長徳寺(板橋区)

○長徳寺 板橋区大原町40-7 HP

 「豊島八十八ヶ所
  霊場札所
  第十四番 挙一山 長徳寺」

DSCN4755_20220601152459c19.jpg

DSCN4760_20220601152502c72.jpg

DSCN4756_20220601152500cac.jpg

DSCN4759_202206011525037a7.jpg


(説明板)
「長徳寺
 宗派は真言宗豊山派で、挙一山遍照院長徳寺と号し、ご本尊は不動明王です。
 鎌倉時代初期に中興開山されたと伝えられていますが、いくどか火災にあっているので、江戸時代初期以前のことはよくわかりません。江戸時代後期に書かれた新編武蔵風土記稿には、寛保三(一七四三)年に鋳造された鐘があったことが記されています。また、かつては大日如来像がご本尊で、子育大日尊として信仰を集めていました。しかし、これらは昭和二十年四月十三日の空襲によって、本堂とともに焼失してしまいました。
 当寺には、区内で一、二を競う古い仏像があります。平安時代末につくられたもので、平泉の中尊寺に由来すると伝えられる阿弥陀如来の木像です。戦後の再建時に受け入れられました。この仏像は平成四年度に板橋区の有形文化財指定されています。
  平成十四年三月  板橋区教育委員会」

DSCN4758_202206011526280c8.jpg


 山門入り、すぐ右手に石塔が並んでいます。

<馬頭観音主尊庚申塔>

 宝永7(1710)年銘の馬頭観音を主尊とする庚申塔です。
 「奉造立馬頭明王庚申講中」
 「為二世安樂也」

DSCN4767_20220601152737ec0.jpg


<三基の石塔>

 庚申塔の後ろの三基の石塔です。一番左に天明2(1782)年銘の庚申塔です。

DSCN4768_20220601152840d10.jpg

DSCN4769.jpg


<善光寺如来>

 文化6(1809)年銘の善光寺如来です。

DSCN4766_20220601152931827.jpg


<秩父西國坂東 供養塔>

 正面に如意輪観音坐像と「秩父西國坂東 供養塔」と刻まれています。

DSCN4765_202206011530110d7.jpg


<六字名号塔>

 道標を兼ねています。
 正面中央「南無阿弥陀佛六部供養」
 正面両脇「左 千住道 右 川口善光寺道」

DSCN4764_202206011530561a3.jpg


<庚申塔>

 天保11(1840)年銘の庚申塔です。主尊は馬頭観世音です。
 台石「前野村講中」

DSCN4763_202206011531360bf.jpg


<敷石供養塔>

 大正12(1923)年銘の敷石供養塔です。
 正面「敷石四十枚」

DSCN4762_20220601153216228.jpg


<馬頭観世音碑2基>

 左は文化5(1808)年銘の馬頭観世音菩薩で道標を兼ねています。
 左面「是与り 大日道 祢里まみち」
 右は大正15(1926)年銘の馬頭観世音です。

DSCN4761_20220601153308167.jpg

DSCN4772_202206011533093c6.jpg

DSCN4771_20220601153311df4.jpg


<参道脇石塔>

DSCN4773_202206011534031a0.jpg

DSCN4774_20220601153405ebd.jpg


<出羽三山供養塔>

 文政8(1825)年銘の出羽三山供養塔です。
 上に乗っている弘法大師座像は、裏に昭和34(1959)年の銘があります。
 「月山 湯殿山 羽黒山 秩父 西國 坂東 四國 八十八所供養」

DSCN4776_20220601153541a5a.jpg

DSCN4775_202206011535420c2.jpg

DSCN4779_20220601153543572.jpg

DSCN4781_20220601153545c6d.jpg

 右側面「為先祖代々有無両縁精霊菩提也」

DSCN4782_2022060115354690e.jpg
  
 左側面「文政八〜 武州豊嶋郡前埜村 施主〜」

DSCN4777_20220601153702211.jpg

DSCN4778_20220601153703dd1.jpg


<弁財天>

 文化2(1805)年銘の弁財天です。

DSCN4785_20220601153846172.jpg

DSCN4786_2022060115384737d.jpg

DSCN4803_20220601153848dfa.jpg


<大日如来像>

 寛文11(1671)年銘の大日如来像です。
 左「天下泰平國土安全」右「奉造立大日尊像」

DSCN4787_202206011539523fe.jpg

DSCN4802_20220601153954385.jpg

DSCN4801_20220601153955c67.jpg

DSCN4800_202206011539573ef.jpg


<他>

DSCN4788_202206011540554ab.jpg

DSCN4789_20220601154056830.jpg

DSCN4790_20220601154058474.jpg


<六十六部供養塔>

DSCN4791_20220601154145807.jpg


<力石>

 力石が五基、整然と置かれています。右手に「紀念」と刻まれた石も、力石でしょうか。

DSCN4796_20220601154251913.jpg

DSCN4798_20220601154253630.jpg

DSCN4797_20220601154254ccf.jpg

DSCN4799_20220601154256870.jpg


<本堂>

DSCN4792_20220601154402445.jpg

DSCN4794_20220601154404118.jpg

DSCN4795_20220601154405bfb.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山力石

徳丸出羽三山神社/徳丸北野神社

○徳丸出羽三山神社 板橋区徳丸6-34-3徳丸北野神社

 出羽三山神社は、徳丸出羽三山講がお守りするお社です。今でも出羽三山の勝木坊さんに宿泊して、月山・羽黒山・湯殿山に登拝しています。(徳丸北野神社HP説明より)
 福島や栃木でよく見る単独の「湯殿山碑」があります。また、荒沢不動明王が祀られています。
 徳丸出羽三山神社の例祭は4月8日で、都内だと同じ4月8日に梵天祭りがあります(足立辰沼)。

DSCN0293.jpg

DSCN0258.jpg

DSCN0257.jpg

・「月山 湯殿山 羽黒山」門前
DSCN0259.jpg

・「當山供養塔」門前右
DSCN0260.jpg

DSCN0261.jpg

・「湯殿山」左手前
DSCN0276.jpg

DSCN0265.jpg

・「不動明王座像」左奥
DSCN0266.jpg

・「線刻不動」左
DSCN0267.jpg

DSCN0268.jpg

・「祠」中央
DSCN0262.jpg

・「荒澤不動明王」右奥
DSCN0269.jpg

・「月山 湯殿山 羽黒山 三祓聖霊」右手前
DSCN0271.jpg

DSCN0273.jpg


<天王神社>

 出羽三山神社の隣です。
DSCN0275.jpg


○徳丸北野神社 板橋区徳丸6-34-3 HP

 江戸期には徳丸本村の鎮守社です。

DSCN0277.jpg

DSCN0256.jpg

DSCN0255.jpg


<田遊び>  国重要無形文化財、板橋十景

(説明板)
「北野神社と無形民俗文化財「田遊び」
 長徳元(九九五)年京都北野神社より勧請する。道真公は平安朝時代の学者で右大臣に任ぜられ、のち藤原時平の嫉にあい九州の太宰府に流されてその地にて没す。没後は天神とあがめられ、学問、能筆の守り神として庶民の間に崇敬をあつめている。
 無形文化財「田遊び」は、毎年二月十一日夜間、五穀豊穣を祈願して行なわれる。この夜地の神を招き、農家一年間の行事を所作と唄で表わす古い形を残した祭りである。
 また、毎年五月には獅子舞が行なわれ、悪疫の退散と子供の無事生長が祈願される。
 平成三年三月  板橋区教育委員会」

DSCN0279.jpg

DSCN0278.jpg

DSCN0286.jpg


<水盤>

 「梅鉢」の紋が刻まれています。
  
DSCN0292.jpg


<徳丸富士塚>

 麓に「小御岳 石尊大権現碑」
 山頂に「浅間神社」

DSCN0289.jpg

DSCN0290.jpg


<撫牛>

DSCN0281.jpg

DSCN0283.jpg

DSCN0282.jpg


<狛犬>

DSCN0288.jpg

DSCN0287.jpg


<拝殿/本殿>

DSCN0280.jpg

DSCN0285.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山富士塚荒沢不動明王国重要文化財板橋十景

出羽三山供養塔@南蔵院

〇南蔵院 板橋区蓮沼町48-8

 出羽三山供養塔3基とも、座像のお頭は修復されています。久しぶりに立派な供養塔を見ました。

DSCN0044.jpg

DSCN0046.jpg

DSCN0069.jpg

DSCN0070.jpg

「南蔵院のしだれ桜」は板橋十景に選定されています。
DSCN0059.jpg


<出羽三山供養塔>

(説明板抜粋)
「また、安永六年(1777)と文化元年(1804)に建立された南蔵院石造出羽三山供養塔の台座には、蓮沼村・小豆沢村の講員七〇名の氏名と房号が刻まれており、当該期の出羽三山講の様子を知る貴重な資料となっています。これらは、区の有形民俗文化財に登録されています。
  平成二十三年三月   板橋区教育委員会 」

DSCN0067.jpg

DSCN0050_2020031316193119f.jpg

DSCN0047.jpg

DSCN0048.jpg

右:月山供養塔 文化元(1804)年。
  塔の上には阿弥陀如来坐像。

DSCN0051.jpg

DSCN0064.jpg

中:月山 湯殿山 羽黒山 供養取願成就所
   安永6(1777)年。
   塔の上には大日如来坐像。

DSCN0062.jpg

DSCN0063.jpg

左:羽黒山諸願成就 文化元(1804)年。
   塔の上は聖観音菩薩坐像。

DSCN0053.jpg

DSCN0065.jpg


<馬頭観音>
 笠付の三面馬頭観音。
 「武州豊嶋郡蓮沼村庚申講 正徳三年癸巳」正徳3(1713)年。

DSCN0068.jpg

<庚申塔>
 延宝8(1680)年9月の立派な庚申塔があります。

DSCN0071.jpg

DSCN0072_20200313164922ca2.jpg

<庚申地蔵>(板橋区登録有形民俗文化財)
 当像は、承応2年(1653)に蓮沼村の庚申講中の十人によって建立された、板橋区内で現在確認されている203基の庚申塔の中でも二番目に古いものです。(板橋区教育委員会HPより)

DSCN0058.jpg

<地蔵堂>
 地蔵堂(はいた地蔵)。御本尊は地蔵菩薩。俗に歯の痛みが治る「はいた地蔵」と称されてます。

DSCN0061.jpg

DSCN0060.jpg

<不動堂>
DSCN0055.jpg

DSCN0054.jpg

<本堂>
DSCN0056.jpg

DSCN0057.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山板橋十景

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR