【閉館】栃木の宿と施設

2019年3月31日で、閉館した栃木の宿と施設です。

〇ふくろう乃湯 宇都宮市

 烏山城カントリークラブも運営する株式会社加山が2016年5月20日にオープンさせて2年10か月ちょっとで閉館ですね。
 源泉名「インターパーク宇都宮温泉」 ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉(アルカリ性低張性温泉)
 水風呂以外、すべて温泉を使用、加温、塩素臭のオーバーフローなし。浴感はぬるすべで、一応満足な温泉でした。

DSCN0591.jpg

DSCN0593.jpg

DSCN0635.jpg


○旅の宿 芙蓉荘 那須塩原市

 ホームページに、平成31年3月31日に閉館とお知らせがあり、HPは消失しました。
 閉館して1週間後に見に行くと、駐車場に車なく、ガランとしています。玄関には貼り紙等はありませんでした。

DSCN1119.jpg

DSCN1120.jpg

<過去入浴時の感想>

 露天風呂の目の前にシラン沢が流れています。鉄分や石灰分が多く魚が住めなく精進川とも呼ばれ塩原7不思議のひとつです。大根や布を川にさらすと白くなるとも昔の書物に記載があります。岩が所々で茶色になっています。
 また塩原7不思議のひとつである片葉の葦が生えています。精進川を目の前にした露天のロケーションは良いです。
 農業から旅館業に転身した平成3年オープンの新しい宿ですが、混んでいる時が多く繁盛しています。
 これまでさほど特徴は感じなかった集中管理源泉ですが、本来は気持ちぬるぬる系なんだと芙蓉荘で認識を新たにしました。 集中管理源泉ってこんなに良い湯でしたっけ? 同じく循環しているのに、華の湯や湯遊センター等とは浴感が違うのは、あちらのほうは湯船でかいから?、鮮度の違いなのかな? ここは第二配湯所から近いからかな?


○湯西川共同浴場 薬師の湯

 2019年3月末で閉鎖。

DSC01041.jpg

CIMG5426.jpg

DSC01040.jpg

DSC01048.jpg

DSC01043.jpg


【福島】
 土湯温泉の「こけじ湯」が、施設老朽化で平成31年3月31日で閉館しました。
関連記事

テーマ : 廃業・閉館した温泉 - ジャンル : 旅行

tag : 閉館

三経寺@君津市

小糸川温泉に寄る前の時間調整

○三経寺  君津市市宿514
 無住のお寺ですが、ホームページがあります。
 
 上総木炭の祖といわれる「常磐半兵衛」(土窯半兵衛)のお墓と、千葉県知事の顕彰碑(昭和28年12月建立)があります。
 半兵衛については、「半兵衛炭焼塾」のサイトが詳しいです。



DSCN1720b.jpg

DSCN1723.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

道標@君津市市宿

小糸川温泉に寄る前の時間調整

○馬頭観音像/道標  君津市市宿青年館前(君津市市宿259)

 小糸川温泉から、清水橋を渡って進んでいくと、右手に市宿青年館があり、その前の道路沿いに道標がありました。
 まさか道標があるとは思いもしませんでした。

 馬頭観音像の正面には、文化5(1808)年3月と刻まれ、
 側面が道標となっています。

 きさらずの「ず」が埋もれていたので、掘りました。
 「右 たかくら  左 きさらず」


DSCN1719.jpg

DSCN1725.jpg

DSCN1726.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

小糸川@清水橋

小糸川温泉に寄る前の時間調整

○小糸川  日渡根/清水橋/市宿

 小糸川温泉のある清水橋の手前は日渡根(にっとね)、向こうは市宿(いちじゅく)です。
 清水橋からの小糸川をながめます。藤が咲いています。
 江戸時代から昭和初期までは、炭を舟で小糸川河口まで運ぶため、 この辺りは、かなり賑わっていたようです。




DSCN1710.jpg

DSCN1716.jpg

DSCN1711.jpg

DSCN1714.jpg
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

大正天皇と塩原温泉

塩原もの語り館のチラシをよ~く見たら、おはなし会「大正店頭と塩原温泉」があります。
今後は、5月12日(日)、6月2日(日)11時から どちらか行ってみるかな。

DSCN1419.jpg

チラシには、大正4年11月の、大正天皇御即位に花屋台を仕立ててお祝いに御用邸にかけつけた写真があります。
塩原温泉まつりの起源です。

DSCN1421.jpg

(那須塩原市HPより)
「塩原には大正天皇の塩原御用邸がありました。
 塩原温泉まつりは、大正天皇の即位の大礼が行われた大正4年11月、人々が人形を載せた花屋台(山車)を仕立てて御用邸にお祝いにかけつけたのが起源です。
  現在は6地区から山車が繰り出して、お囃子をにぎやかに奏でながら細長い温泉街を練り歩き、塩原温泉に秋の訪れを告げる祭りとして地域の人々がもっとも楽しみにしている祭となっています。」

 塩原温泉には耕作地が少なく、秋の収穫祭のようなお祭りがなかったため、塩原の人々は大正天皇御即位記念のお祭りの形式を「秋の塩原のお祭り」として、その翌々年から残したとのこと。
 当時は5地区(福渡、塩釜、畑下、門前、古町)でしたが、その後、中塩原が加わりました。

542_4296.jpg

 起源が収穫祭ではないため、型にはまらない人形が登場するわけです。

 【塩釜】
DSC06759.jpg

DSC09119.jpg

【畑下】
DSC05906.jpg

【道の駅】
DSC09270.jpg

塩原温泉まつりは、2019年は、9月8日、9日です。
2020年は、9月13日(日)・14日(月)に予定されていましたが、コロナの影響で開催中止となりました。
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 塩原

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR