ツムラキリン像

○キリン像 中央区日本橋3-4-10スターツ八重洲中央ビル

 中央通りと八重洲通りの日本橋三丁目交差点角に、とても大きな王冠を戴いたキリン像がいます。像高は6m25cm。ヤン・ヨーステン記念碑を見ていると、いやおうなく目に入ります。

DSCN9804_20230814020656f2d.jpg

DSCN9803_20230814020659103.jpg

 旧津村順天堂ビル当時の津村順天堂(現:ツムラ 本社赤坂)が平成元(1989)年に設置(安藤泉氏作品)。王冠は照明器具で、ビルの吹き抜けの天井を照らしていました(現在は点灯していません)。

DSCN9810_20230814020659040.jpg

 なぜキリン像なのか、設置したツムラもわからないそうです(中央区観光協会特派員ブログに記載)。照明として高さが必要だったから?背の高いキリンが選ばれ?キリン像である必然性はないのかもしれません。
 あるいは、動物をモチーフにした巨大な作品で知られる鍛金彫刻家である安藤泉氏に依頼したから、必然と巨大キリン像になったのかもしれません。

 岡本太郎だったら数寄屋橋「若い時計台」のような照明にしたかもしれませんね。
DSC02231_20191208101512932.jpg

(参考)安藤泉氏の作品(2017年)
 「ムー大陸よりⅡ」 大島小松川公園(江戸川区小松川) こちらで記載
DSCN3029_2022031822445000f.jpg

DSCN3030_20220318224452776.jpg

DSCN3033b.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 銅像

三浦按針屋敷跡 東京都旧跡

○三浦按針屋敷跡 東京都旧跡 中央区日本橋室町1-10-8

 按針通りに「史蹟 三浦按針屋敷跡」碑があります。昭和5(1930)年に「三浦按針遺跡」として東京都史跡に指定され碑が建てられましたが、戦災により破損、昭和26(1620)年5月に有志により再建されたのが現在の碑です。昭和30(1955)年には東京都史跡から旧跡に指定されました。

DSCN9736_202308092019404a1.jpg

DSCN9737_20230809201942bb5.jpg

DSCN9634_20230807044645ecb.jpg

DSCN9629_20230807044648b4c.jpg


<三浦按針>

 三浦按針(ウィリアム・アダムス 1564〜1620年)は、イギリスのケント州で生まれた航海士です。オランダ船リーフデ号が、慶長5(1600)年、豊後国(大分県)臼杵に到着しました。徳川家康に招かれた按針は、旗本に取り立てられ、相模国三浦郡に領地を、江戸に屋敷を与えられました。姓の三浦は領地に由来し、按針は水先案内人です。屋敷のあった地は、昭和7年まで「按針町」と呼ばれ、現在は「按針通り」にその名が残ります。
 按針と共にリーフデ号で漂着したヤン・ヨーステンも江戸に招かれ、屋敷地近くの「八代洲河岸」が現在の「八重洲」になりました。
 また、リーフデ号の積荷の大砲と鉄砲は、関が原の戦いや大坂の陣で用いられました。
 (東京都教育委員会のHPを参照しました。)

(碑文)
「史蹟
 三浦按針屋敷跡」
DSCN9630_2023080704465113c.jpg

「IN MEMORY OF
WILLIAM ADAMS, KNOWN AS MIURA ANJIN. THE FIRST ENGLISHMAN TO SETTLE IN JAPAN, COMING AS PILOT ON BOARD THE CHARITY IN 1600, WHO RESIDED IN A MANSION BUILT ON THIS SPOT, WHO INSTRUCTED IYEYASU THE FIRST TOKUGAWA SHOGUN, ON GUNNERY, GEOGRAPHY, MATHEMATICS, ETS., AND CONSTRUCTED FOR HIM SEVERAL SHIPS ON THE EUROPEAN MODEL, WHILE RENDERING VALUABLE SERVICES IN FOREIGN AFFAIRS, AND WHO MARRIED A JAPANESE LADY, MISS MAGOME. AND DIED ON APRIL 24 1620, AT THE AGE OF FIFTY SEVEN YEARS.
REBUILT BY SOME JAPANESE, MAY 1951」
DSCN9631.jpg

「ウイリアム・アダムスは西暦1564年イギリスのケント州に生まれ、慶長5年(1600)渡来、徳川家康に迎えられて江戸に入り、この地に屋敷を給せられた。造船・砲術・地理・數學等に業績をあげ、ついで家康・秀忠の外交特に通商の顧問となり、日英貿易等に貢献し、元和6年(1620)年4月24日平戸に歿した。
 日本名三浦按針は相模國三浦逸見に領地を有し、またもと航海長であったことに由来し、この地も昭和初年まで安針町と呼ばれた。」
DSCN9632_20230807044654afc.jpg


「江戸切絵図」

 江戸切絵図に「安針丁」が記載されています。

kiriezuanjin.jpg


「ウィリアム・アダムス(三浦按針)像」
 「Edo Tokyo Yaesu History」(中央区八重洲 外堀地下1番通り)掲示からの抜粋です。(こちらで記載

DSCN9729b_2023081003522047f.jpg

 左上:ヤン・ヨーステン像
 右上:徳川家康像
 左下:ウィリアム・アダムス像
 右下:リーフデ号模型

DSCN9729_202308100352236cc.jpg


「リーフデ号の航海経路」
 「Edo Tokyo Yaesu History」(中央区八重洲 外堀地下1番通り)掲示からの抜粋です。(こちらで記載

DSCN9695_20230810035345a63.jpg

「リーフデ号」 千代田区丸の内
 昭和55(1980)年、オランダ王国より寄贈の像です。 (こちらで記載

DSCN9667_20230810035348996.jpg


(参考)
「小田原町」
 按針町の北にあるのが小田原町で、松尾芭蕉が江戸へ来て最初に住んだ場所です。(こちらで記載

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 三浦按針ヤン・ヨーステン旧跡

今川橋跡~龍閑川 白銀通り

○今川橋跡 千代田区鍛冶町1-5-7・鍛冶町1-10-1〜中央区日本橋室町4-2-9・日本橋本町4-4-2

 千代田区と中央区の境となっている細い道路は、昭和25(1950)年に埋め立てられるまで、龍閑川が流れ、中山道には今川橋が架かっていました。今川橋の付近で売られていたのが「今川焼」です。

 今川橋跡から東方向
DSCN2190_20220220195544daa.jpg

DSCN2189_2022022019554530f.jpg

 今川橋跡から西方向
DSCN2191_20220220195547d36.jpg

DSCN2202_20220220195548cab.jpg


「江戸名所図会 今川橋」
 
 江戸名所図会に「今川橋」が記載されています。「此辺瀬戸物屋多し」とあります。

imagawabashi.jpg

 瀬戸物屋を拡大しています。

meisyozueimagawa.jpg


「江戸切絵図」

 今川橋と地蔵橋の記載があります。

imagawazizou.jpg


「熈代勝覧絵巻」

 今川橋部分の抜粋です。

kidaisyoranimagawabashi.jpg


「江戸名所百人美女 今川はし」(三代歌川豊国・二代歌川国久 安政5年)

100ninbizyoimagawabashi.jpg

 コマ絵に「今川橋」が描かれています。

hyakuninbizyoimagawabashikoma.jpg


<今川橋由来碑> 千代田区鍛冶町1-5-7 江原ビルディング前歩道

(説明板)
「今川橋由来碑」
 今川橋が神田堀(別名神田八丁堀、龍閑川)に架設されたのは天和年間(一六八一〜八三)との記録があります。橋名の由来は、当時の名主今川氏の尽力により架設されたのでその名が残りました。この橋は、日本橋から中山道に通じる重要な橋でもありました。
 神田堀は現在の千代田区神田・中央区日本橋地域の境を流れ、その役割は非常に大きく当時の運輸手段の主流でもありました。
 昭和二十五年(一九五○)龍閑川は埋め立てられ、三百年近く慣れ親しんだ今川橋も撤去され、現在はその面影もありません。
 左図の絵図は江戸時代末期頃の界隈風景です。この橋辺には陶磁器をあきなう商家が立ち並び、大層賑わったといいます。」
  平成四年四月吉日
 (「江戸名所図会」今川橋掲示)

DSCN2196_20220220200345b3b.jpg

DSCN2192_2022022020034692c.jpg

DSCN2193_20220220200348234.jpg

DSCN2194_20220220200349856.jpg


<今川橋跡碑> 千代田区鍛冶町1-5-7 江原ビルディング脇

表面 「今川橋跡
    1976・3 千代田区鍛冶町一丁目町会」
側面 「建設者
    江原商事株式会社」」

DSCN2197_20220220200555f1c.jpg

DSCN2199_202202202005573aa.jpg

DSCN2200_20220220200558247.jpg


「今川橋の由来」

(説明板)
 元禄四年(一六九一年)この地、東西に堀割開削され江戸城の外堀(平川)に発し、この地を通って神田川に入り隅田川に通じていた。始めは神田堀、銀堀(しろかねぼり)、八丁堀などと呼ばれていたが、後に江戸城殿中接待役井上竜閑が平川と堀割の接点に住んでいたので竜閑川とよばれるようになった。
 この運河は、江戸市中の商品流通の中枢としての役割は極めて大きく神田の職人町、日本橋の商人町は大きく栄えた。この堀割は、神田と日本橋の境界として十一の橋梁がありこの地に架けられた橋は当時地元町人の代表であった名主、今川善右衛門の姓をとり、「今川橋」と名づけられたという。昔、東海道以外の街道を江戸より旅する時は、日本橋を発ち初めて渡るのが今川橋であった。
 昭和二十五年竜閑川の埋め立てと同時に今川橋も廃橋解体され、三百六十年の歴史を閉じた。
  平成元年一月吉日 鍛冶町一丁目町会
  場所提供者 江原富夫氏」

DSCN2201_20220220200853fc6.jpg


<今川橋のあとどころ> 中央区日本橋本町4-4-2

 東山ビルの一角に、石碑「今川橋のあとどころ」があります。

 「今川橋のあとどころ
  昭和五十一年五月 東山興業株式会社」

DSCN2188_20220220201450d70.jpg

DSCN2187_2022022020145178c.jpg


○竜閑川埋立記念 中央区日本橋本町4-5-11 地蔵橋公園

 昭和通りに面した中央区立地蔵橋公園に「竜閑川埋立記念」碑があります。

DSCN2239_202202202018032de.jpg

DSCN2232_20220220201805c70.jpg

DSCN2238_2022022020180687a.jpg

DSCN2231_20220220201807389.jpg


 「千代田区神田
  竜閑川埋立記念
  中央区日本橋」

DSCN2233_2022022020202824a.jpg

DSCN2234_202202202020300d5.jpg

(説明プレート)
「龍閑川の由来と埋立
 江戸砂子や新編江戸志には約二百七十余年前の天和年間に防火のために掘ったもので神田橋と常盤橋の間から外濠の水を東方にあった浜町川に注ぐその両岸は石垣でたたみ川巾六間神田堀と呼んだ、元禄四年にも掘った 安政四年四月土手を崩して堀を入口の竜閑橋だけを残して埋めたが明治十六年再び掘って防火用雨水用として川名を竜閑川と名づけた、昔時この川の西端に住んで居た井上竜閑は江戸城つとめの殿中接待役「お城坊主」として有名であった、後その所を竜閑町といった、当時神田堀の別名に八丁堀火除堀、銀堀等といわれ堀の堤を八丁堤といって松を並木に植えた時代もあった 川には舟の往来もあったが近頃下水より汚水流れ込み悪臭を発散しごみを捨てるため蚊蠅等わき衛生上宜しくなく川は全く無用のものとなった、東京都は第二次世界大戦直後川底に大下水管を埋設して戦災燒残土を以て埋立て宅地をつくり復興を促進する計画をした 神田及日本橋より選ばれたる連合委員会は賛意を表し将来を推察して新埋立地を土地現住の人々に払下げられたき件を申請し中間に立ちて其労をとる事を願出た昭和二十五年三月埋立工事竣工しこの大事業も滞なく完成した 
今回もと竜閑川のあつた中央地点地蔵橋際兒童遊園の東北隅を選び東京都の御承認を得て竜閑川埋立記念碑を建立したのであります
この埋立は実に千代田、中央両区の握手であって神田、日本橋区民の親和を増進するもの昔は川今は竜閑新道を中心に精励努力以て土地の発展に尽くされん事を」

DSCN2235_202202202020330c6.jpg

DSCN2234b.jpg


○龍閑橋の親柱と桁 千代田区内神田3-1-2 鎌倉児童遊園

 龍閑橋は、大正15(1926)年に造られた日本で最初の鉄筋コンクリート製のトラス橋で、龍閑川に架けられていました。千代田区と中央区にまたがっている鎌倉児童遊園に、親柱と桁が保存されています。

DSCN2301_20220227171432462.jpg

DSCN2300_2022022717143386d.jpg

DSCN2306_2022022717143560f.jpg


<龍閑橋の歴史と由来>

(説明板)
「龍閑橋の歴史と由来
 もともと、神田の堀に架けられていた龍閑橋は、堀を埋め立てることで必要なくなりました。同じころ、この付近に開かれた新しい川に、いらなくなった橋をそのまま架けたのが、現在の龍閑橋の地名の由来となっています。まだ無名だったその新川は、橋の名前にちなんで「龍閑川」と名付けられました。今は無き龍閑川は、その昔、神田と日本橋の両区を分割するものでした。
 また、「龍閑」という名については、龍閑川の西端にあった町に、旧幕府坊主の「井上龍閑」と言う人の家があったことに由来します。(「●明治時代の龍閑橋」「龍閑橋の位地図」を掲載)「明治東京名所図会」より」

DSCN2302_202202271713000fc.jpg

DSCN2308_202202271713023e3.jpg


<龍閑橋について碑>

(碑文)
「龍閑橋について
 この橋は 大正15年(1926年)に造られた日本最初の鉄筋コンクリートトラスの大変めずらしい橋です。
 これを記念するため その一部をここに保存します。
  橋  長 10.5
  幅  員 27.0
  構造型式 鉄筋コンクリートトラス桁」

DSCN2307_20220227171123ae1.jpg


○本銀通り 中央区日本橋本石町4-2・3〜日本橋本町四丁目5・6

 日本橋通りを東西に、旧龍閑川に並行して、「本銀(ほんしろがね)通り」があります。

DSCN2314_20220227170949cc8.jpg

DSCN2315_202202271709506eb.jpg


<本銀通り案内板> 中央区日本橋室町四丁目3番

(案内板)

「本銀通り
  起点 日本橋本石町四丁目2・3番先
  終点 日本橋本町四丁目5・6番先
 日本橋本石町・日本橋室町・日本橋本町の各四丁目北半分に当たる場所は、江戸時代初期から昭和7年(1932)まで「本銀町(ほんしろがねちょう)」と称する町でした。町の北は竜閑川(神田堀・神田八丁堀・銀堀とも称された神田との境をなした堀割)に、西は江戸城の外堀に面する当町は、江戸時代を通して商業の中心地となっていました。
 東西に広がる町屋であった本銀町(一丁目~四丁目)は、町名の由来となった「銀細工職人」が集住するとともに、数多くの商家が立ち並んでいました。なお、本銀町の名は、神田に起立した「新銀町」と区別するために「本」の字を冠したといわれています。
 当町在住の商人や諸職名匠には、刀脇差細工・縫箔屋・指物屋・塗師・蒔絵師・彫物師・小細工印判師・鍔師・象嵌師・塗鞘師・目貫師・柄巻師・御楽器道具師・御仏師などがおり、武家の消費需要を賄う町人地として大いに発展しました。
 また、『江戸名所図会』には、明暦3年(1657)の大火後に町の北側(電閑川沿い)に築かれた防火用の「本銀町封て」(高さ2丈4尺<約7.27メートル〉・長さ8丁<約872メートル>の石垣土手)と松並木の痕跡を紹介している他に、本銀町・本石町の各一・二丁目辺りが「福田村旧跡」(大久保主水<藤五郎>の屋敷があった旧福田村)であることを記しています。
 関東大震災発生(大正12年)後の復興事業によって、歴史ある「本銀」の町名は姿を消しましたが、幸いにも旧町を東西に貫く通りは今日まで残されました。江戸時代以来、人びとの往来に利用
されてきたこの通りは、平成27年に名付けられた「本銀通り」(幅員11m・延長520m)の道路愛称ともに往時の歴史をしのばせています。
 平成28年4月  中央区環境土木部」

DSCN2309_20220227170731cef.jpg

DSCN2313_20220227170733f61.jpg

DSCN2311_20220227170734c31.jpg

DSCN2310_202202271707366cb.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 江戸名所図会中山道江戸名所百人美女神田

福徳神社(芽吹稲荷)

○福徳神社(芽吹稲荷) 中央区日本橋室町2-4-14 HP

 太田道灌との縁が深く、道灌の神霊が合祀されています。 二代将軍秀忠が参詣し、椚(くぬぎ)の鳥居が芽吹いたことから、福徳稲荷の別名を「芽吹稲荷」と名付けています。 江戸時代、富くじ興行を許された寺社の一つです。
 三井不動産の再開発により、かつてのビル屋上から平地に遷座、2014年10月竣工。設計・施行は寺社建築に定評のある清水建設株式会社です。

DSCN2217_20220220171313d83.jpg

DSCN2216_20220220171314978.jpg

DSCN2214_2022022017131665e.jpg


 「宮戸川の辺り宇賀の池上に立る一里塚より
  此福徳村稲成森塚迄一里」

DSCN2204_20220220171409dcb.jpg


<福徳神社由緒>

(石碑文)
「福徳神社由緒
 当社伝来の稲荷森塚碑文によれば、九世紀後半、この地は福徳村と呼ばれ、穀物・食物を司る稲荷神が鎮守の森に懐かれて鎮座していた。福徳村の稲荷は往古より源義家、太田道灌ら、武将の崇敬を受け、ことに最初の江戸城を築いた道灌との縁は深く、彼の神霊は当社に合祀されている。徳川家康は天正十八年江戸入部直後に当社を参詣、二代将軍秀忠も慶長十九年に参拝し「福徳とはめでたい神号だ」と称賛し、また当時の福徳稲荷の椚の皮付き鳥居(黒木鳥居)から春の若芽が生えているのを見て「芽吹稲荷」の名を与えた。秀忠は江戸城内の弁財天を合祀し、社地を三百三十坪と公定するなど当社を篤く尊崇した事績が伝わっている。
その後、江戸の町の発展と度重なる火災や社家の事情などにより境内地をほとんど失い、一時は消滅の危機に瀕した。それでも氏子有志が福徳神社の祭祀を継承してきた結果、平成二十六年秋、日本橋地域諸氏の尽力により往事の姿を彷彿とさせる境内・社殿が再興されるに至った。」

DSCN2205_20220220171410a79.jpg


<加須市奉献の算額>

DSCN2215_20220220171412911.jpg


<福徳の森>

DSCN2213_20220220171548422.jpg

DSCN2212_2022022017155006e.jpg


○薬師神社 中央区日本橋室町2-5-8

 こちらもビル屋上からの遷座です。由緒に記載の五條天神社については、こちらで記載

DSCN2210_202202201718288b2.jpg

DSCN2211_20220220171830a29.jpg


<藥祖神社(ご由緒)>

(説明板)
「藥祖神社(ご由緒)
 御祭神
 大己貴命(おおむなじのみこと)
 少名彦命(すくなひこのみこと)
 御利益
 無病健康・病気平癒
 わが国で医薬の祖神と言われているのは、大己貴命と少彦名命の二神で、共に国土経営に尽力され、薬の術や医道、酒造諸々を教えたと「古事記」「日本書紀」「風土記」等に述べられています。
 大己貴命は須佐之男神の子孫で、大国主命と同じ神様です。神話や童謡でも親しまれ、特に「因幡の白兎」の神話は有名です。(いなば:現在の鳥取県)
 少彦名命は神産巣日神(かんむすびのかみ)の御子で、蛾の皮の着物に豆の実のさやの舟に乗っていたという大変小さな神であったようです。
 日本橋本町の薬業界では、昔からこの二柱を祭神とする水戸の大洗磯前神社、酒列磯前(さかつらいそさき)神社や東京上野の五條天神社に参詣して崇敬の念を表してきました。明治四十一年(1908年)からは、東京薬種貿易商同業組合(現公益社団法人東京薬事協会)が東京上野の五條天神社から薬祖神の御霊を迎え大祭を執行し、昭和四年には事務所建物の屋上に薬祖神社〈初代社殿)が造営され、昭和五十八年には昭和薬貿ビル屋上に第二代目の社殿が造営されました。
 さらに平成二十八年(2016年)九月に現在地に第三代目の薬祖神社が遷座し今日に至っています。」

DSCN2209_20220220171831635.jpg


○江戸町年寄喜多村彦右衛門屋敷跡 中央区日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル

 浮世小路千疋屋ビル裏手に、説明板「江戸町年寄喜多村彦右衛門屋敷跡」「浮世小路と料亭百川」があります。

(説明板)
「本町通りと町年寄喜多村家
 本町通りは、徳川家康 が江戸の町造りに着手した時から江戸の中心となっていました。天正18年(1590年)関東に転封となった家康は、浅草に抜ける本町通り沿いに金座や町年寄の屋敷地を下賜しました。現在の大伝馬本町通り(当敷地北側の通り)です。関ヶ原の戦いに勝利した家康は、慶長8年(1603年)更に「天下普請」を開始し、新橋から神田まで南北に貫く目抜き通りを造りました。これが現在の中央通りで、このとき日本橋が架けられました。翌慶長9年(1604年)日本橋に五街道 の起点が設定され、北に向かう中山道と日光街道はこの交差点で分岐し、日光街道は本町通りをとって東に向かいました。天正から慶長の城下建設で、奉行衆の下で市街地造成と町割りなどに携わった樽屋・奈良屋・喜多村の三年寄が江戸の町政を担うようになりました。喜多村家の役宅は当ビルの敷地にあり、初代彦右衛門の出身は加賀(金沢)だと伝えられています。

浮世小路と料亭百川(ももかわ)
福徳神社南側の通りは、江戸時代「浮世小路」と呼ばれていました。延宝期(1673〜81年)の『江戸方角安見図』には「うきよしやうじ」と記載されています。 小路と呼ぶのは、この地に屋敷があった町年寄喜多村家の出身地、加賀の方言によって発音されていたことを示しています。浮世小路の東端北側には、落語噺の舞台としても知られる料亭百川があったとされています。百川は江戸屈指の料理茶屋として繁盛し、幕末にペリー 艦隊が来航した時には、乗組員全員にすべて自前で本膳を提供したほどの力がある料亭でした。小路にあった福徳神社は小さいながら、遠い平安時代前期からこの地に鎮座していたといわれる由緒ある神社です。徳川家康をはじめ歴代将軍から厚く崇敬されましたが遷座や敷地の縮小を繰り返して、今日にいたりました。縁起の良い名前もあって、江戸時代には氏子である瀬戸物町や伊勢町等の商人達から多くの信仰を集め、富くじ興行でも大いに賑わいました。ここ室町をはじめ日本橋地区で働く人々や、この地を訪れる人々が、福徳神社を中心に集い交わる場となることを願い、新たに広場と中央通りからの通路を設けそれぞれ「福徳神社広場」、「新浮世小路」と名付けました。」

DSCN2206_20220220171832bdc.jpg


<小祠>

 説明板の横に、小祠があります。

DSCN2208_20220220171834a5a.jpg

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

tag : 太田道灌源義家徳川家康中山道清水建設富くじ

熈代勝覧絵巻(三越前駅コンコース)

○熈代勝覧絵巻 中央区日本橋室町1-4 三越前駅コンコース

 熈代勝覧絵巻の複製が三越前駅コンコースに平成21(2009)年11月30日に設置されています。江戸時代の町人文化に関する解説を記載したパネルも併せてあります。88軒の問屋街と行き交う1,671名が描かれています(三井広報委員会の情報)。

DSCN2146_2022021522545085f.jpg

DSCN2131_202202152254519a3.jpg


<江戸切絵図>

 熈代勝覧絵巻は、日本橋から今川橋までの日本橋通りの西側が描かれています。

kiriezujikkendana.jpg


<「熈代勝覧」絵巻の設置について>

DSCN2145_202202152257399bd.jpg

DSCN2134.jpg
   

<部分抜粋>

「高札場と日本橋」

 高札場と日本橋部分です。遠景に富士山が見えます。
 日本橋川には、「押送り船」(六挺櫓の高速艇)が見えます。

 高札場の説明
 「高札場 日本橋南詰の西側にある高札場。天下の定めを高札で触れる。
  親子兄弟夫婦仲良くすべしなどの基本法令のうち三つが、この絵に描かれているが、読めるでしょうか。
  天眼鏡で見なければわからない、微細の技、江戸の遊び心です。」

DSCN2144_202202152259245ef.jpg

DSCN2159_20220215225926032.jpg

DSCN2148_20220215225928fc9.jpg


「日本橋先〜駿河町」

 駿河町の三越まで。三越の手前に書物問屋「須原屋市兵衛」が見えます。解体新書(前野良沢・杉田玄白・中川淳庵)を版行した書物屋です。

DSCN2149_20220215230149950.jpg

DSCN2150_202202152301505b2.jpg

DSCN2151_20220215230151ae6.jpg

DSCN2143_20220215230153e2f.jpg

DSCN2142_202202152301540fb.jpg


「十軒店」

 雛人形売りの路頭の茅掛け小屋の始端にお茶漬け屋の「あさひ(朝日)。続いて薬種問屋(藤木)、帳面問屋(槌屋)、二八蕎麦饂飩屋(三河屋)。そして雛人形問屋(万屋)、雛人形問屋(藤屋)と続きます。台車の男が見えます。

DSCN2152_20220215230332f7a.jpg

DSCN2158_20220215230333c54.jpg

DSCN2163_202202152303346c4.jpg


「今川橋まで」

DSCN2140_20220215230613fab.jpg

DSCN2138_202202152306159dd.jpg

DSCN2137_20220215230616899.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 中山道

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR