日(1854年9月9日〜1931年6月26日)

 総長室にて新聞を手にする総長
yamakawa.jpg

 山川健次郎(東京帝国大学 小川一真 明治33年・37年)

 山川健次郎 理科大学長
33yamakawa.jpg

 山川健次郎 総長
37yamakawa.jpg


○エドワード・ダイヴァース像 理学部化学館南側

 大正5(1916)年建築の理学部化学館南側に「エドワード・ダイヴァース像」が建っています。

DSCN0110_20230830204722126.jpg

DSCN0108_202308302047258b7.jpg

DSCN0239_20230831005126fc9.jpg

 「明治三十三年七月有志者建之」

DSCN0111_202308302048283eb.jpg

(説明板)
「Prof. Edward Divers (1887〜1912)
 ダイヴァース博士は英国で教育を受け、1873年来日、工部大学校都検(教頭)を経て、東京大学理学部が神田錦町から本郷に移った翌年の1886年に、名称変更された帝国大学理科大学化学科の教授に着任、13年間無機化学の教育と研究に多大な貢献をして科学教室の礎を築いた。1899年帰国後も活発な研究活動を続け、英国化学会副会長、工業会会長などを歴任した。1899年、ダイヴァース博士の功績を称えて東京帝国大学名誉教師の称号が贈られた。
  制作者:長沼守敬(美術学校教授)1900年」

DSCN0109_20230830204830e17.jpg

 エドワード・ダイバース 化学教授(東京帝国大学 小川一真 明治33年)
33divers.jpg


【理学部モニュメント】

「海底地震計」 理学部7号館前

DSCN0112_20230830204940fff.jpg

DSCN0113_20230830204944860.jpg


「調音場通信装置制御モジュール 波形記録装置」 理学部7号館前

DSCN0114_20230830204944c56.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 銅像本郷

上野英三郎博士とハチ公

○上野英三郎博士とハチ公 文京区弥生1-1 東京大学農学部

 平成27(2015)年3月8日、ハチ公没後80年目の命日に「上野英三郎博士とハチ公」像が建てられました。植田努の作です。
 ハチは、駒場にあった農学部に、毎日上野博士の送り迎えをしました。出張の時には渋谷駅に送り迎えをしました。
 上野博士が大学内で急逝し、ハチは上野博士に会えなくなりました。ハチは、しばらく会えない時は、毎日送り迎えをした駒場ではなく、渋谷駅に行けば会えると思い、毎日渋谷駅に通うようになりました。

DSCN0025_20230828203718835.jpg

DSCN0020_20230828203721f04.jpg

DSCN0027_202308282037212f7.jpg

DSCN0016_2023082820383249c.jpg

DSCN0026_20230828203835280.jpg

DSCN0018_20230828203835e3a.jpg

DSCN0019_20230828203838c3c.jpg

(説明板)
「上田英三郎博士(1872〜1925)とハチ公(1923〜1935)
 秋田犬のハチは大館市に生まれ、生後50日ほどで東京帝国大学農学部の上野英三郎博士(農業工学・農業土木学)に贈られた。犬好きだった博士は、ハチを大切に育て、大いに可愛がり、当時は駒場にあった農学部への通勤や渋谷駅からの出張にはいつも送り迎えをさせた。学生たちは教授の飼い犬を呼び捨てにすることをはばかり、「ハチ公」と呼んで敬意を表した。およそ1年半が過ぎた1925年5月21日、博士は大学構内で急死した。それからハチは死ぬまでのおよそ10年間、朝夕に渋谷駅に通い、博士の姿を探し求めた。生前、博士が長期出張から渋谷駅に戻った時、改札口で一人待つハチに驚き、この像のように、互いにじゃれ合って喜んだという。 製作:植田努 2015年」

DSCN0021_20230828204033026.jpg

DSCN0024_20230828204030882.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 銅像

古市公威像ほか 東京大学工学部

○古市公威像 正門脇

 古市公威は、帝国大学創立時の初代工科大学長です。昭和12(1937)年6月5日除幕式。堀進二の作。銅像は等身の一・五倍ある大きな像です。

DSCN9906_20230828153455ff4.jpg

DSCN9908.jpg

DSCN9907_20230828153458861.jpg


「古市公威」(故古市男爵記念事業会編 昭和12年)

 除幕式には約400人が参列しています。

 除幕式
huruichizyomaku.jpg

 台座銘文
hutuichimeibun.jpg

 銅像
huruichidozo.jpg

 銅像全景
huruichidozozenkei.jpg
     

(説明板)
「古市公威 1854〜1934
 1854年、姫路藩士の子として江戸に生まれる。75年、東京開成学校から文部省最初の留学生として渡欧、76年にパリの名門工学校エコール・サントラルに入学し、土木工学を軸に工学全般を修める。80年に帰国後、内務技師として河川改修、築港などのプロジェクトに関わりながら、東京大学理学部講師を兼任。86年、帝国大学創立と同時に初代工科大学長に就任し、日本近代の工学教育の礎を築いた。88年には日本初の工学博士号を授与される。98年に退官するが、技術者としても初代内務土木技監、初代土木学会長など要職を多く務め、新生明治日本の近代化に欠かせない役割を果たした。1934年没。」

DSCN9904_2023082815380543d.jpg


「古市公威肖像」(国立国会図書館「近代日本人の肖像」)
 嘉永7年閏7月12日〜昭和9年1月28日
   (1854年9月4日〜1934年1月28日)
 土木工学者。父は姫路藩士古市孝。開成所、大学南校に学び、明治8(1875)年文部省最初の留学生としてフランスに留学。明治13年に帰国後、内務省土木局に勤務。明治19年帝国大学工科大学教授兼学長になる。明治21年工学博士。明治23年内務省土木局長。日本の土木工学、土木行政の近代化に尽力した。大正3(1914)年土木学会初代会長となり、その後理化学研究所長、学術研究会議会長、万国工業会議会長等を歴任。
 作家三島由紀夫の本名「公威」は、古市公威の名をとって命名したといわれています。

 昭和3年 75歳
huruichi.jpg


○三好晋六郎像

 工学部5号館奥にある工学部船舶試験水槽室(昭和12(1937)年の築)前に、「三好晋六郎像」があります。三好晋六郎は造船学者。像は大正3(1914)年の建立で、武石弘三郎の作です。

DSCN0135_20230830072413b77.jpg

DSCN0136_20230830072417a9f.jpg

(説明板)
「三好晋六郎 1857?1910
 1879年に工部大学校機械工学科を卒業し、直ちにイギリスに留学した。82年に造船学科が新設され、83年に帰国し助教授となり、造船学第一講座を担当した。86年に初代の日本人教授となり、後の発展の礎を築いた。学問が未分化のこの期にあっては船舶の設計製図が中心課題であったが、97年、汽船神奈川丸外5隻の速力試験成績を発表、設計上有益な資料として注目された。」

DSCN0132_2023083007241769c.jpg

「三好晋六郎肖像」(東京帝国大学 小川一真 明治33年)
33miyoshi.jpg


【工学部前庭モニュメント】

<ペンシルロケット>

 ペンシルロケットは、東京大学生産技術研究所の糸川英夫教授が中心となって開発を行なった、全長23cmの超小型ロケットです。1955年4月12日に発射試験に成功しました。日本の宇宙開発の先駆けとなったロケットです。

DSCN9891_20230828154008453.jpg

DSCN9892_20230828154013d8a.jpg


<日本初の人工衛星「おおすみ」>

 人工衛星「おおすみ」は、東京大学宇宙航空研究所が、1970年2月11日に打ち上げた日本最初の人工衛星です。

DSCN9889_20230828154015cc2.jpg

DSCN9890_202308281540159bc.jpg


○工学部一号館 国登録有形文化財

 現在の建物は昭和10(1935)年に建てられたものですが、当初の建物は辰野金吾による設計です。

DSCN9893_20230828154017b24.jpg

「明治二十一年新築の工科大学校舎」(古市公威 故古市男爵記念事業会編 昭和12年)

 辰野金吾による設計の明治21年新築の工科大学校舎です。東京駅に雰囲気が似ています。
koukadaigaku.jpg


○工学部列品館 国登録有形文化財

 大正14(1925)年の建築です。

DSCN0131_2023083007165773b.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 辰野金吾銅像本郷

ジョサイア・コンドル像 チャールズ・ウェスト胸像

○ジョサイア・コンドル像 文京区本郷7-3-1 東京大学工学部前庭

 東京大学工学部1号館前庭に「ジョサイア・コンドル像」が建っています。新海竹太郎の作。

DSCN9901_20230827190725211.jpg

DSCN9902_202308271907284d0.jpg

DSCN9896_20230827190728e08.jpg

DSCN9895_20230827190730ce9.jpg

 台座基部の邪鬼を右手に葉巻を手にしたコンドルが踏みつけています。これはコンドルの耐震技術を顕彰しているようです。日本文化に造詣が深かったコンドルなので、弟子たちが庚申塔をイメージしたのかも?東京大学ある銅像の中では、ジョサイア・コンドル博士像と上野英三郎博士像が立像です。邪鬼の下に三猿がいたら庚申塔ですね。

DSCN9898_20230827190915851.jpg

(プレート文)
「ジョサイア・コンドル
 Josiah Comder 1852〜1920
 ロンドンに生まれ、建築学を学び、1876年に野本政府と5年間の雇用契約を結んで、翌77年に来日した。工部大学校造家学の教師となり、最初の教え子として辰野金吾や片山東熊らを輩出。建築教育に従事する傍ら、上野博物館、鹿鳴館、東京大学法文科校舎など、本格的な西洋建築を相次いで設計した。86年に工科大学造家学科講師に転じ、88年に辞任、建築事務所を構えて設計の仕事に力を注いだ。わが国の建築学に確固たる出発点を与えたことは不滅の業績といえる。来日後すべての設計活動を日本で行い、1920年に没した。」

DSCN9900_20230827191035165.jpg


「博士銅像除幕式 コンドル博士遺作集」(コンドル博士記念表彰会 昭和7年)

 コンドル博士功績記念表彰会が建立、大正12(1923)年4月14日に除幕式が行われました。式辞を述べているのは東京帝国大学総長の古在曲直です。
 銅像の後ろの建物は、辰野金吾設計の当初の工科大学本館です。

statue.jpg


○チャールズ・ウェスト胸像 東京大学工学部前庭

 機械工学と造船学を教授したウェスト博士の胸像があります。明治43(1910)年の建立です。
 胸像は沼田一雅の作で、台座と敷地の設計はコンドルが担当しました。ウエストはコンドルとともに教鞭をとり、2人の親交は深いものがありました。

DSCN9883_20230827191339f55.jpg

DSCN9885_202308271913416f3.jpg

 柱礎の四面に機械学科にちなむ青銅のパネル(機械、造船所)が嵌められています。

 略歴と建立者
DSCN9884_20230827191344800.jpg

 機械と造船所
DSCN9886_20230827191347016.jpg

DSCN9887_202308271913460ab.jpg

DSCN9888_202308271913487df.jpg

(プレート文)
「チャールズ・ウェスト
 Charles Dickinson West 1847〜1908
 ダブリンに生まれ、ダブリン大学トリニティ・カレッジで機械工学を修め、1869年に卒業したあと、5年余りイギリスのベルケンヘット製鉄場で働いた。造船の知識をこの時に得ている。ヘンリー・ダイアーの機械工学の後任として、82年に来日し、機械工学とともに造船学も教えた。わが国の機械工学を未熟な状態から急速に発展させることに尽力した。そのまま日本に留まり、1908年に
没した。」

DSCN0012_20230827191342996.jpg


「ウエストの像台座 コンドル博士遺作集」(コンドル博士記念表彰会 昭和7年)

 台座はコンドルの設計です。

westdaiza.jpg


「チャールス・ディー・ウエスト 機械工学教授 肖像」(東京帝国大学 小川一真 明治33年)

33west.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : コンドル辰野金吾銅像本郷

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR