古隅田川④ 梅若丸と北三谷

 こちらは隅田川ではなく、古隅田川での梅若丸の伝説です。

○梅若丸と北三谷 足立区東和2-1-12 北三谷稲荷橋跡

 古隅田川の流路の北三谷稲荷橋跡(はま寿司駐車場前)に、説明板「梅若丸と北三谷」があります。

(説明板)
「梅若丸と北三谷 出会いの川 古隅田川
 この辺りは、19世紀終わり頃まで北三谷村といわれたところである。慶長19年(1614)の古文書に「淵江之内ふげんじ・さん屋新田間之事」とあり、その頃開拓されたことがわかる。
 当時は、古隅田川が利根川流域の氾濫原野の湿地帯であったと想定される。この開拓にまつわり、謡曲や浄瑠璃「隅田川」で名高い梅若丸の物語に由来する伝説がある。その昔、貴族の子梅若丸が人買いに誘拐されて奥州へ向かったことを知った母親が、従者4人を伴って京の都から追ってきた。しかし、隅田川の渡し守から梅若丸が死んだことを聞き、悲嘆にくれて尼となり草堂にこもってしまった。主を失った従者は浅草山谷の地に住んだがやがて安住の地を求めて隅田川を北上し、この地を開いて北三谷と名付けたのだと言う。
 「隅田川」の舞台は村上天皇の時代というから10世紀の物語で、開拓年代とは5世紀以上も開きがあるが、これも隅田川の名が生んだ地名伝説の一つとして継承されてきたものであろう。」

DSCN0203_20210125220529cd2.jpg

DSCN0200_20210125220531daa.jpg

DSCN0201_20210125220532747.jpg


○宝蔵寺 足立区東和2-5-24

 古隅田川の流路の宝蔵寺橋跡の北に「宝蔵寺」があります。 荒川辺八十八ヶ所霊場55番札所及び荒綾八十八ヶ所霊場31番札所です。

DSCN0204_2021012522053333c.jpg

 梅若丸の母の四人の従者が土地の守り神として北三谷に一宇を建てたのがはじまりと伝わります。山門は幼稚園入口となっていて、閉じられていて中に入れません。

DSCN0118_202101252207351d3.jpg

DSCN0112_202101252207373a8.jpg


○北三谷稲荷神社 足立区東和2-5-24

 宝蔵寺の隣に北三谷稲荷神社があります。 北三谷村(東和1.2丁目付近)の旧村社です。

DSCN0113.jpg

DSCN0114_20210125220855be1.jpg

DSCN0117.jpg


<水神宮>

 本殿横に水神宮が祀られています。江戸時代には古隅田川、綾瀬川を利用して下肥を運ぶことが盛んで、古隅田川沿いのこの水神宮は水運安全を願って、境内に祭られるようになりました。

DSCN0116_2021012522085898e.jpg


<日露戦役紀念之碑>

DSCN0115_2021012522090044e.jpg


<北三谷新田>

 北三谷は、村の名主、河合平内が北三谷新田を開発しました。墓が北三谷の円性寺にあります。

DSCN9585hugenji.jpg

「北三谷新田絵図」(元禄8(1695)年 足立区立郷土博物館所蔵)

 元禄8(1695)年に行われた検地の際に作成された北三谷新田の作業用下図です。右に南北に流れている「本庄御上水」(葛西用水)、画面中央を東西に流れている「大谷田落」(八か村落とし)が見えます。南側を東西に古隅田川が流れています。

kitasanyasinden.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 古隅田川戦役紀念碑新田開発荒綾八十八ヶ所霊場

古隅田川③ 親水水路

〇古隅田川親水水路 北三谷橋~元隅田橋

 中川と綾瀬川を繋ぐ古隅田川親水水路は、葛飾区と足立区の境となっていて、両区の共同整備で完成しています。古隅田川流路跡の所々にパネルが設置されています。

<水源>
 水源は、花畑川→葛西用水親水水路→八か村落し親水緑道→古隅田川親水水路(環境省資料より)となっています。導水部分は、葛西用水交差北三谷橋、綾瀬駅北口八か村落とし口から元隅田橋へと推測。

<マンホール蓋>
 いくつかのパターンのマンホール蓋が見受けられました。

DSCN0434.jpg

DSCN0457_202102022127054d6.jpg

DSCN0458_2021020221270541b.jpg


長門排水場(跡)~北三谷橋
○北三谷橋~元隅田橋
梅若丸と北三谷
元隅田橋~東綾瀬公園
元隅田橋~綾瀬川
裏門堰親水水路


○北三谷橋/名にしおばいざこととはん都鳥

 古隅田川と「葛西用水・曳舟川水路跡」が交差するのが北三谷橋。在原業平が都鳥の歌を詠んだのは、この辺りではないかとのこと。

DSCN0222_202101271125212bb.jpg

DSCN0221_2021012711252295f.jpg

DSCN0231_202101271125241c3.jpg

DSCN0226_202101271125254fb.jpg

<亀有大水車> 足立区東和2-17-8

DSCN0229_20210127113110697.jpg

DSCN0230_202101271131118dd.jpg

<古隅田川(足立・葛飾区)総合案内>

(説明板)
「古隅田川(足立・葛飾区)総合案内 出会いの川 古隅田川
<概要>
 古隅田川はかつて利根川の流末の一つで、豊かな水量をもつ大河でありましたが、 中川の灌漑事業等により水量を失い、やせていったものと考えられています。近代に至っては、雑排水路として利用されてきました。
 現在は下水道の整備によって、排水路としての使命を終え、荒川と中川を結ぶプロムナードとして期待されています。
 また、古隅田川は古来、下総国と武蔵国の境界であるとともに、人と人との出会いの場でもありました。
 そこで、古隅田川に水と緑の景観を再生するため、「出会いの川、古隅田川」をテーマに、失われた生物を呼び戻し、潤いのある人と人との交流と安らぎの場を創出したものです。
<位置>
 当施設は中川から綾瀬川、そして荒川を結ぶ範囲の足立区と葛飾区の区境にほぼ重なっており、古隅田川は中川と綾瀬川を結び、裏門堰は荒川と綾瀬川を結んでいます。
 また、古隅田川に隣接して5つ公園があり、河添公園、下河原公園は足立区に、袋橋公園、白鷺公園、小菅万葉公園は葛飾区に位置しています。
<延長>
 古隅田川 約5,450m
 裏門堰  約1,100m
  足立区・葛飾区」

DSCN0223_20210127113104280.jpg

DSCN0224_202101271131054a8.jpg

「蒲原村宿駅伝説」  足立区東和2-9-16(説明板)
 古隅田川の北に添った蒲原村は古い駅路の宿だったと言われています。在原業平が都鳥の歌を詠んだのは、この辺りではないか、また源頼朝が宿陣したとの伝えがあります。

(説明板)
「蒲原村宿駅伝説 出会いの川 古隅田川
 寛政6年(1794)出版の「四神地名録」に、「この土地の人のいい伝えに、古隅田川の北に添った蒲原村は、むかしの駅で今でも宿という地名が残っている。在原の業平が東下りした時「名にしおばいざこととはん都鳥我思ふ人は有りやなしや」と詠んだのは、この辺りではないか、今、隅田川と称している地は二百四~五十年前は海だったから川があるはずがないという」とある。
 その他の地誌にも、蒲原が古い駅路の宿だったかどうかを記しているものが多い。このため、治承4年(1180)源氏の再起を賭けて伊豆に挙兵、敗れて安房国に逃れた頼朝が再び鎌倉をめざして下総国から武蔵国に入った時、蒲原村に宿陣したという説が地元に根強く伝わっている。」

DSCN0219_20210127113107409.jpg

江戸時代に蒲原新田が開発されました。
kabara.jpg


<手づくり郷土賞> 東和銀座商店街

 東和銀座商店街が昭和62年に手づくり郷土賞を受賞。東京都モデル商店街第1号の指定を受けましたが多目的フレームによるアーケードは撤去され、過去の賑わいはありません。国土交通省:過去受賞「東和銀座商店街

DSCN0225_20210127113108cd9.jpg

DSCN0462_2021020221313209a.jpg


<北三谷一号橋>

DSCN0218_20210127113642161.jpg


<北三谷二号橋>

 親水路がありますが、バルブ老朽化で故障中のため、流れは中止中。

DSCN0217_20210127113643a88.jpg

DSCN0461_20210202213412ad2.jpg

DSCN0460_20210202213413f1a.jpg

DSCN0459_20210202213414fad.jpg


<北三谷稲荷橋>
 梅若丸説明板がはま寿司の駐車場前にあります。北に北三谷稲荷神社があります。(別途記載

DSCN0203_20210127113645010.jpg


<宝蔵寺橋>
 北に宝蔵寺があります。(別途記載

DSCN0204_20210127113646796.jpg


○北三谷三号橋/「軍用金伝説」 葛飾区西亀有4-5-3(説明板)

DSCN0207_20210127113648aa6.jpg

(説明板)
「軍用金伝説 出会いの川 古隅田川
 古代から古隅田川は、武蔵国と下総国との国境をなすほどの大河でした。船の行き来も盛んで、人やものを運ぶ大切な交通手段でもありました。
 この辺りは、大きく曲がっているところから大曲と呼ばれ、舟の舵取りの難しいところとされていました。慶長18年(1613)2月の暴風雨の時に、この難所で1隻の船が沈没してしまいました。いつのまにか「沈没した船に軍用金が積んであった」という噂が広まり、明治に至るまで、軍用金探しが行われたそうです。しかし、発見されることなく、近年の区画整理などのため、いまではその正確な場所もわからなくなってしまったそうです。」

DSCN0210_202101271136495b4.jpg

DSCN0205_20210127113651b1d.jpg


<郷乃一之橋>

DSCN0212_202101271150407f4.jpg


<郷乃二之橋>

DSCN0213_202101271150414b7.jpg


○東隅田橋
 常磐線ガード手前です。総合案内のパネルがあります。

DSCN0214_20210127115634cf5.jpg

DSCN0215_202101271156357b5.jpg


「古隅田川(足立区・葛飾区)総合案内」

DSCN0216_2021012711563708c.jpg


<隅田橋>
 常磐線のガードをくぐり、線路沿いに進み、再度ガードをくぐり線路沿を進むと、下河原公園手前角の交差点が「隅田橋」です。

DSCN0455_20210202213744ce1.jpg

DSCN0235_20210127120658aab.jpg


〇下河原公園  足立区東綾瀬1-11-12

DSCN0243_20210127120254266.jpg


<古隅田川を巡る歴史>
 公園沿の歩道にパネル設置。

DSCN0241_202101271202568d0.jpg


<庚申供養塔>
 公園の北に庚申塔が3基あります。

・「奉供養庚申塔」安永6(1777)年
 「右 六阿ミ陀道」「左 江戸道」道標を兼ねています。六阿弥陀詣を導く道標がここにあることは、遠出で来る巡拝者も多かったことが伺えます。
・「青面金剛立像庚申塔」平成8(1996)年。珍しい新しい庚申塔です。
・「青面金剛立像庚申塔」文久2年(1862)12月

DSCN0240_202101271202587c1.jpg

DSCN0236_20210127120259b23.jpg

DSCN0237_2021012712030003b.jpg

DSCN0239_2021012712030252f.jpg

DSCN0238_20210127120303458.jpg


<西隅田橋>
 下河原公園を越えて、西隅田橋。

DSCN0244_2021012712065920b.jpg


<宿添橋>
 東京都立葛飾ろう学校(葛飾区西亀有2-58-1)の手前交差点に「宿沿橋」。ろう学校に沿って、川筋が続きます。

DSCN0245_20210127120924d9f.jpg

<親水水路>
 ろう学校前の歩道に親水水路があります。水は流れていません。

DSCN0454_202102022144069fb.jpg

DSCN0453_20210202214408815.jpg

DSCN0452_2021020221440954f.jpg


<境四橋>
  常磐線のガードをくぐった先の交差点が「境四橋」。

DSCN0246_202101271209258d2.jpg


<親水水路>
 境四橋の先に親水水路が見えて、河添公園の横を流れ道路に沿って続きます。

DSCN0248_2021012712092781e.jpg

DSCN0451_202102022147304c5.jpg

DSCN0249_202101271209290f7.jpg


<入圦橋> 葛飾区堀切8-26
 川の手通り手前の入圦橋から親水水路はもぐります。

DSCN0450_20210202215005cfb.jpg


<出会いの川・古隅田川/古利根川流末関係図>
 四阿が出現し、左手にパネルが2枚、設置されています。ここから葛飾区側は西亀有から堀切となります。

DSCN0255_20210127121348988.jpg

DSCN0252_2021012712134927b.jpg

(説明板)
「出会いの川・古隅田川
 古隅田川流域は16世紀まで坂東太郎利根川の流末の一つで、広大な河川敷であったと考えられている。利根川が江戸に氾濫を及ぼすために、江戸時代初期から改修され、その本流を江戸川へ移し、さらに現在の流路に付け替えられて、鹿島灘へ注ぐようになった。のち旧河道(古利根川)が中川として新宿地点から南流すると、それまで西流して隅田川へ注いでいた河道は干上がり、河底部が大きく蛇行して残った。
 これが古隅田川である。かくして広大な河原は17世紀半ば頃までには、次々と新田が開かれ、新しい村々が誕生した。
 古隅田川がまだ大河であった頃は、武蔵国と下総国の国境で、そのため足立区側(渕江領)は武蔵一ノ宮の氷川神社を勧請して氏神とし、葛飾区側(葛西領)は下総一ノ宮の香取神社を氏神として祭り、その形態は今日まで及んでいる。
 古隅田川南岸部に当たる亀有・小菅地区は利根川の運んだ土砂で自然堤防ができ、この砂州に中世期から村々が形成されていた。これらの古い村々からの文化が、渕江領の新田へ寺院進出に伴って伝わっている。渕江領の村々も、水戸街道に交通を依存していたから古隅田川に橋を架け葛西領に足を運んだ。
 古隅田川は、もと国境だったとは言え、沿岸住民にとっては切っても切れない出会いの関係で結ばれていたのである。」

DSCN0253_2021012712135148c.jpg

DSCN0254_20210127121352c3f.jpg


<上千葉遺跡と普賢寺> 葛飾区堀切8-24

(説明板)
「上千葉遺跡と普賢寺 出会いの川 古隅田川
 この遣跡の発見は古く、嘉永3年(1850)畑から壺とその中から古銭約1万5千枚が発掘されました。古銭は開元通宝・皇宋通宝・元豊通宝など中国からの輸入されたもので、壺は愛知県常滑で焼かれた13〜14世紀の製品です。古銭出土地点周辺には 「城口(錠□?)」「ギョウブ(刑部?)」「クラノ内」などの字名があることから、付近に城館跡が存在していた可能性が高い地域です。また、付近には治承4年(1180)の開基といわれる古城の跡に建立されたとする普賢寺が在ります。寺には、都史跡に指定されている
鎌倉時代末期頃の宝篋印塔三基があり、葛西氏ゆかりのものと伝えられています。」

DSCN0250_20210127121354184.jpg
    

○随喜稲荷社 葛飾区堀切8-26-26

 川の手通りとの交差に随喜稲荷社があります。煉瓦の何かの土台らしきものが気になります。

DSCN0442.jpg

DSCN0448_202102022152595f8.jpg

DSCN0449_20210202215300549.jpg

DSCN0447_20210202215302c62.jpg

DSCN0443.jpg

DSCN0445.jpg

DSCN0444.jpg


〇元隅田橋 葛飾区小菅4-20・21〜足立区綾瀬2-5

 元隅田橋で古隅田川緑道に繋がります。
 本来の古隅田川は、元隅田橋で綾瀬駅へ向かい、綾瀬駅の向こう側を回って、現在の綾瀬川通りを南下していました。

DSCN0435_20210202215701490.jpg

DSCN0430_202102022157004e6.jpg

DSCN0266_2021012700585659d.jpg

次 古隅田川緑道及び古隅田川~綾瀬駅

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 古隅田川マンホール六阿弥陀煉瓦手づくり郷土賞新田開発ユリカモメ

古隅田川② 古隅田川緑道

○古隅田川緑道 大六天排水場〜元隅田橋

 大六天排水場から元隅田橋まで、古隅田川緑道として整備されています。平成12(2000)年に、国土交通省「手づくり郷土賞」を受賞しています。

<大六天排水場> 葛飾区小菅3-3-2

 古隅田川が綾瀬川に合流するのが大六天排水場です。

DSCN0273_202101270056019e7.jpg


<木橋> 葛飾区小菅3-4〜足立区綾瀬2-1

 排水門の手前に木橋がかかっています。

DSCN0274.jpg

DSCN0277_2021012700560673a.jpg

 「古隅田川(足立・葛飾区)綜合案内」の説明板が設置されています。

DSCN0275_2021012700560460a.jpg


<鵜森橋> 葛飾区小菅3-4〜足立区綾瀬1-4・1-5

 2つ目の橋です。

DSCN0272.jpg


<陸前橋> 葛飾区小菅4-2〜足立区綾瀬1-5

 レンガ橋の車道です。

DSCN0271_20210127005851c82.jpg

DSCN0270.jpg


<小菅の風太郎> 葛飾区小菅4-1

 木橋の手前に説明板「小菅の風太郎」があります。

DSCN0265_20210127005853ada.jpg


<古隅田川緑道案内図> 葛飾区小菅4-2

 木橋を渡ったところに古隅田川緑道案内図があります。元隅田橋から大天排水場までの案内図が掲示されています。

DSCN0266a.jpg

DSCN0266_2021012700585659d.jpg

DSCN0269_2021012700585822d.jpg

DSCN0268_20210127005859bb5.jpg


<古川橋> 葛飾区小菅4-2

 レンゴーの入口となっています。

DSCN0262_20210127010139ef6.jpg


<白鷺公園> 葛飾区小菅4-2-25

 シラサギはいません、カルカモがいます。

DSCN0263.jpg


<蓮昌寺板絵類>

 右手に「蓮昌寺板絵類」の説明板があります。

(説明板)
「蓮昌寺板絵類 出会いの川 古隅田川
蓮昌寺には区指定文化財の木版彩色図(絵馬)が保存されています。記されている紀年から、文久2年(1862)~昭和14年(1939)までの間に寄進されたことがわかります。描かれている絵は、宗教関係の図が多く、そのほか、収穫図、能楽翁の図などがあり、蓮昌寺を中心とする信仰の形態を示す資料として貴重です。
 蓮昌寺は、正安2年(1300)創建と伝えられています。」

DSCN0260_20210127010142771.jpg

DSCN0258_2021012701014374b.jpg

※「蓮昌寺」については、こちらで記載しています。


<古隅田川と東京低地>

 左手に「古隅田川をめぐる歴史」「古隅田川と東京低地」の説明板があります。

(説明板)
「古隅田川と東京低地 出会いの川 古隅田川
 東京低地は、関東諸地域の河川が集まり東京湾に注ぐ、全国的にも屈指の河川集中地帯です。これらの河川によって上流から土砂の堆積作用が促され、海だったところを埋めていきます。特に利根川は東京低地の形成に重要な役割を果しています。利根川が現在のように鬼怒川と合流し、その後千葉県銚子で太平洋に注ぐようになったのは江戸時代初期に行われた改修のためです。利根川は古くは足立・葛飾両区の間を流れる古隅田川、江戸川、中川がその支流となり東京湾へ注いでいました。足立区と葛飾区が直線的ではなくて、なぜくねくねと曲がりくねっているのかと疑問をもたれる方も多いと思います。実は古隅田川の流路が区境となっているからです。足立区と葛飾区の境は、歴史的に見ると古くは武蔵・下総国の境であり、それが現在まで受け継がれているのです。古隅田川は足立区千住付近で入間川と合流し、現在の隅田川沿岸地域でデルタ状に分流しており、この付近に寺島・牛島などの島の付く地名が多いのは、その名残です。現在のように、古隅田川の川幅が狭くなってしまったのは、上流での流路の変化や利根川の改修工事によって次第に水量が減ってしまったせいです。今では、古代において古隅田川が国境をなした大河であったことをしのぶことはできませんが、安政江戸地震(1855)が襲った際、亀有など古隅田川沿岸地域では液状化によって家屋や畑に被害が出たという記録が残っています。その原因は古隅田川が埋まってできた比較的新しい土地が形成されているためだそうです。地震の災害は困ったものですが、見方を変えれば古隅田川が大河であったことを裏つけているのです。」

DSCN0261_2021012701014483d.jpg


<ショートカット>

 元の古隅田川の流路は、ここから綾瀬駅へ北上し、南下し元隅田橋に至ります。現在の白鷺公園から元隅田橋の流路は後から造られたショートカットです。
 白鷺橋も後から造られた橋ですが、「古隅田川」のプレートがかかります。元隅田橋が残っているので、本来の古隅田川は元古隅田川なのでしょう。

DSCN0256_20210127010348f96.jpg

DSCN0257_20210127010350f59.jpg

次 古隅田川親水水路

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 古隅田川小菅煉瓦綾瀬川手づくり郷土賞

古隅田川① 万葉公園 裏門堰 五反野親水緑道

○小菅万葉公園  葛飾区小菅1-35-16

 東京拘置所の西側、古隅田川の流路跡が小菅万葉公園として整備されています。四阿があり、小菅御殿跡と銭貨を鋳造した小菅銭座跡の説明板があります(文字の劣化で読みにくい)。また、「古隅田川(足立・葛飾区)総合案内」の説明板があります。

DSCN0167.jpg

DSCN0168_2021012420163320c.jpg

DSCN0169.jpg

DSCN0179_20210124201635f4c.jpg

<小菅御殿跡>

 小菅御殿、小菅御籾蔵、小菅県県庁、小菅煉瓦製造所、小菅監獄、東京拘置所と変遷してきました。

(説明板)
「小菅御殿跡 出会いの川 古隅田川
 小菅には江戸の初め関東郡代伊奈忠治の1万8千余坪にのぼる広大な下屋敷がありました。元文元年(1736)八代将軍吉宗の命によりその屋敷内に御殿が造営され、葛西方面の鷹狩りの際の休憩所として利用されました。御殿の廃止後は小菅籾蔵が置かれ、明治維新後に新しく設置された小菅県の県庁所在地となっています。さらに小菅籾蔵には小菅煉瓦製造所が建てられ、現在の東京拘置所の前身である小菅監獄に受け継がれて行きます」。

DSCN0171_20210124201830607.jpg

<小菅銭座跡>

(説明板)
「小菅銭座跡 出会いの川 古隅田川
 小菅御殿跡の南側(現在の小菅小学校)には安政6年(1859)から慶応3年(1867)にかけて幕府の銭貨を鋳造した小菅銭座が置かれていました。文久3年(1863)5月の調べでは鋳造高70万7250貫文に達し、小菅で鋳造された銭は遠く、京都・大阪にも回送されました。昔あった掘割は埋められてしまい姿を止めていませんが、今でも「ぜんざ(銭座)橋」と刻んだ石柱が残っています。銭を鋳造する鉄材は、この橋付近で荷揚げされ、裏門から銭座へ運び込まれたということです。」
(安政年間小菅銭座の図掲示)

DSCN0172_20210124201831362.jpg

DSCN0173_20210124201833733.jpg
 
<古隅田川(足立・葛飾区)総合案内>

(説明板)
「古隅田川(足立・葛飾区)総合案内 出会いの川 古隅田川
<概要>
 古隅田川はかつて利根川の流末の一つで、豊かな水量をもつ大河でありましたが、 中川の灌漑事業等により水量を失い、やせていったものと考えられています。近代に至っては、雑排水路として利用されてきました。
 現在は下水道の整備によって、排水路としての使命を終え、荒川と中川を結ぶプロムナードとして期待されています。
 また、古隅田川は古来、下総国と武蔵国の境界であるとともに、人と人との出会いの場でもありました。
 そこで、古隅田川に水と緑の景観を再生するため、「出会いの川、古隅田川」をテーマに、失われた生物を呼び戻し、潤いのある人と人との交流と安らぎの場を創出したものです。
<位置>
 当施設は中川から綾瀬川、そして荒川を結ぶ範囲の足立区と葛飾区の区境にほぼ重なっており、古隅田川は中川と綾瀬川を結び、裏門堰は荒川と綾瀬川を結んでいます。
 また、古隅田川に隣接して5つ公園があり、河添公園、下河原公園は足立区に、袋橋公園、白鷺公園、小菅万葉公園は葛飾区に位置しています。
<延長>
 古隅田川 約5,450m
 裏門堰  約1,100m
  足立区・葛飾区」

DSCN0174_2021012420183485b.jpg

DSCN0176.jpg

DSCN0177.jpg


○裏門堰親水水路/一茶と小菅

 裏門堰は、古隅田川ではなく、旧綾瀬川流路です。現在は、綾瀬川から裏門堰親水水路に取水し、五反野親水緑道の下に設置された浄化槽で浄化し緑道に供給し、再び綾瀬川に戻し河川浄化の一助としています。

 万葉公園から歩いてきて、新古川橋を渡って少し東へ行くと、説明板「一茶と小菅」があります。
 小林一茶は小菅御籾蔵の句を詠んでいます。「遠水鶏 小菅の御門 しまりけり」(閉まろうとする小菅御籾蔵の御門を叩いているような水鶏の声が遠くから聞こえてくる。静かな夏の小菅の夕刻です。)
 また、合歓の花の句を詠んでいます。「古舟も そよそよ合歓の もようかな」

DSCN0178.jpg

DSCN0158_20210124202201949.jpg

DSCN0152_20210124202203b75.jpg

DSCN0153_202101242022044f7.jpg

(説明板)
「一茶と小菅
 江戸時代の俳人小林一茶は足立や葛飾あたりの風物を詠んだ秀句を多く残しています。その中から、特に小菅に由緒の深い句をとり出して紹介します。
(小菅籾蔵)
 遠水鶏 小菅の御門 しまりけり
 閉まろうとする小菅籾倉の御門を叩いているような水鶏の声が遠くから聞こえてくる。静かな夏の小菅の夕刻です。
(合歓の花)
 古舟も そよそよ合歓の もようかな
 一茶の深川紀行に「小菅川に入る。左右合歓の花盛りなり。」とあり、続いて右の句が記されています。小菅川とは、綾瀬川下流の別称です。歌川広重の江戸名所百景にも描かれ、江戸名所花暦にも、次のように紹介されています。
「合歓の木」綾瀬川・・・・花又村(今の足立区花畑)の川筋、小菅御殿の跡の辺、いにしえはおほかりしが、いまはここかしこにあり・・・。
 現在の東京拘置所付近の綾瀬川辺りが合歓木の名所であったようです。綾瀬川の合歓木は江戸の人々にも花名所として知られていたようです。
 初夏に小枝の先にうす紅色の長い糸のような可憐な花をつけます。この花をたずねて、風雅を愛する人々が訪れたことでしょう。
(葛西ばやし)
 けいこ笛 田はことごとく 青みたり
 今年も豊年。秋祭りももうすぐだ。葛西ばやしは葛飾地方に古くから伝わる郷土芸能のひとつです。かつて小菅に下屋敷のあった関東郡代、伊奈半十郎忠辰は、天下泰平、五穀豊穣、さらには一家の和合と非行防止、余暇善導を目的として、おおいに葛西ばやしを奨励しました。毎年各町村で葛西ばやし代表者推薦会を催し、選ばれた者を代官自ら神田明神の将軍上覧祭りに参加を推薦したので、一層流行し、農業の余暇にお囃子を習う若者が続出したといわれます。
(蚊)
 かつしかの 宿の藪蚊は かつえべし
 蚊もまた葛飾の名物だったようです。」

DSCN0154_20210124202206030.jpg

DSCN0157_202101242022075f7.jpg

DSCN0155_202101242022090de.jpg


<裏門堰親水水路は改修整備中>

 改修は終わっています。

DSCN0497_20210202212029d2f.jpg

DSCN0496.jpg

DSCN0499_202102022120326d4.jpg

DSCN0500_20210202212033376.jpg


<裏門堰> 足立区立郷土博物館に保存

 裏門堰が足立区立郷土博物館に保存されています。「裏門堰」「大正四年三月竣工」と刻まれています。説明板がないので、詳細はよくわかりません。

DSCN9580_20220912184515aa8.jpg

DSCN9577_20220912184517d1f.jpg

DSCN9578_20220912184520286.jpg

DSCN9579_20220912184520962.jpg


○五反野親水緑道/下山国鉄総裁追憶碑  足立区西綾瀬1-3-3

 新古川橋に北から五反野親水緑道が合流しています。五反野親水緑道の常磐線ガード手前に「下山国鉄総裁追憶碑」があります。

DSCN0159_202101242026013f5.jpg

DSCN0160_20210124202603d66.jpg

DSCN0166.jpg

DSCN0162_20210124202605e19.jpg

DSCN0163_20210124202607def.jpg

DSCN0164_2021012420260958a.jpg

DSCN0165_20210124202610da7.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 古隅田川小林一茶御籾蔵小菅綾瀬川鉄道遺構江戸幕府施設関東郡代

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR