辰野金吾の墓 (新宿区史跡)

○常圓寺墓地 新宿区西新宿7-13

<辰野金吾の墓> 新宿区史跡

 「辰野金吾の墓」は、令和4(2022)年11月4日に新宿区指定史跡となり、令和5(2023)年2月28日に説明板が建てられています。

(説明板)
「新宿区指定史跡 辰野金吾の墓
  所在地 新宿区西新宿七丁目十三番地 常圓寺
  指定年月日 令和四年十一月四日
 明治・大正時代を代表する建築家・辰野金吾(一八五四〜一九一九)の墓で辰野家墓所にある。辰野金吾は、嘉永七年八月二十二日に唐津藩(現在の佐賀県)の下級武士の次男として生まれた。明治元年(一八六八)に叔父・辰野宗安の養子となり、同六年(一八七三)工部省工学寮(のちの工部大学校)の第一期生として入学、建築家のジョサイア・コンドルから建築を学び、同十二年に首席で卒業した。翌年から三年間イギリスに留学して西洋建築を学び、帰国後は工部大学校で建築に関するすべての講座を担当した。明治三十一年(一八九八)に帝国大学工科大学長となった後、同三十五(一九○二)年に退官し、辰野葛西事務所(東京)や、辰野片岡事務所(大阪)を開設し、重要文化財に指定されている日本銀行本店本館や東京駅丸の内駅舎をはじめとする日本近代建築史上重要な作品を手掛けた。また、建築学会会長なども歴任し、日本の近代建築の発展の礎を築いた。
 辰野家は常圓寺の檀家であり、金吾は庫裡や客殿(ともに現存しない)の設計も手掛けるなど、同寺との縁が深かった。
  令和五年二月二十八日  新宿区教育委員会」

DSCN9841_2023082516332287d.jpg


<辰野家の墓>

 説明板「辰野金吾の墓」は、常圓寺本堂横にありますが、辰野家の墓は墓地にあります。本堂裏から道路を隔てた北側の墓地へ入り、左の石畳を行き、3つ目の石畳を右に曲がると左手にあります。

DSCN9845_20230825163324931.jpg

DSCN9819_202308251633259dc.jpg

DSCN9820_20230825163328039.jpg

DSCN9834_20230825163328379.jpg

 辰野金吾・秀子夫妻と、息子のフランス文学者辰野隆・久子夫妻の墓石が建っています。右手は辰野家之墓です。

DSCN9822_20230825165549031.jpg

 (墓石正面)「辰野金吾 室秀子」
DSCN9828_2023082516555105d.jpg

DSCN9829_20230825165553a4d.jpg

 (右側面) 金吾の経歴、戒名と没年が刻まれています。
DSCN9833_202308251701048e1.jpg

 (左側面) 秀子の戒名と没年が刻まれています。
DSCN9827_20230825165555af3.jpg

 フランス文学者の辰野隆と妻久子の墓石です。
DSCN9826_202308251655563d0.jpg

「墓誌」
 赤○が辰野金吾。
DSCN9832_20230825170215d89.jpg

(参考)辰野金吾関連
 「工部大学校阯
 「渋沢栄一邸(渋沢事務所)
 「第一国立銀行二代目建物
 「工科大学校舎
 「日本銀行
 「東京駅
 「辰野金吾の墓」(新宿区史跡) 当サイト


○常圓寺 新宿区西新宿7-12-5 HP

 常圓寺は、天正13(1585)年、日立上人が創建したと伝えられます。

<寺号標/中門>

 寺号標には英語でも寺名が刻まれています。
 「常園寺 Joenji Temple」

DSCN9816_20230825170348868.jpg

DSCN9814_202308251703510f0.jpg

DSCN9817_20230825170353188.jpg


<便々館湖鯉鮒狂歌碑> 新宿区史跡

 狂歌師、便々館湖鯉鮒の狂歌を大田南畝(蜀山人)の揮毫で刻んだ狂歌碑です。
 中門前参道右手にあります。

DSCN9812_20230825170501947.jpg

(説明板)
「新宿区指定史跡 便々館湖鯉鮒狂歌碑 
  所在地 新宿区西新宿七丁目十二番五号
  指定年月日 昭和六十一年十月三日
 江戸時代中期の狂歌師便々館湖鯉鮒(一七四九~一八一八)は、本名を大久保正武といい、牛込山伏町に住んだ。始めは福隣堂巨立と号したが、のちに便々館湖鯉鮒と改めた。
 この狂歌碑は自然の青石に彼の代表作である、
  三度たく 米さへこはし やはらかし
  おもふままには ならぬ世の中
が刻まれている。
 碑は湖鯉鮒の死の翌年、文政二年(一八一九)に、狂歌仲間であった大田南畝(蜀山人)によって揮毫された。なお、湖鯉鮒の墓地は袋町の光照寺にあり、新宿区登録史跡となっている。
  平成三十年三月  新宿区教育委員会」

DSCN9813_20230825170504bfd.jpg


<本堂>

 徳川光圀公の寄進伝本尊である、題目宝塔、釈迦・多宝の二仏坐像が奉安されています。

DSCN9818_202308251706106a4.jpg


【参道墓地】

 本堂の右横から、道を隔てた墓地への石畳があります。説明板が掲示されています。

<筒井政憲の墓> 新宿区史跡

 墓は説明板の先の右奥にあります。

(説明板)
「新宿区史跡 筒井政憲の墓
  所在地 新宿区西新宿七丁目十二番五号
  指定年月日 平成十一年一月八日
 江戸時代後期の幕臣筒井政憲(一七七八〜一八五九)の墓。
 政憲は、昌平坂学問所に学ぶ頃から頭角を顕し、その後幕臣として栄進し、長崎奉行を経て文政四年(一八二一)には江戸南町奉行となり、約二○年にわたり金銀貨の改鋳・都市防災対策・但馬出石藩仙石家騒動の審理・天保飢饉時の物価対策などの施策により、名奉行と評された。
 弘化年間(一八四四?四八)以後、老中阿部正弘のもと外交政策の立案にあたり、嘉永三年(一八五○)七十二歳の時には、武蔵・相模・伊豆・安房・上総・下総の六ヶ国の海岸防備を検分した。
 また、嘉永六年には長崎に来航したロシア艦隊の司令長官プチャーチンと会談。翌年大目付と異国人応接御用を仰付けられ、下田で日露和親条約を締結した際には、川路聖謨と共に全権をつとめた。
 またこの間、昌平坂学問所の御用も兼務し続けるなど、儒者としても活動し、『武蔵国風土記之内御府内之部』などの編纂にも関与した。江戸時代後期の内政・外交史上の重要な人物である。
  平成十一年三月  新宿区教育委員会」

DSCN9844_2023082517061356f.jpg

DSCN9842_202308251706336a3.jpg


<淀橋七地蔵>

 「淀橋七地蔵」は、昭和5(1930)年6月に発覚した七乳児絞殺死体トランク詰事件の供養のため、同年7月に青山の石勝が建立。
 標柱には7人の子どもが半肉彫りされています。裏面には協賛会の多くの氏名が刻まれています。

DSCN9838_20230825171007119.jpg

DSCN9849_20230825171010536.jpg

DSCN9847_20230825171012244.jpg

DSCN9850_20230825171013e78.jpg

「記
 淀橋七地蔵は、昭和の初め、惨酷を極めた大久保町の貰子殺し夫婦の手により哀れな死を遂げた男女七児の霊を弔うため、当時の淀橋警察署長や同町長等が相談の上、常円寺住職の及川真能師が施主となられて、昭和五年六月七日同寺に葬り「弔男女七児之墓」の墓標と「弔生年月日死亡年月日不明男女子之霊」と記された七本の卒塔婆を建てて懇ろに供養されました。此の事を伝え聞いた青山の石勝さんが地蔵尊七体を刻んで寄附されたので、七地蔵協賛会が組織され多くの情けある人々の手により同年七月十日無縁行路死亡者の霊を併せて盛大なる法要を営まれました。
 その後戦争そして敗戦という悲惨な時代もありましたが、助産婦会・区医師会・各町会のそれぞれの有志の方々により毎年心の籠った供養が続けられて来ました。
 水子地蔵尊は、此の度周囲の人達の都合だけで闇から闇へと名も記されず泡のように消されていった無数の哀れな生命を憐れみ、「この次にはきっと幸せに生れて来なさいよ」という願いをこめて、各町会・助産婦会・医師会その他の心ある人々が地蔵菩薩の碑を建てられ毎年九月二十日午後二時から御供養が続けられています。
 私達の親戚や友人・知人・隣人にもこのような不幸なことに全く関係のないという人は少ないことと思います。どうか香華を手向けて此の世に縁の薄かった水子の霊を慰めて下さい。  合掌
  昭和五十三年秋彼岸
    淀橋七地蔵 新宿水子地蔵尊 供養会」

DSCN9835_202308251711076dd.jpg

DSCN9848_20230825171102931.jpg


<歯塚>

 詳細不詳の歯塚があります。

DSCN9837_20230825171216ea7.jpg


○常泉院(新宿鬼子母神) 新宿区西新宿7-12-5

 常泉院は、常圓寺の西隣りにあり、鬼子母神像が祀られています。

DSCN9815_20230825171226bd6.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 辰野金吾新宿

銀世界稲荷神社

○銀世界稲荷神社 新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー(HP

「絵本江戸土産 四谷新町」(歌川広重)

 広重が銀世界を描いています。挿絵に「四谷新町に梅園あり 如月の比盛りにいたれば只ひと面に白銀の花の咲るが如くなれハ世俗銀世界とハ言ふ」とあります。

ginsekai.jpg


<銀世界>

 新宿パークタワーの建つこの場所が、かつて梅の名所だった「銀世界」です。「銀世界」の隣は館林藩秋元家の角筈抱屋敷でした。田山花袋の義兄が屋敷守をしていていた縁で、この屋敷を頻繁に訪れています 。
 作品『時は過ぎ行く』(田山花袋)に、銀世界の様子が描かれています。
「梅が白く垣根に咲く時分には、近くにある名高い郊外の梅園に大勢東京から人が訪ねて来た。瓢箪などを持って来て、日當たりの好い芝生で、酒を酌んだりなどする人達もあった。梅の多い奥の邸に、間違へて入つて来て、『や、ここは銀世界ぢやないのか。それでも梅が沢山あるぢやないか』などと言つて、門の中から引き返して行くものなどもあつた。」

  tokihasugiyuku.jpg

 明治43(1910)年に東京瓦斯が淀橋供給所(角筈ガスタンク)を開設し、梅林は明治41(1908)年〜42(1909)年頃に芝公園に移植されました。 現在の芝公園の銀世界はこちらで記載


<銀世界稲荷神社>

 52階の新宿パークタワーの一画に銀世界稲荷神社はあります。

DSCN8750_20230623011222aac.jpg

DSCN8749_20230623011226fc3.jpg

 銀世界稲荷神社案内板
DSCN8767_202306230112281ea.jpg

DSCN8764_202306230114060d4.jpg

DSCN8766_20230623011231170.jpg

 階段参道
DSCN8765_202306230116334c1.jpg

 四連鳥居
DSCN8762_202306230116429fc.jpg

 社号標「銀世界稲荷神社」
DSCN8752_202306230116433bf.jpg

 扁額「正一位銀世界稲荷大明神」 プラスチックケースに納めらられている扁額は初めて見ました。
DSCN8763_20230623011639d1b.jpg
     

(碑文)
「銀世界稲荷の由来
 この辺り一帯は江戸時代某大名の下屋敷で庭は銀世界と呼ばれる梅林で梅の名所でした
 春初め 辺り一面に銀世界の様に咲く梅は実に見事で銀世界の名称がそのまま稲荷神社につけられました
  平成六年四月」

DSCN8754_202306230118043d9.jpg


<手水鉢(洗心)>

DSCN8753_202306230118066b0.jpg


<神狐>

 ロボティックな神狐です。 平成6年4月、東京ガス都市開発株式会社による奉納です。東京ガスは地域に密着して地元の寺社への奉納が多々見られます。銀世界稲荷がこの地に残されたのもその精神が生かされているのでしょう。

DSCN8756_202306230120125b0.jpg

DSCN8760_20230623012025cd6.jpg

DSCN8761_20230623012027bd1.jpg


<社殿>

 石祠の社殿です。
DSCN8757_20230623012139e0a.jpg

 社殿から参道を振り返ったところです。
DSCN8758_2023062301214255f.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 新宿歌川広重田山花袋

新宿駅東口駅前広場

○新宿駅東口駅前広場 新宿区新宿3-38

 東京都水道歴史館に馬水槽の模型が展示されていたので(こちらで記載)、実物を見に行きました。倫敦から東京市に寄贈された馬水槽ですが、現在の所有者は「東日本旅客鉄道株式会社」となっているので、保存されていた淀橋浄水場の廃止で、国鉄に寄贈したのでしょうね。

<新宿東口の猫>

 一番目立っているのが、クロス新宿ビジョンの「新宿東口の猫」です。

DSCN7765_202305130006513ba.jpg

DSCN7764_20230513000653691.jpg


<馬水槽> 新宿区文化財

 中島鋭治(1858〜1925)が、明治34(1901)年から翌年にかけてヨーロッパを視察した際に、ロンドン市飲水泉及牛馬給水層協会から東京市に寄贈されたものです。
 明治39(1906)年に東京市役所(現東京国際フォーラム)向かいに設置されました。大正7(1918)年には麹町の東京市水道局守護門前に移されましたが、大震災と第二次世界大戦で破損したため、昭和32(1957)年に淀橋浄水場(昭和40(1965)年廃止:現新宿副都心地区)に移して保存されていました。
 昭和39(1964)年9月に新宿駅東口ステーションビル(現ルミネエスト)が完成した際に、一般公募により、モニュメント「みんなの泉」と改称されて、現在の場所に設置されました。文化財の登録名は馬水槽となっています。
    
DSCN7743_2023051300135420e.jpg

DSCN7754_20230513001357009.jpg

DSCN7759_20230513001357a21.jpg

 正面の大きな水槽は馬用で、獅子頭の蛇口から給水されます。水槽の下には犬猫用の小さな水槽があり、反対側には人間用の水飲み場が設けられています。

DSCN7751_20230513001500d66.jpg

DSCN7756_2023051300150347e.jpg

DSCN7748_202305130015042d1.jpg

DSCN7749_2023051300150664e.jpg

「倫敦水槽協會寄贈」

DSCN7750_20230513001652760.jpg

(碑文)
「みんなの泉
 この塔は、明治三十九年ロンドン水槽協会から東京市 に贈られたもので、上部が馬、下部が犬、猫、裏側が人間の水飲場となっておりますが、元来動物愛護の目的で造られたものです。当時東京市役所前に置かれ、その後淀橋浄水場に移され、今回更に、新宿民衆駅完成を記念してこの場に移設されました。ロンドン近郊には今なおこの種のものが残っており市民に親しまれております。
 このたび、みんなの泉と命名され、この地に永久に残ることになりました。
 昭和三十九年九月」

DSCN7755_202305130016557fa.jpg

(標柱)
「新宿区指定有形文化財(工芸品)
 馬水槽
 昭和六十一年六月六日指定
 十九世紀のイギリスで、当時主要な交通手段であった馬に水を供給するために市街に設置された。正面の大きな水槽が馬の水飲み、その下の小さな水槽は犬や猫のための水飲みである。また反対側には人のために水飲みもある。ロンドン水槽協会から東京市が寄贈を受けたもので、明治三十九年(一九○六)に当時の東京市役所(現在の東京国際フォーラム)前に設置され、昭和三十九年(一九六四)九月に現在地に新宿駅東口ステーションビル(現ルミネエスト)が完成した際に、モニュメント「みんなの泉」として現在の場所に移設された。交通運搬や都市水道発展の歴史を物語る文化財である。」

DSCN7744_20230513001656cf8.jpg

DSCN7745_202305130016594e9.jpg

(説明板)
「みんなの泉」の由来
東京の上水道育ての親、中島鋭司博士が明治34年から欧米諸国を視察した際、ロンドン水槽協会から東京市に寄贈されたもので、現在では世界に3つしかない貴重なものである。大理石製で上部は馬、下部が犬猫、裏面が人間用と、動物愛護の精神が息づいており、明治から大正にかけては当時の重要交通機関であった馬がよく利用していた。昭和39年の新宿民衆駅完成を記念して現在の場所に移転 その際「馬水槽」と呼ばれていたものを一般より公募した「みんなの泉」と改称され、現在では新宿区の文化財に指定されている。
  新宿ライオンズクラブ」
(※文中、中島鋭司は、正しくは中島鋭治です)

DSCN7760_20230513001931885.jpg

DSCN7761b.jpg


<みらいおん>

 東京新宿ライオンズクラブが設置するライオン像です。

 台石
  「愛称『みらいおん』」
  「心の絆・ライオンひろば」

DSCN7763_20230513002118d91.jpg

DSCN7757_202305130021202f9.jpg

DSCN7758_2023051300212187f.jpg

 「みらいおんの口に
  紙幣や硬貨を
  募金投入していただきますと
  吠えて御礼申し上げます」

DSCN7758b.jpg

(参考)ピラミッド前にいる「みらいおん」は、「ピラミッド元氣温泉」を思い浮かべてしまいます。

DSC07730.jpg


<西條八十記念碑>

 西条八十詩碑「伸びゆく新宿」があります。昭和41(1966)年6月、新宿ライオンズクラブの寄附で造られました。「芽」を形どったブロンズ像が立ち、台石に西条八十「伸びゆく新宿」の詩が刻まれています。

 「武蔵野なりしこの里の
  昔のすがた偲ばせて
  小畦の花のむれと咲く
  ビルのネオンの赤き花
       西条 八十」

DSCN7766_20230513002324b69.jpg

DSCN7770_2023051300232786c.jpg

DSCN7772_20230513002329851.jpg


「西条八十 (1892〜1970)
東京で生まれ、早稲田大学英文科を卒業後、白秋らの新詩社で、象徴主義詩を数多く発表する。繊細巧緻で神秘的な作風が詩の特徴である。大正末からは歌謡曲の作詞にも才能をあらわし、「東京音頭」、「王将」などで人々に広く親しまれた。
  新宿ライオンズクラブ」

DSCN7771_20230513002331f7f.jpg

(参考)
 不忍池に「かなりや歌碑」があります。こちらで記載

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 新宿

成子子育地蔵尊

○成子子育地蔵尊 新宿区西新宿6-10-2

 青梅街道の成子天神下交差点の角にあります。

DSCN6289_202304052002119e7.jpg

DSCN6291_202304052002131af.jpg

DSCN6292_20230405200214da2.jpg

(説明板)
「成子子育地蔵尊概要
 成子子育地蔵尊は、享保十二年(一七二七年)に成子坂に北面して建立、その後天保年間に再建、以来二百数十年霊験あらたかに其の名も高く近郷近在の崇敬の対象となっていましたが、昭和二十年不幸にも戦災の為壊滅の悲運にあわれました。
 しかし、昭和二十六年(一九五一年)十一月十四日有志の協賛を得て、現在の慈悲深く温和な尊容のお像と木造のお堂が再建されました。爾来五十余年、子宝祈願や家内安全を願う近隣庶民の拠り所となって参りました。
 昭和四十六年頃よりこの一帯は超高層ビル街に生まれ変わり、平成十四年当地区も西新宿六丁目再開発地域として一新し、それを機にお堂も不燃化造りに建て替えられて安置され、入魂法要が執り行われました。
  平成十四年七月十八日」


<成子地蔵尊伝説>

温故知しん!じゅく散歩 成子地蔵尊」より引用
「青梅街道に面して建つこの地蔵尊には次のような悲しい伝説がある。ひとり息子を江戸に奉公に出していた百姓が、盆に帰ってくる息子を迎える支度が何も無いことに気づき、青梅街道を通る旅人を夕闇にまぎれて殺し財布を奪った。ところが帰宅して財布を開けると、それはかつて息子に持たせた財布とわかった。間違えて息子を殺してしまった百姓は、悲しみのあまり自殺し、村人は供養のため地蔵を建てたという。」

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 新宿

旧淀橋浄水場六角堂(新宿中央公園)

○旧淀橋浄水場六角堂 新宿区西新宿2-11 新宿中央公園

<六角堂>

 六角堂は、旧淀橋浄水場の洋風四阿で、富士見台と呼ばれる築山上にあります。富士見台は沈澄池増設工事に際して出た残土を利用して造られました。六角堂の通路の飛び石は、浄水池の壁に使われていた明治30年頃の古いレンガが再利用されています。新宿区地域文化財に認定されています。

DSCN6282_2023040518424222a.jpg

DSCN6286_20230405184246089.jpg

DSCN6285_20230405184244d90.jpg

(説明板)
「旧淀橋浄水場六角堂  新宿区立新宿中央公園
 六角堂は、旧淀橋浄水場の洋風四阿で、階段を上がった先にある富士見台と呼ばれる築山上にあります。建てられた時期は、明治39年から昭和2年の間と考えられています。公園整備の際に、当時の地盤をそのまま残し、浄水場時代の記念物として保存しました。今では、浄水場があった当時の施設等はほとんど無くなり、この六角堂は現存する貴重な施設であることから、平成25年3月に新宿区の「地域文化財」に認定されました。
(※地域文化財・・・地域の身近な文化財や近現代の文化財を対象としたもので平成23年4月から始まった新たな文化財制度です。)
 六角堂の足元にはレンガを用いた飛び石があります。これは淀橋浄水場に使われていたレンガを再利用したものです。
 当時淀橋浄水場を訪れた見学者は、ここから眺めながら説明を受けたり、休憩していました。
 浄水場から副都心へ
 東京の多くの家庭にきれいな水を提供し続けた淀橋浄水場は新宿副都心計画の中で移転が決まり、昭和40年、60年以上にわたる歴史に幕を閉じました。跡地には現在、新宿中央公園や日本屈指の高層ビル群が立ち並んでいます。」

DSCN6280_202304051842475a8.jpg


<富士見台>

 現在は、ビルに遮られて、富士山は見えません。

(碑文)
「富士見台
 この丘は公園の最高所(標高 東京湾中等潮位+45米)で はるか西空に秀嶺富士を仰ぐ展望台である
 なお ここにある六角堂は淀橋浄水場時代のものを補修してそのまま残した
 また通路の飛び石は浄水池の壁に使われていた明治30年頃の古い煉瓦である」

DSCN6287_20230405184250f07.jpg

DSCN6283_202304051842504cd.jpg


○淀橋浄水場(東京都水道歴史館掲示)

DSCN7618_202305112305428d9.jpg

DSCN7544_202305112205491b9.jpg

DSCN7620_2023051123054592b.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 新宿煉瓦玉川上水

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR