温泉ふるまい

〇塩原温泉古式湯まつり 9月29日

「温泉ふるまい」で5湯入湯

<参加チケット>
 一番下の那須塩原市観光局で参加チケット入手。

DSCN5067.jpg

DSCN5065.jpg

DSCN5066.jpg

DSCN5075.jpg

DSCN5072.jpg

DSCN5070.jpg

1湯目 新湯 むじなの湯

 毎年5月ごろに男女入れ替え。現在は左手男湯、右手女湯。
 車に湯温計とりに行って測った人によると47.5℃だったとのこと。熱い。

DSCN5092.jpg

DSCN5078.jpg

DSCN5086.jpg

DSCN5080.jpg

DSCN5081.jpg

DSCN5083.jpg

2湯目 上塩原 まじま荘

 露天風呂は川沿いで良いかけ流し。木々が邪魔して川はあまり見えないけど。

DSCN5093.jpg

DSCN5117.jpg

DSCN5095.jpg

DSCN5105.jpg

DSCN5103.jpg

DSCN5107.jpg

3湯目 上塩原 華の湯
 ALSOKの運営になって変わりばえしたかなと思って行ってみたけど、かわりばえしなかった。
 露天は塩素臭きつし、内湯は良い。

※「塩原温泉華の湯」は、赤字が続いていることが主な理由により、民間への施設譲渡公募のため2023年3月31日に休館です(下野新聞記事)。

DSCN5126.jpg

DSCN5129.jpg

DSCN5128.jpg

DSCN5138.jpg

DSCN5142.jpg

4湯目 福渡 恵山荘
 植木が多いのです。玄関に植木があるのは当たり前ですが、浴室内も植木がたくさん。
 岩組にはバランスよく以前は植木が3つあったのが、4つに増えてる!窓際の4つは変わらず。
 久しぶりにここの風呂に入りましたが、かけ流しのよい湯です。

DSCN5190.jpg

DSCN5180.jpg

DSCN5181.jpg

5湯目 福渡 松楓楼 松屋

 人数制限していたので、すかすかでのんびりできました。

DSCN5211.jpg

DSCN5214.jpg

 分析書の申請者は福渡内湯組合。住所を見ると松屋内に事務所が置かれています。
 以前は玉乃屋だったはずなので、ちょっと調べてみると、
 2015年10月2日に任意団体の福渡内湯組合から一般社団法人化しています。
 2015年は玉乃屋旅館が廃業した年です。
 内湯組合の責任者は玉乃屋だったので、
 玉乃屋が廃業して松屋に移って法人化したのでしょうね

DSCN5209a.jpg


※塩原温泉古式湯まつり 2020年9月27日(予定)
 感染症対策として、規模を縮小して行うため、温泉ふるまい等は中止です。
関連記事

テーマ : 日帰り温泉 - ジャンル : 旅行

tag : 塩原閉館

日比谷公園②

日比谷公園 探索

 「江戸城史跡-日比谷公園-」の続き。

  日比谷公園は内外からの寄贈品が多く展示されていて魅力は尽きない。
  南極の石があったり、ムッソリーニ首相からの寄贈品があったり。

日比谷公園オブジェマップ(日比谷図書館にあります)
DSCN9030_202306270035068aa.jpg

DSC02114.jpg

DSC02204.jpg

DSC01776.jpg

DSC02190.jpg

DSC01816.jpg

DSC01840.jpg

DSC01881.jpg

DSC02067.jpg

DSC01867.jpg

DSC01934.jpg

DSC01771.jpg

DSC01823.jpg

DSC01888.jpg

DSC02009.jpg

DSC02123.jpg


以下パソコンサイトまとめ

日比谷公園概要

「桜田弁慶堀原」(小林清親)/「外桜田遠景」(井上安治)

 現在の日比谷公園区域及びその周辺は 江戸時代は諸大名の屋敷がありましたが、明治4(1871)年に陸軍日比谷操練場が置かれます。明治18(1885)年から陸軍日比谷練兵場と名称を変えます。
 小林清近が陸軍日比谷操練場を、井上安治が陸軍日比谷練兵場を描いています。

kobayashisakurada.jpg

inouesotosakurada.jpg

「本多静六 林学教授」(東京帝国大学 小川一真 明治37年)
 本多静六博士による設計です。
37honda.jpg


開園当初のもの
  ○アーク灯
  ○水飲み(馬兼用)
  ○馬の水飲み
  ○小音楽堂裏の水飲み
  ○豪壮な水飲み
  ○華奢な水飲み
  ○三笠山
  ○草地広場/健康運動広場
  ○つつじ山
  ○第一花壇
  ○心字池と亀の噴水
  ○雲形池と鶴の噴水
  ○イチョウ並木
  ○東京市マンホール
   
移転保存
  ○京橋の欄干柱
  ○松石
  ○首かけイチョウ
  ○烏帽子石
  ○牛込門 亀石

内外からの寄贈
  ○石貨
  ○ルーパ・ロマーナ
  ○自由の鐘
  ○古代スカンジナビア碑銘譯(ひめいやく)
  ○ホセ・リサール像
  ○キリノ元フィリピン大統領顕彰碑
  ○石灯籠
  ○彫刻「自由」
  ○ペリカン噴水
  ○彫刻「キリンの仔」
  ○彫刻「豊穣」
  ○はにわ
  ○南極の石

後から整備
  ○旧日比谷公園事務所
  ○ロックガーデン
  ○大噴水、第二花壇、にれの木広場

植樹
  ○アメリカスズカケノキ
  ○オキナヤシ
  ○タイサンボク
  ○国際連合創設三十周年記念植樹
  ○かもめの広場/郷土の森
  ○日比谷公園開園100年植樹
  ○日比谷公園100周年記念植樹
  ○ハンカチの木
  ○ハナミズキの林
  ○ハナミズキ2世記念植樹
  ○ハナミズキ3世
  ○グリーンアドベンチャー

設備
  ○売店
  ○自転車置場
  ○公衆電話

建物
  ○日比谷公園1番1
  ○日比谷公園1番2
  ○日比谷公園1番3
  ○日比谷公園1番4
  ○日比谷公園1番5
  ○日比谷公園1番6

日比谷公園外
  ○緑化道路

夜景
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 銅像尾崎行雄マンホール史跡小林清親井上安治ユリカモメ

霞が関跡 大岡越前守上屋敷

○霞が関跡碑 千代田区霞が関2-1-2

 中央合同庁舎第2号館の桜田通り沿い側に「霞が関跡」碑が設置されています。
 霞が関は、日本武尊が蝦夷に備えて関所を設けたという伝説によるとされ、この関が大和から雲霞を隔てた場所にあったから、または雲霞を隔てた遠方を望める地であることから霞が関と名付けられたといわています。
 山手台地にあり、江戸城に接し、城を守る要所であることから、諸大名の屋敷地となりました。江戸期には武家屋敷の建ち並ぶ景勝地として霞ヶ関坂が錦絵に多く描かれました。(国会図書館「錦絵でたのしむ江戸の名所」を参照しました。)

DSC02242.jpg

DSC02243.jpg

(標柱)
「霞が関跡
 この辺りは、江戸時代、霞が関と呼ばれ、武家屋敷が建ち並んでいました。そして、その名は代々受け継がれ、現在では中央官庁街の代名詞になっています。
 霞が関は、武蔵国(現在の東京都・埼玉県・神奈川県の一部)の中にあったといわれていますが、正確な場所は分かっていません。今のところ、霞が関のあったとされる場所として、千代田区・多摩市・狭山市が考えられています。
 千代田区に霞が関があったとの説は、『武蔵野地名考』という史料の「上古ハ荏原郡に属す今ハ豊嶋郡にあり。」という記述、『江戸名所図会』という史料の「桜田御門の南、黒田家と浅野家の間の坂をいふ。往古の奥州街道にして、関門のありし地なり。」という記述から導きだされています。
 また、名前の由来については、『武蔵野地名考』に「この場所から雲や霞の向こうに景色を眺めることができるため」と記されています。
 平成十二年三月建替 千代田区教育委員会」

   
「江戸名所図会 霞ヶ関」

 坂の下から描かれています。霞ヶ関坂の両側には、福岡藩黒田家と広島藩浅野家の大名屋敷がありました。現在は、外務省と総務省があります。

meisyozuekasumigaseki.jpg


「名所江戸百景 霞かせき」(広重)

 坂の上からです。江戸湾が見えます。空には凧が舞い、新年の霞ヶ関坂を描いています。

kasumigaseki100kei.jpg


「江戸名所道戯尽 十五 霞が関の眺望」(歌川広景)

 名所江戸百景と同様の構図で、坂の上から。江戸湾が見えます。
 下肥を運ぶ馬が暴れて下肥をぶちまけています。武士は扇をあおいて鼻をつまんでいます。女性は袖で鼻を覆っています。
 霞が関は諸大名の屋敷地だったので、ここでの下肥は高く買われたことでしょう。

douke15kasumigaseki.jpg


「江都名所 かす美か世紀」(広重)

 坂の上から。江戸湾が見えます。左手には大きな傘に入って歩く住吉踊りの踊り子、青竹売りが見えます。右手には三味線を持つ門付の女たち、しゃぼん玉売りが見えます。中央にはしゃぼん玉が飛んでいます。その下を大名の一行が坂を下りています。

koutomeisyo.jpg


「東都名所 東都霞ケ関山王祭諌込ノ図」(広重)

 霞ヶ関坂を下る「山王祭」の「山車行列」が描かれています。

totokasumigaseki.jpg


「東都名所 霞ケ関全図」(広重)

 坂の下からです。富士山が見えます。霞ヶ関坂の右側が広島藩浅野家の上屋敷です。浅野家の屋敷には、将軍の息女が輿入れしたことを示す御住居門(赤門)が描かれています。

toutomeisyozenzu.jpg
  

「絵本江戸土産 霞ケ関」(広重)

 坂の下からです。挿絵には「外桜田黒田侯と浅野侯の間の坂をいふ この所古き名所にて歌どもあまたあり」と記されています。

edomiyage.jpg


「江戸名所百人美女 霞ケ関」

 10代広島藩主浅野慶熾(よしてる)の正室利姫が描かれ、こま絵には霞ヶ関坂が描かれています。
 利姫は、天保7(1836)年に田安徳川家当主斉荘の娘として江戸に生まれ、10歳の時に養子に入った慶臧(よしつぐ)と婚約します。
 しかし14歳の時に慶臧が死去し、広島藩主浅野家の嫡男で利姫と同い年の慶熾に嫁ぎました。
 安政5(1858)年、慶熾は広島藩主に就任しますが、半年で急死。利姫は23歳にして未亡人(寿操院)となりました。

100bizyokasumigaseki.jpg

100bizyokasumigaseki2.jpg


「東都三十六景 霞ケ関雪中」(二代広重)

 雪景の霞ヶ関坂が描かれています。

toto36keikasumigaseki.jpg


【大岡越前守上屋敷/燈籠と庭石】

○大岡越前守忠相 屋敷跡 千代田区霞が関1-1-3

 弁護士会館の植栽の中に案内板があります。

 「大岡越前守忠相 屋敷跡
 名奉行として知られる大岡忠相(1667-1751)は徳川吉宗が八代将軍に就任した翌年(享保2年・1717)に江戸奉行に起用され、以後20年間その要職にあった。 宝暦元年(1751)12月、半年前に没した吉宗の後を追うようにして亡くなった。この地は晩年に忠相の上屋敷がおかれた場所である。」

DSC01947.jpg


○燈籠と庭石/由来碑

 大岡越前守上屋敷に置かれていた2基の石灯籠、手水鉢、庭石が、法務省に移転保存されています。また、由来の石碑があります。
 現在の弁護士会館(検察庁旧庁舎)に大岡越前守の屋敷があり、旧司法省建設の際に屋敷跡から移転されたものです。

「由来
 この燈籠と庭石は、明治初年まで 外桜田の一画 現千代田区霞が関1ー1ー3に存した大岡越前守上屋敷に置かれていたもので 旧司法省庁舎建設(明治28年竣工)の際 その屋敷跡から現在地辺の司法大臣官舎裏庭へ移転されたと伝えられる。」

 東京地検検事正・木村栄作氏が由来を書いた石碑が昭和61年1月27日に設置されたものです。
 屋敷にあった燈籠と庭石が保存されていることに大岡越前守への敬意を感じます。
 (法務省内にあるので、用事がないと入れません)

DSC02438.jpg

DSC02440.jpg

DSC02437.jpg

DSC02439.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 江戸城歌川広重歌川広景霞が関江戸名所百人美女

④江戸城 柳の井/桜の井

○柳の井 東京都旧跡 千代田区千代田1-1桜田濠沿い

 桜田濠を背に案内板があります。土手の柳の横に「柳の井」があります。

 (説明板)
「東京都指定旧跡 昭和三十年三月二十八日指定
 柳の井
 江戸の地誌には、名水として知られる井戸が、数多く紹介されています。井戸の傍らに植えられた樹木の名前にちなんで、名付けられるものも多くあります。
 桜田濠の土手下にも井戸があり、傍らに柳の木にちなんで、柳の井と呼ばれています。江戸時代に名水として知られ、通行人に喜ばれていました。
 真後ろの国会前庭の一角にある桜の井とともに、東京都教育委員会により旧跡として文化財指定されました。
 なお、桜田濠の土手は立入が禁止されていますので、柳の井の真上にあたるこの場所に説明板を設置しています。
  昭和三十二年三月 千代田区教育委員会(平成二十七年三月補修)」

DSC02374.jpg

DSC02376.jpg

DSC02377.jpg


「江戸名所図会 柳の井」
  
yanaginoimeisyozue1.jpg


「江戸名勝図会 桜田」(広重)
 左上に解説付です。 

meisyouzuesakurada1.jpg

meisyouzuesakurada2.jpg


「東都三十六景 外さくら田」(広重)

touto336sotosakurada1.jpg


「江戸名所道戯尽 四十四 外桜田柳の井」(歌川広景 万延1年)
 柳の井で水を飲もうとした男たちですが、井戸の中の鬼の顔に腰を抜かしています。柳には、鬼の絵柄の凧がひっかかっていて、井戸の鬼と同じ図柄です。凧の鬼の図柄に驚く男たちでした。

sotosakuradayanaginoi1.jpg


「絵本江戸土産 外櫻田」(広重)
(解説)「外桜田は 諸侯の弟宅甍をならべ 音に聞えし霞ヶ関には佐保姫が衣や覆わん
     御堀の岸に一樹の柳あり 春は青みての殊更うるわし」

sotosakurada_202107031826340f3.jpg


「絵本江戸土産 外櫻田 弁慶堀 糀町」(広重)
 麹町方面から見た絵のようです。東京湾が見えます。

sotosakurada2_20210703182636195.jpg


「東京府史蹟 柳の井」(東京府編 洪洋社 大正8年)
tokyofusisekisakurayanagi.jpg


「東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖.第1輯 柳の井」(東京市公園課編 1922年)
kouenkasakuragaiyanagi.jpg


○江戸の名水「櫻の井」  千代田区永田町1-1

 「櫻の井」は名水井戸として知られた「江戸の名所」で、近江・彦根藩井伊家上屋敷の表門外西側にありましたが、ここは加藤清正邸跡(都旧跡)で、清正が掘ったと伝えられています。

 2度移設され、現在は憲政記念館の公園内にあります。
 ・昭和43年 道路工事のために10mほど移設、
 ・平成28年8月 現在の場所に移設。
 石枠だけ移設されているので、井戸の役目は持ち合わせていません。

(説明プレート)
「東京都指定旧跡 江戸の名水「櫻の井」
 「櫻の井」は名水井戸として知られた「江戸の名所」で、近江・彦根藩井伊家上屋敷の表門外西側にあったが、ここは加藤清正邸跡(都旧跡)で、清正が掘ったと伝えられている。三連式釣瓶井戸で、縦約一.八メートル、横約三メートルの石垣で組んだ大井戸で三本の釣瓶を下ろし、一度に桶三杯の水が汲め、幕末当時江戸城を訪れる通行人に豊富な水を提供し、重宝がられた。
 江戸名所図会に絵入りで紹介され、 歌川(安藤)広重の「東都名所」の「外櫻田弁慶櫻の井」(天保十四年(一八四三)(図)にも描かれている。安政七年(一八六○)三月三日には大老井伊直弼がこの井戸の脇から登城途中、暗殺された。
 大正七年(一九一八)史蹟に定められ、東京都は昭和三十年(一九五五)旧跡指定。
 昭和四十三年(一九六八)道路工事のため交差点内から原形のまま十メートル離れた現在地に移設復元された。
 平成一九年(二○○七)彦根城築城四○○年祭と東京金亀会設立九十周年に記す
  平成十九年十月
    東京金亀会(滋賀県立彦根中学校・彦根東高等学校同窓会)
    東京都教育委員会」


<現在の場所への移転作業>

DSC02304.jpg

DSC02303.jpg

DSC02297.jpg

DSC02307.jpg

DSC02306.jpg


<前の場所撤去作業>

DSC02176.jpg

DSC02178.jpg

DSC02175.jpg


<以前の場所に看板設置>

DSCN4856.jpg

DSCN4857.jpg

DSCN4858.jpg

DSCN4859.jpg


<移設後>

DSCN4852.jpg

DSCN4853.jpg

DSCN4854.jpg


「江戸名所図会 櫻の井」

sakurainoimeisyozue1.jpg


「東都名所外桜田弁慶堀桜の井」(広重) 

sakuranoi1.jpg

「外桜田雪あがりの朝」(広重)

sakuranoi22.jpg


「東京府史蹟 櫻の井」(東京府編 大正8年)

tokyofusisekisakura.jpg


「東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖 櫻が井」(東京市公園課編 1922年)

 当時は、散水用に使われていたとのこと。

kouenkasakuragai.jpg


<この地の由来>石碑

「この地の由来
室町時代の末期、太田道灌がよんだ
 「わが庵は松ばらつゞき海ちかくふじの高根を軒端にぞ見る」
という歌の松原の一角に連なっていたこの地は、江戸時代のはじめ、加藤清正が居住し、寛永年間に井伊家の居所となり、明治初頭に及んだ。開国の難衝に当たった大老井伊直弼もここに住んでいた。明治以降、弾正台ついで参謀本部の所在地となった。この地にある日本水準原点は、明治二十四年に設けられた。 昭和二十七年、この地は衆議院に移管され、三十五年、憲政の功労者尾崎行雄を追念してここに浄財で記念会館が建設された。」

 石燈籠がありますが、これは移設されたもので、井伊家の燈籠ではないようです。

DSC02158.jpg

DSC02160.jpg


<参謀本部>

 明治の頃の参謀本部です。

generalstaffoffice.jpg
出典:「東京風景」(小川一真出版部 明44(1911)年)


○銀座の柳 千代田区皇居外苑1-1

 桜田橋から祝田橋の凱旋壕端に、銀座の柳の2世、3世が植えられています。

(説明板)
「銀座の柳二世
 この柳は、昭和43年銀座通りから姿を消した「銀座の柳」の二世です。銀座の柳の枝を挿し木とし椎葉一二氏・勝又康雄氏が心を込めて育てあげられました。
 このたびお二人のご厚意により寄贈されました。
  平成15年10月24日 東京国道事務所」

DSC02188.jpg

DSC02187.jpg
関連記事

テーマ : 城址巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸城歌川広重安政の大獄江戸名所図会太田道灌加藤清正旧跡歌川広景城址銀座

③江戸城 日比谷公園史跡

■江戸城史跡-日比谷公園-

 日比谷公園は江戸城の石垣や枡形門の石の展示博物館みたいなところです。
 8つの上屋敷と御用屋敷があった場所です。

○日比谷見附跡
 石垣土塁は、江戸城の日比谷見附の名残りで、公園設計に巧みに取り入れられています。
 心字池も当時のお堀を活かしたもの。
     
DSC01458.jpg

DSC01459.jpg

DSC0222b.jpg

DSC01460.jpg

DSC01869a.jpg

DSC01872c.jpg

DSC01872e.jpg

DSC01872d.jpg

DSC01773.jpg

DSC01774.jpg

DSC01909.jpg

○石垣の石
 江戸城外堀の石垣の石が雑然と放置されています。
 刻印の刻まれた石、矢穴のある石がゴロゴロあります。
 讃岐生駒守の家紋の刻印(三笠山)の石もありました。

DSC01799.jpg

DSC02524.jpg

DSC02525.jpg

DSC01813.jpg
 
○江戸城見附の石を利用した腰掛石が園内各所にあります。

DSC02368.jpg

DSC02069.jpg

DSC02191.jpg

○市ヶ谷門 烏帽子石 日比谷公園
 「この石は、江戸時代、江戸城外郭市ヶ谷御門の石垣の中にあったもので、形が烏帽子(えぼし)(昔、元服した男子のかぶりものの一種)に似ていたため、 人々から烏帽子石と呼ばれて珍重されていたものです。
 明治時代、道路拡張に伴い石塁が取り壊された際、永く保存するためこの日比谷公園に移されました。」
 几号水準点が刻印されています。

DSC01605.jpg

DSC01733.jpg

DSC01734.jpg

○牛込門 亀石 日比谷公園
 心字池沿にあります。
 石に刻まれた「不」の文字が、几号水準点。
 文字は地面に垂直にたっているのが本来であり、富士見町の牛込門の枡形石垣からここに持ち込まれた時に石は寝かされたのでしょう。
    
DSC01690.jpg

DSC01688.jpg

DSC01689.jpg

○9つの門
 日比谷公園開園時の6箇所の門は、江戸城見附の枡形門の石が使われています。
 開園時の門は、日比谷門、有楽門、桜門、霞門、西幸門、幸門 。
 後年設置の門は、中幸門、新幸門、祝田門。

<日比谷門>
 合計4本の門柱(左の小さい門柱は、台座だけ残る)があります。 照明あり。
 門柱には「以赤阪門及四谷門舊礎建設之」と刻まれています。焼けているようですが、はっきりと読みとれます。
 日比谷公園開園当時の写真を見ると、2対の門となっています。

DSC02027.jpg

DSC02029.jpg

DSC01932.jpg

DSC01933.jpg

DSC01950.jpg

DSC02031.jpg

DSC02028.jpg

<有楽門>
 有楽門は日比谷見附の枡形門の石です。
 「以日比谷門舊礎建造明治三十五年五月」と刻まれています。照明あり。

DSCN4847.jpg

DSCN4846.jpg

DSCN4843.jpg

DSCN4844.jpg

<桜門>
 「以鍛冶橋門及数寄屋橋門舊礎建造明治三十五年六月」
 門柱が大小二基づつあります。照明なし。
    
DSC02006.jpg

DSC02004.jpg

DSC02005.jpg

<祝田門>
 「建造昭和五十九年三月」一番新しい門です。 
 日比谷公園の北西部整備事業で新たに昭和59年3月に設けられた門です。
 門柱の上に照明があります。
     
DSC02000.jpg

DSC02001.jpg

DSC02080.jpg

<霞門>
 大小二基づつの門柱があります。照明あり。
 「以数寄屋橋門及幸橋門奮礎建造」 「明治三十五年六月」
 古い鉄柵がここだけ残っています。
    
DSC01988.jpg

DSC02061.jpg

DSC02060.jpg

DSC01990.jpg

DSC02070.jpg

<西幸門>
 大きな門柱が1対ありますが、この他、台座が1対残っています。照明なし。
 残っている台座の上の当初の門はどこにいったのでしょうね。
     
DSC02213.jpg

DSC01957.jpg

DSC01954.jpg

<中幸門>
 「以幸橋門奮礎建造明治三十五年六月」
 後年設置された門なのに幸橋門の石使用と刻まれています。 他の門で使用されていたものがここに使われたと考えます。
 元々西幸門の台座にあったものか、幸門にあったものがここに据えられたものと思われます。、
 西幸門は台座のみ残っているので、幸門にあったものが台座ごと、こちらに運ばれ据えられたのかも。

DSC01961.jpg

DSC01959.jpg

DSC01960.jpg

<幸門>
 当初からの門です。門柱と柱の2対あります。刻みは何もなし。 照明あり。
 単なる柱のほうには鉄柵の跡がありますが、旧見附門の石には見えません。当初の見附の橋石はどこにいったのでしょうね。

DSC01978.jpg

DSC02038.jpg

DSC02074.jpg

<新幸門>
 ブロック造りの門と、台座のある柱の2対あります。刻みは何もなし。台座のある柱には鉄柵の跡があります。照明あります。

DSC02037.jpg

DSC02035.jpg

DSC02073.jpg

<歩道橋門>
 案内図に歩道橋門との記載がありました。

DSCN4851.jpg

○石枡
 江戸時代、木管の上水道の樋と樋をつなぐのが石枡で、水位を上げたり、流れを方向転換しました。
 石枡を3カ所確認しました。

 ・日比谷門入ってすぐのところ 説明板があります。
 「江戸時代の上水道木管の石桝で、園内の数ヶ所にこれと同じものがあります。巨石を四角にくり抜くいた豪荘なつくりで、内側にその所在地を刻んだものもあります。
 この桝は、江戸市内大通りのところどころに設けられ、ここから大名邸などに導水されていました。」

DSC01844.jpg

DSC01845.jpg

・第二花壇日比谷通り側 説明板なし。

DSC01835.jpg

・日比谷図書館前 石枡は植木鉢みたいになっています。

DSC01916.jpg

○石橋(江戸時代)
 「この石橋は、芝増上寺霊廟の旧御成門前桜川にかけてあった石橋の一つで、市区改正(現在の都市計画事業)の道路構築の時、ここに移したと伝えられています。 素朴なうちにも力強く、江戸時代の彫りの深さを漂わせています。」

DSC01698.jpg

DSC01697.jpg

○8つの上屋敷と御用屋敷
 日比谷公園は8つの藩の上屋敷と幕府の御用屋敷がありました。
 幕末の時点では、北側には御用屋敷・萩藩毛利家・佐賀藩鍋島家。
 南側には三草藩丹羽家・吹上藩有馬家・福知山藩朽木家・盛岡藩南部家・唐津藩小笠原家・狭山藩北条家の各上屋敷が存在しました。 (北東に中屋敷が土佐藩山内家、徳島藩蜂須賀家)

 <上屋敷配置>
  江戸切絵図と現地案内板の上屋敷の配置です。上屋敷には家紋が入っています。中屋敷、下屋敷には家紋の記載はありません。
  毛利家の当主は「松平大膳大夫様」と呼ばれたので、そのように記されています。

 <桜田御用屋敷>
  江戸切絵図に記載されている御用屋敷です。ペリカン噴水のところに御用屋敷がありました。比丘尼屋敷とも呼ばれていました。将軍が逝去すると、側室は大奥から桜田御用屋敷に移されました。

 江戸切絵図から日比谷公園部分を抜粋
hibiya.jpg

 帝国ホテル前案内板より抜粋
DSC02226a.jpg


「名所江戸百景 山下町日比谷外さくら田」(広重)
 山下御門外の山下町(泰明小学校のあたり)から、日比谷公園にあった佐賀藩鍋島家の上屋敷が描かれています。赤い門は将軍家から姫君が嫁いだことを表し、十一代将軍・徳川家斉の第十八女・盛姫が嫁いでいます。

100keiyamashita.jpg

「江戸勝景 山下御門之内」(広重)
 佐賀藩鍋島家上屋敷です。

nabeshima.jpg


○仙台藩外桜田上屋敷跡(伊達政宗終焉の地)

 仙台藩外桜田上屋敷跡に仙台市の説明板「伊達政宗終焉の地」が建っています。東京都ではなく、仙台市の説明板であることも珍しいでしょう。伊達政宗は、江戸城の目と鼻の先にお住まいだったのですね。政宗の時代には、徳川家康が3度、二代将軍秀忠と三代将軍家光はそれぞれ各4度ここを訪れています。
 寛永13(1636)年にここで亡くなった伊達政宗の遺骸は、仙台の経ヶ峯に埋葬され瑞鳳殿が建てられています。政宗が亡くなった際には15人が殉死しました。殉死の理由は、衆道(武士の男色)にあります。将軍家光は殉死者が出ないように命じていましたが、最終的には許可しています。

(説明板)
「仙台藩祖 伊達政宗 終焉の地
 ここは、仙台藩祖伊達政宗から三代綱宗の時代、仙台藩の外桜田上屋敷があったところである。慶長六年(1601年)、政宗は徳川家康より江戸屋敷を与えられ、外桜田の屋敷は寛文元年(1661年)まで上屋敷として使用された。その敷地は、東西は心字池西岸から庭球場東端まで、南北は日比谷堀沿いの道路から小音楽堂付近まで広がっていたものと推定される。政宗の時代には、徳川家康が三度、二代将軍秀忠と三代将軍家光はそれぞれ各四度ここを訪れ、もてなしを受けたことが記録に残っている。
 政宗は江戸参勤の折、寛永十三年(1636年)五月、ここで七十年の生涯を閉じた。
  仙台市」
  
DSC01691.jpg

次 日比谷公園の内外からの寄贈品展示
関連記事

テーマ : 城址巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸城几号水準点玉川上水史跡城址伊達政宗歌川広重

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR