伊能忠敬

○伊能忠敬

 延享2年1月11日~文政元年4月13日(1745年2月11日~1818年5月17日)

 「肖像」(野村文紹 国立国会図書館蔵)
inosyozo2.jpg

 伊能忠敬は、寛政7(1795)年、50歳の時に江戸深川黒江町に隠居宅を構え、幕府天文方の高橋至時の弟子となりました。師匠の至時は31歳でした。
 寛政12(1800)年から文化13(1816)年まで、17年をかけて日本全国を測量し、その総距離は約4万キロメートルにも及んだといいます。
 伊能忠敬の第1次測量は蝦夷地への測量で、往復3,200キロメートル、180日間の行程でした。寛政12(1800)年4月19日深川黒江町を出発、富岡八幡宮に参拝後、天文方暦局に立ち寄り、千住宿で親戚や知人の見送りを受けました。
 文化11(1814)年、九州地方の測量から帰った伊能忠敬は、深川黒江町から八丁堀亀島町へ転居しました。この屋敷は、忠敬の居住地としてだけではなく、測量図を作製するための地図御用所として利用されていました。忠敬は文政元(1818)年に死去し、ここが終焉の地となりました。
 忠敬の死去後も、その居宅は地図御用所として使用され、文政4(1821)年に門弟や天文方の下役等の手により「大日本沿海與地全図」が完成しました。
 忠敬の遺言により、師である高橋至時墓の隣に葬られました(源空寺両墓ともに国指定史跡)。

【ゆかりの地 東京】
 ○ 伊能忠敬測地遺功表(顕彰碑)
 ○ 伊能忠敬翁像(富岡八幡宮)
 ○ 伊能忠敬住居跡(旧深川黒江町)
 ○ 浅草天文台(天文方高橋至時と忠敬)
 ○ 第一次測量送別の地(千住宿)
 ○ 高輪大木戸跡(測量基点)
 ○ 八丁堀亀島町(終焉の地)
 ○ 地図御用所跡(終焉の地)
 ○ 伊能忠敬墓(源空寺)

 【ゆかりの地 その他】
 ○ 走り湯(測量隊宿泊宿)
 ○ 伊能忠敬測量史跡(別府市)

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 伊能忠敬

伊能忠敬住居跡(旧深川黒江町)

○伊能忠敬住居跡 江東区門前仲町1-18-3(旧深川黒江町)

 葛西橋通りの歩道に、標柱「伊能忠敬住居跡」があります。
 伊能忠敬は、寛政7(1795)年、50歳の時に隠居し、下総国佐原から江戸深川黒江町に隠居宅を構え、幕府天文方高橋至時の門に入って天文学を学び始めました。
 この地に、50歳から69歳の寛政7(1795)年から文化11(1814)年まで住み、全国測量へ向かいました。出発前には近くの富岡八幡宮に詣でてから出発しました。

「伊能忠敬住居跡」

DSCN3698_20230120120344837.jpg

DSCN3709_20230120120348ad8.jpg

DSCN3703_20230120120348e46.jpg

(標柱)
「伊能忠敬住居跡
 伊能忠敬は千葉県に生れ江戸にでて高橋東岡に測量術を学び寛政七年幕府の命をうけて全国を測量し沿海路程図を完成した その測量の原点は伊能忠敬の居宅であった 伊能忠敬ははじめこの付近にすみのち中央区八丁堀にうつり正確な地図を完成した 伊能忠敬は文政元年四月十三日 七十四歳をもって死去し台東区源空寺に葬られている。
  昭和四十三年十月一日 江東区第二十一号」

DSCN3706_20230120120457b3d.jpg

DSCN3699_20230120120500db4.jpg

DSCN3702_20230120120502a79.jpg


<江戸切絵図>

 「永代橋」「黒江町」「富ケ岡八幡宮」部分の抜粋です。
kiriezukuroemachi.jpg

 「黒江町」部分の抜粋です。「黒江町」の記載が6か所見えます。標柱「伊能忠敬住居跡」が建っている場所から、黄色○「黒江町」がその地です。黒江橋南詰から、黒江川の河岸に沿って西に行ったところです。
 なお、黒江町には渋沢栄一も住んでいました(現:澁澤倉庫)。
kiriezukuroemachi2.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 伊能忠敬

地図御用所跡(伊能忠敬終焉の地)

○地図御用所跡(伊能忠敬終焉の地) 中央区日本橋茅場町2-12(旧八丁堀亀島町)

 東京メトロ茅場町駅の1番出口先の新大橋通り歩道に、地図御用所の跡地を示す案内板があります。
 伊能忠敬は、文化11(1814)年に深川黒江町から八丁堀亀島町に転居しました。ここは地図御用所としても利用されました。忠敬は文政元(1818)年に死去し、ここが終焉の地となりました。
 忠敬の死去後も、その居宅は地図御用所として使用され、文政4(1821)年に門弟や天文方の下役等の手により「大日本沿海與地全図」が完成しました。

DSCN3686_20230120115908df4.jpg

DSCN3689_20230120115913c90.jpg

DSCN3685_20230120115910ee1.jpg

DSCN3690_2023012011591772f.jpg

(説明板)
「地図御用所跡
   所在地 中央区日本橋茅場町二丁目十二番付近
 地図御用所は、実測による初めての日本全図を作製したことで知られる伊能忠敬(一七四五〜一八一八)の住居に設けられていました。
 伊能忠敬は、五十一歳の時に下総国佐原(現在の千葉県佐原市)から江戸深川黒江町(現在の東京都江東区)に居宅を移し、幕府天文方高橋至時の門に入って天文学を学び始めました。
 寛政十二年(一八○○)からは本格的に日本全国の測量をはじめ、以降十七年間にわたって日本全国の沿岸を測量し、その総距離は約四万キロメートルにも及んだといいます。
 文化十一年(一八一四)、九州地方の測量から帰った伊能忠敬は、深川黒江町から八丁堀亀島町と呼ばれていた現在地付近へ転居しました。この屋敷の敷地は150坪ほどでしたが、忠敬の居住地としてだけではなく、測量図を作製するための地図御用所として利用されていました。
 忠敬は地図が完成する前の文政元年(一八一八)に亀島町の居宅で死去してしまいましたが、その後も伊能忠敬の居宅は地図御用所として使用され、文政四年(一八ニ一)門弟や天文方の下役等の手により「大日本沿海與地全図」が完成しました。
  平成十七年三月  中央区教育委員会」

DSCN3688_2023012011591527d.jpg


<江戸切絵図>

 「亀島丁」の記載が見えます。亀島町と霊厳島の間の亀島川に架かる亀島橋が見えます。

digidepo_1286660_noBundleName_577ab620-9ed4-4868-981c-565b8526f335.jpg

(参考)「亀島橋」(こちらで記載)

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 伊能忠敬江戸幕府施設

伊能忠敬翁像

○伊能忠敬翁像 江東区富岡1-20-3 富岡八幡宮

 富岡八幡宮境内、大鳥居脇に伊能忠敬翁像があります。躍動感のある像です。
 平成13年(2001)10月20日除幕、測量開始200年を記念したものです。
 伊能忠敬は深川黒江町(門前仲町1丁目)に住み(こちらで記載)、測量旅行出発に当たっては、富岡八幡宮に参拝していたことから縁りの地である富岡八幡宮に銅像が建てられました。 (富岡八幡宮「伊能忠敬銅像」)

DSC04434.jpg

 富岡八幡宮は、夜はライトアップして綺麗です。
DSC03377.jpg


<江戸切絵図>
 江戸切絵図から 「永代橋」「黒江町」「富岡八幡宮」部分の抜粋です。
kiriezukuroemachi.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 伊能忠敬銅像

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR