徳寿院 (荒綾霊場16番)

○徳寿院 足立区栗原4-1-15

 無量山徳寿院と号します。
 荒綾八十八ヶ所霊場第16番、西新井組中川通四箇領八十八箇所第2番札所です。

DSCN1384_202402201553559a9.jpg

DSCN0959_20240220155358712.jpg

DSCN0961_20240220155358b2b.jpg

DSCN1396_20240220155402b0f.jpg


<札所碑>

 墓地に札所碑がありました。
 「荒綾八十八ヶ所第十六番 徳寿院」

DSCN1390_20240220155755f5a.jpg

DSCN1387_20240220155758fa1.jpg

DSCN1389_20240220155801e64.jpg


<弘法大師壱千百五十年御遠忌報徳之碑/本堂再建記念碑>

DSCN0960_202402201559208f8.jpg

DSCN1386_2024022015592472a.jpg

DSCN1385_20240220155923215.jpg


<弘法大師像>

 平成22(2010)年の建立。

DSCN0962_20240220160026ad2.jpg

DSCN0963_202402201600294de.jpg


<仏足石>

DSCN0964_202402201600304da.jpg


<六道能化>

DSCN0965_20240220160033b05.jpg

DSCN0966_20240220160033135.jpg


<石仏群>

 墓地の東側奥にある石仏群です。
 墓石の中央に元禄14(1701)年銘の庚申塔があります。

DSCN0967_20240220160247b05.jpg

DSCN0970_202402201602501db.jpg

DSCN1394_20240220160348d0a.jpg

DSCN1393_20240220160351ff2.jpg

DSCN1392_202402201603518c5.jpg

 無縁塔の跡地です。いくつかピックアップして塀際に移転したようですが、庚申板碑が失われたようです。

DSCN1395_20240220160354c0d.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場

勝田堀公園/不動明王

○勝田堀公園 足立区栗原3-26-5

 勝田堀公園は、昭和57(1982)年に開園。公園の縁を流れていた勝田堀にちなんで名付けられました。

DSCN1165_2024022016070628f.jpg

DSCN1153_20240220160709c1d.jpg

DSCN1164_202402201607098a3.jpg

(碑文)
「勝田堀公園
この公園は 当組合の土地区画整理事業により権利者全員の減歩で確保されたもので施行区域の南端に位置し 公園南側の水路は勝田堀と言って当時の重要な農業用水路で源流は利根川から取水し埼玉県を横断して流れる見沼代用水を経ての一支流で往時の名を残して勝田堀公園と命名する
  昭和六十一年四月吉日
    栗原・六月町土地区画整理組
      碑石 新潟県産千草石」

DSCN1155_20240220160712905.jpg

DSCN1156_20240220160812c31.jpg

 勝田堀にかつて架けられていた石橋の石が、公園銘名碑の礎石として保存されています。

(碑文)
「勝田堀の橋石
 この石は勝田堀用水路に架けられていた古い橋の石で長い年月地域の人達の通行に貢献してきたものであり感謝の意を込めてここに保存する」

DSCN1163_2024022016085796e.jpg

DSCN1157_20240220160900190.jpg

DSCN1160_202402201609136e6.jpg


〇不動明王 足立区栗原3-18-2

 勝田堀公園の南側にある駐車場の一画に「不動明王」が祀られています。

DSCN0971_2024022016103299c.jpg

DSCN0974_2024022016103559a.jpg

DSCN0973_20240220161035ffd.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

西新井トンネル

○西新井トンネル 足立区栗原3-16

 東武線の西側から東側への一方通行の西新井トンネルです。
DSCN1005.jpg

DSCN1006.jpg

 途中3カ所の階段出入り口。大師線の手前
DSCN1194_2024022016413471d.jpg

DSCN1193_20240220164309cc2.jpg

 大師線を越えたところ
DSCN1195_20240220164312192.jpg
 
 大師線と東武スカイツリーラインの間のトンネル上部は青空がのぞきます。
DSCN1188_20240220164544ab8.jpg

 トンネル中央部に「足立区栗原排水場」があります。
DSCN1196_20240220164548331.jpg

 東武スカイツリーラインを越えたところに階段。
DSCN1190_2024022016494748d.jpg

DSCN1192_202402201646454cc.jpg

DSCN1197_20240220164647534.jpg

 東武スカイツリーラインと大師線
DSCN1189_20240220164948c20.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

庚申塔 (環七通り)

○庚申塔 足立区栗原3-5-6

 満願寺前から環状七号線を東へ進むと、二基の庚申塔が堂宇に納められています。

DSCN1004.jpg

DSCN0998_20240220163752a1f.jpg

DSCN0999_20240220163752124.jpg

 左 宝暦13(1763)年の庚申塔です。
DSCN1001.jpg

DSCN1002.jpg

 右 延宝7(1679)年の地蔵菩薩主尊の庚申塔です。
DSCN1000_20240220163857de6.jpg

DSCN1003_20240220163859fa8.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

満願寺(荒綾霊場24番)

○満願寺 足立区栗原3-6-6

 迦羅陀山千蔵院満願寺と号します。
 荒川辺八十八ヶ所霊場39番札所、荒綾八十八ヶ所霊場24番札所、西新井組中川通四箇領八十八箇所3番札所です。

 山門
DSCN0976_202402201612539ce.jpg

DSCN0978_20240220161256f45.jpg

 西門
DSCN1166_2024022016125624d.jpg

DSCN1167_202402201612598fc.jpg

DSCN1168_20240220161259c07.jpg


<地蔵尊>

 満願寺前の環状七号線が開通し交通量が増えたことから、昭和62(1987)年に、交通安全を祈願して建てられました。

DSCN0977_202402201614471d0.jpg


【庚申塔/弘法大師供養塔/たぬき塚】

 「庚申塔」「弘法大師供養塔」「たぬき塚」があるのですが、 表からは藪に覆われて見えにくいです。裏からは藪がないのでよく見えますが。

DSCN1187_20240220161450273.jpg

<庚申塔> 足立区文化財

 万治2(1659)年銘の庚申板碑です。

(標柱)
 「足立区文化財 庚申塔万治二年銘」
 「平成三十年六月吉日」

DSCN1169_20240220161705089.jpg

DSCN1172_202402201617087aa.jpg

(正面中央)
 「奉造立庚申供養結衆□□安楽所」(□は剥離)

DSCN1170_20240220161708eba.jpg

DSCN1173_202402201617117c1.jpg


<弘法大師一千百年御遠忌供養塔>

 笹に覆われて、表はよく見えません。
DSCN1179_20240220161913a3c.jpg

 裏「昭和九年四月十日」
DSCN1177_20240220161917c0e.jpg

<たぬき塚>

 満願寺に伝わるたぬきの昔話にちなんだ「たぬき塚」があります。
 たぬき塚碑は、昭和63(1988)年12月の建立です。たぬき像が三基あります。

DSCN1182_20240220162127bfd.jpg

DSCN1174_20240220162130e08.jpg

DSCN1181_202402201621332a6.jpg

DSCN1180_20240220162133649.jpg


<弘法大師修行御尊像/四国霊場御砂>

DSCN0983_20240220162353b51.jpg

DSCN0992_20240220162356f5f.jpg

DSCN0980_20240220162356267.jpg


<奉供養敷石建立
 栗原村 念佛講(文化9年)>

DSCN0986_202402201626209e3.jpg

DSCN0995_202402201626239e4.jpg


<六地蔵>

DSCN0989_20240220162623224.jpg


<墓地改葬碑>

 都道百号線(尾竹橋通り)が墓地を縦貫することになり墓地改葬が行われました。
 「墓地改葬碑 昭和六十年五月吉日」

DSCN0991_202402201627310aa.jpg

DSCN0990_202402201627344a3.jpg


<手水鉢>

 参道ではなく、本堂前に手水鉢が置かれています。

DSCN0988_20240220162737367.jpg


<九重塔等>

DSCN0994_2024022016291283c.jpg



DSCN0997_20240220163247105.jpg


<本堂>

DSCN0979_2024022016290616a.jpg

DSCN0987_2024022016290984c.jpg


<庫裡>

DSCN0993_20240220162909c23.jpg


<関東大震災横死者群霊供養塔>

 関東大震災により東京紡績西新井工場(現在の日清紡)の煉瓦造りの工場が崩れ落ち、工員44名が死亡しました。犠牲者の慰霊のために大正13(1924)年に供養塔が建てられました。(足立史談第595号を参照しました。)
 墓地の最奥に建っています。

 (表)
  「大正十二癸亥九月
   関東震災横死者群霊供養塔」
DSCN1184_202402201635451d2.jpg

 (右側面)
  「大正十三年三月建之」
DSCN1185_20240220163548630.jpg

(参考)
 日清紡東京工場の頒徳碑が栗原氷川神社にあります(こちらで記載)。

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場庚申板碑

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR