明治神宮

○明治神宮 渋谷区代々木神園町1-1

 明治神宮は、渋沢栄一が奉賛会の副会長、理事や造営局の評議委員など中心となって関わり創建されました。明治神宮の森は150年先の完成を見た森造りが行われ、現在も未完成の過渡期の森です。
 「さざれ石」と「亀石」を見てきたので、加筆して再アップします。

【西参道】
 代々木オリンピックセンターでの所用を終えて、西参道から参詣。

DSCN0370_20240121212033bda.jpg

DSCN0341_20240121212035007.jpg

(明治神宮案内)
「明治神宮
祭神 明治天皇(第122代天皇)
   昭憲皇太后(明治天皇の皇后)
鎮座 大正9年11月1日(1920年)
例大祭 11月3日(明治天皇の誕生日)
由緒
 明治45年7月30日明治天皇が崩御になりますと、国民の間からこ神霊をおまつりして、ご神徳を永遠に敬いお慕したいとの熱い願いか沸き起りました。当神宮の造営にあたっては、全国各地よりの献木と青年団員の勤労奉仕がなされ、更には奉賛会を設立して外苑が奉献をみるなど、全国民挙げての創建となりました。
沿革
 創建当初の社殿をはじめ主要建物は、昭和20年4月の戦災により焼失しましたが、昭和33年11月、国内はもとより海外からも多額の浄財が寄せられ、現在の社殿が復興されました。
境内
 内苑(東京都渋谷区代々木神園町)約70万㎡
 外苑(東京都新宿区霞ヶ丘及び港区元赤坂)約30万㎡
神楽殿
 平成の御大典記念事業として造営されたもので、明治神宮崇敬会及び全国崇敬者よりの多大な奉賛により平成5年に竣工しました。神楽舞、舞楽を奏しての厳粛な祈願祭を随時奉仕しています。
宝物殿
 正倉院の校倉風大床造りの棟式を模した建物で、大正10年に竣功しました。殿内にはご着用装束、お馬車、日常ご使用になられた品々など、ご祭神縁の御物が展示されています。
御苑
 ご祭神縁の名苑で、特に天皇が皇后のために植えさせられた花菖蒲が咲き競う6月には、多くの拝観者で賑わいます。
外苑
 大正15年10月に奉献された外苑は、ご祭神のご事蹟が描かれた80面の大壁画を展示する明治聖徳記念絵画館を中心に、苑内には野球場、テニスコート、アイススケート場等を備え、スポーツの森として広く親しまれています。
明治記念館
 本館は明治憲法の草案が審議された建物で、昭和22年明治神宮の総合結婚式場として開館して以来、毎年多くの方々が慶びの日を迎えられます。」

DSCN0338_20240121213305f88.jpg

DSCN0339_202401212133081f3.jpg

「明治神宮境内案内図」

DSCN0340_2024012121335222b.jpg

<西神門>

DSCN0343_20240121213458933.jpg

DSCN0344_20240121213501081.jpg

DSCN0342_20240121213501a27.jpg

<社殿>

DSCN0345_202401212135525f7.jpg

<東神門>

DSCN0346_20240121213626bc5.jpg

<南神門>

 原宿口の正門から南神門を経ての参拝が一般的です。

DSCN0349_20240121213755c22.jpg

DSCN0347_202401212137584c4.jpg

DSCN0348_20240121213758981.jpg

<明治神宮境内図>

DSCN0351_20240121213903bb1.jpg

DSCN0350_20240121213906ec0.jpg


<明治神宮北側の木立>

 全国から寄付された約10万本の献木により造りあげた「人工の森」。
 本多静六が中心となって設計した森です。いまだ完成していない過渡期の森です。

DSCN0353_202401212140049eb.jpg

DSCN0352_20240121214007c43.jpg

<太鼓橋>

 北池に架かる「太鼓橋」。その名前にしては、平坦な橋です。

DSCN0354_20240121214059b43.jpg

DSCN0355_20240121214102a18.jpg


<江戸・東京の農業>

 宝物殿の前に、JAの説明板「江戸・東京の農業」が設置されています。

(説明板)
「江戸・東京の農業 代々木野と周辺の村落
 ここ明治神宮の境内は、かつて代々木野といわれ武蔵野の一部で、草深き原野は四季折々の山野草が咲き競っていました。
 それまで、寒村であった江戸周辺は徳川家康が幕府(1603)を置いた事から、原野は拓かれ、あちこちに集落が形成されました。
 寛永年間(1624〜44)には諸大名の別邸や旗本の屋敷などが作られましたが、代々木野(神宮境内)には元熊本藩主、加藤忠廣の別邸が造営されました。
 境内周辺には原宿村・千駄ヶ谷村・代々木村・穏田村・上渋谷村などの集落があり、米、麦、蕎麦などのほか、ナス、ダイコン、ニンジンなど、江戸で不足する野菜類を主に生産し、神田や日本橋に出荷していました。
 1867年、江戸幕府が崩壊し、明治政府が誕生すると、かつての大名屋敷の多くは空き家となり、青山周辺は市街化が進んだのに比べ、原宿村など、周辺の村々は、明治中期の頃まで、田園の景観をとどめていました。
  平成9年度JA東京グループ 農業協同組合法施行五十周年記念事業」

DSCN0360_20240121214228a49.jpg

DSCN0356_20240121214232d2a.jpg

DSCN0359_2024012121423187a.jpg


<宝物殿> 国重要文化財

DSCN0364_202401212143190a7.jpg

DSCN0365_2024012121432251a.jpg

DSCN0367_20240121214322ee4.jpg

(説明板)
「重要文化財 宝物殿
  平成二十三年(二○一一)六月二十日指定
 この宝物殿は、明治天皇・昭憲皇太后ゆかりの御物を収蔵・展示するための施設として明治神宮造営局の大江新太郎が設計を行い、大正十年(一九二一)に竣工しました。
 展示施設の中倉を中心として各建物を左右対称に配置した構成で、正倉院の校倉造りを模した校倉風大床造り等の独特の和風意匠でまとめられています。また、建物全体を鉄筋コンクリート造りとした和風意匠の建築物ではわが国最初期のものであり、建築技術史上においても重要なものです。
 また、神宮外苑の中心的存在である聖徳記念絵画館は、明治天皇・昭憲皇太后のご遺徳を永く後世に伝えるために、国民からの寄付金によって、大正十五年(一九二六)に竣功した建造物であり、わが国最初期の美術館建築として高く評価されています。館内には、明治天皇・昭憲皇太后の御事績を描いた壁画八十面が展示されています。
 ともに平成二十三年六月二十日付で国の重要文化財に指定されました。」

DSCN0363_20240121214454c5a.jpg

DSCN0361_2024012121445710a.jpg

(掲示)
「宝物殿で展示しておりました御祭神ゆかりの品々は、明治神宮ミュージアムに収蔵されましたが、宝物殿は春秋大祭期間中に期間を限定して公開しております。」とのこと。

DSCN0366_202401212147091d4.jpg


<至誠館(武道場)>

DSCN0368_2024012121450007b.jpg

(掲示)
「至誠館
 明治神宮武道場至誠館は、当神宮鎮座五十年祭を記念し多くの崇敬者の協賛により昭和四十八年十月に開設されました。(以下略)」

DSCN0369_202401212144579cf.jpg


【芝生広場】

 宝物殿前の芝生広場に、「ざされ石」と「亀石」が置かれています。

<さざれ石>

 宝物殿前の国旗掲揚台の裏手に「さざれ石」が置かれています。 昭和37(1962)年に、岐阜県旧春日村(現:揖斐川町)が明治神宮に奉納した1トンの「さざれ石」です。

DSCN4608.jpg

DSCN4597_20240515222518294.jpg

DSCN4602_20240515222518b02.jpg

DSCN4601_20240515222520d62.jpg

(説明板)
「国家「君が代」に詠まれているさざれ石
 さざれ石は、大小の石灰岩の角礫が集まったもので、学名は「石灰質角礫岩」 と言います。もともと小さな石、「細石」の意味ですが、長い年月をかけて雨水などに 溶け出した石灰分が沈着し、小石を凝結して少しずつ大きくなって出来ます。
やがてそれが国家、
 君が代は千代に八千代にさざれ石の
   巌となりて苔のむすまで
に詠まれているような立派なさざれ石となって地上に現れるのです。
この石は、国歌の由来となったといわれるさざれ石を産出した、岐阜県揖斐郡春日村の山中で採取され、奉納されたものです。
  昭和三十七年十月二十六日
  岐阜県揖斐郡春日村より奉納」

DSCN4600_20240515222522cae.jpg

<亀石>

 北池の畔に、亀に似た形をしていることから亀石とよばれる石があります。

DSCN4607_20240515222651b6a.jpg

DSCN4604_202405152226542fc.jpg

DSCN4606_20240515222654e08.jpg

(参考)
 「明治神宮外苑」(御鷹の松碑樺太国境画定標石
 「国立オリンピック記念青少年総合センター

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 渋沢栄一江戸・東京の農業国重要文化財さざれ石

千駄ヶ谷の富士塚

○千駄ヶ谷の富士塚(東京都文化財)  渋谷区千駄ケ谷1-1-24

 「千駄ヶ谷の富士塚」は、都内最古の富士塚です。常時登拝が可能で、登山道が整備されています。登拝記念の御朱印も用意されています。
 江戸時代から続く「烏帽子講」が昭和60年代まで続いていましたが、講社が閉じられたため、六月三日の例祭は神社が斉行しています。

DSCN7354_2023051412572080e.jpg

DSCN7445_20230514125723773.jpg

DSCN7336_2023051412572407e.jpg

DSCN7351_20230514125727316.jpg

DSCN7338_20230514130029d79.jpg

DSCN7337_202305141300315e8.jpg

DSCN7330_20230514130032761.jpg

<標柱>
 「東京都指定有形民俗文化財 千駄ヶ谷の富士塚」

DSCN7357_20230514130341aec.jpg

(説明板)
「東京都指定有形文化財
 千駄ヶ谷の富士塚
   所在 渋谷区千駄ヶ谷一ノ一ノ二四 鳩森八幡神社境内
   指定 昭和五十六年三月十二日
 この富士塚は寛政元年(一七八九)の築造といわれ、円墳形に土を盛り上げ、黒ボク(富士山の溶岩)は頂上近くのみ配されている。山腹には要所要所に丸石を配置しており、土の露出している部分には熊笹が植えられている。頂上には奥宮を安置し、山裾の向って左側に木造の里宮の建物がある。
 頂上に至る登山道は正面に「く」の字形に設けられ、自然石を用いて怪談としている。七合目には洞窟がつくられ、その中には身禄像が安置されている。塚の前面には池があるが、この池は塚築造のため土を採掘した跡を利用したもので、円墳状の盛り土、前方の池という形は江戸築造の富士塚の基本様式を示している。
 この富士塚は大正十二年(一九二三)の関東大震災後に修復されているが、築造当時の旧態をよく留めており、東京都内に現存するものではもっとも古く、江戸中期以降、江戸市中を中心に広く庶民の間で信仰されていた富士信仰の在り方を理解する上で貴重な資料である。
  昭和五十七年三月三十一日 建設 東京都教育委員会」

DSCN7359_20230514130343029.jpg


<狛犬>

 享保20(1735)年奉納の狛犬です。

DSCN7440_20230514130343442.jpg

DSCN7355_20230514130345abf.jpg

DSCN7356_20230514130346bb8.jpg


<登山口>

DSCN7441_20230514130708522.jpg

DSCN7360_20230514130710346.jpg

DSCN7362_20230514130711474.jpg


<参明藤開山>

 昭和10(1935)年に烏帽子岩総講社が柵工事を寄付した工事記念碑です。

DSCN7363_2023051413071315d.jpg


<合目標>

 合目石の代わりに合目標が一合目から山頂まで設けられています。

DSCN7364_2023051413094029a.jpg


<講碑>

 「惣同行講」「丸嘉同行」

DSCN7442_20230514130935567.jpg

DSCN7368_20230514130938749.jpg


<享保16年寄進の手水鉢>

 享保16(1731)年11月、講中による寄進の手水鉢です。

DSCN7443_20230514131124ac4.jpg


<冨士浅間神社里宮>

 昭和60(1985)年 に御影石で造られた里宮です。里宮の後方に、烏帽子岩講の講碑があります。

DSCN7365_20230514131127a56.jpg

DSCN7367_20230514131129b5b.jpg

DSCN7366_20230514131130220.jpg


<三合目/亀岩>

 里宮から登山路を時計回りに進む右手に「亀岩」があります。

DSCN7369_20230514131252d7d.jpg

DSCN7370_20230514131255d4f.jpg


<四合目・五合目/お中道>

 富士塚の山腹周回路のお中道を進みます。

DSCN7371_202305141312572d2.jpg

DSCN7373_20230514131259016.jpg


<小御嶽石尊大権現>

 五合目にある、富士塚の造立年の推定となっている寛政元(1789)年銘の「小御嶽石尊大権現」です。
   
DSCN7393_202305141314294c9.jpg

DSCN7394_20230514131432958.jpg


<六号目>

 お中道を六号目に向かいます。

DSCN7374_20230514131535346.jpg


<七合目>

DSCN7375_20230514131537e96.jpg


<食行身禄像>

 洞窟があり「食行身禄像」が祀られています。首に修復跡があります。

DSCN7379_20230514131733428.jpg

DSCN7376_20230514131734321.jpg


<烏帽子岩>

 「食行身禄像」の横に「烏帽子岩」があります。

DSCN7380_202305141318320b9.jpg

DSCN7381_202305141318352c2.jpg


<八合目・九合目・山頂>

DSCN7382_20230514131836711.jpg

DSCN7383_20230514131837cc8.jpg


<冨士浅間神社奥宮>

 頂上には黒ボクに囲まれた奥宮があります。

DSCN7384_202305141320046a4.jpg

DSCN7386_202305141320066f5.jpg

DSCN7392_20230514132007b46.jpg


<頂上からの光景>

DSCN7389_202305141321062db.jpg

DSCN7388_202305141321080eb.jpg

DSCN7390_2023051413210954f.jpg


<金明水・銀明水・釈迦の割れ石>

 周囲には、富士山頂の名所である、金明水、銀明水、釈迦の割れ石が設けられています。

DSCN7353_20230514132307573.jpg

DSCN7385_20230514132301acf.jpg

DSCN7387_20230514132302b4d.jpg

DSCN7391_20230514132305ad4.jpg


<高鞆霊神>

 下山路を進んでくると「高鞆霊神」があります。神社の富士塚案内図にも挿絵が掲載されていますが、詳細はわかりません。

DSCN7397_20230514132437df4.jpg

DSCN7352_20230514132434120.jpg


<力石>

 力石に見えます。

DSCN7396_202305141324376a0.jpg


<松山銘>

 漢文碑です。戸川近江守達本は、天保14((1843)年4月17日に家慶公の日光御参詣に際し御書院番を勤め、日光山の若松を持ってきて植え、今では成木になって奉られている等々とあり、最後に「文久二年」「近江守達本書」とあります。戸川近江守屋敷に置かれていた碑のようです。
 wikipediaによりますと、戸川達本(とがわ みちもと 文化6(1809)年10月〜 明治16(1883)年3月11日)は、江戸時代の幕臣(旗本)。官位は近江守。天保14(1843)年4月、日光社参で徳川家慶の供回りをしています。嘉永2(1849)年3月、小金原御鹿狩で徳川家慶の警護をしています。

DSCN7398_20230514132716909.jpg

kiriezusendagaya2.jpg


<地眼>

 富士塚の裾にある石碑です。

DSCN7333_202305141328294a9.jpg


<筆塚>

 富士塚の裾にある石碑です。
 「筆塚
   皓民粛書」

DSCN7334_20230514132830a80.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 富士塚力石

鳩森八幡神社

○鳩森八幡神社 渋谷区千駄ケ谷1-1-24 HP

 都内最古の富士塚「千駄ヶ谷の富士塚」(東京都文化財)があります。当社の隣には将棋会館があり、日本将棋連盟によって将棋堂が建立されています。


「江戸名所図会 千駄ヶ谷八幡宮」

 挿絵では、「表門」から入ると正面に本社があります。表門の左には、将軍家光の愛鷹「鈴」がとまった「鈴かけ松」が見えます(現存せず)。参道の右側には「かくら殿」があります。「冨士」「浅間社」が見えます。

zuehachiman.jpg

zuehachiman2.jpg


「江戸切絵図」

 「江戸切絵図」にも、富士が描かれています。八幡宮の西隣に「戸川近江守」の屋敷が見えますが、富士塚の隅に、旗本の戸川達本による石碑があります。

kiriezusendagaya.jpg


<現在の地図>

DSCN7416_202305141222112e8.jpg

DSCN7435_20230514122213a8f.jpg


【表参道】

 社号標「鳩森八幡宮」

DSCN7413_202305141229418c3.jpg

DSCN7414_202305141229447d6.jpg

DSCN7415_20230514122947ffc.jpg

DSCN7439_20230514122947210.jpg

DSCN7438_202305141229476db.jpg


<手水鉢>

 文政3(1820)年銘の人感センサーの手水鉢です。

DSCN7409_20230514123311523.jpg

DSCN7412_20230514123314314.jpg


<慰霊碑>

 「慰霊碑
   靖國神社宮司 筑波藤麿」

DSCN7410_202305141234127e1.jpg


<能楽殿>

DSCN7411_202305141234151a0.jpg


<社殿>

DSCN7407_20230514123417fad.jpg

DSCN7408_202305141234206f9.jpg

DSCN7437_20230514123523513.jpg


【西参道】

 鳥居をくぐると、ご神木の大銀杏。他にも歩道にはみ出ている銀杏など、境内には年輪を重ねた木々が目立ちます。

DSCN7323_20230514123732fd8.jpg

DSCN7324_20230514123734af6.jpg

DSCN7430_20230514123734506.jpg

DSCN7448_20230514123736b1a.jpg

 狛犬
   
DSCN7326_20230514123737fce.jpg

DSCN7327_20230514123739f4f.jpg

 神輿庫
  
DSCN7431_20230514123920487.jpg

 タッチパネル案内板

DSCN7348_2023051412391709e.jpg

DSCN7436_20230514123920c08.jpg


<神明社(千駄ヶ谷太神宮)>

 太神宮として権田原にありましたが、明治41(1908)年11月、八幡神社の末社となって境内に遷座しました。

DSCN7447_20230514124048cb9.jpg

DSCN7406_20230514124050ee9.jpg

DSCN7403_20230514124052b19.jpg

DSCN7405_20230514124054b44.jpg

(掲示)
「神明社(千駄ヶ谷太神宮)
 太神宮として権田原にありましたが、明治四十一年十一月、八幡神社の末社になって境内に遷座されました」

DSCN7404_20230514124056981.jpg


「江戸名所図会 千駄谷 大神宮 寂光寺」

 中央上に大神宮の「本社」が見えます。左中央に、別当の寂光寺の「本堂」、山門を入った左手に、三代将軍家光の愛鷹「遊女」がとまった「遊女松」が見えます。

zuedaisingu.jpg

zuedaisingu2.jpg

zuedaisinguyuzyomatu.jpg

 「遊女松」の跡地には、「御鷹乃松碑」(渋沢栄一が揮毫)が建っています(神宮外苑)。

DSCN7435c.jpg

DSCN7477_20230514124321344.jpg


<甲賀稲荷社>

 権田原の御鉄砲場に鎮座していた稲荷神社で、甲賀組組屋敷の武士が崇敬していたといいます。明治18(1885)年に青山練兵場設置のために当社に遷座。

DSCN7328_20230514124605d55.jpg

DSCN7400_202305141246082ba.jpg

DSCN7401_202305141246083bb.jpg

DSCN7372_20230514124753d51.jpg

DSCN7399_20230514124756bea.jpg

(説明掲示)
「甲賀稲荷社(御祭神 宇迦之御霊神)
甲賀組組屋敷の武士が崇敬していた甲賀稲荷社は、かつて青山権田原の御鉄砲場付近に鎮座していましたが、明治十八年に、青山練兵場設置のため当社境内に遷座・合祀されました。
 昭和二十年五月の戦災で社殿を焼失、本殿の中に八幡大神、諏訪大神とともに奉られていましたが、復興を望む声が高まり、昭和四十五年この場所に欅造りの社殿が完成し、遷座されました。」

DSCN7329_202305141247562a1.jpg


<将棋堂>

 昭和61(1986)年1月、日本将棋連盟(大山康晴会長)より大駒が奉納され、日本将棋連盟と神社が協力し、この大駒を納める六角の御堂が同年11月に建立されました。

DSCN7339_202305141249454d9.jpg

DSCN7342_2023051412494878b.jpg

DSCN7433_2023051412494810b.jpg

(標柱)
 (表)「将棋堂  十五世名人 大山康晴書」
DSCN7340_202305141251083ec.jpg

 (裏)「昭和六十一年十一月吉日建之」
DSCN7341_202305141251085d4.jpg

(説明板)
「将棋堂由来記
 昭和六十一年一月、社団法人日本将棋連盟(当時の会長 大山康晴十五世名人)より、山形県の駒師 香月氏の製作による、高さ一米二十糎の欅製の大駒が奉納された。この縁により、同年十一月将棋の技術向上を目指す人々の守護神とし、更に将棋界の繁栄を願って、日本将棋連盟と神社が協力し、この大駒を納める六角の御堂を建立した。御堂の六角は天地四方を表わし、屋根の上の飾り金物は将棋盤の足の形、つまりくちなし(梔子)の実の形をしている。くちなしは口無しに通じ、助言無用の戒めからきていると古くから言い伝えられている。
 室内に安置された大駒は、御影石の将棋盤の上に立ち、その奥に氏神の八幡神が祀られている。
 毎年年頭に、この御堂の前で祈願祭が行われる。将棋上達を祈願する人は、いつでもその夢を絵馬札に托して奉納することができる。参拝者は棋力向上の願いが叶えられ、よろず勝運に恵まれると言われている。
  平成六年十二月吉日
    鳩森八幡神社
    財団法人 日本将棋連盟」

DSCN7345_202305141251042bc.jpg

(大駒)
 堂内に安置された大駒は、御影石の将棋盤の上に立っています。

DSCN7346_202305141253247cc.jpg

DSCN7343_20230514125327184.jpg

DSCN7343b.jpg

DSCN7347_2023051412533062f.jpg

次、千駄ヶ谷の富士塚(東京都文化財)

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会

将棋会館 鳩森八幡神社の庚申塚

○将棋会館 渋谷区千駄ケ谷2-39-9

 藤井聡太七冠のニュースでよく登場する将棋会館です。令和6(2024)年秋には移転します。令和5(2023)年6月から羽生善治九段が日本将棋連盟会長を務めています。
 日本将棋連盟初代会長木村義雄の「十四世名人木村義雄」の書「将棋会館」と、「十五世名人大山康晴」の陶板を見て、中へ入ります。

DSCN7429_20230514133724dfa.jpg

DSCN7428_20230514133722108.jpg

DSCN7419_20230514133725c54.jpg

DSCN7427_20230514133727938.jpg


<将棋会館>

 木村義雄の書「将棋会館」

(表)「将棋会館」
DSCN7418_20230514133728344.jpg

(裏)「十四世名人 木村義雄書」
DSCN7417_20230514133729a9a.jpg


<大山康晴十五世名人(1923〜1992)陶板>

 エントランス右手に「大山康晴十五世名人(1923〜1992)陶板」「平成四年夏」が掲げられています。

DSCN7421_20230514134036840.jpg

DSCN7425_20230514134040639.jpg

DSCN7423_20230514134043792.jpg

<ようこそ!将棋会館へ>

DSCN7420_20230514134122fdf.jpg


○鳩森八幡神社の庚申塚 渋谷区千駄ヶ谷1-1-24

 将棋会館の前の道を西に進むと右手に鳩森八幡神社の庚申塚があります。享保8(1723)年4月銘の庚申塔が祀られています。「わらじの庚申」と呼ばれ、多くのわらじが奉納されています。

DSCN7309_20230514133256513.jpg

DSCN7416b.jpg

DSCN7320_202305141333465a5.jpg

DSCN7315_2023051413334920a.jpg

DSCN7316_20230514133352e72.jpg

 お堂の屋根の鬼瓦は猿です。猿は桃、きび団子を持っています。

DSCN7311_202305141332583bb.jpg

DSCN7321_20230514133301fef.jpg


<庚申の由緒>

(掲示)
「庚申の由緒
 享保八癸卯歳 四月十一日 建之
 えとの庚申に当る日を重んじ 身を慎んでこの日を過す信仰
 中国の道教には六十年 或は 六十日毎にめぐってくる庚申の夜には三尸(さんし)の虫が睡眠中の人体からぬけ出て昇天するという信仰があった
 この虫が天帝にその人の罪過を報告すると 人は命を奪われるからこの夜は眠らないで善を行い 身を慎まねばならないとした
 これが中世以後の日本にも受入れられ 現在でも庚申講として広く行なわれている
 この庚申塔は享保八年(西暦一七二三)の庚申の日に建てられたもので 庚申を「かのえさる」と呼ぶことから猿の信仰とも結びつき 更に猿田彦(天孫降臨の道案内をつとめた神)との連想から道を守る道祖神とも習合している
 この庚申供養塔は 庚申信仰の民間に根を下すようになった室町末期頃から建てられるようになり江戸時代に入って非常に盛んになった
 この塔の尊像としては 青面金剛が最も多く そして日月二鶏三猿 庚申の文字や猿の像などを配するものが多い 又型状としては 駒型 舟型 角柱型 角丸型など各種がある
 渋谷地区も古くから庚申信仰が盛んで その塔が多く存在したであろうことが推察されるのである
 この庚申塔は道路新造等により片付けられていたのを町内有志たちの手によって修理復現されたものである
  昭和五十八年十二月吉日  鳩森八幡神社
 交通安全守護 祈願家内安全 商売繁昌」

DSCN7313_20230514133502d1f.jpg


<草鞋奉納>

(掲示)
「草鞋奉納
 ここに大勢の方が草鞋を奉納されておりますが、これは草鞋を奉納して、足、腰が悪い方が、早く快方しますようにと、又、足、腰が何時までも丈夫でありますようにとの願いで、奉納して頂いております。
 草鞋の奉納をご希望の方は左記までご連絡ください。又はお店にお越しください。
  理容ムラヤマ 電話番号略
  ソフィー美容室 電話番号略
  壱足 弐千円」

DSCN7312_20230514133503437.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

御鷹の松碑

○御鷹の松碑 新宿区霞ヶ丘町1 明治神宮外苑

 三代将軍徳川家光が鷹狩りの際に寂光寺で休息していたところ、いなくなっていた愛鷹「遊女」が飛来し、境内前庭の松にとまったので、家光はこれを大いに喜び、以前は「霞の松」と呼ばれていた松を「遊女の松」と名付けたと伝えられます。後に「御鷹の松」とも呼ばれました。

DSCN7472_20230514180203386.jpg

DSCN7473_20230514175616769.jpg

DSCN7464_202305141756154a4.jpg

(説明板)
「お鷹の松
大正7年(一九一八)明治神宮外苑競技場(現・国立霞ヶ丘競技場)造成のために買上げた霞岳町の敷地内に境妙寺という古寺があった。昔、徳川三代将軍家光(一六○三〜一六五一)が鷹狩の途中この寺に休息していたところ、江戸城から飛び去っていた、「遊女」と名づけた愛鷹が飛んで来て、庭前の松の枝に止まったので家光は大へん喜び、この松をその鷹の名をとって「遊女の松」と名づけたと伝えられる。後の世の人々が「お鷹の松」或いは地名をとって「霞の松」とも呼んだ。碑文にある二代目の松(樹齢推定二○○年 高さ四メートル)は昭和三十九年、東京オリンピック開催のための拡張工事の際に取り去られ、碑石は競技場代々木門内に移設されていたが、このたび現在地に移し、新たにこれに黒松を配したものである。
  昭和五十四年十月  明治神宮外苑」

DSCN7469_20230514180325958.jpg


<題字>

 題字は渋沢栄一の揮毫です。「明治神宮外苑」は渋沢栄一たちを中心に、民間や市民の手によって作られました。

(題字)
 「御鷹乃松
    澁澤榮一書 時年八十又七」

(碑文)
「此の松昔は霞乃松とて名高く徳川三代将軍放鷹のをり樹下に憩ひて鷹の名をそのまゝ遊女の松と呼ばれしが又御鷹の松とも稍するに至れり當時の古松は枯れてこれは二代目なりと云ふ元は北方五十間の地境妙寺境内に在りしを大正八年此処に移植したり
  大正十五年七月  明治神宮奉賛會」

DSCN7468_20230514180327b9f.jpg

DSCN7475_202305141803303cb.jpg

DSCN7474_202305141803303f7.jpg


「江戸名所図会 千駄谷 大神宮 寂光寺」

 中央上に大神宮、左中央に別当の寂光寺が描かれています。山門を入った左手に、三代将軍家光の愛鷹「遊女」がとまった「遊女松」の注記があります。

zuedaisingu.jpg

zuedaisinguyuzyomatu.jpg

 大神宮の別当であった日蓮宗寂光寺は、日蓮宗不受不施派への弾圧により、元禄12(1699)年に天台宗に改め、天保5(1835)年には寺号も境妙寺と改めました。明治神宮外苑造営に伴い、大正4(1915)年、上高田の地へ移転しています。


○権田原交差点 港区北青山1-7・港区元赤坂2-2・港区元赤坂2-2

DSCN7463_20230514180744d5d.jpg

DSCN7490_20230514180747a20.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会渋沢栄一

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR