正覚寺 (小菅)

○正覚寺 葛飾区小菅1-3-6

 明治2(1869)年、小菅村に県庁舎が設置されたとき、日本で最初の公立学校「小菅県仮学校」が設けられました。
 また、「とげぬき地蔵」は、小菅監獄から罪を終えての帰途、この石地蔵に願をかけると罪(とが)が抜けるというので、いつしか「とがぬき」が「とげぬき」になったと伝えられています。 徳川光圏が、一刀のもとに地蔵の首を切り捨てた「きられ地蔵」の伝説もあります。
 荒川辺八十八ヶ所霊場60番札所、荒綾八十八ヶ所霊場17番札所です。

DSCN1844_20231117124137b1f.jpg

DSCN1967_202311171241401c7.jpg

DSCN1843_20231117124140efe.jpg

(説明板)
「正覚寺のとげぬき地蔵と日本最初の公立学校
 真言宗正覚寺は、常照山阿弥陀院と号し、本尊阿弥陀如来は慈覚大師の作といい、厨子の銘に「本尊慈覚大師作、法印甚求、宝永三年三月入仏厨子宝光、正徳四甲午正月法印甚宥」とある。草創年代は定かではないが、開山和尚安心の亡くなったのが文禄元年(一五九二)だから、おそらく室町末期の創立と推定される。
 この寺には「とげぬき地蔵」という古い石地蔵が、堂内に安置されている。この地蔵は、以前に旧水戸街道の北側にあったものを、大正四年荒川放水路の開さく工事で当寺に移されたものである。
「とげぬき」は罪抜からきたもので、 当時付近の小菅監獄から罪を終えての帰途、この石像に願をかけると罪が抜けるというので、 いつしか「とがぬき」が「とげぬき」になったのだという。
 このお地蔵様にはもう一つ「きられ地蔵」の伝説がある。元禄のころ夜になると、この地蔵の付近に美女が現れ旅人を悩ますとの噂がたち、これを参勤交代でこの道になじみの水戸黄門こと徳川光圏が、一刀のもとに地蔵の首を切り捨てたが、首はそれ以来行方不明となり、正覚寺で新しい首をつけたが、のちに寺の近くで掘り出されたので、寺では別の箱にお首を納めて供養している。い
くら剣術の達人でも、果たして石の地蔵の首がコロリと落ちるほど切れたかどうか疑わしい。しかし地蔵堂の水舎に元禄年間の銘があり、水戸黄門となんらかの関連があったとも思われる。
 また、正覚寺にはもう一つ珍しい史実がある。
明治二年(一八六九年)この地に小菅県庁が置かれた。県庁では新政府の出した府県学校取調局の令に基づき、早速同年七月庁舎に近い正覚寺本堂内に「小菅仮学校」という公立の学校を設けた。
おそらくこれがわが国最初の公立学校であろう。始めは県庁の役人を対象としたが、希望者には管内の一般町村民の入学もゆるし、文明開化の新しい教育につとめたが、民間側の入学者は稀だったという。この仮学校はお隣の千住宿の慈眼寺にも分校を設けたが、明治四年十一月廃藩置県で県庁とともに廃校となり、明治六年四月学制発布で青砥学校(区立亀青小学校)や勝鹿学校(区立新宿小学校)が設立されたので、生徒の大半が両校に転属された。
 次にのせる「聴聞規則」は本邦初等教育史上貴重な資料であるが、その内容は旧態依然とした封建制そのものであったことが、うかがい知れる。
 当県仮学校当分小菅村正覚寺ニ相定候事
一 六の日 定休 四月十九日 会議に付昼後休
二 七ノ日 未ノ刻ヨリ小学講釈
  諸役人出席下民といえども聴を許す但し朝索読質問勝手次第
三 八ノ日 未刻ヨリ牧民志告心鑑
  庁内之諸役人必ズ出席すべし其他有志輩聴聞勝手たるべし但し朝前同断
四 九ノ日 未ノ刻ヨリ孟子輪議
  庁内之諸役人壮年之ものハ必ズ出席すべし老幼之輩ハ勝手次第但し朝前同断
五 十ノ日 未ノ刻ヨリ千住四丁目慈眼寺小学講話 
  御用村用等ニ而小菅表へ出合居候村人小前ども必ず出席すべし
  若し怠り候もの来れは郷宿向き取調之上、正覚寺ニ止宿いたさせ教諭を加う其他四方之民人老幼とも出席聴聞する事を欲す
  知事判事之?取締として時々出席すべし其他諸史聴聞勝手たるべし但し朝前同断
  明治二己巳年六月  小菅県」

DSCN1845_20231117124702c38.jpg

(説明板)
「史跡 県立小菅学校の跡
 明治二年(一八六九)小菅県庁にいて設立した、学制発布以前の公立学校として、都下教育史上貴重な遺跡で、当寺はその校舎の一部にあてられた場所です。
  葛飾区 葛飾区観光協会」

DSCN1849_2023111712470564a.jpg


<地蔵堂>

 「とげぬき地蔵」は、小菅監獄から罪を終えての帰途、この石地蔵に願をかけると罪(とが)が抜けるというので、いつしか「とがぬき」が「とげぬき」になったと伝えられています。また、徳川光圏が、一刀のもとに地蔵の首を切り捨てた「きられ地蔵」の伝説もあります。

DSCN1891_20231117124707884.jpg

DSCN1851_20231117124710974.jpg

DSCN1964_20231117124710ac6.jpg

DSCN1890_202311171247138e2.jpg

 説明板によると、手水鉢に元禄年間の銘があるとのこと。

DSCN1963_2023111712471331e.jpg

 「地蔵堂建設記念碑」

DSCN1850_2023111712471589b.jpg

DSCN1892_20231117124715a93.jpg


<大師堂>

DSCN1887_202311171250483dc.jpg

DSCN1853_20231117125050b95.jpg

DSCN1859_20231117125050d1d.jpg

DSCN1852_2023111712523234f.jpg

DSCN1889_20231117125235170.jpg

DSCN1854_202311171252385fb.jpg

DSCN1888_202311171252359fe.jpg


<弘法大師像>

 当寺は、南葛八十八ヶ所霊場77番札所、荒川辺八十八ヶ所霊場60番札所、荒綾八十八ヶ所霊場17番札所ですが、「南葛八十八ヶ所霊場77番札所」の七十七番が刻まれています。

DSCN1855_2023111712540426e.jpg

DSCN1856_202311171254075f1.jpg


<庚申塔>

 大師堂の裏にある享保4(1719)年銘の庚申塔です。

DSCN1857_20231117125407442.jpg


<本堂>

DSCN1860_202311171256256e7.jpg

DSCN1861_20231117125539d91.jpg

DSCN1862_2023111712554191e.jpg

DSCN1863_20231117125545788.jpg

DSCN1864_20231117125545d4a.jpg

DSCN1865_2023111712554562b.jpg


<弘法大師千百年御遠忌塔/宝篋印塔>

 右「弘法大師一千年塔」と左「弘法大師千百年御遠忌塔」(昭和9年)が建っています。

DSCN1866_20231117125842a13.jpg

DSCN1867_202311171258450e0.jpg

DSCN1968_2023111712584572f.jpg

DSCN1886_20231117125848e90.jpg
     
 右手に宝篋印塔が並んでいます。

DSCN1868_20231117125848d12.jpg


<念仏結集地蔵>

 寛文元(1661)年銘の念仏結集地蔵です。

DSCN1869_20231117130043083.jpg

(説明板)
「区登録有形民俗文化財
 小菅正覚寺念仏結衆地蔵像
  所在地 葛飾区小菅一丁目3番6号
  登録年月日 平成13(2001)3月15日
 この地蔵像は、念仏結衆を願う兵左衛門と同行衆によって建立されたものです。光背の向かって右には「寛文元天(1661)辛丑霜月八日六親菩提施主敬白」、左には「念仏結衆本願兵左衛門同行廿一人」と刻まれ、供養を行う集団を「念仏結衆」と記しています。
 17世紀中頃以降は「同行集団」とあらわすことが多くなるのですが、この地蔵像には「結衆」と「同行」が併記されています。
 ・材質ー石造 ・大きさー総高120cm
  葛飾区教育委員会」

DSCN1870_2023111713004682e.jpg


<地蔵半跏像>

DSCN1872_20231117130046e21.jpg


<庚申塔>

 地蔵菩薩を主尊とする元禄10(1697)年銘の庚申塔。「奉念申供養」

DSCN1873_20231117130237e02.jpg

DSCN1874_20231117130241b75.jpg

DSCN1875_20231117130241baa.jpg


<庚申塔>

 地蔵菩薩像の下に三猿が陽刻まれています。

DSCN1965_202311171302447be.jpg


<墓石他>

DSCN1876_2023111713050652b.jpg

DSCN1966_202311171305042ee.jpg


<六地蔵>

 中央は地蔵尊を主尊とする寛文3(1663)年銘の庚申塔です。
 「庚申念佛二世安樂」

DSCN1878_20231117130627afb.jpg

DSCN1881_20231117130630369.jpg

DSCN1879_202311171306302d2.jpg


<小動物之墓>

DSCN1882_20231117130724d72.jpg

<永代供養塔(三界萬霊塔)>

DSCN1883_20231117130727788.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場綾瀬川小菅

西綾瀬稲荷神社(屋敷稲荷)

○西綾瀬稲荷神社(屋敷稲荷) 足立区西綾瀬1-8

 「小菅御殿絵図」には、「裏門」のところに稲荷社が記されているようです。この場所は、柳沢吉保→伊奈氏屋敷、小菅御殿→小菅籾蔵と変遷した諸施設の鬼門に当たり、それら施設の守り神としての性格をもっていたことが推測されます。現在も同じ場所にある稲荷神社です。

DSCN1457_20231105142838e9a.jpg

DSCN1456_202311051428420a9.jpg

DSCN1447_202311051430411c5.jpg

DSCN1448_202311051428432f0.jpg

DSCN1449_20231105143045fdf.jpg

 扁額は「屋敷稲荷」が掲げられています。
DSCN1452_20231105143045233.jpg

拝殿
DSCN1450_20231105143048a8f.jpg

DSCN1454_2023110514304859c.jpg

DSCN1455_20231105143051365.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 赤山街道関東郡代綾瀬川

小菅神社/蓮昌寺

 水戸街道を水戸橋で綾瀬川を渡ると、右手に小菅神社。水戸街道を進むと左手に古隅田川と蓮昌寺があります。

○小菅神社  葛飾区小菅3-1-2

 明治2年に小菅県が設置された際、庁内に勧請された小菅神社は、その後小菅村の鎮守であった田中稲荷神社の境内に移され合祀、小菅神社となりました。

DSCN0125_20210125180307606.jpg

DSCN0140_20210125180309323.jpg

DSCN0139_20210125180310830.jpg

DSCN0124_20210125180312862.jpg

DSCN0127_20210125180313eba.jpg

DSCN0128_20210125180315313.jpg

   
<招魂祖霊社>

DSCN0126_20210125204820cd6.jpg


<田中稲荷神社>

DSCN0130_20210125204822a98.jpg
  

<境内社天満宮>

DSCN0131_20210125204823c68.jpg


<境内祓所>

DSCN0132_20210125204824996.jpg


<庚申塔>

 田中稲荷神社裏に2祠と、2基の庚申塔があります。
 庚申「文化八年一月」(1811)
 青面金剛立像「享保十二年」(1727)

DSCN0133_20210125205107966.jpg

DSCN0134.jpg
     

<力石>

DSCN0137_20210125205232c2b.jpg


<整備紀年碑>

DSCN0138_2021012520523400f.jpg


<不老門>
 
 詳細不詳。

DSCN0129_202101252052359a4.jpg
  

○蓮昌寺  葛飾区小菅4-20-35

 元は道昌寺と称されましたが、三代将軍家光が鷹狩の折、池の蓮を愛で、蓮昌寺となりました。

<山門>

DSCN0122_20210125205440c70.jpg
 

<七面堂>

DSCN0119_20210125205442b3c.jpg
  

<本堂>

DSCN0120_20210125205443edb.jpg


<三光堂>

DSCN0121_202101252054451cc.jpg
  

<コンクリート製梵鐘>

 第二次世界大戦で供出した梵鐘の代わりに、コンクリート製の梵鐘が鐘楼にかけられました。コンクリートに見えない造りです。

DSCN0123_2021012520544642d.jpg


<蓮昌寺板絵類>

 白鷺公園(古隅田川緑道)に「蓮昌寺板絵類」の説明板があります。

(説明板)
「蓮昌寺には区指定文化財の木版彩色図(絵馬)が保存されています。記されている紀年から、文久2年(1862)~昭和14年(1939)までの間に寄進されたことがわかります。描かれている絵は、宗教関係の図が多く、そのほか、収穫図、能楽翁の図などがあり、蓮昌寺を中心とする信仰の形態を示す資料として貴重です。
 蓮昌寺は、正安2年(1300)創建と伝えられています。」

DSCN0260_20210127010142771.jpg

DSCN0258_2021012701014374b.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 小菅力石水戸街道綾瀬川

小菅稲荷神社/小菅銭座跡/水戸橋跡

○小菅稲荷神社  葛飾区小菅1-28-11

 東京拘置所の面会所の正面に小菅稲荷神社があります。社殿の後ろに本殿があります。本殿の裏には、小菅御殿から将軍の地下の逃げ道が繋がっているとのこと。本殿には立ち入り出来ないので、確認できず。

DSCN0051_2021011720262309b.jpg

DSCN0047_20210117202625e4e.jpg

DSCN0049.jpg

DSCN0048_20210117202628d26.jpg

DSCN0050_20210117202631c45.jpg

(説明板)
「小菅稲荷神社と「小菅御殿の狐穴」
 小菅稲荷神社は小菅御殿の鎮守として小菅御殿内に祀られていましたが、昭和に入り、現在の地に移されたと伝えられています。稲荷神社の「使い」狐がご神体の両脇を固めています。狐が穀物の神様である宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)の使いになったのは、一般には宇迦之御魂神の別名を「御饌津神(みけつ)神」であったことから、ミケツの「ケツ」がキツネの古名「ケツ」に想起され、誤って「三狐神」と書かれたためといわれています。そして狐の習性(山から下りて実る稲穂を狙う害獣を食べて子狐を養う。)が古来の日本人の目には、繁殖=豊作として結びつき、狐が田の神の先触れ、五穀豊穣、稲の豊作を知らせる「神のお使い」として人々に定まっていきます。日本の各地に「神の使い」狐の伝説がのこされています。
 小菅稲荷神社には「使い姫」の伝説が残されています。
 本殿の裏、こじんまりした庭の石山の根元には二つの穴があります。
 小菅御殿があった当時、将軍様の御逗留の際に不意の敵襲に備え、無事に御殿外に脱出できるよう空井戸を利用した抜け道があったといいます。
 この抜け道を明治時代に入り不要なものとしてふさいでしまったところ、御殿跡地の政府の施設では事故が相次いで発生しました。ある夜、心痛した偉いお役人の夢枕に、一匹の白狐が現れ「私はいにしえからこの小菅稲荷の「使い姫」として空井戸に棲んでいた狐一族の長老であるが、この程我らの住居を埋められで大変に難渋しておる。速やかに穴を元に戻すように」と言い残して消え都ました。
 そこで速やかに穴を元に戻した結果、ぱったりと事故が起こらなくなったといいます。当時のものを模した「狐の穴」は本殿の裏にちゃんと残されています。」
 平成23年度東京都地域の底力再生事業対象事業 管理者:小菅西自治会広報部

DSCN0044_202101172026298b7.jpg


○小菅銭座跡  葛飾区小菅1-25

 西小菅小学校校門脇に説明板「小菅銭座跡」があります。小菅御籾蔵の一角に、小菅銭座が設けられていました。

DSCN0060_20210117202928b73.jpg

DSCN0280_202101242159524a8.jpg

(説明板)
「葛飾区指定史跡
  小菅銭座跡
     所在地 葛飾区小菅一丁目25番1号
          西小菅小学校
    指定年月日 昭和58年2月21日
 小菅銭座は寛政6年(1859)8月江戸金座の直轄で、幕末の財政窮乏と銅相場高騰のため、前例のない鉄小銭を鋳造する場所として設置されました。小菅銭座の中心部は江戸時代初期には伊奈氏の下屋敷、江戸時代中期には鷹狩のための御殿から幕府の所有地・小菅御囲地となり、江戸時代後期には災害に備えての小菅籾蔵と変遷をたどった一角で、現在の西小菅小学校付近にあったとされます。
 万延元年(1840)12月には、前例のない鐚銭といわれる粗悪鐚銭である四文銭を小菅で鋳造しました。最盛期の慶応年間の鋳造職人は232人を数えましたが、慶応3年(1807)にその役割を終えました。
 今その頃の様子を示すものはほとんど残ってはいませんが、昭和25年(1950)5月までは銭座長屋といわれた建物が残っていました。かつて水路があった場所には銭座橋の橋跡が残り、貨幣史関係の史跡として今に伝えています。  葛飾区教育委員会」

DSCN0062_20210117202929a65.jpg


○水戸橋跡地  葛飾区小菅1-9

 旧水戸街道の水戸橋の橋台の石組が遺されています。

DSCN0067_20210117203117261.jpg

DSCN0063_20210117203118b2c.jpg

DSCN0065_202101172031204a7.jpg

DSCN0066_20210117203122d4f.jpg
   
(説明板)
「水戸橋跡地

【水戸橋・橋台の石組・綾瀬川】
 ここに積まれた石組は、江戸・明治時代から桁橋の水戸橋を支えてきた橋台を受け継いだものです。この構造は、皇居(旧江戸城)内濠に架かる木造橋である平川橋に名残を見ることができます。
 水戸橋が本格的な機として架橋された年は定かではありませんが、江戸初期の寛永年間(1624~1644)と考えられています。
 水戸橋が架かる綾瀬川の開削については、「西方村旧記付図」(越谷市立図書館蔵)に、寛永年間に内匠橋付近(足立区)から小菅(葛飾区)を経て、隅田川合流地点まで堀替えた記録があります。

【橋名:みとはしの由来】
 地元に伝わる話によると、その昔、水戸黄門(光関)一行が旅の途中、小菅村に出没する妖怪を退治しました。その妖怪は、親をならず者に殺され、敵を討とうとした理でした。子理が退治されそうになった時、近くのお地蔵様が身代わりとなりました。その事実を知った光園は、後の世まで平穏となる」ようにと自ら筆をとり、傍らの橋の親柱に「水戸橋」と書き記したと伝わっています。
 また、水戸橋下流の正覚寺には、身代わりとなったといわれているお地蔵様が安置してあり、お堂前の水舎には元禄10年(1697)の銘があります。

【水戸佐倉道】
 前方に延びる道は、東海道など五街道に付属する水戸佐倉道です。
 この街道は、日本橋を出発点とする日光街道の千住宿(足立区千住)から分かれ、常陸国水戸徳川家の城下をつなぐ道でした。途中、新宿(葛飾区新宿)では、下総国佐倉へ向かう佐倉街道に分かれました。
 これらの街道は、土浦藩や佐倉藩等が参勤交代に使う重要な道でした。
 享保10年(1725)八代将軍徳川吉宗が、大規模な狩りを小金原(千葉県松戸市)で行った際、水戸橋で下船して水戸佐倉道を通行した記録が残されています。
  監修 葛飾区小菅西自治会 葛飾区」

DSCN0064_202101172032394a4.jpg


○小菅八幡社  葛飾区小菅1-19-11

 水戸橋の架け替えに伴い、旧社殿は取り壊され、新しい石造りの社として再建されています。

DSCN0105_2021011923364485c.jpg

(説明板)
「八幡社とタブの木の大樹について
 小菅の水戸橋付近、綾瀬川沿いに「八幡社」と大きなタブの木がありました。昭和三十年代に造られた「小菅音頭」の歌詞の中にも「月もおぼろの八幡やしろ」と歌われています。この社と大きなタブの木は、綾瀬川のふちに在って舟の往来や行き交う人々を見守ってきました。
 由緒などは不明ですが「水戸佐倉道分間延絵図」に記載されている古い社で、棟札により元禄十三年(一七○○)五月三日第五代将軍綱吉に仕えた柳沢吉保によって、小菅御殿囲内の鎮守として再興されました。第八代将軍吉宗の時代(一七四○年頃)の小菅御殿古図には「八マン」と記載され、鳥居の図が示されています。
 このあたりは、「八幡山」と呼ばれ、小菅一丁目では一番の高台でした。綾瀬川・古隅田川に囲まれた小菅付近は昔からたびたび洪水に見舞われてきましたが、昭和以降の大洪水にも水に浸かることはなかったと言われています。小菅一丁目に大きな被害をもたらした昭和三十四年九月の伊勢湾台風の際にも八幡社に多くの人々が避難したと伝えられています。
 大切に守ってきたこの社は、今般水戸橋の架け替えに伴い、旧社殿は取り壊され、新しい石造りの社として再建されることになりました。
  平成二十二年吉日」

DSCN0103_2021011923364530c.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 小菅史跡関東郡代水戸徳川家水戸街道江戸幕府施設御籾蔵綾瀬川

赤山街道 小菅御殿・御成道・煉瓦製造所

○旧小菅御殿  葛飾区小菅1-35

 東京拘置所の場所にかつて小菅御殿(千住御殿)がありました。赤山街道が増田橋で日光街道に合流しての終点が小菅御殿です。
 正門の横、電話ボックスの後ろの柵の中に、「千住御殿遺物」標柱と、旧小菅御殿石燈籠があります。

DSCN0042_202101172005344c4.jpg

DSCN0041.jpg

DSCN0039_20210117200537999.jpg

DSCN0043_20210117200538262.jpg

DSCN0040_2021011720054040b.jpg

DSCN0038_2021011720054209c.jpg

DSCN0035_20210117200543378.jpg

DSCN0034.jpg

(説明板)
「区登録有形民俗文化財
 旧小菅御殿石燈籠    所 在 地 葛飾区小菅一丁目35番
               登録年月日 平成元年(1989)3月20日
 現在の東京拘置所一帯は、江戸時代前期に幕府直轄地を支配する関東郡代・伊奈忠治の下屋敷が置かれ、将軍鷹狩りや鹿狩りの際の休憩所である御膳所となりました。その後、元文元年(1736)7月、井奈氏屋敷内に小菅御殿(千住御殿)が建てられました。
 寛政4年(1792)小菅御殿は伊奈忠尊の失脚とともに廃止され、跡地は幕府所有地の小菅御囲地となりました。御囲地の一部は、江戸町会所の籾蔵や銭座となり、明治時代に入ると、小菅県庁・小菅煉瓦製造所・小菅監獄が置かれました。
 旧小菅御殿石燈籠は、全高210cmの御影石製で、円柱の上方に縦角形の火袋と日月形をくりぬき、四角形の笠をおき宝珠を頂いています。もとは刻銘があったと思われますが、削られていて由緒は明確でありません。旧御殿内にあったとされるこの石燈籠は、昭和59年(1984)に手水鉢・庭石とともに現在地に移されました。
  葛飾区教育委員会」

DSCN0032_20210117200547dd9.jpg

DSCN0037.jpg

<小菅御殿の変遷>

 元文元年(1736)8代将軍徳川吉宗の命により、鷹狩の際の休憩所として小菅御殿が設けられました。家重の養生所としても利用されました(将軍後継をめぐっての幽閉との説もありますが)。江戸城から小菅御殿へ向かう時は「小菅丸」で隅田川から綾瀬川へ上がり、水戸橋で水戸佐倉道に上陸し、松原通りを通って御殿に入るのが通例であったと考えれています。(小菅御殿へは、水路で行くことができるため、途中に多くのトイレを設ける必要がなく、家重にとっては水路は楽な行程だったと思います。)
 御殿は寛保2(1742)年に失火で焼失しますが翌年再建されます。その後御膳所に格下げされ、寛政4(1792)年、伊奈氏の改易に伴い、寛政6年(1794)に取り壊されました。

 跡地には文化4(1807)年に幕府御籾蔵が、天保3(1832)年に老中松平定信によって江戸町会所の籾蔵が建てられました。
 安政6(1859)年には小菅銭座が設置され、慶応3(1867)年まで鉄銭を鋳造していました。

 明治2(1869)年に小菅県の県庁が置かれ、明治4(1871)年小菅県が廃止されると、明治5(1872)年、日本で最初の洋式煉瓦製造所「盛煉社」が設立されました。英国人技師ウオートルスの指導により、良質の煉瓦を大量に生産できるようになり、小菅の煉瓦製造所は、銀座煉瓦街で使用される煉瓦の供給元となりました。銀座煉瓦街が明治10(1877)年に完成し煉瓦需要が減少し、「盛煉社」は経営困難となり、政府は明治11(1878)年集治監用地として買い上げました。明治12(1879)年4月、内務省直轄の東京集治監が開設され、収容者が煉瓦製造に当たりました。刻印には桜のマークが使用されていました。その後、小菅監獄、小菅刑務所、東京拘置所と変遷しました。所管も内務省→司法省→法務省と変遷しました。


○「小菅御殿と江戸町会所の籾蔵」「東京拘置所と煉瓦工場」

 江戸期に伊奈氏下屋敷、鷹狩の小菅御殿(千住御殿)、小菅御籾蔵、明治期に小菅県庁、小菅煉瓦製造所、小菅監獄と変遷してきました。

「小菅御殿と江戸町会所の籾蔵」
(説明板)
「小菅御殿と江戸町会所の籾蔵
 東京拘置所の広大な土地は、寛永年間(一六二四〜一六四三)徳川家光が時の関東郡代伊奈半十郎忠治に下屋敷建設の敷地として与えた土地(十万八千余坪)で、当時はヨシやアシが茂り、古隅田川のほとりには鶴や鴨が戯れていました。十数代にわたり代官職にあった伊奈氏が寛政四年(一七九二)に失脚するまでの間、八代将軍吉宗公の命により遊猟の御膳所としての「小菅御殿」が造営された場所でもありました。
 寛政六年(一七九四)に取り壊された小菅御殿の広大な跡地の一部に、天保三年(一八三二)十二月江戸町会所の籾蔵が建てられました。その目的は、大飢饉や大水、火災などの不時の災害に備えたもので、老中松平越中守定信の建議によるものでした。
 深川新大橋の東詰に五棟、神田向柳に十二棟、ここ小菅村に六十二棟、江戸筋違橋に四棟の倉庫を建て、毎年七分積金と幕府の補助金とで買い入れた囲籾が貯蔵されていました。小菅に建てられた理由は、江戸市街と違い、火災の心配が少ないこと、綾瀬川の水運に便がよかったこと、もちろん官有地であることも条件の一つであったろうといわれています。
 小菅社倉の建物は敷地が三万七百坪、この建築に要した費用は、三万八千両、まもなく明治維新となり、この土地はすべて明治政府に引き継がれました。」(誤植は修正しました)

DSCN0052.jpg

DSCN0055_20210117201008330.jpg

DSCN0054_20210117201009440.jpg


「東京拘置所と煉瓦工場」

(説明板)
「東京拘置所と煉瓦工場
 明治維新後に籾蔵施設が利用され「小菅県庁舎・小菅仮牢」となり、廃県後は払い下げられ、民営によるわが国最初の洋式煉瓦製造所が設立されました。
 明治五年二月二十六日和田倉門内の元会津藩邸から出火した火災により、銀座、築地は焼け野原と化します。政府の対応は速く、三十日には再建される家屋のすべてが煉瓦造りとされることが決定されます。煉瓦造りの目的は建物の不燃化をはかるだけでなく、横浜から新橋に向かって計画されていた日本最初の鉄道の終点に、西欧に負けない都市を造りあげようという意図もありました。
 明治五年十二月、東京府は川崎八右衛門にその製造をまかせることを決定、川崎はウオートルスに協力を依頼し小菅に新式のホフマン窯を次々と設置し、生産高を増していきます。
 明治十一年内務省が敷地ごと煉瓦製造所を買い上げ、同地に獄舎を建て「小菅監獄」と命名(明治十二年四月東京集治監)、西南戦争で敗れた賊徒多数が収容され煉瓦製造に従事し、図らずも文明開化を担っていきました。東京集治監で養成された優秀な煉瓦技能囚が全国各地に移送され、各地の集治監で製造されることになる囚人煉瓦の最初でもありました。
 小菅で製造された煉瓦は、銀座や丸の内、霞ヶ関の女王である煉瓦建築の旧法務省本館、旧岩崎邸、東京湾の入口に明治時代に建造された海上要塞の第二海堡等に使われ、近代日本の首都東京や文明開化の象徴である煉瓦建物造りに貢献してきたのです。」
DSCN0056_2021011720101169c.jpg

DSCN0059_202101172010126cb.jpg

DSCN0058_20210117201014af9.jpg

DSCN0057a.jpg

DSCN0057_2021011720101722d.jpg


○松原通り(御成道)

 小菅稲荷神社と松原児童遊園の間の道が、松原通り(御成道)です。松原児童遊園の横に、説明板がありました。

(説明板)
「松原通り(御成道)の由来
 関東郡代伊那忠治が小菅村の御用地に構えた屋敷に、度々鷹狩りで立ち寄った二代将軍秀忠は、屋敷の庭から見える富士山に松が似合うと江戸城から一本の若松を持参し、伊奈家の庭に自ら鍬を取って植えました。
 しかし、曇り空で富士山が見えません。そこで、植えたばかりの松の枝に手にしていた白扇を広げ、逆さに飾り富士山と見立てました。それ以来、この松を「末広がりの松」と名付け伊奈家の手で大切に育てられました。
 この由来と育成を知った八代将軍吉宗から褒美に銀五十枚を賜った伊那忠達は、水戸佐倉道から小菅御殿まで数百本の松を植え、立派な道を造りました。
 それから将軍権が御成りになる時は、必ずこの松並木を通り「末広がりの松」を見ながら御殿に入るのが慣わしとなりました。
 この松並木は昭和の時代まで残りましたが、戦争になり松根油を飛行機の燃料にするため、殆どが切り倒され、今では「松原通り」の名前だけが残りました。」
 平成23年度東京都地域の底力再生事業対象事業 管理者:小菅西自治会広報部

DSCN0071_20210117201304506.jpg

DSCN0070_20210117201306008.jpg

DSCN0068_2021011720130768e.jpg

DSCN0069_20210117201308c07.jpg

 松原通りには、お地蔵さまがおられます。

DSCN0279_20210124215951e28.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 赤山街道関東郡代小菅江戸幕府施設御籾蔵煉瓦城址綾瀬川

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR