【休館】足立区立郷土博物館

○足立区立郷土博物館 足立区大谷田5-20-1 03-3620-9393 HP

 ※改修休館中:令和5(2023)年1月~令和7(2025)年3月
 以下は、休館前の記録です。

 入館無料日が多々設定されています。

DSCN9582_20220912234302ed6.jpg

DSCN9581_20220912234305c97.jpg


【屋外展示】

 屋外展示の庚申塔や馬頭観音です。屋根修理予定のため囲われて近寄れませんが、展示左から順に記載。

DSCN9295_20220913010019439.jpg

DSCN9308_20220913010022434.jpg

(掲示)
 「屋根修理予定の為、囲ってあります。
  立ち入らなうようご協力よろしお願いします。
  立入禁止
      郷土博物館」

DSCN9311_202209130100223ce.jpg


<用水桶> 説明なし

DSCN9572_20220913010239a85.jpg


<蓬来石/力石>

 文政10(1827)年銘の蓬来石一基と力石が五基が集められています。

DSCN7141_20220623220238c3f.jpg

DSCN9573_2022091301051964f.jpg


<庚申塔(文政年間銘)> 移設元:足立区江北2 江北橋土手下

 下沼田村の庚申講中が文政年間に造立。覆屋に納められています。

DSCN9294_20220913010636e76.jpg

DSCN9293_20220913010639960.jpg


<正八幡宮道標> 移設元:足立区竹の塚2-9-1

 増田橋(赤山道/日光道)に設置されていた道標です。別途記載

DSCN9280_20220901001226006.jpg


<一心講の碑> 移設元:足立区千住4-5旧大野家庭先

 富士講の一心講が昭和10(1935)年に建立。

(説明板)
「一心講の碑
もと千住四丁目5番、旧大野家庭先にあったものをここに移した。富士登山三十三度の大願成就を記念して、一心講の先達大野亀太郎のために講中が昭和10年に建てたものである。足立区は富士講が盛んで、富士塚が8基あり、多くの講中が組織されていた。現在でも区内七富士巡りなどが行われている。」

DSCN9296_202209130109089d5.jpg

DSCN9296b.jpg


<橋供養塔> 移設元:足立区花畑6-25

 安永2(1773)年銘の大鳥神社への道にあった大鳥橋の供養塔です。
 「□本廻國供□橋」

DSCN9297_20220913011147fe6.jpg

DSCN9297b.jpg


【馬頭観音二基】

DSCN9298_20220913011247547.jpg

DSCN9298c.jpg

<馬頭観音坐像>

DSCN9298a.jpg

<馬頭観世音石祠>

 石祠型庚申塔があるように、石祠型の「馬頭観世音」です。

DSCN9298b.jpg


<花畑・六木の分岐点道標> 移設元:内匠橋 (こちらでも記載

 明和4(1767)年銘の「庚申講中」による道標です。 「庚申講中」が造立したので、道標型庚申塔ですか?

 (正面)「左 棋戸道 是ゟ千住迄 一里半」
 (右面)「右 ニがう半道 是ゟ戸ヶ崎渡場迄 廿丁」
     「明和四丁亥十一月吉日庚申講中」

DSCN9299_20220905143659850.jpg

DSCN9299b.jpg


<学童集団疎開平和記念碑>

 令和2(2020)年10月建立と新しい碑です。

DSCN9574_202209130120109b7.jpg

DSCN9575_202209130120131f2.jpg


<石臼>

DSCN9615_20220913012013f82.jpg


<甲良屋敷山神祠跡> 移設元:足立区千住旭町10-31(千寿常東小学校内)

 甲良屋敷には邸内に5つの社があったようです。

DSCN9576_20220913012140813.jpg


<安養院礎石> 移設元:足立区千住元町

 安養院については、こちらで記載しています。

DSCN9309_20220913012142c45.jpg

DSCN9310_2022091301214547b.jpg


<小溜井引入口圦> 移設元:垳川 (こちらでも記載

 垳川にあった小溜井引入口圦が置かれています。他にもう一基「弥五右衛門前圦」がありますが、よくわかりません。

DSCN9300_20220904200600758.jpg


【下妻街道石碑】

DSCN9301_20220913012725d53.jpg

<百躰庚申塔(嘉永元年銘)> 移設元:足立区青井5-1下妻街道

 嘉永元(1848)年銘の庚申塔(百躰庚申塔)です。二ツ谷庚申講中が造立。

DSCN9305_20220913012728c45.jpg

DSCN9302_20220913012728e7f.jpg

<青面金剛庚申塔(寛政十二年銘)> 移設元:足立区青井5-1下妻街道

 寛政12(1800)年銘の庚申塔です。二ツ谷庚申講中が造立。

DSCN9306_20220913012835159.jpg

DSCN9303_202209130128389a9.jpg

<宝永三年(1706)銘道標> 移設元:足立区青井5-1下妻街道 (こちらでも記載

 宝永3(1706)年銘の蛇体(宇賀神)を主尊とする「花又村 不動院」への道標です。六町神社社務所境内覆屋にある道標と同型です(こちら)。

 「是より□□□
  花又村 不動院ヘヨシ
  施主 中村□太夫」

DSCN9307_202209051440423f1.jpg

DSCN9307b.jpg

DSCN9304_20220905144045326.jpg


<旧足立区立第二中学校校歌石碑> 移設元:足立区千住曙町34-12(現:東京未来大学)

 昭和の俳人石田波郷が作詞した歌詞を、自筆原稿のまま刻んだ校歌碑です。

DSCN9613_20220913013459096.jpg

DSCN9614_20220913013502e64.jpg


<裏門堰> 移設元:足立区西綾瀬1-8-1

 「裏門堰」「大正四年三月竣工」と刻まれています。説明板がないので、詳細はよくわかりません。 裏門堰については、こちらで記載しています。

DSCN9580_20220912184515aa8.jpg

DSCN9577_20220912184517d1f.jpg

DSCN9578_20220912184520286.jpg

DSCN9579_20220912184520962.jpg


<蛇橋親柱> 移設元:足立区花畑8丁目2・3番〜花畑8丁目8・9番

 別途記載

DSCN9317_20220831200244026.jpg


<写真展示>

 昔の写真が展示されています。ガラスに光が反射して見えにくいです。お化け煙突だけ撮影。

DSCN9319_20220913013959da5.jpg


【館内展示】
【東郊農村の誕生】
<移住と開発の奨励>

 代官伊奈忠治は、移住と新田開発を勧め、新田開発者に5か条の開発定書を交付しました。新田には、開発した人物の名前が付けられる例が多く見られます。

※新田開発者名
 パネルから新田開発者名をピックアップ。
 「芦川内匠」「星野彦六」「天野国忠」「佐野新蔵胤信」「渡辺小衛門常頓」「伊藤嘉兵衛」「金子五兵衛」「河合平内」「浅田長右衛門」「京極弥五郎」「吉田四郎兵衛」「石出掃部介吉胤

DSCN9592_202209122345419be.jpg

DSCN9584_20220912234544c61.jpg

DSCN9585_202209122345441e7.jpg


<米穀の流通>

 米穀の流通には綾瀬川の舟運が主に利用されたことが伺えます。

DSCN9590a_202209122345477ed.jpg


【下肥の利用】
 (下肥についてはこちらで記載

DSCN9591_20220912235234a65.jpg


<コエタンゴ(肥桶)/コエビシャク>

 肥桶は天秤棒で担いで運びます。重さは一荷で80キロほどになります。肥桶には蓋がついていますね、明治維新後、肥桶に蓋をすることが義務付けられました。

DSCN9586_20220912140306120.jpg

DSCN9588_20220912140306905.jpg

DSCN9589_20220912235240dfb.jpg

DSCN9587_20220912235240b2d.jpg


<汲み取りのシステム>

 汚わい船、人力による下肥の輸送経路が描かれてがいます。

DSCN9593_20220912140303a1e.jpg


<肥溜め>

 肥溜めのシステムのパネルです。

DSCN9594_20220912235245bb8.jpg


【花づくりの発展】

 チューリップを早く咲かせるための温室は足立区で発明されました。大正期には最新式のガラス温室「チューリップフレーム」を利用した栽培が試みられ、また、大正5年に足立区島根の鴨下金三氏によって完成された冷蔵によるチューリップの促成栽培は、「足立のチューリップ」として全国にその名をとどろかせました。
 鴨下金三氏の墓が実性寺にあります(こちらで記載)。

DSCN9595_202209112121454b7.jpg


【やっちゃ場】

 別途記載

※ここまで1階の展示です。
※ここから2階の展示です。

【お化け煙突と工業化】

 千住火力発電所は、大正15(1926)年1月に建設されました。昭和38(1963)年に発電所は解散され、煙突は昭和39(1964)年秋から取壊され11月末には姿を消しました。五所平之助監督の映画「煙突の見える場所」(昭和28(1953)年)で全国的に知られるようになりました。(お化け煙突については、こちらで記載

DSCN9598_20220912143133cfc.jpg


<千住火力発電所の1/200の模型>

DSCN9597_20220912143135c08.jpg


「煙突の見える場所」(五所平之助監督作品。昭和28年公開)

DSCN9602_20220912143138856.jpg


「お化け煙突(1本〜4本)」(昭和29(1954)年 足立区郷土博物館データベースより)

4126.jpg

4127.jpg

4128.jpg

4129.jpg


「取壊し中の4本煙突」(昭和39(1964)年 足立区郷土博物館データベースより)

4289.jpg


【東郊の名所】

 色々と掲示されていますが「六阿弥陀」関連をピックアップ。
 (六阿弥陀についてはこちらで記載

「六阿弥陀根本木余如来略縁起」

 この冊子は六阿弥陀伝説を記した木版の印刷物で広く江戸の人々に読まれました。

DSCN9599b.jpg

DSCN9599c.jpg


「武州江戸六阿弥陀巡拝之図」(文政12(1829)年)

 文政12(1829)年に六阿弥陀四番与楽寺が作成した「武州江戸六阿弥陀巡拝之図」です。

DSCN9604_20220913002102f33.jpg

DSCN9603_20220913002105a70.jpg

 展示物と同じ巡拝図がデータベースにありました。

rokuamidazyunpai.jpg


【高射砲陣地】

 足立区には東京を空襲から守るための高射砲陣地(8か所)と、夜間空襲に備える照空灯陣地(3か所)が設けられていました。
 「保木間高射砲陣地」写真や、高射砲陣地関連の収蔵品が展示されています。 (B29のタイヤについて、別途記載

<展示パネル>

 「高射砲陣地」「照空灯陣地」「墜落箇所」が図示されています。
 B29は、入谷町(昭和20/5/26)、嘉兵衛町(昭和20/4/13)、荒川で墜落(昭和20/3/10)。
 陸軍「屠龍」の体当たりで荒川に墜落(昭和19/12/27)。

DSCN9609_20220911161314105.jpg

<高射砲保木間陣地>

 高射砲保木間陣地は、昭和18(1943)年に設置され、12cm高射砲をはじめ18門の高射砲がありました。昭和21(1946)年に撤去されています。
 現在の日光街道西側の西保木間2・3丁目に第二及び第三陣地が、東側の保木間5丁目に第一陣地がありました。
 ・保木間第1陣地(口径12cm高射砲が6門レーダー1基) 足立区保木間5丁目
 ・保木間第2陣地(口径8cm高射砲が6門) 足立区保木間3丁目
 ・保木間第3陣地(口径8cm高射砲が6門) 足立区保木間3丁目・2丁目
 
 第一陣地の跡地である南関東日野自動車株式会社足立支店(足立区保木間5-25-7)のリニューアル工事現場から、
 令和3(2021)年4月に12cm高射砲が出土し、希少性から陸上自衛隊高射学校に移管保存されました。

展示パネル
DSCN9607_2022091116144780c.jpg

DSCN9609b.jpg

「足立区歴史散策マップ」(足立区立郷土博物館発行)より部分抜粋。
DSCN9622_20220911161452352.jpg


<B-29のプロペラ>

 墜落したB29のプロペラ1枚が保存されています。

(説明板)
「B29プロペラ(部分)
 昭和20(1945)年  入谷南中学校寄贈・当館蔵
 昭和20年5月25~26日空襲のとき撃墜されたB29の1機が入谷町(足立区入谷)に落ちました。
 墜落地点近くの地元の人が保存していた#44-69728号機のプロペラの一部です。」

DSCN9606_20220911002917c09.jpg

DSCN9605_20220911002919278.jpg


【東郊の名物フード】

<千住のすずめ焼き>

 「千住名物 鮒寿々め焼」として展示されている千住大橋袂の店は、今はないようです。唯一残っているのが「鮒秋(ふなあき)」(足立区千住2-52)です。 小売りはしていませんが、やっちゃ場に江戸時代から続く川魚問屋「鮒与」があります(こちらで言及)。

DSCN9611_20220913003628b4d.jpg

DSCN9612b.jpg

DSCN9612_2022091300363236c.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 関東郡代新田開発力石下妻道六阿弥陀

葛西用水 六木~北三谷橋

○葛西用水親水水路 足立区六木〜佐野〜大谷田〜東和

 葛西用水親水水路は、埼玉県境から葛飾区境まで3.5km、足立区が設置した親水水路で、平成4(1992)年に全線完成しました。

<葛西用水の歴史 足立区>

 葛西用水は、万治3(1660)年に、郡代・伊奈忠克によって開発された用水路です。

(説明板)
「葛西用水の歴史
 葛西用水は万治三年(1660年)に、郡代伊奈忠克によって開発され、古利根川及び元荒川の水脈を利用し、武蔵東部の荒野を潤す一大用水路として、数回の開削と度々の改修構築を経て作られたものです。
 水路としては都県境から葛飾区との境まで幅員約7m、長さ3.6kmに及ぶ、足立区内最大の水路です。
 歴史上、農業用水として使用され、最近までは開渠の水路空間として残されていました。
 その後下水道の普及に伴い、水質も改善され、コイやフナなどの生息する親水水路としてよみがえり、今ではつりを始めとした区民の憩いの広場として親しまれています。」
  足立区」

DSCN0298_202102031001198c4.jpg

DSCN2279b.jpg

DSCN2279c.jpg


<葛西第一水門> 足立区六木3-38

 葛西用水は垳川に交差し、葛西第一水門から下流に足立区内へ流れていきます。

DSCN9481_20220904200747933.jpg

DSCN9482_20220904200750757.jpg

DSCN9476_20220904200753b86.jpg

DSCN2495_20231124225221b4f.jpg


<いずみ橋> 足立区六木3-38

 水門から最初の橋で人道橋です。

DSCN2494_20231124225218667.jpg

DSCN2285_20231121154559bd0.jpg


<生態ゾーン> 足立区六木3-38

 生態ゾーンでは用水の水面近くまで下りることができます。

DSCN2288_20231121154728a69.jpg

DSCN2281_20231121154730389.jpg

DSCN2286_20231121154731400.jpg

DSCN2287_20231121154733539.jpg

「この親水水路の石積みは次のようになっています。」

DSCN2282_2023112115492261c.jpg


<上之橋> 足立区六木3-38

 いずみ橋の次に架かる車道橋「上之橋」です。

DSCN2289_2023112115502339d.jpg

DSCN2290_20231121155026df3.jpg


<ちびっこ橋>

 ちびっこ橋を渡ると、モニュメント。トイレもあります。

DSCN0299_20210203100115b78.jpg

 花畑川からの導水でしょう。
DSCN0552_20210203100116b75.jpg

DSCN0551.jpg


<六木中央公園> 足立区六木3-34-1

 葛西用水桜通沿いにある通称「カッパ公園」です。

DSCN6291.jpg

DSCN6292.jpg

 公園と歩道の仕切りに、河童が5体並んでいます。
DSCN6293.jpg

DSCN6312.jpg

 歩道との仕切りに河童。
DSCN6303.jpg

 河童の水飲み場。頭の皿が蛇口、甲羅にも蛇口。
DSCN6301.jpg

DSCN6311.jpg

 水遊び場のじゃぶじゃぶ池にも河童が描かれています。
DSCN6309.jpg

 キュウリとカボチャがあります。カッパはカボチャも好物?
DSCN6304.jpg

DSCN6305.jpg

DSCN6306.jpg


○桜木橋 足立区六木3丁目・2丁目

 葛西用水は伏越しで花畑川の地下を渡っています。しばらく水はありません。

DSCN0300.jpg

DSCN0301_20210203095933b45.jpg

DSCN0303_20210203095935658.jpg


○噴水 足立区佐野2-43
 噴水に水はありません。

DSCN0302_20210203095808901.jpg


○足立区立郷土博物館 足立区大谷田5-20-1

 無料公開日の設定が多々あります。

DSC02787.jpg

DSC02786.jpg


○かっぱ橋/かっぱ像 足立区大谷田3-17-20中川小学校前

 カッパが亀の上でしゃがみ鯰を抱えています。

DSCN0307_2021020309551706f.jpg

DSCN0304_202102030955189b7.jpg

DSCN0306_20210203095519af6.jpg

DSCN0305.jpg


○銀河の塔 足立区大谷田1-1

 塔の高さは26メートル。塔の中ほどまで階段で登ることができます。
 「葛西用水親水水路の完成を記念して作られたシンボルタワーで、21世紀に向けた聖火をイメージとしている」 (説明板より抜粋)

DSCN0308_202102030952462cc.jpg

DSCN0311_202102030952479b1.jpg

DSCN0309_20210203095248f50.jpg

(説明板)
「銀河の塔
 この塔は葛西用水親水水路の完成を記念して作られたシンボルタワーです。 
 21世紀に向けての「聖火」をイメージしたものですが、夜になると上部に散りばめられた光ファイバーとライトアップにより美しく浮かび上がるところから「銀河の塔」の愛称名が付けられました。
  21世紀への灯火の塔 平成4年7月完成 足立区」

DSCN0310_2021020309525014f.jpg

DSCN0313_20210203095252ccf.jpg

DSCN0312_20210203095253262.jpg


〇案内表示

 環七大谷田陸橋の南に「八ケ村落し親水緑道 東淵江小」案内表示が出ています。
 左に曲がると、その先で「八か村落し親水緑道」が葛西親水用水としばらく平行しています。

DSCN0523_202102031030282ff.jpg


〇東和親水公園 足立区東和4-6-18

 葛西用水親水水路に隣接し、親水水路の水が公園内の大きな池に引き込まれています。

DSCN0317_202102030944164fd.jpg

DSCN0318_202102030944176c0.jpg

DSCN0319_2021020309441958b.jpg

DSCN0550_20210203094420123.jpg

DSCN0547_20210203094422f2a.jpg

<花園の天女 北田吉正作>

DSCN0548.jpg

 DSCN0549_2021020309420680d.jpg

DSCN0549a.jpg


○碇伏越橋(いかりふせこしはし)

 葛西用水親水水路と八か村落し親水緑道の交差点は、かつて大谷田村碇耕地の地だったため、橋名「碇伏越橋」に碇という土地の名が残っています。また、水路の交差は、伏越であったことも橋名からうかがえます。

DSCN0320_202102020940311cf.jpg

DSCN0321.jpg

DSCN0322_20210202094034275.jpg

DSCN0323_2021020209403570a.jpg

DSCN0324_202102020940379ac.jpg


〇亀有大水車 足立区東和2-17-8

 水車は回っていません。

DSCN0229_20210203090405eca.jpg

DSCN0230_202102030904068de.jpg


○北三谷橋/名にしおばいざこととはん都鳥

 古隅田川と「葛西用水・曳舟川水路跡」が交差するのが北三谷橋。
 在原業平が都鳥の歌を詠んだのは、この辺りではないかとのこと。

DSCN0226_20210203101216193.jpg

DSCN0231_202102031012178f4.jpg


○敬礼両さん像 葛飾区亀有5-14先

 北三谷橋から先は親水水路はなくなります。水流は暗渠で古隅田川に流れているようです。
 北三谷橋から200mほど南進すると「敬礼両さん像」がありました。

DSCN0546.jpg

DSCN0545_20210203094016a24.jpg

DSCN0544_20210203094017234.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 関東郡代

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR