聖徳寺 湯殿山大日如来像 

聖徳寺 越谷市北川崎18

DSCN5500.jpg

DSCN5476.jpg

DSCN5497.jpg


<塩地蔵尊>

 参道を進むと、右手に小さなお堂に塩地蔵が祀られています。

DSCN5477.jpg

DSCN5478.jpg

 塩でとろけています。
DSCN5479_202009041750490d4.jpg

 正確には塩地蔵ではないのですが、亀戸天神の塩犬がインパクト強かったです。
 行徳の塩は、小名木川によって江戸城に運ばれましたが、塩業関係者の信仰です。
 (亀戸天神はこちらで記載済

DSCN3175as_20200930194806b50.jpg


<湯殿山大日如来像>

 塩地蔵を越えた参道右手に、物置の左右に無縁仏の石塔が集められています。

DSCN5498.jpg

DSCN5485.jpg

DSCN5486.jpg

DSCN5496.jpg

DSCN5499.jpg

 左手石塔群、最後列の右から3番目に湯殿山大日如来坐像の塔があります。
 上部に大日如来坐像を浮き彫り。
 正面「奉造立湯殿山大日如来」
 (石塔間の隙間が狭く草も生えていてよく見えず、越谷市郷土史研究会資料にて確認)
 宝暦4(1754)年の造立です。左側面に「同行」と刻まれています。右側面は隙間なく確認できず。
     
DSCN5494.jpg

DSCN5492.jpg

DSCN5495.jpg

DSCN5487_2020090417570889f.jpg

DSCN5488.jpg

DSCN5493.jpg

DSCN5491_20200904175713313.jpg


<向畑観音堂>  越谷市向畑885

 聖徳寺の参道の右手に向畑観音堂(堂面の観音堂)と墓地があります。
 庚申塔や六地蔵石幢などがあります。

DSCN5483_20200904175931943.jpg

DSCN5482.jpg

DSCN5484.jpg

DSCN5481.jpg

DSCN5480.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山越谷

杉浦陣屋跡/家康腰掛け石/妙楽寺

○史跡 杉浦陣屋跡  松伏町大字大川戸3133

 赤山街道越谷道の終端に杉浦陣屋跡があります。現在はカインズ松伏店が建っています。

DSCN6452.jpg

DSCN6485.jpg

(説明板)
「史跡 杉浦陣屋跡
杉浦家の祖である杉浦定政は、織田家の旧臣であった美濃の国竹ヶ鼻城主杉浦定元の長男でした。定元は徳川家と豊臣家の争いを見越し、定政を徳川方の伊奈氏に従わせました。慶長5(一六○○)年の関ヶ原の合戦で徳川方が勝利した後、定政は下総船橋村の代官となりましたが、船橋大神宮再建に際して屋敷を失い、この地にあった大川戸陣屋御殿を拝領しました。この陣屋は、慶長5年に上杉氏討伐のため小山まで出陣していた徳川家康が、石田三成挙兵の報を受けて江戸に引き返す途中でこの地に寄り、この場所に築くように指示したものです。家康直筆の「坪割書」(指示書)は、陣屋と共に杉浦家に与えられました。杉浦家は一時無役となりましたが、寛政4年(一七九二)年の伊奈氏改易(所領などを没収されること)まで、家臣として伊奈氏に仕えて活躍しました。「坪割書」や「伊達政宗書状」といった貴重な資料を含む杉浦家文書は町指定文化財となっています。また、家康が座ったという「家康腰掛け石」も近くに残されています。」

DSCN6450.jpg


○家康腰掛け石  松伏町大字大川戸

 杉浦陣屋敷跡の説明板に記載されている「家康腰掛け石」です。

DSCN6453.jpg

DSCN6470_20200925001751563.jpg

DSCN6467.jpg


「家康腰掛け石」

DSCN6468_20200925001900a73.jpg

DSCN6458.jpg

DSCN6459.jpg

DSCN6469_20200925001904c6b.jpg

「祠内」

DSCN6456_20200925002254fe8.jpg


「御嶽大神」(明治7年10月)

DSCN6466.jpg

DSCN6460_20200925002256bd3.jpg


「明治7年10月改 浅間大神」(文政6年9月)

DSCN6465_2020092500240034c.jpg

 富士山の線刻

DSCN6465b.jpg

DSCN6461.jpg

DSCN6462_20200925002405601.jpg


「猿田彦大神」(文化9年12月)

DSCN6464_2020092500251662d.jpg

DSCN6463_20200925002517c14.jpg


(参考)
 記憶に残っている腰掛け石は、「頼朝・政子腰掛け石」(熱海:伊豆山神社)
 こちらで記録しています。

DSCN0619_20200925002127f8b.jpg

DSCN0622_202009250021290ef.jpg

DSCN0621_20200925002129eae.jpg

(参考)
 石ではありませんが、栃木県那須町に「那須与一の腰掛松」があります。バス停の名前ともなっています。昔撮った画像なので、現在はまともな説明板が建っています。

DSC09246.jpg

DSC09253.jpg

(参考)
 「弁慶下駄掛石」というのもあります。
(参考)
 パソコンサイトに、「栃木の石めぐり」をまとめてみた。


○妙楽寺  松伏町大字大川戸3178
    
DSCN6483_20200925002631bfd.jpg

DSCN6481_20200925002632130.jpg

DSCN6482_202009250026332e7.jpg

DSCN6479.jpg

DSCN6480.jpg


<多行松>

 多行松は根元から幹が数本に分かれています。
 2本の多行松が並んでいます。蓮池がいい雰囲気。

DSCN6484.jpg


<延宝の庚申塔>(松伏町指定有形民俗文化財)

 案内板によると、この庚申塔は町内最古のものとありますが、大川戸神明社の庚申塔が再調査の結果庚申塔と判明、慶安2(1649)年の造立で、これまで町最古とされていた妙楽寺「延宝の庚申塔」延宝5(1677)年を遡いでいます。松伏町内で2番目に古い庚申塔です。一番左の庚申塔です。

DSCN6472_20200925002842bbb.jpg

DSCN6473_20200925002843680.jpg

(説明板)
「「延宝の庚申塔」
  昭和50年6月1日指定
  松伏町指定有形民俗文化財
 庚申塔は、庚申の信仰に基づいて主に江戸時代に建てられたものです。60日毎にめぐってくる庚申の日には、人の体内にいる三尸の虫が天に昇って神にその人の罪を告げに行くと考えられていました。そこで庚申の日は夜通し起きて、三尸の虫が体からでていかないようにします。これを庚申待といい、庚申待をするために、庚申講という組織ができました。庚申塔は講の人々の長生や幸福を願って建てられたものです。
 この庚申塔は延宝5年(1677年)に建てられた、松伏町内で最古の庚申塔です。板碑型(頂部が山形で厚みが少ない)塔身で「奉寄進庚申供養塔」と刻まれ、その下に三猿が浮き彫りにされています。時代が新しくなると刻まれるようになる「日月」がなく、大変シンプルな庚申塔です。このような形の塔は同じころの墓石にそっくりで、「庚申」の文字と三猿がなければ殆ど見分けることができません。江戸時代初期の様式をよく残した例です。」

DSCN6471.jpg

その他の庚申塔

DSCN6474_20200925003058c34.jpg

DSCN6475_20200925003100b29.jpg

DSCN6476_20200925003100c53.jpg

DSCN6477_20200925003102e71.jpg

DSCN6478_2020092500310416e.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 赤山街道徳川家康伊達政宗庚申板碑史跡腰掛け石・松関東郡代那須与一

みなかみ町 湯原温泉

○湯原温泉

 水上温泉の中心、湯原温泉街は、古くからの温泉街です。

 国道291号線沿の道の駅「みなかみ水紀行館」はとても賑わっていますが、そこから湯原温泉街まで立ち寄る人は、ほぼいないでしょう、人の流れが途切れています。
 鬼怒川温泉のような廃れ方を呈している温泉街です。
 鬼怒川温泉は温泉以外の見所が多いのでよく行きますが、湯原温泉の見所はよくわかりません。

 ネットで検索すると、岡山の湯原温泉ばかりがヒットします。
 湯原温泉の衰退を如実に示しているかと思います。

 廃墟の壁面を利用した案内図なんかは工夫しているなと思います。

DSCN6440_20200924230603e0a.jpg


<水上駅SL転車台広場> みなかみ町鹿野沢

DSCN6432.jpg

DSCN6433_20200924230803682.jpg


<線路沿いD51物語>

DSCN6439.jpg

DSCN6439a.jpg

DSCN6439b.jpg


<EF16型電気機関車> みなかみ町小日向416

 みなかみ水紀行館にあるEF16型電気機関車。
 キレイになっています。

DSCN8354_20201128173305b11.jpg

DSCN8353_20201128173306db5.jpg

DSCN6441_20200924231544a2a.jpg

DSCN6442.jpg


○吉井勇の歌碑 みなかみ町小日向 水上大橋たもと

 吉井勇の歌碑
 「あなをかし旅にて得たる寂しさも
  喜びのはての寂しさに似る」

 伯爵家に生まれた勇は、20歳で与謝野寛(鉄幹)主催の新詩社に入社しています。

DSCN6434_202009242318153c0.jpg

DSCN6436.jpg

DSCN6437.jpg

DSCN6438.jpg


○足湯

 足湯が3か所あります。
 ふれあい交流館は湯を張っていませんでした。
 みなかみ水紀行館の足湯は利用可。人多し。
 湯原温泉公園 足湯・手湯は、激しく人多かった、昼の画像撮りたかったけど撮れず。以下は以前撮った夜の画像。

DSC03852.jpg

DSC03853.jpg
関連記事

テーマ : 駅めぐり - ジャンル : 旅行

tag : 鉄道遺構道の駅

宝川温泉 宝川山荘

宝川温泉 宝川山荘  みなかみ町藤原1899 (代表)0278-75-2611 (山荘受付直通)0278-75-2614

<宝川温泉の歴史>

 大正12(1923)年、林業を営んでいた初代社長の小野喜與三氏が、「白鷹の湯」と古くから呼ばれていた温泉に湯治場として宿を建てたのが始まりです。
 古くからの宿ではありませんが、レトロな雰囲気があります。宝川温泉の名前は、宿の中央を流れる宝川に由来しています。


<大手門>

DSCN6430.jpg

DSCN6431_202009222041590c1.jpg

DSCN6297_20200922204201b69.jpg

DSCN6299.jpg

DSCN6298_20200922204204990.jpg

DSCN6300_202009222042064c9.jpg

DSCN6296_20200922204207b97.jpg

DSCN6428_202009222042092bb.jpg
    

<日本武尊命像>

 日本武尊が武尊山に登った時に具合が悪くなり、白い鷹が飛び立った地に見つけた温泉で病を治し旅を続けることができたと伝えられています。
 駐車場の手前にあります。

DSCN6421.jpg

DSCN6426.jpg


<皇太子殿下美智子妃殿下行啓記念>

 上皇、上皇后さまが宿泊されています。
 初代社長です「小野喜與三謹書」とあります。
 「日本武尊命像」の左手にあります。

DSCN6423.jpg

DSCN6418_20200922204643d8e.jpg
   

<宝川温泉案内絵図>

 駐車場に宝川温泉案内絵図があります。

DSCN6301_20200922204753432.jpg

DSCN6302.jpg
   

<宝富士>

 標石に「宝富士」とあります。   

DSCN6420_20200922205007fc7.jpg

DSCN6303_20200922205009435.jpg


<受付>

 受付の屋根の下に以前は熊のプレートがありましたが、外されていました。

DSCN6314_2020092220553431d.jpg

DSCN6314b.jpg

DSCN6305_20200922205537ffb.jpg

DSCN6307.jpg
    

<日帰り入浴>

 入浴料は、2020年5月から9月まで特別料金1000円、2020年10月1日から1500円。
 受付9:00-16:00(風呂の利用は16:45まで) 2時間まで

 男女ともに用意された「湯浴み着」を着用します。
 コロナ対策で食堂は休業中です。


<配布物>

 チケットの写真は露天風呂「摩耶の湯」(女性専用)です。
 「露天風呂の飲酒、喫煙、写真・動画撮影、泥水状態でのご入浴は堅くお断りいたします」と記載。
 このため、以下露天風呂の画像はありません。パンフレットの写真のみ引用です。

DSCN6310a.jpg

DSCN6310b.jpg

DSCN6312_20200922205740e18.jpg

DSCN6311_20200922205741d07.jpg

DSCN6313.jpg


<宝川山荘入口>

DSCN6425_20200922205957421.jpg

DSCN6308.jpg

DSCN6309_20200922205959b55.jpg


<館内>

 館内入ってすぐ右手に温泉分析書が掲示されていました。
 3号井だけの分析書だったので、詳細は省略します。

DSCN6414_20200922210436ac8.jpg


芸能人の色紙多数。お子さん連れの外国人も多数でした。

DSCN6315_2020092221043933a.jpg


 矢印の案内に従って、露天風呂へ。

DSCN6316_20200922210441b0a.jpg

DSCN6318.jpg

DSCN6319.jpg
    

<宝川山荘内風呂>

 露天風呂へ行く前に山荘内の内風呂へ直行。「白鷹之湯」。
 男女別浴室。川沿ではないので、宝川は見えません。

DSCN6322_202009222109000bf.jpg

DSCN6338_202009222109016d0.jpg

DSCN6337.jpg

DSCN6329_20200922210904785.jpg

DSCN6325.jpg

DSCN6332_202009222109071b3.jpg

DSCN6412_20200922210909b6d.jpg


 カランの湯が源泉です。頭からかぶると硫黄臭がします。
 分析書では遊離硫化水素0.0mgですが、項目があります。
 露天風呂が有名な宝川温泉ですが、内湯のカランの湯が一番気にいりました。
 露天風呂から上がって内湯に再入浴して再度、頭からカランの源泉を浴びました。

DSCN6330_202009222111235a3.jpg

DSCN6334_202009222111221c7.jpg

DSCN6333_20200922211125348.jpg


<分析書>平成17年9月26日

 源泉名「宝川温泉 3号井、4号井、5号井混合泉」
 単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
 成分総計0.70g
 利用状況「加水(温度調整のため) 加温なし 循環ろ過なし 薬剤なし」
 ※露天風呂では混合している1号井は、内湯では混合していません。
  そのためか成分総計は露天風呂より濃いですね。
  加水あり表示なので、カランの源泉が一番濃いということになります。

 宝川温泉HPの記載によると、
「宝川温泉は全湯、源泉掛け流しの温泉です。 摩訶の湯・般若の湯・大浴場(殿湯・姫湯)は源泉掛け流し100%の天然温泉です。
麻耶の湯・子宝の湯は温度調節の為、夏の間加水いたします。」

DSCN6326.jpg


<掲示>

 宝川山荘内湯にも、露天風呂での撮影禁止の掲示。
 外国の方の利用も多いからでしょね、わかりやすく6カ所のカメラ禁止マークです。

DSCN6323.jpg

DSCN6317b.jpg


<服に着替えて移動>

 内湯から露天風呂の2カ所ある脱衣所までは、服に着替えての移動となります。
 露天風呂間の移動は、湯浴み着・素足での移動可です。

DSCN6336.jpg


<庭園>

 庭園の中を進みます。

DSCN6321.jpg

DSCN6339.jpg

DSCN6411_20200922212646921.jpg


<つり橋「白鷹橋」>

 つり橋「白鷹橋」に到着。
 汪泉閣と露天風呂の連絡橋です。
 宝川の川床は、風変わりです。

DSCN6343.jpg

DSCN6345.jpg

DSCN6352_20200922212351dfd.jpg
     

<日乃本一>

 日乃本一の大露天風呂へ向かいます。

DSCN6342.jpg

DSCN6346.jpg
    
DSCN6349_20200922213255057.jpg

DSCN6350.jpg

DSCN6364_20200922213257793.jpg

DSCN6362_20200922213259fe9.jpg

DSCN6361.jpg

DSCN6358.jpg

DSCN6359_202009222133030d8.jpg

DSCN6347.jpg


<源泉標識(第1号井)>

DSCN6408.jpg

DSCN6406_202009222135123ae.jpg


<大黒殿>

 自動販売機と天狗の面があります。
 天狗の鼻の頭はテカテカに光っています。

DSCN6355.jpg

 外に碇の忠魂碑。

DSCN6356.jpg

 大露天風呂は、まだ先です。ここから石段まで直進します。

DSCN6357.jpg


<洗心道場>

 弁財天が祀られています。

DSCN6366_20200922214220576.jpg

DSCN6370.jpg

DSCN6367.jpg

DSCN6368.jpg

DSCN6369.jpg


<芭蕉句碑>

 芭蕉句碑が露天風呂に向かう通路と、露天風呂内通路に、計2基ありました。

 「初雪や水仙の葉乃たはむまで 芭蕉」

DSCN6371_20200922214344e28.jpg

 「百歳の気色を庭の落葉哉 芭蕉」
 こちらは宝川を渡った露天風呂エリアの通路なので、画像なし。


<露天風呂>

 吊橋と露天風呂は撮影禁止ゾーンなのでパンフレットの画像です。

DSCN6444_202009222147240a0.jpg

DSCN6445_20200922214726262.jpg


「摩訶の湯」
 宝川左岸上流。120畳。昭和15年に完成。露天風呂奥に不動明王。 3つの露天風呂の中でも、一番奥は一番滑ります。滑ってコケました。

kodakara2.jpg

makanoyu.jpg


「般若の湯」
 宝川左岸下流。50畳。脱衣所の横にかけ湯と水のみ場あり。 浅めです。

DSCN6447_20200922215023a7c.jpg

hannyanoyu.jpg


「子宝の湯」
 宝川右岸。200畳。宝川に架かる、つり橋「子宝橋」を渡って行きます。
 「子宝の湯」の上屋には、武尊神社が祀られています。祀られているはずの薬師如来は見当たりませんでした。
 かけ湯がありましたが冷たかった、 そのまま露天風呂へ投入されています。

takaragawa.jpg

kodakara.jpg


「摩耶の湯」
 宝川左岸一番下流にある露天風呂。100畳。女性専用。です。

mayanoyu.jpg
  
 チケットの写真も摩耶の湯です。

DSCN6310c.jpg

 昔、手に入れていた入浴特別割引券の写真も摩耶の湯でした。

DSC07449.jpg


<摩訶の湯分析書>平成17年9月26日

 脱衣所の外の壁に分析書の掲示がありました。

 源泉名「宝川温泉 1号井、3号井、4号井、5号井混合泉」
 単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
 成分総計:0.51g
 利用状況「加水なし 加温なし 循環ろ過なし 薬剤なし」


○展望台へ(途中で戻り、展望台までは行っていません)

 案内によると展望台まで、裏山登って750m、約30分とのこと。
 展望台には、小野喜與三翁、初代社長の像があります。
 「宝川県自然環境保全地域 群馬県」の看板のあるところまで登り熊除けの鐘を見て、鈴を持っていなかったので引き返しました。杖があれば、鐘を叩きながら 進めるなぁと思いました。

DSCN6417.jpg

DSCN6391_20200922220730dc8.jpg

DSCN6394.jpg


<般若荘>

 展望台へは般若荘の裏から登りますが、石仏や碑があります。

DSCN6372_2020092222105592c.jpg

DSCN6374.jpg

DSCN6373_20200922221058895.jpg

DSCN6390.jpg

DSCN6396_20200922221101219.jpg

DSCN6395.jpg


<不動池/不動明王>

 湯の沢の右岸にあるのが不動の池と一丈不動明王です。

DSCN6389.jpg

DSCN6375_20200922221438e9f.jpg

DSCN6376_20200922221439966.jpg

DSCN6388_202009222214414a2.jpg

DSCN6377_202009222214427bc.jpg

DSCN6410.jpg
    

<湯の沢橋>

 立派な橋が架かっています。
 地図にある下流の清流橋は見当らず、吊橋子宝湯橋は土台は残っているものの橋は見当たりません。

DSCN6380_20200922221817644.jpg

DSCN6378_20200922221820b57.jpg


<不動橋>

 地図を見ると湯の沢橋の上流に不動橋が架かっています。
 通路にある工作物が行けませんよと言っているようで、案の定、沢水で分断されて行けませんでした。
 反対側の不動池のほうから、行けるのかどうかは未確認です。
、カメラのズームで撮影すると、不動橋を渡った広場に座っている河童像があります。

DSCN6384.jpg

DSCN6387.jpg

DSCN6387b.jpg
関連記事

テーマ : 日帰り温泉 - ジャンル : 旅行

tag : 松尾芭蕉

那須高原 硫黄泉の宿 美山

那須高原 硫黄泉の宿 美山  那須町湯本213-1 0287-74-3811

 旅館美山が2018/11/30閉館し、オーナー変更で「那須高原 硫黄泉の宿 美山」が2019/4open。
 「稲川1~4号、苦土稲川1・2号、県電気局B-3混合泉」(新那須温泉供給株式会社)を使用しており、味わいのある湯に惹かれるので行ってきました。

DSCN5977.jpg

DSCN5976.jpg

DSCN5980.jpg

DSCN5978_20200919223345572.jpg
    

<那須思い出美術館>

 宿内で、戦後の下町の光景などの絵画を展示しています。

DSCN5979_20200919223539f10.jpg

DSCN5981_20200919223541a30.jpg

DSCN6041_20200919223542075.jpg

DSCN6043_20200919223544d22.jpg

DSCN6044.jpg
    

<日帰り入浴>

 昼過ぎに行くと、まだたまっていない→半分でも貯まっていればよいのでお願いします→見てきます、どうぞ。
 入浴料1000円支払い。以前より高くなりましたが貸切なので相応です。
 露天風呂はお湯いれていませんが入りますか?と聞かれ、温泉ではないので内湯だけ入ると言ってパスしました。


<脱衣所>

DSCN6032.jpg

DSCN5995_20200919223750099.jpg


<分析書など>2017年8月16日

 源泉名:稲川1~4号、苦土稲川1・2号、県電気局Bー3号 混合泉(新那須温泉供給(株))
 以前の分析書から八幡崎1号が消えています。また、中性→弱酸性となっています。
 成分総計1.318g 遊離硫化水素173.2㎎

DSCN5983.jpg

DSCN5983a.jpg

DSCN5997_202009192241106f8.jpg

DSCN6042_20200919224112b72.jpg


<影響を与える項目>

 パイプライン途中に昇温設備があり、加温しています。

DSCN5987.jpg


<注意喚起>

 遊離硫化水素が173.2㎎もあり、注意喚起の掲示があります。

DSCN5994_2020091922411538d.jpg


<「温泉はどこから来るのでしょう」「湯の道」>

 いつもの地図が掲示してあります。
 グリーンパール那須でも使用している源泉ですが、美山がこの混合泉の末端です。

DSCN5988.jpg

DSCN6036.jpg


<洗い場>

 シャンプー等は韓国製品も置いてあります。

DSCN6039_20200919224447d97.jpg

DSCN6013_202009192244487ff.jpg

DSCN6017_2020091922444938f.jpg

DSCN6016_202009192244510eb.jpg
     

<内湯>

 2つある浴室のうち、湯舟が大きいほうの浴室ですが、それでも小さい湯舟です。
 湯が貯まりきっていないので、オーバーフローはしていません。そのうちオーバーフロー開始です。
 那須湯本の強烈な酸性泉と違って、長距離を揉まれてきた弱酸性(以前は中性)の硫黄泉で、湯口は熱めですが、浴槽内ぬるめ。期待通りの湯で満足しました。

DSCN6040_2020091922472171b.jpg

DSCN6031.jpg

DSCN6025.jpg

DSCN6004_20200919224726c22.jpg
     

<湯口>

DSCN6022.jpg

DSCN6005.jpg

DSCN6010.jpg


<オーバーフロー>

 オーバーフローするまであと10cmありますが、どんどんたまっていきます。

DSCN6006.jpg

 溢れ出しが始まりました。

DSCN6020.jpg

DSCN6019_20200919225108a98.jpg

DSCN6021_2020091922511083e.jpg


<源泉と浴槽内の湯>

 源泉を汲んで、浴槽内の湯と比べると、源泉は無色透明です。
 源泉の白濁するスピードに驚きます。

DSCN6015_20200919225511f35.jpg


<露天風呂>

 温泉ではありません。

DSCN6012_202009192257042d7.jpg

DSCN6003_2020091922570311d.jpg

DSCN6034_202009192257068f6.jpg

DSCN6033.jpg

水飲んだ方が良いわよと、ウオーターサーバーの水と、インスタントコーヒーをいただきました。感謝です。


新那須温泉供給株式会社が配湯する施設について、こちらでまとめています(更新済み)。
関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿 - ジャンル : 旅行

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR