阿字ヶ浦駅

○阿字ヶ浦駅  ひたちなか市阿字ケ浦町

 ひたちなか海浜鉄道湊線は、勝田駅と阿字ヶ浦駅を結ぶ10駅14.3kmの路線です。
 前身の湊鉄道は大正2年に勝田~那珂湊間で運行開始。平成20年に第3セクターのひたちなか海浜鉄道となりました。

<阿字ヶ浦から2駅延伸へ 2024年春開業予定>

 終点の阿字ヶ浦駅から、国営ひたち海浜公園西口付近までの3.1kmの延伸を2021年1月15日国土交通省が許可、
 公園南口付近の途中駅と、公園西口に近い終点駅の2つの新駅が設置されます。2024年春開業予定。


<阿字ヶ浦駅>

DSCN2390.jpg


<鉄道神社予定>

 阿字ヶ浦駅の保存車両を御神体とした鉄道神社が2021年5月開設予定です。

DSCN2391.jpg

DSCN2392.jpg


<隣の磯原駅の案内看板>

DSCN2389.jpg

DSCN2389a.jpg

関連記事

テーマ : 駅めぐり - ジャンル : 旅行

tag : ひたちなか市鉄道遺構

ほしいも神社

○ほしいも神社  ひたちなか市阿字ヶ浦町178

 阿字ヶ浦温泉のぞみに置いてあった「堀出神社/ほしいも神社」パンフレットを見て、ほしいも神社へ。
 
、「ほしいも神社」(令和元年建立)は堀出神社の境内にあります。
 社紋は「干し」と「星」をかけ、星の中にシワをつけ「ほしいも」を表現しています。
 鳥居は「ほしいも色」の「黄金」です。

DSCN2394.jpg

DSCN2402.jpg

DSCN2404.jpg

DSCN2405.jpg


<ほしいも神社の由来>

DSCN2403.jpg


<ほしいもの神様>

 小池吉兵衛翁とともに、宮崎利七翁、湯浅藤七翁、大和田熊太郎翁、白土松吉翁の5名を、ほしいもの神様としてお祀りしています。干し芋の先駆者「小池吉兵衛公」の銅像も祀られています。

DSCN2412_20210330091743a8c.jpg

DSCN2411.jpg


<小池吉兵衛公」の銅像>

 銅像は、ほしいも神社建立に伴い、堀出神社境内より、ほしいも神社に移設。

(碑文)
「干し芋創始者の一人 小池吉兵衛
 明治八年、前浜村(現 阿字ヶ浦町)に生まれる。
 早くから郷土産業の開発に尽力し、特に甘藷(サツマイモ)の 加工に着目。弟、大内地山の協力のもと率先して蒸切芋(干し芋)の製造を開発した。
 明治四十一年には静岡から講師を招いて技術力向上を図り、販路の開拓にも努めた。その結果、年間百万キロもの生産が実現し、郷土の一大産業となった。
 株式会社マルヒ初代社長黒澤一治は先祖である吉兵衛の功績を称え昭和三十二年九月、堀出神社に胸像を建立した。」

DSCN2408.jpg

DSCN2407.jpg

DSCN2410.jpg

DSCN2406.jpg
     

<陰陽の神木>

 樹齢三百八十年の御神木。
 自然にできた男性器そっくりの巨木・女性器の巨木、タブノキの御神木です。

DSCN2409.jpg

DSCN2409a.jpg

 ※タカトシ温水の路線バスの旅」 2020年6月6日で、ほしいも神社が紹介されました。


堀出神社  ひたちなか市阿字ヶ浦町178

 徳川光圀公が塚を掘り起こした際、御神体が出土されたことにより鎮座された比較的新しい神社です。
 社名は「掘って出た」ことにより堀出神社と命名されています。

DSCN2395.jpg

DSCN2393_20210330092634bb9.jpg

DSCN2397.jpg

DSCN2398.jpg

DSCN2401.jpg

DSCN2399.jpg


<鎮め石>

DSCN2396.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : ひたちなか市銅像水戸徳川家

【閉館】木賊広瀬の湯 東北原温泉 あづま温泉

〇木賊温泉 広瀬の湯 南会津町宮里字宮ノ本1712

 2021年年3月31日をもって営業終了です。(南会津町温泉施設の営業状況について)→4月末までと延長になりました。

<営業していた時の思い出>
 源泉名「木賊温泉広瀬の湯」自家源泉を使用していました。
 影響を与える事項「加温、循環、塩素」で、敬遠され気味だったかなで、湯舟内の湯はいまいちでしたが、シャワー2つに、蛇口が2つ。いずれも出てくるのは源泉なのが秀逸でした。
 微かに硫黄臭があり、鮮度抜群。いい湯だ〜。蛇口の湯をかぶりました。残念です。

01hirose.jpg

12hirose.jpg

16hirose.jpg

17hirose.jpg


○東北原温泉  郡山市片平町庚坦原754-1

 2020年7月に閉館しました。渋い温泉が閉館して残念です。
 営業終了時間が早くなってきているのが心配(六時で終わらせて下さい) でしたが、設備の老朽化が原因のようです。
 営業していた時の記録はここにあります。

02_20210404030610beb.jpg

03_2021040403061283c.jpg

01_20210404030613540.jpg

14_2021040403061488a.jpg


○あづま温泉  福島市佐原字竹ノ森26

 2019年12月20日閉店です。福島市内を一望できる景観のよい日帰り温泉施設でした。

CIMG6953.jpg

CIMG7102.jpg

CIMG7099.jpg


〇南会津「小豆温泉 窓明の湯」「花木の宿」が休館へ

 南会津町にある日帰り温泉「窓明の湯」は2021年3月26日、宿泊施設「花木の宿」は3月14日の営業をもって休館です。(南会津町お知らせ
 南会津町議会全員協議会の会議録を見ると、花木の宿、窓明の湯、きらら289の温泉施設については、指定管理の期限が2021年3月末に迎えますが、4月からの指定管理者の募集に、3施設とも応募がありませんでした。きらら289は休業していないので、再公募で対応できたようです。一方、花木の宿と窓明の湯は、管理運営する共立メンテナンスが指定管理に応募せず他に応募者がおらず、再公募への応募者もなかったようで休業となりました。

※ 「小豆温泉 窓明の湯」は、新たな指定管理者で、2021年7月2日に再開しました。

 以下はオープン当初の記録です。

 前施設は2015/3/22閉館・取壊となりました。
 旧窓明の湯の先400mほどの左手に、木造平屋建て新設されました。2018/4/7open。まだ新しいのに3年で休館です。
 内湯がひとつのみで、かけ流しでした。「ゆもみ」浴槽で、熱い源泉を空気攪拌でさましていました。再開を期待します。

DSCN0437_20210329220807e3f.jpg

DSCN0393_20210329220809f42.jpg

DSCN0394_2021032922081059a.jpg

DSCN0436_20210329220812b52.jpg

DSCN0412_202103292208130ff.jpg

DSCN0402_20210329220815961.jpg
関連記事

テーマ : 廃業・閉館した温泉 - ジャンル : 旅行

tag : 閉館

論語の道

○論語の道/論語の里

 渋沢は従兄弟の「尾高惇忠」に「論語」を学ぶため、生家の「血洗島村」から隣の「下手計村」まで歩いて通っていました。
 今日では、この1.5kmほどの道は「論語の道」と呼ばれ、循環バスが走り、多くの観光客が訪れます。

 「論語の道」周辺には、渋沢栄一ゆかりの多くの史跡が残されており、それら総称して「論語の里」と呼ばれています。

DSCN1987_20210323164235f35.jpg

DSCN2043_20210323164236abc.jpg

DSCN1876c.jpg

DSCN1904_2021032316424281d.jpg

DSCN1989_20210323164238943.jpg

DSCN1941_202103231642397c3.jpg


 論語の道に、庚申塔も見受けられます。

<庚申塔群> 深谷市血洗島 薬師堂

 一般的には水藩烈士忠魂碑が紹介されていますが、庚申塔も多数並んでいます。
 
DSCN2044_202103231646239bb.jpg

DSCN2045_202103231646244f4.jpg

DSCN2046_202103231646269ed.jpg


<庚申塔> 深谷市下手計

 下手計の路傍の庚申塔です。

DSCN1942_20210323164627427.jpg


○東の家跡地(渋沢酒店) 深谷市血洗島234-5

 論語の道は、中の家から尾高惇忠の家までの道ですが、その途中の渋沢酒店に「東の家跡地」の掲示があります。

 「天皇皇后両陛下来村 平成二十九年十月二十一日
  渋沢市郎右衛門・喜作 宗助 東の家跡地 渋沢利雄」

DSCN2083_20210327235158020.jpg

DSCN2084_20210327235200b8e.jpg

DSCN2085_202103272352018ee.jpg


○ネギ畑

 論語の道は、ネギ畑ロードでもあります。

DSCN2041_20210327235426e02.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 渋沢栄一深谷市

誠之堂・清風亭(国重文)

○誠之堂・清風亭 深谷市起会110-1大寄公民館

 1916年に第一銀行の行員たちがお金を出し合って建てたのが「誠之堂」(国重要文化財)です。
 第一銀行の頭取だった渋沢栄一の喜寿を記念して清和園に建てられたもので、元々は東京都世田谷区にありましたが深谷市が譲り受けてこの地に移築されました。
 第一銀行中庭にあった「第一銀行頭取男爵渋澤榮一像」は昭和9年に第一銀行の保養施設「清誠和園」の誠之堂に移設されましたが、現在は渋澤栄一の旧飛鳥山邸に建っています。


<大寄公民館で受付/展示>

DSCN1881_20210325205543ece.jpg

DSCN1931_202103252055446a9.jpg

DSCN1930_20210325205546eea.jpg

DSCN1927_2021032520554787f.jpg

DSCN1882_202103252055494ca.jpg

DSCN1883_20210325205550d44.jpg


<説明板>

 誠之堂と清風亭は、世田谷区瀬田の第一銀行の保養施設「清和園」の敷地内に建てられていました。
 誠之堂の設計者は清水組(現清水建設)の田辺淳吉で、誠之堂は、田辺淳吉の代表作と言われています。

DSCN1884_202103252057412ba.jpg

DSCN1885_202103252057431dd.jpg

DSCN1886_2021032520574484e.jpg


<清和園>

 昭和29年の清和園の碑があります。碑も一緒に移設しており、感心します。

DSCN1917_202103252059149b3.jpg

DSCN1890_20210325205915c14.jpg

DSCN1915.jpg


<誠之堂>「喜壽」>

 暖炉の背面外壁に3種類の色合いの煉瓦で「喜壽」の文字が表されています。

DSCN1891_202103252100454c2.jpg

DSCN1891b


<ステンドグラス>

 ステンドグラスのモチーフは、中国・漢時代の「画像石」の人物群からとられました。
 化粧所扉のステンドグラスは鳳凰と龍のデザインです。

DSCN1894_20210325210204f75.jpg

DSCN1895_20210325210205201.jpg

DSCN1902_20210325210207b5a.jpg

DSCN1889_2021032521020823f.jpg

DSCN1892_20210325210210761.jpg


<誠之堂内>

DSCN1910_20210325210708386.jpg

DSCN1914_20210325210709362.jpg

DSCN1912_2021032521071077e.jpg

DSCN1903_20210325210712b8b.jpg

DSCN1893_20210325210713167.jpg

DSCN1911_202103252107158c6.jpg

DSCN1928_20210325210716060.jpg

DSCN1909_2021032521071818a.jpg

DSCN1908.jpg
     

<渋沢栄一レリーフ>

 暖炉の上に渋沢栄一のレリーフ

DSCN1900_202103252107212c0.jpg

DSCN1899_20210325210723275.jpg

DSCN1896_20210325210724d89.jpg

DSCN1897_202103252107268f1.jpg


<清風亭>

 第一銀行2代目頭取の佐々木勇之助の古希(70歳)を記念し、行員たちによって建てられました。
 関東大震災後に建てられ、当時としては珍しい鉄筋コンクリート建築です。

DSCN1888_202103252112316b6.jpg

DSCN1916.jpg

DSCN1918_20210325211234948.jpg

DSCN1924.jpg


<渋沢栄一翁ブロンズ像>

 「この像は翁の喜寿を記念して作られ、佐々木勇之助氏に贈られたものです。」

DSCN1923_20210325211437b9c.jpg

DSCN1922_202103252114389c1.jpg

DSCN1921_20210325211439335.jpg

DSCN1926_20210325211441ffa.jpg

DSCN1919_20210325211442ab6.jpg


〇日本煉瓦製造株式会社 旧煉瓦製造施設 深谷市上敷免28-10

 1887(明治20)年に日本煉瓦製造株式会社が渋沢栄一らによって設立されました。
 保存修理工事のため見学休止中、再開は令和6年頃の予定です。
 日本で最初の洋式煉瓦製造所は、1872(明治5)年、小菅に設立された「盛煉社」です。

 誠之堂展示より

DSCN1905_20210325211922d43.jpg

DSCN1906_202103252119236da.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 渋沢栄一深谷市清水建設煉瓦国重要文化財

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR