要津寺(芭蕉庵再興)

○要津寺(ようしんじ) 墨田区千歳2-1-16

 三世雪中庵を継いだ大島蓼太(享保3(1718)年〜天明7(1787)年)は、明和8(1771)年、芭蕉百回忌取越し追善のため、要津寺の門前に芭蕉庵を再興しました。要津寺には、雪中庵関係石碑群があります。

DSCN8857_20230629101039629.jpg

DSCN8856_202306291010426a6.jpg

DSCN8885_2023062910103793d.jpg


<江戸切絵図>

 江戸切絵図には「要津寺」(要律寺と見えます?)と「門前丁」とあります。

mirokubashi.jpg


<雪中庵>

 雪中庵とは芭蕉三哲の1人である服部嵐雪(1654〜1707年)の庵号です。三世雪中庵を継いだ大島蓼太(享保3(1718)年〜天明7(1787)年)は、深川芭蕉庵に近い当寺の門前に芭蕉庵を再興しました。

(説明板)
「<墨田区登録史跡> 牧野家墓所
 <墨田区登録有形文化財> 雪中庵関係石碑群
   所在 墨田区千歳二丁目一番一六号 要津寺内
 牧野家墓所は、区内の数少ない大名墓の一つです。代々旗本として仕え、五代将軍徳川綱吉の時に成貞が側用人に取り立てられ、関宿藩主となりました。要津寺は、成貞が下屋敷の一部である現在地に再興、成貞寺としましたが、父成儀の戒名から、要津寺と改称しました。その後、牧野家の下屋敷は緑町に移転。維新後も末裔の貞寧は、本所小学校(昭和二一年廃校)の学務委員を務め、地域社会の発展に貢献しました。
 雪中庵とは、芭蕉三哲の一人である服部嵐雪の庵号です。三世雪中庵を継いだ大島嶺蓼太は、深川芭蕉庵に近い当寺の門前に芭蕉庵を再興しました。これにより、当寺は雪中庵ゆかりの地となり、天明年間の俳諧中興期には拠点となりました。当寺には、蓼太によって建てられた嵐雪と二世雪中庵桜井吏登の供養墓や「雪上加霜」と銘のある蓼太の墓碑、四世雪中庵完来から十四世双美までの円形墓碑、宝暦一三年(一七六三)蓼太建立による「芭蕉翁俤塚」、安永二年(一七七三)建立の芭蕉「古池や蛙飛びこむ水の音」の句碑、天明二年(一七八二)建立の「芭蕉翁百回忌発句塚碑」などがあります。
  平成一○年三月  墨田区教育委員会」

DSCN8853_20230629101042c12.jpg


「埋木の花」

 芭蕉庵史跡展望公園(こちらで記載)に、「埋木の花」のパネルが設置されています。

「埋木の花
 明和八年(一七七一)に再興された深川要津寺の芭蕉庵を、それから五十五年後の文政九年(一八二六)に、平一貞がその著『埋木の花』に実見記録したもの。「古池や」の句碑は、安永二年(一七七三)に深川材木町(現佐賀町)に住んだ書家三井親和の筆。現在江東区芭蕉記念館庭園にある「古池や」句碑は其の模刻である。」
DSCN7738.jpg

 挿絵「深川六間堀 芭蕉庵旧蹟」が掲載されています。
DSCN7738b.jpg


「芭蕉庵再興集」

 芭蕉庵史跡展望公園(こちらで記載)に、「芭蕉庵再興集」のパネルが設置されています。

「芭蕉庵再興集
 明和八年(一七七一)に、大島蓼太が、芭蕉百回忌取越し追善のため、深川要津寺に芭蕉庵を再興した。その記念集『芭蕉庵再興集』所載の図である。庭中に流れを作り、芭蕉を植え、句碑を建て、傍らの小堂には、芭蕉像と芭蕉の帰依仏である観世音像を祀った。草庵の丸い下地窓、枝折戸が印象的である。画者子興は浮世絵師栄末斎長喜。(学習院大学蔵)」
DSCN8144.jpg

 挿絵
DSCN8144b_2023062910292718e.jpg


<東京都旧跡>

 「中野撝謙墓」及び「島男也墓」の説明板も掲示されています(非公開)。

DSCN8850_20230629103515861.jpg

DSCN8854_202306291035187ab.jpg

DSCN8855_202306291035182bb.jpg


【雪中庵関係石碑群】

DSCN8858_2023062910383395a.jpg

DSCN8874_20230629103834f58.jpg


<服部嵐雪と二世雪中庵桜井吏登の供養墓>

 初代雪中庵服部嵐雪(承応3(1654)年〜宝永4(1707)年)と、二世雪中庵桜井吏登(天和元(1681)年〜宝暦5(1755)年)の供養墓です。安永5(1776)年、蓼太による建立です。

 「前雪中庵嵐雪居士
  後雪中庵吏登居士」

DSCN8861_20230629103940d93.jpg

DSCN8870_2023062910394265b.jpg

DSCN8873_2023062910394567d.jpg


<「雪上加霜」銘の蓼太の墓碑>

 三世雪中庵を継いだ大島蓼太(享保3(1718)年〜天明7(1787)年)の墓碑です。天明7(1787)年に建立。初代と二世の供養墓の右隣にあります。

 「雪上加霜」

DSCN8860_20230629104102136.jpg

DSCN8862_20230629104104539.jpg


<四世雪中庵完来から一四世双美までの円形墓碑>

 四世雪中庵完来から一四世双美までの円形墓碑です。大正7(1918)年に建立。蓼太の墓碑の右隣にあります。

 「雪中庵」

DSCN8871_202306291042048b4.jpg

DSCN8863_202306291042061e4.jpg

DSCN8886_202306291042088b0.jpg


<芭蕉翁俤塚>

 芭蕉翁七十回忌を記念して宝暦13(1763)年に大島蓼太が建立。

 「芭蕉翁俤塚」

DSCN8864_20230629104327d2c.jpg

DSCN8875_20230629104328687.jpg

DSCN8867_20230629104330366.jpg


<芭蕉句碑>

 芭蕉八十回忌を記念して安永2(1773)年に大島蓼太が建立。深川材木町(現佐賀町)に住んだ書家三井親和の筆です。
 江東区芭蕉記念館庭園に模刻の「古池や」句碑があります。

 「婦る池や 蛙飛こ無 水の音」

DSCN8859_20230629104512186.jpg

DSCN8869_20230629104514657.jpg

(参考)芭蕉記念館(こちらで記載
 「婦る池や蛙飛こ無水の音」
DSCN8175.jpg


<芭蕉翁百回忌発句塚碑>

 芭蕉百回忌を記念して天明2(1782)年建立。大島蓼太が病身のため百回忌を11年早めて発句の会を催しています。

 「碑に花 百とせの蔦植む  雪中庵蓼太」
 「芭蕉翁百回忌発句冢碑 門人翠兄建」(碑陰は見えず記録によります)

DSCN8865_202306291049249c3.jpg

DSCN8866_20230629104927c82.jpg


【境内】

<平和地蔵尊>

DSCN8877_20230629105104841.jpg

DSCN8876_202306291051074bb.jpg

(碑文)
 「平和地蔵尊碑
  萬霊の
  やすらかなるを祈りつゝ
  永遠の平和を
  只管に希ふ
   平和地蔵講中」

DSCN9111_2023062910511014c.jpg


<潮(汐)時地蔵尊>

 潮(汐)時地蔵尊は、満潮の時間になると表面が濡れ、干潮になると乾いて、「しおどき」を知らせたことから、「汐時地蔵」の名がついたという伝説があります。咳の病に御利益があり、拍子木が奉納されました。初代は損傷が激しく本堂に置かれており、二代目の潮(汐)時地蔵尊が祀られています。

DSCN8882_202306291052552a6.jpg

DSCN9109_20230629105257587.jpg

DSCN9108_20230629105300348.jpg

DSCN8881_20230629105300468.jpg

DSCN9110_20230629105302e2c.jpg


<鳥居/石祠>

 鳥居と石祠。神狐がいるので、稲荷社でしょうか。

DSCN8884_2023062910544087b.jpg


<六地蔵>

DSCN8883.jpg

<他>

DSCN9112_20230629105600d69.jpg

DSCN8878_2023062910544327b.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 松尾芭蕉旧跡

芭蕉俳句の散歩道

○芭蕉俳句の散歩道 江東区深川1-11

 仙台堀川に架かる海辺橋の南詰に採荼庵跡があります(こちらで記載)。松尾芭蕉は、ここから舟に乗り千住で舟を降り「奥の細道」へ旅立ちました。
 「芭蕉俳句の散歩道」は、採荼庵跡から始まる仙台堀川沿いの散歩道です。清澄橋までの間に、奥の細道の代表的な18句の句碑が行程順に並んでいます。句碑は令和2(2020)年に木札から絵入り(画:沖山潤)に改められました。

「芭蕉俳句の散歩道
 <Basho's Pach of Haiku Poetry>
 俳人松尾芭蕉がこの地より出発した
 「おくのほそ道」の句をお楽しみください。」

DSCN9041_2023062822215601c.jpg

DSCN9071_202306282221595c8.jpg


<俳句の散歩道>

 海辺橋から清澄橋です。清澄橋で工事中のため、行き止まりとなり通り抜けはできません。

DSCN9107_202306282223541b6.jpg

DSCN9042_20230628222357573.jpg

DSCN9042b.jpg

DSCN9105_202306282224011d8.jpg

DSCN9104_20230628222402e99.jpg

DSCN9102_202306282224054aa.jpg

DSCN9103_20230628222405e3c.jpg

    
<芭蕉俳句行程順>

(深川)【東京都】
DSCN9043_20230628222636489.jpg

DSCN9045_20230628222638bf8.jpg

(千住)【東京都】
DSCN9049_20230628222640fe9.jpg

DSCN9047_20230628222640fbe.jpg

(日光)【栃木県】
DSCN9052_20230628222642f6e.jpg

DSCN9051_20230628222644328.jpg

(黒羽)【栃木県】
DSCN9053_202306282228130a6.jpg

DSCN9054_202306282228151a7.jpg

(信夫の里)【福島県】
DSCN9058_20230628222817581.jpg

DSCN9057_202306282228197e9.jpg

(仙台)【宮城県】
DSCN9059_20230628222819446.jpg

DSCN9060_20230628222821fcf.jpg

(平泉)【岩手県】
DSCN9064_20230628223117d13.jpg

DSCN9063_20230628223119c39.jpg

(中尊寺)【岩手県】
DSCN9066_202306282231216bf.jpg

DSCN9065_20230628223121ccc.jpg

(尿前の関)【山形県】
DSCN9070_202306282231234b7.jpg

DSCN9069_20230628223125fc3.jpg

(立石寺)【山形県】
DSCN9073_202306282232544a1.jpg

DSCN9074_20230628223257f3a.jpg

(大石田)【山形県】
DSCN9076_2023062822325704e.jpg

DSCN9077_2023062822325904d.jpg

(南谷別院)【山形県】
DSCN9081_20230628223300267.jpg

DSCN9080_20230628223302f7f.jpg

(酒田)【山形県】
DSCN9082_20230628223426ecd.jpg

DSCN9083_20230628223428a76.jpg

(象潟)【秋田県】
DSCN9086_20230628223431bf0.jpg

DSCN9087_20230628223431f82.jpg

(出雲崎)【新潟県】
DSCN9090_20230628223432e94.jpg

DSCN9089_20230628223433ecc.jpg

(小松)【石川県】
DSCN9091_20230628223600722.jpg

DSCN9092_20230628223603e46.jpg

(色の浜)【福井県】
DSCN9096_20230628223605a14.jpg

DSCN9095_202306282236067f4.jpg

(大垣)【岐阜県】
DSCN9099_202306282236083a9.jpg

DSCN9100_20230628223611647.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 松尾芭蕉

長慶寺(芭蕉句塚跡・其角墓)

○長慶寺 江東区森下2-22-9

 松尾芭蕉句塚跡(江東区文化財)があります。

<本堂>

DSCN7279_20220628233150c48.jpg

DSCN7250_2022062823315277d.jpg

DSCN7270_20220628233153baf.jpg


<近代小学校発祥地> 江東区文化財

(碑文)
「近代小学校発祥地 東京府小学第六校 深川小学校誕生之地」
「明治二年二月。明治政府ハ「府県施政順序」ヲ交付、「小学校ヲ設ケル事」ヲ命ズ
明治三年六月二十八日。東京府ハ深川森下長慶寺ニ「東京府小学第六校」ヲ設置。
明治四年十二月。文部省ハ小学第六校ヲ「文部省直轄小学校」トスルコトヲ布達
明治五年八月。政府ハ「邑ニ不学ノ戸ナク家ニ不学ノ人ナキヨウニ」ト「学制」公布
明治六年五月。「官立小学第六校」ヲ「第六中学区一番小学深川学校」ト命名。
平成十五年五月吉日
深川小学校開校百三十周年記念 校友会
 十代目 石幸刻」

DSCN7247_20220628233353f45.jpg

DSCN7248_20220628233355ffe.jpg

DSCN7249_2022062823335659b.jpg


【松尾芭蕉句塚ほか】

 山門を入ると右手に手前から「宝晋斎其角墓」「芭蕉翁桃青居士」「玄峰嵐雪居士」と並んでいます。戦災で損傷したため、三基とも再建です。

DSCN7254_20220628233558c60.jpg

DSCN7277_20220628233559508.jpg

DSCN7254_202206282336012b7.jpg

DSCN7261_20220628233602c63.jpg


<宝井其角墓>

 一番右は、宝井其角の墓で「宝晋斎其角墓」とあります。

DSCN7260_202206282337189ca.jpg


<松尾芭蕉句塚>

 芭蕉が没した元禄7年(1694年)に芭蕉の門人たちが芭蕉の落歯・発句を埋めて句塚を建てました。

 (表面)「芭蕉翁桃青居士」

DSCN7257_20220628233825bd3.jpg

DSCN7258_20220628233827058.jpg

DSCN7259_20220628233829de9.jpg

 (側面)「世にふるも更に宗祇の時雨哉 桃青」

DSCN7271_202206282338325fc.jpg


<服部嵐雪>

 一番左は、服部嵐雪の墓で「玄峰嵐雪居士」とあります。

DSCN7256_20220628234006997.jpg


「芭蕉翁句塚跡」(江東区文化財)「宝井其角の墓」

 「芭蕉翁句塚跡」は、台座の一部が残っているだけです。「宝井其角の墓」の墓石は「角墓」の部分しか残っていません。

DSCN7263_20220628234009502.jpg


<釈迦十六善神像> 江東区文化財

 山門前に、「釈迦十六善神像」の説明板があります。

DSCN7245_202206282340101d2.jpg

DSCN7253_20220628234011726.jpg

DSCN7252_20220628234012fed.jpg


<三界萬霊塔>

DSCN7265_202206282343120bd.jpg

<地蔵>

DSCN7266_2022062823431408d.jpg

<貞亨3(1686)年銘の供養塔>

DSCN7267_20220628234315499.jpg

<元禄16(1703)年銘の供養塔>

DSCN7273_20220628234317115.jpg

<その他>

DSCN7275_202206282343181d9.jpg

DSCN7276_20220628234320714.jpg

DSCN7268_20220628234321d9d.jpg


<慰霊碑>

 本堂前に慰霊碑があります。

DSCN7269_20220628234323db2.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 松尾芭蕉其角

隅田川 新大橋

○新大橋 中央区日本橋浜町2丁目~江東区新大橋1丁目

 深川芭蕉庵に住んでいた芭蕉は新大橋の工事中
 「初雪や かけかかりたる 橋の上」の句をよみ、また橋の完成をみて
 「ありがたや いただいて踏む 橋の霜」の句を詠みました。

 上流右岸からの新大橋
DSCN8731_202111271241374b2.jpg

 下流右岸からの新大橋
DSCN8732_20211127124139bd7.jpg

 下流左岸からの新大橋
DSCN9570_20211127124140c30.jpg

 新大橋から下流の清洲橋方面
DSCN9574_202111271248532d2.jpg

 東詰の橋名板
DSCN9583.jpg

 東詰の説明板「新大橋」
DSCN9573_202111271248555b2.jpg


<新大橋橋柱>

 プレートが3種類はめ込まれています。「新大橋の由来」「大はしあたけの夕立」「明治四十五年に架けられた新大橋」

DSCN9580_202111271251280af.jpg

DSCN9579_202111271251301e7.jpg

DSCN9412_202111271251318c7.jpg

DSCN9581_20211127125133228.jpg

DSCN9575_20211127125134844.jpg

DSCN9576_20211127125136d65.jpg

DSCN9577_20211127125137e3c.jpg


(新大橋の由来)
「新大橋の由来
 新大橋は、元禄6年(一六九三年)十二月七日に現在地よりやや下流に、はじめて木の橋が架けられた。
 両国橋が、万治二年(一六五九年)に架けられて、その当時「大橋」と呼ばれていたので、その下流に新しく架けられたこの橋を「新大橋」と称した。
 その頃、新大橋近くの深川に住んでいた俳人松尾芭蕉は、新大橋架橋を喜んで次の句をよんだ。
  初雪やかけがかりたる橋の上 
  有難やいただいて踏む橋の霜
 以来、新大橋はたびたび架けかえられたが、明治四十五年(一九一二年)七月十九日、現在位置に鉄橋の新大橋が誕生した。
 この鉄の橋は、関東大震災(一九二三年)および太平洋戦争の大空襲(一九四五年)にも耐え、橋上において多くの人の命が助かったため、「人助けの橋」といわれるようになった。
 その鉄橋は、六十有余年の間、道路橋としての使命を十分に果たして、昭和五十二年三月二十七日、現在の橋に架けかえられた。
 なお、その鉄橋の一部は、愛知県犬山市の「明治村」に保存されている。」

DSCN9578_2021112712553873f.jpg
  

「大はしあたけの夕立」(広重)

 橋柱にはめられているプレートは、広重の浮世絵「大はしあたけの夕立」です。
 新大橋の向岸に幕府の御船蔵が見えます。「あたけ」とは「安宅」で、徳川将軍の「安宅丸」が係留されていたことからついた地名です。

oohasiatakenoyuudati.jpg


○震災避難記念碑 中央区日本橋浜町2-57-7

 隅田川テラスの壁の向こう側、新大橋の橋詰下に「震災避難記念碑」があります。
 大正12年の大震災では、隅田川の多くの橋が焼け落ちる中、新大橋は大きな損壊もなく、橋上に避難した大勢の人々の命を救いました。
 昭和8(1933)年建立の「避難記念碑」「人助けの橋のいわれ碑」「中央区説明板」が歴史を今に伝えています。
 現橋は昭和52(1977)年に架け替えられています。

「避難記念」碑
 昭和8年9月の建立です。巨大な石碑です。

DSCN8727_202111271259493d3.jpg

DSCN8725_20211127125950b7b.jpg


「人助け橋のいわれ」碑

(碑文)
「人助け橋のいわれ
 大正十二年(千九百二十三年)九月一日、突如として起こった関東大震災は随所で火災を誘発し、そのため各所で橋が焼け落ち多数の痛ましい犠牲者を出した。しかし幸いにも明治四十五年に建造された新大橋だけは火災からまぬがれ、逃げ惑う一万有余の尊い生命を救い、かつ、遮断された各方面への交通を一手に引き受けて、避難橋としての重責を十分に果たした。そのため、新大橋は多くの人々から「人助け橋」と呼ばれ永く親しまれるようになった。
 なお、当時久松警察署の新大橋西詰派出所に勤務する羽鳥源作、三村光、今給惣克巳、植木機禅、伊藤盛雄、浅見武雄ら各警察官は一致協力して多数の避難者を誘導し、さらに携行してきた荷物を橋詰で適切にさばいて人災の防止と避難路の確保のために活躍されたという。一身を顧りみず沈着勇敢に行動されたその功績は、永く後世に称えられるべきものである。
 (裏面) 東京都建設局  昭和五十二年三月二十七日」

DSCN8718_20211127130244015.jpg

DSCN8719_202111271302462a2.jpg

DSCN8721_2021112713043956e.jpg

DSCN8724_202111271304418f9.jpg

DSCN8723_20211127130442c83.jpg


○新大橋親柱 江東区新大橋1-2-1(新大橋東詰公園)

(江東区HPより引用)
「新大橋親柱
 明治45年(1912)に、隅田川に架けられた新大橋の親柱です。昭和52年に橋が撤去され、翌年、現在の新大橋が、旧地から約200メートル上流に架けられた際、東詰南側に公園が設けられ、高欄とともに親柱が移設されました。オベリスク様の尖塔部分に取り付けられている電灯の支柱には、アールヌーボー調のデザインが施され、時代の雰囲気を感じることができます。また、こぶ出し仕上げとされた中心部分は、独特なアクセントとなっています。」

<親柱>

 旧新大橋の移設された親柱です。

DSCN9582_202111271308231f7.jpg

DSCN9569_20211127130824267.jpg

DSCN9571_20211127130826b52.jpg

DSCN9747_20211127130827095.jpg

DSCN9572_20211127130829ef2.jpg


<高欄>

 旧新大橋の移設された高欄です。

DSCN9749_20211127131202018.jpg

DSCN9748_20211127131203ced.jpg


○御船蔵跡(再掲) 江東区新大橋1-2-1

 新大橋親柱から、階段を下りると、「御船蔵跡」の石碑がひっそりと建っています。

(石碑文)
「御船蔵跡
 はじめ寛永九年この付近に幕府は軍艦安宅丸を伊豆から回航格納し天和二年にいたって解体したがのちにここを明治時代まで幕府艦船の格納所として使用してきたので御船蔵と称しまたこの付近にあった安宅町という地名は安宅丸の由来から生じたものである
  昭和三十三年十月一日  江東区第十号」

DSCN9568_20211117222129fb8.jpg

DSCN9564_20211117222130e59.jpg

DSCN9584_20211117222132ae4.jpg

DSCN9565_202111172221343b7.jpg


○「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」公衆トイレ外壁(再掲) 江東区新大橋1-2-1

 新大橋東詰南の公衆トイレ外壁に、広重の浮世絵が描かれています。

(説明板)
「大はしあたけの夕立
 新大橋は元禄六年(一六九三年)五代将軍綱吉の頃 架けられたのが最初である。
 当時、両国橋が大橋と称していたので、この橋を新大橋としたという。
 画題の「大はし」とは新大橋の「あたけ」とは対岸につないであった日本一の木造軍艦安宅丸に由来する地名のことである。」

DSCN9742_20211117222306ec0.jpg

DSCN9745_20211117222308578.jpg


○旧新大橋跡 江東区常盤1-6-8
○新大橋橋名板「志ん於ほはし」 江東区新大橋3-1-15
  こちらで記載

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 歌川広重松尾芭蕉

妙泉寺 安宅丸御玉稲荷大明神

○常谷山 妙泉寺 江戸川区谷河内1-6-12

 安宅丸の船玉(船の守護神)である安宅丸御玉稲荷大明神が、稲荷堂(八角堂)に祀られています。

DSCN9801_202111172231377a6.jpg

DSCN9819.jpg

DSCN9804_20211117223140c1c.jpg

DSCN9820_20211117223141d61.jpg

DSCN9803_20211117223143b5f.jpg

DSCN9826_202111172231442bc.jpg


(説明板)
「妙泉寺
 妙泉寺は日蓮宗の寺院で、常谷山と号します。江戸時代には谷河内村に属しており、千葉県松戸市平賀にある本土寺の末寺でした。開基は名主をつとめていた長左衛門と伝えられ、正善院日喜上人によって寛永十一年(一六三四)に開かれました。弘化三年(一八四六)六月の火災では当寺が所蔵していた多くの記録が焼失し、安政の大地震及び大正六年の水害でも、被害にあいました。本堂は明治十五年に再建し、書院庫裡は昭和四十五年に新築されました。
 境内には稲荷堂(八角堂)があり、安宅丸御玉稲荷大明神がまつられています。これは徳川三代将軍家光が建造した御座船・安宅丸に勧請した船玉で、同船が取り払いになった際、当寺がゆずり受けました。船玉とは、船中にまつる守護神のことを言います。
 □松浦信正関係資料
 (省略)
  平成二十四年五月  江戸川区教育委員会」

DSCN9823_20211117223416e3a.jpg

DSCN9825_20211117223417e4e.jpg


<松浦信正写経塔>

 左から2基目が「松浦信正写経塔」です。

DSCN9802_20211117223522fcf.jpg


<安宅丸稲荷堂>

 稲荷堂ですが、狛犬がいます。手水鉢は、明和7(1770)年銘です。

DSCN9805_20211117223711621.jpg

DSCN9827_202111172237124de.jpg

DSCN9806_202111172237140ec.jpg

DSCN9807_202111172237150ee.jpg

DSCN9817_20211117223717a19.jpg

DSCN9808.jpg


<木彫り安宅丸>

 扉には葵の紋があります。木彫りの安宅丸と遠景に富士山。安宅丸の船首に竜頭が見えます。

DSCN9809_20211117224022f4c.jpg

DSCN9814_20211117224023780.jpg

DSCN9812_2021111722402508e.jpg

DSCN9813_202111172240261c1.jpg

DSCN9816_202111172240285a2.jpg

DSCN9815_20211117224029ee4.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR