鑑真像 (不忍池)

○鑑真像 台東区上野公園2

 中国北京市にある中国美術館呉為山館長から東京都に寄贈された呉為山氏制作の鑑真像です。令和4(2022)年7月20日に除幕式が行われています。

DSCN6895_20230424225245a16.jpg

DSCN6904_20230424225248601.jpg

DSCN6903_20230424225249f72.jpg

DSCN6896_20230424225251aca.jpg

 「鑒真像
  「鑑真像」688年ー763年」
  「呉為山 2022年立」

DSCN6897_2023042422540003a.jpg

DSCN6901_20230424225401453.jpg

DSCN6900_2023042422540407a.jpg


○鳥たちの時間 台東区上野公園2

 鑑真像から少し南へ行くと「鳥たちの時間」があります。

 「鳥たちの時間
   2010
  池田政治」

 「ここ不忍池は、古くから名勝の地として知られ、その起源は縄文の時代まで遡ります。
  対岸の弁天堂や上野の山の木々の後方には、東京スカイツリーも望むことができます。
  また、当地を目指して、多くの鳥たちも飛来してきます。
  四季を通じて美しいこの環境が、末永く守られ続けていくことを願っています。」

 「寄贈 台東区商店街連合会 2012年」

DSCN6907_2023042422551551d.jpg

DSCN6905_20230424225517ca8.jpg

DSCN6906_20230424225520d9e.jpg

DSCN6908_20230424225520545.jpg

DSCN6909_20230424225521d4d.jpg

DSCN6910_202304242255245df.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 上野公園銅像

生誕(朝倉文夫) 緑のパンダ像

○生誕(朝倉文夫) 台東区上野公園2-1 下町風俗資料館

 昭和39(1964)年、生誕噴水塔建設。
 平成13(2001)年、地下駐車場の整備に伴い撤去。

DSCN6885b.jpg

(説明板)
「「生誕」は、新生日本で立ち上がる若人を釈迦誕生のポーズに重ねた作品で、永らく上野公園入口前で生誕噴水塔の象徴として上野の街並みに潤いを与え、多くの人々に親しまれてきた。
生誕噴水塔は昭和39年(1964年)のオリンピック東京大会を機に、地元有志で結成された上野美化促進会による都市の美化と戦後復興を祈念して建設された後、円滑な交通の確保等に向けた上野中央通り地下駐車場の整備に伴い撤去された。
再び東京でオリンピック・パラリンピック競技大会を迎えるにあたり、不忍池を臨むこの地で「生誕」を継承し、昭和と令和の東京大会の象徴として、とこしへに輝き続けることを祈念する。
  令和2年(2020年)7月15日 台東区」

DSCN6883_20230424224707c25.jpg

DSCN6885_202304242247091e6.jpg

 令和2(2020)年7月15日、現在地に除幕(再設置)されました。

DSCN6880_20230424224823263.jpg

DSCN6881_20230424224826beb.jpg

DSCN6882_20230424224826c05.jpg

DSCN6887_202304242248297f8.jpg


○緑のパンダ像(トピアリー) 台東区上野公園

 かつて生誕噴水塔があった場所には、緑のパンダ像が設置されています。

DSCN7144_20230427171502280.jpg

 平成24(2012)年に緑の国体の会場が上野公園だったことをきっかけに、商店会で歩道を緑化する計画が持ち上がり、「上野動物園のパンダが街へ逃げ出した」というコンセプトで、パンダをモチーフとしたトピアリーが設置されました。(上野案内所サイトを参照しました。)

DSCN6851_20230424225007f6a.jpg

DSCN6856_20230424225008b60.jpg

 左に父パンダ、右に母パンダと子パンダのファミリーです。2011年にリーリーとシンシンが上野動物園に来ています。母パンダの肩に乗っているのはシャンシャンですかね。

DSCN6855_20230424225051e87.jpg

DSCN6853_20230424225054eb4.jpg

DSCN6854b.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 上野公園銅像朝倉文夫

上野広小路遺跡三橋遺構

○上野広小路遺跡三橋遺構 台東区上野公園2-1 下町風俗資料館

 令和5(2023)年1月19日に「上野広小路遺跡三橋遺構」完成記念式典が行われ、1月20日から一般公開されています。
 上野広小路遺跡から出土した石材・木材を使い、江戸時代に上野広小路から寛永寺へ渡るための橋であった「三橋」の下部構造となる石組について、その半面を再現して整備されています。

DSCN6868_2023042422340423f.jpg

DSCN6876_202304242234076ea.jpg

DSCN6879_20230424223409c64.jpg

(説明板)
「上野広小路遺跡三橋遺構(台東区有形文化財)  台東区上野公園二番
 上野広小路遺跡三橋遺構は、台東区立上野中央通り地下駐車場を建設する際の敷地内発掘調査により、平成十七年度に発見された石組水路の遺構で、構築年代は十七世紀後半頃と推測される。
 江戸時代には、不忍池の南東角から広小路を横切るように東へ水路(忍川)が流れており、忍川には寛永寺に参詣するための三つの橋(中央に将軍が参詣する時に使用した大橋、左右に一般用の小橋)が架けられていたことから、「三橋」と呼ばれていた。
 この遺構は、三橋の株構造(橋台)の一部を構成する石組水路であると考えられている。
 発掘時、石組水路は深い部分で上幅三メートル、下幅一メートル、高さ三メートルあり、石垣は「間知石」を積上げ、底面の砂層の上には板材が組み合わせて敷かれていた。
 本遺構は遺存が良好であり、底面に類例の知られていない板敷きを有するなど貴重である。また忍川と上野広小路の歴史を解明し、寛永寺と三橋の関係を考える上でも重要である。
 ここでは、上野広小路遺跡三橋遺構から実際に出土した石材・木材を使い、石組の半面を再現して設置・展示している。
  令和五年一月  台東区教育委員会」

DSCN6865_202304242235100a2.jpg

DSCN6866_20230424223513ad4.jpg


<石組/底板>

DSCN6870_20230424223602174.jpg

DSCN6869_202304242236049ef.jpg

DSCN6878_20230424223605e34.jpg

 底板の寛永通宝

DSCN6864_20230424223629a48.jpg

DSCN6874_20230424223632dc2.jpg


<パネル>

DSCN6857_20230424223813fe2.jpg

DSCN6858_202304242238178ee.jpg

DSCN6859_202304242238176fb.jpg

DSCN6860_20230424223938848.jpg

DSCN6858a.jpg

DSCN6860b.jpg

DSCN6860c.jpg

DSCN6861_20230424224416004.jpg

DSCN6861a.jpg

DSCN6861b.jpg

DSCN6862_20230424224517707.jpg

DSCN6863_202304242245211ba.jpg


「温古東錦正月十日諸侯上野霊廟へ参詣之図」(小島勝月 国立国会図書館蔵)
sankei_20230424224219dc3.jpg

「温故東の花 旧諸侯上野初御仏参之図」(楊洲周延 都立図書館蔵)
yosyuueno.jpg

※三橋については、こちらで記載済です


○龍門橋碑 台東区上野公園2-1

 上野恩賜公園内の下町風俗資料館に近い植え込みの中に、石碑「龍門橋」があります。

DSCN6894_2023042422422497b.jpg
  
 「上野公園之図」(東京案内 明治40(1907)年)
 地図を見ると、不忍池から忍川へ流れ出す水路に「龍門橋」が架かっています。

ryuumonbashi.jpg


○「旧町名由来案内 下町まちしるべ 旧上野恩賜公園」 台東区上野公園2-1

 上野公園は広いですからね、旧町名由来案内が龍門橋碑の正面にもありました。

「旧町名由来案内 下町まちしるべ 
 旧上野恩賜公園
 江戸時代初期、この地は津軽、藤堂、堀家の屋敷であったが徳川三代将軍家光は天海僧正に命じて寛永寺を建てさせた。寛永二年(一六二五)のことである。その後大きな変化もなく幕末を迎えるが慶応四年(一八六八)の彰義隊と官軍の戦争により寛永寺が焼失、一面焼け野原と化した。荒れ果てた姿のままであったが明治六年一月の太政官布告により公園に指定されたことから公園地となった。
 恩賜公園のいわれは、大正十三年に帝室御料地だったものを東京市へ下賜されたことにちなんでいる。その後規模景観はもとより施設などが我が国有数の都市型公園として整備された。面積六十二万平方メートル余り。
 上野公園生みの親がオランダ人医師のボードワン博士。病院建設予定地であった上野の山を見て、その景観のよさから公園にすべきであることを政府に進言して実現したものである。 台東区」

DSCN6892_20230424230444c46.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 上野公園楊洲周延遺跡下町まちしるべ

天海僧正毛髪塔 開門

○天海僧正毛髪塔(東京都指定旧跡) 台東区上野公園1

<開門>

 普段は鉄柵が施錠されていますが、正月に寄ったら開門されていました。
 中に入って石燈籠等を確認。鉄柵は松坂屋が寄進されたようです。
 石燈籠2基は、「厳有院殿 尊前 延宝九年五月八日」「慈眼大師毛髪等寶前」と刻まれています。
 徳川家綱霊廟に奉献された石燈籠が転用されています。

DSCN9706_20210102233408d96.jpg

DSCN9705_20210102233410a87.jpg

DSCN9704_2021010223341149a.jpg

DSCN9698_2021010223341257d.jpg

DSCN9699_20210102233414529.jpg

DSCN9700_20210102233415ebc.jpg

DSCN9697_20210102233417ce8.jpg

DSCN9695_202101022334185a1.jpg

DSCN9696_20210102233420a33.jpg

DSCN9701_20210102233422bd2.jpg

DSCN9703_20210102233423787.jpg

DSCN9702_202101022334252b3.jpg


○天海大僧正(慈眼大師)については、パソコンサイトで整理済です。

 天海大僧正(慈眼大師) 
   ○天海大僧正銅像   日光市上鉢石町    
   ○天海墓所「慈眼堂」 日光市山内        
   ○天海僧正毛髪塔   台東区上野公園
   ○開山堂(両大師)  台東区上野公園
   ○会津高田に残る天海大僧正の史跡
    ・慈眼大師御誕生地の碑
    ・天海大僧正石像
    ・護法石
    ・天海大僧正両親の墓(龍興寺)
    ・天海大僧正御手植檜

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 上野公園天海奉献石燈籠旧跡

上野公園

 上野公園

 ○ 上野恩賜公園
 ○ 上野三橋
 ○ 国民栄誉賞手形
 ○ 蛙の噴水
 ○ 蜀山人の碑
 ○ 忠魂碑
 ○ 誹風柳多留発祥の地
 ○ 西郷隆盛像
 ○ 彰義隊の墓
 ○ 博士王仁碑
 ○ 時忘れじの塔
 ○ 擂鉢山古墳
 ○ トーテムポール/ソメイヨシノ基準木
 ○ グラント将軍植樹碑
 ○ 小松宮彰仁親王銅像
 ○ ボードワン博士像
---------------------------

○上野恩賜公園

 明治6年に太政官布告により公園に指定されました。大正13年に御料地が東京市に下賜され恩賜公園となりました。

DSCN9404_202012312100050f2.jpg

DSCN9411_20201231210008c81.jpg

「旧町名由来案内 下町まちしるべ 
 旧上野恩賜公園
 江戸時代初期、この地は津軽、藤堂、堀家の屋敷であったが徳川三代将軍家光は天海僧正に命じて寛永寺を建てさせた。寛永二年(一六二五)のことである。その後大きな変化もなく幕末を迎えるが慶応四年(一八六八)の彰義隊と官軍の戦争により寛永寺が焼失、一面焼け野原と化した。荒れ果てた姿のままであったが明治六年一月の太政官布告により公園に指定されたことから公園地となった。
 恩賜公園のいわれは、大正十三年に帝室御料地だったものを東京市へ下賜されたことにちなんでいる。その後規模景観はもとより施設などが我が国有数の都市型公園として整備された。面積六十二万平方メートル余り。
 上野公園生みの親がオランダ人医師のボードワン博士。病院建設予定地であった上野の山を見て、その景観のよさから公園にすべきであることを政府に進言して実現したものである。 台東区」

DSCN9408_20201231210007bdc.jpg


「東京名所之内 上野山内一覧之図」(惺々暁斎 明治10年 国立国会図書館蔵)

 公園に掲示されていた浮世絵の原典です。

uenoichiran.jpg


<上野三橋>

 上野広小路に面した上野公園入口には、大正時代まで不忍池池畔から流れる忍川があり、三つの橋が架けられており、「三橋」と呼ばれていました。


「江戸名所図会 東叡山黒門前 忍川 三橋」

 忍川と三橋が見えます。中央の橋に向かう行列は、墓参のため寛永寺に向かう徳川将軍の一行でしょうが、当時は幕府の行事は描けないので、将軍の行列でないことの言い訳として規模を抑えてい描いているのでしょう。

zuemihashi.jpg


「江戸切絵図」

 忍川が不忍池から流れ出て、三味線堀へ向かいます。3つの橋、三橋が見えます。

kiriezumihashi.jpg


「江戸名所上野仁王門之図」(豊春)

 手前に三橋が見えます。

uenonioumon.jpg


「絵本江戸錦 不忍池弁財天 湯島天神」

 右手前に三橋が見えます。

ehonedonisiki.jpg


「東都三十六景 下谷広小路」(二代広重)

 三橋が見えます。

toto6mihashi.jpg


「上野三枚橋之図」(鳥文斎栄之)

 忍川に三つ並んで架かる三枚橋が描かれています。奥には寛永寺の森が見えます。
 鳥文斎栄之(宝暦6(1756)年〜文政12(1829)年 本名:細田時富)は、家禄500石の旗本から町絵師に転じた浮世絵師で、「栄之」は10代将軍家治に命名されたと伝えられます。

sanmaibashinozu.jpg


「千代田之御表 上野御成」(楊洲周延 明治30年)

 楊洲周延は、江戸時代には描けなかった大奥や幕府の行事を描いています。
 こちらは徳川将軍の上野御成を描いています。三橋を越えて進んだところでしょう、清水観音堂が見えます。

chiyodaueno.jpg


「上野公園之図」(東京案内 明治40(1907)年)

 三橋は勧業博覧会の混雑を見すえて、木橋から強度の高い橋に架けかえられたようですが、地図では、三橋として3つの橋の記号が見えます。(地図ではひとつになっていないです)。
 三橋の真ん中は路面電車の線路(浅草行と見えます)が通っています。

ueno.jpg

mihashichizu.jpg


「上野三橋」(井上安治)

 馬車鉄道が三橋を渡っています。同じ時期の下の馬車鉄道の写真には、両脇の橋が見えるので、この絵では両脇の橋が切れているだけのようです?。
 東京馬車鉄道は、新橋ー上野ー浅草ー浅草橋ー日本橋ー新橋の循環線を営業していました。明治15(1882)年に営業開始し、明治36(1903)年に馬車から路面電車へ切り替えられました。

inoueuenosanhashi.jpg


「東京景色写真版 上野三枚橋遠景」(江木商店 明治26)

 馬車鉄道が三橋を渡っています。木橋から強度の高い橋に架け替えられた後でしょうが、両脇に狭い橋が存在しています。

uenosanmaibashi.jpg

mihasisyasin1.jpg

mihasisyasin2.jpg


「上野一覧内国博覧会之図」(三代国貞 明治23(1890)年)

 明治の上野で行われた博覧会の図です。蒸気機関車が走っています。三橋が明確に描かれています。

hakurankai_2022021116092435f.jpg

hakurankaimihashi.jpg


○国民栄誉賞手形

 平成8(1996)年に上野恩賜公園内に、日本スポーツ文化賞栄誉広場が設置され、広場には国民栄誉賞受賞者の手形が展示されています。

DSCN9403_20201231210009532.jpg
  

○蛙の噴水

 平成12年3月完成。作者不明。

DSCN9405_20201231210140e28.jpg

DSCN9603_202012312101428cf.jpg
   

○蜀山人の碑

 「一めんの花の碁盤の上野山 黒門前にかかるしら雲 蜀山人」
 蜀山人(大田南畝)は、囲碁も好きだったようですね。

DSCN9402_20201231210259778.jpg

DSCN9401_20201231210301d90.jpg

(説明板)
「蜀山人の碑  台東区上野公園四番
 一めんお花は基盤の
 上野山 黒門前に
 かかるしら雲  蜀山人
 碑面には、大書してこの歌を刻む。ついで、蜀山人についての説明、碑建設のいきさつを、細字で刻んでいる。歌の文字は蜀山人の自筆であるという。
 蜀山人は姓を大田、名を蕈、通称を直次郎といった。蜀山人はその号である。南畝・四方赤良など、別号多く、一般には大田南畝と呼ぶ。幕臣であったが、狂文・狂歌を良くし、漢学・国学を学んで博識であった。江戸文人の典型といわれ、狂歌の分野では唐衣橘洲・朱楽管江とともに、三大家と評された。文政六年(一八二三年)没。
 江戸時代、上野は桜の名所であった。昭和十三年、寛永寺総門の黒門跡に、その桜と黒門を詠み込む蜀山人の歌一首を刻み、碑が建てられた。郷土色豊かな建碑といっていい。
  平成四年十一月  台東区教育委員会」

DSCN9400_20201231210302e2b.jpg


○忠魂碑 希典書

 上野公園にも撤去されずに残っていたのですね。 乃木希典書です。

DSCN9406_2020123121035275c.jpg


○誹風柳多留発祥の地

 上野公園入口の階段の左側にアヒルの像があります。

DSCN9604.jpg

DSCN9606_202012312104599cc.jpg

(説明文)
「川柳の原点 誹風柳多留発祥の地
 川柳は、江戸時代に江戸で生まれた十七音の庶民文芸として今日に伝わっています。川柳の名称は、宝暦七年(一七五七)に浅草新堀端にはじまりましたが、明和二年(一七六五)七月、呉陵軒可有という人が、初代川柳評の前句付万句合の勝句(入選句)から十七音の付句のみで鑑賞でき、深い笑いのある句を選び、今日〈川柳の原点〉とも呼ばれる『誹風柳多留』を刊行しました。このことにより川柳は、〈十七音独立文芸〉として確立され、後に全国へと広がっていきました。
 この付近には、『誹風柳多留』の版元・星運堂(花谷久次郎)があり、俳諧書などを刊行するかたわら、三代にわたり、『誹風柳多留』を通じて〈川柳風〉の隆盛に貢献、川柳を「江戸文芸」の一つにまで育てました。「誹風柳多留発祥の地」は「文芸川柳発祥の地」でもあります。
 記念碑の「羽のあるいいわけほどはあひる飛ぶ」の句は、「木綿」を号とした『誹風柳多留』の編者・呉陵軒可有の作です。
  平成二十七年八月
    柳多留250年実行委員会
    台東区教育委員会」

DSCN9605_20201231210500ae9.jpg


○西郷隆盛像 台東区上野公園1

 明治31(1898)年に建立されました。作者は高村光雲。連れている犬は後藤貞行作で「ツン」。

DSCN9409_20201231210609306.jpg

DSCN9410_2020123121061129a.jpg

 西郷隆盛は脂質異常症のためドイツ人医師ホフマンにより、食事制限、下剤、犬を連れて毎日8kmの散歩をすることの3つの治療法を受けていました。
DSCN0296c.jpg

(碑文)
「敬天愛人
 西郷隆盛と銅像の由来
 西郷隆盛は文政十年(一八二七)十二月七日薩摩藩士として鹿児島治屋町に生まれた。通称吉之助、南州はその号である。若くして、薩摩藩主島津斉彬に重用され、幕末内外多難の際、大いに国事に奔走したが、これに関連して奄美大島に流されること二回。元治元年(一八六四)許されて京都に上るや、朝廷の意を重んじて一旦は長州を敵としたが、後、木戸孝允と謀って薩長連合を結成し、慶応三年(一八六七)十二月ついに王政復古の大業を成就、その後も官軍の参謀として、大功を樹て、明治維新の基礎を確立した。その間、高橋泥舟、勝海舟、山岡鉄舟等の請を容れて江戸城の無血開城を実現、江戸を戦禍から救ったことはあまりにも有名である。その後は、故郷に退隠したが、明治四年(一八七一)正月、三条実美以下新政府首脳の懇請を受けて上京、参議に就任し、廃藩置県その他近代国家建設のための主導的役割を果たした。然るに、明治六年六月いわゆる征韓論が閣議に上るや断乎反対して、大使派遣による平和的修交を主張し、その決定を見るに至ったが、後欧米出張から帰国し、内治優先論を固執する岩倉具視、大久保利通等の反対に敗れて辞官帰郷。私学校を興して後進青年の育成に努めた。明治十年二月当局者の謀に激した私学校生徒に擁せられて西南の役となり、転戦七ヵ月余、ついに敗れて城山に自刃した。九月二十四日、享年五十一才。そのため一時逆賊とされたが、明治二十二年二月、明治天皇の特旨により賊名を除かれ、正三位を追贈された。この銅像はこれに感激した隆盛の旧友、吉井友美が、同志と共に追慕の情を表すべく建立を計画したものであり、御下賜金のほか有志二万五千人の醵金を得て、明治二十六年起工、明治三十年竣工、我が国彫刻界の巨匠高村光雲の作である。西郷隆盛の偉大な功業は、その信条たる敬天愛人の精神に発した仁愛と至誠没我の所産であり、日本の代表的偉人として今なお、敬慕される所以は実にここに在るのである。」

DSCN9600_20201231210612df4.jpg

「西郷隆盛」(やまと新聞 第十七近世人物誌 芳年)
yamatosinbunsaigo.jpg

<鹿児島の旧蹟>
 ・西郷隆盛洞窟
 ・西郷隆盛終焉の地
 ・西郷隆盛銅像

<東京都の旧蹟>
 ・江戸開城 西郷南洲 勝海舟会見の地(芝)
 ・愛宕神社(勝と西郷の会談地)
 ・西郷隆盛留魂祠/西郷隆盛留魂詩碑/徳富蘇峰詩碑(千束)

 近世名士写真(明治10年)
saigoutakamori.jpg


○彰義隊の墓 台東区上野公園1-54

 西郷隆盛像の裏手にあります。彰義隊の戦死者を供養するために明治15(1882)年に建てられました。墓石には山岡鉄舟の筆によって「戦死之墓」とのみ記されています。

DSCN9597.jpg

DSCN9596.jpg

DSCN9595.jpg

(説明板)
「彰義隊の墓(台東区有形文化財)  台東区上野公園一番
 江戸幕府十五代将軍徳川慶喜は大政奉還の後、鳥羽伏見の戦いに敗れて江戸へ戻った。東征軍(官軍)や公家の間では、徳川家の処分が議論されたが、慶喜の一橋家時代の側近達は慶喜の助命を求め、慶応四年(一八六八)二月に同盟を結成、のちに彰義隊と称し、慶喜の水戸退隠後も徳川家霊廟の警護などを目的として上野山(東叡山寛永寺)にたてこもった。
 慶応四年五月十五日朝、大村益次郎指揮の東征軍は上野を総攻撃、彰義隊は同夕刻敗走した。いわゆる上野戦争である。彰義隊士の遺体は上野山内に放置されたが、南千住円通寺の住職仏磨らによって当地で荼毘に付された。
 正面の小墓石は、明治二年(一八六九)寛永寺子院の寒松院と護国院の住職が密かに付近の地中に埋納したものだが、後に掘り出された。大墓石は、明治十四年(一八八一)年十二月に元彰義隊小川興郷(椙太)らによって造立。彰義隊は明治政府にとって賊軍であるため、政府をはばかって彰義隊の文字はないが、旧幕臣山岡鉄舟の筆になる「戦死之墓」の字を大きく刻む。
 平成二年に台東区有形文化財として区民文化財台帳に登載された。
  平成八年三月  台東区教育委員会」
DSCN9598.jpg

(説明板)
「彰義隊の墓
十五代将軍徳川慶喜 の一橋藩主時代の側近家来であった小川興郷 らは、慶応四年(一八六八年)、大政奉還 をして上野寛永寺に蟄居した慶喜の助命懇願のために同士をつのった。そこには徳川政権を支持する各藩士をはじめ、新政府への不満武士、変革期に世に出ようとする人々が集まり、「彰義隊 」と名乗り、やがて上野の山を拠点として新政府軍と対峙した。旧暦五月十五日の上野戦争は、武力に勝る新政府軍が半日で彰義隊を壊滅させた。
 生き残った小川ら隊士は、明治七年(一八七四年)にようやく新政府の許可を得て、激戦地であり隊士の遺体の火葬場となった当地に彰義隊戦士の墓を建立した。なお、遺骨の一部は南千住円通寺内に合葬されている。以後、百二十年余りに渡り、小川一族によって墓所が守られてきた。現在、歴史的記念碑としてその管理は東京都に移されている。」
DSCN9594_202012312107355d9.jpg

「彰義隊奮戦之図
 小川興郷が画家に指示して描かせたもので、他に存在する錦絵と違って、史実に忠実な絵と伝えられている。」
DSCN9594b.jpg


○博士王仁碑 台東区上野公園1-29
    
DSCN9373_20201231210855722.jpg

DSCN9375_20201231210857644.jpg

(説明板)
「博士王仁碑  台東区上野公園一番
 「古事記」などによると、王仁博士は古墳時代前半に百済国から渡来し、「論語」・「千字文」を伝えた学者であり、後に帰化したとされる。また、その子孫は文筆をもって朝廷に仕えたといわれる。 この「博士王仁碑」二基は、王仁博士顕彰会により、昭和十五(一九四○)年及び昭和十六(一九四一)年に建立された。
  平成二十五年三月  台東区教育委員会」

DSCN9376_20201231210858c64.jpg


○時忘れじの塔

DSCN9578.jpg

DSCN9580.jpg

(説明板)
「時忘れじの塔
 関東大震災(大正十二年)東京大空襲(昭和二十年)
 東京にも、現在からは想像もできない悲しい歴史があります。今、緑美しい上野の山を行き交う人々に、そのような出来事を思い起こしてもらうとともに、平和な時代へと時をつなげる心の目印として、この時計台を寄贈しました。
    建立、寄贈 初代林家三平妻 海老名香葉子
                      建立有志一同」

DSCN9579.jpg


○擂鉢山古墳

 上野公園に古墳があります。

DSCN9707_20210102012542e7d.jpg

DSCN9709_20210102012544186.jpg

DSCN9713_20210102012544b89.jpg

(説明板)
「摺鉢山古墳    台東区上野公園五番
 摺鉢山は、その形状が摺鉢を伏せた姿に似ているところから名付けられた。ここから弥生式土器、埴輪の破片などが出土し、約千五百年前の前方後円形式の古墳と考えられている。
 現存長七十m、後円部径四十三m、前方部幅は最大部で二十三m、後円部の道路との比高は五mである。
 丘上は、かつての五條天神、清水観音堂鎮座の地であった。
 五條天神の創立年代は不明であるが、堯恵法師は『北国紀行』のなかで、文明十九年(一四八七)に忍岡に鎮座する五條天神を訪れた際、
  契りきて たれかは春の
   初草に 忍びの岡の 露の下萌
と、うたっている。現在、上野公園塩忍坂脇に鎮座。
 清水観音堂は、寛永八年(一六三一)寛永寺の開祖天海僧正により建立されたが、元禄年間(一六八八~一七○三)初めごろ寛永寺根本中堂建立のため現在地に移転した。
 現在、丘上は休憩所となっているが、昔のまま、摺鉢の形を保っている。
  平成六年三月  台東区教育委員会」

DSCN9710_20210102012546e25.jpg


○トーテムポール/基準木ソメイヨシノ

 ライオンズクラブ寄贈のトーテムポールです。

DSCN9577_20201231211112b46.jpg

DSCN9226_20201231211114c41.jpg

(説明板)
「LIBERTY, INTELLIGENCE, OUR NATIONS, SAFETY
 自由と知性は われらの国の安全
 WE SERVE
 われらは 奉仕する
このトーテムポールは我々上野ライオンズクラブの会員が手に手を取りあってつくりあげたものである。トーテムポールは昔、北米西北海岸からアラスカに至るインデアンの家の前に立っていた風変わりな高い木の柱である。その柱には彼らの信仰と制度のシンボルとして動物と人間らしいものが彫られ部族の安全と繁栄を祈願したものである。やがて19世紀後半世界各地にかかる風習が広まった。これにちなみ1964年今日、都民の憩いの場である上野恩賜公園に緑の森と動物と人間生活の結びつきを強調し交通標として都民の平和と繁栄を願ってここに恒久的な鉄筋コンクリート造りのトーテムポールの建立を見たのである。
 (高さ:7.0M 翼の長さ:4.0M)
 制作者:三坂耿一郎先生(日本芸術院会員) 1964.3.23
  TOKYO UENO LIONA CLUB
  東京上野 ライオンズクラブ」

DSCN9227_20201231211115aae.jpg

 横にソメイヨシノの基準木があります。

DSCN9576_20201231211116368.jpg


○グラント将軍植樹碑

 グラント将軍は明治12(1879)年に来日しました。
 上野公園での歓迎会で、将軍はローソン檜を、夫人は泰山木を記念に植えました。

DSCN9239_20201231211249b58.jpg

DSCN9234_20201231211251c6b.jpg

DSCN9236_2020123121125209a.jpg

DSCN9237_202012312112534a6.jpg

DSCN9238_20201231211255872.jpg

(説明板)
「グラント将軍植樹碑  台東区上野公園八番
 明治十年(一八七七)から同十三年にかけて、グラント将軍は家族同伴で、世界を周遊した。その際、来日。同十二年八月二十五日、ここ上野公園で開催の大歓迎会に臨み、将軍はロウソン檜、夫人は泰山木を記念に植えた。植樹の由来が忘れられるのを憂い、昭和四年八月、この碑を建設。碑は正面に将軍の胸像を刻み、向って右側に和文、左側に英文で、将軍の略歴・日本滞在中の歓迎の模様、植樹の由来を記している。胸像下部には、英語で、将軍の言葉「平和を我等に」の文字を刻む。
 グラント将軍のフルネームはユリシーズ・シンプソン・グラントという。北軍の義勇軍大佐として、南北戦争に従軍。戦功を重ね、のち総司令官となり、北軍を勝利に導いた。明治二年、アメリカ合衆国大統領に選ばれ、同十年まで二期在任した。いま、将軍植樹の木は大木に成長している。
  平成四年十一月  台東区教育委員会」

DSCN9235_2020123121125671f.jpg


○小松宮彰仁親王銅像
    
DSCN9241_20201231211414e8c.jpg

DSCN9240_2020123121141631d.jpg

(説明板)
「小松宮彰仁親王銅像  台東区上野公園八番
 彰仁親王は伏見宮邦家親王の第八王子。安政五年(一八五八)京都仁和寺に入って純仁法親王と称し、慶応三年(一八六七)勅命により二十二歳で還俗、仁和寺宮と改称した。同四年一月の鳥羽・伏見の戦に、征討大将軍として参戦。ついで奥羽会津征討越後口総督となり、戊辰戦争に従軍した。
 明治十年五月、西南戦争の負傷者救護団体として、博愛社が創設されると、九月その総長に就任した。同十五年には、小松宮彰仁親王と改称。同二十年、博愛社が日本赤十字社と改名すると、総裁として赤十字活動の発展に貢献した。同三十六年一月十八日、五十八歳で没。
 銅像は明治四十五年二月に建てられ、同三月十八日に除幕式が挙行された。作者は文展審査員の大熊氏廣。「下谷區史」は当地に建てた理由について、寛永寺最後の門跡・輪王寺宮公現法親王(のちの北白川宮能久親王)の兄宮であったことに因んだのだろうと推察している。
  平成八年七月  台東区教育委員会」

DSCN9242.jpg


○ボードワン博士像

 オランダの一等軍医ボードワン博士は、上野公園の生みの親です。
 像を造る時にオランダ政府の資料が間違っていて、弟さん(駐日領事)の像となっていましたが、平成18(2006)年10月に交換されました。誰がどういう経緯で気づいたんですかね。

DSCN9569.jpg

DSCN9570.jpg
DSCN9572.jpg

(碑文)
「ボードワン博士像
 オランダ一等軍医ボードワン博士は医学講師として一八六二年から一八七一年まで滞日した。かつてこの地は、東叡山寛永寺の境内であり、上野の戦争で荒廃したのを機に大学附属病院の建設計画が進められていたが、博士はすぐれた自然が失われるのを惜しんで政府に公園づくりを提言し、ここに一八七三年日本初めての公園が誕生するに至った。上野恩賜公園開園百年を記念し博士の偉大な功績を顕彰する。」

DSCN9571.jpg

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

tag : 戦役紀念碑高村光雲西郷隆盛彰義隊山岡鉄舟大田南畝グラント将軍井上安治誹風柳多留手形

カウンター
プロフィール

ほっと湯Web

Author:ほっと湯Web

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグリスト

全記事タイトル表示

全ての記事を表示する

Japanese→English
English
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR