流山道 阿弥陀院/玉蔵院

○阿弥陀院 足立区保木間4-17-13

 青蓮山阿弥陀院と号します。荒綾八十八ヶ所霊場掛番所です。

DSCN0939_20240206222726000.jpg

DSCN0940_20240206222729dc4.jpg


<地蔵堂>

DSCN0942_20240206222732896.jpg

DSCN0953_202402062228450c1.jpg


<弘法大師像>

DSCN0944_20240206222852a8f.jpg

 高野山のお砂が納められています。
DSCN0954_20240206222849db8.jpg


<水子地蔵>

DSCN0947_20240206222951527.jpg


<六地蔵>

DSCN0948_20240206222954890.jpg


<観世音菩薩>

 「正観世音菩薩 名地普門品講中」(明治21年銘)

DSCN0952_20240206223055601.jpg

DSCN0949_20240206223058020.jpg

DSCN0950_20240206223058ba2.jpg


<本堂>

DSCN0941_20240206223201118.jpg

DSCN0946_202402062232049df.jpg

DSCN0945_202402062232043cb.jpg



○玉蔵院 足立区保木間4-29-16

 寶珠山玉蔵院如意寺と号します。荒綾八十八ヶ所霊場64番、西新井組中川通四箇領八十八箇所83番、武蔵国八十八ヶ所霊場38番札所です。
 門柱左「玉蔵院」、門柱右「寶珠山」。

DSCN0762_2024020622334473a.jpg


<札所碑>

 山門入ってすぐ右手に札所碑が二基あります。

DSCN0763_2024020622334752d.jpg

 天保13(1842)年3月21日銘の新四国83番「弘法大師」の札所碑です。
 (正面)「新四國八十三番 弘法大師 寶珠山 玉蔵院」
DSCN0764_20240206223347e93.jpg

 (右側面)紀年及び「願主 保木間村」
DSCN0766_20240206223350479.jpg

 大正時代と思われる荒綾八十八ヶ所霊場64番の札所碑です。下半分が失われています。
 (正面)「荒綾八十八箇所第六十四□□(折れて欠けている)
        保□□(折れて欠けている)
        左下は読めないし欠けている」
DSCN0765_20240206223350f4d.jpg


<札所碑>

 参道右手にある札所碑です。

 (表)
  「新四國四箇領八十八箇所第八十三番
   弘法大師
   寶珠山 玉蔵院」
DSCN0767_20240206223641500.jpg

 (裏)
  「明治三十九年一月」
DSCN0777_20240206223645082.jpg


<六地蔵>

 参道右手に寛延2(1749)年銘の六地蔵と中央に「開運地蔵尊」、右端に庚申塔と並んでいます。

DSCN0776_2024020622380208e.jpg

DSCN0768_20240206223805e8b.jpg

DSCN0769_20240206223805b99.jpg

 寛政9(1797)年11月吉日建立の庚申塔

DSCN0770_20240206223923f9c.jpg

DSCN0773_2024020622392657e.jpg

DSCN0771_20240206223927a41.jpg

DSCN0772_2024020622392964f.jpg


<本堂>

DSCN0774_20240206224035345.jpg

DSCN0775_2024020622403893b.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場

流山道④(足立区保木間〜花畑 )

流山道④(足立区保木間〜花畑 )

 流山道③の補足です。
  ○ 流山道(足立区保木間〜花畑)
  ○ 不詳の祠
  ○ 名地プチテラス 記載済
  ○ 山王堀公園
  ○ 阿弥陀院/玉蔵院 別途記載
  ○ 西光寺  記載済
  ○ 道海道と交差
  ○ 堤根公園
  ○ 林松寺

○流山道 足立区保木間〜花畑

 流山街道名地プチテラスから先は、街道に沿って阿弥陀院、山王堀公園、玉蔵院があります。西光寺で左に折れて道標のある門前を通り、西光寺を回りこんで道は続きますが、堤根公園で突き当り、道筋は失われます。
 堤根公園の手前で古い奥州街道と口伝がある「道海道」(どうけみち)と交差します。
 堤根公園の先に林松寺があります。このあと流山道は、南花畑、内匠橋、六木を経て流山に向かいます。

DSCN7242b.jpg


○不詳の祠 足立区保木間4-7-14

 プチテラス手前にある、不詳の祠です。屋敷神ですかね?

DSCN0956_20240206220359e62.jpg

DSCN0955_20240206220401d86.jpg


〇流山街道名地プチテラス 足立区保木間4-12-9
 (こちらで記載済


〇山王堀公園 足立区保木間4-23-1

 流山道は、山王堀公園に突き当ります。公園名は、近くにある山王神社に由来します。

DSCN0938_20240206220830178.jpg

DSCN0781_202402062208334fa.jpg

DSCN0780_20240206220833393.jpg

○阿弥陀院〜玉蔵院 別途記載

○西光寺 こちらで記載


○「道海道」と交差

 堤根公園の手前で古い奥州街道と口伝がある「道海道」(どうけみち)と交差します。

DSCN1043_20240206221122354.jpg


○堤根公園 足立区花畑1-2-1

 流山道は、堤根公園で突き当り、道筋は失われます。
DSCN0936_202402062211252c7.jpg

 堤根(つつむね)公園は、淵江土地区画整理組合が造成し、地名をとり命名した公園です。
DSCN0761_20240206221125c6e.jpg

DSCN0760_202402062211281c6.jpg


○林松寺 足立区花畑1-4-14

 堤根山薬師院林松寺と号します。荒綾八十八ヶ所霊場掛番札所です。

DSCN0750_202402062213588be.jpg

DSCN0749_20240206221401632.jpg


<庚申塔2基> 足立区文化財

 流山道の脇にあった庚申塔で、戦後の区画整理により林松寺境内に移されています。参道から左手の墓地に入ってすぐのところに2基の庚申塔が並んでいます。 2基とも足立区文化財に指定されています。

 (左)寛政6(1794)年銘の庚申塔です。
 (右)元禄7(1694)年銘の庚申塔です。

DSCN0757_202402062215133d0.jpg

DSCN0754_202402062215160a0.jpg

DSCN0753_20240206221519f44.jpg


<笠塔婆>

 駐車場の隅に建っている寛文6(1666)年銘の笠塔婆です。

DSCN0758_202402062217032bf.jpg

DSCN0759_202402062217065c9.jpg


<本堂>

DSCN0756_20240206221816ba6.jpg

DSCN0751_202402062218192bf.jpg

DSCN0752_20240206221819761.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場

じんがんなわ祭り(2024年)

○じんがんなわ祭り 大乗院 2024年1月8日 足立区西保木間2-14-5

 じんがんなわ祭りの見学はせず、出来あがったじんがんなわを見てきました。

DSCN3829_20240110110751d51.jpg

DSCN3830_20240110105458e0d.jpg

DSCN3831_202401101055019c2.jpg

DSCN3832_20240110105501f5b.jpg

DSCN3833_202401101055047e4.jpg

(参考)じんがんなわ祭り
 2023年/2022年2021年2020年

 これまで気付いていませんでしたが、説明板が更新されていました。
(新説明板)
「大乗院
 大乗院は、新義真言宗、古谷野山寶持寺大乗院と称する。創建の時期は平安時代と伝えられている。
 文明年間(一四六九?八七)・文化年間(一八○四~一八)と二度の火災で諸堂宇を焼失したが、本尊聖観世音菩薩立像と薬師如来立像は災いを免れた。
 また、約二百年ぶりに、文化十五年(一八一八)三月に建立されていた本堂を、平成二十七年(二○一五)五月に「妻入、軒唐破風・入母屋屋造・銅板本萱」にて新築、再建した。
 また、昭和十四年(一九三九)春に、本堂裏から発掘された正応二年(一二八九)銘の釈迦一尊種子板碑と、中興賢勝阿闍梨の逆修板碑で文明元年(一四六九)銘の阿弥陀三尊種子板碑(足立区登録有形文化財)は、共に中世の好資料である。
 また、毎年、一月の成人の日の早朝、境内で「じんがんなわ」(足立区指定無形民俗文化財)が行われる。
 これは、大門厨子の人々が持ち寄った藁で六メートルほどの大蛇を編みあげて、住職が開眼供養を行い、木の幹にわたらせた後、「干葉粥」を施し、五穀豊穣と無病息災を祈願する古い伝統を保持した祭りであり、市街地では極めて珍しい民族行事である。
  令和元年十二月  東京都足立区教育委員会」

DSCN3825_20240110111835844.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

岡根屋酒店

○岡根屋酒店 足立区神明1-1-4

 内匠橋交差点に目立つ酒屋さんがあります。明治10年創業の「岡根屋酒店」です。
 創業当時は、花畑村役場に仕出しを出し、店の一階で雑貨を売り飲食も提供、二階は賭場でした。
 屋号は「半次屋」でしたが、初代の半次郎の女房がおかねさんという浅草から来た女博打師で「おかね屋さん」と呼ばれるようになったとのこと。
 江戸市中で買い取られた糞尿は、汚穢舟(おわいぶね)に積まれて内匠橋まで運ばれ、ここから陸送で運ばれました。内匠橋には船頭相手の賭場がたくさんあったようです。(以上「たばこ屋さんインタビュー」を参照しました。)

 右に見える銭湯「一の湯」は2020年5月5日に廃業しています。
DSCN2699_20231218201052df8.jpg

DSCN3180_202312182010543b6.jpg

 看板には「東京都足立区神明1丁目1番地1号」と掲示されています。
 店舗は4号ですがご自宅の旧家が1号です。
DSCN3176_20231218201054f9e.jpg

DSCN3177_202312182010562ac.jpg

DSCN3179_20231218201059056.jpg


○花畑川「月見橋」の休憩所 足立区神明
 花畑川の月見橋南詰に、休憩所があります。
 岡根屋根酒店の奥さまが代表を務める 「神明美化グループ」による整備です。

DSCN3170_20231204152058729.jpg

DSCN3169_202312231053324e0.jpg

DSCN3171_20231204152100bd7.jpg

DSCN3174_20231204152102ea5.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 綾瀬川

東稲荷神社

○東稲荷神社 足立区神明3-30-6

 内匠橋東詰の金子屋の屋敷にあった稲荷社を当地へ遷座したといいます。
 屋根まで赤い社殿の稲荷神社は目立ちます。

DSCN2501_2023120311411179e.jpg

DSCN2496_20231203114114c6f.jpg

DSCN2498_20231203114116a00.jpg


<手水鉢>
 明治18(1885)年に奉納の手水鉢です。

DSCN2499_20231203114119030.jpg


<大東京併合記念>
 昭和8(1933)年の大東京合併記念に鳥居や灯篭が奉納された記念の石碑です。左横には、畑二畝二二歩が奉納されたことが刻まれた石碑が建っています。

DSCN2500_2023120311411919c.jpg

(参考)この近辺は赤い堂宇が目立ちます。
「赤稲荷神社」
DSCN2635_202211200005000aa.jpg

「大仙寺弁天堂」
DSCN2553_20231125104706281.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 邸内社

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR