高橋泥舟・山岡鉄舟旧居跡

○高橋泥舟・山岡鉄舟旧居跡 文京区小石川5-1-8

 「播磨坂さくら並木」に、説明板「高橋泥舟 山岡鉄舟 旧居跡」が設置されています。実際の旧居跡は、この場所から北の一角に並んでいました(小石川5-1-8)。高橋泥舟と山岡鉄舟は、江戸無血開城の立役者です。

DSCN1142_20231022013339b6f.jpg

DSCN1143_20231022013342f54.jpg

 近くには「石川啄木終焉の地」があります(こちらで記載)。
DSCN1136_20231022013344f70.jpg

DSCN1137_20231022013345c4e.jpg

(説明板)
「高橋泥舟(でいしゅう)(1835〜1903) 山岡鉄舟(てっしゅう)(1836〜1888) 旧居跡
   小石川五丁目1
 下図の高橋・山岡は、それぞれ高橋泥舟・山岡鉄舟の屋敷である。高橋家は享保5年(1720)、山岡家は文化8年(1811)以降この地に移り住んだものと思われる。
 泥舟は槍術の大家山岡静山の弟で、母方の実家である高橋家を継ぎ、25歳のとき幕府講武所師範となる。鉄舟は剣術を北辰一刀流の千葉道場に通い、槍を静山に習った。鉄舟は旗本小野家の出身であるが、静山の妹英子と結婚し、山岡家を継いだ。
 二人は、文久2年(1862)12月、清河八郎 の呼びかけで、近藤勇らが参加し結成された浪士隊の取締役を幕府から命ぜられ、上洛するが、清河の攘夷尊王の策謀が発覚し、江戸に帰府した。
 慶応4年(1868)鳥羽伏見の戦いで幕府軍が敗れ、官軍が江戸に迫ると、泥舟は前年に大政奉還した元十五代将軍徳川慶喜に恭順を説き、身辺警護に当った。鉄舟は勝海舟の使者として、駿府の官軍参謀の西郷隆盛に会い、江戸城無血開城への道を開いた。
 海舟、泥舟、鉄舟を維新の三舟と呼び、維新の重要な役割を担った。
  文京区教育委員会 平成26年3月」

DSCN1139_20231022013552442.jpg

DSCN1139b.jpg


「東都小石川絵図」(嘉永7(1854)年 国立国会図書館蔵)

 「東都小石川絵図」からの抜粋です。水戸徳川家分家の常陸府中藩松平播磨守の上屋敷「松平播磨守」と、山岡家、高橋家の抜粋です。現在は、戦後できた播磨坂(環状3号線)が播磨守上屋敷跡を貫いています。

kiriezukoishikawa1.jpg

kiriezukoishikawa2.jpg


○旧町名案内 旧竹早町 文京区小石川5-1-8 (説明板)

 箪笥町の箪の字を分解して上下に分けて、竹早としたといわれます。

(説明板)
「旧町名案内
 旧 竹早町 たけはやちょう
 (昭和41年までの町名)
 もと、小石川村の内であった。寛永年中(1624〜44)幕府箪笥玉薬同心(武具弾薬を取扱う幕府の役人)の屋敷となり、後に町屋が設けられて箪笥町と称した。
 明治2年、同心町の一部、鷹匠町、安房殿町を併せて竹早町とした。同5年、智光寺門前、光岳寺門前、宮下町飛地などと武家地を併せた。
 町名の由来は、旧町名の一つ箪笥町の箪の字を分解して上下に分けて、竹早のよい名としたといわれる。また、昔は竹の多い土地であったからともいわれる。 文京区」

DSCN1059_20231022013747c95.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 山岡鉄舟小石川

青木昆陽甘藷試作地 千葉県史跡

○青木昆陽甘藷試作地 千葉県史跡 千葉市花見川区幕張町4-598-1

 享保20(1735)年、青木昆陽が八代将軍徳川吉宗の命によりサツマイモを試験栽培し、成功した場所です。 甘藷試作地跡には、記念碑が建てられ、千葉県指定史跡になっています。

 甘藷の試作地として、江戸小石川の養成所等とともに本地が選ばれました。
 ・下総国千葉郡馬加村(現:千葉市花見川区幕張)
 ・小石川薬園(現:小石川植物園)
 ・上総国山辺郡不動堂村(現:九十九里町)

 青木昆陽は、享保20(1735)年に、さつまいもの形や味、栽培方法などをまとめた「蕃藷考」を著し、さつまいもが日本全土に広まるきっかけとなりました。

DSCN9144_20230703201741ab8.jpg

DSCN9215_20230703201743988.jpg

DSCN9147_20230703201744c26.jpg

DSCN9153_202307032017466eb.jpg

(説明板)
「千葉県指定史跡 青木昆陽甘藷試作地
  所在地 地橋花見川区幕張町4丁目598番1
 この地は、享保20年(1735)八代将軍吉宗の命により、青木昆陽が薩摩芋を試験栽培し、成功した所です。
 昆陽は江戸日本橋の魚商の子で本名を文蔵と称し、京都で儒学を伊東東涯に学びました。江戸に帰ったのち町奉行大岡越前守に抜擢され、幕府書物方に登用され古文書調査・蘭学研究に励む一方「藩薯考」を著し甘藷栽培を説き、救荒食として飢饉に備えるよう吉宗に上書し認められました。甘藷は小石川養生園(現植物園)、下総馬加村(現在地)、上総豊海(九十九里町)で試作されましたが、現在地のみが成功しました。
 甘藷栽培を紹介した人は昆陽以前にもいましたが、関東地方に広めたのは昆陽が最初であり、幕府の事業として実施したため全国に影響を与えました。その後幕府における甘藷栽培は次第に増え、天明の大飢饉にも甘藷のおかげで餓死者は皆無であったと伝えています。天保年間(1830-40)には、検見川で甘藷から飴も製造されるようになりました。
  平成9年3月  千葉市教育委員会」

DSCN9145_202307032017485cd.jpg

(碑文)
 「昆陽先生甘藷試作之地」

DSCN9151_2023070320205233c.jpg

(碑陰)
 「享保二十年五月十二日栽培
  大正八年五月建之」

DSCN9152_20230703202054097.jpg


<顕彰碑>

(碑文)
 「青木昆陽先生
  顕彰碑」

DSCN9148_20230703202056862.jpg
 
(碑陰)
 「先生は明和六年(一七六九年)十月十二日逝去されました 
  本年は没後二百年にあたりますのでその遺徳を顕彰しこれを建立します。
  昭和四十三年十月十二日
   二百年記念 青木昆陽先生顕彰会」

DSCN9156_20230703202229bad.jpg

DSCN9149_20230703202231c2f.jpg


「青木昆陽肖像」(医家先哲肖像集 藤浪剛一 昭和11年 国立国会図書館蔵)
aokikonyousyozou.jpg


○サツマイモの普及

「甘藷之記」(青木昆陽 国立国会図書館蔵)

kansyo1.jpg

kansyo2.jpg

kansyo3.jpg

kansyo4.jpg


○江戸時代の「焼きいも屋」

 「○焼」「八里半」「十三里」。これらは江戸時代の焼きいも屋の看板の文字です。
 「○焼」は皮つきのサツマイモを丸ごと焼くので「○焼」です。「八里半」はサツマイモが栗(九里)より味がわずかに劣るという意味で「八里半」です。「十三里」は栗(九里)より(四里)うまいということで九里と四里を足して「十三里」です。


「名所江戸百景 びくにはし雪中」(二代広重 国立国会図書館蔵)

 現在の銀座一丁目にあった比丘尼橋の風景を描いています。左手の「山くじら」はイノシシ肉などの獣肉を出す店の看板です。
100keibikunihashi.jpg

 右手に犬が集まってきている焼きいも屋の「○やき」「十三里」の看板が見えます。
100keibikunihashi2.jpg


「麻布芋洗坂 東都歳事記」 (国立国会図書館蔵)

 麻布芋洗坂の光景が描かれています。
totoimoaraisaka.jpg

 焼きいも屋の「○やき」「八里半」の看板が見えます。
totoimoaraizaka2.jpg

(参考)
 ○昆陽神社
 ○青木昆陽墓/青木昆陽像/青木昆陽記念碑

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 青木昆陽歌川広重史跡

北浦雅子会長お別れの会

○北浦雅子会長お別れの会

 全国重症心身障害児(者)を守る会の北浦雅子会長が令和5年2月16日に逝去され(101歳)、「北浦雅子会長お別れの会」が6月25日に全国社会福祉協議会・灘尾ホールで行われ、献花してまいりました。
 全国社会福祉協議会の初代会長は渋沢栄一で、福祉への思いも深く、そのひ孫さんが重症児(者)を守る運動の先頭に立たれたことは、単なる偶然ではなかったのではないかとも思えます。
 お別れ会には、親だけではなく多くの方々が幅広く献花されていました。守る会の創設に当たって「親の会」とせず、「守る会」とした北浦雅子会長もお喜びのことでしょう。

DSCN9025_20230630010116085.jpg

DSCN9020_202306300101197db.jpg

DSCN9021_20230630010121afd.jpg

DSCN9024_2023063001012614e.jpg

DSCN9022_20230630010124931.jpg

DSCN9023_20230630010124a04.jpg


(備忘録)
○拝啓池田総理大臣殿
 作家水上勉氏が昭和38年6月に「中央公論」誌上に発表した「拝啓池田総理大臣殿」は親の立場からの訴えであり、大きな波紋を呼び池田総理を動かし、内閣官房長黒田泰美氏の「拝復水上勉様」により、さらに重症心身障害児への広く社会的な関心を呼ぶ機会となりました。
 こうした中、昭和39年6月に全国重症心身障害児(者)を守る会が結成されています。
 北浦雅子さんは、当時は常務理事として会を支えました。「親の会」にしなかったのは、親だけではなく施設や医療関係者などの協力がなければ子どもの命は守れないと考えたからでした。

○この子らを世の光に
 この子らを世の光にと活動された糸賀一雄先生は酒が飲めず、北浦雅子さんは饅頭を差し入れ、酒を飲める小林堤樹先生には酒を差し入れて励ましたそうです。
 誰に対しても気遣いのできる方で、この分野の重鎮の方々(岡田喜篤先生や末光茂先生)は、北浦雅子会長を母と呼ぶことが物語っています。
 
○12万筆の署名を机に積み上げた
 平成21(2009)年、障がい者制度改革推進会議が設置され、重症児施設入所は人権侵害の意見が出されました。平成22(2010)年、総合福祉部会が設置され、北浦雅子さんも委員として参画。
 ・重症児者には、命と人権を守る入所施設は必須であると主張し、
 ・署名活動を実施して12万筆の署名を机の上に積み上げて施設の必要性を訴えました。

○名誉都民
 北浦雅子さんは、平成24(2012)年に東京都の名誉都民の顕彰を受けられました。

○天皇皇后両陛下ご臨席
 天皇皇后両陛下は、大会の節目にはご臨席され続けてこられました。平成26(2014)年の守る会創立50周年記念大会には、香淳皇后の喪中にもかかわらず、天皇皇后両陛下は、喪をはずす手続きを行って、ご臨席されました(宮内庁のHPに除喪と記載されています)。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 渋沢栄一

陸奥宗光

陸奥宗光
  父は和歌山藩士。海援隊に参加。維新後外国事務局御用掛、兵庫・神奈川県等知事、大蔵省租税頭、元老院議官を歴任。明治11(1878)年、政府転覆を企図した土佐立志社事件に関与し免官、5年間入獄。
  出獄後欧米を歴訪し、帰国後外務省入省。明治21(1888)年駐米全権公使に就任。明治23(1890)年第1回衆院選で当選。第1次山県、第1次松方各内閣の農商務相、第2次伊藤内閣の外相を歴任。明治27(1894)年、日英通商航海条約に調印。

 【千代田区】
  ○ 陸奥宗光銅像

 【台東区】
  ○ 旧陸奥宗光邸 本記事

 【江東区】
  ○ 陸奥宗光邸跡

mutsumunemitsu.jpg
 「近世名士写真 其2」(近世名士写真頒布会 昭和10年 国立国会図書館蔵)

DSC02245_2021120720071711c.jpg
 「陸奥宗光像」(外務省)


○旧陸奥宗光邸 台東区根岸3-7-15

 台東区根岸に「旧陸奥宗光邸」があります。

DSCN9772_202112072010091ad.jpg

DSCN9765_2021120720101173a.jpg

DSCN9771_20211207201012818.jpg

DSCN9770_20211207201014020.jpg


(説明板)
「西宮邸(陸奥宗光邸)と「ちりめん本」
▼陸奥宗光とその家族が住んだ屋敷
 明治期の外務大臣として日清戦争の講和条約締結や欧米列強との条約改正など日本の外交史上に大きな足跡を残した陸奥宗光(一八四四~一八九七)の最後の住まいは、現在の西ケ原の旧古河庭園です。
 しかしそんな華々しいスポットライトが当たる前の雌伏時代に、宗光はこの邸宅に住んでいました。
 陸奥宗光は、西南戦争時に反政府的な行動をとったとして禁錮五年の刑をうけ、一八八三(明治十六)年一月に出獄したあと、同年九月に「一邸地を獲得した」のがこの邸宅です。まだここ根岸が、東京府北豊島郡金杉村という地名で、上野の山の下を鉄道が開通したばかりのころです。
 一八八四(明治十七)年四月から一八八六(明治十九)年二月まで宗光はロンドンに留学しますが、その留守中、後年「鹿鳴館の華」と称される妻の亮子と子供たちがこの家に暮らしました。そして宗光は留学から帰国して一八八七(明治二十)年四月に六本木に転居するまでここで過ごしました。
 この建物は住宅建築として建てられた洋館の現存例としては都内で最も古いもののひとつです。もともとは現存の洋館に和風(内部は洋式)の建物が付属した接客部と、母屋に付属した離れと土蔵二つを持つ生活部とからなる和様館並列型住宅でした。現存する洋館部分はコロニアル様式で建築されており、正面側の一、二階に大きな開口が連続して配置され、各部屋には暖炉が備えつけてあります。陸奥家とのかかわりという点からいうと、玄関を入るとすぐ階段があり、その階段の手摺の親柱には陸奥家の家紋である「逆さ牡丹」が彫刻されています。
 一八八八(明治二十一)年、宗光は借金返済と息子・廣吉のロンドン留学費用の捻出のため、この家を売却します。
 その後一九○七(明治四十一)年ごろ、「ちりめん本」を出版していた長谷川武次郎が、自らの住まいと社屋(長谷川弘文社)として買い取ります。
 長谷川弘文社による出版事業は、大正、昭和と引き継がれました。現在も、この家には長谷川武次郎のご子孫の西宮氏ご家族がお住まいです。建物内への立ち入りはできません。静かに敷地外部からご見学ください。
  根岸子規会」
▼「ちりめん本」と長谷川竹次郎
 (略)
 二○一七年三月 掲示:根岸子規会(地域の皆さんのご寄付により掲示しました)
  敷地内への立ち入りはできません。静かに敷地外部からご見学ください。」
DSCN9766_202112072012266b9.jpg

DSCN9767_20211207201227d91.jpg

DSCN9773_20211207201229615.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 陸奥宗光根岸

三ノ宮卯之助顕彰碑

○三ノ宮卯之助顕彰碑  越谷市越ケ谷4-1-1越谷市中央市民会館

 へいへいさんのブログで三ノ宮卯之助顕彰碑が設置されたのを知り、拝見しに行きました。

 三ノ宮卯之助を顕彰する碑が越谷市中央市民会館前に設置され、2021年4月20日に除幕式が行われました。
 顕彰碑は縦1.45メートル、横2メートルの大きさです。
 「三ノ宮卯之助は、江戸時代後期に三野宮村(現在の越谷市三野宮)出身で日本一の力持ちといわれた人物である」

DSCN3291_20210423234046a28.jpg

DSCN3298_20210423234048b8a.jpg

DSCN3290_20210423234049f34.jpg

DSCN3286_20210423234051bd0.jpg

DSCN3297_20210423234052c38.jpg
    

<四拾貫目の力石>

 四拾貫目の力石を持ち上げています。

DSCN3293_20210423234240731.jpg

DSCN3294_20210423234241488.jpg

DSCN3282.jpg


<碑文>

 力比べの巡業で達成した卯之助の功績や、持ち上げた力石が全国各地に残されていることなどが記されています。
 裏面の由縁の日付は2021年(令和3年)5月9日と刻まれています。

DSCN3283_20210423234635a6a.jpg

DSCN3305_20210423234638fc8.jpg

DSCN3289.jpg


<「引き札」「番付」>

 当時の興行チラシである「引き札」や「番付」もデザインされています。

DSCN3284_20210423234828b8d.jpg

DSCN3285_20210423234830d4f.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 力石三ノ宮卯之助越谷

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR