入谷朝顔発祥之地 入谷乾山窯元碑

○入谷朝顔発祥之地 台東区下谷1-11

 入谷交差点に、入谷朝顔発祥之地の碑があります。

(説明石板)
「入谷の朝顔について
 入谷の朝顔は、明治2年近傍の寺院で鉢植を造って、人々の縦覧に供したのが、そのはじまりとされているが、15、6年ごろから朝顔は天下の名物となった。その後大正2年以来永らく中絶されていたが、第2次世界大戦後地元の復活運動によって昭和25年7月から再開され、今や東京の年中行事の1つとなっている。ついては、われらは往時の盛事をしのび、入谷朝顔の発祥の地として、ここに記念碑を建立するものである。
 入谷から出る朝顔の車かな 子規
 1956年7月6日   下谷北部観光連盟 」

DSCN1266.jpg

DSCN1264.jpg

DSCN1265.jpg

DSCN1269.jpg

DSCN1261.jpg

DSCN1267.jpg


<入谷乾山窯元碑>

 碑文、説明板はありません。
 「琳派の創始者の画家・尾形光琳の弟で作陶が有名な尾形乾山が入谷に窯を開き、その作品は「入谷乾山」と呼ばれました。」
  (TAITOおでかけナビより引用)

DSCN1268.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 下谷

入谷鬼子母神

○入谷鬼子母神 眞源寺 台東区下谷1-12-16

(説明板)
「 入谷鬼子母神
    台東区下谷一丁目十二番十六号 真源寺内
 入谷鬼子母神は、日蓮上人の尊像とともにここ眞源寺内寺に祀られている。眞源寺は、万治二年(一六五九)日融上人により創建された。
 鬼子母神は、鬼神般闍迦の妻で、インド仏教上の女神のひとりである。性質凶暴で、子どもを奪い取っては食べてしまう悪神であった。釈迦は鬼子母神の末子を隠し、子を失う悲しみを実感させ、改心させたという。以後、「小児の神」として児女を守る善神となり、安産・子育の守護神として信仰されるようになった。
 入谷鬼子母神では、子育の善神になったという由来からツノのない「鬼」の字を使っている。
 また、七月上旬、境内および門前の道路沿いは「朝顔市」で賑わう。入谷名物となったのは明治に入ってからで、十数軒の植木屋が朝顔を造り鑑賞させたのがはじまりといわれている。当時この地は、入谷田圃といわれ、朝顔や蓮の栽培に適していた。
 大正初期、市街化により朝顔市は途絶えたが、昭和二十五年復活。以後、下町情緒豊かな初夏の行事として親しまれている。
  平成六年三月   台東区教育委員会 」

 入谷朝顔まつりは、7月の七夕前後の3日間開かれます。
 →令和2年の入谷朝顔まつりは開催中止となりました。通信販売で朝顔を販売。

DSCN1270.jpg

DSCN1271.jpg

DSCN1295.jpg

DSCN1272.jpg


<福禄寿堂>

 下谷七福神の福禄寿を祀っています。

DSCN1275.jpg

DSCN1274.jpg

DSCN1277.jpg

DSCN1288.jpg


<鬼子母神堂>

DSCN1289.jpg

DSCN1290.jpg

DSCN1291.jpg


<戦災慰霊碑>

 「昭和四十二年三月九日 浅草畳工業組合建立」
 寺社の畳需要も多かったようです。

DSCN1274a.jpg


<畳針供養>

DSCN1278.jpg


<日朝上人坐像>

DSCN1293.jpg

DSCN1292.jpg


<正岡子規句碑>

 ザクロの木の陰に、正岡子規らの石碑があります。
 正岡子規の2句と、この寺の日東という人の1句の、3句が刻まれています。

 「漱石来る
  蕣や 君いかめしき 文學士 子規」

 「入谷から 出る朝顔の 車哉 子規」

 「朝顔も 入谷へ三日 里帰り 當山 日東」

DSCN1279.jpg

DSCN1294.jpg

DSCN1280.jpg

DSCN1283.jpg

DSCN1282.jpg

DSCN1281.jpg

<浮世絵>
 境内には4枚の浮世絵が掲げられています。

「東京自慢十二ケ月 六月 大蘇芳年画 1880年」
DSCN1284.jpg

「東京名所 花競 入谷蕣(あさがお) 安達吟光」
DSCN1285.jpg

「三十六花撰 東都入谷朝顔」
DSCN1286.jpg

「江戸の花名勝会 る 十番組 中山文五郎 入谷の鬼子母神」
DSCN1287.jpg

 国立国会図書館所蔵本から抜粋
tokyoziman.jpg

sanzyuurokukasen.jpg

 竹村伊勢大掾(だいじょう)は、新吉原江戸町二丁目にあった菓子司。
 朝帰りで奥方から頭を小突かれている朝の顔といったところでしょうか。

meisyoukaiiriya.jpg

meisyoukaiiriya1.jpg

meisyoukaiiriyab.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 下谷正岡子規

子規庵

子規庵 台東区根岸2-5-11 03-3876-8218
 
(説明板)
「東京都指定史跡
  子規庵
    所在地 台東区根岸二丁目五番十一号
    指 定 昭和三十五年四月一日
 正岡子規(一八六七ー一九○二)は俳人・歌人・随筆家。幼名は升、本名は常規、別号を獺祭書屋主人、竹の里人などといった。伊予国藤原新町(現・愛媛県松山市)に生まれ、俳句・短歌の革新を唱え、また写生文を提唱した。
 新聞「日本」及び俳誌「ホトトギス」により活動、子規庵での句会には森鴎外、夏目漱石も訪れ、歌会には伊藤左千夫、長塚節等が参加、歌誌「アララギ」の源流となる。
 著書には、俳論「俳諧大要」「俳人蕪村」、歌論「歌よみに与ふる書」、歌集「竹の里歌」、随筆「墨汁一滴」「病床六尺」「仰臥漫録」など多い。
 子規はこの場所に明治二十七年(一八九四)二月から住み、同三十五年(一九○二)九月十九日病のため没す。母八重、妹律は子規没後もここに居住し、その後は子規の門弟寒川鼠骨が庵を守りつづけた。
 昭和二十年(一九四五)戦災によって平屋造りの家屋は焼失したが、昭和二十五年鼠骨らにより旧規の通り再建され現在に至っている。
 史跡に指定されている土地の面積は四○五.六平方メートル。
  平成十二年三月設置  東京都教育委員会 」

DSCN1306_20200415211259351.jpg

DSCN1307.jpg

DSCN1301.jpg

DSCN1298.jpg

DSCN1299.jpg

DSCN1302.jpg

DSCN1302a.jpg

DSCN1296.jpg

DSCN1297.jpg

DSCN1304.jpg

DSCN1303.jpg

DSCN1305.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 根岸正岡子規夏目漱石伊藤左千夫森鴎外史跡

元三島神社

○元三島神社 台東区根岸1-7-11

 松山俳句教会建立の正岡子規句碑があります。

 「根岸名所ノ内
  木槿咲て 絵師の家問ふ 三嶋前 子規」
 (背面)
 「平成十三年三月吉日
  正岡子規没後百年祭記念
  松山俳句協会建立
  台東区俳句人連盟協力」

DSCN1347.jpg

DSCN1341.jpg

DSCN1345_20200420221801a89.jpg

DSCN1343.jpg

DSCN1344_202004202218044cf.jpg

DSCN1342.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 根岸正岡子規

【解体】根ぎし 笹乃雪

根ぎし 笹乃雪  台東区根岸2-15-10 03-3873-1145

※解体され、令和6年春頃に新たな場所で再開予定です。

 創業元禄4(1691)年の豆富料理店。昔、2度ほど行っただけです。

DSC03246.jpg

DSC02130_202004212053528d7.jpg

DSC00162.jpg

DSC00160.jpg

DSC00159.jpg


<正岡子規句碑>

  「水無月や 根岸涼しき 笹の雪
   蕣に 朝商ひす 笹の雪  子規」

DSC00161.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 根岸正岡子規

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR