金王八幡宮(渋谷城址)

○金王八幡宮(渋谷城址) 渋谷区渋谷3-5-12 HP

 金王八幡宮は、渋谷城を築き渋谷氏の祖となった河崎基家によって寛治6(1092)年に創建されたといわれています。基家の子重家がこの地に館を構えて居城としました。渋谷重家の子渋谷金王丸常光は、源頼朝の父義朝に仕えました。境内には「金王桜」と名付けられた、一枝に一重と八重が混ざって咲く珍しい桜があることで有名でした。


「江戸名所図会 金王八幡社」

 「金王八幡社」と「東福寺」が描かれています。境となる塀はなく一体に描かれています。

konnouhachiman.jpg

 境内部分の拡大です。「金王桜」は現在とは違う場所に描かれています。

konnouhachimankeidai.jpg

「江戸名所図会 金王麿影堂」

konnoumaro.jpg

「江戸名所図会 金王麿産湯水」

konnoumaroubuyu.jpg


「絵本江戸土産 渋谷金王櫻」(広重)

 広重が渋谷金王櫻を描いています。

ehonsakura_20220728183355588.jpg


「渋谷金王丸昌俊早打之図」(国貞改三代豊国)

 渋谷金王丸にまつわる人物を描いており、牛若丸(源義経)や常盤御前が見えます。

konnoumaru.jpg

 左に「金王丸昌俊」が描かれています。

konnoumaru3.jpg


「江戸の華名勝会 こ 五番組 市川新之助/渋谷八幡金王桜/渋谷」(国貞改三代豊国)

 「江戸の華名勝会」は、江戸町火消「いろは四十八組」の各組の名所旧跡を紹介しています。左下には「渋谷八幡 金王桜」が描かれています。右下の渋谷の金王丸に扮した市川新之助は「毒蛇の長刀」を手にしています。

edonohanashibuya.jpg

 上段に、金王所持霊器として「弓と矢」「獅子丸太刀」「毒蛇の長刀」が描かれています。

edonohanakatana.jpg


「江戸切絵図」

 「金王八幡宮」「東福寺」「氷川宮」「寶泉寺」部分の抜粋です。

aoyamashibuya.jpg

「現在の地図」

DSCN8322_20220728183717c3b.jpg

DSCN8319_20220728183718758.jpg

DSCN8321_202207281837200cf.jpg


<表参道/大鳥居>

 金王神社前交差点に、平成25(2013)年の大鳥居があります。

DSCN8377_202207281838233d1.jpg


<社号標/二之鳥居>

DSCN8318_20220728183824c7a.jpg


<西参道>

 西参道に「金王八幡宮 由緒」があります。

(掲示)
「金王八幡宮
御祭神 応神天皇(品陀和気命)
祭礼日(省略)
由緒
 金王八幡宮は、寛治六年(皇紀一七五二年 西暦一○九二年)渋谷氏の祖 河崎基家により鎮祭され、基家の子重家が鎌倉街道沿いの要所であるこの地に館を構えて居城として以来、渋谷氏の氏神として尊崇されました。
 渋谷重家には嫡子がなく当神社に祈願をしたところ、大神の御神徳により渋谷金王丸常光のちの土佐坊昌俊を授かりました。金王丸の活躍は平治物語・吾妻鏡などにみられる通りであります。当神社は当初「渋谷八幡宮」と申しておりましたのを、金王丸の名声に因み「金王八幡宮」と称するようになりました。
 また、境内の金王桜(渋谷区指定天然記念物)は、頼朝が金王丸を偲び植えたもので、一重と八重が混じって咲く珍しい桜で、江戸三名桜に数えられました。
 江戸時代には、竹千代(徳川家光)の教育役の青山伯耆守忠俊と乳母の春日局が三大将軍就任を当神社に祈願し、その願いが成就したのは大神の神慮によることと、現在の社殿及び神門(渋谷区指定文化財)を寄進されました。
 時代は変わりましたが、現在も青山・渋谷の氏神様として数多の崇敬を集めております。(以下略)」

DSCN8371_2022072818400909e.jpg

DSCN8372_20220728184010b2b.jpg

DSCN8373_202207281840125eb.jpg


<門> 渋谷区文化財

 表参道、二之鳥居をくぐって、渋谷区文化財の「門」です。

DSCN8340_20220728184111376.jpg

DSCN8341_2022072818411223d.jpg

DSCN8342_20220728184113f65.jpg


(説明板)
「渋谷三丁目5番12号 金王八幡宮
 区指定有形文化財 昭和五十一年三月二十六日指定
  附 渡り廊下  平成二十二年十月七日追加指定
 金王八幡宮社殿及び門 附 渡り廊下
 社記によると、この八幡は渋谷氏の祖、河崎基家が寛治六年(一○九二)に創建したといわれます。
 現在の社殿は、徳川家光が三代将軍に決定したとき、守役の青山忠俊が家光の乳母春日局とともに、慶長十七年(一六一二)に造営を開始したものです。その後たびたび修理されましたが、江戸初期の建築様式をとどめている貴重な建物です。
 門は、明和六年(一七六九)と享和元年(一八○一)に造られたとする二説があり、江戸中期の建立にはちがいありませんが、その後何度かの修理を経て今日に及んでいます。
 このあたり一帯の高台には、渋谷氏の居館があったと伝わり、東に鎌倉道、西に渋谷川が流れ、北東には低い谷地形(黒鍬谷)があって、城館を囲んでいるうえ、かつては数か所に湧泉があるという好条件を備えていました。
 しかし、その城館は大永四年(一五二四)、北条氏と上杉氏の合戦のとき、北条氏の一軍に焼き払われてしまったということです。
 平成二十二年には、社殿に附属してその価値をいっそう高める建造物として、渡り廊下が附として追加指定されました。
  渋谷区教育委員会」

DSCN8326_2022072818430108a.jpg

DSCN8328_20220728184303460.jpg


<日露戦役紀念碑>

 日露戦争の紀念碑があります。 「明治卅七八年戦役 紀念碑 希典書」、明治39(1906)年の建立です。傍らに十五、二十、二十五、三十年の碑が建っており、三十年の碑は砲弾型です。

DSCN8323_20220728184443f1f.jpg

DSCN8333_20220728184445293.jpg

DSCN8334_20220728184446d6c.jpg

DSCN8338_20220728184448989.jpg


<御神木>

 門をくぐってすぐ右手にシイノ木の御神木があります。

DSCN8343_20220728184546871.jpg

DSCN8344_2022072818454803a.jpg

DSCN8367_20220728184551ecd.jpg


<金王丸御影堂>

 門をくぐって右手から手前奥へ、途中2つの寄付者芳名巨碑の先に、「金王丸御影堂」があります。江戸名所図会に描かれていますが、当時は境外だったようです。金王丸自作と伝わる木像を安置しています。狛犬は宝暦9(1759)年銘です。

DSCN8302_20220728184900a80.jpg

DSCN8303_202207281849034ff.jpg

DSCN8304_20220728184904490.jpg

DSCN8306_20220728184906ebe.jpg

DSCN8307_20220728184907938.jpg

DSCN8305_20220728184909fe3.jpg

DSCN8312_20220728184910d33.jpg


(説明板)
「金王丸御影堂
 御祭神 渋谷金王丸常光
 祭礼日 三月最終土曜日 御開帳
 由緒
 平安末期、渋谷重家夫妻が当八幡宮に授児祈願を続けたところ、八幡神の霊夢により永治元年(一一四一)八月十五日に誕生しました。
 金王丸十七歳の時、源義朝に従い保元の乱に出陣。平治の乱ののち出家し、土佐坊昌俊と称し義朝の御霊を弔いました。
 また、頼朝とも親交が深く鎌倉開幕にも尽力。義経追討の命を受け、文治元年(一一八五)十月二十三日夜、心ならずも義経の館に討入り勇ましい最期を遂げました。
 この御影堂には、保元の乱出陣の折、自分の姿を彫刻し母に遺した木像が納められています。更に金王丸が所持した「毒蛇長太刀」も当八幡宮に保存されています。」

DSCN8308_202207281849123fc.jpg


<御嶽神社>

DSCN8314_20220728185139f9c.jpg

DSCN8316_20220728185140924.jpg


<玉造稲荷社>

DSCN8347_20220728185142784.jpg

DSCN8345_20220728185143a69.jpg


<百白殿>

 扁額は「百白殿」とあります。神楽殿でしょう。

DSCN8370_2022072818542878c.jpg


<渋谷城 砦の石>

 渋谷城の痕跡があります。

(説明板)
「渋谷城 砦の石
 この辺り一帯の高台は、平安時代末期から渋谷氏一族の居館の跡で、東に鎌倉街道(現八幡通り)、西に渋谷川が流れ、北東には黒鍬谷を有し、さらに数箇所に清水があるという好条件を備えていました。
 しかし、その館いわゆる渋谷城は大永四年(一五二四)、北条氏綱と上杉朝興の高輪原の戦(現品川区高輪付近)のとき、渋谷氏が交戦中だった北条軍の別動隊により襲われ焼き払われてしまいました。」(注:高輪は品川区ではなく港区。)

DSCN8348_202207282157121bf.jpg

DSCN8352_2022072821571678f.jpg

DSCN8351_202207282157150b4.jpg

DSCN8349_2022072821571812b.jpg


<金王桜> 渋谷区天然記念物

 源頼朝の父・義朝に仕えた渋谷金王丸の忠節をしのび、頼朝が金王丸の名を後世に残そうとして、鎌倉亀ケ谷の館から金王丸ゆかりのこの地に移植したものとされています。

(説明板)
「渋谷三丁目5番12号 金王八幡宮
 区指定天然記念物 昭和五十七年二月十八日指定
 金王桜(こんのうざくら)
 長州緋桜という種類の桜といわれ、花弁は五?七枚ですが、雄しべが花弁化したものも交じっていて、一枝に一重と八重の花が入り混って咲く大変珍しい桜です。また一名を憂忘桜とも呼称されていたようです。
 この桜については、さまざまな伝承がありますが「金王神社社記」によれば、源頼朝の父義朝に仕えた渋谷金王丸の忠節をしのび、頼朝が金王丸の名を後世に残そうとして、鎌倉亀ヶ谷の館から金王丸ゆかりのこの地に移植したものとされています。
 また、江戸時代に盛んに作られた地誌にも紹介され、郊外三名木のひとつとして有名であったことから、代々実生によって植え継がれてきた系統の確かな桜と考えられます。
  渋谷区教育委員会」

DSCN8369_20220728215850a8d.jpg

DSCN8358_2022072821585157a.jpg

DSCN8355_20220728215852ad2.jpg

DSCN8357_202207282158543d6.jpg


<芭蕉句碑>

 「志はらくハ花のうへなる月夜可南」
 文化14(1817)年、太白堂(天野桃隣)門人山奴社中建立、影山大野椎園筆。

DSCN8361_20220728215958603.jpg

DSCN8363_20220728215959be4.jpg

DSCN8359_202207282200013f6.jpg


<社殿> 渋谷区文化財

 徳川家光が将軍の世継に決定し、家光の目付役・青山忠俊と乳母・春日局が慶長17(1612)年に寄進したといわれています。彫刻が随所に施され、虎(左)と獏(右)の彫刻も見事です。

DSCN8313_20220728220136580.jpg

DSCN8368_20220728220137ea5.jpg

DSCN8374_2022072822013985a.jpg

DSCN8375_202207282201407a9.jpg

DSCN8353_20220728220141f5a.jpg

DSCN8354_202207282201433f9.jpg


<宝物館>

 拝観無料の宝物館があります。鎌倉時代の神輿、金王丸の絵馬、獅子頭(左甚五郎作)、「大江山鬼退治之図」(渋谷区文化財)、「算額」(渋谷区文化財)などがあります。
 鎌倉時代の神輿は、「江戸時代初期に当八幡宮の氏子、青山百人組の御家人が鎌倉の八幡宮の大祭に参詣した折、鎌倉より担ぎ来て当八幡宮に納めたもの。」とのことで、鶴岡八幡宮へ返さなくてよいのかなと思ったりします。

DSCN8366_202207282203243d8.jpg

DSCN8364_202207282203264c9.jpg

DSCN8365_20220728220327846.jpg

DSCN8332_202207282203286a0.jpg

DSCN8331_20220728220330ae4.jpg

テーマ : 城址巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会歌川広重松尾芭蕉春日局戦役紀念碑城址

渋谷氷川神社

○渋谷氷川神社 渋谷区東2-5-6

「江戸名所図会 渋谷氷川明神社」

 「渋谷氷川明神社」と「宝泉寺」が描かれています。

shibuyahikawa.jpg

 表参道の拡大です。左側に「土俵」が見えます。本文には「祭礼は九月二十九日なり 此の日社前にて角力を興行す」とあります。 また、石階左手に「神木」「守武萬代石」が見えます。「神木」は「常盤松」でしょう。

shibuyahikawashinboku.jpg


「江戸切絵図」

 「東福寺」「氷川宮」「寶泉寺」及び「金王八幡宮」部分の抜粋です。

aoyamashibuya.jpg


<表参道>

 社号標の奥に安永4(1775)年銘の一之鳥居。渋谷川の谷から東渋谷の台地にある社殿に石階段を登りつつの長い参道で、樹木が鬱蒼と茂っています。

DSCN8286_2022072818145885c.jpg

DSCN8285_202207281814599c3.jpg


<土俵>(氷川の杜公園 渋谷区東2-5-24)

 参道左手は、金王相撲跡の土俵のある「氷川の杜公園」です。ここでは古くから奉納相撲が行われていました。「江戸名所図会」には、「土俵」と記されています。金王は、「渋谷金王丸」に由来します。

DSCN8279_20220728181648df4.jpg

DSCN8281_20220728181650339.jpg

DSCN8282_202207281816519c2.jpg

DSCN8284_20220728181654e0d.jpg

DSCN8283_20220728181655027.jpg

(説明板)
「東二丁目5番6号
 氷川神社境内
 氷川神社金王相撲跡
 この氷川神社の創建は、区内でも古く、かつての下渋谷村、下豊沢村の鎮守社でした。そのころの祭日は、九月二十九日で当日は境内で相撲が行われ、その相撲場は今も残っています。
 この行事を金王相撲といい、いつごろから始められたか明らかではありませんが、かなり古くから行われていたらしく、近郷はもちろん江戸の町からも見物人が集まり、凶年などには休業しようとしても見物人が集まるので、やむなく興行したといいます。
 ここで相撲をとったのは、本職の江戸の力士ばかりではなく、近郷の若者も大勢参加し、江戸時代の村のレクリェーションの場となっていました。
  渋谷区教育委員会」

DSCN8277_2022072818165792b.jpg


<日露戦役紀念碑>

 「明治三丗七八年戦役紀念碑 希典書」 乃木大将の筆です。
 台座には「一番組」とあり消防組による建立です。 その下には、江戸名所図会に描かれている「守武万代石」があります。(「守武万代石」を含めての全体像を撮り忘れていました。)

DSCN8275_20220728181900f07.jpg

DSCN8276_20220728181901189.jpg


<北参道>

 北からの参道と合流します。

DSCN8280_20220728182008b36.jpg


<二之鳥居>

 次の石段の上にある二之鳥居です。

DSCN8274_202207281820117af.jpg


<本殿御敷地舊趾>

 現在は参道を進み左手に社殿がありますが、以前は江戸名所図会に描かれているように、参道の正面に社殿がありました。

DSCN8262_202207281820128d6.jpg


<東参道>

 表参道と北参道の間は、通り抜けていく人多し。

DSCN8258_20220728182300961.jpg

DSCN8257_20220728182301f1a.jpg


<八幡神社/秋葉神社>

 拝殿の右に八幡神社(左)、秋葉神社(右)があります。

DSCN8263_20220728182303991.jpg

DSCN8266_20220728182304b8f.jpg

DSCN8264_20220728182306f68.jpg


<百度石>

 八幡神社の隣に、珍しい手水鉢型の百度石があります。百回手を洗うのですかね。

DSCN8267_20220728182308492.jpg


<厳島神社/稲荷神社>

 境内奥に厳島神社(左)、稲荷神社(右)があります。

DSCN8269_20220728182523ec8.jpg

DSCN8270_20220728182524a65.jpg

DSCN8271_20220728182527ac0.jpg

DSCN8272_2022072818252828b.jpg

DSCN8273_202207281825303e5.jpg

DSCN8269b.jpg


<手水鉢>

DSCN8268_20220728182639cc9.jpg


<社殿>

 毎月15日を「いいご縁の日」としています。「五等分の花嫁」とのコラボ企画が開催中でした。

DSCN8259_20220728182641cc3.jpg

DSCN8260_20220728182642465.jpg

DSCN8261_202207281826440fd.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会戦役紀念碑

宝泉寺(几号水準点)

○ 宝泉寺 渋谷区東2-6-16

<几号水準点>

 本堂向かって左にある「常盤薬師堂」碑の台座正面最下部の中央に几号水準点が刻まれています。「常盤薬師堂」は、源義朝の側室、常盤御前の持仏を祀ったお堂で、文化文政の頃火災により焼失しています。現在は「常盤薬師堂」碑と持仏だけが残ります。

DSCN8299_20220728180129190.jpg

DSCN8297_20220728180130f01.jpg

DSCN8296_20220728180132960.jpg

DSCN8295_20220728180133b85.jpg


「江戸名所図会 渋谷氷川明神社」

 「渋谷氷川明神社」と別当の「宝泉寺」が描かれています。

shibuyahikawa.jpg

 参道からの宝泉寺部分の抜粋です。

housenji.jpg


「江戸切絵図」

 「氷川宮」と「宝泉寺」が一緒に描かれています。 近くに「金王八幡宮」があります。

aoyamashibuya.jpg


<参道>

 参道から境内に入ると樹木が鬱蒼と茂っています。

DSCN8300_20220728180609adb.jpg

DSCN8287_202207281806115a8.jpg


(説明板)
「東二丁目6番16号 天台宗 慧日山薬王院 寶泉寺
 区指定有形文化財 平成十九年三月一日
 木造阿弥陀如来立像
 本像は当寺の本尊で、両手の第一指と第二指を捻じる来迎印を表す阿弥陀如来立像です。像は頭の頂から両足のほぞにいたるまで一本の樹木(針葉樹)から彫り出し、これを耳の後ろを通る線で前後に割り、頭部も首下でいったん割り離し、それぞれの内側に刳りを入れた割矧造という技法が用いられてます。
 端正に身を伸ばして立った姿は、玉眼につくらず彫眼とし、螺髪も小粒に彫出するという手法とともに、平安時代後期の作風を引き継いでいます。しかし、波型の髪際や着衣の細やかで明快な衣文の彫法には、鎌倉時代後期の洗練された表現が際立っています。とくに左肩に大きく折り返してかかる衲衣の纏い方や、体部全面を覆うその装飾的に整えられた衣文表現は、13世紀後半頃の傾向をよく伝えるものといえます。お顔にわずかな整形を加えているほか、袖の大部分を補修しているものの、当初の像容を損なわずに伝存した本像は、区内に伝わる秀れた鎌倉時代の作例として重要です。
  渋谷区教育委員会」

DSCN8289_20220728180901a1a.jpg


<地蔵像ほか>

DSCN8291_20220728180947981.jpg

DSCN8292_20220728180949d54.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会几号水準点

几号水準点 白金/白金台/南青山

 港区白金(西光寺)、白金台(覚林寺)、南青山の几号水準点です。

○西光寺 港区白金4-3-9

DSCN7841_20220723210934ea2.jpg

DSCN7845_20220723210936164.jpg


<几号水準点>

 「南無阿弥陀佛」の石碑の「渡陸尺」と刻まれた台座の左側に「几号水準点」があります。

DSCN7842_202207232110471af.jpg

DSCN7846_20220723211049dbf.jpg

DSCN7843_202207232110503df.jpg

DSCN7847_202207232110510c2.jpg


○覚林寺 港区白金台1-1-47

<几号水準点> 港区白金台1-1

 桜田通りに面して「清正公大神儀」の石碑があります。几号水準点が電話ボックス側の台座にあります。

DSCN7854_20220723211248c4b.jpg

DSCN7850_202207232112501be.jpg

DSCN7851_20220723211253725.jpg

DSCN7852_20220723211254398.jpg


 「鎮守 清正公大神儀
  南無妙法蓮華経
  寛延四辛未歳六月廿一日 最正寺 日要」

DSCN7848_20220723211444e46.jpg

DSCN7849_20220723211445762.jpg

DSCN7853_20220723211447ed2.jpg

DSCN7855_20220723211448b0a.jpg


<覚林寺>

 加藤清正公が祀られています。

(説明板)
「港区指定有形文化財
 建造物 清正公堂及び山門
 覚林寺は弘化二年(一八四五)の大火で全焼し、山門は安政三年(一八五六)、清正公堂は慶応元年(一八六五)に再建されたものです。
 清正公堂は拝殿・幣殿・本殿からなる権現造形式です。拝殿は間口三間奥行三間、幣殿は間口一間奥行三間。本殿は土蔵造で明治中期頃の再建と考えられますが、伝統的な意匠をもちます。山門は覚林寺の表門で、木造・銅板葺の薬医門であり、両側に脇戸が付きます。斗に皿斗が付くほかは装飾的要素の少ない簡素な門です。
 清正公堂は本殿部分を土蔵造とする権現造で、近世の建物構成を継承しています。拝殿・幣殿は本格的な禅宗様形式を採用し、本殿も伝統的な意匠を引き継いでおり、近世以来の技術を伝えるものとして高く評価されます。また山門は現在の境内おいて最古の建築であり、同時期の建設になる清正公堂とともに、近世以来の境内の構成を伝えている貴重な建造物です。
  平成十九年十月二十三日指定  港区教育委員会」

DSCN7862_20220723211722ba3.jpg


<山門> 港区文化財

DSCN7856_20220723211725c58.jpg


<百度石/無縁塚>

DSCN7859_20220723211835471.jpg

DSCN7860_20220723211837026.jpg


<毘沙門堂・稲荷堂>

DSCN7857_20220723211838d8a.jpg


<本堂>

DSCN7858_20220723211942c7d.jpg


<清正公堂> 港区文化財

 扁額の「破魔軍」は、有栖川宮熾仁親王の書。

DSCN7861_20220723211944d82.jpg

DSCN7864_2022072321194512c.jpg


○南青山几号水準点 港区南青山7-13-29

 南青山七丁目の民家先にある几号水準点です。撤去されずに残っていることに感心します。

DSCN8256_20220726013619177.jpg

DSCN8251_2022072601362044f.jpg

DSCN8254_2022072601362233f.jpg

DSCN8253_202207260136234ef.jpg

DSCN8252_20220726013625b64.jpg

DSCN8255_202207260136268ac.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 几号水準点加藤清正

田山花袋終えんの地

○田山花袋終えんの地 渋谷区代々木3-9-5

 田山花袋は、明治39(1906)年に当地に移り住み、昭和5(1930)年に60歳でこの地で亡くなりました。

<標柱>

 「田山花袋終えんの地」「平成二十五年度渋谷区教育委員会」

DSCN7444_20210909173543578.jpg

DSCN7454.jpg

DSCN7453_20210909173546ba6.jpg

DSCN7455_202109091735484e4.jpg

DSCN7447_2021090917355086f.jpg


(説明文)
「田山花袋は明治四年(一八七一)十二月に群馬県館林で生まれました。本名を録弥といい、同三十九年十二月にここに移り住みました。昭和五年(一九三○)五月に六十歳で亡くなるまでの間に、「布団」「田舎教師」をはじめ多くの作品を残しました。」

※田山花袋が生まれた時は、群馬県館林ではなく、栃木県館林町でした。
 宇都宮県と統合する前の旧栃木県は、現在の群馬県の一部を含んでいました。

DSCN7451.jpg

DSCN7449_20210909173917bf1.jpg

DSCN7452_2021090917391893f.jpg

※「田山花袋と温泉」に項目を追加しました。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 田山花袋

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
北 (8)
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR