明治・大正の名所⑥ 池上温泉場光明館

○池上温泉場光明館 大田区池上1-11-1 本門寺公園

 明治19(1886)年に、今の池上本門寺公園内に「池上温泉場光明館」(明ぼの楼・光明楼・光明館)が開業しました。池の付近から鉱泉が湧き出ていて、桶で担いで運び、風呂を沸かしました。
 明治28(1895)年に「明ぼの楼」は手狭となり、木下順庵の隠居跡(現:大森めぐみ教会 池上1-19-35)に移転しました。昭和4(1929)年に閉鎖しています。
 光明館は鉱泉宿として残り、後に「松葉館」に改名しました。その後温泉は廃止となり、昭和13(1938)年12月に東京市の池上本門寺公園が設立されました(その後、大田区に移管)。
 (「わがまち池上」124号、125号を参照しました。)

(池上本門寺公園〜本門寺墓地側入口)

DSCN1562_20221118232452f56.jpg

DSCN1561_20221118232455881.jpg


「一日の行楽」(田山花袋 大正7年)/「東京近郊一日の行楽」(田山花袋 大正12年)

 田山花袋が、移転後の「明ぼの楼」について記述しています。鉱泉宿兼料理屋(一方つれ込み宿)としているので、移転後も、鉱泉湧出地(現:本門寺公園)から運んで沸かしていたか、新たに堀ったのでしょうかね。

「この本門寺の東の山の表に当つて、鉱泉宿兼料理屋の明ぼの楼がある。半ば、丘によつて建てられてあつて、その入口は丘の下になつてゐるが、楼は階梯で高く上へ登つて行くやうになつてゐる。矢張、梅の名所で、楼をめぐつて皆梅花である。春は遊客がかなりに多く集まつて来る。
 この家は一方つれ込宿で、客がよく藝者などを伴れて泊りに来る。」

tayamaikegami.jpg

tayamakataiikegami2.jpg


○めぐみ坂 大田区池上1丁目18番・19番

 かつては、昭和4(1929)年までこの地にあった料亭「あけぼの楼」 にちなみ「あけぼの坂」とも呼ばれた坂道です。

(大田区ホームページ「めぐみ坂」より引用
「めぐみ坂
 池上一丁目18番と19番の間を堤方神社脇まで上がる坂道。坂を上がる左側にめぐみ教会があるため、この名で呼ばれることが多いようです。
 ところが、昭和5年発行の『大東京川崎横浜復興大地図』では、この坂は「あけぼの坂」となっています。明治時代中期に、徳富蘆花の小説『富士』にもでてくる料亭「あけぼ乃楼」が現在のめぐみ教会の敷地に開業し、それにちなんだ名であろうと思われます。
 「あけぼ乃楼」は、明治大正期は大変繁盛し、元勲、貴族が連夜宴を催し、日露戦争の戦勝祝賀会も催されたと伝えられていますが、昭和4年に廃業しました。
 地元の古老の方々によると、この坂は古くは相の坂とも呼ばれていたそうです。」


<標柱「めぐみ坂」> 大田区池上1-19

「めぐみ坂
 現在では、坂の西側にめぐみ教会があるため、めぐみ坂と呼ばれることが多いようである。かつては、昭和四年までこの地にあった料亭「あけぼの楼」 にちなみ「あけぼの坂」とも、古くは「相の坂」とも呼ばれた坂道である。
 昭和六十三年十一月 大田区」

DSCN2241_20221118233009215.jpg

DSCN2239_20221118233011509.jpg

DSCN2242_20221118233013fa8.jpg


○「木下順庵先生之墓跡」「当地由来」 大田区池上1-19-35 大森めぐみ教会

 大森めぐみ教会の正門のかたわらに「木下順庵先生墓跡」碑と、説明板「当地由来」が掲げられています。

DSCN2243_202211182332014fb.jpg

DSCN2250_202211182332049b0.jpg

DSCN2246_20221118233237335.jpg

DSCN2249_20221118233239576.jpg


<木下順庵先生之墓跡>

 墓は、大正3(1914)年に大塚先儒墓所に改葬されており、墓跡碑が建てられています。

DSCN2248_20221118233241d7e.jpg


<当地由来>

「当地由来
 大森めぐみ教会の正門の傍らに建つ「木下順庵先生墓跡」の碑は、この地に江戸前期の儒学者として有名な木下順庵(一六二一〜九八)の基があったことを伝えている。
 木下順庵は、五代将軍徳川綱吉の時(一六八七〜一七○九)、幕府の儒官、将軍の侍講に挙げられ、新井白石ら多くの儒学者を育てた。その功により、元禄十一年(一六九八)に亡くなると、幕府よりこの地を墓所として与えられ、堤傍(堤方)村村民荒忠七とその子孫が墓を守っていたが、大正三年(一九一四)全国の儒者とともに小石川の大塚先儒墓所に改葬された。
 明治期になって、この地で鉱泉が発見されると、明治十九年(一八八六)に河野実成が大料亭「明ぼの楼(明保乃楼、曙楼)」を建て、光明館などの池上温泉場が設けられた。池上本門寺に連なる台地斜面にあり、達く房総を望む景勝地であったことから、多くの政治家や著述家たちが訪れた。田山花袋の『東京近郊』や徳富蓋花の『富士」などにも登場する。庭には無数の梅や南天等が植えられていたといい、今も庭内に残る二本の梅の木は、三代将軍家光(一六二四〜五○)のお手植え梅と伝えられる。
 この地に、大森めぐみ教会と幼稚園が移転してきたのは、昭和二十年(一六四五)五月のことである。大森めぐみ教会と幼稚園は、昭和二年(一九二七)、大田区新井宿(現中央七丁目)に岩村清四郎牧師が設立、更に昭和十四年(一九三九)めぐみ高等女学校を創立したが、不幸にして戦災によって焼失したため、教会と幼稚園だけがこの地に移転した。敷地二○○○坪。」

DSCN2244_2022111823345309b.jpg


○曙楼門柱跡 大田区池上1-19-40

 妙雲寺の駐車場の東門脇に、説明板「曙楼門柱跡」が掲げられています。

(説明板)
「曙楼門柱跡
 当山は江戸幕府の不受不施禁圧と明治維新政府の廃仏政策の打?により境内地の大半を失い、こ^に明治初期創業された料亭曙楼の門柱が建てられていた。木骨煉瓦造りの珍しい構造で保存を望む声も多かったが、木骨の腐食甚しく復旧不可のため、日運聖人七百遠忌記念当山建設事業の折除却された。
  妙雲寺」

DSCN2232_202211182336304a6.jpg

DSCN2231_20221118233633ac9.jpg

DSCN2230b.jpg


<庚申塔>

 確認できませんが、資料によると延宝8(1680)年銘らしい庚申塔があります。

DSCN2227_20221118233732cf7.jpg

DSCN2229_20221118233734419.jpg

DSCN2237_20221118233736a45.jpg


○妙雲寺 大田区池上1-19-40

<縁起>

「妙雲寺 縁起
 元和年間(一六一五〜一六二三)長勝寺と同じ智雄院日正聖人により開創。小湊誕生寺の末寺となる。守護神として若宮八幡社(堤方神社)を勧請したのもこの頃と思われ、のちに妙雲寺が別当となる起因となった。
 駐車場入口にある庚申塔は、青面金剛と三猿が「見ざる、聞かざる、言わざる」の謹慎態度を示して浮彫りにされたもので、水をかけて祈願すると足腰が丈夫になると伝えられている。」

DSCN2233_202211182339008e0.jpg

DSCN2234_20221118233902ae2.jpg

DSCN2235_20221118233904790.jpg

テーマ : 廃業・閉館した温泉 - ジャンル : 旅行

tag : 田山花袋閉館池上

明治・大正の名所⑤ 穴守鉱泉

○鈴木新田

 江戸後期、鈴木弥五右衛門が羽田浦浅瀬の「要島」を中心として開墾し、鈴木新田と呼ばれるようになりました。羽田鈴木町、羽田穴守町、羽田江戸見町の三つの町が生まれました。
 海岸に堤防を巡らし、「要島」の堤防の上に新田開発の守護神として「穴守稲荷神社」を祀りました。「穴守」という社名から、遊女からの信仰も篤かったといいます。また、競馬・競輪・宝くじなどのファンからの信仰も集めるようになりました。
 GHQは昭和20(1945)年9月21日、三町の3000人に強制立ち退きを命じ、穴守稲荷神社の大鳥居を除きすべての建物は壊されました。昭和27(1952)年7月に日本に返還され、東京国際空港として再出発しました。

 (羽田の大鳥居の脇に建つ「鈴木弥五右衛門」の碑)

DSCN1187_20221114225534cfc.jpg

DSCN1180_20221114213631c0d.jpg

DSCN1183_20221114225536cd6.jpg


○穴守鉱泉

 明治27(1894)年 、和泉茂八が穴守稲荷神社の境内そばで、ナトリウム冷鉱泉を発見し、泉館という温泉旅館を起こしました。以後、鉱泉宿や料理屋、芸妓置屋などが軒を並べていきました。

(「旧三町顕彰の碑」の解説板より)
DSCN1205_20221114213635f27.jpg

DSCN1212_20221114213632894.jpg


「一日の行楽」(田山花袋 博文館 大正7年)

 田山花袋が穴守鉱泉について、記載しています。

「川崎大師と穴守稲荷(抜粋)
 その他穴森には、鉱泉をわかして客を待つ旅館兼料理屋が二二軒ある。中で、羽田館と言ふのが一番大きい。つれ込み宿としてもきこえてゐる。」

tayamainamori.jpg


「武蔵國荏原郡羽田穴守神社全圖」(Wikipedia 明治34年)

 本社の横に、「鉱泉場」の大きな幟が三本建っています。手前から「泉館」「羽田館」「要館」「西本」と見えます。羽田館の手前には「水行場」が見えます。

keidaizenzu.jpg

kosenyado.jpg

 また、「鉱泉倶楽部」があります、日帰り館でしょうか?

kosenclub.jpg


「穴守神社」(最新東京名所写真帖 小島又市 明治42年)

 写真下の解説文を見ると、とても賑わっていた様子が伺えます。
 「荏原郡羽田町鈴木新田にあり 近時の建社たりと雖も霊験灼々たるを以て〜。此地海魚に富み加ふるに鉱泉の温浴あり 一夜の族眠を貪ぼるに足れり〜。」

anamoriinari.jpg


<京浜電気鉄道>

 京浜電気鉄道(現:京急)は、穴守稲荷神社への参拝者を運ぶため、明治35(1902)年に蒲田〜穴守間を開業しました。大正2(1913)年には神社の前まで延伸され、門前は一大歓楽街として栄えました。

 (旧三町復元タイルのタイル写真、大鳥居掲示抜粋、旧三町の解説板抜粋 )

DSCN1216_20221114213638468.jpg

DSCN1219_202211142136371fb.jpg

DSCN1197b.jpg

DSCN1215_2022111422454496f.jpg


○「天然温泉 泉天空の湯 羽田空港」が、2022年12月21日(水)に開業します。HP
 【源泉名】羽田空港 泉天空温泉
 【泉質】含よう素-ナトリウム塩化物強温泉(高張性・弱アルカリ性)
 【入浴料】4800円
 塩辛い高張泉ですね、穴守鉱泉も塩辛かったようです。

テーマ : 廃業・閉館した温泉 - ジャンル : 旅行

tag : 羽田新田開発田山花袋閉館

鉱泉旅館「成東館」跡

○鉱泉旅館「成東館」跡 山武市成東2551

 1897(明治30)年5月1日、総武鉄道の佐倉駅―成東間が開業し、成東駅が開業しました。続いて、成東―銚子間が同年6月に開業しました。
 1900(明治33)年に塚本衛が浪切不動院院の境内にて、ラジウム鉱泉を発見し、1901(明治34)年に鉱泉旅館として開業しました。
 成東鉱泉「成東館」は、多くの文士や名士たちが訪れ、賑わいました。尾崎紅葉と泉鏡花はともに1902(明治35)年に宿泊。
他に徳田秋声、岡本綺堂、半井桃水、松本幸四郎、床次竹二郎ほか多数が宿泊しました。
 2階建ての宿と別棟に鉱泉浴場を構え、2つの浴室は宿泊者専用で男女日替わりで使用していました。成東鉱泉の泉質は、含鉄炭酸食塩泉でした。
 残念ながら、昭和初期のお家騒動で1930(昭和5)年に廃業となります。現在は成東館の面影は、鉱泉碑と鉱泉井戸の跡を残すのみです。

(参考)

「日がへりの旅 : 郊外探勝」(松川二郎 東文堂 大正8年)
 本書に掲載の「成東鉱泉」です。
 本文よると、石塚山には蚕零供養堂という蚕の霊を祀る供養堂があったとのこと(現存は確認できず)。

narutoukan.jpg

「一日の行楽 成東鉱泉」(田山花袋)
 田山花袋が成東鉱泉について、一日の行楽で取り上げています。

narutoukousen.jpg

「全国温泉鉱泉ニ関スル調査」(内務省衛生局 大正12年)

naimusyou.jpg


<現在の成東鉱泉「成東館」跡>

 浪切不動院境内に鉱泉の由来説明板、井戸跡、鉱泉碑があります。

DSCN5457_202107112244351b3.jpg

DSCN5458_2021071122443794e.jpg


「成東山 不動鉱泉」

DSCN5461_20210711224531cad.jpg

DSCN5466_202107112245333bc.jpg


「塚本衛鉱泉碑」

 塚本衛は、ラジウム鉱泉を発見した人。

DSCN5460_20210711225307632.jpg


「鉱泉井戸」跡

DSCN5470_2021071122544548b.jpg

DSCN5465_2021071122544782e.jpg

DSCN5462_20210711225447046.jpg

DSCN5464_20210711225449f99.jpg

DSCN5467.jpg

DSCN5468_202107112254521d9.jpg


<鉱泉旅館「成東館」の由来>

(説明文)
「 鉱泉旅館「成東館」の由来
 明治三三(一九○○)年、塚本衛は、当地にラジウム鉱泉を発見、翌三四年五月に、町長伊藤弘道と協力して、成東鉱泉株式会社を設立、不動院境内の隣接地に、鉱泉旅館「成東館」を開業した。
 明治四○年四月、旅館の所有権は、村井むつ(後に原田姓)に移譲され、妹の鵜沢こうが、女将として経営の衛に当った。
 昭和五(一九三○)年頃に廃業、それまでの約三○年間、原田貞夫(東宮侍医)・半井桃水(記者・作家)の後援を受けて県下唯一の鉱泉旅館として栄えた。
 尾崎紅葉・徳田秋声・岡本綺堂・床次竹二郎らの文士・名士の湯治客も多く、泉鏡花の小説「新泉奇談」戯曲「愛火」の舞台になった旅館である。
 明治の奇人小川定明が下男奉公をしていた宿としても知られている。
 成東館即事 伊藤左千夫
 (以下略 埴岡短歌会で詠んだ伊藤左千夫の短歌が記されています。)」

DSCN5463_2021071122564287b.jpg


○成東山不動院最勝寺 山武市成東2551

 成東山不動院最勝寺は、「浪切不動院」の名で知られています。不動院は標高30mの石塚山(石塚の森:千葉県指定天然記念物)中腹の岩石上に建てられています。回廊からは九十久里浜の眺望がのぞめます。

<仁王門前>

 仁王門前の街灯には、「伊藤左千夫生誕の地」のプレートがあります。こんな上にあったら、気づきにくいですね。夜は明かりで目立ちそうです。来た時には仁王門に眼がいって気づかず、帰りに気づきました。

DSCN5516_202107112300545f8.jpg

DSCN5517_20210711230056c24.jpg


 とても大きな「普門品供養塔」があります。

DSCN5518_20210711230057c38.jpg


<仁王門/寺号標>

 仁王門。扁額は「成東山」。寺号標は「成東山 浪切不動院」。

DSCN5472.jpg

DSCN5519_202107112304528ab.jpg

DSCN5473_20210711230453b5b.jpg


<境内>

 境内は、きれいに剪定された木々。訪問時、植木業者が選定作業をしていました。

DSCN5471_20210711230644291.jpg

DSCN5474_20210711230646002.jpg

DSCN5509_2021071123064728d.jpg


<仏足石>

DSCN5507_20210711230649204.jpg

DSCN5508_20210711230650ed6.jpg


<表忠碑>

 大きな日露戦争の表忠碑です。乃木希典書です。

DSCN5475_2021071123081124c.jpg

DSCN5476_20210711230813f89.jpg


<本坊>

 こちらは薬師如来の霊場となっています。

DSCN5477_20210711230901fe2.jpg

DSCN5478_202107112309025a8.jpg

DSCN5479_20210711230904491.jpg


<不明の建物>

 昔の成東館の鳥瞰図を見ると、この位置は立地跡ではありませんが気にになる建物です。

DSCN5515_20210711231017974.jpg

DSCN5514_20210711231020f63.jpg

DSCN5513_20210711231019a1a.jpg


<階段参道/弘法大師硯石>

 参道階段下右手に不動明王。
 参道の階段を上がったところに「弘法大師硯石」。

DSCN5506_20210711231318473.jpg

DSCN5480_2021071123132049a.jpg

DSCN5505_20210711231321d47.jpg

DSCN5504_202107112313239bc.jpg

DSCN5503_2021071123132467e.jpg

DSCN5481_20210711231325cb7.jpg

DSCN5481a.jpg


<観音堂>

 最初の階段を上がって、次の階段へ向かう途中に「観音堂」。「新上総33観音霊場第32番札所」です。

DSCN5482_202107112324177e7.jpg

DSCN5483_202107112324195ec.jpg

DSCN5484_202107112324208f1.jpg


 観音堂の裏にも、登り口があります。

DSCN5510_20210711232421538.jpg


<伊藤左千夫歌碑>

 観音堂の右手に「伊藤左千夫歌碑」があります。

(碑文)
 「石塚の岩辺の桜ひた枝に苔むすなべに振りさびにけり  左千夫歌」

 1906(明治39)年3月8日、伊藤左千夫が母の三回忌に墓参のため帰郷した時に、成東館での埴岡短歌会で詠んだ歌です。昭和37年7月30日建立。

DSCN5488_2021071123255114c.jpg

DSCN5485_20210711232423ab7.jpg


<弘法大師修行像>

DSCN5489.jpg


<不動院長勝寺本堂説明板と景観>

DSCN5487_202107112327076e5.jpg

DSCN5491_20210711232709de6.jpg

DSCN5490.jpg


<御本堂>

 階段を上りきると、御本堂の裏手。表に廻ると足がすくみます。

DSCN5501_2021071123324098f.jpg

DSCN5492_2021071123324274b.jpg

DSCN5493_20210711233243454.jpg


 扁額は「浪切不動尊」

DSCN5500_20210711233244d05.jpg

DSCN5495_20210711233246aaf.jpg


<出世庚申尊>

 御本堂の右手に出世庚申尊。

DSCN5496_20210711233438d40.jpg

DSCN5496a.jpg


<石塚の森> 千葉県指定文化財天然記念物

DSCN5497_20210711233441b8b.jpg

DSCN5498_20210711233442f96.jpg

DSCN5499_20210711233444ff6.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 田山花袋尾崎紅葉伊藤左千夫戦役紀念碑乃木希典

船橋ヘルスセンター

○船橋ヘルスセンター 船橋市浜町2-1-1

 かつて存在した大規模な綜合レジャー施設「船橋ヘルスセンター」、現在は「ららぽーとTOKYO-BAY」。
 開業:1955(昭和30)年11月3日、閉業:1977(昭和52)年5月5日。
 遊覧飛行が珍しく、そこで写真を撮った記憶が残ります(乗っていないけど)。外で綱渡りをやっていたのがインパクト強く記憶に残ります。
 船橋ヘルスセンターの痕跡が残っています。

<週間読売選定 全国温泉コンクールベストテン記念碑 昭和三十二年>

 船橋ヘルスセンターが「週刊読売」選定の全国温泉コンクールベストテンに入選した時の記念碑が、ららぽーとTOKYO-BAY 第6駐車場にあります。船橋市浜町公民館の隣りです。

 碑には鳩の彫像が載っています。
 1位 定山渓温泉(北海道)     6位 道後温泉(愛媛)
 2位 船橋ヘルスセンター(千葉)  7位 飯坂温泉(福島)
 3位 熱海温泉(静岡)       8位 川原湯温泉(群馬)
 4位 指宿温泉(鹿児島)      9位 嬉野温泉(佐賀)
 5位 戸倉・上山田温泉(長野)  10位 別府温泉(大分)

 つい最近、川原湯温泉でも見てきたので、船橋ヘルスセンター跡地にも現存しているので見てきました。

DSCN6868.jpg

DSCN6852_20201010224608009.jpg

DSCN6870_20201010224610202.jpg

DSCN6867_202010102246110d9.jpg

DSCN6858.jpg

DSCN6862.jpg

DSCN6853_20201010224616756.jpg

DSCN6855_202010102246170fb.jpg

DSCN6861.jpg

DSCN6860.jpg

DSCN6859.jpg

DSCN6857_202010102246236c5.jpg


<伏見稲荷>

 記念碑のすぐ近くには、伏見稲荷があります。

DSCN6866.jpg

DSCN6848_20201010224937f30.jpg

DSCN6851_202010102249390a5.jpg

DSCN6849_20201010224940f97.jpg

DSCN6850.jpg

テーマ : 廃業・閉館した温泉 - ジャンル : 旅行

明治・大正の名所④ 網代温泉

〇網代温泉 あきる野市網代75

 網代弁天山の南麓にある、廃業して久しいらしい網代温泉の現況を見てきました。以前はGoogle mapでの記載がありましたが今は記載が消えました。網代温泉の名称は消えましたが、山の中の一軒家が今でも描かれています。
 江戸時代から玉之湯として知られており、明治・大正・昭和・平成と一軒宿として営業してきました。「全国温泉鉱泉ニ関スル調査」(内務省衛生局大正12年)には記載はなく、一軒宿で名所というわけではありませんが、文人も訪れて記録に残しているのでとりあげます。

 北村透谷は、「三日幻境」で川口村(八王子市川口地区)での生活を著しており、1892(明治25)年7月28日、秋山国三郎の孫たちと、網代温泉を訪れ、夕方に川口村森下に戻ります。
 以下該当部分です。引用元青空文庫

「三日幻境(抜粋) 北村透谷
 少娘と其が兄なる少年とを携へて、網代と呼べる仙境に蹈入れり。網代は山間の一温泉塲なり、むかし蒼海と手を携へて爰に遊びし事あり、巌に滴る涓水に鉱気ありければ、これを浴室にうつし、薪火をもて暖めつゝ、近郷近里の老若男女、春冬の閑時候に来り遊ぶの便に供せり。一条の山径草深くして、昨夕の露なほ葉上にのこり、かゝぐる裳も湿れがちに、峡々を越えて行けば、昔遊の跡歴々として尋ぬべし。老鶯に送迎せられ、渓水に耳奪はれ、やがて砧の音と欺かれて、とある一軒の後ろに出づれば、仙界の老田爺が棒打とか呼べることをなすにてありけり。こゝは網代の村端にて、これより渓澗に沿ひ山一つ登れば、昔し遊びし浴亭、森粛たる叢竹の間にあらはれぬ。この行甚だ楽しからず、蒼海約して未だ来らず、老侠客の面未だ見ず、加に魚なく肉なく、徒らに浴室内に老女の喧囂を聞くのみ。肱を曲げて一睡を貪ぼると思ふ間まに、夕陽已に西山に傾むきたれば、晩蝉の声に別れてこの桃源を出で、元の山路に拠らで他の草径をたどり、我幻境にかへりけり、この時弦月漸く明らかに、妙想胸に躍り、歩々天外に入るかと覚えたり。」

 ※北村透谷(「近代日本人の肖像」国立国会図書館より引用)
  明治元年11月16日〜明治27年5月16日
  (1868年12月29日〜1894年5月16日)

 kitamuratokoku.jpg


<現況>

 五日市トンネルの手前から東京五日市カントリー倶楽部へ向かう道の途中、弁天山方面に向かう小道があります。電柱が建っているのがこの先にある網代温泉の名残でもあります。木々の切り株が目立ちます。
 宿は休業中というより草木に埋もれて廃墟でした。昔から湧いている鉱泉なので、祠や石碑がありそうなもんですが、わかりませんでした。

DSCN4187_20200720210150518.jpg

DSCN4181.jpg

DSCN4188.jpg

DSCN4186.jpg

DSCN4185_202007202101563ac.jpg

DSCN4184_20200720210158fee.jpg
   

○網代弁天山公園 あきる野市網代

 網代温泉から、山道をそのまま登れば網代弁天山へ辿り着けるようですが、正規の弁天山登山道入口へ向かいました。
 網代(自治)会館前の分岐に最後の道標があり、右に折れると「女中念仏供養塔」が建っています。その先の貴志島神社の赤い鳥居に到着。鳥居の場所が網代弁天山登山道入口です。
 網代弁天山への登山道一帯が網代弁天山公園となります。昔は賑わった観光地で、網代弁天山リフトが設けられていましたが、撤去されています。
 昭和39年4月20日の福生新聞(福生図書館所有)によると、五日市町網代地区で共有財産の山林を売って、建設費用をつくり、弁天山に全長320mのリフトを夏までに完成させるとの記事が掲載されています。

 弁天山には向かわず、またの機会にしました。なお、網代橋は、2019年台風19号による損傷で、通行止でした。

DSCN4190_20200720210403080.jpg

DSCN4191.jpg

DSCN4191b.jpg

DSCN4189_20200720210408dd6.jpg

テーマ : 廃業・閉館した温泉 - ジャンル : 旅行

tag : 閉館

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR