奥州街道(越堀〜寺子〜芦野)

○黒羽領境界石/几号水準点 那須塩原市越堀116 浄泉寺

 黒羽藩主大関増業は、藩の領地と他の領地との境界を明示するために境界石を建てました。台石には「几号水準点」が刻まれています。
 左から、黒羽領境界石、境界石の標柱、明治天皇御駐輦之碑と並んでいます。

 (正面)「従此川中東 黒羽領」

DSCN4417_20240506103358b82.jpg

DSCN4422.jpg

<標柱>
 「黒磯市指定文化財 史跡 黒羽領境界石
  昭和四十七年十月二十五日指定
  黒磯市教育委員会(管理者浄泉寺)」

DSCN4419_20240506103507a7f.jpg

DSCN4420.jpg

DSCN4421.jpg

(説明板)
「那須塩原市指定文化財 黒羽領境界石(史跡)
  管理者 浄泉寺
 黒羽藩主大関増業は、自藩と他藩との境界を明らかにするために文化十〜十一年(一八一三〜一四)何箇所かに境界石を建てた。ちょうど増業が大阪城勤務の時で、碑は大阪で造られ船で運ばれた。
 ここ浄泉寺境内にある標柱には、「従此川中東黒羽領」と刻まれてあり、背面には、「於摂州大坂作江西横堀小島屋石工半兵衛」とある。
 高さ百五十一センチメートル、幅二十一センチメートルの花崗岩の四角柱である。
 もともとこの境界石は、那珂川の左岸越堀宿(黒羽領)側に建てられていた。川をはさんで向こう側は鍋掛宿(幕府領)で、両宿は奥州街道の宿駅であった。
 大正七?八年(一九一八〜一九)頃、保存のために現在地へ移された。
  昭和四十七年十月二十五日指定  那須塩原市教育委員会」

DSCN4423.jpg

<几号水準点>
 台石に几号水準点が刻まれています。

DSCN4417b.jpg

DSCN4419b.jpg

<明治天皇御駐輦之碑>

DSCN4418_20240506103915273.jpg

<庚申塔>
 越堀の大杉へ向かう急階段を登ると、途中左手に「加茂神社」、右手に石祠稲荷と庚申塔他があります。

DSCN4425_202405061039186e0.jpg

DSCN4426.jpg

DSCN4427.jpg

<浄泉寺>
 寺号標、不動堂、本堂です。

DSCN4434_20240506104150239.jpg

DSCN4424.jpg

DSCN4428_202405061041530f8.jpg


○奥州街道越堀宿 那須塩原市越堀116-2

<奥州街道越堀宿>

(説明板)
「奥州街道越堀宿
 慶長八年(一六〇三年)、徳川家康が江戸に幕府を開き、翌九年、奥州街道が整備された。
 以後、幕府の御機嫌伺いのため、大名の出府が広く行われた。
 伊達公出府の折、那珂川洪水で渡河出来ず、急達、那珂川岸に仮屋を建て、減水を待って江戸に向かった。このとき仮屋を建てるのに協力したのが沼野井の藤田和泉重統である。
 宿場の形成は、彼がその仮屋を払い請け、旅篭に建て替えた事に始まる。
 越堀の地名は、彼が郷川という堀を越えてきた事に由来するとも言われている。
参勤交代の制度確立と共に、大名行列・廻米その他物資の輸送、商人・旅人の往来等で賑わい、近郷や他国から移り住む人が増えて宿場として栄えるようになった。
  平成二十六年三月 鍋掛地域車座談議運営委員会」

DSCN4431.jpg


○奥州街道越堀宿枡形の地碑

 「奥州街道越堀宿枡形の地」の碑があり、公民館の建設記念に建立されています。 また、この地は鍋掛村役場跡、黒磯町鍋掛支所跡でもあります。

(碑文)
 「此の地
  奥州街道越堀宿枡形の地
  鍋掛村役場跡
  黒磯町鍋掛支所跡
  黒磯市老人憩の家鍋掛荘跡
  越堀自治公民館建設記念」

DSCN4433.jpg


○寺子一里塚公園 那須塩原市寺子

 富士見峠を下ると「寺子交差点」手前右側に「寺子一里塚公園」があります。白川寄り約50m先から復元された「寺子一里塚」と、峠から移設された馬頭観世音二基が建っています。

DSCN4404_202405061046377c9.jpg

DSCN4413_2024050610464121a.jpg

 奥州街道富士見峠方面
DSCN4415_2024050610464228f.jpg

 奥州街道寺子交差点方面
DSCN4416_202405061046446f8.jpg

<寺子の一里塚(那須塩原市史跡) >

 江戸より42里(約165キロメートル)の距離を示す一里塚です。平成7(1995)年に、白川寄り約50m先から復元されています。

DSCN4414_20240506104831d78.jpg

DSCN4405.jpg

(説明板)
「寺子の一里塚(史跡)
  管理者 寺子行政区
 一里塚は、江戸時代全国の主要な街道に、日本橋を基点として一里毎にその目印として築かれたものである。
 ここ寺子の一里塚は、奥州街道四十二番目のもので、江戸より四十二里(約百六十五キロメートル)の距離を示す塚である。
 一里塚は、旅人の目印として、そして休憩地として親しまれていたそうである。
 鍋掛の一里塚が慶長九年甲辰(一六〇四)に築かれたことから、寺子の一里塚もほぼ同年に築かれたと考えられる。
 最初の一里塚は、現在地から約五十メートル程白河寄りにあったが、小学校の建設と道路の拡張によってなくなってしまった。
 現在の塚は、平成七年三月に復元されたものである。
  平成七年三月吉日 那須塩原市教育委員会」

DSCN4407_202405061048346e0.jpg


○富士見峠の馬頭観世音(道標)

 安永4(1775)年銘の馬頭観世音で、道標を兼ねています。湯殿山も示されています。

 (正面)「馬頭觀世音」
 (左面)「日光山 十六里/江戸 四十一里/水戸 二十二里/八溝山 六里」/
 (右面)「湯殿山 六十六里余/仙臺 三十里/會津 二十四里/那須湯本 五里」

DSCN4408_20240506105115226.jpg

DSCN4409_2024050610511779e.jpg

DSCN4410_20240506105117e98.jpg

(説明板)
「馬頭観音は、荷役として世話になった馬の供養と、旅人の交通の安全を祈り道標として建てられた石仏である。
 安永四年(一七七五)十二月寺子村を施主村とし、寺子村二十五ヶ村のうち十四ヶ村が協力して碑を建立したようである。
 地元の古老の話では、かつて奥州街道富士見峠には、二〜三軒の茶屋があり、行き交う旅人の休息地でもあったという。
 この馬頭観世音も峠の頂上付近に建てられていたが、保存のため街道景観形成事業により現在地に移された。
  平成八年丙子三月 那須塩原市」

DSCN4411_2024050610511816f.jpg

 もう一基の馬頭観世音です。

DSCN4412_20240506105119c3d.jpg


○弁慶の足踏み石(馬頭観音) 那須塩原市寺子850-2

 左からの旧道との合流点に石塔が集められています。一番右から、「川と共に繁り行く みのり豊に心ゆたかに」(裏に余笹川の氾濫について刻む)、 畜魂碑、庚申塔、2仏、二十三夜塔、4基の馬頭観世音と並んでいます。

DSCN4318.jpg

DSCN4322.jpg

<馬頭観世音>
 文化2(1805)年2月銘(文化二乙丑歳二月)の馬頭観世音は、弁慶の足踏み石と呼ばれます。弁慶が源義経と奥州平泉へと落ち延びる道中、石を足台にして馬に乗ろうとしたところ、重みで石の表面が履いていた草鞋の形に窪んでしまったといいます。

DSCN4321.jpg

DSCN4325_20240506105538256.jpg

DSCN4326_20240506105538666.jpg

(説明板)
「弁慶の足踏み石(馬頭観世音碑)
 馬頭観世音碑の横に、草鞋のような形の大きな窪みがある。地元の言い伝えでは、源義経が平家との戦いの後に、兄の源頼朝と対立し、家来の武蔵坊弁慶らとともに奥州街道を通り、奥州平泉へ落のびる途中、石田坂にて一休みし、さて出発しようと、弁慶が道端の石を足台にして馬に乗ろうとしたところ、弁慶の重みで石の表面が履いていた草鞋の形に窪んでしまったとされている。
 後にその石を三つに切り分け、その一つに馬頭観世音の文字を刻み、街道を往来する荷駄馬の守り神とするため、ここ石田坂に設置したという。
 馬頭観世音は、以前はこの付近の別の場所に建っていたが、平成十年の那須水害の後に、現在の場所に移設された。
  平成二十六年三月 鍋掛地域車座談議運営委員会」

DSCN4317.jpg

<畜魂碑>

DSCN4319.jpg

<馬頭観世音>
 弁慶の足踏み石の前には、昭和期の馬頭観世音及び馬力神が並んでいます。

DSCN4320.jpg

<二十三夜塔>

DSCN4323_20240506105746cd7.jpg

<庚申塔>

DSCN4324_202405061057486f4.jpg


○馬頭観世音二基 那須町芦野

 旧奥州道中が芦野の宿に入る手前の地区である西坂に入ると、旧道の右手に馬頭観音が二基並んでいます。

DSCN4403.jpg


○足尾大神 那須町芦野1334

 馬頭観音二基から50mほど旧奥州街道の西坂を下ると、明治3(1870)年銘の「足尾大神」があります。
 (参考)足尾山信仰(こちらで記載

DSCN4401_20240506105951a67.jpg

DSCN4402_202405061059538f8.jpg
   
 T字路から来たへ向かう道は、芦野温泉―中の川―菖蒲沢を経て法師畑へと続きます。 那須湯本を発った芭蕉と曽良が芦野へと向かった有力な道程の一つのようです。

<道標(馬頭観世音)>
 芦野温泉入口に、明治21(1888)年銘の道標を兼ねた馬頭観世音が建っています。

 「右ハ 法しは多下川田中
  左ハ 左くば
  馬頭観世音
  明治廿一年十一月 願主 田中」

DSCN4327_20240506110232040.jpg

DSCN4328_20240506110235814.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 几号水準点一里塚腰掛け石・松

那須マロニエホテル 井口の湯釜地

○那須マロニエホテル 那須塩原市井口546-1 0287-37-7770 11:30-20:00 600円 HP

 2018年11月1日にオープンしたビジネスホテルで、大浴場に温泉を使用しています。国際医療福祉大学グループの医療福祉機構の運営です。大学病院が隣接しています。
 日帰り入浴は、11:30-20:00 600円です。

<外観>

 「Marronnier Nasu JHotel IHW GROUP」と表示されています。IHW GROUPとは、「国際医療福祉大学・高邦会グループ」です(HP)。

DSCN3136_20221210192626719.jpg

DSCN3188_2022121019262824d.jpg

DSCN3137_20221210192630233.jpg

DSCN3187_20221210192632c0c.jpg


<休憩所>

 浴室手前右手に休憩所、左手にコインランドリーがあります。休憩所にはマッサージ機、自販機、お茶・水サーバー、電子レンジ3台があります。

DSCN3139_20221210192742f5c.jpg

DSCN3184_20221210192744df6.jpg

DSCN3141_2022121019274692b.jpg


<大浴場「杜の湯」>

 大浴場は、左手が女湯、右手が男湯です。

DSCN3185_2022121019285689d.jpg

DSCN3138_2022121019285732e.jpg

DSCN3140_20221210192859a5f.jpg
    
 セーフティーボックスが備えられています。

DSCN3186_20221210193026f9e.jpg

DSCN3151_202212101930275bc.jpg

 洗面台にはドライヤーや髭剃りなどが備えられています。

DSCN3154_2022121019302985f.jpg

 ウォーターサーバーもあり。

DSCN3155_20221210193031808.jpg

 浴室は暗いです、ドアの向こうは見えません。

DSCN3152_20221210193033202.jpg


<温泉利用(浴用)許可書>

 源泉名「第2大鷹の湯」の利用許可です。

 平成30年9月13日
 1.利用場所 那須塩原市井口字西原546番1
        那須マロニエホテル
        杜の湯(男性)
 2.利用源泉名 第2大鷹の湯

DSCN3143_20221210193259a9f.jpg

DSCN3145b_20221210193301311.jpg


<温泉の禁忌症、適応症及び入浴上の注意決定書>

 平成30年9月13日付の決定書です。
 湧出地は、介護老人保健施設マロニエ苑の住所です。介護老人保健施設の浴室に温泉が引かれているようです。住所でgoogle検索すると、以前は株式会社シルバースパが運営していたようです。

 利用源泉名:第2大鷹の湯
 ゆう出地:那須塩原市井口西原533番4
 泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

DSCN3145_202212101934331e4.jpg

DSCN3146_2022121019343541a.jpg


<マロニエ源泉分析書>

 平成25年2月12日の分析書が掲示されています。
 源泉名:マロニエ源泉
 湧出地:那須塩原市井口533番4
 泉温:47.8℃
 湧出量:112.8L/min
 知覚的試験:黄色透明・無味
 pH:8.0
 泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
 成分総計:0.7158g(炭酸水素イオン265.0mg)

DSCN3144_202212101935597b9.jpg

DSCN3148_202212101936021ba.jpg

DSCN3149_202212101936024a2.jpg

DSCN3150_202212101936043b3.jpg

DSCN3183_202212101936064b9.jpg


<影響を与える事項>

 影響を与える事項の掲示はありませんが、実感は循環ろ過、加温でした。塩素臭はしませんが消毒の有無は不明です。


<理解できない源泉>

 栃木県からは、源泉名「第2大鷹の湯」の利用で浴用許可と決定書が出ています(平成30年)。一方、源泉名「マロニエ源泉」の分析書が掲げられています(平成25年)。両方とも湧出地の住所が同じなので、同一源泉かと思われます。
 栃木県に登録されている源泉は「第2大鷹の湯」ですが、マロニエ苑が「マロニエ源泉」として民間分析機関に分析を依頼したと考えました。
 手元に平成24年以降の温泉審議会の記録がありますが、該当源泉は見当たらず、それ以前に開発された源泉でしょう。勝手に推測するに、マロニエ苑は以前は西那須野町か大鷹の湯の所有地で「第2大鷹の湯」を所有していたと考えると合点がいきますが、真偽のほどは不明です。


<大浴場>

 右手の窓際に長方形の温泉浴槽、左手に個室ブースの洗い場が12ブースあります。
 源泉「第2大鷹の湯」は、単純泉で、真裏にある「大鷹の湯」より透明度高くモール臭は感じられません。ぬすすべ度も大鷹の湯より弱いです。若干のぬるめで、貸切状態で長湯しました。

DSCN3174_20221210194545d3e.jpg

DSCN3173_20221210194547ae7.jpg

DSCN3166_20221210194628cd2.jpg

DSCN3178_20221210194630cb9.jpg


<湯口/オーバーフロー>

 湯口からちょろちょろと常時源泉が投入されています。湯口の湯は浴槽内より若干低い湯温です。

DSCN3168_20221210194924b9d.jpg

 浴槽縁の切れ込みのオーバーフロー部からは、同量がオーバーフローしていきます。

DSCN3167_20221210194926356.jpg


<循環・加温>

 浴槽の底2ヶ所から吸いこみあり。窓際の浴槽側面2ヶ所から循環湯が出ています。時折熱くなります。

DSCN3170_20221210195246c71.jpg


<サウナ・水風呂>

 浴室入口先の左右にサウナと水風呂があります。

DSCN3172_20221210195248c11.jpg

DSCN3175_20221210195250003.jpg


<洗い場>

 洗い場は個室ブースになっています。

DSCN3161_20221210195449ec4.jpg

DSCN3181_20221210195450559.jpg

DSCN3180_20221210195452dbd.jpg

 浴槽から見る光景は、壁のようです。

DSCN3179_202212101954535cf.jpg


<貯湯タンク>

 駐輪場の横に「貯湯タンク」がありました。

DSCN3190_202212101956098a7.jpg

DSCN3191_20221210195610017.jpg


○井口湯釜地 那須塩原市井口

 井口の昔の地名は湯口で、温泉が湧き、湯治場がありました。平地に珍しく温泉の湧き出る湯口村は遠くからも湯治客が訪れ宿が建つほど賑わいました。神社仏閣が多いです。
 井口にある「湯王山 慶乗院 観音寺」の山号は、同寺の北100mほどの湯釜地から温泉が湧出していたことに由来するとのことです。
 湯釜地から湧き出た温泉は、慶乗院の西側を流れる湯川から高柳、石林へ流れていました。慶長年間(1596-1611)に起きた会津大地震によって温泉は冷泉となります。
 現在、井口の湧水は地下の集水管を使って津室川湧水地(後述)に導水されており、慶乗院の北をさがしてみましたが湯釜地の痕跡はなく、湯川も途切れてしまっています。(慶乗院の住職さんからお聞きしました)

<湯王山 慶乗院 観音寺> 那須塩原市井口291 0287-36-6599

 菊家紋入供養塔があります。
 住職「この辺は温泉がいっぱい湧いている。競馬のところも温泉。小来川温泉が地震で湧いて、こちらは水となった。湯釜地は現在痕跡は残っていない。」

DSC05994.jpg

DSC06003.jpg

DSC05997.jpg


<井口天満宮/二子塚温泉神社> 那須塩原市井口261

 後に二子塚温泉神社(ふたごづか)が合祀されており、鞘堂の中は2つの祠があります。天満宮と二子塚温泉神社が祀られています。

DSC06012.jpg

DSC06010_20221212170413bf7.jpg

DSC06009_20221212170415120.jpg


<井口温泉神社> 那須塩原市井口921

 上井口公民館の脇にあります。

DSC06026.jpg

DSC06028.jpg

DSC06034.jpg


<椿稲荷神社> 那須塩原市井口714

 一の鳥居から拝殿まで7つの鳥居をくぐります。お堂の裏にお稲荷様の石の祠があります。

DSC06017.jpg

DSC06019.jpg

DSC06020.jpg


<井口の生駒神社> 那須塩原市井口1888

 市指定文化財の絵馬があります。「絵馬の奉納年月は文化8年(1811)8月、作者は野川守盈とされる。図柄は源平合戦の一つ「一ノ谷の戦い」(1184)で平家が破れ、波打ちぎわで熊谷直実が平家の若武者平敦盛を海上より招きかえす平家物語の有名な場面である。」(那須塩原市HP)
 大きい絵馬なので驚きました。
 「狩野村 奉生駒神霊 大字井口鎮座」

DSC06035.jpg

DSC06037.jpg

DSC06039.jpg

DSC06040.jpg

DSC06042.jpg


○津室川湧水地 那須塩原市西富山476

 津室川湧水地は、井口の湯釜地(現在はずい道)等を水源とし、管を埋めて周囲の湧水が集められたところです。ライスラインの脇にあります。
 集水管は中島飛行機製作所関係工場の工業用水確保のため掘削して敷設されたもの。近隣の温泉(井口:大鷹の湯、那須マロニエホテル、南郷屋:長寿の湯、接骨木:ピラミッド温泉や地方競馬教養センター駒の湯(入りたいな)、横林:やしお温泉(閉館)などから想像して、冷水になっても、もしかしてぬるすべ?と思い手をすりすり、腕をすりすりしましたが、清水でした。

DSC05991_20221212171226dc4.jpg

DSC05982.jpg

DSC05984.jpg

DSC05992_20221212171231438.jpg


○旧西那須野町の温泉

 那須塩原市に合併した旧西那須野町には、平野部に温泉が多くあります。
 
・乃木温泉ホテル 日帰り入浴も可。1100円。かけ流しではありません。
・日帰り温泉ゆの郷 かけ流しではありませんが安いです。390円。
・那須マロニエホテル 今回。
・大鷹の湯 かけ流し 千本松温泉に次いで多く行きました。 
・千本松温泉 かけ流し 23時まで営業しており夜によく行きました。
・健康長寿センター長寿の湯 循環ろ過・塩素ですが悪くはないけど、浴室が暗く高齢者の利用が多く、時に。。。
・那須パレスホテル 日帰り不可 駐車場に垂れ流し源泉。

テーマ : 日帰り温泉 - ジャンル : 旅行

湯殿山供養塔 要金寺

○要金寺 那須塩原市金沢787

 横断道路沿の石碑群に、湯殿山の文字があったので寄りました。
 月念仏供養塔や十九夜塔、湯殿山供養塔などがあります。


<湯殿山永代月参供養塔>

 寛政六甲寅年(1794)と記銘。

DSCN5222_202106262127493ae.jpg

DSCN5223_2021062621275085e.jpg

DSCN5224_20210626212752d3f.jpg


<境内>

 要金寺は池があったりと小奇麗にまとまったお寺でした。

DSCN5221_20210626212933645.jpg

DSCN5225_20210626212935a84.jpg

DSCN5227_20210626212936afd.jpg

DSCN5226_20210626212937b2e.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 塩原出羽三山

塩原温泉彷徨

○塩原温泉

【福渡】
 ・坂口屋旅館
  旅館部分は解体、残っていた自宅部分も解体され、更地は駐車場となりました。

DSCN5217_20210626002526237.jpg


 ・玉乃屋旅館
  かろうじて建物は残っています。

DSCN5218_202106260025272bc.jpg


 ・和泉屋旅館

  文学亭の玄関に木戸がはめられました。
  次第に廃墟となるのか。

DSCN5219_20210626002528069.jpg

DSCN5220_20210626002530376.jpg


【塩釜】
 ・八峰苑

  更地となった土地は、駐車場となりました。なんか虚しいです。

DSCN5207_20210626002524a1d.jpg


 ・七ツ岩園地足湯

  誰もいないのでのんびり足湯。栃木県発の足湯(平成14年)の歴史があります。

DSCN5216_20210626002757692.jpg


【畑下】
 ・湧花庵

  営業していません。休館か閉館か不明。HPが消失したので閉館と推測。

DSCN5208_20210626002759a8a.jpg


【門前】
 ・門前の湯

  引き続き、オープンの雰囲気なし。
 

【古町】

 ・温泉むすめ

DSCN5209_2021062600280064f.jpg


 ・ゆとりろ那須塩原

  看板変わりました。

DSCN5211_20210626002801e43.jpg

DSCN5210_202106260028038c9.jpg


【上塩原】

 ・そば処延四郎

  営業していました。

DSCN5214_20210626003030b9d.jpg

テーマ : 栃木県 - ジャンル : 地域情報

tag : 塩原閉館

嶽山箒根神社高清水(遥拝殿) 

〇嶽山箒根神社高清水(遥拝殿)  那須塩原市宇都野939-2

 麓の遙拝殿です。

(那須塩原市HP説明)
「嶽山箒根神社高清水(遥拝殿)
 創建は大同元年(806)とされているが、定かではない。神社の縁起によると、宇都野(那須塩原市)町井沢より雲が龍のごとくたち昇り、光輝きながら霧雨崎へ渡って行ったのを見て、高清水大権現と崇めて祠を建て、高清水神社としたという。
 その後、嶽山箒根神社の別当として本社(奥の院)祭礼の時には、近在の農民たちが豊作を祝い、長百姓は本社並びに熊野社の前に座し、組頭は日光山神社の前に座り、祭典を行ってきた。寛政2年(1790)に再建され、その後大正5年(1916)、本社(奥の院)と合併し、嶽山箒根神社の遥拝殿となった。」

 二基の木製両部鳥居をくぐり、石段を上がります。
 石段を上がると、両側に大きな杉があります。

DSCN5069_202106252256199a9.jpg

DSCN5054_20210625225617274.jpg

DSCN5057_20210625225620f87.jpg

DSCN5068.jpg


<社殿>

 「霧雨崎」の扁額が掲げられています。

DSCN5058_20210625225824303.jpg

DSCN5061_202106252258267c4.jpg

DSCN5060_202106252258273a2.jpg

DSCN5059_20210625225828e52.jpg


<彫刻>

 繊細・綺麗な彫刻が施されています。

DSCN5065_20210625225953761.jpg
     
  「亀を見る仙人」
 DSCN5062_20210625225955bc3.jpg

 「虎を連れた仙人」
 DSCN5063_2021062522595615d.jpg

 「琴を弾く玉巵」
 DSCN5064_20210625225958856.jpg


<説明板>

 社殿横にある那須塩原市教育委員会説明板。

DSCN5066_20210625230140a86.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 塩原

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR