千駄堀 (松戸市)

○千駄堀香取神社 松戸市千駄堀961

 千駄堀の鎮守として祀られ、明治維新後は村社に列格していました。出羽三山供養塔や、祠型庚申塔などがあります。

<社号標/一之鳥居>

 平成24(2012)年に建てられた新しい鳥居です。

DSCN2144_20231226193910207.jpg

DSCN2145_2023122619391320a.jpg


<手水鉢>

 天明7(1787)年銘の手水鉢。

DSCN2172_20231226193913d6c.jpg


<狛犬>

 文久元(1861)年銘の狛犬です。

DSCN2148_20231226193916113.jpg

DSCN2170_20231226193916c69.jpg

DSCN2171_2023122619391891f.jpg


<拝殿/扁額/奉納額>

DSCN2163_20231226194319ab4.jpg

DSCN2165_20231226194322ffe.jpg

DSCN2164_2023122619432286f.jpg


<本殿>

DSCN2188_2023122619444791f.jpg

DSCN2166_202312261944500ea.jpg


<千駄堀天満宮>

 天満宮への参道右手に鷲明神(享保17(1732)年)の石祠。

DSCN2153_202312261948020b1.jpg

 参道先に「千駄堀天満宮」があります。

DSCN2154_20231226194806626.jpg

DSCN2160_202312261948059ff.jpg

DSCN2155_20231226194808682.jpg


【石碑】

<出羽三山供養塔>

 嘉永7(1854)年銘の出羽三山供養塔が社殿の右手にありました。

 「月山 湯殿山 羽黒山 秩父 西國 坂東 百番供養」

DSCN2168_2023122619512527a.jpg

DSCN2186_20231226195129699.jpg

DSCN2185_20231226195131bd8.jpg

DSCN2169_20231226195147fa6.jpg


<日露戦役従軍紀念碑>

DSCN2161_20231226195438a3d.jpg

DSCN2162_202312261954417fe.jpg


<猿田彦大神>

 松戸市資料による明治15(1882)年銘の庚申塔でしょうか?

DSCN2150_20231226195555447.jpg


<富士嶽神社>

 富士講碑による大正11(1922)年の奉納です。

DSCN2173_20231226195557664.jpg

DSCN2174_202312261956003df.jpg


<紀年碑>

 何の記念碑か不詳。

DSCN2152_20231226195706250.jpg


【石祠】

<子安神>

 文政7(1824)年銘。

DSCN2149_20231226195710364.jpg


<駒形明神>

 宝暦11(1761)年銘。

DSCN2151_20231226195809a6d.jpg


<石祠型庚申塔>

 寛文7(1667)年銘の石祠型庚申塔です。
 三猿が陽刻されています。

DSCN2177_20231226195901e21.jpg

DSCN2178_20231226195904cc9.jpg

DSCN2179_20231226195904193.jpg


<熊野宮>

 享保17(1732)年銘

DSCN2180_20231226200130b9f.jpg


<稲荷宮>

 享保17(1732)年及び明治7(1874)年。

DSCN2182_20231226200134d12.jpg

DSCN2183_20231226200134b31.jpg


<第六天>

 享保17(1732)年

DSCN2184_202312262004065cc.jpg


<不詳>

 少しでも文字が読むことができれば、松戸市資料と突き合わせて全容がわかるのですが、わかりませんでした。

DSCN2146_20231226200528d8d.jpg

DSCN2147_202312262005314b3.jpg

DSCN2181_20231226200531ac7.jpg

DSCN2187_20231226200534f46.jpg


○千駄堀不動堂 松戸市千駄堀941

<不動堂>

 不動堂には不動明王が祀られています。墓地には多くの無縁墓が並んでいました。

DSCN2139_20231226201444466.jpg

DSCN2142_20231226201447398.jpg

DSCN2141_20231226201450b75.jpg

<六地蔵>

 正徳6(1716)年の六地蔵です。

DSCN2140_202312262014509f2.jpg


○千駄堀屋敷跡 松戸市千駄堀957地先

 香取神社前の道を武蔵野線方面に少し進むと、先手に畑があり、ここが千駄堀屋敷跡です。

DSCN2189_20231226201647e10.jpg


○青面金剛庚申塔 松戸市千駄堀957地先

 千駄堀屋敷跡前の4つ辻の路傍にある天保12(1841)年銘の青面金剛文字庚申塔です。

DSCN2190_20231226201749df4.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山戦役紀念碑城址

王子神社 (松戸市) 出羽三山供養塔

○王子神社 松戸市馬橋1784

 当神社は、建長8(1256)年に千葉氏一門の菩提として開山建立された大日寺(現在の萬満寺)の守護神として創建されました。

<王子神社由来>

(説明板)
「王子神社由来
 祭神 幸江序命
    市杜島姫命
    猿田彦命
馬橋の古刹萬満寺の守護神として創建。
萬満寺は古くは大日寺と称し建長八年(一二五六)に千葉氏一門の菩提として開山建立。当時、馬橋一帯は砂丘で水が乏しかったため諏訪明神を勧請し寺領の鎮守とした。
十六世紀半ば熊野の若一工事を勧進し王子権現社とした。明治六年の神仏分離にて萬満寺と王子神社に分離される。終戦後は宗教法人王子神社となり、現在に至る。」

DSCN3726_20240103171910c67.jpg


<浅間神社>

 社殿右手の浅間神社です。出羽三山供養塔があります。

DSCN3678_20240103171913250.jpg

DSCN3686_20240103171913563.jpg

 富士山浅間大神
DSCN3691_2024010317191633b.jpg

 「明治三拾五年」
DSCN3690_20240103172108d07.jpg

 右手に石碑「浅間大神」
DSCN3693_20240103172111a44.jpg

 左手に出羽三山供養塔
DSCN3692_20240103172111726.jpg

 説明板
DSCN3687_20240103172114e7e.jpg


<出羽三山供養塔>

 明和5(1768)年銘の出羽三山供養塔です。
 「月山 湯殿山 羽黒山 供養塔」

DSCN3679_20240103172851285.jpg

DSCN3683_20240103172854260.jpg

DSCN3681_2024010317285746e.jpg

DSCN3682_20240103172857a55.jpg


<三峯神社>

 社殿左手の三峯神社です。

DSCN3703_20240103173014991.jpg

DSCN3694_202401031730176a2.jpg

DSCN3695_20240103173017f59.jpg


<道祖神> 松戸市文化財

 中央が寛文元(1661)年銘の石祠型道祖神です。
 左は安政2(1855)年銘の折れた庚申塔、右は紀年不詳の二十三夜塔です。

DSCN3697_20240103173135d50.jpg

DSCN3698_2024010317313808b.jpg

(標柱)
「寛文元年銘 道祖神
道祖神は村の境や道の辻などに祀られ、悪霊が入り込まないよう境界を守ると考えられている神です。
王子神社の道祖神は、寛文元年(一六六一)の銘があり、石祠型のものとしては県内最古。安山岩製、高さは七二cmです。
  平成三年二月 松戸市教育委員会」

DSCN3699_2024010317313873e.jpg

DSCN3700_20240103173141844.jpg


<庚申塔群>

 境内左手に庚申塔群が並んでいます。
 手前の列の左から、 疱瘡神・安永4(1775)年、庚申塔・明和元(1764)年、庚申塔・宝暦2(1752)年、庚申塔・文化14(1817)年などです。

DSCN3702_20240103173657b07.jpg

DSCN3704_20240103173659ddd.jpg

DSCN3701_20240103173702699.jpg

 奥の列の左から安永7(1778)年庚申塔、嘉永4(1851)年庚申塔、寛延元(1748)年庚申塔、以下続きます。
DSCN3706_20240103174116e4f.jpg

DSCN3707_20240103174119bd3.jpg

DSCN3708_20240103174119d13.jpg

 四基目は寛延元(1741)年の道標を兼ねた庚申塔です。「左小金道」「右印西道」と刻まれています。
 六基目も道標を兼ねた天明3(1783)年の庚申塔です。
DSCN3709_2024010317412299a.jpg

DSCN3710_202401031741257ad.jpg


<社号標/鳥居>

DSCN3717_202401031743334e7.jpg


<狛犬>

 狛犬が2対。

DSCN3715_202401031743362cc.jpg

DSCN3716_20240103174336beb.jpg

DSCN3713_202401031743405c6.jpg

DSCN3714_20240103174340acd.jpg


<手水鉢>

DSCN3718_20240103174612f88.jpg


<御神木>

 新たな御神木です。「令和元年五月 王子神社」

DSCN3721_20240103174615bb7.jpg

DSCN3720_20240103174615fef.jpg


<拝殿/本殿>

 平成27(2015)年に不審火による火災で社殿が全焼しましたが、新しく再建されました。

DSCN3723_20240103174748bf9.jpg

DSCN3711_2024010317475117e.jpg

DSCN3705_20240103174751d11.jpg


<紀念碑>

DSCN3722_202401031747545be.jpg

<マンホール蓋>

DSCN3724_202401031747547c6.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山千葉氏マンホール

明治神社 (松戸市) 出羽三山供養塔

○明治神社 松戸市上本郷2096-1

 元禄15(1702)年に妙見社と称して創建、千葉氏の守護神である妙見菩薩を祀っていました。明治の神仏分離令によって明治神社に改称しています。
 上本郷遺跡の案内板があり、旧石器時代の石器、縄文土器、弥生土器などが発掘されています。この地は上本郷台地上にあり、本郷城という城跡とみられます。
 安永4(1775)年銘の出羽三山供養塔があります。

<明治神社の獅子舞> 松戸市無形文化財

(標柱)
DSCN3727_20240103014217bde.jpg

DSCN3763_202401030142206cf.jpg

<社号標/一之鳥居/井戸>
 社号標「明治神社」、一之鳥居扁額「明治神社」。

DSCN3730_20240103014535bf3.jpg

DSCN3731_20240103014535e09.jpg

 参道左手に現代型の井戸。
DSCN3732_20240103014538aad.jpg


<力石>

 公衆電話ボックス前の力石と、階段石に利用されている力石。

DSCN3728_20240103014220214.jpg

DSCN3761_202401030145326a0.jpg


<手水鉢>

 文化3(1806)年銘の手水鉢。

DSCN3733_20240103014538a98.jpg

DSCN3734_20240103014539115.jpg


【参道右手石塔群】
<出羽三山供養塔>

 安永4(1775)年銘の出羽三山供養塔です。
 「月山 湯殿山 羽黒山 大権現」

DSCN3759_202401031708006f4.jpg

DSCN3758_20240103170803213.jpg

DSCN3757_202401031708038d5.jpg

DSCN3741_20240103170805c8c.jpg


<庚申塔>

 出羽三山供養塔の右に庚申塔が3基並んでいます。
 左から、天保2(1831)年、寛政元(1789)年、天明7(1787)年銘です。

DSCN3735_20240103170923330.jpg

DSCN3755_20240103170926f27.jpg

 道路を背にして、安永6(1859)年の庚申塔、宝永5(1708)年の庚申塔、元文5(1740)年の庚申塔、宝暦4(1754)年の庚申塔
 続いて、嘉永6(1853)年の二十三夜塔、寛政11(1799)年の光明真言塔、不詳石碑とあります。

DSCN3760_20240103171059a8f.jpg

DSCN3739_20240103171102e8f.jpg

DSCN3754_2024010317110287a.jpg

DSCN3738_20240103171105a61.jpg


<狛犬>

DSCN3740_2024010317124771f.jpg

DSCN3762_20240103171250d2e.jpg

DSCN3750_20240103171250020.jpg

DSCN3751_2024010317125404e.jpg


<社殿>

DSCN3748_20240103171401e6e.jpg

DSCN3742_20240103171404118.jpg

DSCN3744_20240103171404da5.jpg

 社殿から参道
DSCN3749_202401031714571a4.jpg


<不詳>

DSCN3745_20240103171603fe9.jpg


<石祠群>

 左から、山神宮・嘉永2(1849)年 稲荷明神・延享2(1748)年 雷神宮・文化元(1804)年 富士講碑・不詳
 石祠(不明)・享和元(1801)年 庚申塔・寛延3(1750)年 伊勢講碑・宝暦2(1752)年と並んでいます。
 境内は縄文期の遺跡であり、石祠群の後ろには、貝殻が多く散らばっています。

DSCN3743_2024010317160629f.jpg


○上本郷遺跡

 上本郷遺跡は縄文時代前期〜晩期の遺跡です。
 説明板が明治神社横の道路際に設置されています。

DSCN3764_20240103014250e00.jpg


○マンホール蓋

DSCN3729_20240103014223721.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山遺跡千葉氏力石マンホール

栄松寺 (松戸市) 出羽三山供養塔

○栄松寺 松戸市南花島1-14-1

 下総四郡八十八所霊場第53番札所、松戸二十一ヶ所第19番札所です。

<寺号標>

 駐車場手前に寺号標「禅宗 栄松寺」。

DSCN0934_20240129222125edb.jpg

DSCN0935_20240129222128f31.jpg

<山門>

 文久2(1862)年銘の札所碑が門前左手にあります。

DSCN2094_2023122619151555a.jpg

DSCN2123_2023122619151876d.jpg

DSCN2095_20231226191518a24.jpg

 マンホール蓋「コアラとユーカリ」が門前にありました。松戸市とオーストラリアのホワイトホース市が姉妹都市提携しています。

DSCN2122_202312261915188a5.jpg

<本堂>

DSCN2096_2023122619174246f.jpg

<鐘楼>

DSCN2098_20231226191745634.jpg

<普門閣>

DSCN2097_20231226191748766.jpg

<大弁才尊天>

DSCN2104_202312261919031ec.jpg

DSCN2105_20231226191906f6e.jpg

DSCN2127_202312261919060ac.jpg

<大師堂>

DSCN2103_202312261920133f5.jpg

DSCN2102_20231226192016f0a.jpg

 「松戸二十一ヶ所内十九番」
DSCN2125_20231226192016b9d.jpg

 「松戸二十一ヶ所内第十九番栄松寺」
DSCN2124_20231226192020a5d.jpg

<大師像群>

 相馬八十八ヶ所の弘法大師像の巡礼塔が並んでいます。ここ以外にも周辺に散在しています。
 文化元(1861)年及び文化2(1862)年の造立です。

DSCN2101_202312261922585b2.jpg

DSCN2100_20231226192301392.jpg

DSCN2099_20231226192301243.jpg

DSCN2126_2023122619233614e.jpg

DSCN2128_20231226192339650.jpg


【墓地】

 墓地への石畳左手に「六地蔵」、右手に「庚申塔他」が並んでいます。

DSCN2119_20231226192522d11.jpg

<六地蔵>

 元文3(1738)年銘の六地蔵です。

DSCN2106_202312261925267ce.jpg

<庚申塔群>

DSCN2107_20231226192800317.jpg

 左から、
  1 庚申塔 正徳元(1711)年
  2 庚申塔 宝永6(1709)年
  3 庚申塔 寛政6(1794)年
DSCN2113_20231226192649301.jpg

DSCN2134_20231226192857bd8.jpg

DSCN2136_20231226192950996.jpg

DSCN2137_20231226192953923.jpg

DSCN2138_2023122619295616e.jpg

  4 庚申塔 文政元(1818)年
  5 庚申塔 天保4(1833)年
  6 庚申塔 弘化4(1847)年
  7 庚申塔 嘉永7(1854)年
  8 庚申塔 文久3(1863)年
DSCN2114_20231226193250f96.jpg

DSCN2133_20231226193253b78.jpg

  9 出羽三山供養塔 文化4(1807)年
 10 石橋供養塔 文政7(1824)年
DSCN2115_20231226193355850.jpg

<出羽三山供養塔>

 文化4(1807)年銘の出羽三山供養塔です。
 「月山 湯殿山 羽黒山 供養塔」

DSCN2129_20231226193509a67.jpg

DSCN2109_20231226193512a7e.jpg

DSCN2130_202312261935122bc.jpg

DSCN2131_202312261936179e5.jpg

DSCN2132_2023122619362030a.jpg

<無縁供養塔>

DSCN2118_20231226193620e0f.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山マンホール

高龗神社 (松戸市) 出羽三山供養塔

○高龗神社 松戸市六高台1-15

 小金牧跡地の開墾が明治2(1869)年より始められ、明治4(1871)年に五番目・六番目に開発された「中野牧」の五香(ごこう)・六実(むつみ)の開拓者によって「高龗神社(たかおじんじゃ)」は創建されました。
 出雲大社の「龍蛇神」を勧請し、あわせて「大山阿夫利神社」から勧請した「高龗命」及び「日本武尊命」を加えた三柱をご祭神としています。
 境内の大師堂は、東葛印旛大師霊場(新四国88か所)の第32番です。

<鳥居>

 社号看板にはふりがなが付されています。
 扁額「高龗神社」。

DSCN0787_20240203172756252.jpg

DSCN0788_20240203172759950.jpg


<狛犬>

 昭和21(1946)年に奉納の狛犬です。

DSCN0791_202402031727598a9.jpg

DSCN0792_20240203172802ef6.jpg

DSCN0793_20240203172802bb9.jpg


<手水舎>

DSCN0829_20240203173013fa8.jpg


<龍蛇神>

 昇龍と降龍の石柱です。

DSCN0827_20240203173015f82.jpg

DSCN0828_20240203173018863.jpg

DSCN0830_2024020317301821e.jpg

 駐車場の「自動車ご祈祷所」に、先代の石柱「龍蛇神」があります。

DSCN0832_20240203173224ced.jpg

DSCN0821_2024020317322736c.jpg


<社殿>

DSCN0789_202402031733525b2.jpg

DSCN0786_20240203173353c9e.jpg

DSCN0790_20240203173355f9f.jpg

DSCN0824_202402031733560cc.jpg

DSCN0834_202402031733571bd.jpg


<大師堂>

 東葛印旛大師霊場(新四国88か所)の第32番です。

 「南無大師遍照金剛」

DSCN0812_20240203173555def.jpg

DSCN0813_2024020317355804d.jpg

 「第32番御詠歌額」が掲げられています。

DSCN0814_20240203173601154.jpg

DSCN0816_2024020317360180a.jpg

DSCN0815_20240203173604637.jpg


<社務所と力石>

 社務所の前には二基の力石が祀られています。

DSCN0835_20240203173722c6c.jpg

DSCN0810_202402031737251b7.jpg

DSCN0811_202402031737252a7.jpg


<神輿庫>

DSCN0809_20240203173728c00.jpg


【境内】
<高龗神社創建百五十周年事業碑>

 「平成三十年十月十七日」

DSCN0785_202402031738565a3.jpg


<社務所建設記念碑>

 「國務大臣 川島正次郎」

DSCN0833_20240203173859a4f.jpg


<出羽三山参拝記念碑>

 参道左手に三基の碑が並んでいます。
 左右が出羽三山(羽黒山・月山・湯殿山)碑で、真中が「伊勢神宮」「三峯神社」「古峯神社」碑です。

DSCN0817_202402031740010fa.jpg

 ・「出羽大神 月山大神 湯殿山大神」(昭和18(1943)年)

   昭和14年から18年に参拝した方々の名前が記されています。

DSCN0818_202402031740045e9.jpg

DSCN0822_20240203174005f82.jpg

 ・「古峯神社 天照大神 三峯神社」(昭和41(1966)年)

   伊勢講による建立です。

DSCN0819_20240203174107e37.jpg

 ・「羽黒山大神 月山大神 湯殿山大神」(昭和52(1977)年)

   六実奥州三山講による建立です。

DSCN0820_202402031741103c9.jpg

DSCN0823_2024020317411090c.jpg


【境内県道沿】
<札所碑>

 弘法大師霊場の第32番の札所です。
 正面「新四國八十八ヶ所第三十二番」
 左側面に大正3(1914)年の紀年。

DSCN0794_20240203174226878.jpg

DSCN0795_20240203174229f7f.jpg

DSCN0796_20240203174229e7a.jpg


<史跡 香実会所跡>

 香実会所とは「重労働に付けない婦女子のために、竹皮の草履、線香作り等を指導していた場所」です。
 明治4(1871)年に香実会所に「出雲大社」の龍蛇神を勧請しています。

DSCN0797_2024020317423373f.jpg

 (表)
 「史跡 香実会所跡」
  開墾百年記念
  昭和四十三年十月建之」
DSCN0798_20240203174233dc7.jpg

 (裏)
  由来が刻まれています。

DSCN0800_20240203174403305.jpg

DSCN0801_20240203174400958.jpg


<東葛印旛大師講碑>

 第32番札所は、大正3(1914)年3月に、鷲野谷村の妙見社より移すと記されています。
 「南無大師遍照金剛」

DSCN0799_20240203174504a36.jpg

DSCN0802_20240203174507550.jpg


<開墾百年記念碑>

 昭和42(1967)年10月の建碑。
 「農林大臣倉石忠雄書」

DSCN0807_20240203174603fe2.jpg

DSCN0805_20240203174606f0e.jpg


<山口豊専句碑>

 画家・山口豊専の句碑です。
 「粛として もの静まりぬ 冬の月」
DSCN0806_2024020317465283e.jpg

 碑陰には、山口豊専翁の略歴が刻まれています。
 松東俳壇により、「昭和五十年秋建之」。
DSCN0803_20240203174655698.jpg


<高龗神社社務所改築記念碑>

 平成21(2009)年10月銘。

DSCN0808_2024020317475453a.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 出羽三山力石

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR