炎天寺②


○幡勝山 成就院 炎天寺②  足立区六月3-13-20

 炎天寺の石造物を見ていきます。

<札所碑>

 門脇の植栽の裏に札所碑があります。
 「荒綾八十八ヶ所第六十九番 六月村炎天寺」

DSCN5292_20220906203941d00.jpg

DSCN7060_202209062039442d9.jpg


<参道右手の石造物群>

 参道右手に石造物が並んでいます。覆屋が新しくなっています。いくつかピックアップします。

DSCN5297.jpg

DSCN7075_202209062042332c7.jpg

DSCN7074_20220906204236eb4.jpg


<奉読誦普門品一萬巻供養塔>

 天保6(1835)年銘の普門品供養塔です。

DSCN5297b.jpg


<馬頭観世音>

 昭和27(1952)年銘の「馬頭観世音」碑です。

DSCN7061_20220906204426192.jpg


<地蔵立像庚申塔> 足立区文化財

 享保元(1716)年銘の地蔵立像庚申塔です。「奉建立庚申供養」と刻まれています。

DSCN7062_20220906204429ecc.jpg

DSCN7064_20220906204429cf2.jpg

DSCN7063_202209062044329d7.jpg


<聖観音菩薩立像庚申塔> 足立区文化財

 文政4(1821)年銘の聖観音菩薩立像庚申塔です。左脇に「庚申講中」と刻まれています。台石に三猿が見えます。

DSCN7065_20220906204618b3c.jpg

DSCN7068_202209062046213ae.jpg

DSCN7067_20220906204621894.jpg


<覆屋と馬頭観音>

 文化2(1805)年銘の馬頭観音です。

DSCN7053_202209062047216e8.jpg

DSCN7053b.jpg

DSCN7069_202209062047245a4.jpg


<覆屋と板碑> 足立区文化財

 線刻の阿弥陀如来の板碑です。

DSCN7052_20220906204837cc8.jpg


<青面金剛立像庚申塔> 足立区文化財

 貞享3(1686)年銘の青面金剛立像庚申塔です。青面金剛立像の庚申塔としては古いです。池の向こう側にあり、近づけません。

DSCN7087_20220906204840155.jpg

DSCN7070.jpg

DSCN7071_2022090620495203c.jpg


<燈籠型庚申塔> 足立区文化財

 享保17(1732)年銘の燈籠型の庚申塔です。弘法大師像の前にあります。

DSCN6867_20220616222155215.jpg

 (正面)「奉納庚申供養」
DSCN6868_202206162221575d9.jpg

 (左側面)「國土安全」
DSCN6869_202206162221586f0.jpg

 (右側面)「天下泰平」
DSCN6870_20220616222200df7.jpg


【句碑】

「年表 炎天寺と一茶」からの抜粋です。
 1971
  橋本憲吉の「蝉声降りしきれ寺領に子供らに」の句碑建つ。
 1995
  石田波郷の「日洩れては急ぐ落葉や炎天寺」の句碑建つ。
 1995
  石鍋静穂の「施餓鬼会の背に極楽の余り風」の句碑建つ。
 2000
  吉本忠之の「黄銀杏の一茶まつりの子にあまねし」の句碑建つ。

DSCN7076_20220906205333805.jpg


「蝉声降りしきれ 寺領に 子どもらに 憲吉」

 橋本憲吉の句碑。昭和46(1971)年の建立。池辺にあります。

DSCN7079_202209062053367f1.jpg


「日洩れては 急ぐ落葉や 炎天寺 波郷」

 石田波郷の句碑。平成7(1995)年の建立。門の脇にあります。「一茶まつり」は、石田波郷を特別選者に句会を開いたのが始まりです。

DSCN7054_20220906205509c47.jpg


「施餓鬼会の 背に極楽の 余り風 静穂」

 石鍋静穂の句碑。平成7(1995)年の建立。参道左手にあります。

DSCN7073_202209062055126f6.jpg


「黄銀杏の 一茶まつりの 子にあまねし 忠之」

 吉本忠之の句碑。平成12(2000)年の建立。池辺にあります。

DSCN7078_202209062056280c3.jpg


<一茶句碑>

「蝉なくや 六月村の 炎天寺 一茶」

 昭和37(1962)年の建立。

DSCN7081.jpg


「やせ蛙 負けるな一茶 是にあり 一茶」

 昭和38(1963)年の建立。

DSCN7083.jpg

炎天寺①

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場小林一茶源義家

六月一里塚/六月二丁目庚申塔

○六月一里塚 足立区六月1-11・六月2-1

「東都花暦名所案内」

 江戸時代の「東都花暦名所案内」に記されている名所案内の日光道部分です。千住、六月、草加の一里塚が記載されている部分の抜粋です。

hanagoyomiichi.jpg


 六月一里塚は、日本橋から三里の一里塚です。「島根鷲神社前」信号の北辺りが六月一里塚があった場所です。現在、一里塚の痕跡は何もありません。

DSCN9494_20220905215916426.jpg

DSCN9495_202209052159205c6.jpg

DSCN9496_20220905215919feb.jpg


○六月二丁目の庚申塔 足立区六月2-4

 六月一里塚跡の北の信号を西に曲がって進むと、左手の覆屋に二基の庚申塔が祀られています。

DSCN9396_20220905220119ac4.jpg

DSCN9407_20220905220122f8a.jpg


<板碑型庚申塔>

 左は、延宝3(1675)年10月造立の板碑型庚申塔です。
 正面「奉造立庚待二世安樂所」

DSCN9399_202209052203318f3.jpg

DSCN9403_202209052203334f2.jpg


<青面金剛庚申塔>

 右は、天保9(1838)年11月造立の青面金剛庚申塔です。
 左側面「関八州石工司子孫 草加宿 神流斉 青木宗義」

DSCN9398_20220905220436872.jpg

DSCN9406_20220905220439d58.jpg

DSCN9405_20220905220439a33.jpg

DSCN9402_202209052205360b4.jpg

DSCN9404_20220905220539774.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 一里塚庚申板碑

来迎寺(島根)

〇来迎寺 足立区島根3-11-9

 創建は建久6(1195)年と伝えられています。荒綾八十八ヶ所霊場58番札所です。山門と多宝塔は新しく造られています。

DSCN7051_20220903052108754.jpg

DSCN7024_2022090305211168e.jpg

DSCN7025_202209030521111e3.jpg

DSCN7023_20220903052218549.jpg

DSCN7047_20220903052221f71.jpg

DSCN7040_20220903052221eac.jpg

DSCN7041_20220903052224e27.jpg


<子育て地蔵堂>

DSCN7027_2022090305244623c.jpg

DSCN7045_2022090305244986f.jpg

DSCN7044_20220903052449a65.jpg


<庚申塔四基> 足立区文化財

 札所碑と庚申塔四基(足立区文化財)が並んでいます。

DSCN7048_20220903052606f5f.jpg

DSCN7043_20220903052609bde.jpg

DSCN7028.jpg

 一番手前にあるのは、大正12(1923)年銘の札所碑「荒綾八十八ヶ所霊場第五十八番 島根来迎寺」です。

DSCN7031_20220903052723580.jpg

DSCN7032_20220903052726337.jpg

DSCN7033_20220903052729953.jpg

 左から寛文6(1666)年、天和2(1682)年、元禄4(1691)年、正徳3(1713)年の庚申塔です。

DSCN7034_20220903052842282.jpg

DSCN7035_20220903052845a64.jpg

DSCN7036_202209030528459a1.jpg

DSCN7037_2022090305284899e.jpg

(説明板)
「来迎寺(らいこうじ)
 来迎寺は、照凉山阿弥陀院来迎寺といい、真言宗室生寺派の寺院である。創建は建久六年(一一九五)で、天和年間(一六八一〜八四)に尊宥和尚により再建されたと伝わる。荒川辺八十八ヶ所霊場第四十番、荒綾八十八ヶ所霊場第五十八番、新四国八十八ヶ所霊場第四番の札所である。
 来迎寺には多数の石造物がある。その内、長録三年(一四五九)銘の板碑が足立区登録有形文化財、庚申塔四基が足立区登録有形民俗文化財となっている。
 山門を入ったところに四基並んでいる庚申塔は、本堂側から寛文六年(一六六六)、天和二年(一六八二)、元禄四年(一六九一)、正徳三年(一七一三)の銘がある。
(中略 庚申塔の一般的な説明)
 来迎寺の庚申塔は、江戸時代前半に建立された比較的古い形式であり、島根周辺の人々の姿を伝える貴重な文化財である。
  令和三年三月  東京都足立区教育委員会」

DSCN7089.jpg


<稲荷社>

DSCN7042_202209030531005c5.jpg


<弘法大師像>

DSCN7039_20220903053226722.jpg


<本堂>

DSCN7038_2022090305322855d.jpg

DSCN7046_20220903053229bf9.jpg


○蓮花手観音像 足立区島根3-12-7

 来迎寺前の空地に露仏「蓮花手観音像」があります。昭和63(1988)年、来迎寺による建立です。

DSCN7049_20220903053232eb9.jpg

DSCN7050_202209030532322b4.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 荒綾八十八ヶ所霊場

小右衛門稲荷神社/小右衛門富士

○小右衛門稲荷神社(裾引稲荷) 足立区梅島2-24-23

<小右衛門町>

 バス停に小右衛門町の名前が残っています。

DSCN6982_20220729155542d44.jpg

DSCN6981_20220729155539f89.jpg


<新田開発と小右衛門新田>

 足立区立郷土博物館の展示パネルより、小右衛門新田部分の抜粋です。岩槻城主の家臣であった渡辺小右衛門常頓が小右衛門新田を開発しました。

DSCN9585b.jpg

DSCN9585koemon.jpg


<社号標/一の鳥居>

DSCN7022_20220729160744718.jpg

DSCN6990_20220729160747474.jpg

DSCN6992_2022072916074840c.jpg


<お堂と墓地>

 参道の突き当りにお堂と小右衛門町墓地があります。墓地に渡辺小右衛門の墓があります。

DSCN6986_20220729161047d9b.jpg

DSCN6987_20220729161048291.jpg

DSCN6988_2022072916105004c.jpg

 墓地に渡辺小右衛門の墓があります。どの墓石なのかわかりませんでした。

DSCN6983_2022072916105173f.jpg

DSCN6984_2022072916105355a.jpg


<二之鳥居>

 二之鳥居の先に社殿があります。参道の石畳の一部は、途中で社務所に向かい、社務所の前から社殿へと続きます。これが北斗七星の柄杓の杓に見える参道の石畳です。

DSCN6991_2022072916334972d.jpg

DSCN6993_20220729163351785.jpg

DSCN6995_20220729163352cbc.jpg

DSCN7021_20220729163354bb4.jpg

DSCN6994_20220729163356351.jpg

DSCN7004_202207291633577d1.jpg


<手水舎>

DSCN6996_20220729163642c7a.jpg


<燈籠>

 文久2(1862)年銘の石燈籠には、龍が巻きついています。

DSCN7000_20220729163646748.jpg

DSCN7002_20220729163647c7f.jpg

DSCN7020_20220729163648d6f.jpg


<忠魂碑>

 大正12(1923)年3月建立の日露戦役の忠魂碑です。
 「忠魂碑 侯爵西郷従徳書」
 西郷従徳は、西郷隆盛の甥にあたります。

DSCN6997_20220729164139ff8.jpg

DSCN6998_2022072916414029f.jpg

DSCN6999_20220729164141459.jpg


<頌徳碑>

DSCN7003_202207291643406bf.jpg


<神狐>

DSCN7018_20220729164342054.jpg

DSCN7019_2022072916434449f.jpg


<社殿>

DSCN7001_20220729164345e91.jpg

DSCN7015_2022072916434767b.jpg


<掲示>

 「足立の七つ星」

DSCN7017_2022072916434938c.jpg

DSCN7016_20220729164350acb.jpg


「武州足立郡淵江領新田村小右衛門稲荷大明神縁起」

 新田開発の主長・渡部小右衛門常頓は、岩槻の城主に仕えていた武士でしたが、事情があり同僚の高橋伴右衛門を討ち、ひそかに城下を出て、足立郡嶋根に蟄居していました。ある夜霊夢を見ました。高橋伴右衛門の子が父親の敵を探していると神女が告げました。小右衛門は夢から覚めると一匹の白狐がいましたが一声鳴いたと思ったら姿を消していました。小右衛門はお告げに従って翌日に嶋根の東へ屋敷を移し、小右衛門を探しに来た高橋文次郎を返り討ちにしました。元和二(1616)年のことでした。小右衛門は、この地を開発して、新田村と呼ぶことになりました。

DSCN7012_20220729164738b72.jpg

DSCN7013_20220729164740342.jpg


○小右衛門富士

 社殿の右手奥に富士塚と池があります。合目石がありますが、一歩で一合登って10歩で山頂に到着です。

DSCN7005_20220729165030f3d.jpg

DSCN7010_2022072916503272a.jpg

DSCN7006_2022072916503330f.jpg

DSCN7007_202207291650355ec.jpg

DSCN7008_20220729165036e2b.jpg

DSCN7011_20220729165038603.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 富士塚戦役紀念碑

石不動堂・八彦尊道標/明王院(赤不動)

○石不動堂・八彦尊道標 足立区梅田3-18-14

 石不動堂は、明王院不動尊への道標となっていた導き不動のひとつです。旧日光街道沿にあります。

DSCN7410_202206291747262b1.jpg


<地蔵>

 マスクをした地蔵がおられます。南を向いています。

DSCN7404_202206291747277c3.jpg


<標石>

 半分折れて上部が失われている「〜王院」標石です。

DSCN7406_20220629174728cff.jpg


<子育八彦尊道標>

 昭和40(1965)年に再建された道標です。
 「子育弥彦尊道 是より二丁行く」

DSCN7407_2022062917493287e.jpg

DSCN7408_2022062917493402d.jpg

DSCN7409_202206291749352f7.jpg


<石不動堂>

 石造「耳不動尊」が祀られています。台座に「耳不動尊」と刻まれています。

DSCN7405_20220629174938c5e.jpg

DSCN7413_202206291749362f7.jpg


○明王院(赤不動) 足立区梅田4-15-30 HP
 
 「荒綾八十八ヶ所霊場第35番」「荒川辺八十八ヶ所霊場第43番」の札所です。古くから「赤不動」の通称で親しまれています。江戸時代は将軍鷹狩りの御善所となっていました。

「江戸名所図会 梅田天神祠 不動堂 別当明王院」

 絵の右端から「てん神」「不動堂」「弁天」「別当」とあります。挿絵の「てん神」は、本文では天満宮祠として説明されています。

umedatenjin.jpg


「東都花暦名所案内」

 江戸時代の「東都花暦名所案内」に「不動 明王院」が記されています。

totohanagoyomi_2022090202232374c.jpg


<山門>

 山門は日光街道の方向である東に向いています。

DSCN7366_20220629175324359.jpg

(説明板)
「明王院
 当院は山号を萬徳山、寺号を梅林寺と号する真言宗豊山派の寺院である。本尊は感得不動明王で、古くから「赤不動」の通称でい親しまれている。元禄六年(一六九三)に編まれた「明王院縁起」によれば、当院の草創は源為義三男の義広が、近隣の榎戸に祈願所を建立したことにあると伝わる。
 当院には、南北朝時代の応安二年(一三六九)、院派仏師院秀が制作した旨の像内銘がある木造如意輪観世音菩薩坐像が伝来する(東京都指定有形文化財)。また正和三年(一三一四)、暦応五年(一三四二)、嘉吉二年(一四四二)の年号を刻んだ中世石造供養塔である板碑三基(足立区登録文化財)も保管されている。
 江戸時代には、寺領十三石を将軍から下され、将軍鷹狩りの休息場所である御膳所になった。宝暦九年(一七九五)作成で、享保八年(一七二三)から元文五年(一七四○)にわたる将軍御成りの記録である「御成先御膳所記録」(明王院文書足立区登録文化財)が伝わる。
 安政二年(一八五五)に和算家小泉伝蔵(寧夫)の門人遊馬繁右衛門が幾何学の問題を掲げた算額(足立区登録有形文化財)も伝わっており、寧夫の説いた和算の奥義を記す石碑も境内に建立されている。また当院には、咳に効験があると言われる八彦尊等が祀られている。
  平成二十六年三月  足立区教育委員会」

DSCN7372_20220629175325e77.jpg


<足立区保存樹林>

 境内の約3分の1が足立区保存樹林に指定(指定第六号)されています。

DSCN7417_20220629175434881.jpg

DSCN7402_202206291754356c5.jpg

DSCN7433_20220629175437f6e.jpg

DSCN7403_20220629175438fc4.jpg


<手水舎>

DSCN7367_20220629175618695.jpg


<庭園>

DSCN7415_202206291756205a9.jpg

DSCN7369_2022062917562190f.jpg


<回向堂>

 平成19(2007)年に再建の回向堂です。不動三尊を本尊としてお祀りしています。

DSCN7418_20220629175623bd8.jpg


<不動堂(本堂)>

 朱塗りの堂宇は、その姿から「赤不動」と呼ばれました。現在の不動堂(本堂)は、昭和48(1973)年の再建です。本尊の感得不動明王や如意輪観音(東京都文化財)などをお祀りしています。

DSCN7416_20220629175811745.jpg

DSCN7435_202206291758131eb.jpg

DSCN7401_202206291758144ee.jpg


<不動明王像道標>

 文政3(1820)年銘の不動明王像道標です。
 (正面)不動明王立像 「感得 不動尊道」

DSCN7422_202206291805013c1.jpg

DSCN7370_20220629180504a81.jpg

DSCN7371_202206291805054fd.jpg

DSCN7421_20220629180507c4b.jpg

DSCN7420_2022062918050897f.jpg

 (右面)「これより三丁」

DSCN7419_202206291805092c7.jpg


<八彦尊>

 咳に効験があると言われる八彦尊が祀られています。

DSCN7374_2022062918073937f.jpg

DSCN7375_2022062918074127e.jpg

DSCN7378_2022062918074219e.jpg


<閻魔堂>

 八彦尊の左に「閻魔堂」があります。荒綾八十八ヶ所霊場第三十五番の御詠歌が奉納されています。

DSCN7379_202206291807432b5.jpg

DSCN7380_202206291807448fc.jpg


<宝塔>

 明治17(1884)年銘の「弘法大師 與教大師」宝塔です。
 江戸名所図会に参道の左手に宝塔が見えるので、再建でしょうか。

DSCN7382_2022062918101077d.jpg

DSCN7430_20220629181011ead.jpg

DSCN7432_202206291810121fe.jpg


<鐘楼>

 立派な鐘楼です。宝塔が小さく見えます。

DSCN7385_20220629181059c09.jpg


<天満宮>

 かつては、寺の北側の通称「天神山」と呼ばれた小山に鎮座していました。

DSCN7397_2022062918191469a.jpg

DSCN7391_202206291819153aa.jpg

umedatenjin2.jpg

 天満宮の後ろのフェンスの向こう側に石畳が続いており、その先の森が天神山でしょうか。

DSCN7436_20220629181918e5f.jpg


<小泉寧夫先生算法碑> 足立区文化財

 和算家小泉伝蔵(寧夫)の説いた和算の奥義を記す石碑「小泉寧夫先生算法碑」が天満宮の左手にあります。

DSCN7389_20220629182117937.jpg

DSCN7388_20220629182118fc1.jpg

DSCN7394_202206291821201b5.jpg

DSCN7390_202206291821218d7.jpg

DSCN7395_202206291821236d6.jpg

DSCN7396_20220629182125e31.jpg


<弁天社>

 江戸名所図会に描かれている弁天社です。

DSCN7400_20220629182355463.jpg

DSCN7398_202206291823560e9.jpg

DSCN7399_20220629182358de8.jpg

DSCN7434_2022062918240049d.jpg

benten_20220629182401d9b.jpg


<牛頭観世音>

 「南足立牛乳生産組合員」が昭和15(1940)年に建立した「牛頭観世音」です。馬頭観世音ではなく牛頭観世音が建っていることにかつての土地柄が伺えます。

DSCN7386_20220629182637cb4.jpg

DSCN7387_2022062918263859a.jpg

DSCN7423_20220629182641218.jpg

DSCN7424_20220629182643aa9.jpg


<延命地蔵尊など>

DSCN7383_20220629183618d31.jpg


<無縁佛並旧不動堂礎石>

 無縁塔は、旧不動礎石が活用されているようです。

DSCN7384_20220629183621e76.jpg

DSCN7425_202206291836235e4.jpg


<力石>

 墓地入口に入って石テーブルと石イスの両脇に、力石が三基ずつ、合計六基あります。

DSCN7429_20220629183757583.jpg

DSCN7427_20220629183758054.jpg

DSCN7428_20220629183800532.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会荒綾八十八ヶ所霊場力石

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
北 (8)
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR