天祖神社

○天祖神社 豊島区南大塚3-49-1 HP

 鎌倉時代末期の元亨年間(1321~1324)に、領主の豊島景村が、巣鴨村の鎮守として伊勢神宮の分霊を勧請したのが神明宮の始まりと言われています。
 江戸時代には、十羅刹女と鬼子母神を祀る巣鴨村総鎮守として崇敬を集め、「十羅刹社」と呼ばれていました。明治の神仏分離により十羅刹女神を分離(現在東福寺に安置)、天祖神社と改称し「巣鴨天祖神社」と呼ばれました。
 住居表示によって巣鴨の地であった大塚駅周辺は北大塚・南大塚となり、現在は「大塚天祖神社」と呼ばれることが多くなりました。
 境内には、樹齢500年を超える夫婦銀杏や子育狛犬があります。

「江戸名所図会 十羅刹女堂」

 神明社(現在の天祖神社)が十羅刹女堂として描かれています。 右にあるのは別当の福蔵寺です。 大根の収穫が細かく描かれています。

zyurasetunyo.jpg
  
 大根畑で大根を抜いている人と、収穫した大根を天秤担いで運んでいる人が見えます。
zyuurasetunyoa.jpg

 大根を洗っている人と、キセル煙草を吸って休憩している人が見えます。
zyuurasetunyob.jpg

 馬に大根を載せて運んでいる人が見えます。
zyuurasetunyoc.jpg

<十羅刹女堂>

 十羅刹女堂は、江戸時代には神明社(現・天祖神社)にありましたが、明治維新の神仏分離令により隣接する福蔵寺へと移され、福蔵寺が明治7(1874)年の火災で焼失したため、東福寺の管理となりました。福蔵寺の旧地に置かれていましたが、昭和30(1955)年に東福寺境内に移動、安置されました。(こちらで記載

DSCN9519_20230725012548bdd.jpg

DSCN9528_20230725012833e47.jpg


<すがも史跡まっぷ(抜粋)>

 天祖神社周辺部分の抜粋です。巣鴨村に大塚駅が設けられ、巣鴨の中心地だった巣鴨本村は、現在は、大塚駅をはさんで豊島区北大塚、南大塚となっています。

DSCN9123c_2024040322162495b.jpg


<社号標>

 大塚駅前にある「社号標」です。
 (正面) 「天祖神社」
 (左側面)「鈴木貫太郎謹書」
 (右側面)「昭和九年十一月吉日」
 (裏面) 「大塚仲見世聯合會」

DSCN3338_20240403221850108.jpg

DSCN3339_20240403221851ac4.jpg

DSCN3340_20240403221853c42.jpg

DSCN3399_202404032218540f6.jpg

 社号標の先、サンモール大塚商店街入口の鳥居をくぐった先の右手に天祖神社はあります。


<電柱>

 天祖神社の周囲は、「天祖」名の電柱です。

DSCN3398_20240403221857190.jpg

DSCN3385.jpg


<社号標/鳥居>

DSCN3343_20240403222047fdf.jpg

DSCN3342_20240403222050fe6.jpg


<狛犬>

 鳥居の右横に子育て狛犬。お乳を与えています。

DSCN3344_20240403222050cc4.jpg

DSCN3345_20240403222053909.jpg


<御神木(夫婦銀杏>

DSCN3375.jpg


<手水舎>

 吐水狛犬です。千住氷川神社(こちらで記載)以来、久しぶりに吐水狛犬を見ました。
DSCN3348_202404032222141e4.jpg

DSCN3349_2024040322221499b.jpg

 古い手水鉢もありました。
DSCN3347_20240403222217c92.jpg


<天祖神社御由緒>

(碑文)
「天祖神社御由緒
御祭神(略)
御由緒
 天祖神社は今からおよそ六百数十年前 即ち元亨年間 当時武蔵国豊島郡の領主であり 豊島氏中興の祖といわれた景村のとき 巣鴨鎮護の神として祀られた と伝えられている。
 江戸時代 鬼子母神の信仰が旺んになり一時十羅刹女神を併せ祀ったこともあるが 明治になって分離された 当神社は神明宮ともまた神明社ともいわれていたが 明治五年 ご祭神の伊勢の皇大神宮が天津御祖の大神であるところから 天祖神社と改稱され今日に至っている 当社の例大祭は九月十七日であって この日は旧暦の神嘗祭(伊勢の三大祭の一つ)にあたり祭儀が古くから巌修され 毎月七日 十七日 二十七日は通稱縁日として昔から門前市をなす賑いを呈している
 天明年間改築された旧社殿は昭和のご大典記念事業として昭和八年に造営され壮麗を極めたものである その後第二次大戦も終りに近い昭和二十年四月の大空襲によってその一切が烏有に帰した
 その際境内にあった樹齢五百年を数えるご神木夫婦銀杏も戦火を被り 近年ようやく芽吹いて繁茂するようになったものである
 昭和二十五年復興奉賛会が結成され同年ひとまず拝殿が造営された その後区画整理がはじまり造営は一時中断され 境内も三分の一に縮小されることとなった 三十八年にいたって区画整理が完了をみたので氏子 崇敬者の協賛を得て造営工事に着手することとなり 昭和三十九年八月 改めて復興奉賛会を結成して翌四十年八月起工し ご本殿の造営 幣拝殿の修復 社務所並びに参集所の建設及び一連の附属設備工事を完了し 昭和四十三年九月 明治維新百年の意義ある年にあたり 造営竣工奉祝臨時大祭を執り行いここにようやく境内輪奥の美をみるに至ったものである。
  昭和四十三年九月十七日 小林壮平謹書」

DSCN3355_202404032226230f4.jpg


<さざれ石> 岐阜県天然記念物

 ここにある「さざれ石」は、岐阜県春日村で見つかった50トンものさざれ石(岐阜県天然記念物:昭和52年11月)の一部です。
 昭和55(1980)年にサンシャインシティに寄贈された1tの「さざれ石」から、天祖神社に分割奉納されました。

DSCN3352_20240403222626066.jpg

DSCN3353_20240403222626c36.jpg

 旧春日村が各方面に贈った「さざれ石」と、発見者の遺族が神社に奉納したざざれ石とがあり、全国にちらばっています。

(参考)これまで見た岐阜県の「さざれ石」
 「神田明神」「日枝神社」「乃木神社」「幸龍寺」「玉前神社


<拝殿/本殿>

DSCN3350_20240403223045202.jpg

DSCN3372.jpg

DSCN3369.jpg

DSCN3370.jpg

 天祖神社御鎮座700年を記念して、令和5(2023)年2月より、本殿・拝殿の屋根替工事が行われています(令和6(2024)年夏竣工予定)。

DSCN3371.jpg

DSCN3400_202404032230554ea.jpg


<御大典紀年碑/社殿再建碑>

DSCN3351_202404032232250bb.jpg

DSCN3368.jpg


【社殿左手の末社】

DSCN3372a.jpg

 「菅原神社」「熊野神社」「厳島神社」の合殿です。

DSCN3364_20240403223432bdb.jpg

DSCN3363_202404032234353e3.jpg

 「富士神社」
  令和5(2023)年に、御鎮座700年を記念して富士塚と富士神社が建立されました。

DSCN3365_20240403223529832.jpg

DSCN3374.jpg

DSCN3366_20240403223531f3a.jpg

【社殿右手の末社】

DSCN3372b.jpg

DSCN3356_20240403223720705.jpg

 「金明社」(左)と「稲荷社」(右)の合殿です。

DSCN3356b.jpg

DSCN3358_20240403223837868.jpg

DSCN3359_20240403223840c2a.jpg

DSCN3357_2024040322384048a.jpg

 「榛名神社」(左)と「三峯神社」(右)の合殿です。
 三峯社の神使は日本狼とされる新しい狛犬がいます。

DSCN3361.jpg

DSCN3360_20240403224108cb7.jpg

DSCN3362_20240403224108760.jpg

(参考)「包丁切りそば みとう庵」参拝後、こちらで蕎麦を食べました(こちらで記載)。


○空蝉橋(うつせみはし) 豊島区北大塚2丁目・3丁目〜東池袋2丁目・南大塚3丁目

 貨物線の拡張工事に伴い大正初期に移転した出世稲荷神社(現在地:北大塚3-5)に赤松の木がありました。明治天皇がこの地を訪れた際、赤松の木に「せみ」の抜け殻がたくさんあったことをご覧になり、「空蝉の松」と名づけられ、その名前から「空蝉橋」と名づけられたといいます。
 「空蝉の松」は工事のため伐採され、現在はありません。(豊島区及び大塚北口商栄会のHPを参照しました。)

DSCN3404_202404032242138d8.jpg

DSCN3401_2024040322421698d.jpg

DSCN3401b_20240403224217068.jpg

DSCN3403_202404032242202b9.jpg

DSCN3405_20240403224220f29.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会さざれ石富士塚

東福寺

○東福寺 豊島区南大塚1-26-10

<すがも史跡まっぷ(抜粋)>

 東福寺周辺部分の抜粋です。巣鴨村に大塚駅が設けられ、巣鴨の中心地だった巣鴨本村は、現在は、大塚駅をはさんで豊島区北大塚、南大塚となっています。

DSCN9123c.jpg


<江戸切絵図>

 「東福寺」とその周辺です。「大塚波切不動ヨリ巣鴨庚申塚ヘ行道へ出ル」の記載があります。
kiriezutoukuji.jpg

 巣鴨庚申塚には「大塚波切不動道」と記されています。
kiriezunamikirihudomichi.jpg


<大塚三業通り>

 大塚三業通りに「東福寺 日本文化会館」の大きな案内板があります。
DSCN9557_20230725001610e90.jpg

DSCN9556_20230725001610762.jpg

 電柱名にも「三業」の名前が残っています。
DSCN9556b.jpg

 東福寺の石段上の山門から三業通り方向を見たところです。
DSCN9501_20230725001907cd6.jpg


【石段両脇】
 石段の両脇に石碑が並んでいます。

DSCN9496_202307250019580cf.jpg

DSCN9483_20230725002000f0d.jpg


<札所碑>

(正面)
「第六十四番
 御府内八十八ヶ所 弘法大師霊場
 東福寺」
 (現在、御府内64番は台東区谷中の「加納院」となっています。)
DSCN9484_20230725003558ce2.jpg

(左側面)
「三十三番 真性寺
 明治三十五年三月吉日」
DSCN9493_20230725003601f8e.jpg

(右側面)
「右 八十七番 護国寺」
DSCN9489_202307250036034f7.jpg


<庚申塔道標>

(正面)
 「(庚申/剥離)塔
  右 大塚道
  向 巣鴨監獄道
  左 巣鴨庚申塚道」

DSCN9485_20230725003931bd6.jpg

 「歩いて見ました東京の街」に掲載されている庚申塔道標の写真は損壊しておらず庚申塔の文字が読み取れます。東日本大震災で倒壊して損壊したのでしょうか?

 「巣鴨監獄」の名称が道標に残っています。
 「巣鴨庚申塚道」は、江戸切絵図では「大塚波切不動道」と記されています。

DSCN9490_20230725003933a3c.jpg

(左側面)
 「東福寺道」
DSCN9491_20230725003934863.jpg

(右側面)
 「明治三捨七年七月建之」
DSCN9492_20230725003936788.jpg


<疫牛供養塔>

 明治中期から終戦まで、巣鴨には多くの牧場がありました。明治43(1910)年に牛乳搾取業組合巣鴨支部による建立です。

 「明治四十三年七月十六日
  疫牛供養塔
  牛乳搾取業組合巣鴨支部志之」

DSCN9486_20230725004322ab8.jpg


<その他>

DSCN9487_20230725004323a9a.jpg

DSCN9495_20230725004324466.jpg

DSCN9494_2023072500432648a.jpg


<山門脇の説明板>

 山門脇に豊島区教育委員会の説明板があります。

(説明板)
「東福寺
 真言宗豊山派に属し、観光山と号す。創建の年代は明らかでないが、永禄五年(一五六二)に良賢和尚が中興したと伝えられている。初め小石川大塚にあったが、元禄四年(一六九一)に当地へ移ってきた。本尊は十一面観世音菩薩であり、ほかに薬師如来がある。
 山門前石段の左右には、道標の役割をも兼ねる明治三十七年庚申塔、明治四十三年の疫牛供養塔などがあり、境内には山門脇に十羅刹女神を祀る堂がある。これは江戸時代、現在の天祖神社の地に祀られ、巣鴨の総鎮守であった。しかし、明治の神仏分離令によって十羅刹女神は福蔵寺の所有となり、その後、福蔵寺が火災で焼失し東福寺に合併したので、東福寺のものとなった。これは昭和三十年まで天祖神社に隣接した場所に置かれていたが、同年東福寺の境内に移された。
 墓地には守山藩(陸奥田村郡)の儒学者戸崎淡園の墓があり、甲冑帯刀した武士が床几に腰をおろした像を刻んだ遅塚九二八の碑もある。
  昭和五十七年一月  東京都豊島区教育委員会」

DSCN9498_20230725004752481.jpg

DSCN9499_20230725004754b5e.jpg


【参道】

 山門は閉じられているので、脇の参道から境内へ向かいます。途中、日本文化会館があります。

DSCN9503_20230725010033724.jpg

DSCN9555_202307250100351c0.jpg

DSCN9504_202307250100374e7.jpg

DSCN9554_202307250100391d1.jpg


<二宮金次郎像など>

 石段の右手に二宮金次郎像があります。
DSCN9505_20230725010524367.jpg

 左手に何だかわからない石造物があります。
DSCN9506_20230725010526406.jpg

 他寄付石碑など。
DSCN9507_202307250105294d3.jpg


<弘法大師修行像>

DSCN9509_20230725010640148.jpg

DSCN9510_2023072501064376b.jpg


<奉献石燈籠>

 大塚(巣鴨本村)に地主として住んでいた山口家による令和3(2021)年に寄進された奉献石燈籠です。
 最樹院殿は、一橋徳川家第二代当主の徳川治済です。八代将軍徳川吉宗の孫で、十一代将軍徳川家斉の実父に当たります。

 「奉献石燈籠両座
  武州東叡山
  最樹院殿 尊前
  文政十丁亥年二月廿日
  濱松侍従水野越前守源忠邦」

DSCN9511_20230725011032b05.jpg

DSCN9516_20230725011035eaa.jpg

DSCN9514_20230725011036698.jpg

DSCN9515_202307250110384dc.jpg

(説明板)
「この灯籠は最樹院(一橋徳川家二代治済公)の為に、文政十年(一八二七)、浜松藩主水野忠邦が献上した灯籠である。
(途中略)
  令和三年吉日 山口家」

 寛永寺は、戦後、寛永寺再建寄付の返礼などで、奉献石燈籠を寺院や個人に払い下げているので、山口家は寛永寺の再建にも協力したのでしょうね。当寺では、十羅刹女奉安殿を建立しています。

DSCN9517_20230725011210281.jpg

 浜松藩主水野忠邦は、石燈籠を二基奉献しており、もう一基が延命寺(足立区竹の塚)にあります(こちらで記載) 。

DSCN6973.jpg

DSCN6974.jpg


<本堂>

DSCN9532_20230725011656436.jpg

DSCN9518_202307250116596fa.jpg

DSCN9535_202307250117024c3.jpg


<宝篋印塔>

DSCN9522_20230725011702e5a.jpg


<百度石道>

 百度石は多く見ましたが、百度石道は初見です。参道の敷石でしょうか。

DSCN9520_202307250117042ed.jpg

DSCN9521_20230725011704230.jpg

DSCN9500_20230725011705156.jpg


<しあわせ地蔵尊>

 平成3(1991)年4月の建立です。

DSCN9533_2023072501232377a.jpg

DSCN9534_20230725012326c4b.jpg

DSCN9550_2023072501232882a.jpg


<十羅刹女堂>

 十羅刹女堂は、江戸時代には神明社(現・大塚天祖神社)にありましたが、明治維新の神仏分離令により隣接する福蔵寺へと移され、福蔵寺が明治7(1874)年の火災で焼失したため、東福寺の管理となりました。福蔵寺の旧地に置かれていましたが、昭和30(1955)年に東福寺境内に移動、安置されました。

DSCN9519_20230725012548bdd.jpg

DSCN9523_20230725012549f54.jpg

(発願文)
 鬼子母神と十羅刹女神を祀る十羅刹女奉安殿は、発願主山口萬一、貴美子により昭和42(1967)年に建立されています。
 山口氏は、大塚(巣鴨本村)の地主の山口家の十二代目当主で、十四代目が奉献石燈籠を寄進しています。

DSCN9526_20230725012551386.jpg


<石柱「旧鎮守十羅刹女神」>

 文化2(1805)年の建立。
 (正面) 「舊 鎮守十羅刹女神」
 (左側面)「文化二乙丑年秋九月/八歳金太書」
 (右側面)「別当瑠璃山福蔵寺」

DSCN9530_202307250125535e9.jpg

DSCN9529_20230725012554597.jpg


<如意輪観音像>

 左右に信女の文字があり、墓石のようです。

DSCN9531_20230725012555f6f.jpg


<鬼子母神と十羅刹女神>

DSCN9528_20230725012833e47.jpg

DSCN9552_20230725012835189.jpg


「江戸名所図会 十羅刹女堂」

 神明社(現在の大塚天祖神社)が十羅刹女堂として描かれています。右にあるのは別当の福蔵寺です。大根の収穫が細かく描かれています。

zyurasetunyo.jpg
  
 大根畑で大根を抜いている人と、収穫した大根を天秤担いで運んでいる人が見えます。
zyuurasetunyoa.jpg

 大根を洗っている人と、キセル煙草を吸って休憩している人が見えます。
zyuurasetunyob.jpg

 馬に大根を載せて運んでいる人が見えます。
zyuurasetunyoc.jpg


【墓地】

<馬頭観音>

 馬頭観音供養塔が二基あります。右、万治元(1860)年と、左、大正6(1917)年銘です。

DSCN9538_20230725013525895.jpg

 「馬頭観世菩薩」
 「万延元庚申年」
 「七月十四日」

DSCN9536_20230725013527ad4.jpg

 「馬頭観世音」
 「大正六年四月建之」
  真っ二つに折れた修復跡があります。

DSCN9549_20230725013646b05.jpg

DSCN9539_20230725013649440.jpg


<笠付角柱型庚申塔>

 寛文11(1671)年銘の庚申塔です。
 正面中央「如我昔所願今者已満足 右庚申供養二世安樂也」
 正面右「寛文十一年辛亥二月中旬」

DSCN9548_20230725013818fee.jpg


<廻国六十六部供養塔>

 六地蔵と、正徳5(1715)年8月銘の廻国六十六部供養塔です。

DSCN9540_202307250138207d4.jpg

DSCN9543_202307250138214d1.jpg

DSCN9541_20230725013822091.jpg

DSCN9542_20230725013824817.jpg


<念仏供養塔>

 寛保2(1742)年7月銘、寛政10(1798)年8月再建。

DSCN9547_2023072501404996f.jpg

DSCN9545_2023072501405107f.jpg

DSCN9544_20230725014052180.jpg

DSCN9546_202307250140538cd.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会奉献石燈籠電信柱巣鴨プリズン

慈眼寺② 芥川家墓・谷崎家墓

【慈眼寺墓地】

 慈眼寺墓地入口に案内板があります。

(案内板)
「慈眼寺
 司馬江漢の墓(イ之九側)
  江戸時代の画家
  日本初の銅版画作成
 斎藤鶴磯の墓(イ之七側)
  江戸時代の儒者
  各地を歩き名著「武蔵野話」を刊行
 小林平八郎の墓(司馬江漢の墓右隣)
  江戸時代の侍
  演劇・映画「忠臣蔵」で有名な吉良方の侍
 芥川龍之介の墓(ハ之三側)
  大正時代から昭和初期の小説家 代表作「羅生門」「蜘蛛の糸」等がある
  その業績を記念して芥川賞が創設された
 谷崎潤一郎の墓(ハ之三側)
  明治末期から昭和中期の小説家 代表作「刺青」「春琴抄」等がある
  京都鹿ヶ谷法然寺に墓があり、菩提寺である当山に分骨
 比翼塚(慈眼寺境内)
  新内「明烏夢泡雪」のモデルとなった浦里(吉原の遊女の美吉野)
  時次郎(札差伊勢屋の若旦那伊之助)の墓」

DSCN6298_2023041318122120e.jpg

DSCN6300_2023041318122394d.jpg


○芥川龍之介の墓

 墓石は、芥川龍之介が愛用した座布団のサイズに合わせて石を切り出したものです。墓石の天辺には家紋の五七桐紋が彫られています。
 夏目漱石の墓石は椅子で、芥川龍之介の墓石は座布団であることは、座るのが仕事である作家らしい墓石と思いました。

DSCN6301_20230413181333028.jpg

DSCN6302_20230413181335fa9.jpg

DSCN6303_202304131813360b1.jpg

DSCN6310_202304131813389dd.jpg

DSCN6305_20230413181435ba1.jpg

DSCN6311_20230413181437f4f.jpg

DSCN6309_20230413181439447.jpg

DSCN6308_2023041318144049c.jpg


 随筆『本所両国』(芥川龍之介)で、慈眼寺について言及しています。
「僕は萩寺の門を出ながら、昔は本所の猿江にあつた僕の家の菩提寺を思ひ出した。この寺には何でも司馬江漢や小林平八郎の墓の外に名高い浦里時次郎の比翼塚も残つてゐたものである。僕の司馬江漢を知つたのは勿論余り古いことではない。しかし義士の討入りの夜に両刀を揮つて闘つた振り袖姿の小林平八郎は小学時代の僕等には実に英雄そのものだつた。それから浦里時次郎も、――僕はあらゆる東京人のやうに芝居には悪縁の深いものである。従つて矢張り小学時代から浦里時次郎を尊敬してゐた。(けれども正直に白状すれば、はじめて浦里時次郎を舞台の上に見物した時、僕の恋愛を感じたものは浦里よりも寧ろ禿だつた。)この寺は――慈眼寺といふ日蓮宗の寺は震災よりも何年か前に染井の墓地のあたりに移転してゐる。彼等の墓も寺と一しよに定めし同じ土地に移転してゐるであらう。が、あのじめじめした猿江の墓地は未に僕の記憶に残つてゐる。就中薄い水苔のついた小林平八郎の墓の前に曼珠沙華の赤々と咲いてゐた景色は明治時代の本所以外に見ることの出来ないものだつたかも知れない。」(青空文庫より引用)


<芥川家之墓>

 墓誌には「芥川也寸志」「芥川比呂志」の名前も刻まれています。

DSCN6307_2023041318162312c.jpg

DSCN6306_202304131816255f7.jpg


○谷崎潤一郎の墓

 谷崎潤一郎は、かつての論争相手だった芥川龍之介も眠る慈眼寺の谷崎家代々墓地に分骨されています。「安楽寿院功誉文林徳潤居士」とあります。 最後に「妻松子誌」とあります。

DSCN6317_202304131848124ff.jpg

DSCN6314_20230413184815b64.jpg

DSCN6327_20230413184817bbe.jpg


○司馬江漢の墓(江漢司馬峻之墓) 東京都旧跡

 司馬江漢は、江戸時代後期の洋風画家で蘭学者です。

DSCN6318_20230413200525897.jpg

DSCN6319_20230413200527888.jpg

DSCN6331_2023041320052902a.jpg

(説明板)
「東京都指定旧跡
 司馬江漢墓
   所在地 豊島区巣鴨五の三七の一 慈眼寺墓地
   指定  昭和五年六月二日
 江戸時代後期の洋風画家で蘭学者。安藤氏の子として延享四年(一七四七)江戸四谷に生まれた。名は安藤吉次郎という。のち唐風に姓を司馬、名を峻に改めた。字は君嶽、江漢は号である。はじめ狩野派に学んだが飽き足らず、浮世絵師鈴木春信に師事して、春重の名で「夏月図」などを発表した。明和七年(一七七○)春信没後春信の偽物を描くが長続きせず、二世鈴木春信を気取って鈴木春重と称して美人画を多く描いた。同時に平賀源内の紹介で南蘋派の宋紫石に学んで漢画を習得した。安永年間秋田蘭画の指導者小野田直武から洋風画の教えを受け、天明三年(一七八三)腐蝕銅版画の創製に成功した。晩年は老荘の思想に親しみ、文政元年(一八一八)十月二一日七二歳で死去した。本所猿江町にあった慈眼寺に葬られたが寺院の移転により改葬された。著書には『西洋画談』『春波楼筆記』『和蘭通舶』などがある。法名桃言院快詠寿延居士。墓標は生前に建てられた(文化七年)寿塔である。
  平成五年三月三一日 建設  東京都教育委員会」

DSCN6320_202304132005325a1.jpg


○小林平八郎の墓

 小林平八郎は、「忠臣蔵」の吉良方の侍です。
 「小林平八郎平央通霊廟」とあります。 慈眼寺での法名は「通玄院恵澄正脱玉円日融信士」

DSCN6329_202304132007190e2.jpg

DSCN6330_20230413200720976.jpg

DSCN6328_20230413200723c4e.jpg


○斎藤鶴磯の墓 東京都旧跡

 斎藤鶴磯は、江戸時代の儒者で、各地を歩き名著「武蔵野話」を刊行しました。

DSCN6322_202304132008587d2.jpg

DSCN6325_20230413200859677.jpg

(説明板)
「東京都指定旧跡
 斎藤鶴磯墓
   所在地 豊島区巣鴨五の三五の三三 慈眼寺墓地内
   標識  昭和五年六月二日
   指定  昭和三○年三月二八日
 斎藤鶴磯(一七五二ー一八二八)は、水戸藩士の子として江戸に生まれました。江戸時代中期の儒学者、地誌研究家として知られています。通称を宇八郎、名を敬夫といい、鶴磯は号になります。武蔵国所沢に住み、江戸時代の有名な地誌である「武蔵野話初編」を文化十二年(一八一五)に完成させ、翌年江戸に戻りました。他に「女孝経補注」や「干支考」などの著作も知られていま
す。文政十一年(一八二八)に亡くなり、本所猿江町の慈眼寺に葬られましたが、のちに寺の移転に戸もない改葬されました。
  平成二四年三月 建設  東京都教育委員会」

DSCN6324_202304132009010f8.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 巣鴨芥川龍之介谷崎潤一郎旧跡

慈眼寺①

○慈眼寺 豊島区巣鴨5-35-33

 慈眼寺は、「染井霊園」の北に隣接してあります。

<山門>

 寺号標「日蓮宗慈眼寺」

DSCN6297_2023041318040514f.jpg

 「不染橋親柱」 豊島区駒込5-37-1
  大正5(1916)年造立の不染橋(ふぜんばし)親柱が一対あります。

DSCN6349_20230413180407697.jpg

DSCN6350_20230413180409877.jpg


<染井霊園側案内板>

 染井霊園側の案内板には、慈眼寺の墓の案内が記されています。

DSCN6345_20230413180409910.jpg

DSCN6347_20230413180412328.jpg

DSCN6348_2023041318041373d.jpg


○慈眼寺本堂

 本堂の扁額は「正寿山」です。

DSCN6332_202304131805433ce.jpg

DSCN6338_20230413180544751.jpg


○比翼塚

 慈眼寺の境内にある、墓石が二つ並んで建てられている浦里・時次郎の比翼塚です。新内「明烏夢の泡雪」や歌舞伎「明烏花濡衣」などのモデルで知られた悲恋物語の主人公です。
 左は吉原の遊女美吉野(心誠妙貞信女)、右は蔵前の札差伊勢屋の若旦那伊之助(意實淨貞信士)です。「昭和二十年四月十日戦災 同二十八年再建」とあります。

DSCN6335_20230413180738d7f.jpg

DSCN6344_20230413180740ee4.jpg

DSCN6341_2023041318074246f.jpg

DSCN6334_20230413180742b1f.jpg

 墓石の横に刻まれている辞世句です。
 「川たけの流るる身をもせき止めて 二世の契りを結ぶうれしさ 浦里」

DSCN6340_20230413180842902.jpg

 「一人来て二人つれ立つ二世の道  一つうてなに受ける露の身 時次郎」

DSCN6342_2023041318084575f.jpg

 「鶴賀社中」の門柱

DSCN6336_2023041318084558f.jpg

 「石燈籠」嘉永年間の寄進です。

DSCN6337_20230413181010f5a.jpg

 「手水鉢」昭和31(1956)年の寄進です。

DSCN6339_2023041318110899d.jpg

DSCN6343_202304131811113fe.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 巣鴨

巣鴨地蔵通り~庚申塚通り

○巣鴨地蔵通り 豊島区巣鴨3丁目・4丁目

 巣鴨地蔵通りは、真性寺前から庚申塚まで続く旧中山道です。公式マスコットキャラクター「すがもん」が郵便ポストの上にいます。

DSCN9030_202208262015286e8.jpg

DSCN9113_20220826201531951.jpg

DSCN9117_202208262015348bf.jpg


<巣鴨の地名の由来>

(説明板)
「地名の由来
 ここ「巣鴨」は、古い資料では「州賀茂」、「菅面」、「州鴨」、「州処面」、「須賀茂」、「須賀母」、「州賀茂」とも表記されています。砂州(州処)や沼地があり葭が茂った村とする説、大池に鴨が巣を作っていたからとする説などがありますが、はっきりとした根拠はわかっていません。「巣鴨」と表記されている古い資料は「長禄江戸図」(1457〜60年)程度しかなく、江戸半ば以降に武蔵国豊島郡巣鴨村として定着したと考えられています。」

DSCN9122_20220826201813ac7.jpg

DSCN9122b.jpg


<周辺案内図>

 巣鴨郵便局前にある「周辺案内図」と、巣鴨地蔵通り部分の抜粋です。

DSCN9127_20220826201807135.jpg

DSCN9127b.jpg


<すがも史跡まっぷ>

DSCN9123_202208262015345b4.jpg

DSCN9123a.jpg


<街路灯説明パネル>

 LED装飾街路灯に、巣鴨の歴史や史跡を説明するパネルが掲示されており、延々と続いています。以下はその一部です。

DSCN9017b.jpg

DSCN9126_20220826201810ddf.jpg

DSCN9101_202208262019531e1.jpg

DSCN9100_202208262019566c4.jpg

DSCN9115_20220826201959fda.jpg


<巣鴨地蔵通り標識> 豊島区巣鴨4-13-15地先

 巣鴨地蔵通りの終端[庚申塚交差点」南に、標識「巣鴨地蔵通り」があります。

DSCN9102_20220826201959e9c.jpg


○庚申塚通り 豊島区西巣鴨2丁目・3丁目

 庚申塚通りは、庚申塚から明治通りまで続く旧中山道です。庚申塚停留所所に「地域案内」があります。歩道には道標がはめられています。

DSCN9085_202208262021298d1.jpg

DSCN9097_202208262021321ab.jpg

DSCN9096_20220826202132794.jpg

DSCN9099_20220826202135454.jpg

DSCN9098_20220826202135bd5.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 中山道巣鴨郵便ポスト

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR