地蔵堂 (草加市吉町)

○地蔵堂 草加市吉町4-5-32

 草花ふれあい通りから脇に入った小路にある「地蔵堂」です。

DSCN1288_20231103221432284.jpg

DSCN1313_20231103221434faa.jpg

<奉納額>

 「ありがたや はとり□しやうの ろくじぞう たすけたまゑや みだのぐうどい
  昭和十三年六月吉日 吉澤一郎」

DSCN1289_2023110322143540a.jpg

<お地蔵さんの絵額>

 「昭和十四年四月吉祥 東京浅草区田町 吉澤」

DSCN1291_20231103221438553.jpg

DSCN1290b.jpg

<提灯>

 お堂内の奉納提灯です。

 「吉町羽鳥圭一」
DSCN1293_202311032216436d3.jpg

 「子育地蔵尊」
DSCN1294_20231103221646a86.jpg

 「羽鳥地蔵尊」
DSCN1304_20231103221646b75.jpg

<地蔵尊>

DSCN1295_20231103221649fd4.jpg

DSCN1292_202311032216492c0.jpg
   

<出羽三山供養塔>

 地蔵堂の右に天保12(1841)銘の「出羽三山供養塔」があります。塔身は昭和57(1982)年の再建で、台座は当初のもののようです。

DSCN1296_202311032216500d6.jpg

DSCN1297_20231103221652148.jpg

 「月山 湯殿山 羽黒山 供養塔」

DSCN1302_2023110322191272f.jpg

DSCN1301_202311032219152a4.jpg
   
 (左側面)
  天保12年の紀年と「吉笹原村講中」「先達 大乗院」とあります。
DSCN1298_20231103221917f93.jpg

 (右側面)
  「天下泰平 五穀成就 萬人豊饒 邦中安静」
DSCN1309_202311032221125a1.jpg

DSCN1300_2023110322211568f.jpg

 (裏面)
  「昭和五十七年壱月吉日
   供養塔再建之
   羽鳥養次郎」

DSCN1299_20231103222226bcc.jpg


<台座>

 多くの名前が刻まれています。

DSCN1308_20231103222228269.jpg

DSCN1305_20231103222230f2d.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山

観正院・篠葉厳島神社(草加市弁天)

○観正院 草加市弁天6-7-24

 「観正院」と「篠葉厳島神社」が並んで建っており、それぞれ越戸橋通りから長い参道が続きます。

DSCN9217_202208300805094d7.jpg

DSCN9216_20220830080512c0f.jpg

DSCN9218_2022083008051240e.jpg

DSCN9279_202208300805157ba.jpg


(説明板)

「観正院  所在地 草加市弁天町
 観正院は、新義真言宗豊山派に属する寺で、民を日の如く恵み光り照らし給うことを願い、山号を恵日山、院号を妙音院、寺号を東照寺と称し、慶長十年(一六〇五)法印俊賢の開山と伝えられている。
 元和三年(一六一七)徳川家康が、東照大権と称されたことにより、東正寺と改称した。
 その後、明治四十一年槐戸村(現八幡町)所在の光明山阿弥陀院観音寺と合併、二ヵ寺の山号、寺号の各一字をとり、恵光山観正院と称し、観音寺本尊を当寺に遷座安置したものである。
 境内には、草加市指定文化財の寛文二年(一六六二)の地蔵(庚申)立像、延宝六年(一六七八)の地蔵(庚申)立像の二体が安置されている。
  昭和六十一年三月  草加市教育委員会」

DSCN9213_20220830080837dd3.jpg


<地蔵堂>

DSCN9219_2022083008084056c.jpg

DSCN9261_20220830080840a9f.jpg


<弁天の地蔵道標>

 参道右に寺号標、左に地蔵道標があります。安永3(1774)年銘の寒念仏供養塔で道標となっています。

DSCN9225_20220830081138f37.jpg

DSCN9226_2022083008114153b.jpg

 (正面) 頂部に地蔵坐像(蓮台)の浮彫、その下に「奉供養万人講寒念佛」と陰刻
 (正面右) 「右 蒲生道」
 (正面左) 「左リ 草加道」

DSCN9223_2022083008114186e.jpg

 (左面下部) 「是ヨリ右 二郷半道」

DSCN9224_20220830081144721.jpg


<庚申塔と馬頭観音>

 参道から境内に入ってすぐ左手の塀の前に石塔が四基あります。

DSCN9233_2022083008134527f.jpg

 左から、
 ・庚申塔 延宝6(1678)年銘の庚申塔。
DSCN9237_202208300813480e2.jpg

 ・馬頭観音塔 天保6(1835)年銘の馬頭観音塔。「石工 神流斎 青木宗義」
DSCN9236_202208300813487d5.jpg

 ・庚申塔 文政6(1823)年銘の庚申文字塔。
DSCN9235_20220830081351992.jpg

 ・庚申塔 享保11(1726)年銘の青面金剛庚申塔。
DSCN9234_20220830081351755.jpg


<地蔵(庚申)立像> 草加市文化財

 参道から境内に入ってすぐ右手に石仏群があります。

DSCN9222_2022083008160908a.jpg

 ・寛文2(1662)年銘の地蔵(庚申) 中央左
  宝珠をもった左手損傷、頭部は後補かもとのこと。

DSCN9230_202208300816124e1.jpg

  右手衣 「申供養」
DSCN9231_20220830081612559.jpg

  左手衣 「奉造立供養□□為二世安樂」
DSCN9232_20220830081615993.jpg


 ・延宝6(1678)年地蔵(庚申)立像 中央

DSCN9227_20220830081907cb5.jpg

DSCN9229_202208300819090f4.jpg

  光背右「奉造立庚申供養二世安樂攸」

DSCN9228_20220830081910efa.jpg


(説明板)
「昭和五十六年一月三十一日指定
 市指定有形文化財
  寛文二年地蔵(庚申)立像
  延宝六年地蔵(庚申)立像
    草加市弁天六丁目七番二十四号 観正院
 地蔵は六道を遊化して衆生を救済する菩薩であるが、のちに閻魔王の信仰と結びついて、その本地仏とされ、極楽往生を助けると信じられて、室町期には宗派に関係なく広く民間にひろまった。近世になると、火防・盗難除け・病気平癒・子育て等あらゆる庶民の願望を叶えてくれる仏として信仰され、地蔵像が造立されるようになった。
 寛文二年(西暦一六六二年)の地蔵は、高さ九十五センチ、幅三十七センチ、厚さ二十六センチの丸彫り型で、頭部は後補のものであるかも知れず、宝珠を持った左手も損傷している。右腕の衣には、申供養寛文二年(西暦一六六二年)九月吉日、その右に宗清と彫ってある。この地蔵(庚申)立像は類例の少ない三例のうちの一例で、市内で最も古いものである。
 延宝六年(西暦一六七八年)の地蔵は、高さ百四十二センチ、幅五十八センチ、厚さ三十二センチの光背型立像である。上部に(地蔵)の種字を彫り、向かって右に奉造立庚申供養二世安楽攸、左に延宝六戌午(西暦一六七八年)正月吉日篠葉村同行卅七人敬白とある。三十七人の結衆が、それぞれ庚申供養のために造立したものであることが理解できる。
 この地蔵像は市内で二番目に古く、像容がすぐれている。
  昭和五十六年三月  草加市教育委員会」

DSCN9220_2022083008212501e.jpg


<出羽三山等供養塔>

 地蔵(庚申)立像の左手に、天保11(1840)年銘の出羽三山等供養塔があります。

DSCN9253_20220830082237ca4.jpg

DSCN9245_202208300822397fb.jpg

 (正面) 「月山 湯殿山 羽黒山 西國坂東秩父 百番供養塔」
DSCN9248_2022083008235343b.jpg

DSCN9247_20220830082356bb4.jpg

 (左側面)「草加宿 石工青木宗義」
DSCN9251_20220830082356421.jpg

 (右側面) 造立年月日と願主が刻まれています。
DSCN9249_2022083008235996f.jpg


<板碑>

 「普門品供養塔」と「宝篋印塔」の間の奥に「板碑」があります。

DSCN9252_2022083008534009c.jpg

DSCN9250_20220830085343a7f.jpg


<庚申板碑>

 墓地にある万治2(1659)年銘の庚申板碑です。

DSCN9254_20220830085456d63.jpg

DSCN9255_20220830085459ba2.jpg

DSCN9256_20220830085459ae1.jpg

DSCN9257_20220830085502515.jpg


<大師堂>

DSCN9238_20220830085830a8f.jpg


<天水桶>

 東京オリンピック(1964年)の聖火台を鋳造した鋳物師の鈴木文吾氏鋳造の「天水盤」です。「平成三年七月吉日」

DSCN9244_20220830085833d23.jpg

DSCN9243_20220830085833892.jpg


<本堂/修行大師像>

DSCN9240_20220830085952d38.jpg

DSCN9241_20220830085955aa5.jpg

DSCN9242_20220830085955eb9.jpg


○篠葉厳島神社 草加市弁天6-7
 
 かつて宮沼があり、弁財天の尊像が見つかり宮沼弁財天が設けられました。明治元年に厳島神社と改められました。

DSCN9262_2022083009011829e.jpg

DSCN9263_20220830090121ce8.jpg


<厳島神社記>

 明治34年の建碑です。加藤政之助撰書。

DSCN9264_20220830090121cf8.jpg


<征清凱旋頌碑>

 日清戦争の凱旋碑です。明治30年12月の建碑です。

DSCN9265_20220830090236568.jpg

DSCN9266_20220830090239838.jpg

DSCN9267_20220830090239723.jpg

DSCN9268_20220830090242a78.jpg


<稲荷神社>

DSCN9271_202208300903505b3.jpg

DSCN9272_20220830090353381.jpg


<大六天神社>

DSCN9273_2022083009035381b.jpg

DSCN9274_20220830090356e9d.jpg

DSCN9275_202208300903561a9.jpg


<社殿/本殿>

 社殿前に安政2年銘の「御寶前」石塔があります。

DSCN9269_20220830090523837.jpg

DSCN9278_202208300905269f6.jpg

DSCN9277_20220830090529cec.jpg

DSCN9276_20220830090529b55.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山庚申板碑戦役紀念碑

南光院(草加市花栗)

○南光院 草加市花栗3-25-3

 花栗は、江戸時代は武蔵国足立郡花栗村でした。明治22(1889)年、合併により安行村が成立、花栗村は安行村の大字花栗となります。昭和31(1956)年、安行村は川口市に編入され、大字花栗は川口市の大字安行花栗に改称。昭和32(1957)年、川口市から草加町に編入されました。

DSCN5945_20220605161220645.jpg

DSCN5981_20220605161221685.jpg

DSCN5980_20220605161222b8a.jpg

DSCN5975_20220605161224f2e.jpg


<石塔群>

 山門の先、すぐ右手奥に石塔群があります。

DSCN5979_20220605161422715.jpg

DSCN5946_20220605161423505.jpg

DSCN5970_20220605161425fda.jpg


<出羽三山供養塔>

 左から、弘化4(1847)年銘の出羽三山供養塔です。

 (正面) 「月山 湯殿山 羽黒山 供養塔」

DSCN5947_202206051616083c4.jpg

DSCN5950_202206051616090d2.jpg

DSCN5948_20220605161611eb3.jpg

 (台石) 「講中」

DSCN5951_20220605161613f8d.jpg

 (左側面)「天下和順 日月清明」

DSCN5952_20220605161614bc3.jpg

 (右側面) 紀年と「大先達 大乗院」「武州足立郡花栗村」

DSCN5953_2022060516161678d.jpg

DSCN5955_20220605161617b46.jpg

DSCN5954_20220605161619944.jpg


<馬頭観世音>

 2基目は、昭和4(1929)年銘の馬頭観世音塔です。

DSCN5956_20220605161844eaf.jpg

DSCN5957_20220605161845739.jpg


<不動明王道標>

 3基目は、文化4(1807)年銘の不動明王道標です。

 (正面)  不動明王坐像を陽刻、その下に「成田山」と陰刻。
 (正面下右)「是ヨリ成田山江十六(欠損)」

DSCN5958_2022060516201702a.jpg

 (左側面)  紀年と右「是ヨリ鳩ケ谷一里半」、左「とねり一里半」

DSCN5959_202206051620180f7.jpg

 (右側面) 「願主 花栗村」

DSCN5960_2022060516202057c.jpg


<普門品供養塔>

 4基目は、宝暦7(1757)年銘の普門品供養塔です。

DSCN5961_20220605162134e78.jpg

DSCN5962_20220605162136fda.jpg


<庚申塔>

 5基目は、寛延元(1748)年銘の庚申塔です。

DSCN5963_20220605162259a15.jpg

DSCN5965_20220605162301ef2.jpg

DSCN5964_2022060516230371a.jpg

 (左側面) 造立年月日。

DSCN5966_202206051623049f8.jpg

 (右側面)「奉造立青面金剛」「講村中」

DSCN5967_202206051623070c7.jpg


<弁天堂>

 一番右の小社です。

DSCN5968_2022060516230868c.jpg

DSCN5969_20220605162308adf.jpg


<六地蔵>

 参道右側の寛延3(1750)年銘の六地蔵です。

DSCN5971_202206051625063b7.jpg

DSCN5973_20220605162507b50.jpg

DSCN5972_20220605162508f96.jpg


<観音堂>

 「奉納 観音堂改築」とあるので、観音堂かと思います。

DSCN5974_202206051625105ae.jpg


<水子地蔵尊>

DSCN5977_20220605162653d41.jpg


<無縁塔/宝篋印塔>

 右に無縁塔、左に宝篋印です。

DSCN5976_20220605162654568.jpg


<地蔵菩薩像/阿弥陀如来坐像>

 参道左手、タブノキの大木の傍らに。地蔵菩薩像と阿弥陀如来坐像が並んでいます。

DSCN5978_20220605162852192.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山

真蔵院(草加市西町)

○真蔵院 草加市西町189

 江戸時代は原島村(ばらじまむら)、明治22(1889)年合併により草加町が成立し、大字原島となります。昭和33(1958)年)草加市が成立し、大字原島から西町となります。
 真蔵院は、武蔵国八十八ヶ所霊場39番です。

<参道/山門>

DSCN5918_20220605163135368.jpg

DSCN5919_2022060516313856e.jpg

DSCN5920_20220605163139e34.jpg

DSCN5923_202206051631417c7.jpg


<地蔵尊>

 山門手前左手に小堂があり、地蔵尊が祀られています。

DSCN5921_20220605163142eb0.jpg

DSCN5922_2022060516314438b.jpg


<無縁塔>

 参道左手に「無縁塔」。

DSCN5925_202206051635230c0.jpg


<原嶋六地蔵尊>

 覆屋に「原嶋六地蔵尊」。左手の傍に、文化9(1812)年銘の「法師浄念万生位」があります。

DSCN5942_2022060516352503c.jpg

DSCN5943_20220605163526766.jpg


<大師堂>

DSCN5940_202206051635278b8.jpg

DSCN5941_202206051635299f3.jpg


<石塔三基>

 参道左手の太子堂の裏に三基の石塔が並んでいます。

DSCN5944_20220605164031d30.jpg

DSCN5926_20220605164032d33.jpg


<出羽三山供養塔>

 左は、天保14(1843)年銘の出羽三山供養塔です。

DSCN5936_20220605164151479.jpg

 (正面)「月山 湯殿山 羽黒山 大権現供養塔」

DSCN5927_20220605164153142.jpg

DSCN5928_20220605164154386.jpg

DSCN5929_20220605164156a46.jpg

 (左側面)「天下泰平 國土安穏 五穀成就 萬民豊楽」

DSCN5930_202206051643511f5.jpg

 (右側面)紀年が刻まれ、「大先達 大乗院」

DSCN5934_20220605164352210.jpg

DSCN5935_20220605164354c01.jpg

 (台石左側面)「武州足立郡原嶌村」願主9人、世話人3人が刻まれています。

DSCN5931_20220605164355ed1.jpg


<庚申塔板碑>

 中央の万治2(1659)年銘の板碑型庚申塔です。

DSCN5937_20220605164525fc3.jpg


<庚申塔板碑>

 右の正徳2(1712)年銘の庚申塔です。

DSCN5938_202206051645262b3.jpg


<本堂>

DSCN5924_2022060516463956a.jpg

DSCN5932_202206051646408e9.jpg

DSCN5939_20220605164641247.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山

徳性寺(草加市新里町)

○徳性寺 草加市新里町691

DSCN6513_20220610212841c35.jpg

DSCN6514_20220610212843573.jpg


【石塔群】
 山門右手に石塔群があります。
 門柱手前に「南阿弥陀佛」、門柱脇に、六地蔵、如意輪観音、出羽三山供養塔、普門品供養塔が並んでいます。

DSCN6517_20220610213011d67.jpg

DSCN6536_20220610213013415.jpg

DSCN6527_20220610213014fa2.jpg


<南阿弥陀佛>

 明治21(1888)年銘の「南阿弥陀佛」塔です。

DSCN6515_20220610213106855.jpg

DSCN6516_20220610213107ea6.jpg


<出羽三山供養塔>

 文久2(1862)年銘の出羽三山供養塔です。

DSCN6519_20220610213301b6c.jpg

DSCN6529_2022061021330289a.jpg

 「月山 湯殿山 羽黒山 大権現」

DSCN6520_2022061021330423a.jpg

DSCN6521_20220610213305e77.jpg

 右側面「天下泰平 日月清明 風雨順時 五穀豊穣」

DSCN6525_202206102133079a4.jpg

 左側面 紀年と「先達 大乗院宥尤書」

DSCN6522_20220610213308c7c.jpg

DSCN6523.jpg

DSCN6524_20220610213311641.jpg


<普門品供養塔>

 安政2(1855)年銘の「奉讀誦普門品供養塔」です。
 両脇「天下泰平」「五穀成就」

DSCN6518_20220610214419c41.jpg

DSCN6528_20220610214422a15.jpg

DSCN6526_20220610214420527.jpg


<天水桶>

 平成10(1998)年8月吉日銘の鈴木文吾作の天水桶です。鈴木文吾は東京オリンピック聖火台を作った川口鋳物師です。

DSCN6535_20220610214107721.jpg

DSCN6534_20220610214109283.jpg


<本堂>

DSCN6531_202206102141103a9.jpg

DSCN6532_20220610214113f19.jpg

DSCN6533_202206102141153c1.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR