大田原市上石上 健良の湯 温泉神社

 栃木行、主な行程
  大田原市上石上「健良の湯」湧出地を見学、温泉神社に寄る。
  宇都野の大日如来像と嶽山箒根神社奥の院へ。
  県道56号経由で塩原温泉へ。次いで矢板温泉へ向かい入浴。


〇健良の湯 大田原市上石上字東山2056番3

 2021年6月21日、温泉審議会で動力許可が出た申請地です。
 広大な空き地です。
 源泉名「健良の湯」(単純温泉)

 答申意見には、「本件は、大田原市上石上字東山2056番3の源泉「健良の湯」に動力装置を設置して、宿泊施設及び日帰り温泉施設利用者の浴用に供するものであり、特に支障ないと判断されるため、許可答申とする。」とありました。

DSCN5011_20210621194202cd2.jpg

DSCN5015_202106242338204b6.jpg

DSCN5014_20210624233822176.jpg

DSCN5012_20210621194204d36.jpg

DSCN5013_2021062423382528d.jpg


○上石上温泉神社 大田原市上石上1555-2

 上石上の温泉神社に寄りました。

<城鍬舞>

 温泉神社に奉納される城鍬舞が大田原市の文化財に指定されています。

(説明板)
「栃木県指定無形民俗文化財 昭和52年7月29日指定
 城鍬舞  城鍬舞保存会
 天文14年(1545)大田原資清は、大田原城を築いた。この築城には付近六か村の農民が工役した。城が完成すると資清は、彼らの労をねげらうために酒宴をもうけた。この時、石神村(現大田原市上石上)の農夫で藤兵衛という者が、酔いに乗じて手にした鋤鍬を持って舞い出した。周りの者も鍬を叩いてこれを囃したてた。これが資清の興味を引き、以来吉例として毎年正月に藤兵衛らを城中に召し、これを演じさせた。当初は一定の方式もなかったが、次第に無踊化し伝承され今日の姿となった。
 城鍬舞は、形振(扇取)1名、横笛4~5名、鍬叩き12名(少女)、太鼓打2名、旗持1名で構成される。
 毎年、温泉神社の秋の例祭時(10月第2日曜日)に奉納される。」

DSCN5016_202106242343385ec.jpg

DSCN5018_202106242343393af.jpg


<石鳥居/参道>

DSCN5044_20210624234340d6f.jpg

DSCN5017_20210624234342471.jpg

DSCN5019_20210624234343ffd.jpg

DSCN5043_20210624234345990.jpg


<温泉神社経営之碑>

 温泉神社の由来が記されています。大正7年9月建碑。

DSCN5039_20210624234545708.jpg

DSCN5038_20210624234547d05.jpg


<温泉神社碑>

 寄進者のお名前が記銘されています。台石が大きな碑です。大正11年10月建碑。

DSCN5032_20210624234638d75.jpg

DSCN5031_202106242346402d3.jpg


<不明>

DSCN5033_20210624234641320.jpg


<水盤>

DSCN5042_20210624234756b36.jpg


<庚申塔>

DSCN5022_20210624234758478.jpg

DSCN5023_2021062423475938b.jpg

DSCN5024_20210624234801f1b.jpg


<熊野山>

DSCN5025_20210624234918cd5.jpg


<大黒天像>

DSCN5026_202106242349204ea.jpg

DSCN5027_20210624234921a6d.jpg


<狛犬>

 大正11年7月建立。

DSCN5029.jpg

DSCN5040_20210624235140d9b.jpg

DSCN5030_20210624235141506.jpg

DSCN5041_202106242351425d5.jpg


<拝殿/本殿>

DSCN5028_20210624235257926.jpg

DSCN5034_20210624235258c61.jpg

DSCN5035_20210624235259d4a.jpg

DSCN5037_20210624235301d99.jpg

DSCN5036_20210624235302988.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

芭蕉の館

黒羽芭蕉の館 大田原市前田980-1

 県民の日の無料開放で利用しました。

DSCN2518.jpg

DSCN2527.jpg

DSCN2528.jpg

DSCN2540.jpg

DSCN2551.jpg

DSCN2529.jpg


<馬上姿の芭蕉翁と曾良の像>

DSCN2533.jpg

DSCN2535.jpg

DSCN2536.jpg

DSCN2541.jpg

DSCN2539.jpg

DSCN2539a.jpg

(碑文)
 「那須の黒羽といふという所に知人あれば」とて松尾芭蕉は『おくのほそ道』行脚の途次黒羽を訪れた。
 元禄二年四月三日のことである
 途中那須野路にさしかかった折、草刈る男に馬を借りた。
 その跡慕う小姫を曾良は
   かさねとは八重撫子の名なるべし
 と詠んでいる。
 翁は浄法寺図書、鹿子畑翠桃兄弟の厚遇を受け、十三泊十四日の長期逗留の間に、郊外に逍遥しては歴史・傳統の地を尋ね寺社に詣でて句を残し、あるいは地元俳人たちと歌仙の興行があるなどして、心楽しい日々を過ごした。
 そうして黒羽を立った日に
    野を横に馬牽むけよほとゝぎす
 の馬上吟があった。これらのことに因み、ここに馬上姿の芭蕉翁と曾良の像を建立し、千歳の形見として敬仰するものである。
     平成元年十月二十一日
       黒羽町 芭蕉像をつくる会
         国画会会員 
       制作 関谷 光生
      誇れるまつづくり委員会会長
       撰文 蓮実 彊 」

※撰文の蓮実彊氏は、芭蕉の館館長だった方。蓮実長氏、蓮実彊氏、蓮実淳夫氏と、芭蕉に造詣深かった方。
 「那須郡誌」(蓮実長 下野新聞社 1970)
 「下野のおくのほそ道を歩く 芭蕉が旅した古道をゆく」(蓮実淳夫 桑野正光 随想舎 2000/7)

DSCN2531.jpg


<奥の細道文学碑>

DSCN2537.jpg

(碑文)
「那須の黒ばねと云所に知人あれば、是より野越にかゝりて、直道をゆかんとす。
 遥に一村を見かけて行に、雨降日暮る。農夫の家に一夜をかりて、明れば又野中を行。
 そこに野飼の馬あり。草刈おのこになげきよれば、野夫といへども、さすがに情しらぬには非ず。
 「いかヾすべきや。されども此野は縦横にわかれて、うゐうゐ敷旅人の道ふみたがえん、
 あやしう侍れば、此馬のとヾまる所にて馬を返し給へ」とかし侍ぬ。
 ちいさき者ふたり、馬の跡したひてはしる。独は小姫にて、名を「かさね」と云。
 聞なれぬ名のやさしかりければ、

    かさねとは八重撫子の名成べし 曾良

 頓て人里に至れば、あたひを鞍つぼに結付て馬を返しぬ。

   松尾芭蕉
      「おくの細みち」より」


DSCN2546.jpg

DSCN2547.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 松尾芭蕉曾良銅像

芭蕉の道

〇芭蕉の道 大田原市前田

 大雄寺の参道付近から浄法寺桃雪邸跡を経て芭蕉の広場へと続く約800メートルの遊歩道です。

DSCN2579.jpg

DSCN2578.jpg

DSCN2574.jpg

DSCN2556a.jpg

DSCN2522.jpg

DSCN2523.jpg


<芭蕉句碑> 4基
DSCN2543.jpg


<芭蕉の道入口>

 「行春や 鳥啼き魚の 目は泪」

DSCN2576.jpg


<浄法寺桃雪邸跡>

 「山も庭も 動き入るや 夏座敷」

DSCN2572.jpg

 桃雪や曾良の句も刻まれています。
 「雨はれて栗の花咲跡見かな 桃雪
  いづれの草に啼おつる蝉  等躬
  夕食くふ賊が外面に月出て 芭蕉
  秋来にけりと布たぐる也   曾良」

DSCN2566.jpg


<芭蕉の道(黒門跡)>

 「田や麦や 中にも夏の ほとヽぎす」

DSCN2519.jpg

DSCN2520.jpg


<芭蕉の広場>

 「鶴鳴や 其声に芭蕉 やれぬべし」

DSCN2553.jpg

DSCN2524.jpg

PCサイト更新済

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 松尾芭蕉曾良

旧浄法寺邸

〇旧浄法寺邸

 県民の日は、邸内で湯茶の接待をやっていて、声をかけていただいたので、中へ入りました。
 中に入るのは初めてです。

DSCN2559.jpg

DSCN2564.jpg

DSCN2563.jpg

DSCN2561.jpg

「賀浄法寺氏新築 三田地山」
 邸内に掲げてあった書。

DSCN2562.jpg

旧浄法寺邸の真裏から行くと、あまり歩かずに行けます。


DSCN2585.jpg

DSCN2586.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 松尾芭蕉

那須与一伝承館

○那須与一伝承館 大田原市南金丸1584-6

 県民の日の無料開放で利用しました。

DSCN2493b.jpg

DSCN2512.jpg

DSCN2485a.jpg

DSCN2485.jpg

 <下野ゆかりの刀>
  テーマ展「下野ゆかりの刀」(2019年4月27日~6月23日)
   太刀銘成高(国の重要文化財)
    与一が扇の的を射た際、身に着けていたとされる太刀。
   綾包太刀拵(国の重要文化財)
    太刀銘成高の拵。与一が扇の的を射た際、身に着けていたとされる。
   伝弘綱(栃木県指定文化財)
    与一が奉納したとされる刀。
   江戸時代には徳川8代将軍、吉宗が上覧したといわています。

DSCN2509.jpg

DSCN2508b.jpg

DSCN2508a.jpg

<からくり人形劇>

DSCN2492.jpg

DSCN2492b.jpg

DSCN2512b.jpg

<一鏑優萬朶>
  「一鏑優萬朶」(いってきばんだにまさる)
  与一三十六世隆謹書と書かれています。
  那須家ご当主、36代の那須隆氏の書です。
  現在は37代目ご当主、那須正美氏(仙台市)。与一伝承館の名誉館長。

DSCN2491.jpg

DSCN2490.jpg

<パンフレット>
  展示物は撮影禁止のため、パンフレットを撮影。


DSCN2507.jpg

DSCN2505.jpg

DSCN2505a.jpg

 PCサイトも更新しました

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 那須与一国重要文化財

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR