ばんじん通り(三十番神七面大明神社)

○ばんじん通り 足立区足立2丁目・3丁目

 足立2丁目と3丁目の境を東西に通る道を「ばんじん通り」と呼び、その通り沿いにあるのが「三十番神七面大明神社」です。
 また、東の終端路傍には、出羽三山供養塔梵天、庚申塔等があります。
 プチテラスが2つあります。商店街としては終わっている通りです。

DSCN2727_202312200010217c0.jpg


○ばんじんまちがど広場プチテラス 足立区足立1-34-6

 ばんじん通りの西端のT字路に「ばんじんまちがど広場プチテラス」があります。

DSCN2726_20231220001024b58.jpg

DSCN2768_20231220001024d72.jpg

DSCN2728_2023122000102793c.jpg


○番神ひだまりプチテラス 足立区足立1-36-1

 プチテラスの角にウイスキー樽が置かれています。雨水をため、植生の水やりに使われています。

DSCN2733_20231220002806981.jpg

DSCN2730_20231220002810721.jpg

DSCN2729_20231220002810a7d.jpg

DSCN2731_202312200028137d1.jpg


○Tempus(テンプス) 足立区足立2-7-7-101 03-6883-4397
 ※別途記載(2019年4月にオープンしたパン屋)。

○番神橋跡 足立区足立3-16-10

 Googleストリートビュー(撮影日2022年8月)では、標柱「番神橋跡」が確認できたものの、現地で確認すると撤去されていました。

DSCN2769_2023122000332151b.jpg

DSCN2770_202312200033247ea.jpg


○ばんじん通り児童遊園 足立区足立3-16-10

 児童遊園の基準では、トイレは具備することとされていますが、なぜかトイレが設置されていない児童遊園です。

DSCN2771_202312200035492b9.jpg

DSCN2735_20231220003552a73.jpg

DSCN2756_20231220003552d8a.jpg

DSCN2757_20231220003555d2c.jpg


○三十番神七面大明神社 足立区足立2-8

 三十番神とは、1ヶ月30日間、毎日かわるがわる、法華経を守護する30の神々のことです。
 七面大明神は、身延山を守護する七面山の神のことです。
 旧弥五郎新田では、当社ははじめ鴨下家の屋敷神として祭られてきました。

DSCN2755_202312200050103ce.jpg

DSCN2773_20231220005013fb0.jpg

DSCN2742_20231220005013220.jpg

(説明板)
「三十番神七面大明神とばんじん通りの由来
 ばんじん通りは、足立二丁目と三丁目の境を東西に通る道の名として親しまれています。この名前は、この地に三十番七面大明神を祀ることに由来します。
 古くは江戸時代以前から、この地の豪族であった鴨下家の屋敷神として祀られていたものといわれています。
 三十番神とは、三十の神々が一日交代で日本を守護するという信仰で、七面大明神とは、身延山を守護する七面山の神のことを示しています。いずれも日蓮宗の信仰に基づくものです。のちにこの地を新田開発し、「弥五郎新田」の名称の由来になった京極弥五郎は、武蔵千葉氏の家臣とされ、千葉氏の守護神妙見大菩薩は日蓮宗においても信仰されたので千葉氏との関連も興味深く想像されます。
 次第に地域の人々に信仰され、野菜の出荷や人糞尿の運搬の行き帰りに参拝されるようになりました。
 かつて、花畑の大鷲神社の酉の市には賭博の開帳があり、弥五郎新田の番神様には徳福開運のご利益ありと、町の旦那衆や博徒がこぞってお参りしたといわれます。その霊験のあらたかさが広まり、日本橋や浅草辺りの人々も商売繁盛や交通安全を祈りに訪れたといわれています。
 境内には、集落のなかにあった庚申塔三基も移設され、現在も地域の人々によって手厚く祀られています。
  昭和五十二年四月吉日
  平成十六年四月吉日 改修
    足立区」

DSCN2772_20231220005318224.jpg

「社殿並ニ玉垣建設
  社主 鴨下林蔵
 昭和四十六年四月吉日」

DSCN2781_20231220005321c97.jpg


<社殿>

DSCN2759_202312200057245ef.jpg

DSCN2778_20231220005727417.jpg


<庚申塔> 足立区文化財

 集落のなかにあった庚申塔三基が移設されています。
 左から文久2(1862)年、享保7(1722)年、享保10(1725)年の造立です。

DSCN2758_20231220005942f9e.jpg

DSCN2774_202312200059453e4.jpg

DSCN2775_202312200059459f5.jpg

DSCN2776_202312200059483b2.jpg

DSCN2777_202312200059486a5.jpg

(説明板)
「庚申塔
 ここに建つ三基の石造物は、庚申塔と呼ばれるものである。
 日本には平安時代初期、中国から伝わった庚申信仰は、六十日で一巡する「庚申」の日の晩、体内に宿る三尸という虫が、日頃の悪事を天に昇って天帝に告げると寿命が縮むと信じ徹夜をする風習が起こった。通常、三年間講を継続すると記念に庚申塔を村内の路傍等に造立した。
 向かって左から文久二年(一八六二)、享保七年(一七二二)、享保十年(一七二五)の造立である。いずれの塔も、青面金剛が邪鬼を足もtに踏みつけ、その下には、「見ざる」「言わざる」「聞かざる」の姿勢をとる三猿が陽刻される典型的な形式である。また、各塔側面には、庚申講を結成し塔を建てた人々が住む村の名前や講中の人名、苗字等が刻まれている。
 いずれも江戸時代にこの地域の人々が庚申講に集い、主に長寿を祈る行事が満願に達したのを記念してこの庚申塔を造立したのである。特に足立区は、江戸時代を通じて庚申塔の造立が盛んだったことが分かっている。三基とも平成二十四年十二月、足立区登録有家宇井民俗文化財に登録された。
  平成二十五年三月  足立区教育委員会」

DSCN2780_2023122000595084a.jpg


<力石(かな?)>

DSCN2779_20231220005953bf1.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 力石

大聖寺(関原不動尊)と道標

○大聖寺(関原不動尊) 足立区関原2-22-10

 真言宗豊山派の寺院で関原山不動院大聖寺と号します。山号が関原の地名由来となっている寺です。 荒綾八十八ヶ所霊場の第9番札所です。

DSCN7297_20220808090205ddb.jpg

DSCN7298_20220808090208ae2.jpg

DSCN7299_20220808090208b55.jpg

DSCN7300_20220808090432f6b.jpg

DSCN7301_202208080904332b8.jpg


<大聖寺>

(説明板)
「大聖寺
 本寺は寺蹟によると、応永年間(一三九四?一四二八)に小宮光?が関原の地に草堂を建て、不動明王を安置し、その後、天正十三年(一五八三)に再建成就して、名を聞原山不動院大聖寺と定めたという。
 江戸時代には、江戸の庶民の熱い信仰を受けた。現在の本堂(足立区登録有形文化財)は、嘉永元年(一八四八)の建立で、区内随一の木造伽藍であるが、これは深川木場の講中が材木その他を寄進して再建されたものである。本|堂中央の中の間の天井には九十九枚の彫刻がある。欅の木目を美しく生かし、彫りも深く、美麗精巧な美術品である。
 また、八代目市川團十郎奉納木造提灯扁額(足立区登録有形文化財)は、提灯本体に大きく「八代目」と記され、奉納の目的を父の寿海老人白狼(七代目市川團十郎)が記しており、著名な歌舞伎役者の家である市川家が大聖寺を信仰Lていたことを伝えている。
 本寺草創の由来を刻んだ関原不動尊略?起、世に鉄眼版の名で知られる大般若経六百卷、文明年間(一四六九?八七)の板碑二基なども蔵し、いずれも足立区登録文化財となっている。その他、本尊の不動明王 (秘仏) を中心に八大童子像や百体の小観音像などがある。
  令和元年十二月  東京都足立区教育委員会」

DSCN7304_20220808090435380.jpg


【不動明王像道標三基】

 山門前に不動明王像道標が三基並んでいます。左から見ていきます。

DSCN7302_202208080904389e3.jpg

<不動明王像道標>

 嘉永4(1851)年銘の道標です。
 (正面)不動明王坐像「関原山」
 (左側面)「是より十壱町」

DSCN7305_202208080906264df.jpg

DSCN7308_2022080809062879e.jpg

DSCN7309_2022080809063173b.jpg
    

<不動明王像道標>

 享和3(1803)年銘の道標です。
 (正面)不動明王坐像「不動尊道 関原山 大聖寺」
 (左側面)「これより 二町」

DSCN7306_20220808090754a92.jpg

DSCN7310_20220808090757bc8.jpg

DSCN7311_20220808090757fcb.jpg

DSCN7312_20220808090800ced.jpg


<不動明王道標>

 嘉永元(1848)年銘の道標です。
 (正面)「関原山不動明王」
 (右側面)「厄除弘法大師」「是より 十六町」

DSCN7307_20220808090934ccd.jpg

DSCN7313_202208080909370b0.jpg

DSCN7314_202208080909378e6.jpg

DSCN7315_20220808090940e4a.jpg


<百度石>

 嘉永4(1851)年銘の百度石です。

DSCN7317_202208080911270fb.jpg


<力石>

 力石があります。「六十貫目」と彫られています。

DSCN7318_20220808091130cf2.jpg

DSCN7319_20220808091133e52.jpg


<百観音巡拝記念>

DSCN7330_20220808091257ecd.jpg

DSCN7331_20220808091300664.jpg


<和合会諸霊位>

DSCN7332_20220808091300230.jpg


<五文字題句碑>

 天保6(1837)年銘の五文字題句碑です。

DSCN7320_20220808091443411.jpg


<訓導田中富次郎之墓>

 墓地ではなく境内にある墓碑です。

DSCN7322_20220808091446553.jpg


<不詳>

 表面が半分崩壊している石碑です。読めません。

DSCN7321_20220808091548c6a.jpg

DSCN7323_202208080915516f1.jpg


<手水舎>

 手水舎は細かい彫が施されています。手水鉢は、天保3(1932)年銘です。

DSCN7326_202208080916522e0.jpg

DSCN7327_202208080916555b3.jpg

DSCN7324.jpg


<天水桶>

 平成元年奉納の天水桶。「鋳物師 鈴木文吾」
 東京オリンピック(昭和39年)の聖火台を鋳造した鋳物師の鈴木文吾氏が鋳造した「天水桶」です。

DSCN7329_20220808091804ba7.jpg

DSCN7328_202208080918074a0.jpg


<本堂> 足立区文化財

DSCN7333_202208080918571e5.jpg

DSCN7325_20220808091900085.jpg

DSCN7334_202208080919005b7.jpg


○関原八幡神社 足立区関原2-35-22

 関原八幡神社は、大聖寺の境内に鎮座していましたが、明治の「神仏分離令」により、明治3(1870)年に当地に移転しています。

DSCN7336_20220808092641f57.jpg

DSCN7337_20220808092644afd.jpg

DSCN7340_20220808092644f57.jpg

(説明板)
「足立区指定第558号
 保存樹木 けやき
 当神社は、小宮光徳が不動明王を安置したことを起源としており、このケヤキは、嘉永元年(1848年)頃に現在の本殿が新築された際、敷地の境に左右に植樹されたと伝えられている内の一本です。これからも、大切に見守っていきたいと思います。」

DSCN7342_202208080926478c3.jpg

DSCN7341_20220808092650a3a.jpg

DSCN7335_202208080926506c6.jpg


<八紘一宇>

DSCN7341_20220808092650a3a.jpg

DSCN7339_20220808092653e1b.jpg


○廻国塔道標  足立区関原1-6-24

 江北橋通りと消失している梅田堀の交差する地点に「梅田上町プチテラス」があります。防災機能が整備され、かまどベンチ、防災マンホールトイレ、防火貯水槽などが設置されています。2006年4月にオープン。プチテラス前の路上にはカラーマンホール蓋があります。
 プチテラスの一角に、天保7(1836)年銘の廻国塔道標があります。大聖寺及び明王院への参詣路を示す道標となっています。

DSCN7363_20220808093030c79.jpg

DSCN7365_20220808093033d76.jpg

DSCN7352_2022080809303687d.jpg

DSCN7364_202208080930360bd.jpg

DSCN7362_202208080930390c7.jpg


<廻国塔道標>

 (正面) 「奉納 西國秩父坂東 現當二世(安楽)也」
 (正面左)「関原山不動尊道」
 (正面右)「右 當村不動尊道」
 (左側面)「向テ 右リ千住掃部宿 左リ千住五町目道」
 (台石左面)「拾七丁 十五丁」
 (台石右面)「すぐ せき 原山 みち」

DSCN7359_20220808093245aa3.jpg

DSCN7354_2022080809324849d.jpg

DSCN7353_20220808093248d5b.jpg

DSCN7355_202208080932500ff.jpg

(説明板)
「天保七年銘道標
 右側面に天保七年(一八三六)三月と造立年を刻んだこの石柱は、「当村不動尊」である明王院と「関原山不□□(動尊)」こと大聖寺への参詣路を示す道標である。造立を発起したのは小宮仙右衛門・勝間倉右衛門・堀口岩右衛門等三名の梅田村住人であることが台石正面に刻まれている。この三名は西国・秩父・坂東の各霊場に巡拝したことを機に、現世と来世の平穏を祈って道標を奉納したことが本体正面に見えている。
 近年まで道標は、造立主の子孫の方により保存されてきた。当初の地点は不明であるが、現在この道標が移設された、この場所の前の道路に沿ってあった梅田堀沿いにあったものという。左側面には、千住掃部宿(千住仲町)へ十七丁(約一・九キロ)、千住五町目道(千住五丁目)へ十五丁(約一・六キロ)と、それぞれ大師道と日光道中を経て江戸時代の千住宿の中央と北端へ至る距離が記されている。
 従来から明王院は通称「赤不動」、大聖寺は「関原不動」の名で地域の人々に親しまれてきた。足立区周辺にも参詣路が設定され、江戸市中の人々の来訪が盛んだったことを、大聖寺に保存された他の道標ともども物語っている。
  平成十八年四月  足立区教育委員会」

DSCN7361_202208080934315c7.jpg

DSCN7358_20220808093433562.jpg

DSCN7356_20220808093434375.jpg


○不動道大師道道標 足立区本木1-19-8

 本木新道沿いにある「本木一丁目プチテラス」に、天保6(1835)年銘の道標があります。

DSCN7344_20220808093609faa.jpg

DSCN7351_20220808093611901.jpg

DSCN7347_202208080936147fb.jpg


 (正面)「関原山 不動尊」
 (右側面)「ふどう だ以し 道」

DSCN7343_20220808093740818.jpg

DSCN7345.jpg

DSCN7346_20220808093743160.jpg


<本木の起こり>

DSCN7349_20220808093842375.jpg

DSCN7348_202208080938458aa.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 力石荒綾八十八ヶ所霊場市川団十郎八紘一宇

吉祥院

○吉祥院 足立区本木西町17-5 HP

<山門>

 山門に掲げられているのは扁額「淵江山」で、文化財の扁額は非公開です。

DSCN6858_20220618170555333.jpg

DSCN6737_20220618170557122.jpg

DSCN6737b.jpg

DSCN6736_20220618170600e52.jpg

 山門表には仁王像。

DSCN6749_20220618170601fe7.jpg

DSCN6750_20220618170603e6d.jpg
    
 山門裏には左に普賢菩薩、右に文殊菩薩。

DSCN6768_2022061817060456a.jpg

DSCN6767_2022061817060608e.jpg

DSCN6770_20220618170607748.jpg

DSCN6769_20220618170609623.jpg


(説明板)
「吉祥院
 当寺は真言宗豊山派に属し、渕江山吉祥院星谷寺と称する。 本尊は大日如来(金剛界)である。開山の時期には諸説あるが、室町時代と推定されている。
 『新編武蔵風土記』には、徳川家康から五石の朱印地を授与されたとある。以降、将軍の代替わりごとに寺領が安堵された。江戸時代は京都仁和寺を本寺とし、三十三ヶ寺もの末寺を持つ中本寺であった。その格式により、正月四日に江戸城に年賀のため登城する際、住職が用いた葵紋を付けた駕籠も現存している。
 境内には、享保二年(一七四二)に建立され、平成十四年(二○○二)に現在地(常念坊)に移築された旧山門や、寛永五年(一六二八)の銘を持っ宝筐印塔がある。また、本堂内には、元禄六年(一六九三)に吉祥院に寄進された木造弁才天坐像、宝永二年(一七○五)に十四世義真が購した大般若経(付・廻村什具)、寛保元年(一七四一)に宝鏡院宮が染筆した扁額「渕江山」などが収蔵されている。他にも、板碑や庚申塔なども多数ある。
 吉祥院に残されたこれらの文化財は、いずれも区の登録文化財となっており、当寺の誇る歴史の重さを今に伝えている。
  令和元年十二月  東京都足立区教育委員会」

DSCN6738_202206181711179bc.jpg


<石造物四基>

 山門手前左手に石造物が四基並んでいます。左から順に見ていきます。

DSCN6740_20220618171355ef2.jpg


<弘法大師道道標>

 中央 「弘法大師道吉祥院」と刻まれています。
 右脇 「荒川附廿一箇所第七番 本木是ヨリ二丁」
 右側面 明治36(1903)年3月の記銘です。

DSCN6742_202206181713584e6.jpg

DSCN6859_202206181713594f9.jpg


<角柱型庚申塔>

 地蔵菩薩を主尊とする延宝4(1676)年銘の庚申塔です。

DSCN6743_20220618171643510.jpg

DSCN6745_20220618171646057.jpg

DSCN6746_202206181716488d3.jpg

DSCN6744_20220618171649d65.jpg


<地蔵菩薩像>

 万治元(1658)年銘の地蔵菩薩像です。

DSCN6747_202206181717373a7.jpg


<荒綾八十八ヶ所札所碑/道標>

 中央「荒綾八十八ヶ所第八十番 本木吉祥院」とあり、第八十番札所碑です。
 左脇「是ヨリ寺地瑞應寺へ三丁半」と瑞応寺への道標も兼ねています。

DSCN6748_20220618171739fa5.jpg


<三霊場札所>

 一番右は三霊場の札所碑となっています。

DSCN6741_20220618171741d1b.jpg


<案内図と説明板>

 山門に令和元(2019)年の新しい説明板があり、境内には平成24(2012)年の説明板があります。

(説明板)
「吉祥院
 当寺は真言宗豊山派に属し、淵江山吉祥院星谷寺と称する。本尊は大日如来である。開山の時期には諸説あるが、室町時代と推定されている。
 『新編武咸風土記稿』には、徳川家康から五石の朱印地を授与されたと見え、家光以下、将軍の代替わりに寺領が安堵された。江戸時代は京都・仁和寺を本寺とし、多くの末寺・門徒を擁した中本寺であった。その格式により、正月四日に江戸城に年賀のため登城する際、住職が用いた葵紋を付けた駕籠も現存している。
 当寺は足立区登録有形文化財(建造物)吉祥院旧山門、吉祥院宝篋印塔(寛永五年在銘)、区登録有形文化財(書籍)扁額「渕江山」(宝鏡院宮染筆)、区登録有形文化財(典籍)大般若経(付・迴村什具)、区登録有形文化財(歴史資料)応永年間(一三九四〜一四二八)銘他の板碑、区登録有形民俗文化財寛文五年(一六六五)銘他の庚申塔等くの文化財を有している。
  平成二十四年三月  足立区教育委員会」

DSCN6751_202206181721240b8.jpg

DSCN6753_20220618172126d3a.jpg


<手水舎>

 手水舎は井戸です。

DSCN6789_202206181733124a1.jpg

DSCN6787_20220618173314349.jpg

 四天王の童子が四方を守護しています。

 北「多聞天童子」
DSCN6788.jpg

 西「広目天童子」
DSCN6790_20220618173317ab8.jpg

 東「持国天童子」
DSCN6791_2022061817331807a.jpg

 南「増長天童子」です。
DSCN6792.jpg


<客殿>

DSCN6786_202206181736583bd.jpg


<欅の大木>

 欅の大木が多い樹林です。

DSCN6793_2022061817365934c.jpg

DSCN6784_202206181737014a2.jpg

DSCN6783_20220618173702aae.jpg


<外灯と四阿>

DSCN6794_20220618173941386.jpg

DSCN6795_20220618173942a03.jpg


【庚申塔四基】

 四基とも足立区文化財に登録されています。

DSCN6758_2022061817404248b.jpg


<庚申塔型石橋供養塔> 足立区文化財

 一番左は元禄8(1695)年銘の石橋供養塔です。
 正面「庚申供養」(その下に「念佛」を追刻)
 裏 「石橋二ヶ所供養□□□□」と刻まれています。

DSCN6759_202206181741374d0.jpg

DSCN6772_20220618174139204.jpg


<駒型庚申塔> 足立区文化財

 左から二番目は年不詳の駒型庚申塔です。

DSCN6760_20220618174415808.jpg


<庚申塔板碑> 足立区文化財

 寛文5(1665)年銘の板碑型庚申塔です。中央に三猿が陽刻されています。

DSCN6761_20220618174520171.jpg

DSCN6766_2022061817452193c.jpg

DSCN6765_2022061817452330d.jpg


<阿弥陀如来庚申塔> 足立区文化財

 一番右は元禄2(1689)年銘の阿弥陀如来の庚申塔です。

DSCN6762_202206181746110b7.jpg

DSCN6763.jpg


<巡拝記念碑>

 「秩父坂東西國 百観音巡拝記念」
 昭和52(1977)年4月の建立です。

DSCN6773_20220618174713c51.jpg

DSCN6774_20220618174714af1.jpg


<宝筐印陀羅尼塔>

 延享2(1746)年銘の宝筐印陀羅尼塔です。

DSCN6775_20220618174715224.jpg


<水子地蔵尊>

DSCN6777_2022061817482853c.jpg


<鐘楼堂>

 天明3(1783)年に建立された鐘楼堂です。

DSCN6776_2022061817483110f.jpg


<稲荷社>

 鐘楼堂の裏に稲荷社があります。

DSCN6779_2022061817501115e.jpg


<石燈籠型庚申塔> 足立区文化財

 天和2(1682)年銘の石燈籠竿の庚申塔です。鐘楼堂の裏にあります。足立区文化財の寛永5(1628)年銘の宝筐印塔も並んでいます。

DSCN6861_202206181751274cd.jpg

DSCN6862_2022061817512838a.jpg

DSCN6865_20220618175130145.jpg

DSCN6863_202206181751312a8.jpg

DSCN6864_20220618175133cde.jpg


<南無大師遍照金剛>

DSCN6754_202206181753121fe.jpg

DSCN6755_20220618175313caa.jpg


<本堂>

 葵の紋がいたるところに見えます。

DSCN6771_20220618175440f33.jpg

DSCN6757_202206181754429ec.jpg

DSCN6785_20220618175443d3c.jpg

DSCN6756_20220618175445542.jpg

DSCN6780_202206181754465dc.jpg

DSCN6781_202206181754484e3.jpg


○旧吉祥院山門 足立区本木西町13-3 常念坊 足立区文化財

 吉祥院に隣接する境外墓地に常念坊があり、吉祥院の旧山門は、現在は常念坊の山門となっています。 寛保2(1742)年に建立の旧吉祥院山門です。

DSCN6866_2022061817555550f.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場庚申板碑

扇三嶋神社

○扇三嶋神社 足立区扇2-9-3

 小田原北條氏の元家臣だった阿出川権左衛門知康が、本木村の太田(おおだ)を開拓、崇敬していた三嶋大明神を勧請したといいます。 現在は扇の地にありますが、この地はかつて本木村で、三嶋神社は、本木村の小名太田・高野の鎮守社でした。
 珍しい仁王型庚申塔と、燈籠型庚申塔があります。

<仁王型庚申塔>

 仁王型庚申塔が電話ボックスの横にあります。

 元禄10(1697)年銘の仁王型庚申塔です。
 「元禄十丁丑天 十一月上旬」
 「庚申待成就 三嶋御宝前 本木太田村」

DSCN4686_20220423184242eff.jpg

DSCN4681_202204231842432f3.jpg

DSCN4692_2022042318424572b.jpg

DSCN4682_202204231842464bd.jpg

DSCN4684_20220423184248ad8.jpg

DSCN4683_202204231842498a3.jpg

DSCN4685_20220423184251578.jpg


<鳥居>

 控柱があり瓦葺の鳥居です。平成14(2002)年9月の建立です。

DSCN4680_20220423184512353.jpg

DSCN4687_202204231845138ac.jpg

DSCN4688_202204231845158b3.jpg

DSCN4689_20220423184516c52.jpg

DSCN4694_2022042318451833d.jpg

DSCN4698_20220423184519c10.jpg


<三嶋神社由来碑>

 平成14(2002)年9月の建碑です。

(碑文)
「三嶋神社由来碑
 三嶋神社の祭神は大山津見命。慶長年間に元小田原北条氏の家臣であった阿出川丹後守権左衛門知康という人が元木村字太田一帯の開拓をすすめたと伝えられる。三嶋神社は彼が年来崇敬してきた三嶋大明神をこの地に勧請したことに始まるという。
 寛文年間には鳥居や社殿が新たにされ、疫病除けに本地仏薬師如来を建立した。その頃からずっと三嶋神社は太田と高野の人々の鎮守として祀られてきた。当時、太田・高野の人家は四十軒程であった。延享元年には本殿を覆う雨屋(鞘堂)が建立された。その後も改修が繰り返され、氏子の努力と町民の協力によって今日まで維持されてきた。幸いに、保存されている棟札が、氏子の献身と神社の経歴を今日に伝えている。
 棟札の他に当神社に付随する文化財として、年々奉納される絵馬と延宝六年の灯籠型庚申塔一対及び荒川放水路開削工事で移設された水神碑と元禄十年の仁王型庚申塔一対(区内唯一のもの)がある。
 慶長年間(一五九六〜一六一四)
 寛文年間(一六六一〜一六七二)
 延宝六年(一六七八年)燈籠型庚申塔
 元禄十年(一六九七年)仁王型庚申塔
 延享元年(一七四四年)雨屋新設
 文化十五年(一八一八年)雨屋改修
 明治十三年(一八八○年)鳥居改修
 昭和三十年(一九五五年)社殿改修」

DSCN4690_202204231847153b6.jpg

DSCN4693_202204231847179e6.jpg


<牛頭天正宮/馬頭観音>

DSCN4695_202204231848445aa.jpg


<玉垣建設記念碑>

 奉納寄付者のお名前に阿出川氏が複数見えます。ご子孫なのでしょうね。

DSCN4696_20220423184846622.jpg


<稲荷社/第六天龍王社>

DSCN4702_20220423185004c14.jpg

DSCN4703_2022042318500686c.jpg

DSCN4704_20220423185007b39.jpg

DSCN4705_202204231850092f9.jpg

DSCN4707_20220423185010488.jpg


<水神宮>

 水神宮は荒川開削のため昭和18(1943)年にこちらに移設されています。

DSCN4708_20220423185120e5a.jpg

 表「水神宮」
 裏「昭和十八年九月本木六丁目六千四百三十四番地より当方に移転す
   昭和三十七年六月吉辰
   本木五丁目南町会氏子中」

DSCN4709_2022042318512440f.jpg


<拝殿・本殿>

DSCN4697_20220423185310ed6.jpg

DSCN4699_202204231853113d1.jpg

DSCN4701_202204231853130be.jpg

DSCN4700_20220423185315520.jpg

DSCN4728_20220423185316b81.jpg

DSCN4713_20220423185319c26.jpg


<石燈籠型庚申塔>

 延宝6(1678)年銘の燈籠型庚申塔です。鞘堂の中の本殿前に一対あります。近寄れないので銘文などは確認できず。倒壊の修復跡が両基ともあります。

DSCN4720_20220423185449df6.jpg

DSCN4719_20220423185450dfd.jpg

DSCN4712_202204231854522fb.jpg

DSCN4716_20220423185532c66.jpg

DSCN4714_2022042318553380d.jpg

DSCN4715_20220423185535bef.jpg


<足立区指定第835号>

「足立区指定第835号 保存樹木 まき
 神社には、まき・けやき・えのき・すだじいが保存樹に指定されています。中でも、まきは、明治時代に植えられたものと思われ、一番古い木です。これからも鎮守の木々を大切に地域にシンボルになるよう見守って下さい。
 平成18年5月撮影」

DSCN4721_20220423190015262.jpg

DSCN4724_2022042319001625e.jpg

DSCN4725_202204231900189cf.jpg


<扇南町会会館>

 朝礼台もあります。ここでラジオ体操なども行われているのでしょうね。

DSCN4727_202204231900197b0.jpg


「江戸切絵図」

 「六アミタ木余如来性翁寺足立姫墓有」と、その隣に「本木大田三嶋大明神」が記載されています。

kiriezu_20220806193656658.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

瑞応寺(千葉氏菩提寺)

○瑞応寺 足立区扇1-5-37

 瑞応寺は、武蔵千葉氏の菩提寺として明応7(1498)年に創建されたといわれ、観音堂には武蔵千葉氏ゆかりの寺紋「月星の紋」がつけられています。アーティスティックなお寺です。


<参道>

 参道入口には、赤く塗られた金剛力士像が立っています。

DSCN6706_2022061818120665b.jpg

DSCN6711_202206181812078f4.jpg

DSCN6707_20220618181209c9d.jpg

DSCN6708_2022061818121095b.jpg


<寺号標/象>

 横向きの寺号標と、象がこちらを見ています。象は枯山水の上を歩いています。

DSCN6705_20220618181343068.jpg

DSCN6735_202206181813448dc.jpg

DSCN6734_2022061818134582b.jpg


<塚碑>

DSCN6704_2022061818350984b.jpg


<札所碑>

 荒綾八十八ヶ所霊場七十四番札所です。

DSCN6709_20220618183616927.jpg


<瑞応寺(説明板)>

(説明板)
「瑞応寺
 当寺は真言宗で阿修羅山観音院瑞応寺と称する。
 本尊は聖観世音菩薩、別名を「夕顔観音」という。
 中世に下総国や武蔵国に勢力のあった千葉市一族ゆかりの古寺といわれ、寺紋は「月星の紋」である。
 当寺には中世の石造塔婆が十三基ある。特に文和二年(一三五三)銘・年不詳の下総型板碑(連碑)二基は珍しく、足立本区でも貴重な遺物である。他の板碑とともに足立区登録有形文化財(歴史資料)になっている。
 また境内には、寛永十三年(一六三六)の紀年銘を刻む五輪塔、天和二年(一六八二)の紀年銘のある傘塔婆、その他古い供養塔や地蔵菩薩像、観音菩薩像等の石造物がある。
  平成二十七年三月  足立区教育委員会」

DSCN6712_20220618183619545.jpg


<普門品供養塔>

 文化7(1810)年銘の普門品供養塔です。
 「奉供養普門品塔 講中」とあります。

DSCN6723_202206181839241ce.jpg


<獅子>

 カラフルな獅子が並んでいます。

DSCN6724_20220618184051b3a.jpg


<手水舎>

 手水舎にはカエルがいます。水道の蛇口には、カエルと雀がいます。

DSCN6728_202206181840521cf.jpg

DSCN6729_202206181840534af.jpg

DSCN6730_20220618184055c38.jpg

DSCN6732_202206181840565af.jpg


<六道しるべ>

 建仁元(1201)年銘の亡くなった後「六道輪廻」の道を歩む人々の「六道しるべ」です。

DSCN6727_20220618184255116.jpg

DSCN6733_20220618184256679.jpg


<慈母観世音菩薩>

 参道の突き当りに「慈母観世音菩薩」。アイシャドーをいれています。台座には象がいます。

DSCN6725_20220618184415645.jpg

DSCN6725b.jpg


<蓮池とイルカ>

 蓮池の前には三頭のイルカショーです。

DSCN6726_20220618184418bd7.jpg


<夕顔姫の井戸>

 夕顔姫は、千葉常胤の娘です。

DSCN6719_20220618184541b67.jpg

DSCN6720_20220618184542324.jpg


<地蔵さん縁起>

 覆屋に四基の石造物があります。右手の壁に「地蔵さん縁起」が掲示されています。
 左から二基目が天和2(1682)年銘の「笠塔婆」で、虚空蔵菩薩の浮彫りの下に「十三仏供養」と刻まれています。
 三基目はガラスで覆われた溶けて原型をとどめていない塩地蔵です。一番右にも塩地蔵がおられます。 塩は器に入れられています。

DSCN6717_202206181845436fb.jpg

DSCN6714.jpg

DSCN6717b.jpg


<舟>

DSCN6716_20220618184829db1.jpg


<本堂/ゴジラ>

 本堂の扉には、寺紋「月星の紋」があります。カエルに見えてしまいます。
 本堂の前には、カラフルなゴジラがいます。

DSCN6718_202206181851498bb.jpg

DSCN6731_20220618185150a65.jpg

DSCN6722_2022061818515156f.jpg

DSCN6722b.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 千葉氏荒綾八十八ヶ所霊場

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR