沼影観音堂(さいたま市南区)

○沼影観音堂(廣田寺) さいたま市南区沼影1-6-30

 沼影観音堂は、旧天台宗寺院で鶴住山普光院廣田寺と号していた寺院跡です。
 北足立八十八ヵ所霊場47番、足立坂東三十三ヶ所霊場12番です。

DSCN0041_20240113214252577.jpg


<社号標>

 田島通りに面して、社号標。
 「足立坂東十二番
  鶴住山廣田寺
  正観世音」

DSCN0040_20240113214256d89.jpg

DSCN0092_20240113214256477.jpg


<参道入口>

 左の正観音菩薩、元文4(1739)年。台座に「一切供養」。
DSCN0083_20240113214451dab.jpg

DSCN0082_20240113214453313.jpg

 右の地蔵菩薩、享保17(1732)年。台座に「三界萬霊」。
DSCN0042_2024011321445673d.jpg

DSCN0081_20240113214456fd4.jpg


<記念碑>

 左から「道路改修紀念碑」「水道敷設竣工紀念碑」「修復記念」「西側塀改修記念」と続きます。

DSCN0043_2024011321463702b.jpg


<丸彫庚申塔>

 参道左手に丸彫庚申塔、宝永5(1708)年。
 角柱の上に邪鬼と三猿の台座、さらにその上に丸彫青面金剛像。

DSCN0045_20240113214640026.jpg

DSCN0080_20240113214640de9.jpg


<馬頭観世音>

 明治時代(明治40年、明治28年、明治41年)の馬頭観音が、庚申塔の右手に三基並んでいます。

DSCN0044_20240113214643703.jpg


<庚申塔>

 馬頭観音の紀年を確認しようと横を見ると、裏手に三猿が刻まれた庚申塔の台座がありました。丸彫青面金剛像が乗っていたものと思われます。

DSCN0079_20240113214828c9e.jpg

DSCN0078_202401132148319c4.jpg


<六地蔵>

 お地蔵さんは、マフラーを巻いています。

DSCN0039_2024011321483149a.jpg

DSCN0039b.jpg


<沼影観音堂のイヌマキ> さいたま市天然記念物

DSCN0038_20240113215022c05.jpg

DSCN0085_20240113215019064.jpg

(説明板)
「浦和市指定天然記念物
 沼影観音堂のイヌマキ 一株
   平成五年三月二十五日指定
 この観音堂は、永正四年(一五○七)の古文書にその名がある仏堂で、本尊の聖観音菩薩立像は、鎌倉時代初期の彫刻です。
 このイヌマキは、目通り幹回り一・四六、根回り二・五○メートル、高さ約一五メートルです。庭木として植えられたものですが、特に損傷もなく、自然の発育を遂げた木です。古木ですが、なお樹勢は旺盛です。
 イヌマキ(Podocarpus macrophylla D.Don)は、マキ科の常緑高木で、本州の房総半島・若狭湾以西、四国、九州地方に広く分布し、特に太平洋沿岸の暖帯林の中によく見られます。また庭木や生垣として植栽されています。なお、イヌマキは、雌雄異株で、この木は、雌株であり、秋に実が熟します。
 この木は、イヌマキとしては、かなりの古木に属し、保存価値が高いと言えます。
  平成五年十二月  浦和市教育委員会 観栄会」

DSCN0077_20240113215022084.jpg


<いぼ地蔵堂>

 「奉納 明治三十九年四月 地蔵尊」

DSCN0065_2024011321520376c.jpg

DSCN0075_20240113215206bce.jpg

DSCN0076_20240113215206635.jpg


<手水鉢>

 参道右手に手水鉢。

DSCN0047_2024011321535827b.jpg


<石塔群>

 参道右手に石塔群が三列に並んでいます。

DSCN0048_20240113215452f46.jpg

 真中の列の右から2番目 正観音菩薩立像、元禄10(1697)年。
DSCN0064_202401132154550e3.jpg

 萬中の突き当り、馬頭観世音菩薩、弘化5(1848)年。
DSCN0049_202401132157266fb.jpg

 その右、敷石供養塔道標、安永4(1775)年。
DSCN0088_2024011321572931d.jpg

 三列目、「弘法大師」。
DSCN0058_20240113220428ecd.jpg

 左側面「伊豫國八坂寺移 第四十七番 沼影村遍照院」
DSCN0060_20240113220431cec.jpg

 右側面に、天保5(1834)年の紀年。
DSCN0059_20240113220431378.jpg


<出羽三山供養塔>

 三列目。出羽三山等供養塔で、弘法大師霊場札所碑も兼ねています。
DSCN0061_2024011322095635a.jpg

 正面「月山 湯殿山 羽黒山 坂東 西國 秩父 供養塔」
DSCN0055_20240113220959921.jpg

 左側面「足立群坂東十二番 正觀世音」「沼影村 廣田寺」
DSCN0053_202401132209590f2.jpg

DSCN0086_202401132211328b0.jpg

 右側面に、天保6(1835)年の紀年。
DSCN0087_202401132211359b4.jpg


<庚申塔道標>

 三列目奥、庚申文字塔、両側面が道標となっています。
 正面「庚申塔」
DSCN0050_20240113221316a96.jpg

 左側面「西 あきかせ ひきまた」
DSCN0056_2024011322131966d.jpg

 右側面「東 〜らハ 〜ひ」
DSCN0057_20240113221319197.jpg


<宝篋印塔>

  宝永7(1710)年。

DSCN0062_20240113221322ba1.jpg

DSCN0063_20240113221322e29.jpg


<観音堂/天水桶>

 天水桶「川口町 鋳物師 横山鎌吉 製造」とあります。
 「明治十五年午四月十七日」

DSCN0033_20240113221729515.jpg

DSCN0066_20240113221732685.jpg

DSCN0035_20240113221732453.jpg


<絵馬> さいたま市文化財

 弘化3(1846)年の絵馬で、廣田寺本尊・聖観音の縁起を書き、下にその縁起を説明する聖観音を曳いている絵が描かれています。

DSCN0074_20240113221852c64.jpg

DSCN0073_202401132218553aa.jpg

DSCN0068_20240113221855596.jpg


<厨子> さいたま市文化財

 厨子と左右に閻魔像。

DSCN0070_20240113221858de5.jpg

DSCN0071_20240113221858f19.jpg
   
(説明板)
「沼影観音堂の文化財
広田寺本尊縁起絵馬(有形民俗文化財)一面
  昭和52年3月30日市指定
 スギ板二枚を横にはぎ、額縁をつける。五十五行にわたり広田寺本尊聖観音の縁起を書き、下にそれを説明する絵を描いている。弘化三年(一八四六)三月の作である。
木造聖観音立像(彫刻)一躯
 一木造り、彫眼で像高六〇・三センチメートルである。条帛、天衣をつけ、左手に持蓮華をもつ。なで肩で厚味のある側面など藤原時代の様式を踏襲しているが、鎌倉時代の作と思われる。
沼影観音堂厨子(建造物)一基
 観音堂の本尊聖観音菩薩立像を安置する厨子である。桁行一二六・五センチメートルの一間厨子で円柱が礎盤上に立つ。全体に黒漆が塗られているが、一部に朱漆が残る。
 本式の禅宗様建築になるできのよい厨子であり、江戸時代初期の作と思われる。
  昭和六十一年三月  浦和市教育委員会
  文化財に関する問合せ先ーさいたま市教育委員会文化財保護課」

DSCN0067_20240113222009873.jpg

DSCN0034_20240113222012147.jpg


○かんのん児童遊園

 沼影観音堂敷地内に「かんのん童遊園」があります。

DSCN0084_202401132222467cf.jpg

DSCN0091_20240113222249d74.jpg


○沼影自治会館 さいたま市南区沼影1-6-29

 沼影観音堂の奥に「沼影自治会館」があり、敷地内左手に「庚申塔」、右手に「三峰神社」があります。

DSCN0090_202401132222494ed.jpg

DSCN0089_20240113222252eb7.jpg


<祠>

 沼影自治会館手前左手の祠です。
DSCN0028_20240113222412b2f.jpg

 祠内に元禄14(1701)年銘の七仏を主尊とする庚申塔が納められています。
 下部は三猿ではなく、中央に猿とその左右に獅子です。
DSCN0029_20240113222414b09.jpg

DSCN0030_20240113222414cb8.jpg

<足立百不動尊霊場札所碑>

 祠の左手に「足立百不動尊霊場」の札所碑があります。
 「足立六十八番 大聖不動」
 廃寺となった遍照院から移された札所碑のようです。

DSCN0032_20240113222417230.jpg


<三峰神社>

 鳥居と祠の間には、斜めになった木が参道を塞いでいます。

DSCN0025_20240113222755069.jpg

DSCN0027_20240113222758ced.jpg

 明治34年銘の遷宮記念碑があります。
DSCN0026_20240113222758e32.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山足立百不動尊霊場

南平野の稲荷神社と西福寺

○南平野の稲荷神社 さいたま市岩槻区南平野1-33-5

 元荒川に架かる岩槻橋の上流に「稲荷神社」と「西福寺」はあります。

<元荒川>

 のどかな光景です。

DSCN3155_20231204131241360.jpg


<興農事業完成記念碑>

 「興農事業完成記念碑」は、新和飛行場(越ケ谷陸軍飛行場)の滑走路のコンクリート片を利用して造立されています。

DSCN3153_20231204131246e2b.jpg

DSCN3153b.jpg


<参道入口>

 岩槻市設置の説明板と、宮司設置の説明板があります。

DSCN3099_202312041314309ba.jpg

DSCN3100_20231204131433a37.jpg

DSCN3101_202312041314339fd.jpg


<参道>

DSCN3150_20231204131513acd.jpg

DSCN3097_20231204131515259.jpg

DSCN3102_20231204131518a83.jpg


【境内社】

 境内社をしっかりと把握され説明板を設置しているのは素晴らしいです。高鳥天満宮 戸隠神社 榛名神社 三峯神社 秋葉神社 石尊大権現 大山阿夫利神社 浅間神社 とあります。

DSCN3103_20231204131711471.jpg

DSCN3104_2023120413171357f.jpg

DSCN3110_20231204131714f2d.jpg

DSCN3115_202312041317163b0.jpg

DSCN3116_20231204131718802.jpg

DSCN3117_202312041317189a4.jpg


<拝殿/本殿>

 西福寺から拝殿へ向かう石畳の参道もあります。

DSCN3133_202312041320113f0.jpg

DSCN3105_20231204132013b7e.jpg

DSCN3106_20231204132014855.jpg

DSCN3109_202312041320178af.jpg

 真っ赤な本殿です。

DSCN3156_20231204132121601.jpg

DSCN3157_20231204132123ee4.jpg

DSCN3158_20231204132123a8d.jpg


<日露戦役紀念碑>

 明治39年10月の建立です。

DSCN3111_20231204132242175.jpg

DSCN3114_20231204132245df0.jpg


<力石>

 日露戦役碑裏
DSCN3112_20231204132347100.jpg

 富士塚下
DSCN3165_20231204132349a27.jpg


<富士塚>

 丸岩講による明治13(1880)年9月の築造です。

DSCN3126_202312041325407a0.jpg

DSCN3121_20231204132543f09.jpg

DSCN3122_2023120413254366f.jpg

DSCN3123_202312041325460ca.jpg

DSCN3118_2023120413254638e.jpg

 山頂からは庚申塔群がズラリと並んでいるのが見えます。

DSCN3124_20231204132547f15.jpg


<庚申塔等群>

 さいたま市のサイト(こちら)では、稲荷神社の境内に「富士塚や庚申塔などがあり」と紹介しています。説明板「庚申塔」も稲荷神社が建てています。
 一方、庚申塔群は西福寺に向いて建っており、岡山大学の道標のデータベース(こちら)では西福寺で整理されています。道標の内容はこちらを参照しました。

DSCN3093_20231204132944536.jpg

DSCN3120_20231204132946e58.jpg

DSCN3162_20231204132947cab.jpg

DSCN3094_202312041329505b5.jpg

<出羽三山供養塔>

 前列ほぼ中央に文政3(1820)年銘の出羽三山供養塔があります。

 (正面)「月山 湯殿山 羽黒山 三社大権現供養塔」
DSCN3086_20231204133121218.jpg

DSCN3091_2023120413312498b.jpg

DSCN3092_20231204133124110.jpg

 (左側面) 紀年が刻まれています。
DSCN3088_20231204133221797.jpg

 (右側面)「天下泰平」「五穀成就」「平野村」
DSCN3089_20231204133223b47.jpg

DSCN3090_202312041332261ce.jpg

<庚申塔>

・前列左から3番目に寛政12(1800)年銘の庚申塔。
DSCN3131_20231204133343eb3.jpg

 後列左から順に、
・馬頭観世音碑
・庚申塔道標 弘化2(1845)年
 (台石正面右)「此方/志"おんじ道」 (同中央)「向 かす可へ道」 (同左)「此方/い王つき道」
・普門品供養塔道標 文政6(1823)年
 (右面)「かす可べ道」 (左面)「ぢおんじ道」 正面「奉讀誦普門品一万巻供養塔」
・庚申塔 文化9(1812)年
DSCN3132_20231204133345f75.jpg

 前列7番目から右へ順に、
・庚申塔 元禄4(1691)年
・庚申塔 明和5(1768)年
・庚申塔道標 文政11(1828)年
 (右面左)「此方 かす可べ道」
 (左面右)「東 こし可"や道」、(同左)「西 かうのす道」
DSCN3130_20231204133514f08.jpg

 続いて、
・庚申塔道標 安政5(1858)年
 (右面左端)「左 加す可べ道」(粕壁)
 (左面右端)「向 古しかやミち」 (同左端)「右 志"おんじ道」
・出羽三山供養塔 文政3(1820)年
・庚申塔「猿田彦大神」 文政6(1823)年
DSCN3129_20231204133516a36.jpg

 さらに
・庚申塔「青面金剛」 享和4(1804)年
・聖観音像道標 安永3(1774)年
  像下に「奉納 秩父 西國 坂東 百箇所供養塔」と陰刻
 (右面中央)「此方 志"おんじ道」
 (左面下部右)「南 古し可"や道」(越谷)、(同左)「北 こうの春道」(鴻巣)
・庚申塔
DSCN3128_2023120413385836f.jpg

 最後
・庚申塔 安永5(1776)年
・庚申塔 享保8(1723)年
・庚申塔 享保14(1729)年
DSCN3127_2023120413390037c.jpg


○西福寺 岩槻区南平野1-33

<寺号標/参道>

 寺号標「真言宗智山派 岩平山西福寺」

DSCN3085_202312041342294ec.jpg

DSCN3147_20231204134232f93.jpg


<六地蔵>

 参道左手の墓地に「六地蔵」
DSCN3148_20231204134232ca1.jpg

 右手の墓地に「子育て地蔵菩薩」。
DSCN3137_202312041342356b3.jpg


<地蔵菩薩像道標>

 参道左手の寛保3(1743)年銘の丸彫の地蔵菩薩像を載せた道標です。

 (台石正面右)「南 はとがや江 四里 右 こしがや江 三里」
 (台石正面左)「左 志"おんし江 廿六丁/かうの須江 五里半」
 (※読めないので資料による)

DSCN3145_2023120413451429c.jpg


<宝篋印塔>

 寛保2(1742)年銘の宝篋印塔です。

DSCN3146_20231204134516318.jpg


<弘法大師像>

DSCN3152_202312041346144d4.jpg

DSCN3138_202312041346170da.jpg


<開山堂>

 参道左手の開山堂です。堂内には地蔵菩薩が陽刻された石塔が納められています。
DSCN3139_202312041347172de.jpg

 石塔前左手の石仏は童女とあるので墓石のようで、右手には草履の石像。
DSCN3140_20231204134720ec8.jpg

 開山堂前では掃除小僧が掃き清めています。
DSCN3141_20231204134720bc8.jpg


<厄除観音>

DSCN3143_20231204134723b9a.jpg

DSCN3144_20231204134723da8.jpg


<本堂>

 本堂正面に続く表参道の他、稲荷神社からの鐘楼横を通る参道もあります。
 奈良の唐招提寺を模した本堂で平成25(2013)年に落慶しています。

DSCN3151_20231204135351b80.jpg

DSCN3149_20231204135348043.jpg

DSCN3134_2023120413535153e.jpg

DSCN3142_20231204135353708.jpg

DSCN3135_20231204135354e8b.jpg

DSCN3136_202312041353568aa.jpg

 本堂脇から裏手の公園に通り抜けることができます。
DSCN3164_20231204135359ce1.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山富士塚戦役紀念碑力石岩槻

日月社(さいたま市南区)

○日月社 さいたま市南区鹿手袋7-13-9

 「大日要貴命」と「月夜見命」をお祀りしているようです。「日待」と「月待」の信仰です。

DSCN4914_20220927222238feb.jpg

DSCN4915_202209272222419a2.jpg

DSCN4933_20220927222318d16.jpg

DSCN4916_202209272223190a4.jpg


<鰐口>

 社前に掛かる鰐口に「天保八年三月奉納日月神」と刻まれているようですが、表からも見ても裏から見ても読めません。

DSCN4924_20220927222410cfa.jpg

DSCN4919_20220927222413bf4.jpg

DSCN4921_20220927222413e6b.jpg


<社額>

DSCN4923_20220927222506a65.jpg

DSCN4922_20220927222509607.jpg


<出羽三山供養塔>

 天保9(1838)年銘の出羽三山供養塔があります。

 (正面)
  「月山湯殿山羽黒山 坂東西國秩父 供養塔」

 (右側面)
  「武州足立郡與野領鹿手袋村
   願主 田口又右衛門」

DSCN4928_2022092722262642e.jpg

DSCN4932_20220927222629091.jpg

DSCN4930_202209272226295af.jpg

DSCN4925_20220927222700de3.jpg

DSCN4927_20220927222703413.jpg


<力石>

 「日月社改築記念碑」の裏、社殿脇に「力石」があります。

DSCN4934_20220927222805426.jpg

DSCN4918_2022092722280800b.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山力石

真福寺(さいたま市南区)

○真福寺 さいたま市南区別所2-5-14

 「足立百不動尊」の第69番です。

DSCN4879_202209272207555bc.jpg

DSCN4912_2022092722075882b.jpg

DSCN4906.jpg

DSCN4907_20220927220831054.jpg

DSCN4910_20220927220835928.jpg


<六地蔵六面石幢>
 
 本堂前の六地蔵六面石幢です。保存状態が良いですね。

DSCN4908_20220927221010028.jpg

DSCN4909_202209272210139d5.jpg


<墓地>

 山門前の墓地入口に逆さイチョウの案内があります。

DSCN4913.jpg


<六地蔵>

DSCN4882_20220927221117cc0.jpg


<阿弥陀三尊種子板石塔婆> さいたま市文化財

 正和3(1314)年銘の阿弥陀三尊種子板石塔婆です。

DSCN4895_20220927221316662.jpg

DSCN4902_2022092722131957f.jpg

DSCN4900_202209272213198c9.jpg

DSCN4901_20220927221322786.jpg


(説明板)
「さいたま市指定有形文化財(歴史資料)
阿弥陀三尊種子板石塔婆 一基  昭和三十六年三月三十一日指定
  規模 高さ 一六八・○cm
     上幅  四三・一cm
     下幅  四四・五cm
     厚さ   五・五cm
 板石塔婆は鎌倉時代から室町時代にかけて墓塔、供養塔などとして建てられたもので、板碑、青石塔婆ともいわれます。秩父に産する緑泥片岩など、石材に恵まれている埼玉県付近には特に多く見られます。
 この板石塔婆は、上部中央に荘厳体の阿弥陀種子「キリーク」を刻み、その下には脇侍の観音菩薩種子「サ」、勢至菩薩種子「サク」が配されています。
 下部中央には「右志者為往生極楽及至法界平等利益也」「正和三年甲寅閏三月十六日」(一三一四)、その左右に梵字の光明真言、そしてその下四行にわたり「諸悪莫作 諸善奉行 自浄其意 是諸仏教」の七仏通戒偈が刻まれています。
 規模も大きく、鎌倉時代後期の典型的な板石塔婆としてきわめて保存価値が高いといえます。
  平成十六年八月  さいたま市教育委員会」

DSCN4896_202209272214452c2.jpg


<真福寺のイチョウ> さいたま市天然記念物

 多くの気根が垂れ下っています。気根が垂れ下るイチョウは、鬼子母神堂(雑司が谷)や正覚院(花畑)、品川寺にもありました。

DSCN4905_20220927221648d71.jpg

DSCN4890_202209272216510b4.jpg

DSCN4903_20220927221651ac8.jpg

DSCN4904_20220927221653406.jpg

DSCN4891_20220927221813842.jpg

DSCN4892.jpg

(説明板)
「さいたま市指定天然記念物
真福寺のイチョウ  昭和三十三年三月三十一日指定
 イチョウ(Ginko biroba L.)は、中国原産で街路樹や庭木として広く植えられている落葉樹です。
 このイチョウは台地の先端にあり、高さ十八・五メートル、幹回り五・八メートルもあります(指定時)。県内でも有数の大イチョウの雄樹で、樹勢は極めてよく、樹齢は数百年を経ていると思われます。
 また、このイチョウは「逆さイチョウ」の伝説が残されています。昔々台地の下が海だった頃、船をつなぐ杭としてイチョウの木杭を逆さに打ち込んでおいたところ、その杭が根づき枝葉を出したといわれます。
  平成十五年十二月
  宗教法人 真福寺
  さいたま市教育委員会」

DSCN4881_20220927221901ecf.jpg


<出羽三山供養塔>

 天保5(1834)年銘の出羽三山供養塔です。

 (正面) 「月山湯殿山羽黒山 秩父坂東西國 奉納供養塔」「諸國名山 神社佛閣」
 (左側面)「八十八ヶ所土佐國青龍寺写 弘法大師一千年忌 足立郡三十六番 別所村 真福寺」

DSCN4889_20220927222025295.jpg

DSCN4883_2022092722202831a.jpg

DSCN4884_20220927222029df9.jpg

DSCN4885_20220927222031f2d.jpg

DSCN4886_202209272220310d9.jpg

DSCN4887_202209272220337dc.jpg

DSCN4888_202209272220368b1.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山足立百不動尊霊場中山道

萬蔵寺(さいたま市南区)

○萬蔵寺 さいたま市南区辻2-25-18

 参道右手に石塔が建っています。

DSCN4877_20220927215550e35.jpg

DSCN4856_20220927215553623.jpg


<出羽三山供養塔>

 安永3(1774)年銘の出羽三山供養塔です。

(正面) 「月山 湯殿山 羽黒山」
(左側面)「武列足立郡浦和領辻村 講中」
     左側面、右側面には、多くの名前が刻まれています。

DSCN4857_20220927215650e6d.jpg

DSCN4860_20220927215652099.jpg

DSCN4859_20220927215655ac4.jpg

DSCN4862_202209272157217a8.jpg

DSCN4864_20220927215724831.jpg


<庚申塔>

 宝永6(1709)年銘の庚申塔です。

DSCN4865_20220927215915c92.jpg

DSCN4866_2022092721591722b.jpg


<敷石供養塔>

 文政9(1826)年銘の敷石供養塔です。左面「敷石供養」が本来の正面のようです。

DSCN4868_2022092722003397a.jpg

DSCN4870_20220927220036aa9.jpg

DSCN4867_20220927220036568.jpg


<庚申塔道標>

 安政2(1855)年銘の庚申塔道標です。
 (正面右下)「向 うらハ道」
 (左面)  「南 者やせ道」

DSCN4869_2022092722014830b.jpg


<本堂建築記念碑>

DSCN4871_20220927220151e96.jpg


<参拝紀念>

 よくこれだけ霊山に参拝する時間的余裕があったのかと感心します。

DSCN4872_20220927220151df2.jpg


<参道左手>

 馬頭観音が三基並び、二基が続きます。上部が欠けた文化6(1809)年銘の庚申塔と、宝永7(1710)年銘の馬頭観音です。

DSCN4875_202209272204228cf.jpg

DSCN4876_20220927220424bee.jpg

 六地蔵が祀られています。

DSCN4874_20220927220427b53.jpg


<本堂>

DSCN4855_202209272205496a4.jpg

DSCN4878_20220927220552c5b.jpg

DSCN4873_202209272205525ad.jpg

DSCN4911_20220927220555bac.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR