大仙寺 (八潮市浮塚)

○八潮市浮塚

 浮塚は、綾瀬川及び古綾瀬川(現:垳川)左岸の沖積地に位置します。地名は、塚(古墳)が水の中に浮いている様子から起立したと伝えられています。
 浮塚の氷川神社(こちらで記載)は舟が沈没し塚となったため、境内は船の形をしていると伝わり、境内地は古墳であったと推測されています。
 周辺は「谷塚」「竹の塚」などの塚地名が多いところです。
 寛永7(1630)年に、綾瀬川は浮塚のところで南へ直線に改修され古隅田川に落とされ、新流路を綾瀬川・新綾瀬川、旧流路を古綾瀬川と呼ばれました。
 八潮市立資料館のサイトに綾瀬川の河岸一覧が掲載されています。浮塚地域には、「氷川神社裏」「センドウ」「忠治」の各河岸が記載されてります。
 綾瀬川の舟運は、上り荷は主に下肥、下り荷は主に米でした。

○大仙寺 八潮市浮塚741

 寛永13(1636)年、浮塚山大正寺として創建。明治初年に近隣の長泉寺と合寺し大仙寺と改称。 山号は浮塚山。
 西新井組中川通四箇領八十八箇所第5番、荒綾八十八ヶ所霊場第14番です。

 山門
DSCN2548_20231125104504dea.jpg

 垳川対岸東京都から
DSCN2652_20231125104507f12.jpg

 垳川左岸
DSCN2547_20231125104507df7.jpg


<札所碑>

 山門手前左手に札所碑が四基並んでいます。

 左から
 1番目 上半分が失われており「□仙寺」とあります。
 2番目 正面「新四國八十八箇所」、左側面に天保13(1842)年の銘が見えます。
 3番目 八十八しか読めない
 4番目 十四番とあるので、荒綾八十八ヶ所霊場の札所碑かと思います。

DSCN2550_20231125104658d62.jpg

DSCN2551_20231125104700ea1.jpg


<弁財天堂>

 山門入ってすぐ左手に進んだところに建つ真っ赤な堂宇の弁財天堂です。

DSCN2552_2023112510470137c.jpg

DSCN2555_2023112510470382f.jpg

DSCN2553_20231125104706281.jpg

 堂内には蛇の絵馬が奉納されています。

DSCN2554_20231125104709055.jpg

 ちなみに、垳川対岸の神明の赤稲荷神社と東稲荷神社も真っ赤な堂宇です。


<参道>

DSCN2556_202311251049019ca.jpg


<六地蔵>

 参道右手と左手にそれぞれ「六地蔵」があります。

DSCN2557_20231125104904b81.jpg

DSCN2566_20231125104904ec5.jpg


<庚申塔など>

 参道左手に石仏が四基並んでいます。

DSCN2558_202311251050447a2.jpg

 左から、
 ・宝永7(1710)年の地蔵で、地蔵右側に「地蔵菩薩」の文字が見えます。
DSCN2559_20231125105046ad6.jpg

 ・延宝7(1679)年の地蔵で、地蔵右側に「光明真言」の文字が見えます。
DSCN2560_20231125105047373.jpg

 ・元禄2(1689)年の地蔵で、地蔵右側に「光明真言」の文字が見えます。
DSCN2562_20231125105050354.jpg

 ・宝永3(1706)年銘の庚申塔です。
DSCN2562_20231125105050354.jpg

DSCN2563_20231125105053f15.jpg


<大師堂>

DSCN2565_20231125105456988.jpg


<本堂>

DSCN2567_20231125105459cb2.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場綾瀬川

不動院(矢納弁天)

○江亀山不動院(矢納弁天) 足立区南花畑3-25-8

 不動院は、天喜2(1054)年に開山されたと伝えられています。荒綾八十八ヶ所霊場85番札所です。
 矢納弁天社は、源義光が矢を納めたことから矢納弁天と称されるようになったといわれています。また、花又村は源義光が名付けたと伝えられています。

「東都花暦名所案内」

 「東都花暦名所案内」に「矢納弁天」と記されています。江戸時代には鷲明神とともに認識されていたことが伺えます。

yaosame.jpg


【下妻街道の道標】

<宝永三年(1706)銘道標> 足立区立郷土博物館(移設元:足立区青井5-1下妻街道)

 宝永3(1706)年銘の蛇体(宇賀神)を主尊とする「花又村 不動院」への道標です。

 「是より□□□
  花又村 不動院ヘヨシ
  施主 中村□太夫」

DSCN9307_202209051440423f1.jpg

DSCN9307b.jpg

DSCN9304_20220905144045326.jpg


<宝永三年(1706)銘道標> 六町神社社務所(足立区六町1-11-21)

 宝永3(1706)年銘の蛇体(宇賀神)を主尊とする「花又村 不動院」への道標です。上記と同型です。

 「是より□□□
  花又村 不動院ヘヨシ
  施主 中村□太夫」

DSCN9522_202209051442314e7.jpg

DSCN9523_20220905144233f8a.jpg

DSCN9524_20220905144236d16.jpg

DSCN9525_202209051442364d7.jpg


<鷲大明神・矢納弁才天道 道標> 六町神社社務所 足立区六町1-11-21

 鷲大明神・矢納弁才天への道標が六町神社にあります。

 (正面)「鷲大明神 矢納弁才天 道」
 (右面)「東 八条領 二合半領 道
       榎戸 八丁 千住 壹里」
 (左面)「西 此道馬ひく編可ら須」
 (裏面)「□永二年 酉二月」
     ※「□永二」と「酉」の組合せは宝永と嘉永のみ。宝永2(1705)年か、嘉永2(1849)年のどちらか。

DSCN9500_202209051444181cd.jpg

DSCN9501_20220905144420cb3.jpg

DSCN9503_20220905144423e75.jpg

DSCN9506_202209051444230b7.jpg
     

※「馬ひくべからず」とあるのは、下妻街道は参詣者が多く安全確保とか、宗教上の理由からでしょうか。下妻街道は馬を曳いて下肥を運べないとなるので、下肥は綾瀬川を舟で運んでいたこととなります。
   
「東都花暦 隅田堤之桜」(英泉)では、隅田堤を長綱で馬を曳いています。明治時代になると東京府内は条例で長綱で馬を曳くことや、下肥の桶に蓋をしないことは禁止されました。 

totohanagoyomi.jpg

totoeisen.jpg


<不動院山門>

 山門左手に寺号標、右手に霊場札所碑などがあります。

DSCN9413_202209051447491b9.jpg

DSCN9412_2022090514475124f.jpg

DSCN9447_20220905144751279.jpg


<三界萬霊塔>

DSCN9410_20220905144753c22.jpg


<札所碑等>

DSCN9411_202209051839473dd.jpg

 左は上半分が折れて失われているようです。蛇体(宇賀神)が陽刻された道標の下半分と表記がそっくりです。

DSCN9411a.jpg

 右が荒綾八十八ヶ所霊場85番札所の札所碑です。

DSCN9411b.jpg


<庚申塔四基>

 本堂右脇に庚申塔が四基並んでいます。

DSCN9417_20220905184219515.jpg

左から、
・寛文7(1667)年銘の三猿庚申板碑
 中央「奉待庚申二世安樂処」

DSCN9418_20220905184402c77.jpg

・明和4(1767)年銘の青面金剛庚申塔

DSCN9419_20220905184405cb6.jpg

・造立年不詳の青面金剛庚申塔

DSCN9420_202209051844050dd.jpg

・弘化3(1846)年銘の庚申文字塔
 台座に「榎戸講」

DSCN9421_20220905184409009.jpg

DSCN9445_20220905184409c78.jpg

(説明板)
「不動院の庚申塔群
 正面に向かって左から寛文七年(一六六七)銘・明和四年(一七六七)銘・年不詳・弘化三年(一八四六)銘
 不動院は山号を江亀山、寺号を薬王寺とする真言宗豊山派寺院である。寺伝によれば天喜二年(一〇五四)、源範僧都開山とされ、本尊薬師如来を安置する。
 山門を入って右、本堂脇に立つ四基の石造物は庚申塔と呼ばれる。
 庚申塔は、我が国で平安時代以来盛んであった庚申信仰に基づいて造立された。この信仰は古代中国の道教から発生し、六十日でひと回りする十干十二支の「庚申」の夜、寝入ると体内から三尸という虫が天に昇りその人の日頃の悪事を天帝に告げ、寿命が縮まるので徹夜をして三尸が抜け出るのを防ぎ長寿を祈る俗信である。時代が下ると庶民にも広がり、江戸時代には村々に講が結成され、順番に宿を決め寄り集まって夜通し娯楽に興じることが主な目的となった。三年で結願とされ、庚申塔が造立された。
 庚申信仰が石造物として最初に現れるのは中世の板碑である。寛文七年銘の板碑型の形態は、庚申塔が板碑から他の形へ移行する過程で多く造立された。明和四年銘は駒型で、庚申塔として最も典型的な青面金剛が陽刻される。この二基は、複数の造立者名とともに三猿を刻んでいる。年不詳の庚申塔は、角柱型で青面金剛が邪鬼を踏んでいる。弘化三年銘は駒形で、「庚申塔」と文字が刻まれている。台石には、「榎戸講」というこの付近にあった講の名が刻まれている。一般的には青面金剛等の主尊を刻まず、文字を刻む庚申塔は、新しいものが多く、この庚申塔も江戸時代末期に造立されたものである。
 四基の庚申塔は、旧花又村内に造立されたものが後に不動院に集められたと思われる。江戸時代の地域の信仰や習俗を知る資料として、いずれも平成十八年三月に足立区登録有形民俗文化財となった。
  平成二十二年三月  足立区教育委員会」

DSCN9409_2022090519485291f.jpg


<矢納弁財天>

 本堂右手奥に、昭和51(1976)年に再建された矢納弁財天堂があります。後三年の役の戦勝祈願の成就をした源義光が矢を納めたことから、矢納弁天と称されるようになったといわれています。

DSCN9414_20220905195013ee5.jpg


<手水鉢>

 宝暦14(1764)年銘の手水鉢です。

 「宝暦十四甲申三月吉日」
 「神田大工町 勝田利右衛門」

DSCN9415_20220905195015972.jpg


<狛犬>

 「榎戸 若者中」の奉納です。

DSCN9422_202209051951412f8.jpg

DSCN9423_20220905195144d77.jpg

DSCN9444_202209051951445ef.jpg


<矢納弁財天堂>

DSCN9424_20220905195244e19.jpg

DSCN9426_20220905195247155.jpg

DSCN9425_20220905195247f74.jpg


<矢収辯財天供養塔>

 新羅三郎義光の名が刻まれている嘉永2(1849)年銘の矢収辯財天供養塔です。蛇体(宇賀神)が陽刻されています。弁財天は音楽・芸能の上達に霊験があり、江戸時代には「花柳界」の芸子たちに特に篤く信仰されました。綾瀬川を舟で上り、あるいは千住から下妻道を利用して、多くの参詣者が訪れました。

 (正面)「新羅三郎□□朝臣」
     「矢収辯財」
 (左側面) 「嘉永二〜建之」の銘があります。
 (右側面) 願主が刻まれていますが破損で読めません。

DSCN9427_202209051954163c6.jpg

DSCN9427b.jpg

DSCN9446_2022090519541921d.jpg

DSCN9428_2022090519542279a.jpg


<奉献石燈籠>

 寛永9(1632)年に、信濃上田藩第二代藩主の仙石政俊が増上寺の台徳院霊廟に奉献した石燈籠です。台徳院は2代将軍・秀忠です。今まで見た奉献石燈籠の中で、一番の大きさです。

DSCN9437_2022090519552969a.jpg

DSCN9442_20220905195532cf6.jpg

DSCN9441_202209051955322c1.jpg

 「奉拜進
  台徳院殿 尊前」
 「寛永九壬申年七月二十四日」(二が赤く塗られていない)
 「仙石兵介源政俊」

DSCN9432_2022090519563835a.jpg

DSCN9433_20220905195640d6b.jpg

DSCN9434_2022090519564332c.jpg

DSCN9436_2022090519564380f.jpg


<修行大師像/六地蔵等>

DSCN9431_20220905195809b37.jpg

DSCN9438_202209051958125af.jpg

DSCN9439_20220905195811f7b.jpg


<本堂>

DSCN9440_20220905195916b5a.jpg

DSCN9430_20220905195919041.jpg

DSCN9429_20220905195919153.jpg

 本堂右手に、再建寛政記念碑があります。
 「本堂 弁財天堂 山門客殿庫裡
  不動院再建完成記念碑
  昭和五十一年四月」

DSCN9443_202209051959229c7.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 綾瀬川花畑源義光奉献石燈籠荒綾八十八ヶ所霊場庚申板碑下妻道

桑袋大橋(蛇伝説)

○桑袋大橋 足立区花畑7丁目~花畑8丁目

 綾瀬川に架かる桑袋大橋は、平成2(1990)年に蛇橋の上流に架橋されました。橋には、ヘビをかたどったモニュメントや、伝説をイメージした飾りがつけられています。

DSCN9328_20220831201757dbd.jpg


 橋名柱の4カ所全てに、蛇がのっています。

DSCN9329_20220831201759bdb.jpg

DSCN9337_20220831201802371.jpg

 伝説を語る欄干の装飾となっています。

花又村と大曽根村の間を綾瀬川が流れていました。
DSCN9330_20220831201936fb5.jpg

花又村の村人は、大増水し、いまにも氾濫しそうになった綾瀬川を見はっていました。
DSCN9331_20220831201939024.jpg

名主新八は、大曽根村を水から救うため、獅子舞いの獅子頭をかぶり、竜にみせて花又村に泳いで行きました。
DSCN9332_202208312019394bf.jpg

新八が土手を切りだしました。花又村の村人は怒り、新八をなぐるやけるやで、片目をえぐり、濁流の中へたたきこみました。
DSCN9333_20220831201941f61.jpg

その後、大蛇があばれまわり、村人さえもよりつかなくなりました。
DSCN9334_20220831201944931.jpg

江戸の役人が将軍吉宗に報告し、金五両が下賜され、「蛇橋」「蛇塚」をつくり供養しました。それから蛇はでなくなりました。
DSCN9335_202208312019430e7.jpg

 桑袋大橋上流
DSCN9336_20220831202148788.jpg

 桑袋大橋下流
DSCN9339_20220831202151be6.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 綾瀬川花畑

蛇伝説/蛇橋/元蛇橋公園/蛇橋の伝承

○蛇橋 足立区花畑8丁目2・3番〜花畑8丁目8・9番

 かつて、蛇橋は、毛長川・伝右川・綾瀬川三川合流点の綾瀬川上流に架かっていた木橋です。 蛇橋は老朽化のため、平成2(1990)年9月に閉鎖、平成3(1991)年に撤去されています。桑袋記念公園内の記念碑に蛇橋の由来が記載されています。

<蛇橋架橋場所>

DSCN9386b.jpg


 昭和33(1958)年航空写真(足立区立郷土博物館)

 航空写真に蛇橋が見えます。

DSCN9600_20220911083854f75.jpg


(左岸)
 蛇橋が架かっていた綾瀬川左岸です。対岸下流には「桑袋ビオトープ公園」が見えます。

DSCN9359_20220831200538924.jpg

DSCN9358_20220831200538270.jpg

(右岸)
 綾瀬川右岸から左岸を見たところです。左岸の左手に「元蛇橋公園」があります。

DSCN9381_20220831200541685.jpg

DSCN9380_20220831200541d5f.jpg


○蛇橋親柱 足立区立郷土博物館

 足立区立郷土博物館に「蛇橋」の親柱が保存されています。

 「蛇橋」「へびばし」
 「昭和三十九年五月三十日」

DSCN9317_20220831200244026.jpg

DSCN9316_202208312002466e1.jpg

DSCN9313_20220831200249297.jpg

DSCN9314_2022083120024978c.jpg

(説明板)
「大曾根村(現・埼玉県八潮市)名主新八母子の悲劇を伝える<蛇橋>は、新桑袋大橋開通に伴って、去る平成2年9月に閉鎖され、寛永年間以来といわれる歴史を閉じた。」

DSCN9315_20220831200252fc7.jpg

DSCN9312_20220831200255676.jpg


 昭和46(1971)年10月に撮影の蛇橋(足立区立郷土博物館)

hebibashi.jpg


○元蛇橋公園 足立区花畑8-8-1

 公園の西に、蛇橋が架かっていたことから命名された元蛇橋公園です。雑草に覆われ遊べない公園でした。

DSCN9350_20220831200852ce9.jpg

DSCN9351_20220831200854c57.jpg

DSCN9356_20220831200854563.jpg

DSCN9348_20220831200857b3b.jpg

DSCN9355_20220831200857975.jpg


<解散記念碑(桑袋土地区画整理組合)>

 桑袋土地区画整理組合の大きな解散記念碑があります。碑裏に「蛇橋の由来は桑袋記念公園の記念碑に記載されています」とあり、次に桑袋記念公園に向かいます。

DSCN9352_20220831201018218.jpg

DSCN9353_20220831201021217.jpg

DSCN9354_20220831201021289.jpg

DSCN9360_202208312010247e1.jpg


○桑袋記念公園 足立区花畑8-11-1

 桑袋土地区画整理組合の大きな竣工記念碑記念碑の裏に「蛇橋の伝承」が記載されています。雑草で覆われ遊べない公園でした。バスケットゴールが設けられ、そこは雑草はありませんでした。

DSCN9370_20220831201223acc.jpg

DSCN9371_20220831201226ee5.jpg

DSCN9369_202208312012268e6.jpg


<桑袋土地区画整理組合 竣工記念碑>

DSCN9361_20220831201433adc.jpg

DSCN9368_20220831201436eb0.jpg


(碑裏)
「蛇橋の伝承
 綾瀬川に架けられていた、今はなき蛇橋にまつわる悲しい昔話が、足立と八潮に語り伝えられている。
 綾瀬川は治水の難しい川でよく氾濫したが、江戸に近い足立川(側)の堤は高く、八潮川(側)は低かった、ある時、増水で村の洪水を心配した大曾根の名主新八が鎮守の獅子頭で身を隠し対岸の堤を切って水争いとなり、哀れな最後を遂げてしまった。八潮では、この時獅子頭が花又に奪われたといい、花又ではこの水争いの死者を供養して獅子頭を奉納するようになったという。
 堤を切ったため、幕府は厳罰に処して新八の家を取り潰したが、この悲運で狂気した母親が「新八や、蛇になれ」と叫んで川に身を投げた。その後、この怨念か、二匹の大蛇が村人をおびやかしていると、八代将軍吉宗の耳にも達した。こうして蛇橋と蛇塚が作られ供養した。
 蛇の話は、綾瀬川流路変更に結びつけた寓話だろう。
  平成七年五月吉日建立
  桑袋土地区画整理組合役員(以下略)」

DSCN9367_20220831201604ef6.jpg

DSCN9364_202208312016075c2.jpg

DSCN9366_20220831201607005.jpg


○綾瀬川の蛇伝説

 蛇橋にまつわる伝承は以下の通りです。源義光に関する伝承と、名主新八に関する伝承があります。

・足立区HP:足立の昔話 名主新八と蛇橋
「昔、花又村と大曽根村の間を綾瀬川が流れていました。小菅にしょうぐん家のやしきができたとき、花又村の岸にていぼうが作られました。そのため大雨の後は大曽根村の方ばかりに水が流れてくるようになりました。ある夏、こう水になったとき、大曽根村の名主の新八が村をすくうため、ていぼうをこわして水を小菅側に流そうとしました。これにおこった花又村の人たちは新八をていぼうの上でころしてしまいました。新八の母は悲しんで「新八や、ヘビになれ」とさけび、自分も身投げしてしまいました。
 それから村人が川のそばを通ろうとすると、大木がとつぜん大きなヘビとなって動き出しました。これは新八親子のせいだと思った村人は石ひをたてて、くようしました。その近くにかけられた橋を「へびばし」とよぶようになったということです。」

・八潮市HP:八潮のむかしばなし(十七話)蛇橋
「江戸時代の中ごろまでの綾瀬川は、後谷村から西へ大きく蛇行し、大曽根村へ深くくいこんでいた。足立郡側は、幕府の直轄地で、小菅村には将軍様の鷹狩りのお休み所の小菅御殿があり、堤は、厳重につくられていた。反対側の大曽根村は、森川下総守様の領地で、よく土手がきれ、洪水にあったそうな。
 秋の収穫のまぎわに、村人は、豊年万作を祝う秋祭りの準備と獅子舞いの練習に余念がなかった。反対に大曽根の名主新八だけは、秋のとり入れ前にうかぬ顔をして、村めぐりをしていた。
 ついに名主新八が心配する長雨がきて、川幅のせまい綾瀬川は大増水し、いまにも氾濫しそうになった。
 名主新八は、大曽根村を水から救うため、獅子舞いの獅子頭をかぶり、腰に長い布をたらし、竜にみせて花又村におよいでいった。
 上野輪王寺領の花又村の村人は、大曽根村が決壊寸前なので、今年も土手の心配がないと安堵していた。ところが、一匹の竜が大曽根村からうねりながらわたってくる。一目散ににげ、遠くのほうで見ていると、竜が土手を切りだした。将軍様からお預かりしている土手が切られたら一大事と、とって返すと、獅子頭をかぶっているのは大曽根村の村人である。とんでもない野郎だ。なぐる
やけるやで、片目をえぐり、濁流の中へたたきこんだ。花又村が、大出水となり、幕府の役人が調べてみると、大曽根村の名主が堤を切ったとのこと、名主の家は、竹でかまえられてしまった。この悲惨な出来事に老母は気が狂い、毎晩「新八や蛇になれ、わしも蛇になる。親子とも大蛇になり、恨みをはらすのだ。」とさけびながら綾瀬川に身を投じた。その後、二匹の大蛇はふきんをあば
れまわり、村人さえもよりつかなくなった。
 あるとき、江戸の役人浅田近右衛門と妹のしづが船にのり、大曽根村へさしかかると、片目の蛇と白い蛇が浅田近右衛門にたちむかってきた。近右衛門は刀を抜き、切ってすてようとし立ち上がると、船が転覆し、妹しづがゆくえ知れずとなった。いろいろ調べると先のような話で、このことを将軍吉宗様に報告し、金五両を下賜され、「蛇橋」「蛇塚」をつくり供養したという。それから蛇はでなくなったそうな。」

・埼玉県HP:綾瀬川にまつわる伝説「蛇橋」

・八潮市HP:八潮のむかしばなし(四話)源義光と綾瀬川
「むかし、なんでも源義家が東国に征伐にいったとき、合戦で難儀したそうな。
 義家の弟に源義光がおって、兄じゃの応援に向かうとちゅう大曽根をとおりかかった。義光はちょうど綾瀬川のところで道にまよったんだと。
 そこで休んでいたところ、北から南に流ながれていた川の水が、急に南から北へ流れをかえたそうな。
 川がいきさきをおしえてくれたというので、その方向へ出陣し、兄の義家をたすけ、大勝利をおさめたんだと。
 戦からの帰り道みち、出陣の方向をおしえてくれたところにたちより、橋をかけたそうな。その橋が蛇橋だそうな。」

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 綾瀬川花畑源義光

毛長川・伝右川・綾瀬川三川合流

○毛長川・伝右川・綾瀬川三川合流点 足立区花畑8丁目

<三川合流点>

 奥が綾瀬川、手前から伝右川、毛長川が流れ込みます。三川合流点は、ここが東京23区内とは思えない光景です。

DSCN9375_20220831194919e24.jpg

DSCN9376_2022083119491906b.jpg


 伝右川の伝右橋から川に沿って下流に進むか、桑袋ビオトープ公園の裏門から綾瀬川に出て、川に沿って下流に進むと三川の合流点に着きます。 桑袋ビオトープ公園に寄ったので、裏門から出て綾瀬川から合流点に行きました。

DSCN9379_20220831194914cb1.jpg

DSCN9378_202208311949167c5.jpg


<伝右橋> 足立区花畑7丁目〜花畑8丁目

 伝右川最下流の伝右橋です。下流には国土交通省の伝右川排水機場があります。

DSCN9387_20220831195143f6b.jpg

DSCN9389_20220831195146ccf.jpg

DSCN9388_20220831195146794.jpg

DSCN9373_20220831195149ad3.jpg


<鷲宮橋> 足立区花畑7丁目

 毛長川最下流の鷲宮橋です。

DSCN9390_202208311953204ad.jpg

DSCN9393_20220831195323615.jpg

 毛長川下流
DSCN9391_202208311953263db.jpg

 毛長川上流
DSCN9392_20220831195326826.jpg


○足立区立桑袋ビオトープ公園 足立区花畑8-2-2 HP

 桑袋小学校跡地に2005年5月に開園した足立区立の公園です。園内に「あやせ川清流館」があります。

DSCN9384_202208311956401a7.jpg

DSCN9382_2022083119564335a.jpg

DSCN9385_2022083119564392f.jpg

DSCN9383_20220831195646001.jpg

DSCN9372_202208311956461cb.jpg

DSCN9374_202208311956481ca.jpg

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

tag : 綾瀬川毛長川花畑

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR