旧江戸川(猫実)

○蒸気河岸 浦安市猫実5-7-10

 「通運丸」の発着所があった「蒸気河岸」跡です。浦安村〜浦安町の主な交通手段は、川蒸気船「通運丸」でしたが、大正8(1919)年には通運丸に代わり定期船「通船」「葛飾丸」が就航し、浦安〜高橋(江東区)間を約1時間半で結び、発着所「蒸気河岸」は大変な盛況ぶりでした。
 昭和15(1940)年に浦安橋が開通するとともに自転車、自動車の普及が進み、船の交通は、昭和19(1944)年に廃止されました(浦安市サイトより要約)。(陸の孤島と言われた浦安町の船の交通が、自転車にとって代わられたというのが興味深いです。)

DSCN2495_20240317001755c32.jpg

 対岸手前には、妙見島(こちらで記載)が見えます。
DSCN2525_20240317001758e21.jpg

(説明板)
「蒸気河岸
 このあたりは、かつて蒸気船「通運丸」の発着所があったところで、「蒸気河岸」と呼ばれていました。
 通運丸は、明治十年(一八七七)内国通運株式会社によって運航された大型蒸気船で、東京深川や両国などから小名木川、新川を経て、江戸川・利根川一帯を定期的に運航していました。
 大正八年(一九一九)には通運丸にかわり、東京通船株式会社<昭和三年(一九二八)に東京通運株式会社と改称>の定期船が、深川高橋から浦安を経由して行徳までを航行しました。高橋から浦安までの所要時間は一時間から一時間半でした。その後、葛飾汽船株式会社の経営する「葛飾丸」も営業を開始しました。これらの定期船を地元の人は、通称「通船」と呼んでいました。浦安から東京方面への行商や通学には、これらの定期船が利用されていました。
 その後、葛飾汽船株式会社は、自動車の普及に伴い、経営が悪化してきたことから、昭和五年(一九三○)、東京通運株式会社に買収され、葛飾丸は就航を停止しました。さらに、昭和十五年二月、浦安橋が開通し、昭和十七年、東京市営バス(通称「青バス」)が浦安橋西詰まで開通したため、定期船の利用者は少なくなり、昭和十九年に廃止されました。
  平成十六年一月  浦安市教育委員会
 (写真:東京通船浦安発着所に停泊する通船 昭和初期)」

DSCN2496_2024031700194088a.jpg

DSCN2497b.jpg


○船宿吉野屋 浦安市猫実5-7-10 HP

 堤防の外に「船宿吉野屋」があります。「山本周五郎著「青べか物語」の船宿千本」とあります。山本周五郎は、舟宿吉野屋の二階に半年ほど寄宿していました。

DSCN2494_20240317001943430.jpg

DSCN2499_202403170019473b3.jpg

<浦安い郷土博物館展示より>
 「作家・山本周五郎
 本名を清水三十六といいます。周五郎の代表作には、『青べか物語』のほか、『樅の木は残った』、『赤ひげ診療譚』などがあります。これらの作品は、広く読まれ、文学的にも高く評価されました。しかし、周五郎は直木賞を辞退したのをはじめ、ほとんどの賞を受けようとせず、執筆活動に努めました。そして、仕事場でその生涯を閉じたのです。
 享年六三歳でした。
 山本周五郎 明治三六年(一九○三)生〜昭和四二年(一九六七)没」

DSCN2920_202403212352250bb.jpg


○渡し場跡(堀江の渡し、浦安の渡し) 浦安市猫実5-7地先

 江戸時代末期から明治時代初期にかけて、旧江戸川対岸の堀江飛地(現在の江戸川区南葛西)の農地耕作のため、「堀江の渡し」がはじめられたといわれています。
 堀江の渡しが廃止された後、明治43(1910)年には、対岸の東長島(現在の江戸川区東葛西)を往復(おうふく)する「浦安の渡し」が開かれました。

(説明板)
「渡し場跡
 江戸末期から明治初期にかけて、旧江戸川対岸の堀江飛地(現江戸川区南葛西)の農地耕作のため、「堀江の渡し」が内田平次郎によってはじめられました。待合所は、堀江四丁目四六九番地地先(現境川西水門堀江側)にありました。
 その後、この渡しは廃止され、そのかわりにこの場所に待合所ができ、ここから対岸の東長島(現江戸川区東葛西)を往復する「浦安の渡し」が開かれました。所要時間は二○から三○分ほどかかったといわれています。町が営業権を所有していましたが、明治四十三年(一九一○)から希望者を募って、入札で渡し船を請け負わせました。渡し船は、主に伝馬船を使っていました。大きさは、長さ三間(約五・四メートル)、幅一間半(約ニ・七メートル)くらいで、昭和初期の渡し賃は、大人ニ銭、子供一銭、自転車三銭、小車四銭であったといいます。(当時のアンパン一つの値段が三から五銭くらい)
 昭和十五年(一九四○)の浦安橋開通により、対岸へは徒歩や自転車で渡れるようになったため、渡し船は、その役目を終えました。
 平成十六年一月 浦安市教育委員会」

DSCN2504_20240317002226219.jpg

DSCN2501_20240317002228f4b.jpg


「名所江戸百景 利根川ばらばらまつ」(広重)

 江戸名所百景の中で場所の記載がなく、描かれた場所が確定していない1枚です。
 広重の時代には、「利根川」とは、今日の旧江戸川のことです。 旧江戸川の妙見島付近から、上流方面を望んでいるという説が有力なようです。 江戸川の名産である鯉を採るため投網が打たれています。

100keibarabara.jpg

 左手から進んでくる船を拡大すると、新川では曳船で航行するための杭が見えるので漁船ではなく行徳船と推察します。妙見島上流の新川河口付近の右手に大きく湾曲していく手前の江戸川を猫実から描いていると推察します。
100keibarabarahune.jpg


「絵本江戸土産 利根川 ばらばら松」(広重)

 挿絵には「坂東一の大河なれば異名を坂東太郎とよぶ 鯉をもて名品とす 川風に揉れ屈曲して松は自然の振をなし 眺望尤勝れたり」とあります。

ehontonegawa.jpg


○東京メトロ東西線江戸川第一橋梁 江戸川区東葛西〜浦安市猫実

 浦安橋の下流に架かる「東京メトロ東西線江戸川第一橋梁」です。

DSCN2506_2024031700285956c.jpg

DSCN2507_20240317002902574.jpg

DSCN2509_202403170029021b9.jpg

 屋形船「たかはし丸」(HP)の屋形船「天馬」が通過していきました。

DSCN2523_2024031700290598c.jpg


○当代島児童公園 浦安市当代島2-13

 亀に乗る浦島太郎像です。

DSCN2605_20240318234500717.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 歌川広重銅像

舞浜海岸遊歩道

○舞浜海岸遊歩道 浦安市舞浜

 浦安海岸遊歩道が千葉県により整備され、平成30年4月1日時点で一部区間1,520メートルが開放されています。
 遊歩道の両側は、TDSと東京湾、上空には航空機がひっきりなしに飛んでいきます。

DSCN2273_20240303214045f1c.jpg

DSCN2274_2024030321404855d.jpg

DSCN2269_20240303214048a39.jpg

DSCN2270_202403032140519a1.jpg

DSCN2271_20240303214136997.jpg

DSCN2268_20240303214139c27.jpg

DSCN2275_20240303214143567.jpg

(参考)「SPA&HOTEL舞浜ユーラシア」(こちらで記載

テーマ : 日帰り温泉 - ジャンル : 旅行

座頭市物語発祥の地/萩園公園/旭市の温泉

〇座頭市物語発祥の地  旭市萩園1437

 「座頭市」は飯岡の人物ということで、飯岡に記念碑が建てられています。
 道路沿いに座頭市物語発祥の地であることを示す石柱が建っています。
 また、いいおか潮騒ホテル駐車場に、子母澤寛さん小説の冒頭が記された石碑があります。

DSCN9081_202012181947244e2.jpg

DSCN9084_20201218194725232.jpg

DSCN9083.jpg

DSCN9082_20201218194728889.jpg

DSCN9077_20201218194730ac8.jpg

DSCN9076.jpg

DSCN9079_2020121819473294c.jpg

DSCN9078_20201218194734596.jpg


〇萩園公園  旭市萩園1441-5

 イベント広場、展望台、駐車場、休憩施設等が整備されています。

DSCN9113_2020121819513560e.jpg


<飯岡ライオンズ公園/津波被災の碑>

DSCN9097_20201218195136408.jpg

DSCN9098_20201218195138de1.jpg


<波と飯岡石のモニュメント>

DSCN9108_2020121819513982b.jpg

DSCN9109_20201218195141442.jpg

DSCN9110_20201218195142b8f.jpg


<鎌田七右衛門翁の頌徳碑>

DSCN9096_20201218195500ba5.jpg

DSCN9099_20201218195502e42.jpg


<潮騒ふれあい広場>

 「あしたのジョー」の矢吹丈と力石徹の二頭身銅像が設置されています。
 ちばてつやさんが旧飯岡町に住んでいたことがあるのが縁で設置されたようです。
 「ちばてつやが育った町」のプレートが付されています。

DSCN9107_202012181957459e5.jpg

DSCN9104_202012181957479bc.jpg

DSCN9106_20201218195748442.jpg

DSCN9111_20201218195749451.jpg


<飯岡海岸護岸竣工碑>

DSCN9112_202012181959222ff.jpg

DSCN9102_202012181959230a3.jpg

DSCN9101_20201218195925532.jpg


【旭市の温泉施設】
かんぽの宿 旭 旭市仁玉2280-1 0479-63-2161

 日帰り入浴施設があります。

DSCN9014.jpg


〇矢指ヶ浦温泉(やさしがうらおんせん) 千葉県旭市足川3918 0479-64-2218
  定休5・20日 650円 12:00-21:00
  千葉県第1号認定の温泉。


天然温泉 旭の湯 旭市東足洗字浜方2778-47 0479-62-1126
 
 日帰り温泉施設です。

DSCN9066_20201218200559aa8.jpg

DSCN9065_20201218200600c29.jpg

DSCN9067_202012182006015c5.jpg

DSCN9069_2020121820060303d.jpg

 <八福温泉神社>
  裏手の目立たないところに建っています。

DSCN9072_20201218200604de6.jpg


いいおか潮騒ホテル(旧食彩の宿いいおか)  旭市萩園1437 0479-85-6677 9:00-15:00 800円

 東日本大震災の影響で休業していた国民宿舎食彩の宿いいおか荘は、平成27(2015)年に「いいおか潮騒ホテル」として営業を再開しています。

DSCN9100_2020121820090048e.jpg

DSCN9073_202012182009015cf.jpg

DSCN9074_20201218200903f87.jpg


〇飯岡福祉センター  旭市横根3520 0479-57-5577

 一般入浴施設利用を2020年6月26日から再開。市民外も利用可、300円。


飯岡温泉グロリア九十九里浜  旭市下永井809-67 0479-50-5522 15:00-20:00 800円
 
 旧「健康ランド 伸幸館」の文字が壁に見えます。

DSCN9085_202012182011549b2.jpg

DSCN9086_202012182011550f6.jpg

DSCN9088.jpg

DSCN9090_20201218201158cfb.jpg

DSCN9087_20201218201200ef3.jpg

DSCN9095_20201218201201bb9.jpg

 <飯岡浪切不動尊>

DSCN9091_2020121820140257e.jpg

DSCN9092_202012182014037c7.jpg

DSCN9093_20201218201405661.jpg

DSCN9094_202012182014067a1.jpg

テーマ : 日帰り温泉 - ジャンル : 旅行

tag : あしたのジョー銅像

幸谷観音 寛永2(1625)年の庚申塔

〇幸谷観音 松戸市幸谷179 福昌寺幸谷観音堂

 千葉県最古の庚申板碑を見に、松戸市の幸谷観音へ。福昌寺と面向かいの崖の上に寺谷観音があります。

 福昌寺
DSCN8744_20201210134151c9a.jpg

 幸谷観音
DSCN8762.jpg

DSCN8745_202012101341527a7.jpg

DSCN8746_20201210134154e30.jpg

DSCN8761.jpg

   
<寛永二年銘庚申塔>(松戸市指定文化財)

 山王廿一社文字塔で、千葉県最古の庚申板碑です。

(松戸市HP説明)
「寛永二年銘庚申塔
 寛永二年銘庚申塔は、福昌寺観音堂境内の石造仏群が立ち並ぶ中にあります。経年劣化による碑面の摩滅が激しく、現状では銘文を目視で確認できない状態でありますが、本庚申塔は、形状が江戸時代初期に多く存在した板碑型の形状をしており、寛永二年(1625)の紀年銘が刻まれております。文献資料調査により、現状では千葉県内最古の庚申塔と判断されております。
 また、山王廿一社信仰と庚申講の関わりを示す初期の例であり、歴史資料として価値が高く、貴重な建造物となっています。」

DSCN8725.jpg
   
DSCN8727.jpg


<寺号標と道標>

 「准豫州巌谷寺」とあり、福昌寺ではない寺号標です。文化7年の造立。
 四国八十八ヶ所霊場45番「岩屋寺」を指しているのでしょう。
 台石は「左馬橋道 右小金道」と刻まれており、道標となっています。

DSCN8715.jpg

DSCN8758_20201210133518ed7.jpg

DSCN8757.jpg

DSCN8755_20201210133522ee9.jpg

DSCN8756.jpg


<布袋尊>

DSCN8718.jpg

DSCN8719_20201210133229284.jpg

(説明板)
「松戸史跡七福神、布袋尊
 布袋尊(略)
 当福昌寺は、禅宗・曹洞宗の寺で創建は天正5(1577)年である。境内の観音堂には江戸時代の小金牧の「野馬捕りの絵馬」(松戸市指定重要文化財)が納められている。また、観音堂境内は、縄文時代の遺跡になっている。
  平成24年11月 松戸史談会」

DSCN8720.jpg


<市指定保護樹木モッコク>

DSCN8753_20201210133055abf.jpg

DSCN8754_202012101330560cc.jpg


<石仏群>

DSCN8721_202012101327437ea.jpg

DSCN8748.jpg

DSCN8723.jpg

DSCN8722_20201210132747728.jpg

DSCN8724_20201210132749b42.jpg

DSCN8729.jpg

DSCN8743_20201210132752bbe.jpg

DSCN8747_20201210132753617.jpg


<鐘楼>

DSCN8717.jpg


<一万巻供養塔>

DSCN8716.jpg
  

<達磨大師>

 真っ赤な達磨大師で、塗り改められたばかりの様子です。

DSCN8739_20201210132101ad4.jpg

DSCN8741_20201210132101dc7.jpg


<馬の祠>

DSCN8736_20201210132220813.jpg

DSCN8749_202012101320567b8.jpg

DSCN8737_2020121013205809e.jpg


<手水盤>

DSCN8738_20201210132054821.jpg


<観音堂>

 「野馬捕の献額」(松戸市指定文化財)

DSCN8714.jpg

(説明板)
「幸谷観音野馬捕の献額
 徳川幕府が江戸時代の慶長十九年(一六一四)より幕末まで現在の松戸・柏・沼南・鎌ヶ谷・船橋・習志野などの地域に牧場(小金牧)を作り馬を追い集めて公用馬・払い下げ馬・引き続き放牧する馬などに区別した。
 この絵は小金牧・上野牧(柏市十余二・豊四季)の捕込で行なわれた野馬捕の様子を描いたもので明治十五年元小金佐倉牧野馬奉行であった綿貫正孝ら関係者六十八名がゆかりの、福昌寺へ献納したもので当時の風俗などを知る上にも貴重な記録画である。
 松戸市指定有形文化財 昭和四十一年五月十七日」

DSCN8728_20201210131511deb.jpg

DSCN8730_202012101315122a5.jpg

DSCN8731_20201210131514f7c.jpg


<観音下遺跡>

 縄文時代後期の貝塚です。

DSCN8735_202012101312465e2.jpg

DSCN8734_20201210131247b68.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 庚申板碑遺跡

鈴木真砂女ミュージアム

○鈴木真砂女ミュージアム 鴨川市広場820 鴨川グランドホテル地下1階

 空いているというか貸切状態。無料。卯波(銀座の小料理屋)が懐かしい。

DSCN1443.jpg

DSCN1448.jpg

DSCN1469.jpg

他画像はこちらにアップ

(参考)伊香保温泉に句碑があります

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR