隅田川お花見屋形船

隅田川お花見屋形船

○屋形船組合
 かつて江戸川では網船(あみぶね)が盛んでした。舵子(かじこ)と網打ちの二人三脚でとった魚をその場で刺身やてんぷらにして、客をもてなす船遊びでした。
 旧江戸川沿右岸の船宿のほとんどが、「あみ」の冠を付す名称となっています。

 江戸屋形船組合(17事業者) HP
 屋形船東京都協同組合(35事業者) HP
 東京屋形船連合会 HP

○お花見屋形船

 屋形船「あみ幸」(HP)の第六あみ幸丸に乗船しました。 「あみ幸」は江戸川での投網漁(とあみりょう)から始まり創業100年に至る船宿です。両国桟橋から乗船します。

DSCN3213_202403291711562f1.jpg

DSCN3214_20240329171159644.jpg

 隅田川を下りお台場へ向かいます。お台場では10分ほど停泊し、展望デッキに出て、お台場の夜景を観賞しました。周りに他の屋形舟も多く見られます。
 レインボーブリッジはライトアップされていますが、台場は光がないので目立ちません。
DSCN3220_20240329171338277.jpg

DSCN3215_2024032917134163d.jpg

 昼間のお台場と屋形船です(昼間のお台場海浜公園はこちらで記載)。
DSCN8193_20220720200351fcd.jpg

DSCN7920b.jpg

 フジテレビがブルーにライトアップされています。右手の自由の女神像は、その存在が分かる程度の弱いライトアップです。
DSCN3219_20240329172439b81.jpg

DSCN3222_20240329172442c17.jpg

 よく見えたとしても自由の女神像の背中です(昼間の自由の女神像はこちらで記載)。
DSCN2815_20210614210424e44.jpg

DSCN2805_202106142106357fa.jpg

 展望デッキの前後からの夜景です。

DSCN3218_202403291729241e3.jpg

DSCN3216_2024032917292707e.jpg

DSCN3221_20240329172927d4a.jpg

 屋形船は反転して浅草・スカイツリー方面へ向かいます。
 吾妻橋手前のスカイツリーとアサヒビールタワーが見えてきました。
DSCN3224.jpg

 歩道橋「すみだリバーウォーク」と「スカイツリーライン隅田川橋梁」をくぐります(こちらで記載)。
DSCN3225_202403291730378ed.jpg

 スカイツリーと満月が見えました。
DSCN3228.jpg

 江戸随一の観光名所だった墨堤の、桜の開花宣言前のほとんど咲いていなかった夜桜のライトアップを観賞しました(墨堤はこちらで記載)。
DSCN3227_20240329173148d8e.jpg

DSCN3229_20240329173148901.jpg

 食事をしながらの夜景観賞でした。揚げたての天ぷらが順に出てくるのが良かったです。 刺身は本まぐろを使用と質が良かったです。

DSCN3223_2024032917360368a.jpg

 両国桟橋に戻って下船です。土産の「江戸名所百景」(広重)のコースターです。
 「吾妻橋金竜山遠望」「水道橋 駿河台」「隅田川水神の森真崎」「大はし あたけの夕立」「浅草 金竜山」
 隅田川の名所ですが、1枚だけ神田川の絵が含まれています。あみ幸と所縁のある鯉が描かれているからでしょう。

DSCN3312a.jpg

DSCN3312b.jpg

テーマ : 夜景・夕景 - ジャンル : 写真

tag : 隅田川歌川広重

隅田川目次

隅田川 目次

 隅田川には多くのモニュメントや歴史スポットがあり、見所満載です。

DSCN7722.jpg

 【隅田川 右岸】
  ○ 隅田川河口(竹芝)
  ○ 勝鬨橋
  ○ 勝鬨橋~佃大橋鉄砲洲
  ○ 佃大橋~中央大橋亀島川 霊厳島① 霊厳島②
  ○ 中央大橋
  ○ 中央大橋~永代橋
  ○ 永代橋
  ○ (豊海橋
  ○ 江戸時代の永代橋西詰
  ○ 永代橋~隅田大橋~清洲橋
  ○ 清洲橋
  ○ 清洲橋~新大橋
  ○ 新大橋
  ○ 新大橋~両国橋
  ○ (元柳橋
  ○ 両国橋
  ○ (柳橋
  ○ 柳橋~蔵前橋
  ○ 蔵前橋
  ○ 蔵前橋~厩橋
  ○ 厩橋
  ○ 厩橋~駒形橋
  ○ 駒形橋
  ○ 駒形橋~吾妻橋
  ○ 吾妻橋
  ○ 吾妻橋~すみだリバーウォーク
  ○ すみだリバーウォーク
  ○ すみだリバーウォーク~言問橋
  ○ 言問橋~桜橋
  ○ 桜橋~白鬚橋
  ○ 白鬚橋
  ○ 瑞光橋
  ○ 水神大橋
  ○ 千住汐入大橋/汐入公園
  ○ 千住大橋
  ○ 一本松の渡し
  ○ 荒木田の原 
  ○ お茶屋の渡し (お竹の渡し)
  ○ 尾竹橋
  ○ 尾竹橋〜尾久橋
  ○ 小台橋~豊島橋
  ○ 六阿弥陀の渡し跡
  ○ 岩淵水門
  ○ 旧岩淵水門

 【隅田川 左岸】
  ○ 佃島
     佃公園①
     佃公園②
     石川島公園 
  ○ 深川
     芭蕉庵史跡展望公園
     大川端芭蕉句選
     奥のほそみち
  ○ 両国
  ○ 横網
  ○ 向島
  ○ 堤通
  ○ 千住大橋
  ○ 千住隅田川テラス
  ○ 隅田川テラス(京成線下流)
  ○ 千住桜木
  ○ 浅間の渕
  ○ 宮城ファミリー公園〜豊島橋
  ○ 野新田の渡し/新田橋
 
 【隅田川 水上バス/屋形船】
  ○ 隅田川水上バス
  ○ 隅田川お花見屋形船

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 隅田川

町屋の一本松

○町屋の一本松 荒川区町屋1-9-14

 「一本松グリーンスポット」の一角に、「町屋の一本松」跡があります。町屋の一本松は、元禄6(1693)年に町屋村と三河島村との境に植えられたと伝えられています。戦争中に焼け、現在は2代目の松が植えられています。一本松の根元にあった寛文8(1668)年銘の板碑型庚申塔が今も残されています。

DSCN2039_20240217034405687.jpg

DSCN2038_20240217034408e27.jpg

DSCN2031_20240217034412816.jpg

DSCN2037_20240217034412ba6.jpg

(説明板)
「あらかわの史跡・文化財
 寛文八年九月銘庚申塔(町屋の一本松)
 この庚申塔は元禄六年(一六九三)に植樹されたと伝えられる一本松の根元にあった。
 町屋の一本松は江戸時代、三河島村との堺に位置し、根元の庚申塚は四坪ほどで丸い小丘をなしていたという。今では寛文八年(一六六八)九月吉日銘の庚申塚が残るのみで、松も戦災で枯死してしまった。ただ『三河島八景』のなかに「庚申の暮雪」として、庚申塔とかつての一本松が雪景色を背景に描かれており、往時を偲ばせる。
 平成六年に誕生した、この“一本松グリーンスポット”は、町屋の一本松に由来する。   荒川区教育委員会」

DSCN2036_20240217034556418.jpg


<手水鉢>

 「猿田彦大(神)」と刻まれています。手水鉢型庚申塔ですか?

DSCN2034_20240217034559826.jpg

DSCN2040_2024021703455936f.jpg


<板碑型庚申塔>

 寛文8(1668)年銘の板碑型庚申塔です。
 「奉造立庚申供養一基二世安楽所」

DSCN2033_202402170347051e2.jpg

DSCN2035_2024021703470805a.jpg


<愛>

 「愛 一色邦彦根」

DSCN2042_202402170347597dc.jpg

DSCN2041_202402170348001ba.jpg


○一本松児童遊園 荒川区町屋1-10-2

 児童遊園にも一本松の名がとどめられています。

DSCN2046_2024021703480286b.jpg

DSCN2044_202402170348055e0.jpg

DSCN2045_2024021703480507c.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 庚申板碑隅田川

お茶屋の渡し(お竹の渡し)/一本松の渡し

○お茶屋の渡し(お竹の渡し) 荒川区町屋7-17-6 荒川区立尾竹橋公園

 尾竹橋から下流の隅田川右岸には隅田川テラスはありません。カミソリ堤防の外に、「お茶屋の渡し」「一本松の渡し」の説明板が続きます。
 説明板「お茶屋の渡し(お竹の渡し)」は、「荒川区立尾竹橋公園」にあります。

DSCN1878_20240217033820778.jpg

DSCN1877_202402170338174c0.jpg

(説明板)
「あらかわの史跡・文化財
 お茶屋の渡し (お竹の渡し)
 ここから南へ約七十メートル行ったところに、町屋と足立区千住桜木一丁目を結ぶ渡しがあった。対岸の足立区側の渡し場の脇に三軒の茶屋があったことからこの名がつけられたといわれる。別名をお竹の渡し。茶屋に「おたけさん」という名の女性がいたために そう呼ばれたという。
 この渡しは 天保年間(一八三○〜四四)にはじめられたと伝え、千住・西新井方面へ向かう交通路として重要な役割をはたした。昭和九年にこの渡しから少し上流に尾竹橋が架けられた後もしばらくは渡しが残っていた。   荒川区教育委員会」

DSCN1879_20240217033820d69.jpg


○一本松の渡し 荒川区町屋8-20

 マンションの前に荒川区の説明板「一本松の渡し」が建っています(荒川区町屋8-21-21)。

DSCN1876_202402170339573c0.jpg

DSCN2052_20240217034000750.jpg

(説明板)
「あらかわの史跡・文化財
 一本松の渡し  
 この渡しは、現在の足立区千住緑町との間、 約百四十メートルの距離を結ぶ。両岸の人々の暮らしに欠かせない重要な交通手段であった。
 渡しの名は、町屋一丁目の庚申塚の上に立つ一本松に由来する。
 ここから東へ六十メートルほど行ったところが渡し場だった。   荒川区教育委員会」

DSCN1874_2024021703401848a.jpg

 説明板から60mほど行ったところの行き止まりのカミソリ堤防に、かつて「上水千住水管橋」がありました(平成25(2013)年に撤去)。 ここが一本松の渡し場でした。

DSCN2050_20240217034149a62.jpg

DSCN2049_20240217034150c47.jpg


○土地区画整理記念碑 荒川区町屋8-17

 説明田「一本松の渡し」の道路反対側には、大きな「土地区画整理記念」の碑が建っています。西郷隆盛の甥の西郷従徳の揮毫です。

 (碑文)
  「土地區割整理紀念碑
     昭和十年十一月 完成
     侯爵西郷従徳書」

DSCN2051_20240217034151b70.jpg

DSCN1875_2024021703415395a.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 隅田川

十三坊塚

○十三坊塚  荒川区東尾久7-1 都立尾久の原公園

 「都立尾久の原公園」の前を通る「旭電化通り」の歩道に、説明板「十三坊塚」があります。

DSCN1931_202402170256051eb.jpg

DSCN1929_20240217025608028.jpg

DSCN1930_20240217025608548.jpg

DSCN1932_20240217025611367.jpg

<十三坊塚>

 「新編武蔵風土記稿」によると、上尾久村に四ヶ所、下尾久村に八ヶ所の塚があって、それらを「十三坊塚」と呼んだといいます。

(説明板)
「あらかわの史跡・文化財
 「十三坊塚」
 文政十一年刊の「新編武蔵風土記稿」によると、上尾久村に高さ五尺(約一五○cm)ばかりの塚が四ヶ所、下尾久村に高さ五尺、周囲七八(約二一○〜四○cm)の塚が八ヶ所あって、それらを「十三坊塚」と呼んだという。この内、下尾久村にあった砂利塚からは太刀と具足が出土したと記されている。
 この塚は両村の境にあったと思われ、上尾久村には「十三坊」という小字があった。十三坊塚は全国に分布し、境界の目安や、村境において災いや疫病・害虫の侵入を防ぐ役割を果たしていたものと推測されている。塚は大正初期まで八基ほど残っていたが、大正六年に旭電化の敷地となって消滅した。「旭電化通り」の名は、この地にあった旭電化工業尾久工場にちなむ。
  荒川区教育委員会」

DSCN1928_202402170256128e5.jpg

DSCN1926_20240217025611357.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 隅田川

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR