本所開発と徳之山稲荷神社(徳山五兵衛屋敷跡)

○本所開発

 徳川家康は市川方面との物資輸送のため 、小名木川をまず開削しました。明暦3(1657)年の「明暦の大火」(振袖火事)後、本所の開発が本格的に行われます。「明暦の大火」の犠牲者を供養するため「回向院」が建立されるほか、隅田川には「両国橋」が架けられました。
 幕府は低湿地であった本所の開発にあたり、洪水対策として排水路を碁盤目状に開削し、掘り出した土を陸地の補強、嵩上げに利用しました。排水路は隅田川に対し縦・横に開削されました。万治2(1659)年に、竪川をはじめ横川(大横川)、十間川(横十間川)、北十間川、南・北割下水などが開削されます。
 本所開発に伴う上水として曳舟川(亀有上水あるいは本所上水・小梅上水とも呼ばれました)が万治2(1659)年に開削されます。
 本所の市街地拡大に伴い、万治3(1660)年には本所築地奉行が設けられ、徳山五兵衛・山崎四郎左衛門の両名が任じられました。
 また、寛文元(1661)年には、江戸への入口である川船番所を小名木川隅田川口から小名木川東端の中川番所へ移転しました。


○徳之山稲荷神社 墨田区石原1-36-10

 本所築地奉行徳山五兵衛の屋敷跡に徳之山稲荷神社があります。

DSCN5136_20220501205654701.jpg

DSCN5137_2022050120565534d.jpg

DSCN5138_20220501205657e86.jpg

DSCN5157_20220501205658ac8.jpg


<徳山五兵衛屋敷跡>

(説明板)
「徳山五兵衛屋敷跡 1
 明暦の大火後、幕府は本格的な本所の開発に乗り出します。万冶三年(一六六○)、本所築地奉行に任命された一人が徳山五兵衛(重政)です(もう一人が山崎四郎左衛門)。
 掘割の開拓や湿地の埋め立て、道路整備と市街地の造成などで、今の本所の基礎を作り上げました。その功績により、この地に屋敷を賜りました。
 五兵衛の死後、屋敷内に祀られていた稲荷と五兵衛の御霊が合祀され、徳山稲荷神社となっています。
 また、孫の徳山五兵衛(秀榮)は、寛保四年(一七四四)に御使番から御先鉄砲頭に転じた後、火付盗賊改方に就任し、歌舞伎の白波五人男の一人、日本駄衛門のモデルになった盗賊、日本左衛門を捕らえたことで有名です。  墨田区」

DSCN5142_20220501205838748.jpg


「江戸切絵図」

 幕府の材木蔵の石派橋に架かる堀割と材木蔵の東に接する石原町に「徳山五兵エ」の屋敷が見えます。

kiriezuishihara.jpg


<徳之山稲荷神社>

 玉垣には「徳之山講世話人」とあります。

DSCN5139_20220501210004865.jpg

DSCN5140_2022050121000594b.jpg

DSCN5143_2022050121000694f.jpg

DSCN5144_20220501210228f9b.jpg

DSCN5149_20220501210229d80.jpg

DSCN5155_20220501210231c52.jpg

DSCN5153_20220501210232f83.jpg

DSCN5152_20220501210235ad3.jpg

DSCN5154_20220501210237890.jpg


(説明板)
「徳山五兵衛屋敷跡
   所在 墨田区石原一丁目三六番 徳之山稲荷神社
 江戸の初期に本所・深川の開発事業を推進した本所築地奉行徳山五兵衛重政の屋敷跡です。
 開府当寺の江戸は、明暦三年(一六五七)の大火をはじめ、たびたびの火災で大きな被害を受けたので、幕府は街区の整備を大規模に行うことにしました。ことに隅田川以東の開拓に着手することになり、竪川や横川などを掘り、その泥土で湿地を埋め立て、道路の整備と市街地の造成をしました。この事業のため万冶三年(一六六○)に徳山五兵衛と山崎四郎左衛門の二人が初代の本所築地奉行として任命されました。
 徳山五兵衛は功により、幕府からこのあたりに邸地を与えられました。この稲荷社は屋敷神としてまつられていましたが、五兵衛の死後、その徳を称えた人々により御霊が合祀され、徳之山稲荷神社として大切にされてきました。
  平成十六年三月  墨田区教育委員会」

DSCN5150_20220501210238eaa.jpg


<日本左衛門首洗い井戸跡之碑>

 孫の徳山五兵衛(秀榮)は、火付盗賊改方の在任中、盗賊、日本左衛門らの捜査に当たりました。この石碑は、関東大震災で損傷し、徳ノ山講が昭和40(1965)年に再建したものです。

DSCN5145_2022050121050917b.jpg

DSCN5148_20220501210511ace.jpg

DSCN5147_202205012105128d1.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸幕府施設小名木川竪川源森川・北十間川本所上水邸内社

ひがしん北斎ギャラリー

○ひがしん北斎ギャラリー 墨田区両国4-35-9(東京東信用金庫両国支店)

 「ひがしん北斎ギャラリー」は、2015(平成27)年3月に開所。
 信用金庫の北面壁、南面壁、正面、店内(店内は撮影禁止)に葛飾北斎の作品が展示されています。

 (正面玄関)

DSCN0142_20220113180007fb3.jpg

DSCN0141_20220113180009180.jpg


【北壁】
「ひがしん北斎ギャラリー」

DSCN0101_20220113180154bc0.jpg

DSCN0103_2022011318015581e.jpg


「北斎肖像画」

DSCN0104_20220113180157c14.jpg

DSCN0105_2022011318015896c.jpg


「北斎仮宅之図」

DSCN0107_20220113180422873.jpg

DSCN0108_20220113180424622.jpg

DSCN0109.jpg


「関東大震災以前の本所割下水」

DSCN0110.jpg

DSCN0112_20220113180428289.jpg

DSCN0110a_20220113180430f22.jpg


「絵本隅田川 両岸一覧(中巻)」

DSCN0098_20220113180650dc1.jpg


「両国 納涼 一の橋弁天」
 「半月楼鹿毛麿 不二の雪筑波のしけミ両かけに荷ふてすゝし両国の橋」
 「松斎千代住 たのしさの此うへはなしかたひらの呂をおし通す夕涼舟」
 「虚言皮成 江のしまをこゝにうつせし貝屏風宮の扉をつたふでゞむし」

「無縁の日中」
 「無心亭 生滅の時はわかたし人の花さく両こくの日中の鐘」

DSCN0097_20220113180652e98.jpg

DSCN0100_202201131808130d4.jpg

DSCN0099_20220113180815004.jpg


「新柳橋の白雨 御竹蔵の虹」
 「梅子 袖笠をかふる間もなく柳橋みとりの髪もぬるゝ夕たち」
 「壺山楼高喜 竹蔵の堀にも虹の影見えてはや両こくの橋かとそおもふ」

「首尾松の釣船 椎木の夕蝉」
 「千歌園序文 美しさ松は千とせを延あかり延あかり見る舟のたをやめ」
 「仝詠 時またき見あるく椎の青空にところ定めす蝉のしくるゝ」

「榧寺の高灯籠 御馬屋川岸乗合」
 「戯言皮成 しけりあふ色も萌黄の榧寺に火燭と見ゆる燈籠の影」
 「蜀錦園蔓人 ろのおとに雁こきませてわたし船あとのか先へあかるのり合」

DSCN0093_202201131810341f3.jpg

DSCN0096_20220113181036a22.jpg

DSCN0095_2022011318103729f.jpg

DSCN0094_202201131810393f7.jpg


「駒形の夕日栄 多田薬師の行雁」
 「歌子 むらしくれはれ行あとの夕はへにいさむ月毛の駒かたの舟」
 「貢船窓春風 ものゝふの多田の本尊の名にめててつらをみたさすわたるかりかね」

「大川橋の月 小梅の泊船」
 「延齢堂愛人 香に匂ふ小梅の星の名にめてゝはしのたもとにとまる苫舟」
 「霞樂亭家鳥 山谷ほりさしてこくらし月の船大川はしの秋のよなよな」

「大川橋の月 其二」
 「壺十楼成安 大江戸の自由は月の桂木も材木かしへよする秋の夜」

DSCN0090_202201131812167f6.jpg

DSCN0092_20220113181217a89.jpg

DSCN0091_2022011318121990f.jpg


「絵本隅田川 両岸一覧(下巻)」

DSCN0082_2022011318131718d.jpg


「真崎の神燈 木母寺の鉦鼓」
 「小夜しくれふりさけ見れは神垣をほのかにもれるみつのともし火 和哥浦汐」
 「音も氷るはかりにけふはすミた川雪にうつミし木母寺のかね 遊友館春道」

「橋場の田家 隅田の都鳥」
 「青々園 すめはまた都鳥とて草の戸も春秋を見る月花の門」
 「夜な夜なになれてやともにすみた河隅なき月のみやこ鳥まて 緑亀年」

DSCN0081_202201131814508e3.jpg

DSCN0081a.jpg

DSCN0081b.jpg


「向島の時雨 花川戸の冬篭」
 「松斎千代住 村時雨雫を木々につたハせて秋葉の猿は蓑ほしけなり」
 「壺鶯楼可知輔 鶯も花かと雪の冬こもり江戸ふしうたふ助六か宿」
 「貢筆庵都世喜 真乳山紅葉の日和見定めて居続はせぬ朝かへりふね」
 「紅葉はのあかりをたてゝ夕くれは客をまつちの山の下茶屋 貢草庵穴丸」

「待乳山の紅葉」

「白髭のキジ松 今戸の夕烟」
 「瑞籬久世 十かへりとうち詠めても十八の君とは見えぬしら髭の松」
 「壺琴楼道成 たえまなき瓦煙に淋しさもしらぬ今戸の秋の夕くれ」

DSCN0086_202201131816228db.jpg

DSCN0089_20220113181624e99.jpg

DSCN0088_2022011318162607e.jpg

DSCN0087_2022011318162751d.jpg


「富嶽三十六景 御厩河岸より両国橋夕陽見」
「風流隅田川八景 両国の夕照」
「新板浮絵 両国橋夕涼花火見物之図」
「両国夕涼」

DSCN0076_2022011318183884d.jpg

DSCN0077_20220113181839cad.jpg

DSCN0078_202201131818412f7.jpg

DSCN0079_202201131818432f2.jpg

DSCN0080_20220113181844f6a.jpg


【南壁】

DSCN0139_2022011318221010a.jpg

DSCN0131_20220113182212f0c.jpg

DSCN0135_202201131822138d3.jpg


「新板浮絵三囲牛御前両社之図」
「風流隅田川八景 ミめぐりのせいらん」

DSCN0132_202201131823065d4.jpg


「東都十二景 ミめぐり」
「東都名所一覧 三囲」

DSCN0133_2022011318230985c.jpg


「東都十二景 すみだ川」
「風流隅田川八景 梅若の秋月

DSCN0134_202201131828061e3.jpg


「雪月花 隅田」
「勝景雪月花 東都隅田の月」

DSCN0136_20220113182807430.jpg


「風流東都八景 両国の秋月」
「寺島法泉寺詣」

DSCN0137_20220113182924c69.jpg


「千絵の海 宮戸川長縄」
「富嶽三十六景 隅田川関谷の里」

DSCN0138_20220113182925796.jpg


【正面玄関】

「仮名手本忠臣蔵」(北斎)

DSCN0140_202201131831055ee.jpg

DSCN0130_20220113183107803.jpg

DSCN0128_2022011318310847c.jpg


 (一段〜十一段)

DSCN0113_2022011318323524c.jpg

DSCN0114_20220113183237515.jpg

DSCN0115_20220113183238507.jpg

DSCN0116_2022011318324044d.jpg

DSCN0117_20220113183241b34.jpg

DSCN0118_2022011318324395d.jpg

DSCN0122_20220113183441e2f.jpg

DSCN0123_20220113183444dcd.jpg

DSCN0124_20220113183445095.jpg

DSCN0126_20220113183447467.jpg

DSCN0127_20220113183448f45.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 葛飾北斎両国

葛飾北斎住居跡(榛稲荷神社)

○榛稲荷神社 墨田区両国4-34-11

DSCN0041_202201131713120dc.jpg

DSCN0048_20220113171309cdf.jpg


<榛馬場跡>

(説明板)
「江戸の町 榛馬場跡 18
 この辺りには、榛馬場と呼ばれた馬場がありました。本所に住む武士の弓馬の稽古のために設けられ、周りを囲む土手に大きな榛(カバノキ科の落葉高木)があったところから、そう呼ばれたようです。
 勝海舟の父小吉の著書「夢酔独言」の中にも、子どものころの回想として、榛馬場のことが出ています。馬場の傍らに祀られていたのが、この榛稲荷神社です。
 天保八年(一八三七)に亀沢町の若者が奉納した木造朱塗の奉紙立が、震災、戦災を逃れて今でも保存されています。
 葛飾北斎も娘のお栄といっしょに稲荷神社脇に住んでいたことがあります。
 奉紙立=正式の食事の時、膳の盛り物の周囲に、紙をさまざまな形に折って立てる器  墨田区」

DSCN0042_2022011317163784a.jpg

DSCN0043_202201131716380a8.jpg


<江戸切絵図>

 御竹蔵の南東端に「馬場」の記載が見えます。

baba.jpg


<葛飾北斎住居跡>

(説明板)
「葛飾北斎住居跡  所在地 墨田区両国四丁目三十四番付近
 この辺りには、江戸時代に武士が馬術を訓練するための馬場が設けられていました。東西約百八十五m、南北約二十二mの広さがあり、馬場を囲む土手に大きな榛があったので、「榛馬場」と呼ばれました。馬場に祀られていたのが「榛稲荷神社」です。
 本所(現在の墨田区南部)に生まれた絵師葛飾北斎は、この稲荷神社のすぐ近くに住んでいたことがありました。北斎は九十歳で没するまで常に新しい技法を試み、「富嶽三十六景」に代表される錦絵だけではなく、肉筆画も手がけ、数多くの作品を生み出しました。
 榛馬場の辺りに住んでいた当時の様子を伝えるのが、「北斎仮宅写生」(露木為一筆)です。絵を描く老いた北斎と娘の阿栄が描かれています。阿栄も優れた絵師でした。その暮らしぶりを飯島虚心は「蜜柑箱を少しく高く釘づけになして、中には、日蓮の像を安置せり。火鉢の傍には、佐倉炭の俵、土産物の桜餅の籠、鮓の竹の皮など、取ちらし、物置と掃溜と、一様なるが如し」(「葛飾北斎伝」)と記しています。北斎がこの地に暮らしたのは天保末年頃(一八四十年頃)で、八十歳を越えていたと思われますが、絵を描くこと以外は気にも留めないような暮らしぶりが見てとれます。
 北斎は生涯で九十回以上も転居を繰り返したとされていますが、居所のすべてが正確にわかっているわけではありません。榛馬場の北斎住居跡は、ある程度場所の特定ができ、絵画資料も伴うものとして貴重な例です。
 また、幕末明治期に活躍した政治家勝海舟もこの近くで生まれ育ちました。海舟の父、勝小吉の自伝「夢酔独言」の中にも、榛稲荷神社についての思い出が記されています。
「北斎仮宅写生」(国立国会図書館所蔵)
  平成二十一年三月  墨田区教育委員会」

DSCN0044_20220113171938d63.jpg

DSCN0046_20220113171939e2b.jpg

DSCN0045.jpg


「北斎仮宅之図」(露木為一筆 国立国会図書館蔵)

  左にキセルを手にしている葛飾應為、右にこたつ布団をかぶって絵を描いている葛飾北斎です。

hokusaitooei_202201192049262b6.jpg

oui.jpg

hokusai.jpg


<社号標/縁起書>

 「縁起書
  古く此の地一帯を榛馬場と稱し此の神祠を榛稲荷社と稱し奉れり。(以下略)」

DSCN0056_20220113172033686.jpg

DSCN0057_202201131720359b8.jpg


<手水舎/石灯籠>

DSCN0049_202201131721291ef.jpg

DSCN0054_202201131721313a7.jpg

DSCN0052_20220113172132863.jpg


<拝殿>

DSCN0050_202201131713119f0.jpg

DSCN0053_202201131713140dd.jpg

DSCN0055_20220113171315c38.jpg


<神馬>

 榛稲荷神社が馬にゆかりがあるということで、神馬のプレートが奉納されています。

DSCN0051_2022011317222566b.jpg

DSCN0051a.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 葛飾北斎両国

北斎生誕の地 本所割下水 江川太郎左衛門

○墨田区立緑町公園 墨田区亀沢2-7-7

 北斎通り沿いに、墨田区立緑町公園があり、墨田区の説明板が3枚あります。
 公園の南端には「すみだ北斎美術館」があります。

 緑町公園
DSCN0223_202112091542331da.jpg

DSCN0218_20211209154234db9.jpg

DSCN0224_20211209154236a07.jpg
    
 すみだ北斎美術館
DSCN0313_20211209154239007.jpg

DSCN0213_20211209154237a32.jpg

DSCN0222_202112091542400ff.jpg


○葛飾北斎生誕の地 墨田区亀沢2-7-7

<富嶽三十六景モザイク画>

 緑町公園には、北斎の富嶽のモザイク画が路面にあります。

DSCN0210_20211209154706f5b.jpg

DSCN0311_20211209154707164.jpg


「富嶽三十六景」(国立国会図書館蔵)
 
hokusaifugaku.jpg


<冨嶽三十六景神奈川沖浪裏> 墨田区亀沢2-7

 緑町公園に沿った歩道に「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(北斎)がデザインされたマンホール蓋が設置されています。
 北斎通りのあられ屋の壁にも「神奈川沖浪裏」が掲げられています。

DSCN0317_2021120915493019d.jpg

DSCN0312_202112091549328be.jpg


<葛飾北斎生誕地>

 緑町公園北西端に説明板「葛飾北斎生誕の地」があります。

(説明板)

「絵画と文学 葛飾北斎生誕地(墨田区亀沢付近) 51
 宝暦十(一七六〇)年九月二十三日、本所南割下水(墨田区亀沢)付近に生まれた北斎は、浮世絵の役者絵を出発点として、狩野派、光琳派、大和絵など、さまざまな流派の技法を学び、新しい画風をどんどん確立させて、多くの名作を遺しました。
 代表作『富嶽三十六景』は、天保二(一八三一)年から天保四(一八三三)年にかけて制作。とても七〇歳を過ぎてからの作品とは思えません。八〇歳を過ぎても創作意欲は衰えず、死の床に就いた嘉永二(一八四九)年、「あと一〇年、いや五年でよいから生きさせてくれ、そうすれば真の画工になれる」といって息を引き取ったといわれています。常に新しい画法に取り組んできた北斎らしい臨終の言葉でした。 墨田区」

DSCN0310_202112091551282c9.jpg

DSCN0211_202112091551305c9.jpg

DSCN0212_20211209155131d85.jpg


○南割下水(北斎通り)

 現在の北斎通りが南割下水だったところです。

DSCN0208_202112091553416fa.jpg

DSCN0316_20211209155342238.jpg

DSCN0314_20211209155344492.jpg

DSCN0315.jpg


「関東大震災以前の本所割下水」

 「ひがしん北斎ギャラリー」の展示から引用します。

DSCN0110a.jpg


「本所割下水」(井上安治)

 井上安治が「本所割下水」を描いています。

inouehonzyowarisita.jpg


<南割下水>

(説明板)
「江戸の町 南割下水 7
 明暦の大火後に、幕府は本所深川の本格的な開発に乗り出します。まず着手したのは、竪川、大横川、北十間川、横十間川などの運河と掘割の開削と、両国橋の架橋です。掘割の一つが南割下水て、雨水を集めて川へ導くために開削されたものです。北には(現在の春日通り)北割下水も掘られました。
 幅は一間(約一・八メートル)から二間足らずで、水も淀み、暗く寂しい場所でしたので、本所七不思議の「津軽屋敷の太鼓」「消えずの行灯」「足洗い屋敷」の舞台にもなりました。
 昭和初期に埋め立てられましたが、この付近で葛飾北斎が生まれたところから、今では「北斎通り」と名を変えています。また、この辺りには、三遊亭円朝や歌舞伎作者の河竹黙阿弥も住んでいました。  墨田区」

DSCN0216_20211209160006165.jpg

DSCN0217_202112091600084d0.jpg


○津軽家上屋敷跡

(説明板)
「両国物語 津軽の太鼓・津軽家上屋敷跡 8
 南割下水に面した弘前藩主・津軽越中守の上屋敷には、火の見櫓がありました。
 通常、火の見櫓で火災を知らせる時は板木を鳴らしますが、この櫓には板木の代わりに太鼓が下がっていて、その太鼓で火事を知らせていました。なぜこの屋敷の稽だけに太鼓が許されていたのかは誰も知らず、不思議なこととされていました。
 これが本所七不思議の「津軽の太鼓」の話です。七不思議とはいいますが、伝説なので伝わり方によって話もまちまちで、話の数も七つと決まったわけではありません。
 この「津軽の太鼓」には「越中守屋敷の火の見櫓の板木を鳴らすと、奇妙なことに太鼓の音がする」という話も伝えられています。  墨田区」

DSCN0214_2021120916034518f.jpg

DSCN0214a.jpg

DSCN0215_20211209160348028.jpg


○江川太郎左衛門屋敷跡前

 江川太郎左衛門屋敷には、ジョン万次郎も住んでいたとのこと。

(説明板)
「江戸の町 江川太郎左衛門屋敷跡前 9
 江川太郎左衛門は、伊豆韮山を本拠地とした幕府の世襲代官で、太郎左衛門とは江川家の代々の当主の通称です。なかでも有名だったのが、三十六代の江川英龍(一八○一~五五)です。
 彼は洋学の中でも、とりわけ近代的な沿岸防備の手法に強い関心を抱き、日本に西洋砲術を普及し、韮山に反射炉を築いて江戸防御のため、江戸湾内に数ヵ所あった砲台(お台場)を造りました。また、日本で初めてパンを焼いた人物だともいわれています。
 この屋敷は、代官の役所も兼ねていて、土佐国中濱村の漁師で、嵐で遭難し、米国の捕鯨船に救われ、ほぼ十年振りに帰国した中濱萬次郎を敷地内の長屋に住まわせ、英語を講義させたといわれています。  墨田区」

DSCN0220_2021120916135375c.jpg

DSCN0221_20211209161354c48.jpg

egawayashiki.jpg


○江川太郎左衛門屋敷跡 墨田区亀沢1-3-12

 こちらは、江川太郎左衛門屋敷跡にある説明板です。
 伊豆韮山反射炉については、こちらで記載しています。

 韮山反射路の江川太郎左衛門像
DSCN1274_20211209161555cb0.jpg
   
(説明板)
「江川太郎左衛門屋敷跡  所在地 墨田区亀沢一丁目三番
 幕末に活躍した江川太郎左衛門英龍は、享和元年(一八○一)現在の静岡県伊豆の国市韮山に生まれました。天保六年(一八三五)三十五歳の時、韮山代官に就任し、伊豆・駿河・相模・武蔵・甲斐の五か国の天領(幕府の直轄地)を管理していました。代官の役所は韮山と江戸の二か所にあり、韮山役所で伊豆国・駿河国駿東郡の支配にあたり、残りは江戸屋敷で管理していました。嘉永七年(一八五四)の頃には、最も多くの家来を召し抱えており、江戸屋敷には手三3人、手代十四人がいたようです。
 韮山代官となった英龍は、領民のために誠実な仕事を行ったので、郡内地方では、端午の節句に「世直江川大明神」と書かれた紙のぼりを立てていたようです。
 その後、海防の視点から、西洋文化の知識を積極的に摂取し、品川台場の建設などに尽力しました。韮山に鉄製大砲を製造するための反射炉を建設したことでも知られています。
 また、外国からの攻撃に備え、保存性、携帯性にも優れていた乾パン(兵糧パン)を日本で初めて考案し焼かせたことでも有名です。
 安政二年(一八五五)一月十六日、この地で五十五歳の生涯を閉じ、韮山の本立寺に葬られました。
  平成二十八年二月  墨田区教育委員会」

DSCN0306_20211209161556673.jpg

DSCN0308_202112091615583ea.jpg


「江川太郎左衛門像」(「幕末・明治・大正回顧八十年史」 東洋文化協会 昭和10年)

egawasyozo.jpg

「江川坦庵像/江川坦庵筆」(「近世二十傑 第5巻」 伊藤痴遊 昭和11年)

egawatananzou.jpg

egawatananhitu.jpg


「近世人物誌 江川太郎左衛門」(芳年 やまと新聞社 明治20年)

 水戸烈公(徳川斉昭)の屋敷に江川太郎左衛門は招かれます。江川太郎左衛門は文武両道の達人であることから、烈公は、侍従に琴を持ち出させます。江川太郎左衛門は止むを得ず琴を奏でると、その素晴らしさに、その場にいた一同と烈公は深く感心した逸話を描いたものです。

egawaenso.jpg

egawa.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 葛飾北斎井上安治マンホール三遊亭円朝

国産マッチ発祥の地

○国産マッチ発祥の地 墨田区江東橋1-7-14両国高校内

 都立両国高校の京葉道路側のフェンス内側に、 「国産マッチ発祥の地」 記念碑が建っています。
 昭和61(1986)年8月建立。
 碑には 新燧社のマッチ箱ラベルも描かれています。
 裏面に碑文が刻まれているようですが、柵の外からは表面しか確認できず。
 校内に入らないと裏面は確認できず裏面は未確認。

DSCN3154_202006152124204e4.jpg

DSCN3152.jpg

DSCN3153.jpg


○「国産マッチの創始者清水誠の頌」「清水君碑」 亀戸天神社

 亀戸天神の境内に、記念碑が2基建っています。
 昭和50年国産マッチ創始百年に当たり、明治32年碑の再建と「顕彰碑」が新たに作成されたもの。
 顕彰碑は、岸信介元総理大臣による書です。

DSCN2860_202006152127188e1.jpg

DSCN2859_20200615212720213.jpg

DSCN2859b.jpg


テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 両国

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
北 (8)
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR