弥勒寺橋跡 五間堀跡

○弥勒寺橋跡 江東区森下1-18

 墨田区千歳と江東区森下の境の江東区側に、説明板「弥勒寺橋跡」が設置されています。

DSCN8848_20230629155715007.jpg

DSCN8849_20230629155717052.jpg


<江戸名所図会 本所 弥勒寺>

 弥勒寺の前に「竪川二の橋通り」と注記があります。現在の清澄通りです。
 直角に曲がる五間堀川に「弥勒寺橋」(注記)が架かっています。

mirokudera.jpg

zuemirokuterabashi.jpg


<江戸切絵図>

 「六間堀」「五間堀」「弥勒寺ハシ」「彌勒寺」が見えます。「六間堀」は竪川と小名木川を結んでおり、「五間堀」は「六間堀」から分かれた堀です。
 江戸切絵図に描かれている弥勒寺は、弥勒寺橋の北詰にありますが、現在はかなり寺地が狭くなっていて、五間堀公園のもっと北に本堂があります。

mirokubashi.jpg


<弥勒寺橋跡>

(説明板)
「弥勒寺橋跡
 弥勒寺橋は六間堀からわかれる五間堀にかけられていた橋です。この橋の初見は寛文一一年(一六七一)の江戸図で、江戸時代前期には、すでに架橋されていたことがわかります。
 弥勒寺橋という名称は、橋の北東に真言宗弥勒寺があったことに由来します。しかし、弥勒寺は、元禄二年(一六八九)に本所へ移ってきたので、弥勒寺橋と呼ばれるようになったのはそれ以降のことと考えられます。
 五間堀は、昭和一一年(一九三六)・昭和三○年の二度の埋め立て許可により、全て埋め立てられ、その後弥勒寺橋も廃橋となりました。
  平成十二年八月  江東区」

DSCN8846_20230629155720695.jpg

(参考)弥勒寺(こちらで記載


○五間堀跡 江東区森下2-30-7 五間堀公園

 五間堀公園は五間堀跡に造られた公園です。公園の中央が江東区と墨田区との境界となっています。令和5(2023)年1月下旬までの改修工事が終わっています。

DSCN9038_20230629160736edb.jpg

DSCN9037_202306291607381e0.jpg

DSCN9031_20230629160740f92.jpg

DSCN9034_202306291607406dc.jpg

DSCN9036_20230629160742718.jpg

DSCN9040_20230629160744610.jpg

 開園当時(昭和17年)の五間堀公園(説明板より抜粋)
DSCN9036b.jpg


<五間堀跡>

(説明板)
「江東区登録史跡 五間堀跡
   江東区森下一−一七−三−一三
 五間堀は小名木川と堅川を結ぶ六間堀からわかれる入堀です。五間堀という名称は川幅が五間(約九m)であるところから付けられ、六間堀とともに江戸時代から重要な水路でした。
 五間堀の初見は寛文一一年(一六七一)の江戸図で、六間堀とともに記載されており、五間堀が開削された時期は、明暦の大火(一六五七)によって付近一帯の再開発がなされた万治年間(一六五八〜六○)ころか、それ以前と考えられます。
 五間堀は江戸時代には富川町(森下三)までで堀留となっていましたが、明治八年(一八七五)、付近の地主であった元尾張藩主徳川義宜により掘りすすめられ、明治一○年(一八七七)ころに小名木川まで貫通しました。
 昭和一一年(一九三六)・昭和三○年の二度の埋め立てにより、現在、五間堀は全て埋め立てられています。
  平成一二年三月  江東区教育委員会」

DSCN9032_20230629160937fc6.jpg


「江戸切絵図」

 説明板に掲示部分の抜粋です。

kiriezuhukagawa_2023062916093989e.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会

伊藤左千夫牧舎兼住居跡と歌碑

○伊藤左千夫牧舎兼住居跡と歌碑 墨田区江東橋3-14-6

 錦糸町駅南口のロータリーに、説明板「伊藤左千夫牧舎兼住居跡」と「伊藤左千夫歌碑」があります。

DSCN3279_202203271313229f3.jpg


(説明板)
「伊藤左千夫牧舎兼住居跡  所在地 墨田区江東橋3-13
 この地には、明治時代の歌人で小説家としても活躍した伊藤左千夫の牧舎と住居がありました。
 左千夫(本名幸次郎)は、元治元年(一八六四)八月十八日、上総国武射郡殿台村(現在の千葉県山武市)に生まれました。明治十八年(一八八五)から、東京や神奈川の七か所の牧場に勤めて酪農の知識を深めました。明治二十二年二十五歳のとき本所区茅場町三丁目十八番地(現在地)の牧舎と乳牛三頭を購入し、四畳半一間と土間のついた仮小屋を建て、乳牛改良社(茅の舎、デポン舎とも称した)を開業しました。随想『家庭小言』には開業当時の様子について、毎日十八時間の労働をしたことや、同業者の中で第一の勤勉家という評を得たことなどが書かれています。
 左千夫が歌の世界に入ったのは、明治二十六年ごろ同業の伊藤並根から茶道や和歌を学んだことがきっかけでした。明治三十三年三十七歳の頃には正岡子規の門下生となり、根岸派の有力な歌人として多くの作品を発表しました。また、子規没後の明治三十六年には、機関誌『馬酔木』を創刊。明治四十一年には後継誌『阿羅々木』(のちに『アララギ』と改題)を創刊して根岸派、アララギ派の中心となり、島木赤彦、斎藤茂吉など多くの歌人を輩出しました。小説では処女作でもある『野菊の墓』が知られています。この作品は政夫と民子の青春、悲恋を描き、近代文学の名作として読み継がれています。
 この地は低地で湿地が多く、水害がたびたび発生しました。写生文『水害雑録』には、明治四十三年八月十二日の水害時における家族や乳牛の避難といった当時の苦労が記されています。経営の問題から、明治四十五年に南葛飾郡大島町(現在の江東区大島)に牧舎を移し、程なくして茶室「唯真閣」(現在は千葉県山武市に移築)を残して家族とともに転居しました。大正二年(一九一三)七月三十日五十歳で没しました。
 隣に立つ「よき日には」の碑は、昭和五十八年(一九八三)に「伊藤左千夫記念会」が建てたものです。刻まれている歌は明治四十一年十月『阿羅々木第一巻第一號』の「心の動き二」に掲載した一首で、家で遊ぶ子供たちの様子を詠んだ作品です。親として子供に寄せる左千夫の思いがうかがわれます。
  平成二十四年三月  墨田区教育委員会」

DSCN3276_20220327131450772.jpg


「左千夫と牛(本所茅場町牧社にて)」

DSCN3277_20220327131452834.jpg


「本所茅場町の牛舎」

DSCN3275b.jpg


<伊藤左千夫歌碑>

 「よき日には 庭にゆさぶり 雨の日は 家とよもして 児等が遊ぶも 左千夫」

DSCN3278_20220327131627685.jpg

DSCN3279a.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 伊藤左千夫

伊藤左千夫宅跡(終焉の地) 史跡

○伊藤左千夫宅跡(終焉の地)江東区史跡 江東区大島6-1

 UR大島6丁目団地は、伊藤左千夫終焉の地です。中央広場の時計塔の下部に伊藤左千夫の歌碑がはめられています。伊藤左千夫終焉の地を記念して左千夫記念会が、昭和55(1980)年7月に建てました。左千夫の門人の土屋文明の揮毫です。

DSCN3290_20220327132701e68.jpg

DSCN3291_202203271327026f7.jpg

DSCN3289_20220327132704ff9.jpg

DSCN3288_20220327132834027.jpg

DSCN3281_20220327132835810.jpg

DSCN3285_2022032713283763d.jpg


<歌碑>

 「 左千夫
  朝起きてまだ飯前のしばらくを
  小庭に出でて春の土踏む
   大正二年七月三十日
   伊藤左千夫この地に没す
        左千夫記念會」

 『アララギ』(大正2年3月1日)に掲載された歌です。

DSCN3284_20220327133018b8b.jpg

DSCN3286_20220327133020040.jpg

DSCN3282_20220327133021fb3.jpg


○伊藤左千夫歌碑 江東区大島3-22-1

 都立城東高等学校の北の歩道に面して伊藤左千夫の歌碑(昭和54(1979)年建立)があります。竪川人道橋南詰のすぐ近くです。

DSCN3304_20220327132002691.jpg

DSCN3292_2022032713200617f.jpg

DSCN3299_20220327132007d46.jpg

DSCN3296_20220327132105f54.jpg

DSCN3297_202203271321068ce.jpg

DSCN3300_20220327132108e05.jpg


<歌碑>

(碑表)
 「竪川に牛飼ふ家や楓萌え木蓮花咲き児牛遊べり
  左千夫作 門人文明しるす」

DSCN3294_2022032713221761a.jpg

DSCN3305_2022032713221990e.jpg
   

(碑陰)
「伊藤左千夫先生
 先生は元治元年千葉県成東町の生まれ、本名幸次郎、明治二十二年より、本所茅場町(現錦糸町駅前)にて牛乳搾取業を営む。明治三十三年子規に入門し、その没後根岸短歌会の中心として活躍、その歌柄は大きく独自の万葉調を樹立、赤彦・茂吉・千樫・文明らを育て、アララギ派興隆の基礎を作る。万葉集研究・歌論のほか小説の筆をとり、『野菊の墓』ほかの作品がある。
 大正元年五月、府下大島町字亀戸九○二(現大島六丁目一番)に牛舎を移し、翌二年三月には住居も移したが、同年七月三十日に急逝した。享年五十歳。
 碑の歌は明治四十年発表の「勾王日記、四月十七日」の中にあり、牝牛の誕生を「家こそりてほき悦ふ」という文に続いている。
 先生終焉の地の近くに城東高校が創設され、これを機に歌碑建立の話が進み、全国にわたる多くの方々の協力、土屋文明先生の御支援を得て完成した。

DSCN3303_202203271325033a0.jpg

※伊東左千夫の墓は普門院(亀戸)にあり、こちらで記載

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 伊藤左千夫史跡竪川亀戸

五之橋(竪川)

○五之橋(江東区史跡) 江東区亀戸1・6丁目〜大島2・3丁目

 暗渠となっている竪川に架かる明治通りの「五之橋」です。

DSCN3116_20220402134148631.jpg

<五の橋親柱>

DSCN3074_202204021341495ff.jpg

DSCN3108_2022040213415155a.jpg


<五之橋> 江東区亀戸6-1

 五之橋北詰に五之橋の説明プレート(逆三角形)があります。堅川は、万治2年(1659年)本所築立奉公であった徳山五兵衛重政及び山崎四郎左衛門が、大横川、横十間川と共に新田開発を目的として開削した用水路とのこと。

(プレート文)
「五之橋
 五之橋の下を流れる堅川は、万治2年(1659年)本所築立奉公であった徳山五兵衛重政及び山崎四郎左衛門が、大横川、横十間川と共に新田開発を目的として開削した用水路であった。
 堅川の開削に合わせ西の方から、一之橋を始めとして五つの橋が架けられた。当時この付近は、畑地が多く人の往来も少なかった。
 御府内備考によれば、「御人用無益之場所」として、貞享元年(1684年)本橋は取り払われ船渡しとなったと言われている。
 元禄8年(1695年)五百羅漢寺が建立されたため、この渡しを利用する者も多くなり、「羅漢の渡し」や「五ツ目の渡し」と呼ばれ人々に親しまれてきた。
 その後、明治12年(1879年)に本橋が架けられたが大正12年の大震災により落橋した。
 震災復興により昭和3年本橋は鋼橋に架け替えられた。
 戦災にも耐えた本橋は老朽化により、昭和50年再度架け替えられた。
 親柱は震災復興記念として現在も残されている。
 亀戸、大島地域の発展に大きな役割を果たしたこの橋は、昭和63年東京都著名橋に指定された。
  平成4年3月」

DSCN3107_20220402134456296.jpg

DSCN3197_20220402134458fe8.jpg

DSCN3099_20220402134459fa3.jpg


<石のベンチにプレート> 江東区亀戸6-1

 石のベンチに3つのプレートがあります。

DSCN3200_20220402134701fcb.jpg


<本所猿江亀戸村辺繪図>

 嘉永4(1851)年の地図が掲示されています。〇の所が現在の五之橋です。「五ツ目渡シ場」とあります。右手に「五百羅漢寺」があります。小名木川河口に「中川御番所」とあります。

DSCN3102_20220402134703e52.jpg

DSCN3199_202204021347046d4.jpg


<江戸名所図会 五百羅漢さざゐ堂>

「江戸名所図会 五百羅漢さざゐ堂」の抜粋を掲示しています。

DSCN3101_20220402135029bdd.jpg


「江戸名所図会 五百羅漢さざゐ堂」から、プレート掲示部分の抜粋です。

meisyozuesazaidou.jpg


「江戸名所図会 五百羅漢さざゐ堂」(3枚連結の全体)

gohyakurakan.jpg


<伊藤左千夫歌碑> 江東区亀戸6-1

 伊藤左千夫の短歌のプレートがあります。
 「竪川の野菊の宿は初芽すぎ二の芽摘むべく群れ生ひにけり 伊藤左千夫」
 伊藤左千夫は、乳業店で働いた後、明治22(1889)年独立して、錦糸町に牛舎を建て牛乳の製造販売を始めています。

DSCN3100_202204021400048d2.jpg


<旧千葉街道道標> 江東区亀戸6-1

 「五之橋」北詰に「旧千葉街道」道標があります。

(石碑文)

「旧千葉街道は両国橋から堅川の北岸沿いに東へ通じ千葉方面にいたり江戸時代から佐倉道と称し江戸と千葉方面を結ぶ重要な陸路であったが明治時代からの市区改正事業などにより現在の国鉄総武線に沿った新しい千葉街道が建設されるにいたった。
  昭和三十三年十月一日 江東区第十七号」

DSCN3103_20220402140713cdc.jpg

DSCN3104_20220402140715acf.jpg

DSCN3105_202204021407162b0.jpg

DSCN3106_2022040214071740a.jpg


<亀戸大根銘鈑> 江東区亀戸6-1

 「亀」の形をした「亀の字」と「大根」の形をした「戸の字」を組み合わせた亀戸大根の銘鈑が、街路灯の柱にあります。

DSCN3115_20220402140855772.jpg


<寛永通宝のベンチ> 江東区亀戸1-27

 石のベンチの背もたれに「寛永通宝」のオブジェが埋め込まれています。ベンチの反対側には、「寛永通宝」の裏面が埋め込まれています。
 江戸時代、今の亀戸3丁目にあった「銭座」では「寛永通宝」が鋳造されていました。これにちなんで寛永通宝をかたどったベンチでしょう。ちなみに五渡亭園の噴水も寛永通宝をかたどっています。

DSCN3073_20220402141032475.jpg

DSCN3076_20220402141035cbd.jpg


<大田区の電柱> 江東区亀戸1-27

 「車は急に止まれない 交通安全宣言 大田区」
 なぜか電柱に大田区の掲示です。

DSCN3081_202204021410374aa.jpg


<五之橋南詰公衆トイレ> 江東区大島2-31-1

 トイレの壁には「亀戸藤乃景」(香蝶楼豊国)

DSCN3160_202204021412221fb.jpg

DSCN3161_20220402141223ee6.jpg

DSCN3202_20220402141225f16.jpg


「亀戸藤乃景」(香蝶楼豊国 国立国会図書館蔵)

kameidofuji.jpg


<三代・歌川豊国(五渡亭国貞)生誕の地・浮世絵ギャラリー>

 五の橋を歩いて見るギャラリーです。五渡亭国貞の役者絵と美人画が14枚掲示されています。

DSCN3077_20220402141438276.jpg

DSCN3075_202204021414400aa.jpg

DSCN3078_20220402141441904.jpg

DSCN3079_202204021414438c9.jpg

DSCN3083_202204021414445a2.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 竪川新田開発亀戸江戸名所図会伊藤左千夫史跡

三代豊国五渡亭園

○竪川河川敷公園 江東区大島〜亀戸 HP

 竪川河川敷公園は、首都高速道路7号線の高架下にある延長2.4kmの江東区立の公園です。竪川河川敷公園の中に、「三代豊国 五渡亭園」があります。

DSCN3098_20220402131327a28.jpg

DSCN3194_2022040213132870a.jpg


<東屋と人力車>

 東屋の脇に「人力車」が展示されています。

(説明板)
 「人力車
  五の橋豊国通り商店会が、地域振興のために、平成24年に職人に製作を依頼したものです。」

DSCN3096_202204021315269c5.jpg

DSCN3097_20220402131527329.jpg


○三代豊国五渡亭園 江東区亀戸6 五ノ橋豊国通り商店会 HP

 三代歌川豊国が五ノ橋際に住んでいたことにちなんで作られた庭園です。浮世絵ギャラリーや「朱塗りの太鼓橋」、「かわらぬ恋の池」などがあります。

DSCN3114_2022040213174531e.jpg

DSCN3196_202204021317478fc.jpg


<三代目歌川豊国の生地>

(説明板)
「三代目 歌川豊国の生地
 三代目歌川豊国は江戸時代後期の浮世絵師。初代豊国の高弟ではじめは国貞と名乗り、のちに豊国を襲名する。本名を角田庄五郎と称し、天明六年(一七八六)に本所五ッ目(亀戸五・六丁目付近)で生まれる。五渡亭、一雄斉、香蝶楼など多くの画号があり、とくに五渡亭を一番長く愛用した。その名の由来は、本所五ッ目に居を構え、竪川にかかる五ッ目の渡し船の株をもっていたことに因んで、天明期を代表する狂歌師大田南畝(蜀山人)から贈られたという。のち亀戸町に転居し、生涯を亀戸周辺で過ごした。
 豊国は文化・文政期(一八〇四〜一八三〇)を代表する浮世絵師として、美人画・役者絵など多彩なジャンルで活躍した。なかでも柳亭種彦の合本『偐紫田舍源氏』では、挿絵を担当し大人気を得る。この作品をきっかけに源氏物語の世界観を描く「源氏絵」のジャンルを確立し、当時の歌舞伎にも影響を与えた。
 その活躍期間は長く、江戸時代の浮世絵師のなかでも最多の作品数をほこる。元治元年(一八六四)に七九歳で死去。墓所は亀戸光明寺(亀戸三‐四ニ‐一)にある。
(歌川豊国「江戸名所 百人美女 五百羅かん」を掲示)  江東区」
(※墓所のある光明寺について、こちらで記載

DSCN3092_20220402131952385.jpg

DSCN3095_20220402131953fcc.jpg


「江戸名所 百人美女 五百羅かん」(歌川豊国 国立国会図書館蔵)

toyokunigohyakurakan.jpg

 ※「歌川豊国翁之碑」(江東区文化財)が亀戸天神にあります。こちらで記載


<朱塗りの太鼓橋>

DSCN3109_202204021322597e5.jpg

DSCN3193_20220402132300e10.jpg

DSCN3110_20220402132302933.jpg


<かわらぬ恋の池(鯉の池)>

 江戸時代、亀戸あたりでは江戸城の瓦を造っていました。と鯉をかけて「かわらぬ恋の池」と名付けられています。

(説明板)
 「「竪川と瓦」
  この竪川沿いでは良い粘土が採れたことから、瓦職人が多く住み、江戸城の瓦も焼かれました。
 その名残として亀戸の一部地区では「上瓦」と染めた祭り半纏を着用しています。
 地元の方々は、池に棲む鯉とかけて「かわらぬ恋の池」と呼んでいます。」

DSCN3112_20220402132610855.jpg

DSCN3111_202204021326126b3.jpg

DSCN3113_20220402132613f7d.jpg


<寛永通宝噴水>

 寛永通宝をかたどった噴水があります。

DSCN3164_202204021327101c7.jpg

DSCN3167_20220402132712259.jpg

DSCN3165_20220402132714a15.jpg


○五之橋下浮世絵ギャラりー(三代豊国ギャラリー)

 橋げたの下に、三代豊国(五渡亭国貞)の役者絵と美人画が掲示されています。常時22枚の浮世絵が展示され、随時、浮世絵が変更されるようです。

DSCN3084_20220402132829180.jpg

DSCN3085_20220402132831341.jpg

DSCN3085b.jpg

DSCN3093_20220402132954b80.jpg

DSCN3086_2022040213295517d.jpg

DSCN3087_202204021329578ff.jpg

DSCN3090_202204021331005eb.jpg

DSCN3091_20220402133101b95.jpg

DSCN3089_20220402133103db9.jpg

DSCN3088_20220402133104125.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 竪川亀戸江戸名所百人美女大田南畝

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR