和田倉門跡 (江戸城)

○和田倉門跡 千代田区皇居外苑3-1

<和田倉橋>

DSCN9802_202308162304082a8.jpg

DSCN9787_20230816230411ab3.jpg

DSCN9788_202308162304144c6.jpg

DSCN9789_20230816230414f79.jpg


<和田倉門跡>

「和田倉門」(東京風景 小川一真出版部 明治44年)

wadakuramonogawa.jpg


「江戸切絵図」

 「和田倉御門」部分の抜粋です。
 和田倉御門〜馬場先御門〜日比谷御門の内濠沿に「八代洲河岸」があり、ヤン・ヨーステン屋敷がありました。

kiriezuwadakura.jpg


「現在の地図」

 「東京駅」〜「行幸通り」〜「和田倉橋」〜「和田倉噴水公園」抜粋です。

DSCN9784b.jpg


<案内板「特別史跡江戸城跡」>

 行幸通りから続く和田倉門交差点から先の都道に、案内板「特別史跡江戸城跡」があります。

DSCN9800_202308162306399fe.jpg

(案内板)
「特別史跡 江戸城跡
 江戸城は長禄元年(一四五七)に太田道灌によって創築されたが、天正十八年(一五九〇)に北条氏が滅亡し、徳川家康が居城をここに定めた。
 以来、家康、秀忠、家光の三代にわたって西の丸、北の丸の増設や外郭の整備が行われ江戸城の総構が完成した。
 明治維新後江戸城は皇居となり、昭和二四年に西の丸下及び現在の皇居を取りまくお濠の地域が「国民公園皇居外苑」として一般に開放され、昭和四四年からは北の丸地域が加えられ広く国民に親しまれている。
 この江戸城跡は、三百年近くにわたる将軍の居所として、また政治の中心としての史的価値が極めて大きく、その規模はわが国随一のものであることから、昭和三八年五月三十日に文化財保護法による「特別史跡」に指定された。
  環境省皇居外苑管理事務所」 

DSCN9801_202308162306428ab.jpg


<千代田区説明板>

DSCN9791_20230816230908b48.jpg

(説明板)
「和田倉門跡
1602年(慶長7年)頃の絵図には、門内には「一の蔵」があり、この門が「蔵の御門」と記されています。これが門の名の由来です。門の築造は、1620年(元和6年)仙台藩(現在の宮城県)藩主伊達政宗などによって行われ、さらに1628年(寛永5年)に熊本藩(現在の熊本県)藩主加藤忠広により改築されました。
 現在は枡形門の石垣と1974年(昭和49年)に改修された木橋風のコンクリート橋が当時の面影を残しています。 千代田区」

DSCN9792_20230816230910013.jpg

DSCN9793_20230816230912665.jpg

DSCN9794_20230816230915a6f.jpg


○和田倉噴水公園 千代田区皇居外苑3-1

DSCN9796_20230816231037303.jpg

DSCN9795_202308162310390e5.jpg

(説明板)
「和田倉噴水公園
 近代的な技術と伝統的な美観が融合した和田倉噴水施設は、昭和三十六年の建設以来、国民公園皇居外苑の主要施設として広く国民に親しまれてきましたが、このたび「継続性と新たな発展」を主題に、和田倉地区が水と緑で構成された表情豊かで風格のある空間として今後も末永く国民に親しまれるよう、新たな整備を行ないました。
 この整備にあたっては「皇居外苑和田倉噴水施設整備に関する懇談会」の提言をもとに、これまでの噴水施設は原形を活かしつつ新たな息吹をもって再生し、装いを一新した噴水とともに、躍動感あふれる滝や、静かに流れるせせらぎなどを新たに加えることにより、周辺の緑とあいまって「継続性と新たな発展」を象徴する変化に富んだ水と緑の風景を創出しています。
 なお先の噴水施設が財団法人「皇太子御成婚記念大噴水建設委員会」により建設、国に寄付された経緯を踏まえ、今回の整備にあたっても、財団法人「皇太子殿下御結婚祈念噴水公園建設委員会」が設立され、幅広い国民の協力を得て実施しました。
  環境庁  平成七年六月竣工」

DSCN9790_202308162310412cd.jpg


「日本100名城」

 「和田倉無料休憩所」に種々パネルが展示されています。
 「日本100名城」のスタンプ「21江戸城」を置いています(他には楠公休憩所と北の丸公園)。

DSCN9797_20230816231044a2c.jpg

DSCN9799_20230816231044967.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 江戸城国史跡城址ヤン・ヨーステン

楠木正成像 馬場先門 明治生命館(国重文)

○楠木正成像 千代田区皇居外苑1-1

 楠木正成像は、別子銅山を開いた住友家が、開山200年の記念として企画し、東京美術学校に作成依頼し、宮内庁へ献納したもので、高村光雲など東京美術学校(岡倉天心校長)の職員らにより作成され、明治33(1900)年7月に完成し献納されたものです。(「楠木正成像」(住友グループ広報委員会)を参照しました。)

DSCN6595_20220618130908114.jpg

DSCN6596_20220618130909ab6.jpg

DSCN6589_20220618130910214.jpg

DSCN6590_202206181309128ff.jpg

DSCN6591_20220618130913a90.jpg

DSCN6587_20220618130915475.jpg

(説明文)
「楠木正成(くすのきまさしげ)は鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて後醍醐天皇(ごだいごてんのう:1288年〜1339年)に仕えた武将です。鎌倉幕府を倒し、約150年の武家政権から、朝廷による支配の復活を図りました。
 この銅像は、隠岐(おき)から還幸した後醍醐天皇を兵庫で迎えた楠木正成の勇姿を象ったものです。」

DSCN6592_20220618130916f84.jpg


<台座銘文>

 台座の銘文には、住友15代友純の名で「亡兄友忠、深く国恩を感じ、別子銅を用いて楠木正成像を鋳造し、天皇陛下の御前に献納したい」と記されています。
 「自臣祖先友信開伊豫別子山銅坑子孫継業二百季亡兄友忠深感国恩欲用其銅鋳造楠公正成像献之闕下家允未果臣継其志菫工事及功竣謹献
 明治三十年一月
 従五位臣住友吉左衛門謹識」

DSCN6593_20220618131146a45.jpg

DSCN6594_2022061813114746f.jpg


○特別史跡江戸城跡 千代田区皇居外苑1

<案内板「特別史跡江戸城跡」>

 楠木正成像への入口に案内板「特別史跡江戸城跡」があります。

(案内板)
「特別史跡 江戸城跡
 江戸城は長禄元年(一四五七)に太田道灌によって創築されたが、天正十八年(一五九〇)に北条氏が滅亡し、徳川家康が居城をここに定めた。
 以来、家康、秀忠、家光の三代にわたって西の丸、北の丸の増設や外郭の整備が行われ江戸城の総構が完成した。
 明治維新後江戸城は皇居となり、昭和二四年に西の丸下及び現在の皇居を取りまくお濠の地域が「国民公園皇居外苑」として一般に開放され、昭和四四年からは北の丸地域が加えられ広く国民に親しまれている。
 この江戸城跡は、三百年近くにわたる将軍の居所として、また政治の中心としての史的価値が極めて大きく、その規模はわが国随一のものであることから、昭和三八年五月三十日に文化財保護法による「特別史跡」に指定された。
  環境省皇居外苑管理事務所」

DSCN6585_202206181317027bc.jpg

DSCN6584_20220618131703b49.jpg

DSCN6586_20220618131705234.jpg


○馬場先門跡 千代田区皇居外苑1

 馬場先門交差点に、説明板「馬場先門跡」があります。

(説明板)
「馬場先門跡
 門の名は、寛永期(1624?1644年)に門内の馬場で朝鮮使節の曲馬を将軍が上覧し朝鮮馬場と呼ばれていたことに由来します。 門は1629年(寛永6年)に築造されました。 枡形石垣は1906年(明治39年)に撤去されました。
 明治維新後、二重橋からこの門を経た丸の内一帯は東京の中心街となり、現在も丸の内には復元された三菱一号館や、明治生命館、東京府庁舎跡などがあります。
  千代田区」

DSCN6598_202206181314352e6.jpg

 説明板には、不開門の屏風絵と、「一丁倫敦」の絵葉書が掲示されています。

DSCN6598a.jpg

DSCN6598b.jpg


○明治生命館 千代田区丸の内2-1-1

 馬場先門交差点角に、国の重要文化財の明治生命館があります。

DSCN6597_202206181314378e7.jpg

DSCN9206_20220828114748f54.jpg

DSCN9205_20220828114751bb6.jpg

DSCN9204_20220828114754880.jpg

テーマ : 城址巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸城国史跡銅像高村光雲城址国重要文化財丸の内

浅草見附跡(浅草御門)

〇江戸城 浅草見附跡 台東区浅草橋1-1-15

 浅草見附は、当時36ヵ所あった江戸城の門の一つで、現在は碑が建っているだけです。見付門と呼ばれる警備施設があった場所で、浅草観音へ向かう通り道であったことから「浅草御門」とも呼ばれました。
 吉原に水路で向かう場合、浅草御門近くの柳橋から猪牙舟に乗り、大川(隅田川)をたどって山谷堀の最下流の今戸橋で下船して、そこから日本堤を徒歩か駕籠で向かいました。
 浅草見附跡碑の裏面に、浅草見附跡の説明が刻まれています。昭和31年10月建立。

(TAITOおでかけナビより引用)
「神田川に架かる浅草橋は、江戸時代には浅草見附があったところで、台東区側の橋のたもとに「浅草見附跡」の碑が建っています。浅草見附が置かれたのは寛永13年(1636)、江戸城の警護のため36箇所に設けられた見附の一つで、枡形の門は「浅草御門」と呼ばれ、警護人を置いて浅草観音や遠くは奥州へ往来する人々を取り締まりました。」

DSCN2514_202104041642184cc.jpg

DSCN2516_20210404164220272.jpg

DSCN2517_2021040416422183e.jpg

DSCN2518_202104041642227e7.jpg


<旧町名由来案内 下町まちしるべ>

(説明板)
「旧 浅草橋
 浅草橋という町は昭和九年(一九三四)に茅町、上平右衛門町、下平右衛門町、福井町、柵町、新須賀町、新福井町、瓦町、須賀町、猿屋町、向柳原町がひとつになってできた。町名は神田川に架けられた橋の名にちなんでいる。
 江戸幕府は、主要交通路の重要な地点に櫓・門・橋などを築き江戸城の警護をした。奥州街道が通るこの地は、浅草観音への道筋にあたることから築かれた門は浅草御門と呼ばれた。また警護の人を配置したことから浅草見附といわれた。
 ここ神田川にはじめて橋がかけられたのは寛永十三年(一六三六)のことである。浅草御門前にあったことから浅草御門橋と呼ばれたがいつしか「浅草橋」になった。  台東区」

DSCN2515_20210404164224349.jpg


「浅草橋見附」(幕末・明治・大正回顧八十年史 東洋文化協会 昭和10年)

 木橋の時の浅草橋です。

asakusabashimituke.jpg


「東京開化三十六景 柳橋ヨリ浅草橋」(三代広重)

 明治7(1874)年架橋の石造アーチ橋が描かれています。

kaika36asakusabashi.jpg


「浅草橋夕景」(井上探景(井上安治)明治13年)

 井上安治が浅草橋を描いています。浅草橋は石造アーチ橋です。
 余白には「画工 小林清親」と記されていますが、署名は「井上安次」となっています。

inoueasakusabashi.jpg
  

「浅草橋夕景」(井上安治)

 神田川上流へ、柳が連なって植わっています(柳原堤)。

inoueasakusabashiyuugure.jpg


「浅草橋雨中之景」(井上探景(井上安治) 明治14年)

 光線画の浅草橋です。

inoueasakusabashiutyuu.jpg

テーマ : 城址巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸城江戸幕府施設井上安治神田川城址下町まちしるべ

ホテルニューオータニ日本庭園

○ホテルニューオータニ日本庭園 千代田区紀尾井町4-1

 ホテルニューオータニ日本庭園に、寛永寺の奉献石燈籠5基を見に行きました。

<弁慶濠と弁慶橋>

 「弁慶豪」に面した鬱蒼とした森がホテルニューオータニ日本庭園です。
 弁慶堀に架かるのが「弁慶橋」です。弁慶橋は、かつて藍染川に架かっていた「江戸名所図会」に載る名橋でしたが、明治18(1885)年に藍染川が埋立てられ、弁慶橋の廃材が転用され江戸城外堀に新たに弁慶橋が架橋されました。昭和60(1985)年に改架されました。

DSCN4440.jpg

DSCN4431_202105252032177c9.jpg

(参考)「藍染橋と弁慶橋


<オータニ庭園の由来>

(説明板)
「オータニ庭園の由来
 四季折々の美しさを誇る四万平方米のこの庭園は、もと伏見宮邸でありましたが戦後外国人の手に渡ろうとしたのを、当ホテル創業者故大谷米太郎がこの由緒ある地を失う事を惜しみ、又、当時の行政府の要請もあり昭和二十一年、これを譲り受け荒れはてた庭を改修して名石、樹木を配し、今日のオータニ庭園としたものです。
 この地は井伊掃部頭、更にさかのぼって、加藤清正公の江戸屋敷でありました。庭園に残る数々の石灯籠は、その当時の古い面影を偲ばせる貴重なものであります。又、庭園に点在する赤褐色の石は主に佐渡の赤玉石でありますが、その高雅な独特の色彩で庭石として珍重されています。これらの数多くの奇石、名石はその種類、規模に於いて他に例のないものです。
  何卒、都心の中の花と緑のオータニ庭園をごゆっくりご鑑賞ください。  ホテルニューオータニ」

DSCN4438_20210525203311c23.jpg

DSCN4439_20210525203312e60.jpg
   

<近江彦根藩井伊家屋敷跡>

 庭園の入口に「近江彦根藩井伊家屋敷跡」碑と説明板があります。

(説明板)
「近江彦根藩井伊家屋敷跡
 この地には、江戸時代に近江彦根藩井伊家の麹町邸があり、井伊家は外桜田にあった永田町邸(国会前庭一帯)を上屋敷として使用していましたので、ここは中屋敷として使われました。
 井伊家は、武勇の誉れが高い家柄で、藩祖直政は、関ヶ原の戦いで徳川家康の軍奉行として活躍しました。慶長5年(1600)近江佐和山に18万石で封ぜられ、慶長9年(1604)直政の子直勝の時代に彦根藩主となり近江国等を領地とし、以後、16代にわたって明治維新まで続きました。石高はほぼ35万石でした。井伊家は、譜代大名の筆頭であり、大老職に任じられる名家でもありました。幕末に幕政を動かした井伊直弼は、特に有名です。
 明治5年、この地域は紀伊徳川家・尾張徳川家・井伊家の頭文字を合わせて、「紀尾井町」という町名になりました。」

DSCN4402_20210525203422419.jpg

DSCN4403_2021052520342406b.jpg


<江戸切絵図 外桜田永田町絵図>

 江戸切絵図から、桜田門近くの井伊家上屋敷と、赤坂御門近くの井伊家中屋敷部分を拡大。
 また、「紀尾井町」の語源となった、紀伊殿・尾張殿・井伊掃部頭の屋敷部分を拡大。
 弁慶橋はまだ架かっていません。すでに紀尾井坂の文字が見えます。

sotosakurada2.jpg

sotosakurada.jpg


<イヌマキとカヤ>

 「イヌマキ」と「カヤ」の2本は、天明年間(1780年代)からこの地に生育していたものと考えられ、千代田区の天然記念物に指定されています。

DSCN4424_20210525203600371.jpg

DSCN4425.jpg


<清泉池/太鼓橋>

 大きなコイが悠々と泳いでいます。

DSCN4404_20210525203728d77.jpg

DSCN4435_20210525203730590.jpg

DSCN4436_202105252037312c4.jpg

DSCN4437_20210525203733535.jpg
     

<大滝>

 清泉池から流れ落ちます。

DSCN4434_20210525203734490.jpg
  

<トレーダーヴィックス創始者バージェロン石碑>

DSCN4433_20210525203919f63.jpg

DSCN4432.jpg


<紀尾井窯>

 宿泊客を対象に陶芸教室が開かれます。

DSCN4405_20210525203923b1c.jpg


<鹿像>

 石心亭の裏にいる鹿です。

DSCN4406_2021052520392484b.jpg


<奉献石燈籠>(寛永寺)

 奉献石燈籠が、大猷院殿(3代将軍徳川家光)1基、文恭院殿(11代将軍徳川家斉)4基ありました。
 ホテル創始者の大谷米太郎が戦後、寛永寺最後の放出時に買い求めたものです。


① 文恭院殿尊前
  斜面にあり近寄れず、奉献者等詳細確認できず。

DSCN4407_20210525204506384.jpg


② 文恭院殿尊前

  奉献石燈籠一基
  武州 東叡山
  文恭院殿尊前
  天保十二辛丑年閏正月晦日
  従五位下豊後守藤原朝臣内藤正縄

DSCN4411_20210525204715055.jpg

DSCN4414_202105252047179ba.jpg

DSCN4413_20210525204718a66.jpg


③ 文恭院殿尊前

  奉献者は、原姓~。所々剥がれており、詳細には読みとれず。

DSCN4415_20210525210129468.jpg

DSCN4417_202105252101311ea.jpg
   

④ 大猷院殿 尊前

  奉献石燈籠両基
  武州 東叡山
  大猷院殿 尊前
  従五位下井伊兵部少輔
  慶安五年壬辰四月
  藤原直之
  (直之は、井伊直好直の初名。上野安中藩主→三河西尾藩主→遠江掛川藩主)

  徳川家光の奉献石燈籠ですが、保存状態良く読みとれます。

DSCN4418_20210525210311212.jpg

DSCN4421_20210525210313424.jpg

DSCN4420_202105252103156ce.jpg

DSCN4422_20210525210316778.jpg
    

⑤ 文恭院殿尊前

  奉献石燈籠一基
  武州 東叡山
  文恭院殿 尊前
  天保十二辛丑年閏正月晦日
  従五位下保科弾正忠源正益
  (保科弾正忠正益は上総飯野藩の第10代藩主)

DSCN4427_20210525210450d5a.jpg

DSCN4429_20210525210452970.jpg

DSCN4428_20210525210453b43.jpg

DSCN4430_2021052521045458b.jpg


<春日燈籠/四角大層坊塔(十三重の塔)>

 春日燈籠には十二支の動物が刻まれそれぞれの方角に向いて設置されています。

DSCN4423_20210525210558a42.jpg

DSCN4423b.jpg

四角大層坊塔(十三重の塔)

DSCN4409_202105252106015cc.jpg

DSCN4409b.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 奉献石燈籠銅像加藤清正赤坂

プリンス・トクガワ (国重文)

○徳川昭武

【経歴】
 嘉永6(1853)年~明治43(1910)年。
 水戸藩主徳川斉昭の18男。慶応2(1866)年、清水家を継ぎ、翌年徳川慶喜の名代としてパリ万国博覧会に赴く。「プリンス・トクガワ」と呼ばれ、次期将軍候補と目されました。渋沢栄一は会計担当として赴きました。昭武は引き続きフランスで留学生活を送りますが、明治維新のため急遽帰国し、最後の水戸藩主となりました。
 明治9(1876)年にはアメリカ大博覧会御用掛として渡米し、再びフランスに留学します。明治14(1881)年に帰国、以後明治天皇に奉仕します。
 明治16(1883)年5月に隠居願を出し、甥の篤敬に家督を譲った翌年には、生母秋庭を伴い、戸定邸(千葉県松戸市)に移りました。この邸宅には徳川慶喜や東宮時代の大正天皇などが訪れました。
 明治25(1892)年、次男の武定が子爵に叙されて松戸徳川家を創設します。
 造園にも注力し、現在は千葉大学園芸学部の用地に西洋式庭園を築いています。与謝野晶子が和歌に詠んだ「松戸の丘」です。
 明治43(1910)年7月3日、小梅邸にて死去、享年58。
 徳川昭武が晩年を過ごした「戸定邸」は、明治期の徳川家の住まいが、ほぼ完全に残る唯一の建物で、国指定重要文化財となっています。また、戸定邸が建つ前庭は国指定名勝の「旧徳川昭武庭園」となっています。

【近世名士写真 其2 近世名士写真頒布会 昭10】
tokugawaakitake.jpg

【珍らしい写真 永見徳太郎編 粋古堂 昭和7年】(マルセーユ)
tokugawaakitakepari.jpg

【手札版写真(徳川昭武、土屋挙直、清水篤守)(ニューヨーク)
tokugawaakitanenewyork.jpg


○戸定が丘歴史公園 松戸市松戸714-1

<日本の歴史公園100選 戸定が丘歴史公園>

DSCN1864_20210315113255c14.jpg

DSCN1761_2021031511302778d.jpg

DSCN1762_202103151130283bd.jpg

DSCN1763_202103151130263e5.jpg
    
DSCN1766_20210315113435557.jpg

DSCN1765_20210315113436f68.jpg

DSCN1764_2021031511343826b.jpg

DSCN1772_202103151134399d7.jpg

DSCN1854_202103151134411fe.jpg

コアラのマンホール蓋
DSCN2473_202104040035327f5.jpg


<戸定館由来>

 徳川昭武の子息武定公は、昭和26年に敷地と建物を松戸市に寄贈され、松戸市は戸定館と命名しました。
 徳川慶喜家は敷地と建物を物納し跡には大木と碑が残るのみ、徳川宗家は将軍墓地を西武に売却、松戸徳川家は、昭和20年代に庭園の一部を売却しましたが(松戸市が平成25年に買い戻します)、その他は物納でも売却でもなく、地元の松戸市に寄贈したので現在に残っているのでしょう。

DSCN1767_202103151134421e4.jpg

DSCN1767b.jpg


<戸定邸>

DSCN1781_20210315113905023.jpg

DSCN1855_2021031511390763e.jpg

DSCN1782_2021031511390811f.jpg


<房総の魅力500選 戸定館>

DSCN1783_20210315113909848.jpg

DSCN1784_20210315113911ea5.jpg


<国指定名勝 旧徳川昭武庭園>

DSCN1801_20210315114205a6f.jpg

DSCN1802_202103151142061bc.jpg

DSCN1788_20210315114208cb7.jpg

DSCN1803_202103151142090eb.jpg
     

<松雲亭>

DSCN1852_20210315114309521.jpg

DSCN1792_202103151143081a1.jpg


<東屋庭園>

 売却された後、松戸市が買い戻しています。

DSCN1799_202103151146247b7.jpg

DSCN1804_20210315114626c51.jpg

DSCN1809_20210315114627981.jpg

DSCN1796_202103151146293b5.jpg

DSCN1797_202103151146300d5.jpg

DSCN1798_2021031511463213a.jpg

富士山が見える庭園です。

DSCN1808_20210315114837d05.jpg

DSCN1805_2021031511483801d.jpg

DSCN1806_2021031511484026d.jpg

DSCN1807_20210315114841842.jpg


<連絡通路>

 千葉大学園芸学部への連絡通路がありますが、施錠されています。

DSCN2484_20210404001752b6f.jpg

DSCN2480.jpg


戸定歴史館  松戸市松戸714-1

 戸定が丘歴史公園への入園は無料ですが、戸定邸(徳川昭武邸)、戸定歴史館への入館には別途費用がかかります。
 「戸定歴史館」では、徳川昭武の遺品や慶喜家伝来品、パリ万博資料などが展示されています。ちょうど、特別展「プリンス・トクガワ―新時代への布石」が開かれていました。渋沢栄一関連資料もありました。館内撮影禁止なので、以下館内画像はありません。

DSCN1863_20210315115356f73.jpg

DSCN1776_20210315115357330.jpg

DSCN1777_20210315115359283.jpg


<パンフレット/特別展資料>

DSCN1865_20210315115400785.jpg

DSCN1866_20210315115402602.jpg

DSCN1868_20210315115403ebe.jpg

DSCN1869_202103151154056e4.jpg

後列左に渋沢栄一が写っています。
DSCN1867_20210315115406790.jpg

DSCN1867b.jpg


「珍らしい写真」(永見徳太郎編 粋古堂 昭和7年)

 国立国会図書館所蔵の書籍に、写真がありました。

  「徳川民部大輔一行
   慶應三年三月朔日(一八六七年四月五日)沸國マルセーユにて
   中央徳川民部大輔」

tokugawaikkou.jpg

tokugawaikkoushibusawa.jpg


<天皇皇后両陛下行幸啓記念碑>

 藤岡保子(1883~1966年)が、上皇后さま(皇太子妃殿下時代)に書をご進講されていた縁で、平成15(2003)年3月31日、皇后陛下は戸定歴史館で開催中の「現代かな書の最高峰 藤岡保子展」を鑑賞されるため行啓されました。
 藤岡保子は、明治16(1883)年、昭武の実兄である土屋挙直の4女として生まれました。祖父は水戸藩主・徳川斉昭、祖母は昭武の生母でもある万里小路睦子です。
 息子の博武は初代松戸徳川家の徳川武定の婿養子として、第2代松戸徳川家を継承しました。3代文武氏が皇后陛下と一緒に写真に写っています。

DSCN1775_202103151154081ed.jpg


○ひなげしの小径 与謝野晶子・寛歌碑 戸定が丘歴史公園内

 与謝野晶子が千葉大園芸学部を訪れて詠んだ60首の中から18首と、寛の歌1首を加えて、赤御影石に刻まれ、「ひなげしの小径」として配置されています。平成23(2011)年1月27日に除幕式が行われました。

 「ひなげしの小道」
 「このみちをひなげしの小経と命名する」

01DSCN1773.jpg

DSCN1862_20210315231915dce.jpg

DSCN1859_20210315231916c76.jpg

「しもふさの松戸におほく楽みて少く愁ふ花のかたはら」
「天に去る薔薇のたましひ地の上に崩れて生くるひなげしの花」
「ひなげしと遠く異る身となりぬ松戸の丘に寄りて思へば」
「南国の草木が仮の宿とせる硝子の部屋にわれもあらまし」
「松戸なる人の贈りしひなげしを置けばいみじきうすものの膝」
「時は午路の上には日かげちり畑の土にはひなげしのちる」
「花下総の松戸に見れば散る雲も柳絮の如くなつかしきかな」
「隙も無く円くしげりてアカシヤの華やかに立つ丘の路かな」
「六月や長十郎と云ふ梨の並木に立ちて明きみちかな」
「花園は女の遊ぶところとてわれをまねばぬ一草もなし」
「紫のあやめがわれを描くなり若き友をばひなげしの描く」
「浅間の森の木暗しここはまた夏の花草火投げて遊ぶ」
「ひなげしは芝居の席につく如く楽みて散り土に身を置く」
「いろいろの波斯のきれを切りはめて丘に掛けたる初夏の畑」鉄幹
「ひなげしは夢の中にて身を散らすわれは夢をば失ひて散る」
「二三人紅き野薔薇の傘形のあづまやに入りよく笑ふかな」
「夏の花漫りに咲くとなげくなりいつより心変りはてけん」
「白薔薇は真紅の薔薇に気上りしわれの涙に従ひておつ」
「くれなゐの形の外の目に見えぬ愛欲の火の昇るひなげし」

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 与謝野晶子徳川慶喜マンホール水戸徳川家国重要文化財

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR