諏訪神社(赤羽北)

○諏訪神社 北区赤羽北3-1-2 HP

 応永3(1396)年に、真頂院の第一世秀善和尚が信州諏訪大社より勧請したとされます。

<参道>

 東からの階段参道と鳥居、南からの鳥居と参道があります。

DSCN6351_20230416150850cfb.jpg

DSCN6367_2023041615085348c.jpg

DSCN6399_20230416150856649.jpg


<由緒>

(掲示)
「東京都北区赤羽北三丁目鎮座
 諏訪神社
 祭神 建御名方命
  由緒
 当社は、別当寺であった真頂院の寺伝によれば、応永参年(一三九六年)九月同院第一世秀善和尚が創立したものと伝えられております。かって社前に袂杉と呼ばれた名木があり、この神社の神木となっていました。これはいつの頃か真頂院の和尚が諏訪(長野県)から両方の袂に入れて持って来た杉苗をこの神社の前と後に植えたものゝうちの前のものと伝えられています。
 現在この切株が本殿の裏に移されて残っています。
 新篇武蔵風土記稿には、この神社の末社に丸山権現と山王社があり、丸山権現がかっての袋村の鎮守で後にこの神社に改められた事や、山王社の傍の石碑(山王権現の石碑)寛政拾貮年(一八○○年)建立に建久五年(一一九四年)勧請と彫られているが、その出所は不明であることが記されています。
  昭和五拾七年八月貮拾貮日」

DSCN6352_2023041615092363e.jpg

(説明板)
「諏訪神社  北区赤羽北三ー一ー二
 祭神は建御名方命です。別当寺であった真頂院(足立郡川口宿錫杖寺末寺)の寺伝によれば、応永三年(一三九六)九月、同院第一世秀善和尚が創立したものだそうです。末社には、稲荷神社二社、八幡神社、須賀神社、白山神社、猿田彦神社があり、それぞれ、宇迦之御魂命、品陀和氣命(応神天皇)、須佐之男命、伊邪那岐命、猿田彦命を祀っています。
 『新篇武蔵風土記稿』には、神社の末社である丸山権現がかつての袋村の鎮守で、後にこの諏訪神社に改められたことが記されています。
 かつて社前には、袂杉と呼ばれた名木があり、神社の御神木にもなっていました。これは、真頂院の和尚が、諏訪(長野県)から両方の袂に入れて持ち帰り、神社の前後に植えた杉苗の内の一つでした。
 現在御神木の切株は、本殿の裏に移され、残っています。
  平成十四年十月  東京都北区教育委員会」

DSCN6370_2023041615104939c.jpg


<神楽殿>

DSCN6368_202304161510517bb.jpg

DSCN6398_2023041615105100b.jpg


<伊勢太々御神楽紀念碑>

 「伊勢太々御神楽 紀念碑 明治四十二年三月二十八日」

DSCN6375_20230416153706cd6.jpg


【石塔】

 東鳥居から入って左手、南鳥居から入って右手に石塔が並んでいます。

DSCN6400_2023041615133994c.jpg

DSCN6353_20230416151155f09.jpg

DSCN6355_20230416151158f9f.jpg


「村上講 冨士登山記念碑」

 「村上講 冨士登山記念碑」、昭和5(1930)年の建碑です。

DSCN6354_20230416151200196.jpg


「庚申文字塔/道標」

 角柱型の庚申文字塔です。天保13(1842)年6月の造立です。
 (正面) 「庚申(塔)」
 (正面左)「東 岩渕宿渡舩塲…」
 (左側面)「南 野みち」
 (右側面)「北 當村かし…」
 (裏面) 「西 中山道 志村…」

DSCN6356_20230416151334ef3.jpg

DSCN6357_20230416151335841.jpg

DSCN6358_20230416151336a9d.jpg


「駒型庚申塔/道標」

 安永7(1778)年9月造立の庚申塔です。
 (正面) 青面金剛立像
 (左側面)「是より 東 川口わたし場 十八丁 豊嶋郡袋村講中」

DSCN6359_2023041615150306d.jpg

DSCN6365_20230416151505d7f.jpg


「回国供養塔」

 明和2(1765)年造立の供養塔です。

DSCN6360_20230416151603a1d.jpg


「八日講碑」

 「八日講諸願成就」とあります。宝暦7(1757)年2月の造立です。

DSCN6361_20230416151607874.jpg

DSCN6362_20230416151610d06.jpg


「石坂供養塔」

 天保7(1836)年の造立の敷石供養塔です。

DSCN6364_20230416151727748.jpg


「武州御嶽山」

 「武州御嶽山」「大々神楽記念碑」とあります。昭和35(1960)年の造立です。

DSCN6366_202304161517302a6.jpg


<社殿/本殿>

 狛犬は「大正二年五月建氏子中」です。
 拝殿に「諏訪神社」の扁額、拝殿内に「諏訪大明神」の扁額が掲げられています。

DSCN6369_20230416151909ed0.jpg

DSCN6391_2023041615191113f.jpg

DSCN6392_20230416151913544.jpg

DSCN6397_20230416151917f05.jpg

DSCN6393_20230416151917a92.jpg

DSCN6394_20230416151917dc1.jpg


<補完水準点>

 社殿左手に、「几号」が刻まれた補完水準点があります。

DSCN6389_20230416152138390.jpg

DSCN6384_20230416152140263.jpg

DSCN6383_20230416152142c85.jpg

DSCN6380_20230416152146c1a.jpg

DSCN6381_20230416152146126.jpg

DSCN6382_20230416152147071.jpg

(説明板)
「諏訪神社境内の水準点
 諏訪神社境内には、標石型の水準点が設置されています。明治九年以来、内務省は国土の測量のため、水準点の設置をおこなってきました。
 水準点とは、水準測量を行う際に基準とする点です。境内の水準点標石をよく見ると、それぞれの面に「内務省」「昭和五年」「荒川」「不B.M.1」と刻まれているのが判ります。「不」の字に見えるマークは「几(き)号」といって「不」の字の横棒が標高を表します。「B.M.」とは、水準点を表す英語「ベンチマーク」の頭文字で、そのあとの1は1号を表し、「荒川1号水準点」という意味合いになります。実はこの水準点は、それまでに内務省が設置した荒川筋の水準点を補完する目的で、昭和五年に新たに荒川筋に設置された十五ヶ所(内二ヶ所は入間川筋に設置)の水準点の一つです。記録によれば、諏訪神社境内の基準点を1号とし、荒川の上流方向に向かって水準点の設置が行われています。」

DSCN6385_202304161521508fc.jpg


<袂杉(たもとすぎ)>

 社殿裏手の樹林に、切株が残されています。

DSCN6388_20230416152341c79.jpg

(説明板)
「旧御神木の袂杉(たもとすぎ)
正面奥にある、鉄板を鍋状にした覆いが取り付けてある切り株が、旧御神木の袂杉です。当神社の創立者である真頂院第一世秀善和尚が出身地の諏訪から二本の杉苗えを着物の袂に入れて持参し、社殿の前後に一本ずつ植えたそうです。一本は早くに枯れてしまい。残りの一本は御神木として境内に残りましたがやはり傷みが激しく、昭和三十六年八月十五日に、地上一七○センチの所で伐られました。この切り株は、直径が約一三三センチあり、切り株の断面が腐らないように覆いがされ、現在の場所に移されました。」

DSCN6379_20230416152343ed6.jpg

<巨石>

DSCN6387_202304161523441a6.jpg


<掲揚台>

 社殿右手に掲揚台があります。

DSCN6374_20230416152603c0f.jpg


<明治三十七八年戦役紀念碑>

 掲揚台の右手に日露戦役紀念碑があります。

DSCN6373_20230416152606356.jpg


【境内末社】

 社殿右手にある境内末社です。

DSCN6372_20230416152713b57.jpg

DSCN6401.jpg

 合殿「須賀神社」「稲荷神社」「第六天神社」「稲荷神社」「八幡神社」
DSCN6376_20230416152717298.jpg

 「猿田彦神社」
DSCN6377_202304161527180bd.jpg

 「白山神社」
DSCN6378_2023041615272046c.jpg
   
「猿田彦大神」
  明治11年(1878)4月、「村講中」による造立です。

DSCN6402_2023041615272061d.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 几号水準点戦役紀念碑

八ツ小路 筋違門跡

○八ツ小路/八ツ広路(やつこうじ) 千代田区神田須田町1丁目

 筋違見附の内側が八ツ広路で、ここから八方に道が通じていたことから八ツ小路、八辻小路の名が付いていました。
 通行量が多く、昼夜を問わず開門していました。火除地には、小菅村に移転するまで飢饉や水害などに備えた籾蔵がありました。

「江戸名所図会 筋違八ツ小路」
 神田川下流に筋違橋、その上流に昌平橋が見えます。神田川沿には、柳が植わっています。八ツ広路は、火除地を兼ねた広場となっています。火の見櫓が見えます。筋違門に向かう行列が見えます。幕府の行事は描いてはいけないので、行列は短く描いて、将軍の寛永寺墓参は描いていませんと主張しているようです。

yatukoji.jpg


「江戸切絵図」
 「昌平橋」と「筋違御門」が見えます。「下谷御成街道」が下谷広小路〜三橋へと続いています。

onarimichi.jpg


「江戸名所道化尽 十一 下谷御成道」(歌川広景)

 下谷御成道の光景です。質屋「佐野屋」が見えます。子どもたちが水鉄砲で遊んでいたら、武士の顔面に鉄砲水がヒットしてしまいました。女性が謝っているようです。

douke11shitaya.jpg


「絵本江戸土産 筋違八ッ小路」(広重)

 堤には柳が連なっています。

ehonyatukoji.jpg


「名所江戸百景 筋違内八ツ小路」(広重)
 筋違御門を入って来た行列が、八ッ小路を横切っています。これを見た瞬間には、将軍の寛永寺への墓参帰りと思ってしまいますが、行列には多くの女性のお付が見えるので、輿の主は女性を主張しているようです。当時は幕府の行事を描くことは禁止されていたので、将軍の行列は描いていませんとの言い訳かもしれません。
 右手には柳原堤、右手奥に神田明神が見えます。

100keiyatukoji.jpg


「江戸風俗十二ヶ月之内 七月七夕筋違見附八辻」(楊洲周延 明治22(1889)年)

 これを見た瞬間には、広重を知っている幕臣が、一応敬意を払って笠をとり、将軍の行列を錦絵に描いてはだめだぞと、これから注意をする場面かと思いました。
 女性に優しく日陰をつくってもらっている杖をついているご老人は、行列は見ないでそっぽを向いており、「行列は見てない、こっちを見ている」と言い訳するつもりでしょう。楊洲周延の作品には登場しない犬が描かれているのも、広重を想起させます。
 楊洲周延は、広重の「名所江戸百景 筋違内八ツ小路」(広重は安政5年に死去、安政4年の作品)を知っているはずですから、「広重さん、当時は将軍の寛永寺墓参帰りの行列を描けなくて残念でしたね」と語っているようです。(以上、直観だけの感想です)
 さて、筋違見附八辻における七夕の光景です。柳原堤の向こう側には、赤い幟が多数ひらめいています。女性は日傘をさし、屋台では白玉水を売っています。暑さが伝わってきます。

yousyuusujitigai.jpg

yousyuusujitigaiup.jpg


「江戸名所道戯尽 三十四 筋違御門うち」(歌川広景)

 筋違御門前の八ツ小路が描かれています。柳原堤と柳も見えます。
 人相見が女性客に天眼鏡をかざしています。子どもはびっくり、通りがかりの人は振り返っています。

douke34sujikai.jpg

 「北斎漫画」(北斎)の「天眼鏡」が元ネタですね。

hokusaitengankagami.jpg


「江戸名所図会 柳原堤」
 太田道灌が、江戸城を造成した際、鬼門の守りのため、土手を築き、水に強い柳の木を植えました。
 神田川下流の浅草御門から八ツ小路までの南岸に築かれたのが柳原堤です。

yanagihara.jpg


「柳原夜雨」(小林清親)
 タイトル名と近景の柳、遠景の消防署から、柳原堤から、江戸時代は火除け地で広場だった八ツ小路を見渡した光景かと思います。あるいは神田川のもう少し下流にこのような広大な広場はあったのでしょうか。

kobayashiyanagihara.jpg


「柳橋夜雨」(井上安治)
 タイトルと内容が違っているような気がします。
 師匠の小林清親と同様に、柳原堤から八ツ小路を見渡した光景ではないでしょうか。

inoueyanagibashi_2022012920485016e.jpg


○筋違門跡 千代田区神田須田町1-25JR神田万世橋ビル

 筋違門跡の現在です。広場にモニュメントが建ち、説明パネルが時代を追って展示されています。路面にも歴史が架かれています。

DSCN1902_202201292050197f6.jpg


<広瀬武夫および杉野杉野孫七兵曹長の銅像>
 GHQの意向を受けて政府から出された通達を受け、東京都では審査委員会設けて検討、この像は戦犯銅像と決定し撤去されています。渡辺長男(広瀬武夫像)と朝倉文夫(杉野杉野孫七兵曹長像)の兄弟での合作でした。

hirosedozo.jpg

hirosedozoup.jpg

「故広瀬海軍中佐及故杉野兵曹長銅像」(京浜所在銅像写真 諏訪堂 明治43年5月)

hirosedouzou.jpg


<筋違門(江戸時代)>
 一番奥の「筋違門」のパネルです。

DSCN1895_202201292056292e0.jpg

DSCN1893_202201292056305db.jpg

DSCN1894_20220129205632438.jpg

DSCN1893a.jpg

DSCN1895b.jpg


<筋違橋見附>(幕末・明治・大正回顧八十年史 東洋文化協会 昭和10年)

suzikaibashimituke.jpg


<旧万世橋駅(明治・大正時代)>

DSCN1898_2022012920592915c.jpg

DSCN1898b.jpg

DSCN1896_20220129205932ba9.jpg

DSCN1897_20220129205933835.jpg


<交通博物館(昭和・平成時代)>

DSCN1899_20220129210053e57.jpg

DSCN1900_20220129210054732.jpg

DSCN1901_20220129210056746.jpg


<万世橋駅のにぎわい>

DSCN1903_20220129210153427.jpg

DSCN1904_20220129210154486.jpg

DSCN1905_20220129210156d47.jpg


「筋違通夜景」(井上安治)
 筋違通の光線画です。
 
inouesuzitigai.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会小林清親井上安治楊洲周延太田道灌神田川歌川広景日光御成道御籾蔵朝倉文夫

上中里西方不動尊

○上中里西方不動尊 北区上中里1-47-34

 蝉坂に面して石段を上がると「上中里西方不動尊」があります。
 右に不動明王像(享保20(1735)年銘)と、左に摩利支天像の石仏を祀っています。

 説明掲示によると、瀧があり行場となっていて、不動明王が置かれていたと考えられるとのこと、また、御嶽行心講の奉納とのこと。

DSCN6567_20210903192627134.jpg

DSCN6572.jpg

DSCN6575_20210903192630515.jpg

DSCN6574_20210903192632258.jpg

DSCN6569.jpg

DSCN6568_20210903192635b0a.jpg


<上中里七福神>

DSCN6576_20210903192636833.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 日光御成道

城官寺

城官寺 北区上中里1-42-8

 「城官寺」は、かつての平塚神社の別当で、寺号は、開祖の山川城官の名を採っています。将軍徳川家光の病を治して信頼を得た山川城官貞久がこの寺に入り、平塚神社ともども再興したとされます。
 山川城官貞久と一族の墓があり、北区指定文化財となっています。また、徳川家の侍医・多紀桂山一族の墓があり、東京都指定史跡となっています。


<江戸名所図会>

 「平塚明神社 鎧塚 別当城官寺」の中で、平塚明神社への参道途中右手に城官寺が描かれています。

hiratukamyoujin.jpg

jyoukanji.jpg


<山門>

 山門にかかげられた山号「平塚山」扁額は、内閣総理大臣田中角栄氏の揮毫です。

DSCN6530_20210903190513f77.jpg

DSCN6529_202109031905159ee.jpg

DSCN7078.jpg

DSCN7074.jpg

DSCN7076.jpg

DSCN7077.jpg

DSCN7075.jpg
    

<寛永寺の奉献石燈籠>

 「奉献石燈籠
  武州東叡山
  大猷院殿尊前
  遠藤備前守
  従五位下平常季」
  郡上藩主、遠藤常友(常季とも名乗った)による慶安5(1652)年4月の奉献です。

DSCN6531_20210903190716286.jpg

DSCN6532_20210903190718dfc.jpg

DSCN6533_202109031907193fa.jpg

DSCN6534_20210903190721a3e.jpg


<地蔵尊>

DSCN6552_20210903190838ec6.jpg


<庚申塔>

 六臂の合掌像です。三猿が2組置かれています。

DSCN6536_20210903190839aa0.jpg

DSCN6536a.jpg


<水盤>

 水盤にくまモンとピカチュウ。

DSCN6538_202109031910054dd.jpg


<本殿>

DSCN7079.jpg

DSCN6537_202109031911170cc.jpg


<山川城官一族墓碑 附 山川家墓碑・記念碑> 北区指定文化財(令和2年6月9日)

DSCN6544_20210903191220e2a.jpg

(説明板)
「北区指定有形文化財(歴史資料)
 山川城官一族墓碑 附 山川家墓碑・記念碑
   北区上中里一ー四十二ー八 城官寺
 山川家は、元は「石亀」姓を名乗っていましたが、初代貞久(生年不明ー寛永二○、城官・藤十郎とも) のときに家名を改めました。
 貞久は、慶長十六年(一六一一)に召されて徳川家光の近習となり、病気で失明して後は検校にまで昇りました。
 鍼術に秀でた医者であり、寛永九年(一六三二)五月には談伴衆となって将軍の身体の健康をみました。
 「大猷院殿御実紀」寛永十一年条には、その特技をいかして家光の病気を癒し、平塚明神ならびに別当城官寺の再興のきっかけをつくったことが記されています。また、「紙本著色平塚明神并別当城官寺縁起絵巻」下巻(北区指定有形文化財)も、平塚明神に立身を祈願した貞久が家光の病気を癒して検校にまで出世したことや、祈願成就を感謝して平塚明神を再興したことなどを伝えています。
 ここ、城官寺には、こうした山川城官貞久とその一族の墓碑八基、および記念碑が、城官寺歴代住職の墓近くに安置されています。貞久の墓碑は、蓮華座の上に、光背をもつ地蔵菩薩立像が彫られた大型のもので、貞久生存中に建てられました。

 ①山川貞久逆修墓碑 山川家初代 寛永十五年(1638)正月
 ②山川貞久後室逆修墓碑 山川貞久後室 慶安四年(1651)七月
 ③山川貞則墓碑 山川家二代 元禄四年(1691)六月
 ④山川貞明墓碑 不詳 寛永五年(1708)六月
 ⑤山川貞清墓碑 山川家三代 正徳二年(1712)正月
 ⑥山川貞胤墓碑 山川家四代 享保十九年(1734)四月
 ⑦山川貞幹墓碑 山川家五代 推定 寛政二年(1790)
 ⑧真光院殿墓碑 不詳 天保四年(1833)

  令和三年三月  北区教育委員会」

 ⑧真光院殿墓碑 ⑤山川貞清墓碑 ③山川貞則墓碑 ②山川貞久後室逆修墓碑
 DSCN6549_20210903191436714.jpg

 ④山川貞明墓碑 ⑦山川貞幹墓碑 ⑥山川貞胤墓碑
 DSCN6550_20210903191437703.jpg
  
 当山開基山川検校城官一族墓
 DSCN6548_20210903191439ec3.jpg

 ①山川貞久逆修墓碑
 DSCN6546_202109031914404b8.jpg

 DSCN6547_202109031914411bf.jpg


<北区説明板>

DSCN6542_20210903191816877.jpg

DSCN6545_20210903191817f47.jpg

DSCN6551_20210903191818dce.jpg

DSCN6543a.jpg


<北区教育委員会文化財指定書>(本堂に掲示)

DSCN6539_20210903191916017.jpg

  
<多紀家墓所 附 金保氏墓 5基>

 現地説明板設置の平成24年から、平成26年に指定の変更が行われているので、東京都ホームページの解説を引用します(振り仮名は省略しました)。説明板と、ほぼ同じです。墓石配置図も掲載されており、わかりやすいです。
 なお、金保元泰墓が池上本門寺にあります(こちらで記載)。

(解説文)
「多紀家墓所は、幕府の奥医師を歴任した多紀氏の墓所です。4代元燕までは兼康姓を名乗っていましたが、5代元孝の時に多紀に改姓しました。以後、6代元悳、10代元佶は法印、5代元孝、7代元簡、8代元胤、9代元昕は法眼に叙せられ、奥医師として徳川吉宗ら将軍の医事を勤めています。多紀氏はまた、5代元孝が創設した躋寿館(後の医学館)で医育事業に取り組んでいます。本家、向柳原多紀家のほかに、7代元簡の5男、元堅が分家し、2代元琰ともに法印となっています。分家は矢の倉多紀家と呼びます。
 多紀家墓所は、5代元孝が墓域南端に明和3年(1766)頃埋葬され、以後の墓石は墓域を反時計回りに、墓域内を囲むように建てられています。矢の倉多紀家は安政5年(1858)に歿した元堅から同墓所に埋葬が始まり、向柳原多紀家の東側に接して墓域を形成しました。歴代の墓石が規則的に配置され、近世医官の墓所としては稀な規模を有しています。」

DSCN7087.jpg

DSCN7082.jpg

DSCN7080.jpg

DSCN7088_20210903192354e9c.jpg

DSCN7086.jpg

DSCN7085.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会史跡奉献石燈籠日光御成道

平塚神社

○平塚神社 北区上中里1-47-1

<社号塔>

 社号塔が3基もあります。「郷社平塚神社」「平塚大明神」「平塚神社」

DSCN6367_2021090318381962f.jpg

DSCN6584_20210903183820296.jpg

DSCN6588_2021090318382104a.jpg

DSCN6583_20210903183823388.jpg


<参道>

 参道は駐車場となっており、参道両脇は石碑ではなく車が並んでいます。一の鳥居を過ぎると、右脇に小さな門があり、途中ここをくぐって城官寺に行きました。拝殿手前に二の鳥居。

DSCN6585_20210903184029656.jpg

DSCN6360.jpg

DSCN6582_20210903184032f96.jpg

DSCN6359_20210903184033f4a.jpg


<境内社>
 
・石室神社(石神明神)

「豊島氏の後、平塚城主となった蘓坂兵庫頭秀次は平塚明神を篤く祀った。秀次はみまかりて社の外側に葬られるが、以降墳墓のあたりに毎年米が降るようになった。村の長老は秀次の石墳を石神明神と崇めた。石神明神は崇めれば必ず応えてくれ、水害や日照や疫病の除災に御神徳を顕したと伝えられる。」

DSCN6357_20210903184214850.jpg

DSCN6358_202109031842153c9.jpg


・御料稲荷神社、大門先・元稲荷神社

DSCN6356_202109031844060ae.jpg

DSCN6355_20210903184407710.jpg

DSCN6354_202109031844096cd.jpg


・菅原神社

DSCN6353_20210903184517093.jpg

DSCN6553_20210903184518898.jpg


<拝殿>

 神社ですがお寺のような拝殿。狛犬は獅子の子落とし。ご祭神は、「八幡太郎 源義家命」「加茂次郎 源義綱命」「新羅三郎 源義光命」

DSCN6351_20210903184708418.jpg

DSCN6361_20210903184709179.jpg

DSCN6362_20210903184711d6c.jpg

DSCN6560_20210903184712842.jpg

DSCN6560a.jpg


 本殿の後方の木々が甲冑塚古墳です。

DSCN6566_20210903184904ae0.jpg


 拝殿の南脇に、石段参道があります。

DSCN6563_202109031849057ea.jpg


「略縁起
 平塚神社の創立は平安後期元永年中といわれています。八幡太郎源義家公が奥州征伐の凱旋途中にこの地を訪れ領主の豊島太郎近義に鎧一領を下賜されました。近義は拝領した鎧を清浄な地に埋め塚を築き自分の城の鎮守としました。塚は甲冑塚とよばれ、高さがないために平塚ともよばれました。さらに近義は社殿を建てて義家・義綱・義光の三兄弟を平塚三所大明神として祀り一族の繁栄を願いました。
 徳川の時代に、平塚郷の無官の盲者であった山川城官貞久は平塚明神に出世祈願をして江戸へ出たところ検校という高い地位を得、将軍徳川家光の近習となり立身出世を果たしました。その後家光が病に倒れた際も山川城官は平塚明神に家光の病気平癒を祈願しました。将軍の病気はたちどころに快癒し、神恩に感謝した山川城官は平塚明神社を修復しました。家光も五十石の朱印地を平塚明神に寄進し、自らもたびたび参詣に訪れました。」(平塚神社HPより引用)

DSCN6363_20210903185038ec9.jpg


<御神紋>

 御神紋は「五本骨扇に月丸」です。
 屋根、御輿庫、提灯、賽銭箱と、御神紋がいたるところで見られます。
 源頼義の子で源義家の末弟・源義光の子孫である義光流源氏の一族である佐竹氏の家紋も同様です。
 佐竹氏関連の寺社も同じ神紋を使用しています。

 気になるのが、御輿庫や賽銭箱、屋根の「扇に月丸」の真ん中の丸が黄色ではなく赤く塗られています。
 「扇に日の丸」と解釈される例もあるようです。
 那須与一の扇の的は、赤地に黄色の日の丸だったので、黄色の日の丸もありますし。

DSCN6564_2021090318523086f.jpg

DSCN6565_202109031852324ef.jpg

DSCN6352_20210903185233608.jpg

DSCN6557_20210903185235819.jpg

DSCN6559_20210903185236478.jpg

DSCN6558_20210903185238ad5.jpg


(参考) 大鷲神社(花畑)の賽銭箱は月丸で黄色です。
 (実はパンフレットは赤で、黄色と赤色が混在しています)

DSCN6329_20210903185503557.jpg


<甲冑塚古墳>

 拝殿左手脇に柵が設けられ、立ち入りできなく非公開です。

DSCN6554_20210903185619470.jpg

DSCN6556_202109031856200ff.jpg


<江戸名所図会>

 「平塚明神社 鎧塚 別当城官寺」
 挿絵の右に「本社」「よろひ塚」「くはんおん堂」。
 挿絵の左に「此辺すべて平塚の城跡なり」と書かれています。
 挿絵の下にある道には、左「王子道」、右「 道灌山道」と書かれています。

hiratukamyoujin.jpg

yoroiduka.jpg
    

「八幡太郎義家兄弟奥州征伐凱陣のころ 武蔵国に入りたまい豊島某が住し平塚の城に逗留ありてありしに 鎧一領を賜わりけると 後 塚に築収めて城の鎮守とし平塚三所明神といつきまつりしも 実に武功のしからしむる故なるべし」

mudai.jpg


<平塚亭つるおか>

DSCN6586_2021090319002921e.jpg

DSCN6587_2021090319003095f.jpg

テーマ : 城址巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会日光御成道源義家源義光古墳豊島氏城址

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR